感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 祈り > 力みのない読経が理想ですが  

力みのない読経が理想ですが

2018 - 03/18 [Sun] - 00:45

 本日は観音様の御縁日でした。
参加した方々と一緒に読経致しました。
いつもの事ですが、読経はしっとりと詠みたいのですが、つい勢いがついて仕舞います。
静かに沁み渡る様な読経は、中々出来ませんね。
重い空気や因縁を感じて仕舞うと、若い頃に力任せにやっていた癖がつい出て仕舞います。
弛めるから力も出る訳であって、力んでいたら無駄が多く、本当の力は出せません。
自然体でいられる事が理想です。
でも、意識と云うのは中々厄介で、オートスイッチが働いて仕舞う事があります。
無意識領域までコントロール出来る様にならなければいけないですね。
その為に何十年も繰り返し繰り返し読経し、修行し、意識しなくてもそうなれる様に沁み込ませて行きます。
初心の頃には解らなかったですね。

バナー

関連記事
スポンサーサイト

 | HOME | 

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR