感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2016年05月  

占いは単に未来を見る為だけのものではありません

2016 - 05/31 [Tue] - 03:02

占いと一言で云っても多種多様、物凄い種類がありますね。
月例会でもプロでお仕事されている占師さんも来ていますし、面接やメールでの相談にもお出でになります。
一般の方が占いを頼る時や使う時、未来を読んで貰いたいと云うのが殆どでしょうね。
占いと云うものは、東洋の占いの多くは元々は古代の国家が他国との戦いの時に有利に働く戦略、兵法から出ていて、また自然の流れを見て自然災害等から身を護る為のものでした。
西洋のものについては、自然の声を聞くとか、神の声を聞くとかと云う為に使われてきたものが多いと思います。
占いは、長い歴史の中で生まれ培われた神や自然、宇宙との関わりを知り、声を聞く為の学問として確立されています。
単に未来を見る為の道具ではありません。
占いの結果を参考にして、戦略を立て、勝ち抜き生き抜く為のツールであり、また世界の成り立ちを知る為の学問でもあります。
密教でも陰陽道でも神道でも占いは使われて来ました。
しかし、それは未来を知る為ではなく、物事の本質を見抜く為や、何かの問題の原因を追求する為です。
未来を決定するのはあくまでも自らの意思と行動です。
占いによってある程度の未来は確かに知る事が出来ます。
が、考え方や行動が変わったり、意識の方向が変わった瞬間から、未来は変化します。
占いによって出て来た結果が全てではありません。
これからやるべき、進むべきものを決める時に意思決定の為の一つのツールとして利用して行くのは、大変に有益だと思います。
しかし、頼り過ぎて、占いで全部決めて行くなんて事になってはなりません。
町で売られている占いの本には、表面的な部分しか書いてありません。
その精度を上げて行くには、本には書かれていない口伝や秘伝が必要になります。
遊び感覚やファッション感覚で占いと付き合って行くのは、別に否定はしませんが、出来れば占いの本質、物事の原因や本質を見抜く為に使うと云う様にして戴ければと思います。
同様に、霊能者や特殊な能力を持つ人も同じです。
未来を見る為に頼るのではなく、因縁を知り原因を突き止める為であると良いですね。
その上で、これからどうするか良く良く考えて意思決定するのは、最終的には自分自身です。
自分の未来は自分の力で切り開き、掴み取って行って欲しいですね。

バナー

スポンサーサイト

物事の本質を見なければ、その場凌ぎでしかない。

2016 - 05/30 [Mon] - 03:31

 今日は以前より御依頼されていた御先祖様の御供養をしました。
中々に深い因縁のある一族なので気合いを入れて内弟子共々御供養に入りました。
が、思いの他、御先祖様達は潔く、また高潔であり、スムーズに進みました。
中々剛毅な御先祖様で、その分、こちらの思いが伝わると覚悟を決めて行くべき所へ嵐の様に進んで行かれました。

 ちょっとした問題の話を数日前に耳にしました。
その問題自体は何があろうと当事者間の問題であり、間に入るつもりもありませんし、注意するつもりもありません。
大人同士の話ですから。
表面だけ見ていると一方が悪くて、一方は悪くないと見えて仕舞います。
そんな状況の中で、誰しも常識的な目線で見て正しい間違いを決めつけて仕舞います。
でも、人と人が関わる中で、一方だけに原因があると云う事はありません。
精神世界やスピリチュアルの観点から見れば、どっちもどっち。
甘さが甘さを引き寄せて、それが結果的に心地良くない結論に繋がったと云う事ですね。
自分が苦しい時に安易に人に甘え、それをまた安易に善意のつもりで手助けして甘やかせて仕舞って、片方にしてみればやってあげたのに・・・と。
本当の優しさではなく、甘やかしてその場を凌がせただけ。
人として本当にその相手を思うなら、厳しく叱責したり、道を指し示す事も出来る筈ですね。
甘える方も、人に簡単に甘える前に、自分で決意し肚を括ってやるべき事をやれば、人に甘える必要などないし、自力で抜け出してこそ自分も成長し、経験も積んで行けて強くも大きくもなる事が出来ます。
問題の本質から目を背けて、逃げ根性でその場をやり過ごしても、所詮は繰り返しです。
根本的な部分を変えて行かないと、また同じ事が起きて仕舞います。
どっちも未熟。
甘さと甘さが互いの信頼(そもそもそんなものがあったかどうかですが)を壊しただけ。

 困った時に人に頼ったり、逃げ出したりする事が悪い事ではありません。
でも、まず自分がやるべき事、やらねばならない事から目を背けていたら、その問題の本質や原因が見えません。
また甘やかす方も、安易な援助は自己満足でしかなく、物事の本質的な解決に繋がりません。
甘さは甘さを生み、負のスパイラルを生むだけです。
意味のない、その場凌ぎのボランティアと同様、自己満足では本質的な救いや癒しに繋がりません。
綺麗事だけでは生き抜いて行けません。
が、失ってはいけない、違えてはいけない筋や原則もあります。
どちらもそこに気付いて成長してくれたら良いですね。

バナー

御縁日は読経もあり、色々な話しもあって癒され解放されながら学んで、良い空気が流れて

2016 - 05/29 [Sun] - 05:01

 28日は不動明王の御縁日と云う事で沢山の方が参加されて、気合いの籠った読経で皆で祈りました。
何を願う訳でもなく、ひたすらに不動明王の炎の中での浄化。
今の時期、何故か色々な人に浄化の現象が起きている様です。
千座行をやる事によって起きている洗い出し現象、過去のトラウマや因縁の解消の為、精神的にも肉体的にも隠れていた事が表面化して消えて行く。
洗い出しが出ている間はちょっと辛いですが、出て綺麗になって仕舞えばスッキリ軽くなります。
神の行を続けている人が、自分の隠された自分と向き合う事でハードな思いをしながらも段々と浄化されて軽くなって行く。
心身潔斎と決意を込めて神の行をしている人が、心の中に溜め込んでいた事を吐き出して軽くなる。
頭では解っていても、中々心まで変えて行くのは難しいものですが、視野を広げて価値観を柔軟にして行く為に楽しく厳しく皆からアドバイスを受ける。
そんな人が色々な話をして、読経もあって、お茶を飲み菓子をつまみながら何時間も話し、癒されながら解放され、また学んで行く。
とっても充実して、良い空気に包まれている時間でした。
ありがたいですね。

バナー

プロの方々のスキルアップへの意欲

2016 - 05/28 [Sat] - 03:33

 流水さんの漫画が出た影響でしょうか、最近プロでやっておられる方からの読者申請やFacebookの友達申請、フォロー等が増えています。
弟子達の所にも相談者やクライアントが増えて来ている様で、嬉しい限りです。
今日もプロで占いをやり、パワーストーンの作成もしておられる方がお出でになりましたが、既にプロとしてやっていて、更に上を目指してスキルアップの為に相談にお出でになったり、ブログを読んで下さったり、そう云うのって凄いなと思います。
プライドもあるでしょうし、人から何だかんだと云われたくないと思うのですが、アドバイスを聞いたり、習ったりしようとするその心意気と向上心、尊敬に値します。
大体、能力者なんて人種は、人に頭を下げるのが嫌いな人が多いものですが。
人に頭など下げたくないものですよね。
私も礼儀上、頭を下げる事を厭うものではありませんが、認めた相手以外の人の言葉は完全スルーしますね。
能力者である以前に、人としての品格を大切にしたいと思うので、礼儀を重んじたいと思っています。
心に誇りを持って、頭を下げる余裕と自信を持ちたいですね。

 占師さん、占いを教えている先生、アロマの学校をやっておられる先生、セラピスト、ヒーラー、色々な方がお出でなっていて、またお問い合せ戴きます。
本当に有難い事です。
お互いに良い協力関係が出来てネットワークが出来たら良いなと思っています。
人それぞれ価値観も違えば、好みも違い、相性もあります。
それぞれ、自分に合った先生の所へ相談に行かれるのが良いと思います。
能力者と云っても色々なスタイルもあればジャンルもあります。
ライトなものから、ファッショナブルなものもあれば、ディープなもの、一人一人違います。
どれが正しいと云うじゃなく、自分に合った先生を見つけて相談されるのが良いと思います。
私も御相談を受けた時に、私の所へ来ているヒーラーさんや占師さん、弟子達を御紹介する事もあります。

バナー

千日続ける御先祖の供養

2016 - 05/27 [Fri] - 01:48

 今日、千座行を始めたいと、いつも通って来ているお嬢さんが夜にやって来ました。
彼女はどちらかと云うと神系で、神の言葉を聞いたり、コンタクトする事も出来るのですが、最近御先祖様からの御供養の要求が出始めている様子もあり、自分で読経してみると楽になると云う事で、千座行の必要性を感じた様です。
神と繋がる事の出来る位のレベルの魂を持っていても、御先祖様は肉体由来ですし、それとこれは別にしてしっかり御供養して行けば、肉体由来の因縁も解消されて行って、心身共にもっと楽になって自由になって行くと思います。

千座行は、毎日一座、つまり一日に一回御先祖の御供養を自分でやり、それを千日間、ほぼ3年間やり続けると云うものです。
一日も欠かさずやると云うのは中々難しいもので、途中で旅行や病気や他の用事が入ったりして、どうしても邪魔が入ります。
それでも頑張って千日間やり続けると云うのが、ただの御供養でありながらも、修行です。
それをやって何が得られるか、それは人それぞれですが、明らかに精神的にも肉体的にも変化します。
また、日々の御供養の習慣が出来て、朝に顔を洗う様に一日に一度の御供養が当り前になります。
一番大切なのは、一日に一度必ず手を合して心を鎮めて御先祖と向き合い、心身をフラットに戻すと云う事ですね。

他の修行では、百座でも二十一座でも、一日に数座行なう事で日数を短縮出来ます。
礼拝行等は、百八回の五体投地を一座として二十一座やりますから、一日に一座で二十一日間、一日に三座やれば一週間で終ります。
でも、千座行だけは一日一座、必ず千日やるのが決まり。
人が意識も身体も変えて行く為には、それ位の時間が必要です。
逆に急激な変化は自分自身にショックを与えて仕舞います。
ゆっくり時間をかけて変化して行くのが自然ですね。
細胞の一つが生まれて死んで行くまで、同じ位の時間がかかると云います。
千座行をやり終える頃には、始めた時に生まれた細胞が全て生まれ変わっていると云う事でしょうか。
ただ、途中で止まったら、その時からまた一からやり直し。
九百九十九日目に行が止まる、破れたらまた一日からやり直しです。
後一日と云う所で破れたら泣くに泣けないですが、それが修行と云うものです。
簡単な行ですが、簡単なものほど難しい。
修行とはそんなものですね。

バナー

道場はいつも異常に暑かったです

2016 - 05/25 [Wed] - 03:42

 今日は火曜日ですから道場へ行きました。
その前に、数日前から歯の調子が良くなくて、昼前に歯医者さんへ。
昨日、思い立って歯医者さんへ予約を取ろうと思って行きましたが、入ったら顔を覚えていられて、あら?予約ですか?と聞かれて、お願いしました。
と思ったら、昨日仕事で出かけていた妻が同じく歯の調子が悪くて、急遽お願いして今日の夕方に歯医者へ。
同じタイミングで調子悪いって何でしょうね(苦笑)
その後、道場へ向かいましたが、てっきり間に合わないと思っていたので、遅れて参加しますと師範に連絡していたのですが、向かってみると案外スムーズに着いて、いつもより少し遅いものの、練習前に着いて仕舞いました。

外は日が沈んでから少しずつ涼しくなっているのですが、道場の中はいつも通りの暑さ。
日々暑くなっている気がするので、いつも通りと云うより、いつもより暑いと云った方が良い位でしたが(笑)

 暑さのせいか、かなり今日は披露しました。
少し前から、肩や仙骨辺りが原因が良く解らないで痛んでいて、ずっと以前にハワイから帰った時になった急激な気の増量、パワーアップした時に身体が悲鳴をあげた時に似ている様な気も・・・。
傷めた覚えもないし、仕方ないので様子を見ています。
ですから、道場でも思う通りに身体が動かない感覚があって、疲れました。
絶対的な体力の低下は否めないですが、その内、復調するでしょう。

練習後はスッキリ感はしっかりあります。
ただ、いつもより疲労感が強いと云うだけの事です。

 練習前に道場のウェイトスペースで待っていたら、こっそり妻に写真を撮られていました。(苦笑)

バナー

被り如きに負けない様に

2016 - 05/24 [Tue] - 03:38

 被りと云うのは、場所や人からのネガティブな波動や意識と同調して共鳴して起きて仕舞います。
悩んでいる人や暗い人と話していると自分まで暗くなったりするのと同じです。
無意識に残った一種の記憶の様なものです。
ですから、その記憶を塗り替えたり、消して仕舞う様な強い刺激やポジティブなエネルギーで打ち消して仕舞う事が出来ます。
感覚が上るとどうしても被りに対して敏感になって仕舞います。
気持ちが沈んだり体調が悪くなって仕舞う事があるから当然ではあります。
しかし、被りに対して過剰な恐怖心や拒否感を持って仕舞うと、どこにも行けなくなりますし、誰とも話す事も出来なくなって仕舞います。

護身法は、読んで字の如く、身を護る為の法です。
が、同時に自己浄化の法でもあります。
身を護る為にガードを自分の周囲に張る前に浄化しておかないと、閉ざされたガードの中にネガティブなものを閉じこめて仕舞う事になります。
きちんと作法通りに、完全に護身法を切る事が出来るなら、その時点で自己浄化も出来ている筈です。
それでも被るなら、護身法に甘さがあるか、被りを受け入れて仕舞う何かの要素があるからです。
それは、情だったり、自分の好奇心だったり、妄想だったり、色々ありますね。

護身法を学んでいる方でも、新しく参加して来た人に対して被りを感じて拒否感を持って仕舞ったり、距離を取ろうとする方もおられます。
が、そう云う自分も以前は先の人にそう思われていたと云う事を忘れておられるのかもしれませんね。
被りを恐れるより、被りに負けて仕舞う未熟さを恐れるべきですね。
きちんと護身法を切って自己浄化すれば何と云う事はない、恐れる必要もありません。
また、被りに強くなる為には、何度も被って浄化してを繰り返して経験を積んで行く事で強くなります。
痛い思いを何度もしなければ強くなりません。
恐れるよりも闘えです。
被り如きで気持ちも身体も負けていては、高いレベルの強いパワーには耐えられません。
強い意志を持って、被りに打ち勝ち、完全な護身法を身につけて戴きたいですね。

バナー

いつもながら充実した月例会でした

2016 - 05/23 [Mon] - 03:23

 今日は毎月恒例の月例会でした。
いつも通り、護身法から始めました。
初級では印契と呼吸、身体の動きなどを学んで戴きます。
中級では観想を重視して行ないます。
上級では、初級中級で学んで身につけて来た気をパワーアップさせる為に密教体操を指導し、更に発展させて九字法等、そこから更に発展させて気療も学んで戴きます。
中級、上級の人達の進歩が目覚ましかったです。

 その後は、太極拳と気功です。
内弟子の指導で行なっていますが、月に一度なのでどんどん進歩すると云う訳には行きませんが、皆さん楽しんで戴いている様です。

そして、休憩の後、今日は突然ですが、九星術を基本とした密教占星術の触りを教えました。
たんなる占いではなく、スピリチュアルのセンスや感覚を磨く為の基礎トレーニングとしてもとても良いものですし、的中率も相当高いものです。
陰陽五行、九星を組み合わせ、そこから秘伝の手法を用いて占断して行きます。
私が40年位前に学び、良く使用したものですが、妻と内弟子に伝授してありますので、二人をメインにして指導して貰いました。
また、参加した方の何名かをモデルにして相談して貰い、それを占断する事でやり方の一旦を公開しました。
これから毎月、少しずつ公開しながら学んで戴きたいと思います。

 その後は色々なテーマで話したり、体調の悪い方に気療したり、被りを祓ったり、特別に個別相談をしたり、皆さんが神社で引いて来た御神籤の解読をしたり、またお札の入魂等も必要に応じて行なったりします。
今日は守護神がついた事で急激な変化に辛い思いをしている方に、特殊な秘法を施しました。
一般の方には何をしているか分らなかったと思いますが、内弟子達は流石に何が起きているか何をしているのか解った様ですね。
いつもながらバラエティに富んで楽しい一日でした。

バナー

新しいものか、古いものか、心や思いがちゃんと乗るのが大切

2016 - 05/22 [Sun] - 02:37

 今日は、明日が月例会なので、また暑くなって窓を明ける可能性があるので、網戸の貼り替えをしました。
そろそろ庭にヤブ蚊も出て来始めている様ですし、ヒキガエルも時々顔を出してくれます。
嫌なゴキブリの季節でもありますね。
窓を明けた時に虫が入って来ない様に網戸を直しておかなければと思って、今日やりました。
雨露のせいでどうしても劣化して来ますから仕方ないですが、破れたまま放っておくのも宜しくないですしね。
終ってホッとしていると、二階にある自室、事務仕事をPCでしていますが、その部屋の天井の電気のスイッチが駄目になり、もう寿命だと云う事で、急遽新しいものを注文しました。
数日で来ると思いますが、物は年数が経てば必ず劣化します。
気に入ったものはずっと使っていたいのが人情ですが、あまり固執するのも非現実的ですね。
と云いながら、愛車はもうすぐ車検ですが、20年以上経つ古い車です。
この車種の特徴ですが、部品を新しくしたりメンテナンスをしっかりやっていると、かなりのレベルまで復帰出来るので、私も若くないですし、部品がある限りは乗り続けて行きたいと思っています。

 古い物が全て良いとは限りませんし、新しい物が良いとも限りません。
古い物が持つ良さもあれば、新しい物が持つ良くない所もあります。
何でもかんでも新しくすれば良いと云うものではなく、と云って古いものにずっと固執しているのも宜しくないですね。
柔軟に、その時々に合せて取捨選択して行くのが良いでしょうね。
物以外でもそう云うものはありますね。
作法や礼儀にしても、古いものが全て良いと云う訳でもなく、でも何でも新しいやり方が正しい訳でもない。
そこに心がちゃんと乗るか乗らないか、思いが乗るか乗らないかが大切だと思います。


バナー

知識も経験も浅い人が遊び半分でスピリチュアルに関わるのは危険です

2016 - 05/21 [Sat] - 02:53

 昔からおまじないやコックリさん、占い、パワースポット等々、どこか遊び感覚やファッション感覚でやって仕舞い勝ちな、実はスピリチュアルそのものであるものがありますね。
その中には知識も経験もない素人がやっても問題ないものもあれば、そう云う人達が軽い気持ちでやって仕舞うと大変に危険なものもあります。
昔から良く心霊の番組などでも取り上げられる事が多い心霊写真ですが、これもたまたま撮れて仕舞う事もあります。
点が三つあって、そこに線が含まれていると、霊などいないのに顔に見えて仕舞うと云う事もあります。
そう云う写真が撮れたからと云って騒ぐ必要もありませんしが、写ったからと云って喜ぶ人がいます。
高次元の意識やエネルギーが写真に写るなんて事は滅多にありません。
大抵、そう云うものが本当に写った場合、殆どは低次元のものであって写真に写っただけで何事も悪い事が起きないで帰って来る事が出来て幸運だったと思うべきですね。
やれオーブが写ったとか、何かが写ったとか、写真を撮る度に気にして探し、写っていたら喜んだり、まるで自慢するかの様な人もいますが、オーブでも良いものもあればそうでないものもあります。
知識も経験も浅い人は、あまり興味を持つのはお勧めしません。
少なくとも、写ったものの正体を見抜く目をしっかり持っていないと真贋は見分けられません。
また、そう云う場所に出入りするには、自分の身を守り、浄化出来る力を持つべきです。
興味本位で出かけて、何かが起きて仕舞った時に専門家の力を借りなければいけない様な人は、そう云う事はするべきではありません。
自分で責任を持つ事が出来ない人が、遊び半分でスピリチュアルに関わるべきではありませんね。
生兵法は大怪我の元です。

バナー

心を光の方へ向けて、楽しい人生を送りたいですね

2016 - 05/20 [Fri] - 03:52

 心が光の方を向いている時、闇の方を向いている時、誰でもあります。
でも、心が光の方を向いている時に、闇は息苦しさや気持ち悪さに繋がります。
心が闇を向いている時には、光は痛みや苦しさに繋がります。
神や仏は常に光です。
魔界や悪魔や下界は常に闇です。
平和を願い、自身の向上を願う時、希望に溢れている時、心は光の方を向いています。
しかし、嫉みや嫉み、粘着質の思いや、諦め、厭世的な思いを持つ時、心は闇の方向へ向きます。
心に闇がある時、神仏の光は魂にも心にも、そして肉体にも刺さって来た様な痛みや苦しさを感じます。
体力もどんどん奪われて消耗して仕舞う事もあります。
光のある所にいるのが辛くなって、余計に闇が深まって仕舞ったりしますね。
光には光の、闇には闇の良い所もあれば、悪い所もありますし、それぞれの楽しさもあります。
が、普通の人は光の中に楽しみを見出された方が安全です。
曾て陰陽師は西洋の魔法使いと同じく、天と地に存在する力を利用し、また光と闇のパワーも使いました。
陰陽師の価値観の中に光と闇、天と地の善し悪しの区別はありません。
ただ、命ある人にとっての利益、不利益が重要な問題だったと思います。
現代においても、高い能力を有する能力者達は同じ様に、普通の人間的な善悪とは異る価値観を持って天地、光と闇を見ています。
どちらが上か下か、正しいか間違いかではなく、天地の理、光と闇の理、その法に則っているかどうかです。
大切なのは、人が人として幸せか、安楽であるかです。
ネガティブな思いは、自らを闇に引き寄せて仕舞います。
明るく楽しい生き方を望むのであれば、常に心に希望を持って自身の向上を目指し、心から闇を排除して行く必要があります。
人生は楽しむ為にあります。
人生は修行と云いますが、決して苦しむ為に生きている訳ではありません。
抜け出せない苦しみはありません。
何かを捨てる事で抜け出せる苦しみもあれば、自分を解放する事で抜け出せる苦しみもあります。
今や過去に固執して変化を嫌い、変化を恐れる人は苦しみから抜け出すのに苦しみますね。
良い方向へ変化し、自分を解放してやれば、見えなかった色々な事が見えて来ます。
楽しい人生を送りたいですね。

バナー

雨の中、気にせずやって来た女性達。夜は空手でしたが楽しかったです

2016 - 05/18 [Wed] - 03:11

 今日は観音様の御縁日でしたが、昨夜の夜中から結構激しい雨が降っていました。
まるでそんな事は気にしないかの様にやって来た女性達。
私の好きなドンクのバケットや、手作りのパンなどを持って来て戴きました。
有難いです!!

守護神や守護仏を持つと云う事は、憧れる人が多いですが、実際はそんな生易しいものではありません。
すぐ側に超高圧電流の塊がある様なもので、側にいられるだけで命の危険を感じる程、消耗します。
それに耐えて耐えて、自分の器を大きく強くして行かないと、本当に命に関わる事もあります。
守護する側は、その人間の可能性を見て、鍛えよう育てようと守護しますが、その人間が向うが思う様な器にまで育つか、途中で潰れるか、その人間の性根と根性次第です。
私も何度もそんな思いをして、大袈裟ではなく命がけで越えて来ました。
今日来た女性達はそんな人達。
今、凄く頑張っています。
根性もあるし、性根も真直ぐで、きっと越えて行けると信じています。

 夜は、道場へ。
あまり体調が良くなかったのですが、やればきっと楽になると信じて頑張って行きました。
基本の段階でかなり宜しくない状態でしたが、弱気になったら負けて仕舞いますから、そこは気合いで頑張りました。
時間が経つ毎に段々と楽になり(思った通り)最後のスパーリングでは、途中でスイッチの入ったI二段や内弟子のA君とバチバチやっていたら完全に抜けました。
楽しかったです。
でも、疲れました(苦笑)
帰りは妻に愛車を運転して貰い、半分以上落ちていました(苦笑)
やっぱり良いですね、空手は。
凄く楽になりますし、楽しいです。
同時に凄く疲れますが(苦笑)

バナー

プライドを持つのは悪い事ではないけれど

2016 - 05/17 [Tue] - 03:21

 人間は誰でもプライドと云うものを持っています。
プライドを持つ事は当然な事で悪い事でも良い事でもありません。
でも、そのプライドが色々な事、特に人間関係において邪魔になる事は良くあります。
また、プライドが自分の持つコンプレックスの裏返しで自己防衛の本能から出て来ている場合もあります。
実力もないのにプライドだけ高くて、周囲から評価されないと言って素直になれない人も多いですね。
そう云う人は目立った成果も挙げず、転職を繰り返して仕舞ったり。
また、過去に栄光があって、そこから抜け出せずにいて、今の自分の立場や状態から目を背けていて、プライドだけが先行して過去の自慢話にこだわる人とか。
こう書くとプライドと云うのは悪い事の様に思えます。
でも、人間的な余裕と懐の深さを併せ持ってのプライドは、凄く格好良く見えます。
感情的ではなく、自分が持つべきプライドと、そうではない所を自分で把握しているので、無用なプライドの主張がありません。
プライドと云うのは和製英語であって、和訳すると誇りと云う事になるのでしょうが、今の日本で使われる和製英語のプライドと誇りと云う言葉は、そのニュアンスや意味合いについてかなり違う様に思いますね。
プライドを持つ事は悪い事ではないし、自分を律する芯となり維持して行く柱になるものです。
でも、プライドの無駄な主張は、人を遠ざけて仕舞います。
特に精神的や肉体的に弱っていたりする時、人は自分のプライドにしがみついて仕舞う事があります。
気をつけたいですね。

バナー

今日の神様の御縁日は盛り沢山で素晴らしい一日でした

2016 - 05/16 [Mon] - 03:13

15日は神様の御縁日でしたが、沢山の人が来てお参りしてくれました。
内弟子の女性が神鈴を祓いで鳴らしてくれましたが、段々と慣れて来て上手くなって来ました。
神への思いを胸に、後は度胸で思い切って振れば、必ず良い鈴の音になります。
そして、今日は珍しく御先祖様、遠祖御親神に向けての祝詞を奉上しました。
皆が集まる時の祝詞奉上ではあまりやらないのですが、何故か今日は必要を感じたので。
お出でになった方々の遠祖御親神との繋がりがハッキリしている人や、これから必要になって行く人、動き始めている人がいたので奉上しました。
その後は物部や石上の祝詞奉上をし、天御中主太神や神代七代に向けた特別な祝詞を奉上しました。
皆さん、しっかり神と繋がり、魂で感じられた様です。
 その後、皆で話していたら、遅れて今日、道場で型の試合があった女性がやって来ました。
人数は少ないですが、トーナメント制で一般初級のクラスで優勝したと云う事で、トロフィーを持ってわざわざ来てくれました。
朝、今日は試合です、頑張りますと連絡をくれて、応援のメッセージを返信しておきましたが、必ず勝ってトロフィーを持って報告に来ると心に決めて試合に臨んだ様で、その通り結果を出して来てくれました。
彼女がやった型は決して難しいものではありませんが、まだ空手を始めて1年程度でもあり、型の意味もあまり解っていなかったと思いますが、何度か話して説明してどこが大切かと話していましたが、それをしっかり実行して評価された様です。
道場以外でも公園で練習したりしていた様で、その頑張りと根性はいつもながら驚きますね。
 その後、何名かの希望で内弟子の男性が神言を降ろし、神から厳しくも優しいメッセージを戴いていました。
そんな中、空手の型で優勝した彼女の守護神でもあるギリシャ神話に出て来る女神ヘラもメッセージを発して、人間と神の意志の疎通の難しさを神も知った様でした。
神も進化進歩しなければいけませんし、その為には人の力を借りなければ出来ません。
同時に人も進歩し進化して行きます。
神と人との繋がりにある秘密の一旦を見る事が出来て、同席した人達も学ぶ事は多かった様です。
こう云う場面に立ち合う事は中々ありませんし、得難い機会ですから同席された方はとっても幸運であったと思います。
そこから何を学ぶか、受け取るかは、自分の器次第ですけどね。

バナー

逃げないで向き合って、いつもポジティブに、自分の心の中にある恐怖を克服して行けたら良いですね

2016 - 05/15 [Sun] - 02:41

 誰でも怖いものはあります。
何も怖くないと云う人はいません。
どんなに強い人でも、その強さが心の中の恐怖がもたらしている事かもしれません。
怖いから強くなるしかなくて強くなったのかもしれないし、怖いから普通じゃない強さが出て来るのかもしれません。
心に生まれる恐怖は、幼少期のトラウマや前世からのトラウマ以外は、思考から生まれて来ます。
悪い予想をしたり、思考がネガティブに向かう傾向のある人は、心に恐怖を生み出し易いかもしれないですね。
恐怖心は心の中にこそあって、自分の外の世界には恐怖はありません。
相手が怖そうだからとか、体格差があるから怪我させられそうだとか、まだ現実になっていないのに自分の心の中で生み出すものです。
常にポジティブ、良い方向へ向かう思考の癖をつける事が出来たら、全てではなくても多くの恐怖は克服して行けるかもしれないですね。
最初に書いた様に、恐怖がバネとなって強さを獲得する事もありますから、恐怖心を持つ事が悪い事ばかりではありません。
怖いから頑張る、怖くても逃げないで向き合う、同時に常にポジティブに上向きの思考を持つ事が出来たら、色々な恐れが消えて行くかもしれないですね。
特に武道や、スポーツ等で戦いの世界に身を置く人は、常にそんな心と向き合っています。
程度は色々あるにしても、強い相手に負けるかもしれない、倒されるかもしれないと様々なプレッシャーと云う名の恐怖と向き合って鍛練し修練し、時間をかけて克服して行きます。
向き合い、逃げないで、いつも上を目指して、自分の中の恐怖を克服して行けたら良いですね。

バナー

仏教渡来以前にも御先祖はいます

2016 - 05/14 [Sat] - 02:48

 御先祖の供養が開運の一番の近道と云う事は常々お話していますが、供養と云えば仏教と云うのが普通の考え方です。
それでは、神道や他の宗教には先祖の供養と云う考え方ややり方はないのかと思いますね。
キリスト教や他の西洋の宗教は大抵は個人的な意味合いが強く、あまり先祖の供養とかと云う考え方はない様に思います。
先祖、ルーツに誇りを持ったり伝統を受け継いだりと云う形そのものが先祖の供養と云う事に繋がると云う意味では、広い意味で概念としてはあるのかもしれないですね。
神道では、供養と云う考え方ではなく、人が亡くなったら御霊は神になると云う考え方がある様で、神道での葬儀等では亡くなられた方に神の名、神名を付ける事が一般的な様です。
祝詞にも供養文と云う祝詞があり、仏教で云う供養とは異りどちらかと云うと慰霊と云う形や遺徳を偲ぶと云う形式が多い様に思います。
仏教渡来以前から日本には人が住んでいて、日本人は皆、辿ればそこに繋がります。
ですから、御先祖の供養を完璧に行なおうとするなら、仏教渡来以前の御先祖様に対しても行なわなければなりません。
が、手前の仏教渡来以降の御先祖の御供養をしっかりしてスッキリしていないと、その先の御先祖まで思いが届きません。
途中で邪魔されて止まって仕舞う感じです。
仏教以前の御先祖様の事を総括して遠祖御親神(とおつのみおやのかみ)として祀り、また供養や慰霊の祝詞を挙げます。
先祖の御供養を続けていて、ここまで到達する方は非常に少ないです。
最近、一人千座行を終えて特別供養を行い、そこから遠祖御親神の供養の行に入っている女性がいますが、ここまでやった人は本当に少なく、数える程です。
どれ程、真剣に心を込めて供養をして来たのか、素晴らしい事であり、感動に値しますね。
向うの世界の住人は大変に義理堅く、やったらやっただけ、向うも守ってくれます。
思いの世界ですから、そこに誤魔化しや嘘は通用しませんし、存在し得ません。
こちらもあちらも、どちらもが幸せに安楽になって行く為に、心を込めて御先祖を大切に御供養して行きたいですね。

バナー

内弟子の日。成長著しく、今後に期待です

2016 - 05/13 [Fri] - 03:18

 内弟子を作ってから、毎週水曜日は内弟子が集まる日として来ました。
皆、それぞれ仕事を持ち、家庭を持ちながら、夜になると集まって来ます。
私も修行時代、毎週お寺に通って夜に行われる護摩の助法をしていました。
昼間はお寺さんには信者さんがいますが、夜になると信者さんはおらず、我々修行者だけの世界です。
時には深夜に及ぶ事もあり、時間制限なしの護摩は体力も必要ながら、良い時間であったと懐かしく思います。
今、私が行なう伝授は、そう云う激しさはありません。
皆で色々話し、時に祭壇の前で読経したり、神仏と対話したり、一般の方にはお見せする事のない特別な作法の伝授を行なう事もあります。
また、内弟子の為だけの特別な経典もあります。
が、最も大切なのは心のあり様、使い方です。
ですから、読経や作法を主にしていません。
たまたま、一般の方がそこに同席したとしても、ただ普通に話している様にしか思えないでしょうね。
話している内容は、ごく普通の話。
雑談にしか思えないかもしれません。
でも、その中に秘伝が満載です。
秘伝は、昔は誰にも見せない、伝えないが基本でした。
ですが、今の時代、誰もがある程度のインテリジェンスも持っていて、情報公開もどんどんされている時代です。
本屋に行けば、秘伝とされた事も沢山書かれているものが沢山売っています。
ですが、口伝は本には書いていないですね。
読んだだけで秘伝を読み取る事が出来るのは、自分でやっていて、中身が分る人の中の一部の天才だけです。
秘伝は分る人にしか分らない。
ですから、私も一般の人にもある程度は公開していますし、内弟子には出し惜しみせずやっています。
それを受け取るかどうかは、本人の力量と器次第です。
力量がなければ実行するのは難しいし、器がなければ、受け取る事も出来ないかもしれません。
今いる内弟子達は、急速に成長しています。
器が大きくなり、力量も上がり、性根も据わって来たからでしょうね。
色々と助けられる事も多くなりました。
今後に期待ですね。

バナー

何だか久し振りに感じた空手

2016 - 05/11 [Wed] - 03:56

 連休で道場が休みだったせいで、一週間開いて仕舞ったのですが、今日は道場へ。
何だか久し振りに感じて仕舞った道場でした。
連休中、殆ど身体を動かしていないせいで、身体も固くなっていて、スタミナも激減していました。
それでも何とか最後まで頑張り、練習を終えて帰って来ました。
前のクラスの少年部の子達は、疲れを感じないかの様に試合直後なのに頑張っていました。

道場へ行く前に必ず寄る近くの薬品店で、ふと上を見上げると何だか鳥のぬいぐるみの様なものがあって、姿は燕で何であんな所にあるのかなと思って暫く見詰めて仕舞いました。
すると、頭が少し上下したので、あ本物だと分りましたが、ちょっと驚きました。
何を見ているの?と妻から聞かれ、あそこに燕がいると云うと、慌てて写真を撮っていました。
私もそこでやっと気付いて写真を撮りましたが。
燕は人間の側にいると云う事は知っていますが、ゆっくり見たのは久し振りです。

余りにもじっとしているので、作り物かと思いました(笑)

バナー

言葉数や話ではなく、生き様や姿で勝負したいですね

2016 - 05/10 [Tue] - 02:36

 自分に自信がない人や、心に暗い陰を持って仕舞っている人は、つい自分の自慢話をしたり、誰かの言葉に対して言わなくても良い様な事を言って過剰反応したり仕勝ちなものです。
活躍するスポーツの選手や空手の世界でも活躍している選手達、一筋に自分の目指すものへ突き進む人達は、職業が何であれ、その姿そのものに説得力があって、見ている人に感動を与えてくれます。
羨ましいと云うか、素晴らしいですね。
修行時代、そう云う大先達にお会いし、またお世話になって、その時の光景は目と心に焼き付いていて今でも忘れる事が出来ません。
当時、80歳を過ぎておられたであろう御前様の作法、枯れて無理もなければ無駄もなく、その風格に圧倒された覚えがあります。
また、平易に若蔵であった私に色々とお話して下さり、いつも淡々としておられた御前様、目の前にまるで空気の様に座られていて、それだけで自然と緊張し頭が下って仕舞う様なものを醸し出されていました。
道場で昇段審査で頑張る若者を見ていて、審査する側にいながら目が潤んで仕舞う事も何度もありました。
言葉ではなく、その一途な思い、その姿に感動を覚えます。
会話や言葉は大切ですが、自分の生き様や姿で勝負出来る様になりたいですね。

バナー

母の日と御釈迦様の御縁日、引越し祝と空手談義、濃くて楽しい一日でした

2016 - 05/09 [Mon] - 03:08

 今日は御釈迦様の御縁日。
でも、母の日でもあるので、お出でになった皆さんから沢山のプレゼントを母に戴きました。
今年、米寿となる母ですが、まだまだ元気でマイペースでぶっ飛ばしています。
周囲が振り回される事も屡々(苦笑)
ま、元気でいてくれるのですから、善しとしましょう。
一人で出かけて買物して来たり、ちょっとお散歩と出かけて、駅で気が向いて新宿や銀座まで出かけて仕舞ったり、息子ですから長い付き合いですが、全く考えが読めない事や予想出来ない事も(苦笑)
こう云うと、お互い様と云われて仕舞いそうですが(苦笑)

 読経は声の調子が悪かったですが、皆さんが一緒に読経してくれてパワフルに気持ち良く詠む事が出来ました。
途中、参加された方の御先祖様へ向けての供養や、お持ち戴いた神棚に入れる御札の浄化と再入魂もありましたが、御釈迦様も他の仏様も神様も大変な存在感を感じさせてくれました。
皆さん、感覚が鋭く、ピュアな方ばかりなので、色々と感じられた様です。

 そして、今日は最近引越しして近くへ来た2人の女性が参加していたので、夜になってお祝いも兼ねて食事しました。
わいわいしながら、楽しい時間を過す事が出来ました。
何だか娘や妹がまた増えた様な感じが(笑)

 今日の黒一点の男性は、夏に行なわれるドリームカップにエントリーだそうで、やはり空手談義になりました。
彼の試合を何度か観ていて、一緒に練習した事もあるので、ちょっと指導も。
空手の話となると目の色が変わると母にいつもからかわれますが(苦笑)
仕方ありません。
空手は病気ですから(笑)

バナー

開運の基本は御先祖の御供養と、氏神への御参りです。

2016 - 05/08 [Sun] - 02:27

 巷には色々な開運法や開運の為のパワースポットの情報が溢れていますね。
どこどこの神社に御参りすれば運が開くとか、あそこはパワースポットだから運が開くとか、こうすればああすれば運が開くとか。
確かにパワーの強い場所と云うのは存在します。
でも、そのパワーが自分にとって開運をもたらしてくれる場所かどうかは、そのパワーの種類にもよりますし、相性の問題もあります。
そう云う場所へ出かけて、逆に運が悪くなったとか、憑依が起きたなんて事もあります。
開運法でも、ある種おまじないの様なものもあり、素人が安易にやってはいけない種類のものもあります。
きちんとした知識や経験を持っていない素人がそんな事をやって、まかり間違ってその辺りに浮遊している良くないものに取り憑かれたりしたら洒落になりません。

 誰でも出来て安全で確実なのは、自分の御先祖の御供養、そして自分が今住んでいる土地の氏神様への御参り。
自分の御先祖様への御供養は、お墓参りやお仏壇での御供養等、難しく考える事は必要ありません。
子孫が先祖に対して御供養するのですから、日本人として当り前の事ですしね。
また、氏神様への御参りですが、あちこちへ行く前に、自分が住んでお世話になっている土地の親分である氏神様へ参るのが、人としての筋でもあると思います。
しょっちゅう通っていれば、氏神も覚えてくれて、可愛がってくれるでしょう。
特別御願いなどしなくても、神はお見通しですから、素直に手を合わしていれば、光も力も与えて下さるでしょう。

 色々と余計な欲を出してあちこちへ行く前に、まず身近な所をしっかりやっておく。
何でも同じです。
基本が出来ていないのに、色々なものに手を出しても良い事がある筈がありません。
開運の第一歩は、まず御先祖様の御供養と、氏神様の神社への御参りです。

バナー

感情の乱れは無意識の癖に出るものです

2016 - 05/07 [Sat] - 02:13

 人間は誰でも癖と云うものがあって、無意識に出て仕舞う癖は余程意識を集中していなければ、隠す事は出来ません。
youtubeで、ある人の出演している番組を偶然見ていて、その番組自体が公開裁判の様な感じで出演している人達の態度や言葉に大変に違和感を感じて仕舞いましたが、それ以上に違和感を感じたのはその主役となる人物の姿でした。
色々と詰問され批判され、そんな中で全く表情に変化がなく、言葉にも澱みがなく、目の動きさえ乱れがなく、手や指先にも表情がありませんでした。
機械じゃあるまいし、どれだけの訓練をしたのか分りませんが、全くそこからは心が読み取れず、底知れない闇を感じて仕舞いました。
話す言葉は淀みなく、内容も大変に論理的で、普通に聞いていると納得して仕舞いそうな論理展開で非の打ち所がない。
が、良く良く聞いていると、詭弁と御都合主義が透けて見えます。
論理的でありながら、その根拠は希薄と云うか非常識、自分にとって都合の良い言い訳にしか聞こえません。

 特別な能力などなくても、相手をしっかり観察すれば、ある程度の事は読み取れるものです。
感情の動きは、必ず身体に現れます。
若い心理学者が心理学を用いてパフォーマンスをして人気を博していますが、彼が用いるのも徹底した観察によって相手の心理状態を見抜いて、その上での彼の心理誘導です。
マジックの世界では昔から行われて来た事ですが、何気なく見ているとトリックにしか思えないですね。

 今日見ていた彼は、ある種の怪物に見えます。
妖怪か、魔界の魂でも持っているのでしょうか。
にしては、話は薄っぺらく、自ら募穴を掘っている様にしか思えないですが。

バナー

千座行の勧め

2016 - 05/06 [Fri] - 02:14

 私が修行時代に最初にやったのは、千座行でした。
父方母方の両家併せて4家の千座行をやりました。
一先祖千日、4家ですから4千日かかりました。
千座行だけで12年かかった事になります。
その間、洗い出しも出たり、性格も変わって来て、体質も変わりました。
今、私の所へお出でになっている方の中には千座行をされた方、今やっている方がおられます。
他の方々も日々御先祖に向かって読経されている方も多い様ですが、千座行と云うのは御先祖の御供養の為に千日間専念すると云う事で、一日も休む事は出来ず、もし一回でも抜けたら一からやり直しと決めて行ないます。
行が破れると云いますが、何度も何度も破れる方もいれば、一度も破れる事なく終了する方もいます。
また破れ方も色々。
まだ少ない日数で破れる方、もう終了間近と云う所で破れる方。
999日目で破れたりしたら、泣くにも泣けませんが(笑)

千座行をやられた方、やられている方は、明らかな変化がありますね。
性格が穏やかになったり、小さな事が気にならなくなったり、明らかに目線が変わって来ます。
また、何より集中力が高まります。
肉体的にも健康が増進される方が多く、被りも減って来ます。
色々な意味でブレがなくなって来る感じでしょうか。

千日間、御先祖の供養に専念すると云うのは大変な事の様に思えますが、やってみれば何の事はない、一日一回御供養すると云うだけの事で、それが歩く様に箸を持つ様に当り前の事になれば良いだけの話です。
千座行が終って終了ではなく、初級の入口の様なものです。
これが終って初めてスタートラインに立った様なもので、ここから本番の修行に入ります。
まずは基本中の基本。
開運の為にも、自己改革の為にも、千座行をしっかり修される事をお勧めしたいですね。

バナー

前蹴りと正拳突きには拘りがあります。その原点は苛めからの脱却

2016 - 05/04 [Wed] - 02:41

 Facebookで苛め問題に付いての記事を読んで、昔を思い出しました。
今は誰も信じてくれないのですが(苦笑)私も小学校時代は苛められっ子でした。
正確に云うと中学の始め頃までそうでした。
その場は嫌な思いをしても通り過ぎれば何と云う事はないと思っていたので、それ程思い悩む事もありませんでした。
が、苛めをして来ない友達からも苛められっ子みたいなレッテルを貼られていたのか、そんな目で見られているのが堪らなくなった時があり、それで一念発起して住んでいた場所の近くにある空手道場へ入門しました。
周りは大人ばかり、そんな中で厳しく優しくしごかれ(笑)、毎回引きずり回され吹っ飛ばされながら、それでも一年後にはそれなりの空手も出来る様になって来た覚えがあります。
学校で苛めがあっても、いつかと思ってやり過ごしていましたが、ある時、何があったか覚えていないのですが、今で云うキレた時があり、その時に苛めに加担していた全員に痛い目を見て貰って、学校の階段から蹴落とした覚えがあります。
何しろ50年近く前ですから、今の様に空手は世間に知られておらず、だから良かったと云うべきか、一人勝ちの状態になって、その日からピタリと苛めはなくなりました。
今でこそ苛めは社会問題になっていますが、私が子供の頃から苛めはあります。
と云うより、人間が存在する以上、苛めはどこにでもあり得ると云っても良いでしょう。
自分の身は自分で守らなければ、誰も守ってくれませんし、もし守ってくれる人がいたとしても、ずっと誰かに依存して生きる事など出来ません。
闘うか、逃げるか、選択は色々です。
苛めは、最初は悪ふざけから始まり、それがエスカレートして苛めに発展します。
最初の悪ふざけの段階で、上手くやれていれば、そう云う目に遭わないで済むかもしれません。
恐れないで、思い切って自分の結論を出すべきです。
逃げるのも良いし、闘うのも良い。
やり方は人それぞれです。
学校なんて、どうせ味方にはなりません。
もしなったとしても、その後に苛めが余計に陰湿になるだけです。
頼れるのは、最後は自分と家族だけでしょう。

 相手に対抗した時に使ったのが正拳突きと前蹴り。
あの頃は回し蹴りなんてものはなかったし、あっても前蹴りの変形として使う程度でした。
ですから、今でもこの二つには拘りがあります。
前蹴りにも色々な方法論もあれば、バリエーションもあります。
回し蹴りや後回し蹴り等々、色々な蹴りがありますが、やはり拘りは前蹴りですね。

バナー

大型連休ですが、混雑した中へ出かけて行くのは御苦労様です

2016 - 05/03 [Tue] - 01:24

 世の中は大型連休と云う事で、遊びに行ったり、郷里へ戻られたり、海外へ出ている人が沢山おられる様ですね。
仕方のない事ですが、皆さん同じ時に休んで同じ時に遊びに行かれるので、交通機関は大混雑になって、観光地も観光客で大混雑になって仕舞います。
人混みが好きではない私は、そんな時期には絶対に出かけません。
と云う事で、道場もお休みだし、たまたま仕事も入っていないので、しっかり引き籠りしています(笑)
お休みが増えるのは悪い事ではないと思いますが、その分、仕事が平日に押し込まれて仕舞うので、良い事ばかりではないかもしれないですね。
また、普段外で仕事しているのに、家庭を持っておられる方は休日まで家庭サービスさせられて、休ませて貰えないと云う事があったり。
それが男性であっても女性であっても、働き手の人の所にいつも色々なしわ寄せが来て、休んでゆっくりする事が出来ないと云うのは、おかしな話ですね。
わざわざ大混雑している中、遠くへ出かけなければいけない、そんな風潮は如何かといつも思っていますが。
仕方ないのでしょうね。
偉いですね、皆さん。
私には絶対出来ません。
決まった休みを取らないでやっていますから、仕事をするもしないも自分次第、そんな生活をしていますので、自由と云えば自由、でも常に信用や責任を重く感じています。
会社と云う組織に守られていないから、全ての責任は自分のあり様にかかって来ます。
どんな事をしていても、リスクとメリットは両方あります。
どれを選ぶのも自分次第ですが、自分で決めて選んだ事なら、自分らしく後悔しない様に頑張って行きましょう。
休む時はしっかり休んで、働き手の人にも感謝して休ませてあげて欲しいなと思います。

バナー

早いですね、もう5月になって仕舞いました。

2016 - 05/02 [Mon] - 01:07

 今日は5月1日で神様の御縁日でしたが、沢山の方がお参りに参加されました。
狭い所ですが、椅子が足りなくなって仕舞って、祭壇の間も皆さんに座って戴いたら一杯になって仕舞いました。
今日お出でになった方々、皆様神様の御縁を戴いている方ばかりで、内弟子の女性が神鈴を振って禊の祓いをしました。
そしていつも通り祝詞を奉上して、前月の穢れを祓い、今月の安泰を祈りました。
中には奈良の方で神社のお参りをして直行された方、朝に氏神に詣って来られた方、また茨木の御実家の方でお参りされてから来られた方等、皆さんの真摯な神詣りには感心させられます。
神の前では素直であれ、信心は心の内にあり、形を幾ら繕っても無意味、そんな事を改めて皆さんの姿から感じさせられます。
皆さん、神社で御神籤を引かれて持って来られます。
万葉調で書かれた文章は、解釈が中々難しい様で、一つ一つ解説させて戴きますが、どの御神籤も正に神はお見通しと云うばかりの言葉が並んでいます。
天知る、地知る、神は見通し、と云う所でしょうか。
直接神の声を聞く事の出来ぬ一般人にとっては有難い御神示ですね。

バナー

未来と希望の為に一歩踏み出す勇気を持って

2016 - 05/01 [Sun] - 01:53

 人生、どうせなら楽しく生きたいですね。
良く修行の為に生まれて来ると云いますが、修行であったとしても無駄に苦しむ必要はないし、修行も楽しまなければ続きません。
人生は楽しめば良いと思います。
頑張るのは良いですが、それが目的になって仕舞っては苦しいだけですね。
楽しくなる為に頑張る。
楽しいからこそ頑張れると思います。
生き甲斐のある人生を送る為には、社会的にも経済的にもある程度の余裕は必要かもしれないですね。
でも、それだけが目的になって仕舞ったら、やっぱり苦しくなって仕舞います。
やり甲斐のある仕事をして、生き甲斐のある人生を送る事が出来たら最高です。

しかし、黙って待っていても、そんな都合の良い事は降って来ません。
幾ら御先祖や神仏に祈っても、都合良くは行かないですし、甘やかせてはくれないでしょう。
自分の人生、自分の仕事ですから、自分で勝ち取って行かなければなりませんね。
そうやって頑張れば、当然ですがそれを肯定する人もいれば否定する人もいます。
味方が出来れば、必ず敵も同時に出来ます。
リスクとメリット、どちらも必ずもれなく付いて来ます。

 リスクを恐れて消極的になって仕舞うのも人生ですが、夢もなく楽しくない人生かもしれないですね。
多少のリスクは、それが起きた時にしっかり対処して乗り越えて行けば、自分の経験値も上がり、強くもなれます。
チャレンジにリスクは当然です。
恐れないで、自分の未来の為、希望の為に、一歩踏み出す勇気を持つ事が出来たら、きっと目に見える世界も違って見えるのではないでしょうか。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR