FC2ブログ

感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 会話 > 相手の為と言いながら  

相手の為と言いながら

2013 - 09/01 [Sun] - 01:37

 誰かに心配されている時、相手からまるで叱られている様な、押し付けられている様な感じを受けて、心配してくれて有り難いのに何だか不愉快になって仕舞う事ってありますね。
自分の事を思って言ってくれているのは解るのだけど、聞いていると素直になれなくなって、段々と腹が立って来る。
良くある事です。

親が子を思う時、同じ様に子供を責める様な言葉で、子供が素直に言う事を聞かない、子供の顔が段々と不機嫌な顔になって行き、最後には起り出すって云う事も良くあります。
それがエスカレートすると、子供が親を殺めたなんて事件に発展するのかもしれないですね。

自分が友達や身内を思う時も、心配して同じ様な言葉を発していないか、考えてみたいものです。
つい、こうでなければならない、何でそうなの、それじゃダメ、と逃げ場をなくす様な言葉で責め立てて仕舞っていないか、考えてみたいですね。

相手を思って言っているのだから、何を言っても許されると云う事はありません。
言葉を発する側にも、聞く側にも、同じ様に人格があり、それぞれの考え方や生き方があります。
互いを尊重し、相手の生き方や考え方を受け入れた上で言葉を発しないと、人格否定になって仕舞います。

自分を認めてくれない人の言葉を相手が素直に聞く訳がありません。
心が通わないのは、相手を無意識に責めて仕舞っているからかもしれません。
最初に否定ありきは、会話でも、考え方でも、先がありません。
まず肯定ありきで、そのままあるがままを受け入れ、その上で未来を思って進んで行くのが良いと思いますが。

バナー

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://naruaki.blog21.fc2.com/tb.php/2422-0dee3f60

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR