FC2ブログ

感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 祈り > 極限の祈りは命がけです  

極限の祈りは命がけです

2017 - 10/14 [Sat] - 01:39

 祈願や供養、引き寄せ等、祈りを媒体とするものに必要なのは、究極の純粋な意思とエネルギーです。
何をする時でも、人間は頭脳や知識を意識して仕舞います。
考えていないつもりでも考えて仕舞う。
そこに記憶があり、それが固定観念や既成概念となって影響を与えて仕舞います。
ですが、極限を越える時、それらは全て捨て去るのと同様の状態に到ります。
そうでなければ、無意識の思考が極限を越える事を拒否します。
極限を越える時、それが限界を越えるに等しいものがあるので、本能的に恐怖心が芽生えます。
その恐怖心は記憶や観念、思考から生み出されます。
それらを越えた時、常人では想像出来ない領域に達する事が出来ます。

 荒行として行われる瀧修行や回峰行、不臥の行、求聞持法等がそれに当りますが、それは極限まで追求して行くと自分の生命そのものを危険にさらして仕舞うものです。
越えるか壊れるか、どちらかの危険を覚悟して行ないます。
昨今ブームになっているプチ瀧修行などと云うものではなく、己自身の全てをかけて挑むものですが。

 その時、命を救い極限を越えさせるのは、純粋で曇りのない強い意思とそれに伴うエネルギーです。

 ちょこちょこっと神仏に祈るのとは次元が違います。
祈りの奥深さでもあり、厳しさでもあります。
いざと云う時は、全てを抛つ覚悟で挑んでみるのも良いかもしれないですね。
但し、一つ間違うと生命に関わります。
本当に命がけで祈る必要があると覚悟した時のみ、挑戦してみて下さい。

バナー

関連記事
スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR