感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2016年03月  

久々の遠隔。空手でも何でも全ては自分次第

2016 - 03/30 [Wed] - 03:24

 今日は昼間面接にお出でになった方に御依頼戴き、急遽祈願に入りました。
本願は健康祈願なのですが、除霊が必要と云う事がお話の中でハッキリ解ったので、遠隔で除霊、浄化、結界を行い、その上で健康祈願の祈りを込めた御札を作りました。
遠隔で気療等時々行いますが、除霊や浄化、結界は久し振りでした。
観光地を訪れて、そこで憑依が起きた様で、身体にかなりの負担がかかり、御家族に病が発症したと云う事でしたが、祈願が終ってから聞いてみたら、家の中で明らかなラップ音がしていたり、夢の中で身体から悪いものが出て行ったり、また夢の中で悲しみを感じたりと、色々と起きていた様です。
かつての戦争や、亡くなった偉人のお墓等、観光の一環として訪れる様な場所は沢山ありますが、そこに色々な思いが残っていますから、気を抜かないで、心理的にあまり同調しない様に気をつけて訪れると良いですね。

急だったので、アイドリングなしでいきなりフルスロットルでやったので、結構こたえました。
でも、火曜日ですからいつも通り道場へ。
先の昇段審査を受けた男性や、試合に出たばかりの人、久し振りにやって来た黒帯の女性と茶帯の男性等、いつものメンバーに加えて、今日は何となく出足が良かったです。
ゆったり練習するつもりが、終るといつも頑張って仕舞った(苦笑)と。
汗だくになって練習を終りましたが、おかげで昼間の疲れが消えました。

 道場へ行くと思いますが、受け入れられて行く為、馴染んで行く為には、最初は浮いていても、相手にされていなくても、ずっと居続ける事、相手が認めてくれる迄頑張り続ける事、それしかありません。
皆、自分の道を歩む為に頑張って練習したり、修行したりしています。
その人達の中に馴染んで行く、受け入れられて行くには、それだけの頑張りと実力、ステージを上げて行くしかありません。
また、そこにはそこのルールもあれば、常識もあります。
郷に行っては郷に従えと云う言葉もありますが、自分が馴染んで受け入れて行かなければ、誰も受け入れてくれません。
認められたければ認められる様になるしかない。
シンプルですね。
道場では進歩しようと云う姿勢、意欲、そしてその実力がついて来た時に始めて認められ、受け入れられて行きます。
全ては自分次第です。

バナー

スポンサーサイト

月例会でした。皆さん変化の時、勇気を持って踏み出して、未来へ繋げて行く

2016 - 03/29 [Tue] - 03:17

 昨日は月例会でした。
早いですね。もう3月の月例会が終って仕舞いました。
ついこの間、お正月を迎えたと思ったのですが、バタバタと忙しくさせて戴いている内に気がつけば春になって仕舞いました。
出産の時から知っていて可愛がっている子が就職だったり、その子の妹がこれまた出産の時から知っていて可愛がっていますが、大学進学だったり、遠くから通って来てくれていたお嬢さんが二駅程裂きに引っ越して来てくれたり、隣駅に住んでいたお嬢さんがこちらの駅の地域すぐ近くに引っ越して気たり、移動があって出世したり、そして10歳の頃から知っている若者が昇段審査を受けたり、色々変化があって、皆もどんどん進化して成長して行っている様です。
変化や進化、進歩、成長には色々なリスクもあって試練も時には来ますが、それでも前へ歩み続けて行く中で、視野が広がったり、余裕が出来たり、それも悟りの一つと云えると思いますが、勇気を持って踏み出して歩んで行くと、必ず次に繋がります。
自分の未来の為に、恐れず進んで行く事って大切ですね。
今日もそんな話が一つありました。
大きなチャンスが来ていて、勇気を持って踏み出せば未来へ繋がると云うお話。
頑張って欲しいですね。
護身法も新しい人も増えて、真剣に向き合って頑張っています。
受け入れる側も進化して行かないといけないですね。
人としての余裕、品格を身につけて行く事は大切な事です。
人は人との繋がりの中で生き、生かされています。
人として自分がどうあるべきか、自己満足にならない様に、広い心を持って礼節を以て接して行きたいですね。

バナー

PCのメンテナンスは時間がかかりますね

2016 - 03/27 [Sun] - 01:06

 今日は新大久保で試合があり、正伝流から沢山の道場生が出場した様です。
私は行く事が出来ませんでしたが、一回戦で正伝流の選手と私の所に通って来ている審極真会で空手をやっている男性が当った様です。
一回戦で負けましたと、その男性から報告メールが来ていました。
相手をした選手は時々一緒に練習しますが、スタミナもあり、動きも速く、中々手応えのある選手です。
判定だったそうですが、互いに死力を尽くしたのでしょうね。
また、映像があれば見たいですね。

 今使っているファイアフォックスのブラウザが余り調子が良くなく、特に動画系ではエラーが時々出ます。
他にも影響が出て仕舞うので、今日は思い切ってメンテナンスをかけました。
Macにはテックツールと云う専用のメンテナンスソフトがあります。
スムーズに進みましたが、デフラグはハードディスクのサイズが大きいせいもあり、かなりの時間がかかって仕舞います。
その間、何も出来ないのでiPadを使っていましたが、丸半日かかって仕舞いました。
人間もそうですが、時々定期的にメンテナンスしてやる事は必要なのだと思います。
おかげで、最近見ているアメリカのドラマ、結構話数が進みました。

バナー

御供養は宗教とは無関係にやるべき、日本人としての基本的な考え方の一つ

2016 - 03/26 [Sat] - 02:36

 今日は、御依頼があり、御先祖様の御供養をさせて戴きました。
ある事情で御先祖様のおられた地域から離れ、違う土地で暮しておられ、お墓も別に建てられた様ですが、残された御先祖様は御供養を受ける事がなくなり、子孫を守りたいのに守れないと云う事で、御供養の強い要求が出て来ていた様です。
夢で出て来られたり、首を絞められたり、親子が同じ場所を怪我されたりと、何だか因縁めいた事も続いていた様でした。
先祖の障りと誰かから言われた様で、私の所へ御相談が来て、確かに障りありと云う事で御供養と云う事になりました。
基本的には、御先祖の御供養はお墓のある菩提寺でお願いするのが筋ですが、お寺や地域によっては先祖代々と云う対象がハッキリしない御供養を避けられる事もある様で、今回そんな理由で私に御依頼が来ました。
内弟子三名と共に奠供、理趣経を読経させて戴き、しっかり御供養させて戴きましたが、御供養を心待ちにしておられた御先祖様の数が膨大でしたが、特別苦しんでおられる方も見当たらず、ただひたすらに御供養を望んでおられ、読経に喜んで戴いているのが伝わり、内弟子も感動していました。
数が物凄く多いので、理趣経だけでは時間的に間に合わず、途中で般若心経や舎利礼文を入れ、更に光明真言を入れて、御先祖様方皆様に経が届く様にしました。
御依頼された方も、勿論同席して戴きましたが、読経中自然と涙が流れて来た様で、驚かれていましたが、御先祖様が供養を喜んで流す涙だとお話すると喜んでおられました。
御依頼主の娘さんも同席されましたが、その子の「供養は礼儀だから」と云う言葉に、一同、驚きと共に爆笑しました。
この子の前世は僧侶だったと伝わって来ましたが、魂が完全に達観していて、祈りや供養に対する姿勢や思いが、私達に通じるものがありました。
この子がいれば大丈夫、そう思える娘さんでした。

このお嬢さんの言う通り、御供養は御先祖様に対する当り前の礼儀であり、日本人としての基本的な考え方の一つです。
宗教的なものや精神世界的なものを嫌う方も多いですが、そんな事とは全く無関係にやるべき事だなと思います。
こんな子が存在しているなら、日本の心もまだまだ受け継がれて行けそうですね。

バナー

昨日から、何かバタバタ感がありました

2016 - 03/25 [Fri] - 01:50

 昨日は伝授でしたが、内弟子の前世のトラウマが発覚。
私も他の内弟子も最初は見抜けておらず、それでも何か違和感を感じつつ、内弟子の一人に命じてその内弟子に気をかけて貰い、その時のその内弟子の態度に何故か私が久々にブチ切れ(苦笑)
その瞬間は本気で殴ろうかと思いました。
そんなこんなで、どうもスッキリしないので、神を呼んで聞いてみる事にしました。
が、当の本人がそんな調子ですから、私が彼を座らせて神を降ろして質問してみました。
それで彼自身の前世での行為のトラウマが発動している事が発覚。
本人の魂にも語りかけ、私が手助けをする形で自力で解決させました。
何度も前世のトラウマは解消して来たのですが、まだ残っていたのですね。
私も他の内弟子達も何となく本能的な部分で何かを感じていた様で、後で思って、私がブチ切れたのもそのせいかと納得。
久々に大きな声を出しました(苦笑)

 明けて今日は、いつも通って来る相談者の一人が引越しで近くに来ると云う日で、一緒に空手の練習をしている二段のI君がやってくれると云う事で、少し様子を見に行きました。
本人から聞いていたのと、こちらで想像していたもの以上の物の多さに驚きました。
これだけの物がどうやって収まっていたのかと思う位でした。
I君も空手の方が楽ですと云う位でした(笑)
そこでちょっとしたトラブルがある事が解り、妻と私が急遽手伝い。
すぐにトラブルの原因が分り、I君、もう一人の引越し業者さん、私、妻の4人で解決しました。

 その後、また用事で出かけたのですが、そこでもハプニングに遭遇。
屋根の上に立つアンテナが倒れて落ちて来ていたと云う事で、さてどうしようかと思案していた所に業者さんが偶然の様に現れ、そこで話をしてすぐに対処してくれる事になって、すぐに解決。

そんなこんなで疲れましたが、ちょっと前から行こうと思っていたホームセンターへ出かけました。
色々と買物をして、その後ペットコーナーで仔犬達とガラス越しですが遊んで癒されて来ました。
私のイヌ好き、改めて妻に確認されて仕舞いました。(笑)

で帰って来たのは、もう暗くなって仕舞っていました。
昨日から何故かバタバタが続いて仕舞った感がありますが、一つ一つ解決したので、まぁ結果オーライと云う事で。
しかし、ちょっと疲れました(苦笑)
こんな日もありますね。

バナー

御供養は心地良いものです。昨日は御彼岸供養会でした。そして今日は空手へ。

2016 - 03/23 [Wed] - 04:22

 昨日は春の御彼岸供養を行ないました。
内弟子共々、奠供と理趣経の声明の響と共に、御依頼戴いた方々の御先祖様や亡くなられた方の御霊に安らかになって戴く為に、心を込めて御供養させて戴きました。
何度も御供養をさせて戴いている方々の御先祖様、御霊は静かに御供養を受けられ、光に包まれる如くに彼岸へ登って行かれました。
まだ御供養の回数の少ない御先祖様や御霊は、御供養される事自体に慣れておらず、まだ何度か回数が必要であろうと思いますが、御供養の思いは伝わったと思います。
御供養と云うとどうしても、どこか暗いイメージが付きまといますが、供養する側もされる側も共に幸せになって、安楽になって行くのが本当の御供養と云うものです。
良く御供養をすると良い事があると言われますが、確かにそう云う事はあります。
が、それが目的になったら、得をする為に御供養すると云う事になります。
入口としてはありだと思いますが、大変に低俗な感じは否めないですね。
御供養とは、互いに癒されて幸せになって行く、また御先祖様から受け継いだ、自分の中にもある歪みや暗さ自覚し、癒し修整して行くと云う事、また同時に御先祖様に執着から離れて仏の境地に近づいて戴くと云うのが真の目的です。
心を込めて、しっかりした目的でやると、御供養と云うのは大変に心地良いもので、最高の癒しです。
力まず、弛まず、丁度良い感じで脱力して、気持ちの良い御供養が出来たら最高ですね。

 今日は道場の日で、いつも通り練習に行って来ました。
日曜日に昇段審査を受けたK君も練習に来ていて、ダメージは数々ある様でしたが、自分の課題に改めて気付いた様で、ここからまたスタートと云う気持ちで練習に臨んでいました。
その気持ちがあれば、まだまだ進化して行く事でしょう。
私は厳しい点数を彼の審査につけましたが、黒帯を取って満足して終って仕舞う人が多い中で、ここからと云う気持ちを持って練習に臨んで来た彼の思いや気持ち、素晴らしいですし、彼の持っている伸び代がまだまだあると云う事で期待出来ます。

バナー

今日は審査会でした

2016 - 03/21 [Mon] - 00:11

 本日は朝から審査会で道場へ行って来ました。
午前中は少年部初級の審査会でした。
受審する人数は少なかったですが、審査する側もスケジュールの関係で少なく、師範と私だけとなって仕舞いました。
手伝ってくれるスタッフも少なく、一般部からと少年部から一人ずつ手伝ってくれて、写真班はいつも通り妻がやってくれました。
子供達、皆それぞれ一生懸命で、普段の稽古を見ていないので解りませんが、頑張っていたと思います。
少年部のスパーリングや組手は、突きや蹴りの回転が早いのでどうしてもバタバタ感を感じて仕舞います。
然し、良く見ていると突きの強い子や蹴りの強い子もいて、中々見応えもあります。

休憩して午後は、少年部の中級上級と一般部の審査、それに今日は一般部の昇段審査がありました。
少年部と云えども、やはりこのクラスになると中々の迫力ですね。
一般部も初級中級でしたが、それぞれ頑張っていて、普段の練習が伝わって来ました。
昇段審査ですが、彼が10歳の時から知っている男性で、空手歴17年、やっと辿り着いた昇段審査でした。
頑張って来た事が伝わって来て、流石と思えましたが、これから黒帯と云う事を思うと、満足の行くレベルではなかった様に思います。
審査が終ってから、黒帯が集まって審議を行なうのですが、私が一番厳しい点数をつけていた様でした。
伸び代はかなりあると思いますが、伸びて欲しいからこその厳しさ、要求が高くなって仕舞います。
彼なりの精一杯頑張ったのは評価しています。
これからもっともっと成長して欲しいですね。
10人組手の最後の相手が彼の弟君で、壮烈な兄弟組手となりました。
ビデオや写真を撮りながら、つい応援して声を出していたので、ビデオには私の声が盛大に入っているかもしれません(笑)

 彼の為にも頑張って写真やビデオを整理、編集しなければいけないですね。
ここの所、凄く忙しいのですが、頑張ります。

IMGP2640.jpg

IMGP2932.jpg


バナー

それぞれ皆、自分の未来の為に頑張っています

2016 - 03/20 [Sun] - 00:31

 今日は歯の調子が悪く、急遽いつもお世話になっている歯医者さんへ行きました。
すぐに対応してくれて事無きを得ましたが。
歯医者へ行く途中、近くに住む内弟子の家の側を通りましたが、頑張っている雰囲気が外まで漏れて来ていました。
今日は確か、お彼岸の供養をしていた筈、しっかりやっていたと思います。
私の妻もある事で一念発起して頑張っています。
他の内弟子も、また相談者の皆さんも頑張っていて、その途中経過や結果の報告が入って来ています。
心配していた案件が解決したと、近くに引越し予定の女性から連絡が入りました。
これで安心して引越しが出来ますね。
今度の一件で彼女もまた一つ勉強して成長した事だと思います。
夜にお出でになった御夫婦も頑張っておられ、御自身でやっておられる会社も順調でどんどん発展しています。
御自身もまた資格取得の為に学校へ行き出したとか。
資格取得すれば、念願が叶います。
頑張って欲しいですね。
また、奥様もこれから運転免許取得の為、来月には合宿に行かれるとの事。
その積極性、良いですね。
あっちもこっちも、みんな頑張っています。
私も負けない様に頑張って行かないといけないですね。

バナー

素晴らしいジャズコンサート。その凄さ、一言で表せませんが。

2016 - 03/19 [Sat] - 04:17

 今日は成城ホールで行われたジャズコンサートに行って来ました。
登場したメンバーは、前田憲男、荒川康男、猪俣猛のトリオ We3。
全員の年齢を合わせて240歳と云う高齢ながら、その演奏は見事の一言でした。
第一部がぷろぐらむ通りにジャズを演奏し、第二部は観客のリクエストのみで構成していて、彼等の豊かな人間性やその造詣の深さ、超絶的なテクニック。
60年以上プロとして第一線にいる人達の凄さ、奥深さ、素晴らしさを感じました。
演奏される音楽がしっかり心に語りかけて来て、正に心が震えました。
無理がなく、無駄がなく、全てに渡って完成された演奏、素晴らしかったです。
演奏されたのは1950年代や60年代の頃のジャズですから、私もリアルタイムで聞いていませんが、若い頃に良くジャズクラブ等で演奏を聴いていたので、凄く懐かしく、その頃のジャズの風景や雰囲気を思い出しました。
一緒に行った妻や内弟子達にとっては、昔の聞いた事もない、でもCM等で流れて聞いた事はあると云う程度の曲ばかりだったと思いますが、楽しんでくれた様です。
また、長く第一線で活躍している人の姿やオーラ、その音楽も含めて感じ取り、学んでくれたのではと思います。
レベルの高いものに触れるのは、心を豊かにし、情緒を高め、視野を広げてくれます。
定期的に彼等の演奏はあると思うので、また行きたいですね。

バナー

お彼岸が近いと空気が重いですね

2016 - 03/18 [Fri] - 01:20

 春と秋にあるお彼岸、そして夏のお盆、御先祖様と向き合う行事が年に三度あります。
その春のお彼岸がもうすぐですね。
お彼岸は、彼岸とこの世の重なりが深まり、御先祖様の行き来がし易くなる時期です。
特に日本では、仏教的な思想的なものもあり、彼岸におられる御先祖様方もこの世に戻って子孫や家族に会う事が出来る日と思っているので、沢山の御先祖様が戻って来られます。
地方地域によって、色々なやり方はある様ですが、その時期に急に亡くなられた御先祖様の事が頭に脈絡なく浮かんだり、家の中で気配を感じたりする事も少なくないとお聞きする事が多いです。
ちゃんと彼岸に旅立たれているのですから、この世に対する執着はなくなっていると思いますが、それでもこの時期に入ると空気が重く、身体や心まで重くなったりする事が良くあります。
感じない人は感じないので、気のせいと思われる人もいるでしょうが、感じる人にとっては現実です。
人の感覚は人それぞれ。
感じない人が鈍いのか、感じる人が過敏なのか、ただ感じるチャンネルが違うだけなのか、どちらも否定するべきではないと思いますし、どっちかが正しいとか間違っているとかと云うのも違う気がします。
何れにしろ、あの世との関わりを意識する事で、この世の人生をもっと豊かにして行けたら良いですね。
恐れたり義務感ではなく、御先祖様がいて今の自分が存在するのも事実ですから、感謝の気持ちを持って祈りを捧げる事が大切だと思います。
感謝し、尊崇の念を持って手を合わせて行くのが日本人としてのアイデンティティーだと思います。

バナー

空手でも空の境地になれたら最高ですが

2016 - 03/16 [Wed] - 04:24

 いつもの様に道場へ行って来ました。
不思議と今日はあまり疲れず、と云っても、ちゃんと身体に筋肉痛は出ていますが、いつもより元気な感じで帰って来ました。
これも高千穂の神効果でしょうか。
いつもの事ですが、空手はやはり良いですね。
心が弾む様なものではありませんが、当り前の事を当り前に続ける、それが出来る贅沢を感じます。
自分の身体の動き、筋肉や骨の動きを確かめながら、最小限の力で最大限の力に結びつけて行く。
空手って奥が深く、本当に飽きないですね。
スパーリングも、向き合った相手との肉体での会話。
スムーズに行く時もあれば、会話が難しい時もあり、時には会話が成立しない事もあります。
誰とでも円滑に会話が出来る様になれば、もっと空手も上手く強くなるのでしょうね。
良いスパーリングが出来る時は、相手との不思議な一体感があります。
そんな時は、本当に何も考えておらず、身体が自然と動いてくれます。
考えていながら考えていない、
そんな感じでしょうか。
これは、祭壇で神仏と向き合っている時に似ています。
三昧と云うのは、こう云う事を云うのでしょうね。
三昧、定、トランス、色々な表現がありますが、修行でも空手でも空の境地、囚われず縛られず自由で柔軟な状態。
いつもそう云う状態でやれたら最高なのですけどね。

バナー

楽しんでこその修行。当り前の事を当り前の様に

2016 - 03/15 [Tue] - 00:40

旅の最中、内弟子の伝授の日でもありましたが、色々と話していました。
祈りも修行も日常の中に普通にあってこそ。
それを現地で目の当たりにしました。
無理して、気合いを入れて、頑張らなきゃ出来ない修行は続きません。
頑張っていたら、張りつめた糸が切れる様に切れて仕舞います。
日常の中の、呼吸をする様に、箸を使う様に、当り前に普通に出来てこそ修行が本物になります。
楽しいから続くし、頑張れる。
嫌々、無理して頑張っても、いつまでも続かないし、そこに心はこもりません。
修行を始めて、最初の内は苦痛でも、それが喜びに変わって来たら、そこからスタートです。
そこに至っていないのは未熟。
当り前の事を当り前にやる、そしてその一つ一つを楽しみ、興味を持ち続けていられる。
本物の修行ってそんなものだろうと私は思うよと内弟子達に話していました。
時に無理は必要ですが、大幅な無理は自分自身を潰します。
ちょっとだけ無理をする事で、自分の限界が上って行きますね。
運動でも空手でも、修行でも同じ。
自分のスピードで良いので、いつもちょっとだけの無理を楽しんで普通にやれたら、きっとその人は凄く成長し、進化します。
人生も修行も楽しみましょう。
楽しんでこそのこの世ですから。

バナー

完璧な千座行の結果を感じました

2016 - 03/14 [Mon] - 01:48

 今日、特別供養を致しました。
3年前から千座行をやり、つい先日満行した方のお家の御供養でしたが、余りのスッキリ感に助法した内弟子共々驚きました。
千座行とは千日かけて、毎日一座御先祖様の御供養をするのですが、殆どの方は千座行一回で完全にスッキリする事はありません。
大抵は2クール、3クール、やって良い感じになるかなと云う所です。
ですが、今日の方は1度の千座行だけで仏教伝来以降の御先祖様については完全にスッキリとされた状態でした。
御供養をして、こんなに気持ち良く読経出来たのは久し振りの事です。
正直、驚きました。
また、喜びでした。
どれほど、心を込めてやったのか、その気持ちと努力が伝わって来る様でした。
今後は、仏教伝来以前の御先祖様、遠祖御親神(とおつのみおやのかみ)に対しての祝詞での御供養を千日続けて行く様にと指示しました。
それが終れば、御先祖の問題は完全に解決です。
このお家がそれだけ古い家系であると云う事でもあり、また今までの千座、千日の間に本人自身もかなり成長しました。
目線も変わり、価値観も広がり、知識も増えて、大きく成長したと思います。
今後の千座でまた大きく成長してくれる事と信じています。
やはり、祈りは心ですね。
邪念や雑念、欲を捨てて、御先祖の為に心を込めて祈る。
中々、口で言うのは簡単ですが、難しい事だと思います。

バナー

原点回帰の祈りの旅でした

2016 - 03/13 [Sun] - 06:42

 9日より11日まで、内弟子達と共に九州の阿蘇、高千穂方面に参拝に出かけて来ました。
毎週水曜日は内弟子の伝授会をしていますが、今回は九州の旅先で行ないました。
以前から、内弟子が天孫降臨の地に行っていないのは問題かもと話していた様で、そんな話を伝授などで聞いて、それじゃ修行に行こうと云う事で今回の旅を行なう事になりました。
事前にそれぞれに禊の行を課して、しっかり準備をして行きました。
雨に迎えられて九州の熊本に到着しましたが、まず第一の予定地である阿蘇神社に着いた時には雨も小止みになり、最終的には雨は止みました。
何年か前にも訪れていますが、この神社は本当にゆったりとした空気が流れ、心が休まります。
全員でしっかり参拝し、時間をかけてお参りしました。
その後、阿蘇山を廻って高千穂に向かいますが、一日目は阿蘇で宿泊しました。
明くる日の朝早くから行動し始めて、天の岩戸神社から天の安河原、高千穂神社、高千穂峡へと巡りました。
それぞれの場所で強いエネルギーを感じ、神との出会いに感謝と感激をしながら、祈りの時間を過しました。
最終日には、天孫降臨の地である国見ケ丘に参り、天を身近に感じながら高千穂の地、日本の地を眺めました。

何よりも、神が身近にあり、常に神と共に生きている、そう云う生活が目の前にありました。
日本人としての原点の様な生活です。
御利益とか損得とか無関係に、そこに神があり、共に生きる。
素晴らしい、とっても自然なものがそこにありました。
内弟子達も私も、神との出会い、そして御縁に感謝し、研ぎ澄まされて修行を終えた様に思います。
原点回帰、まさに今回はそんな旅でした。

 写真はフォト蔵やFacebookに載せてありますので、そちらをご覧下さい。
また妻や内弟子達がアップしてくれているので、併せてご覧下さい。

バナー

火曜日は空手の日です

2016 - 03/09 [Wed] - 03:53

 毎週ですが、火曜日は道場で練習しています。
今日もしっかりやって来ました。
いつも上級者ばかりで、そこに妻や内弟子の女性が入って良く頑張っているなと思います。
一級の茶帯も来ていますが、現役で試合に出ている男性や昇段審査を控えた男性。
男性の上級者に囲まれて、女性陣、良く頑張っています。
妻は二級、内弟子の女性は三級で緑帯ですから、ある意味とてもラッキーな練習時間だと思います。
いつか、2人ももっと上に上がるのでしょうね。
その間に年齢も上りますから、厳しさは続くと思いますが、続けてさえいれば、きっともっと強く上手くなって行くでしょう。
女性陣を相手にする時は、私はどちらかと云うと受け側に回っていますが、遠慮なく攻撃して来ます(笑)
中々の威力があり、ちゃんと受けないと痛い思いをして仕舞います。
時々、私も攻撃を返しますが、顔色一つ変えずに向かって来るのは感心します。
かなり加減してはいますが、痛くない筈はないと思いますが。

 こうしてやっている間に溜まっていた被りやストレスが消えて行きます。
気を抜くと怪我をして仕舞うと事もありますが、きちんとやっているとそう怪我をするものでもありません。
色々と疲れる事があっても、道場で練習して、帰りには本当にスッキリとしています。
身体は疲労しても、精神や魂は甦ると云う感覚です。

 今日は昇級審査や昇段審査を控えた人が参加していたので、型や移動稽古をしっかりやりました。
見せる為の型ではなく、基本に則った真の空手の型を目指して練習してくれたらと思います。
移動稽古も、ただ勢いでやれば良いのではなく、基本に忠実に、身体の使い方をしっかり学んで欲しいなと思いますね。

 明日から内弟子の修行の為、参拝に出かけます。
11日の夜には帰って来る予定です。
その間、記事が止まるかもしれませんが、InstagramやTwitter等で写真や一言をアップ出来ればと思っています。


バナー

人生、全て修行。一つ一つ乗り越えて

2016 - 03/08 [Tue] - 00:38

 人生、生きているのですから色々な事があります。
一つ一つに喜怒哀楽を感じていても、また次がすぐにやって来ますね。
山あれば谷もあり、雨が降れば晴れもあり。
世の中、陰陽がいつも循環しています。
その一つ一つに真摯に向き合って行く事は中々大変ですが、その道筋は一つとして無駄な事はなく、全てが自分の修行と捉えて、もっと成長する為と思って乗り越えて行けたら良いですね。
その道は生きている限り、一生続きます。
生涯修行です。
いつかこの世を去る時に、楽しかった、良い人生だった、我が生涯に悔い無し、と旅立った行けたら良いですね。

 日曜日は新極真会での昇段審査だったそうです。
残念ながら私は仕事だったので応援に行けませんでしたが、亡くなった私の友人の空手家の教え子の女性が審査を受けた様で、見事五段に昇段した様です。
彼女の師匠である私の友人も五段に昇段してから亡くなりましたから、追い付いた事になりますね。
試合にもまだ現役で出場し、女性初の支部長として活躍していますが、今後の精進で師匠を越えて行く事が出来る女性だと思っています。
頑張って、良く辿り着いたねと今は褒めてあげたいですが、今後も頑張って欲しいですね。

バナー

空手の伝説の技を思い浮かべる、病気のお話

2016 - 03/07 [Mon] - 00:34

 空手にはどこか神秘性があり、神秘的な技が存在すると信じられていた事もあります。
例えば3年殺しと言われる技ですが、生理学的にはあり得ます。
が、決して神秘的な技ではありません。
曾ての医学がまだ発達していない時代であれば、それは有効な技として通用しました。
が、その真実は3年ではなく、1年殺しです。
ある場所を攻撃し、内臓の一部に傷を付ける事で、その内蔵が駄目になって、その毒素が全身を犯す事で命を失わせると云う技ですが、現代医学では考えられませんが、曾ての時代ではそれは充分にあり得るものでありました。

 本日お出でになった方は、その大切な内臓に病が見つかり、入院されて摘出手術を受けられました。
その内臓の細胞の一部に癌細胞があったと云う事で、それまでの検査や人間ドックでも見つかっていなかったと云う事で驚かれ、ショックを受けられた様でした。
が、良く話をお聞きし、持って来られた診断書も拝見して、私もお身体を拝見しましたが、癌は初期のものであり、それよりも見つかったその内臓の状態の方が危険領域だったと思います。
もし、もう少し放置していたら、命に関わったかもしれない状態だったと思います。

良いタイミングで病が見つかった事で、命拾いをされたと思います。
見つかった癌はショックだったかもしれないですが、それ以前にその内臓の病気で命を落とされていた可能性もあったと思うと、本当に運の強い方だと思いました。
そのお話をしたら、御本人も安心された様で、頑張りますと元気良くお帰りになりました。

 何が幸いするか分らないものですね。
そのお話をお聞きしながら、先に書いた空手の三年殺しを思い浮かべました。
何にしても、御無事で良かったですねと。

バナー

人類の歴史は壮大なロマンに満ちている

2016 - 03/06 [Sun] - 02:50

暫く前から観ていた「魔術師マーリン」と云うイギリスのドラマを見終わりました。
色々と感じさせられ、考えさせられたドラマでした。
最後の結末は、う〜ん成程、こう来るかと云う感じですが。
アーサー王の伝説、魔術師マーリンの伝説、エクスカリバー伝説、円卓の騎士の伝説、等々、この話には色々な伝説が存在していて、どれが真実か、どれが虚偽か、解りません。
アーサー王の存在自体を疑う話も出て来ています。
ですが、何が真実であろうと、何が虚構であろうと、そこに学ぶべきものがあり、大いなるロマンがあれば、それで善しとして良いと思います。
イギリスのロズリン礼拝堂を訪れた時、そこにマーリンの墓があり、存在を感じました。
また、アーサー王にまつわる宝物がエディンバラ城に飾られており、それらがフェイクであり、本物は他の場所にある事も解りました。
諸説色々とありますが、私は自分の感覚を信じたいと思います。
 人類の歴史は壮大であり、大いなるロマンに満ちています。
宇宙の歴史、地球の歴史からすれば、人間の歴史はほんの瞬きする程の時間でしかないと言われますが、その一瞬の時間の中に壮大なものがあります。
様々な人の思い、歩んで来た道、一般的に信じられている歴史以外に、隠され消されて来た歴史、そこにミステリーとロマンを感じる事が出来ます。
思えば、小学生の時から何がきっかけか覚えていませんが、ムーやレムリア、アトランティス、エジプト、その他の古代の分明の本を読んでいました。
今思えばかなり変わった子供だったと言えると思います(笑)
その影響か、その時代には考古学者になりたいと思っていました。
学校で習う歴史は、大変に薄っぺらく感じて、興味を持てませんでした。
その頃から、もっと壮大なものに憧れを持っていた様に思います。
ヨーロッパを訪れる時、手に触れる壁や土から感じる事の出来る長い歴史の感覚は素晴らしいものがあります。
日本でも神社や仏閣を訪れる時、伝わって来るものに大いなるロマンを感じます。
案外、未来への道はそう云う人類の壮大な過去にヒントが隠されているのかもしれないですね。

バナー

身体も心も小さな宇宙

2016 - 03/05 [Sat] - 02:32

 昨日は内弟子達と食事会をしましたが、気心が知れた相手と落ち着いた場所で過すゆったりとした時間は、美味しい食事も相まって心も身体も癒してくれますね。
帰って来たら、処理しなければならない仕事が溜まっていましたが(苦笑)

 今日は、プロでお仕事されているヒーラーの女性がお出でになりました。
癒す側の人も、自分のメンテナンスをする為に信頼出来る人に癒して貰う事は必要です。
自分で自分を癒すのは中々難しいもので、やはり頼れる相手に癒して貰う方が確実です。
ストレスで頚骨や背骨に歪みが出ていて、全身の気の流れや血行が悪くなっていました。
少し色々な話をしながら、その後に気療をしました。
全身の血流や気の流れを改善して、筋肉を緩め、骨の調整をして、その上でパワーを注入すると元気を回復されて、軽くなられた様です。
被りもありましたから、それも綺麗に排除して行くと、本来持っているオーラが復活しました。

 ストレスや被りだけが原因で病気になると云う事はなく、あくまでも原因の一部ですが、不調や歪み等の原因になる事は確かです。
そこに生活習慣や他の原因が重なる事で、病が起きて来ます。

 一つの原因だけで病になる事はありませんから、原因になっているものを一つ取り除いたからと云って病が完全に回復する訳はありません。
人間の身体は一つの宇宙の様なものですし、心もまた別の宇宙です。
それぞれを確実に効率的に癒して行く事で、様々な問題の根本解決に繋がって行きます。
その為の手法は色々とありますが、気療もその一つの手法として、主に肉体にアプローチしています。

バナー

内弟子達との心地良い時間

2016 - 03/04 [Fri] - 02:25

 昨日は伝授でしたが、早い目に切り上げて今日、ランチで内弟子達と食事会をして来ました。
昨年は何かとイベントが多く、内弟子達が頑張ってくれたので、遅れましたが御苦労会と今後も続く様々な企画へ向けての打ち合せも兼ねてやって来ました。
場所は日比谷帝国ホテルのレ・セゾン。
フレンチの名店です。
内弟子の女性達が行ってみたいねと言っていた事から、ここに決まりました。
食事のマナーや雰囲気を学ぶ事も大切な伝授ですから、こう云う機会も良いですね。

 マネージャーのマナーも当然ですがしっかりしていて、お料理も良かったです。
ランチですから、ハーフポーションでそれ程量は多くないのですが、それでもしっかりお腹一杯になりました。

 こう云う場所でのマナーは、何よりも気遣い。
楽しい会話をして、余計な音を出さす、騒がず静か過ぎず、何よりも同席する人達に不快な思いをさせない事がマナーです。
ナイフやフォークの使い方や食べ方などは、全て気遣いから発展して出来上がったマナーです。
ですから、形だけ真似ても本当のマナーにはなりません。
マナーに縛られて気にし過ぎると、楽しく美味しく料理を戴けません。
あくまでも自然に、当り前の事を当り前に気遣い出来る事が大切です。

 嬉しくてはしゃいで仕舞ったり、詰まらない軽口や冗談を口にするのは、人間としての品格を疑われます。
相手を見て、その相手とその場所とそのタイミングに相応しい言葉遣いが出来ると良いですね。
目上の人に対して、最近の言葉でタメ語と云うらしいですが、自分をわきまえない言葉遣いをしたり、くだらない冗談や軽口を口にするのは失礼な事で、気遣いに欠けます。
内弟子はそう云う事はきちんと学んでいますから、大変に心地良いですね。

バナー

月例会を終って、明日から3月ですね

2016 - 03/01 [Tue] - 02:47

 昨日は月例会でした。
また、御縁日でもあったので、不動明王に皆で読経して、その後に月例会を行ないました。
読経で、全開でパワーを使って仕舞ったので疲れて仕舞いましたが、休憩を挟んで護身法に入ると、皆さんの進化が凄く、一気に部屋の気温が上りました。
それぞれ自分の課題を克服して進んでおられます。
上級から初級まで、それぞれ内弟子や妻に指導を任していますが、最初は全て私がやっていたのですから、皆の進歩のお陰で助かっています。
パッパと上って行く人もいますが、そう云う人に限って途中で挫折して辞めて行ったり、凄く時間がかかっていても確実に力を付けて続けておられる方が残っている様に思います。
昨日は初めて参加された方もお二方おられました。
まだ、知識も浅く、言葉遣いや礼儀にも問題ありだと思いますが、段々と学んで行かれると思います。
また、昨日は私の苦手な鼻を差す様なツンツンした香りのパルファムをつけておられた方がいた様で、少し頭が痛くなって仕舞いましたが(苦笑)
感覚が鋭く敏感過ぎるので、強い香りや稀発系のツンツンした香りは苦手です。

その後、内弟子2人の指導で、気功や太極拳の指導をして貰いました。
私の昔やりましたが、今は空手オンリーなので、どうしても指導すると空手になって仕舞うので、サポートと解説をする役にしました。
共通する部分も多く、空手をやる上でも大変に参考になる所もありますが、参加した皆さんには楽しんで戴いて、呼吸や気を中心に学んで戴けたらと思っています。

 今年は閏年ですね。
なので、明日から3月になります。
まだまだ春の陽気と云うには寒いですが、桃や梅も咲き始めている様ですし、これから一気に春が近づいて来るかもしれないですね。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR