感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 霊能力者 > 能力者も人ですから、考え方も目線も違います  

能力者も人ですから、考え方も目線も違います

2018 - 03/11 [Sun] - 01:15

 私の所へお出でになる方の中には、他の能力者や私の弟子の所へ行かれたり相談されたりした方もおられます。
有名な能力者さんの所へ長く通っていたとか、宗教教団に通ってそこの宗教を信仰していたとか、他の能力者さんに言われた事が腑に落ちなかったり、気にかかっていたりと云う方も多数おられます。

 私の所へお出でになって、お話し、以前の方と違う答が出る場合も多く、また同じ事を言われたと云う事もあります。
私の弟子に相談されて、私と答が違うと云う場合もあります。

 能力者も人間であり、視点も価値観もそれぞれ違います。
どれが正しいのかと云う論議は無意味です。
見えない世界に対する捉え方、重要事項と捉えた問題に対する視点の違い。
どの方も真摯に相談者と向き合われていると云う視点で考えるなら、やはり答の違いは視点や価値観の違いから来るものと云えると思います。
そこが違う場合、以前の方の鑑定は間違っていると言うのは簡単です。
しかし、それは許されない事だと私は思っています。
どの業界にも仁義と云うものがあります。
同じ業界の他の人の仕事に対して、色々と言うのは仁義にもとる事です。
明らかに悪意や虚偽を感じる場合は、それに当りませんが。

 先日も霊能者と称する人に明らかなセクハラを受けて被害届を出したと云う女性の相談に乗らせて戴きました。
どう見ても気が少し出る程度か、まともに正当な修行もせず、仕事上のルールもわきまえていない素人レベルの方だったので、しっかりした対処の仕方をアドバイスさせて戴きました。
残念ながら、密室の事でもあり、様々な条件から立憲は見送られて仕舞いましたが、アドバイスのお陰で勇気が持てました、折れそうになっていた心が立ち上がる事が出来たと云って戴けたので良かったです。
が、こんな事は特別です。
鑑定が異なるからと他の能力者さんを否定する事はありません。

それよりも、細かく書くと切りがないですが、相談する側、される側の真剣な思いと姿勢が大切だと思います。
長年放置しておいた問題を、物見遊山の様にあちこちの能力者の聞いてみて、受けたアドバイスを実行もせず、また他の所に聞いてみる。
そんな浮ついた姿勢で真剣に相談していますと言われても、真剣にお答えしている側としては何だかなぁと思って仕舞います。
相談を受ける側も、軽い気持ちでお答えして仕舞うと思い込みの様な答になって仕舞う場合もあり、現実的ではないお答えになって仕舞います。
物理的に、三次元的に問題を解決して行く事が重要です。
精神世界だけで全ての問題が解決する訳でもなく、まただからこそ、慎重に、浮ついた気持ちを捨てて御相談して欲しいと思いますし、受ける側もそうであると思いたいですね。

バナー

関連記事
スポンサーサイト

 | HOME | 

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR