FC2ブログ

感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2018年03月  

本当の修業は甘くない。きちんとした検証をしながら、思い込みになっていないか確かめる

2018 - 03/30 [Fri] - 00:56

 神にしろ仏にしろ、修業では必ず魔が入ると言われています。
それも一度や二度ではなく何度でも。
人間に悪さをする魔が人間の心の弱さにつけ込んで来るのが魔だと言われています。
しかし、本当に魔が入って影響を与えてなんて事は滅多にあるものではありません。
魔が入ったり、魔が差したりと云う事は良くありますが、外から魔が入って来たり魔が差したりする事なんて、そうそうはないと云えます。
本当にそう云う事があったら、それは憑依現象の様なものですから、人格異常が起きて仕舞います。
憑依していて何も起きないなんて事はありません。

 何も起きていないのに、憑依されていると云って御相談される方もおられますが、その殆どは憑依などされていない、ただの思い込みです。
何でもかんでも目に見えないものに責任転嫁しても問題は解決しません。
話が逸れましたが、修業では自分自身の心と向き合って行く事が重要となります。
それ故に、毎日修業をしていると、段々と慣れと云うものが出来て来て、真剣にやっているつもりが、ただルーティンワークになって仕舞っていたり、やっているつもりになって迷走状態や妄想状態になって仕舞う事があります。
そんな時に魔は入ります。
どこから魔がやって来るかと云えば、自分の心の中に潜む魔です。
それは、心や魂の持つ穢れや、肉体の持つ根源的な穢れ、執着や妬み嫉み等から生み出された魔です。

 日々の修業の要点は、禊であり浄化です。
真の禊や浄化は生易しいものではなく、かなりの苦痛を伴う場合が多いです。
日々、真に自分自身を浄化し禊出来ているかどうか、慎重に検証する必要があります。
修業になっていない修業、思い込みでやっているものは単なる習慣であり、やっているつもりのルーティンワークです。
本当の修業は甘くはないです。
しっかり検証しながら、日々の御供養や拝礼を行いたいものです。

バナー

スポンサーサイト



審査会の動画、出来上がって道場へ持って行きました

2018 - 03/28 [Wed] - 03:27

 今日も道場へ。
私は先の審査会の動画を作っていて、朝までやっていましたが、無事に師範に渡せてホッと一安心。
一応、2週間を締め切りと云う感じで自分で決めていますので、いつもギリギリになって仕舞います。

 風邪で喉に来ていた妻も、今日は少し楽になった様ですが、自分の稽古の為にわざわざ来てくれる黒帯もいたり、内弟子の女性が練習後のスパーリングに付き合ってくれたり、観空の型や平安の裏の型の練習に黒帯につき合って貰って指導して貰ったり。
いつも思いますが、誰かが昇段審査を受けると云う事になると、全員が惜しみなく協力してくれる。
空手の素晴らしさですね。

 師範は働き過ぎによる過労か、風邪をひかれた様で熱っぽく、少し気療して楽になって貰いましたが、先に帰られ、師範代のI二段が指導して、私が補助する形で練習しました。
相変わらず、ドップリ汗をかいてスッキリしました。
被りが抜けた後の脱力感と云うか、練習の疲労か、少しダルい様なボーッとした感じがありますが、少しリラックスしている感じです。

バナー

昨日の月例会、長い一日でした。

2018 - 03/27 [Tue] - 03:40

 昨日は月例会でした。
都合で遅れたり、お休みだったりする人がいる中、新しい見学者もお出でになりました。
見学の方には、護身法の体験をして戴きました。
体験だけの方も多いですが、来月から来ますと云う方もおられ、ここ数カ月で何名か護身法を始められて初級で頑張っておられる方もいます。
東京近郊だけではなく、地方からお出でになる方も。

 上級では、内弟子の男性が面白い事を指導していました。
他人に護身法でガードを張ってあげると云う練習。
意識の持って行く場所、持って行き方、簡単ではありませんが、しっかり修得しておくと、次へのステップになります。

 また太極拳の時間では、合気上げの練習と体験をさせていました。
呼吸と姿勢が生み出す力を相手に伝えて行く手法ですが、皆さん飲み込みが良くて、指導も良いのでしょうが、すぐに出来る様になっていました。

 インターバルでお菓子の時間は妻が九州から始まって各県のお菓子を取り寄せています。
今回は四国のお菓子だった様です。

 日が陰り夜が更けて行くに連れ、話題は深くなって行きます。
神界、亜空間、仏界、真仙界、大和の神とそれ以前の神について、精神世界と現実世界の関わり、等々。
そして、昨日は急遽、成仏法を行いました。
お身内の方が数カ月前に亡くなって、その方に憑依の様に憑いていた方がおられ、体調を崩し、顔つきまで変っていると自覚されていました。
一見すると解り難いのですが、良く拝見すると確かに現象が起きているので、成仏法を行いました。
暫くすると涙が溢れて来て、様々な想いが伝わって来て、身体から力が抜けて行った様です。
しかし、終った後はスッキリされ、心が晴れやかですと仰って戴き、顔もスッキリして笑顔が輝いていました。
お身内の事だけに心が繋がって仕舞っていた様です。
行くべき所は行って戴き、残った側も幸せになる。
供養とはお互いに心を通わせてお互いに幸せになると云うものでなければならないと思います。
スッキリ楽になって戴き良かったです。

 また、可愛がっている美容院のアシスタントがカットモデルを探していると云う事で、内弟子の男性が行ってくれました。
他にもこれからやってくれると云う女性が何名かいて、有難いですね。
気持ち良く引き受けてくれるのは本当に有難いです。
内弟子の男性は、スッキリと格好良くなって帰って来ました。
人の繋がりが信頼によって広がって行くと云うのは嬉しいですね。

バナー

遠方からの来訪と色々な報告

2018 - 03/25 [Sun] - 01:03

 本日は以前にお出で戴いた方ですが、四国から気療にお出でになりました。
目の病気で治癒の可能性の低い病ですが、緑内障も併発し始めていると云う事で以前に気療させて戴きました。
医学的に治療法がないと云う事でお出でになりましたが、治癒の可能性は低いものの、進行が緩やかになって戴ければと願っています。
今日も楽になりましたと喜んで戴けた様です。

 昨日お出でになった霊感体質のお嬢さん、昨日はぐっすり朝まで眠る事が出来たと報告がありました。
色々と新しい体験ばかりで疲れたのもあると思います。
が、いつも目に見えないものに起されていたのが、朝まで起きる事がなくぐっすり眠れたと云う事でした。
家に帰ってからもそれが続くと良いのですが、頑張って欲しいですね。

 また、他にも報告が来ています。
世界的規模の会社に転職面接されている方が、第2次の面接を通過したと云う事で、後は最終面接を待つだけと云う所だそうです。
世界規模となると書類選考の後、何度も各地の責任者と面接を繰り返して行くのですね。
話には聞いていましたが、とても厳しい世界ですね。
弟子達と祈願したおかげと喜んで戴いていますが、最後までその祈願を維持し続けて、気を抜かずにいなければなりません。
最後の面接を突破して欲しいと願っています。

バナー

霊感体質とコントロール

2018 - 03/24 [Sat] - 02:28

 今日やって来たのは北海道から霊感体質に悩む中学生のお嬢さん。
勿論、お母様と一緒でしたが、霊的な体験に慣れ過ぎていて、しかし恐怖心は感じるし、対人関係でも人からネガティブなものを受け取って仕舞って辛くなったり、人の記憶を読み取って仕舞ったり。
中々ディープな体験をして来ている様でした。
毎晩の様に身体のない人が訪ねて来たり話しかけてきたりして眠れない様です。
腕輪念珠を持って戴きましたが、一定の効果はあった様ですが、自分から意識が外に向って仕舞う癖があったり。
肉体感覚が弱く、体力がない。
ですから、生命力が強くないのに、目に見えない世界との接触で余計に体力を奪われて仕舞う。

 まず身体を鍛える事を意識して、肉体をしっかり意識する事をアドバイス。
そして、目の前の事に集中する事、意識や思いを飛ばさない事を注意しました。
また、霊的なものが近づいて来た時は、強い気持ち拒否する事。
自分の能力のコントロールを、音響装置のボリュームを例えてアドバイスしておきました。
すぐには上手く行かないでしょうが、練習すれば出来る様になります。
沢山質問され、沢山答えました。
学校の成績は、そう云う状態なので中々上らない様ですが、とっても頭の良いお嬢さんだと思いました。
意思も弱くないし、頑張ればきっとコントロールして行ける様になると思います。
また、距離感を学ぶ為に、北海道にある空手の先生の道場を紹介しておきました。
人との心理的物理的距離感を学ぶ事も出来ますし、何より身体も心も鍛える事が出来ます。

バナー

昨日の春彼岸供養会。目に見えない人が家にぶつかって来ていました。

2018 - 03/23 [Fri] - 04:02

 パワー全開、気合い全開の御供養会となりました。
弟子達や感じる人達は、いつもと違うものを感じたり観たりした様です。
昨日の明け方には、玄関でセンサーが鳴り、フライイングでやって来た目に見えない人がいた様です。
そう云う事もあって、今回はしっかり結界を張り、依頼を受けた方の御先祖様だけを御供養させて戴く形にしました。
供養が始まる頃になって雪の降り方が激しくなり、途中で何度も雪が落ちる事が響いていました。
屋根に積った雪が落ちる音ですが、まるで家が揺れているかの様な落ち方で不思議でしたね。
見えない人達が結果にぶつかって来ていた様です。
自分達も御供養を受けに来たかったのでしょう。

 そして今日は、ロンドン生れの甥子が就職の為、提出しなければいけない書類作成にやって来ました。
妻が手伝っていました。
私はスマートフォンの設定等、少し手伝いましたが。

 夜遅くなっていつもお世話になっている美容院のKちゃんがやって来ました。
かなり身心共に疲れていた様でしたが、話をして気療して元気になって笑顔で帰って行きました。
アシスタントからスタイリストへデビューの為、カットモデルを探している様で、苦労している様です。
頑張って欲しいなと励ましましたが、彼女ならすぐに進めると思います。

バナー

妻の練習。組手に近いスパーリング

2018 - 03/21 [Wed] - 04:29

 今日も道場へ。
始まる前の時間、少年部の子達の頑張りはいつもの事ですが、今日も心地良い空気が流れていて、つい写真を撮って仕舞いました。
その後、我々一般部の練習が始まりますが、どう云う訳か今日は誰も来ず、妻と二人切りで始めました。
始まってすぐに白帯の男性がやって来ましたが、その時にやっていたストレッチに師範がはまって仕舞って、暫くはストレッチの時間となりました。
ゆっくり時間をかけて、一時間もかけてストレッチしていましたが、全員が今まで初めてと云う程、開脚も広がっていました。
ストレッチは筋肉を伸ばすものではなく、関節を弛めて行くものと云う認識で行いましたが、師範もそれに同意で関節を弛めて行けば筋肉は自然と緩んで行きます。

 暫くして、黒帯のI師範代が来て、その後にまた茶帯の内弟子が来ました。
基本をやり、型をやり、ミットを蹴ろうかと云う所で内弟子の女性がやって来ました。

 妻の組手の稽古に付き合って貰う為に、来て欲しいと言っていましたが、稽古後に妻と二人で5ラウンド、強めのスパーリングをやっていました。
その後に私が代り、同じく5ラウンド、相手をしました。
女性の組手に近いレベルでやりましたが、最後まで妻は頑張っていました。
課題は幾つか見えたので、今後また修正して克服して行けば進化して行くでしょう。

バナー

黒帯になる事の意味

2018 - 03/20 [Tue] - 03:33

 昨日、先日昇段審査を受けた男性がやって来て、組手についての指導をしました。
審査では残念ながら落ちて仕舞いましたが、彼なりに頑張った事は確かです。
幾つか気になった点、また組手に対する心構え等、指導しました。

 姿勢の問題、立ち方、足の運び、構え方、相手との間合い、そして何より組手に対する考え方と心の在り様。
勝つ為のテクニックは数多くありますが、まず基本をしっかりやって修正し身につけないと始まらないので、基本を指導しました。

 試合の組手と、昇段審査の組手は根本的に違います。
相手を倒す気迫、武道としての空手を求められます。
何か大切なものを守る為に闘う空手である以上、相手を倒す事が出来ないと守る事が出来ません。
その上で加減するとかと云う話になります。
また、組手の相手をする人も一生懸命に練習して来て、全力で向って来ます。
ですから、こちらも全力で立ち向かって行かなければ、礼儀に反します。

 自分の肉体に対する知識と理解、相手との心理的物理的な駆け引き、技に対する理解と研究、そう云うものが必要です。
習った事をやっているだけでは足りません。
自分で考え、見つけ出して行き、自分の組手、自分の空手を作って行かなければいけません。
習ってないから出来ないは、黒帯を締める資格はありません。

 横で見ていた母が一言、ちゃんと教えない師匠が悪い(笑)
そう云われたら身も蓋もありません(笑)
独り立ち出来る様に育てて行くのが師匠ですから、ただ自分の云う通りにやらせているだけでは弟子は育ちません。
自分で考えさせ、自分で道を切り開いて行ける様に指導して行かなければなりません。

 黒帯になるのは大変です。
が、なってからがもっと大変です。
人の前に立って指導すると云う立場のプレッシャーは凄く大きなものです。
高圧的に云う事を聞かせても、人はついて来ません。
何よりその道に自分自身が夢を持って、夢をかけていて、大好きである事。
それが自然と伝わって、人の心を引きつけ人望に繋がります。

 教えるべき事は一応教えたので、後は彼次第です。
きっと頑張ってくれると思います。


バナー

聞こえなくなっている心の声。意識してみたいですね。

2018 - 03/19 [Mon] - 04:39

 今日お出でになった方は、転職や結婚についての御相談でしたが、お話を聞いていて観させて戴いていて何も浮かんで来ませんでした。
これは変だなと思ってもう少し探ってみると、本当の悩みは別の所にあると云う事が解りました。
自分らしさ、人間らしさを、仕事の中で失って行き、本能的に拒否感と違和感が湧き上がって来て、そこから寂しさや未来への不安感が焦燥感として出て来ていました。
自分の心の訴えている声を聞く事が出来ない人は、現代人には多いですね。
日本の文化的な背景から、従う、自己抑制する、と云う意識で生きたり仕事したりするのが普通になっています。
心の力の強い人は、そこに本能的な違和感や拒否感を持つ事も多いのですが、環境的要因や常識と云われる固定観念がそこに目を向けるのを抑制して仕舞う事が多いと思います。
昔とは変り、時代も変化しています。
自分らしく、自分の心地良さを意識して、自分の居場所を探すのは決して悪い事ではありません。
その為の転職もありです。
が、その前に自分の心が、何を望んでいるのか、しっかり声を聞いてあげる必要があると思います。
今日来られた方は、海外での生活経験の中に自分らしさがある事が解りました。
まず、その場所にもう一度旅をして来る事をお勧めしました。
そこに戻る事で、自分の心が開放され、自分を取り戻す事が出来るでしょう。
きっかけとなる様に、少し気療して心を開かせて戴きました。
自分の顔は鏡を見ないと見えないものですから、自分の心も自分で聞く事を意識していないとすぐに聞こえなくなって仕舞います。


バナー

力みのない読経が理想ですが

2018 - 03/18 [Sun] - 00:45

 本日は観音様の御縁日でした。
参加した方々と一緒に読経致しました。
いつもの事ですが、読経はしっとりと詠みたいのですが、つい勢いがついて仕舞います。
静かに沁み渡る様な読経は、中々出来ませんね。
重い空気や因縁を感じて仕舞うと、若い頃に力任せにやっていた癖がつい出て仕舞います。
弛めるから力も出る訳であって、力んでいたら無駄が多く、本当の力は出せません。
自然体でいられる事が理想です。
でも、意識と云うのは中々厄介で、オートスイッチが働いて仕舞う事があります。
無意識領域までコントロール出来る様にならなければいけないですね。
その為に何十年も繰り返し繰り返し読経し、修行し、意識しなくてもそうなれる様に沁み込ませて行きます。
初心の頃には解らなかったですね。

バナー

沁み通る様な読経。心を込めて。夜はコンサート

2018 - 03/17 [Sat] - 02:26

 今日は、10数年前にお出でになった方の13回忌の法要を御依頼戴き、わざわざ大坂からお出でになりました。
珍しく内弟子全員の都合が合って、全員の助法で奉経させて戴きました。
とても気持ちの良い御魂で、読経が無限に広がって行く様な感覚でした。
御依頼戴いた方は娘さんですが、お経が身体に沁み込んで来る様で大変心地良かったと仰って戴きました。
施主も御魂も共に癒されて行く様な、沁み通る様な読経が理想ですが、御魂の状態によってはそれが難しい時もあります。
また、59年前に亡くなられたと云う兄上様の60回忌の御依頼も戴きました。
また、5月にその為に上京してお出でになります。
心から信頼して戴き、有難い事です。

 夜は、数年前からInstagramを通じて仲良くなったロシア人の歌手のコンサートに行って来ました。
Mux Luxと云うロシア人の女性二人のボーカルペアですが、コンサートがある度に来て欲しいと云われていたのですが、中々スケジュールが合わず、今回やっとその時間が取れたので出かけて来ました。
写真で見る彼女もいつも美しいと思っていましたが、実際に会った彼女は、驚く程美しい女性でした。
ボーカルのパワーもあり、チャンスさえあればメジャーになれる可能性はある様に思いました。
終了後、彼女達をプロデュースしている、とても有名な方が御挨拶に来て下さり、予想していなかったので驚いて仕舞いました。
私の事を御存知だった様でしたが、彼女から聞いていたのでしょうか?
最後に、やっと会えたねと互いに喜んで、妻が写真を撮ってくれました。
また、スケジュールが合う時は、妻と一緒にコンサートに出かけようと思います。

バナー

内弟子に厳しく指導。真摯で素直な人達。気療と祈願の嬉しい結果報告

2018 - 03/16 [Fri] - 02:00

 昨日は伝授でした。
今更ですが、修行者としての持つべき心構えや在り様について、また御相談を受けて頼られるプロとしての考え方や姿勢について、指導しました。
修行を始めて、一応の目標達成は既にしている内弟子達。
そこで満足するのか、さらに上を目指すのか、遙かな高みを目指すのであれば、その姿勢や意識は終始一貫していなければいけません。
また、プロとして御相談を受ける立場に立つのであれば、そこには感覚だけではなく、冷静かつ緻密な分析と観察に基づいたものが必要です。
責任ある仕事をしようとする姿勢と考え方、心構え。
徹底した原因解明、追求なくして、本当の問題解決はあり得ません。
また問題解決の手法についても、通り一遍の考え方では現実的でない場合もあります。
そんな時に、常識を捨てて、問題を可能な限り単純化して見極めて行く必要があります。
その上で出した解答は、それが如何に非常識に見えても、不可能に見えても、その解答に従って進むしかありません。
私が相談者の問題に対して、問題解決の方法をアドバイスする時、私が出した答に妻がその手があったかと驚かれた事は何度もあります。
私としては様々な要素を考慮して出した答なのですが、一般論的な考えからすると、かなり飛躍し常識を越えた答だったらしいです。
裏技、抜け道、色々な言い方はあるにしても、綺麗事だけでは現実の問題は解決しない事もあります。
そこに、絶対に何があっても問題を解決すると云う意欲と強い意思が必要ですが。

 自分自身に対する偽りのない生き様と意識が重要ですね。

 今日は神様の御縁日。
伝授の日は貫徹ですから、睡眠不足ですが、真直ぐな気持ちで祈りに参加される方とお話していると眠気も吹っ飛びます。
自分自身の心と生き方を大切にされ、同時に御家族に対しても同様に深い想いを持っておられ、目の前の事に真摯に取り組んでいて、素直に神仏の加護に感謝されて手を合す姿は、素晴らしいです。

 また、今日は気療も行いました。
緑内障の方の気療では、毎回、気療を終えると流れが良くなって涙が出るとて来ると言われますが、今日もかなりの涙が出て、スッキリと見え易くなったと喜んで戴きました。
残念ながら何をしても完治する事が難しい病ですが、少しでも回復傾向に向う事を願って、心を込めて気療させて戴いています。

夜には、いつも来ている若いお嬢さんの小顔気療と身体の気療を行いました。
スッキリとして戴きましたが、日頃のお手入れが必要ですよとアドバイスして、妻が洗顔法等や日頃のメンテナンスの仕方を教えていました。
どんなに素材が良くても、ちゃんとメンテナンスしてあげないと、どうしても不具合が出て来て仕舞いますからね。

 昨日、伝授の最中に行った、御依頼のあった御祈願は、本日すぐに良い結果が出たそうです。
この案件は、最終結果までまだ続くそうで、最終結果に結び付くまで祈願は続けて行こうと思っています。
また、節分で祈願した案件が上首尾に終ったと報告がありました。
良い結果に結び付くと嬉しいですが、予想以上の上首尾に驚きました。
本人が余程頑張ったのでしょうね。
素晴らしい事です。

バナー

基本の中に全てが詰まっています。

2018 - 03/14 [Wed] - 03:36

 今日も道場へ行って来ました。
今日は師範代のI二段がお休みだったのと師範が仕事が詰まっていたので、準備体操と基本と移動は私が指導しました。
妻以外は初心者だったので、基本と移動は丁寧にやらせて戴きました。
極力無駄を省き、最小限の力で最大限の威力を発揮する動きが基本稽古の中に詰まっています。
何十年やっても、初心の頃と同じ様に基本をやるのは、そこから自分で身体の使い方を意識して気付いて行く為。
どうすれば無駄な力を入れないで最高の威力を出す事が出来るか。
脱力は大変難しいですが、意識を集中する場所を決めれば、フッと力が抜けたりするものです。
抜く事で入る力もあれば、その逆も。
フッと気付きがあるまで、基本や移動稽古を繰り返し繰り返し飽きる程やり続けて行くのが上達のコツだと思います。
先ずは基本を極めたいですね。
その後は全て応用です。
私が教えている護身法も同じですが、一番最初にやる基本の中に全ての秘伝が詰まっています。
それに気付くまでやり続けて行って欲しいですね。

バナー

空気が重くなって来ています。休むのも仕事の内。

2018 - 03/13 [Tue] - 04:01

 来週、お彼岸の供養を行いますが、近づくにつれて益々空気が重くなっている様に感じますね。
原因の解らない疲労感、息苦しさ、身体の重さを感じます。
また、精神的にも何となく余裕がなくなって来ている感じで、気が短くなっている様な気がします。
そんな中、妻は私の横で翻訳の仕事をしています。
昨晩は、少しだけヘルプと云う事で朝まで付き合っていました。

 また、毎日の課題にしている、腕立て伏せを頑張っています。
まずは、そう云う地道な所から始めて、徐々にスタミナアップして行ければ良いと思います。

 私も妻も忙しくさせて戴いており、好きな映画を観る機会も中々持てませんが、毎週火曜日の道場だけは崩さない様にスケジュールを組んでいます。
スケジュール管理も道場へ行くのも、仕事をして行く上での大切な要素として仕事の内と思っています。
私の内弟子が、以前の職場で休憩時間も仕事をしていた事を聞いて叱った事があります。
他の人が休んでいるのに、一人仕事をしているのは、迷惑。
嫌みの様なものだと。
そして、休憩をしっかり休めない様では、仕事の効率が悪い、切り替えが出来ない、つまり仕事が出来ないと云う事だと。
休むのも仕事の内、様々な要素がそこにはあります。
ずっと仕事していれば良いと云うものではありません。
メリハリをきちんとつけて切り替えをして行く。
大切な事ですね。

バナー

今日は私が所属する正伝流空手道の審査会でした

2018 - 03/12 [Mon] - 01:22

 本日は朝から審査会でした。
午前に少年部初級、休憩を挟んで午後に少年部上級と一般部を合同で審査しました。
今回の審査では、いつも以上に受審する皆の頑張りが見えた気がします。
基本稽古や移動稽古等での少年部の姿勢に余裕があるのか、必死さがないのか、何となく大人しく感じて仕舞うのは相変わらずですが。
また、一般部も同様ですが、型の解釈が曖昧と云う感じは残っています。
補強で皆の気持ちが解れ始め、その後のミットを使っての審査では、皆の気合いも入り始めて、スパーリング・組手では本当に真剣にやっていました。
少年部の中では、相手に上段を蹴られて悔しくて泣く子もいたりして、見ていると泣くほど負けていた様にも思えないのですが、本人的には悔しかったのでしょうね。
審査会ではどうしても緊張が欠かせないですが、良く見て貰いたい、失敗しない様にと、意識して仕舞うから緊張して仕舞います。
緊張は悪い事ではありませんが、モチベーションを高めるバネになる様に上手く付き合って行ければ良いですね。
審査会も稽古の内です。
受審して認められて昇級してもしなくても、その後も空手の稽古は続きます。
自分の良かった所、課題を知る良い機会です。
今日スタッフに入ってくれた人達も皆通って来た道。
長く続けて頑張って欲しいと思います。

 今日スタッフに入っていた妻も空手歴11年目。
師範から声もかかり、昇段も見えて来ました。
幾つかの課題を持って頑張っています。
自宅でもその課題克服に向けて、私も付き合う事になりそうです(笑)

 今日スタッフに入ってくれていた茶帯の女子中学生と同じく茶帯のお父様。
いつも天然と言って良い位の不思議っ子ちゃんのお嬢さんですが、その姿を見ていると不思議といつも癒されます。
今日もとっても可愛かったです。
空手は洒落にならない程強いのですが、何とも見ているとつい顔がほころんで仕舞います。

 そんなこんなで、緊張の中にもとても良い審査会でした。

バナー

能力者も人ですから、考え方も目線も違います

2018 - 03/11 [Sun] - 01:15

 私の所へお出でになる方の中には、他の能力者や私の弟子の所へ行かれたり相談されたりした方もおられます。
有名な能力者さんの所へ長く通っていたとか、宗教教団に通ってそこの宗教を信仰していたとか、他の能力者さんに言われた事が腑に落ちなかったり、気にかかっていたりと云う方も多数おられます。

 私の所へお出でになって、お話し、以前の方と違う答が出る場合も多く、また同じ事を言われたと云う事もあります。
私の弟子に相談されて、私と答が違うと云う場合もあります。

 能力者も人間であり、視点も価値観もそれぞれ違います。
どれが正しいのかと云う論議は無意味です。
見えない世界に対する捉え方、重要事項と捉えた問題に対する視点の違い。
どの方も真摯に相談者と向き合われていると云う視点で考えるなら、やはり答の違いは視点や価値観の違いから来るものと云えると思います。
そこが違う場合、以前の方の鑑定は間違っていると言うのは簡単です。
しかし、それは許されない事だと私は思っています。
どの業界にも仁義と云うものがあります。
同じ業界の他の人の仕事に対して、色々と言うのは仁義にもとる事です。
明らかに悪意や虚偽を感じる場合は、それに当りませんが。

 先日も霊能者と称する人に明らかなセクハラを受けて被害届を出したと云う女性の相談に乗らせて戴きました。
どう見ても気が少し出る程度か、まともに正当な修行もせず、仕事上のルールもわきまえていない素人レベルの方だったので、しっかりした対処の仕方をアドバイスさせて戴きました。
残念ながら、密室の事でもあり、様々な条件から立憲は見送られて仕舞いましたが、アドバイスのお陰で勇気が持てました、折れそうになっていた心が立ち上がる事が出来たと云って戴けたので良かったです。
が、こんな事は特別です。
鑑定が異なるからと他の能力者さんを否定する事はありません。

それよりも、細かく書くと切りがないですが、相談する側、される側の真剣な思いと姿勢が大切だと思います。
長年放置しておいた問題を、物見遊山の様にあちこちの能力者の聞いてみて、受けたアドバイスを実行もせず、また他の所に聞いてみる。
そんな浮ついた姿勢で真剣に相談していますと言われても、真剣にお答えしている側としては何だかなぁと思って仕舞います。
相談を受ける側も、軽い気持ちでお答えして仕舞うと思い込みの様な答になって仕舞う場合もあり、現実的ではないお答えになって仕舞います。
物理的に、三次元的に問題を解決して行く事が重要です。
精神世界だけで全ての問題が解決する訳でもなく、まただからこそ、慎重に、浮ついた気持ちを捨てて御相談して欲しいと思いますし、受ける側もそうであると思いたいですね。

バナー

妻の自主練

2018 - 03/10 [Sat] - 02:40

 先日の昇段審査に応援に行ってからスイッチが入ったのか、道場での型稽古でスイッチが入ったのか、暇があると妻が型の練習をし、腕立て伏せをしたり、体幹トレーニングをしたり、また軽いものですがスパーリングもどきを仕かけられて相手をさせられています。
応援では、かなり勉強になり参考になった様です。
相手との間合い、呼吸、意識、無駄のない脱力、等々。
夫婦でじゃれている様なものですが、そんな中から少しずつ学び吸収している様です。
今日お出でになった方ともお話していたのですが、武道には運動神経はあるに越した事はないですが、俗に運動神経がないとか鈍いとか云う人でも、ちゃんと続けていれば必ず上手くなりますし、強くなります。
大切なのは相手との空手での会話と意識、そして相手への礼儀と継続する力。
全力で頑張って練習して来た相手に対して失礼がない様に自分も全力を出し切って相手する。
言葉を越えた相手との会話を真剣にやる意識。
妻の黒帯への道は、そう遠くないかもしれないですね。

バナー

昨日の伝授で内弟子の誕生日祝い。天界神界の秘中の秘。心身潔斎と浄化

2018 - 03/09 [Fri] - 02:04

 昨日は伝授で内弟子が集りました。
ちょっと遅れて仕舞った、内弟子の男性の誕生日のお祝いを皆で行いました。
伝授の内容はいつも通り、深い内容へ。
朝5時過ぎまでやっていました。

 今日はお釈迦様の御縁日。
雨風のせいか、足が鈍く、夜になってやって来た女性の気療もありました。
気療と云っても、彼女は以前にも天界神界の秘密に触れて仕舞った事があり、今回もまた同じ様な事があって、不調の極みになっていました。
天界神界の秘中の秘ですから、詳しい事は公開出来ません。
が、彼女の魂が抜けたままになっている様な状態でした。
あの侭放置しておいたら大変な事になって仕舞ったかもしれません。
先ずは魂を肉体に引き戻して、その後に彼女が縁で繋がっている神様をお呼びして、改めて繋ぎ、完全に復調しました。

 大変レアなケースですが、相当なレベルの能力者でも知る事のない秘中の秘に触れて仕舞う彼女、やっぱり普通じゃないですね。
何年もかけて心身潔斎の誓いを立てて、毎朝神社へ通っていますが、潔斎が進んで魂の中に眠っていた普通では触れる事のない深い領域の穢れが表面化して浄化されている事で起きている事です。
素晴らしい事です。
浄化に伴い人格も浄化されて大きく成長しています。
改めて神を祈る、拝礼する時の注意と作法を教えました。

バナー

今日も道場へ

2018 - 03/07 [Wed] - 03:39

 新極真会の昇段審査会に日曜日に出かけて、次の日曜日は私の所属する正伝流の審査会。
今日も道場へ行って来ました。
少年部の子供達が頑張っていました。
いつも通りです。
試合で良い成績を残す子供も増えて来て、頑張っていますね。
道場のある地区で頑張っている少年少女が表彰されると云う事で、正伝流の子供達も表彰されるとの事。
凄いですね。

 夜の私達が参加する稽古では、仕事をしながら皆さん頑張って通って練習されています。
私よりずっと若いですが、それでも40代で毎週しっかり練習に来ているのは素晴らしい事だと思います。

 空手は武道ですから、どんな相手にも絶対に傷つけられない、負けない空手を目指さなければなりません。
勝つ空手、負けない空手、どちらも一朝一夕で身につくものではありません。
長い年月をかけて同じ練習を続ける中で、自分の身体と心で掴み取って行くものです。
大変奥が深く、一生かけて追い求めて行く価値と素晴らしさがありますね。

バナー

自分の笑顔の為に頑張って、今日を精一杯生きる

2018 - 03/06 [Tue] - 02:53

 本日お出でになったのは、日本画家の女性。
描かれた絵を拝見しましたが、確かに美しい。
でも、そこに描かれているのは悲しみと怒り。
御本人の心の中にある過去への思いや悲しみ、怒りが表現されています。
表現だけなら良いのですが、御自身がそれで苦しんでおられる。
そこから脱却して昇華して、その上での表現であるなら、それも善しと思います。
絵を目指した原点が法隆寺の線画との事。
原点回帰してみてはどうかと提案させて戴きました。
また、作品は生き物であり、世に出したらそこから独り歩きするものです。
自分の意図と違う評価を受けて仕舞う事に対する違和感もお持ちだった様です。
自分の存在意義や評価を、自分以外の人や社会の価値観や視野に依存して仕舞っている。
自分の事は自分で。
本当に生きると云う事を意識して欲しい。
そんな話をさせて戴きました。
良い意味で我が侭、在るが侭になって下さい。
人生は楽しむ為にあります。
固定観念や既成概念は誰かが作ったもの。
囚われないで、自分らしく、無一物となって今日一日を精一杯生きて欲しい。
本当に生きると云う事の素晴らしさを感じて欲しいと。
帰りは笑顔で帰られました。
自分の笑顔の為に頑張って欲しいと思います。

バナー

早起きして新極真会の昇段審査へ

2018 - 03/05 [Mon] - 01:33

 昨日は、急に思い立って内弟子の女性を誘ってチロル調理のお店へ。
歩いて15分位の所にある、家庭的なチロル料理のお店。
色々な人に紹介しましたが、その内の何名かが何度も出かけている様です。
何を食べても美味しい、心が穏やかになるお店。
私にとっては懐かしいソウルフードのお店です。

 今日は新極真会の昇段審査に応援に出かけて来ました。
朝早起きしなければいけなかったので、昨日は記事をお休みして早寝しました。
他流派に属する私が昇段審査にお邪魔するのは、ちょっと憚られる気がしましたが、私が進めて空手を始めた男性が10年目にして昇段審査と云う事で応援に出かけました。
奥様もお弁当を持って応援にお出でになっていて、また新極真会へ通っている私の内弟子の旦那様と内弟子の女性も途中から応援に来ていました。

 通常は総本部で審査が行われるのですが、今回はロシアやポーランド、その他全国から高段者の昇段審査を受ける方もおられて総勢50名を越えると云う事で、品川シーサイド駅近くのホテルの一室を借りて審査が行われました。

 緊張感の高まる中、、午前の基本と移動、型、そして補強の審査が行われました。
午後の組手の審査の前に午前の審査の合否が発表されましたが、応援していた男性は無事に通過。
何名かが不可となっていました。
午後の審査は熱気の籠った組手が続きました。
中には明らかに途中で肋骨を傷めて、それでも諦めず気合いを叫びながら最後まで10人組手を完遂した人もいました。
また、女性の受審者の中には、途中から痛みからでしょうか、殆ど泣きながら最後までやり通した人も。
どの組手も気合いの入ったものでした。
組手の相手をする人達も精一杯の力を出して、受審者にぶつかり、自分の番が終ったら応援する。
その姿はとても素晴らしかったですね。
いつも、そう云う風景に妻が感動していますが、今回も大きな感動と勉強になった様です。
強くなると云うのはどう云う事なのか、少し理解出来た様です。
最後まで応援して見守っていた奥様も、少しずつ空手に対する理解を深めて来ている様です。
残念ながら応援していた彼は組手の方で不可となりましたが、課題がハッキリ見えた気がします。
ここで足踏みした事が彼にとって、次への大きなステップとなるでしょう。
来年に期待です。

バナー

美容院で髪を切ってスッキリ。気療+アルファで生き霊返し。

2018 - 03/03 [Sat] - 02:15

 今日は仕事の合間を縫っていつもお世話になっている近くの美容院へ行きました。
数日前から妻が髪が切りたいと叫んでいたので、行けて良かったです。
私も妻もかなり大量の髪を切って貰いました。
カットしてみると解るスッキリ感。
いつも可愛いアシスタントのKちゃん、Mちゃんが笑顔慰安旅行の写真を見せてくれて、素敵な時間でした。
Kちゃんとは、また気療しようねと云う事を約束して、いつも通り店を出る時には手を振って帰って来ました。

 午後にお出での方は、旦那様がアメリカの超大手航空会社にお勤めの奥様ですが、天然と云うか本当に自然体の方で、心に思った事を素直に言葉にされ、それでも無理して周囲に合わせておられたのを、自分らしくするのが良いですよと以前アドバイスして、かなり気楽になられて様です。
が、そんなキャラなので、誤解される事も多い様で、上から目線でものを云うとか、羨ましがられたりする事もある様です。
そう云う人から飛んで来た生霊や念が体調に影響していたので、気療+アルファで一掃し、浄化して、ついでに周囲にガードを張っておきました。
彼女の言葉や態度を、上から目線に感じたり、自慢をしている様に感じたりする人は、自分の中にあるコンプレックスが刺激されているだけです。
そう云う風に受け取る人は被害妄想が強いと云えますね。
ただ素直で自然体なだけであり、人柄を見れば一目瞭然です。
気療して楽になられて、一層魅力ある女性になった様に思います。

バナー

本日の朔日の御縁日の祈り

2018 - 03/02 [Fri] - 03:32

 今日は3月朔日神様の御縁日で、神様に祝詞奉上しました。
特に祓戸大神7柱にお力添えを戴き、家族や内弟子、私の所に通って来られる方々に対しガッツリ全開で禊祓いを行いました。
拝見していると、御先祖等や被り等の問題以外にも魂そのものの穢れを感じる方がまだまだおられるので、今日の日に良い機会と思いやらせて戴きました。

 神に頼ると云う事ではなく、神様にお力添えを戴く。
神仏は頼るものではなく、尊重するものであり、また崇め奉るものではない。
祈りも拝礼も己の誇りを以て、神仏と対等になる位の気概を持って行うべきと思っています。

 神人合一、即身成仏等、神と人、仏と人が一体となるべく行う修行法があります。
ここでお教えさせて戴いている護身法も同様です。
低頭するのも、へり下るのではなく、誇りを以て行う。
神仏を、完成された人間性の極限の姿と捉え、向かうべき目標として、しっかり見据えて祈りたいものです。
祈りはお願いではなく、礼儀であり、誓いでもあると云えます。
然しながら頭で考え過ぎず、心で捉えて、素直な気持ちと純粋な思いで祈る事が出来たら良いですね。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR