感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2015年11月  

良い仕事をする為に自己メンテナンスして

2015 - 11/30 [Mon] - 01:59

 今日は、オーストラリアから一時帰国しているお嬢さんが気療にお出でになりました。
西の方にあるバースと云う所で、岩盤浴を開業しようと頑張っていて、その下調べの為に帰国されてるそうですが、以前、現地の霊に憑依されて除霊にお出でになりました。
それ以来、帰国時には必ずメンテナンスに気療にお出でになります。
エステの仕事をされているとの事で、クライアントからかなり被っておられました。
また、強い念も飛んで来ている様で、現地でお住まいの家でも仕事場でも何度か奇妙な現象に遭われたり、金縛りに遭ったりされている様です。
そのせいで、全身に浮腫が出ていたり、脊椎に歪みが出ていたりしました。
かなり強い感覚を持っておられる様で、気療を始めたらすぐに反応して感じておられました。
下半身に気療した時、すぐに反応して歪みが取れて真直ぐになって行くのには驚きました。
全身の気療を終えてから、顔の方も気療させて戴きましたが、浮腫が取れて全体にリフトアップして美しくなられました。
元々、素敵な顔立ちをされていて、スタイルも良い方なのですが、被りのせいで浮腫が出て、顔にほうれい線が出ていたり、身体の方にも色々と問題が出ていました。
気療で改善して戴いた後は、スッキリして、帰りは元気に笑顔で帰って戴きました。

仕事柄、クライアントの被りを受けて軽くしてあげる事も多いでしょうし、定期的なメンテナンスは必須ですね。
他にも美容師さんや、直接触れて人を癒す人は、メンテナンスを心がけておかないと、身心に不調が出て来たりします。
いつも元気にお仕事をして、お客さんに喜んで貰う為に、自己メンテナンスしておきたいですね。

 こうして、海外で活躍されている日本の方で、帰国した折にお出でになる方も沢山おられます。
日本に住んでおられる外国の方もお出でになります。
御縁と云うのは有難いですね。

バナー

スポンサーサイト

11月最後の御縁日は激しい読経の後に楽しい時間

2015 - 11/29 [Sun] - 02:32

 今日は11月最後の御縁日の日でした。
今日も沢山の方にお出で戴き、賑やかな日となりました。
最初の一発で内弟子の一人に厳しい事を言って仕舞いましたが、一人前になって欲しい故の事でしたが、伝わったでしょうか。
プロとして仕事をして行く上で、絶対に忘れてはいけない事ややってはいけない事があります。
それは甘えでしかなく、言い訳は利きません。。
適当で良い事も沢山ありますが、仕事を嘗めていてはいけません。
プロの仕事は甘くもあり、でも厳しいのです。
その姿勢がクライアントに伝わって仕舞います。
自分の首を絞めるのは自分自身の心根です。
本気で頑張って欲しいですね。

御縁日の読経は、いつも通りと云うか、もしかしたらいつも以上に激しいものになりました。
不浄を浄火で祓い、剣と検索で正道を教え示す不動明王ですが、今日は祭壇の不動明王の像がとても生々しく感じ、まるで生きている様でした。
静かに読経するつもりが、いつの間にか喧嘩詠みと云われる荒々しいものに変化して仕舞っていました。
品良くしっとりとと云うのが読経の理想ですが、つい気合いが入って喧嘩詠みになって仕舞います。
特に不動明王の時は、長くこの仏を本尊として修行した事もあり、やって仕舞います。

その後は、直会代わりに先日戴いた文明堂のカステラを皆で食べて、色々な話題に。
死後の世界、特に天界や仏界の話、そして空手の話もあり、妻が始めた四股踏みの会の話題もあり、伊勢神宮へ参拝して以降の進歩や変化についての話もありで、いつもながら何でもありの楽しく充実した時間でした。
疲れる事も多いですが、こうして沢山の方に囲まれて一緒に過せる時間があるのは、とても有難い事です。
思い込みや独りよがりでは人はついて来てくれません。
心を通わせて、互いに信頼し合いながらお付き合いして行けたら良いですね。

バナー

いつもポジティブワード、ポジティブシンキングで良い未来を呼び込みましょう

2015 - 11/28 [Sat] - 02:30

 いつも運が良くないとか、事が上手く行かないと云う人は、ネガティブな言葉や思考の癖のある方が多いですね。
無意識に、つい癖の様に使って仕舞う言葉にネガティブワードがないか、チェックしてみましょう。
日本人の特質として、最悪の自体を常に想定しておくと云うのがありますが、それは何が起きても良い様に準備しておくと云うもので、そこに不安や諦め等の意識が入ってはいけません。
ネガティブワードはマイナスエネルギーを生み、嫌な未来を呼び込んで仕舞います。
いつもポジティブワードを意識して使い、ポジティブシンキングをする様にして、良いエネルギーで自分を満たしておきたいですね。

と云っても、良い未来を招きたいからと云って、あまりそこに重きを置いて仕舞うのは止めましょう。
自分の思う通りにならないのが人生です。
だから頑張るし、やり甲斐もあって楽しいとも云えます。
未来が自分の想定したものと異なった時、ガッカリして仕舞ってネガティブなエネルギーに囚われて仕舞う事もありますから、未来をあまり想定するのではなく、どんな良い未来がやって来るか楽しみにしている位が良いと思います。

 今日を精一杯、思い切り楽しんで生きると云う事が明日に繋がる。
楽しんで生きると云っても、何もしなくて良いのではなく、やるべき事はやって、例え義務やプレッシャーであっても、それを楽しんで仕舞おうと云う気概が大切です。
もっと楽しくなる為に、辛い事も乗り越えれば、苦しい事もやるのです。
その先に楽しさが待っているから、頑張れます。

 今の自分の精一杯が明日に繋がり、必ず幸せや安楽が待っていると信じて、その未来がやって来るまで絶対に諦めないで進みましょう。

バナー

仕事は、やって終りではありません。笑顔で元気になって戴かなければ

2015 - 11/27 [Fri] - 02:37

 昨日、伝授会で弟子達と話していましたが、私達の存在意義はクライアントの方々に笑顔になって戴き、希望を持って、楽しい人生を送って戴く為のお手伝いであり、帰られる時には笑顔で元気に帰って戴く事にある。
何名かの弟子がいますが、2名はプロのスピリチュアル・メンター、そして気療師として仕事をしています。
我々の仕事は、相談に乗って問題解決の糸口を見つけてアドバイスし、時には実際的な手法で解決する事もありますが、それで終りなのではなく、その後の事を考えてやらなければ意味がありません。
除霊して終り、供養して終り、身体を治して終りではありません。
私達の所から帰られた後、日常が待っているのであり、その方お一人お一人に癖もあれば生活習慣もあり、中々変えられない価値観や視野があったりします。
それを意識してお話をして、日常へ繋げて行って戴ける様にしなければ、やって終りで一時の息抜きにしかなりません。
ま、一時の息抜きでも良いのですが、どうせなら後に繋げて行ける様にしたいですね。

街の銭湯の様に、日常の穢れや疲れを抜きに、メンテナンスにお出でになる方も多いですが、そこで何かを感じて、気付かない誤りに気付いて戴き、学んで少しずつ前へ進んで戴ける様にして行きたいものです。
私の所は家族ぐるみでお出でになる方も多いですし、長く何年も何十年もお付き合いさせて戴いている方も沢山おられますが、技術や智恵や知識だけではなく、人と人の付き合いとして心を通わせる信頼関係を持って行く事が大切です。
我々の仕事は、ついミーハーな物見遊山的な興味でお出でになる方もおられますが、そう云う方とはやはり真剣なお付き合いは難しくて、一回こっきりと云う場合も多いですね。
奇跡を期待して来られる方は失望されると思います。
豊かに幸せに生きて行くのに、奇跡は必要ないですからね。
奇跡の様に見える現象も幾らでもありますが、それは必要な事をやった結果でしかなく、当然の事として我々は捉えています。
そんな事よりも、何より元気になって、笑顔になって戴けば、とても嬉しいですね。

バナー

空手も修行も長く続ける極意は、単純に好きである事。

2015 - 11/25 [Wed] - 03:49

 今日は昼に面接して、その後、いつも通りに道場へ行って来ました。
昼間は暑い位だったのですが、日が沈み始めると急に寒くなって、出かける時は風が強く吹いていました。
道場ではいつも通り、少年部の子供達がガンガンやっていました。
窓は白く曇り、皆の熱気で気温も上っていて、外が寒かったので暖かいなとちょっと有難かったです。
我々の練習が始まったら、いつも通り黒帯ばっかり。
後からやって来るのも黒帯。
最後にやって来たのが内弟子のA君、彼は茶帯ですから、妻と二人だけ茶帯でした。
本当に、帯の色は黒と茶しかないのか、と云う感じですが、皆本当に空手が好きでやっている人ばかりなので、きつくても楽しい時間です。

練習が終ってから出稽古に来ていた黒帯君と話していましたが、結局、空手を長く続ける人は目標云々より単純に空手が好きな人と云う話になりました。
黒帯が取りたいと思ってやっている人は、黒帯になったら止めて行く人も少なくなく、また試合で結果を残して行きたい人は、結果が出たり、いつまでも結果が出ないと、その内に止めて行く人がこれまた少なくなく、そんな事と無関係にずっと続けて行ける人は、本当に心底空手が好きな人なんだなと思います。
修行でも同じですが、何かに対して情熱を持ち続けると云うのは、簡単な事ではありません。
好きじゃなければ、キツイ事をやり続けるのは不可能でしょう。
続けていられる幸せ、それを感じるからずっとやり続けられる。
他の事なんてどうでも良いのです。
つまり、病気ですね(笑)

バナー

毎月ですが、いつも盛り沢山で濃い月例会でした

2015 - 11/24 [Tue] - 02:42

 昨日は月例会でした。
比較的人数が少なかったのですが、最近は月例会に都合でお出でになれない方は他の御縁日に代りにお出でになる傾向があります。
昨日の月例会、いつも通り護身法を行ないましたが、上級者には気療もお教えしています。
気の出し方をまず覚えて戴きますが、流石上級となると皆さん普通に気が出ていて、ペアで組んで練習して貰いますが、受ける側もしっかり気を感じていて、受けた気についてのコメントをしていました。
その後は、集中力を高める為と、仏の世界に浸って戴き、癒されて戴く為に仏像画の塗絵をして戴いています。
十三仏揃った所で一区切りと思ってやって来ましたが、十三仏までもう少し。
皆さん、同じ塗絵なのにそれぞれ個性的で、その時の心理状態が透けて見えるから面白いです。
その後は、色々(笑)
お一人がお母様をお連れになり、お母様の気療を弟子と一緒にやりました。
私一人でやるとかなり時間がかかりそうな状態で、全身あちこちやる必要がありそうだったので、気療を専門にやっている弟子に補助して貰いました。
私が体幹をやっている間に弟子に足をやって貰い、私が指をやっている間に腕をやって貰う等、お陰で時間の短縮が出来ました。
こうやって、二人がかりで気療をするなんて事は滅多にないので、他の人が贅沢!!と言っていましたが(笑)
こうして、段々とお家族の気療や御相談に乗ったりしながら、いつの間にか家族ぐるみのお付き合いになって行きます。

また、プロでスピリチュアルの仕事している弟子がお一人の女性の相談に乗っていました。
細かい事など、弟子に任せておける様になったので、昔から比べると格段に楽になりましたね。

初めて来られたお母様、緊張されていたと思いますが、気がつくと弟子が話しかけて笑顔で談笑されていました。
何も言わなくても、パッと気付いて動いてくれる、助かります。
弟子達もしっかり成長して来たのですね。
有難い事です。

また、弟子と妻が一緒に女性の皆に四股踏みを教える場面があったり、ダイエットに効果的ですから、続けてくれると良いなと思います。

 夜遅くになってやって来た内弟子、父親の最後の希望が叶ったと喜んで報告してくれていました。
また、その場でその場面に関係する霊が出て来て話す事が出来たと喜んでいました。

 色々な事が人生にはありますが、楽しく強く生きる為に、月例会で皆さんリフレッシュして日常へ戻って行かれるのだと思います。
いつも楽しく賑やかな月例会ですが、今の様な雰囲気をずっと続けて行きたいですね。


バナー

内臓の血流を良くする為に柔軟体操と深い呼吸をしましょう

2015 - 11/22 [Sun] - 01:41

 今年ももう残り少なくなって来ました。
明日は月例会です。
楽しい時間にしたいですね。
急に寒くなって来て、身体だけではなく、心まで寒くならない様に、楽しい時間を過してホッコリしたいものですね。

 今日も気療のお仕事をさせて戴きました。
現代人は、年齢に関係なく、内臓の血流が悪くて冷えている方が多いですね。
女性なら不妊や月経痛、男女問わず胃腸の不調に繋がります。
内臓を温める為に、血流を良くしたいですね。
その為には激しい運動より、柔軟体操や深い呼吸が良いと思います。
運動となると、中々始めるにも決心が必要だったりしますが、柔軟体操などであれば日常でも気楽に出来て続けられるかもしれません。
何よりも続ける事が大切です。
三日坊主では、すぐに元に戻って仕舞います。

道場へ行っていても、弟子達を見ていても、頑張るとか続けると云うのも一つの才能なのかなと思います。
何かの才能以前に、その才能がないと未来も人生も切り開いて行けないのかもしれないですね。

バナー

揚げ足取りの様な議論は何も生み出さない

2015 - 11/21 [Sat] - 02:10

 政治の世界でも有り勝ちで、ニュース等の報道で国会の中継を見ていても思う事ですが、まるで揚げ足取りの様な遣り取りは、何も生み出さず結論も出しません。
不毛な議論は何も生み出す事なく、ただ時間と労力を浪費するだけですね。
やっている方はどう云うつもりか、自分はものを知っているのだ、偉いのだと主張したいのでしょうか。
建設的な未来に向けた結論を導き出す事もなく、ただ揚げ足取りの様に反論を述べるだけ、批判するだけ、くだらないと思わないのでしょうか。
そんな遣り取りは、互いに消耗するだけですし、時間潰しにしかなりません。
物事の見える人からすると、自分の愚かさを露呈している事になります。
人の評価をそれで得られると思ったら、大きな間違いでしょう。
言ってやったと自分だけ悦に入って良い気分になっているかもしれませんが、やればやる程、人望を失って行くだけです。

 論理の先に結論ありきではありませんが、論理の先に方向性や希望の光は見出したいものです。
失望感や徒労感しか生まない議論は、自己満足でしかないでしょう。
会話は、それが議論であれ何であれ、相手との相互理解の為に行なうものです。
互いに理解し合い、歩み寄り、そこから未来への希望や方向性を見出して行きたいですね。

バナー

精神世界はとても深いもので、そんな事を伝授で突き詰めています

2015 - 11/20 [Fri] - 02:01

一番解っているつもりで一番解っていないのが自分自身の事だと云われます。
自分の顔は自分では見る事が出来ません。
人間の意識には顕在意識があり、その奥に潜在意識があります。
そのまた奥に超潜在意識、魂が存在しています。
本当の自分とはどれを指す事でしょうか。
云うまでもなく、それは超潜在意識である魂です。
日常生活の中で、魂の声を聞く事は稀と云えるでしょう。
日々の忙しい生活の中では、上っ面の自分で生きなければ、中々生き辛いと云う事があります。

 良く精神世界とか、スピリチュアルと云いますが、そう云うものを志向する方は、多くは本当の自分の声に導かれている事が多いですね。
超潜在意識の持つ方向性や、意志が、それこそ無意識に自分を突き動かして、本当の自分を知りたい、解放したいと望んでいる場合が多いと云えるでしょう。
修行は何の為にやるのかと云う議論は良くありますが、究極は自己の解放です。
本当の自分を解放してやる事で、様々な物事の真実の姿が見えて来ます。
それを仏教では悟りと云うのでしょうか。
様々なものから解放されて解けて自由になる、そして執着から離れる、それが仏であると聞いた事があります。
解けて仏になったから偉い訳でも何でもなく、悟ったから偉い訳でもないと思います。
大体、仏になったから人を救わねばならないとか、神は人を救うものだとか、勝手な人間の側の御都合主義から生まれた押し付けの妄想でしかなく、だから偉いとか、本当の精神世界はそんな薄っぺらいものではないでしょう。

誰でも自分の中には色々な自分がいます。
神も色々、仏も色々。
そんな事を伝授では内弟子達と突き詰めています。

バナー

祈りと空手の指導、そして稽古

2015 - 11/18 [Wed] - 02:32

 今日は観音様の御縁日。
坂東観音霊場巡りを二度やっている方が来られ、二冊の集印帳を持って来られました。
お坊さんはどこの方も文字が綺麗で上手いですね。
年月をかけて来られたのが伝わって来ました。
元々、大天使系の方なのですが、観音様は仏の中では聖母マリアに近しい所もあるので、御縁が出来たのかもしれないですね。
拝見した後、しっかり観音様に読経させて戴きました。

その後、彼女が空手の審査会が近いと云う事で、少し指導させて戴きました。
拳立ての意味と正しいやり方、基本稽古の意味と正しい形、その用法、一つ一つ何の為の動きか、正しい位置と形の重要性を、間違った形や位置と比べて体験して貰いながら指導させて戴きました。
凄く頑張り屋さんですし、スタミナもかなりありますし、技術を云うものを覚えるのが苦手意識を持っておられましたが、意味が解った事で理解度が上がった様です。
もう一度、来週の月例会でお会い出来るので、また指導してあげたいと思います。
空手の奥深さが解って来ると楽しくなって来ると思いますが、今は初めての審査を目前にして緊張感だけが高まっていた様でした。
審査なんて、普段の稽古と同じ。
稽古の一環だと思っていれば良いので、いつも通りにやれば良いのです。
審査も楽しめる様に、苦手意識を克服して乗り越えて行って欲しいですね。

 夜はいつも通り道場へ。
最初、師範と私といつもの二段の黒帯、そして妻だけでしたが、始まる直前になって黒帯二名がやって来て、黒帯の男性5人に囲まれて茶帯の女性一人と云う状態でした。
後から遅れて参加して来たのも茶帯の男性二人。
我が妻ながら、大変なプレッシャーだったろうと思いますが、最後まで頑張りました。
しかし、考えようによっては、大変に幸運な事です。
格上の黒帯に囲まれて練習すると云うのは、確かにプレッシャーでしょうが、色々と教わる事も多く、ベテランですから相手に合わせてちゃんと加減しますし、最高の環境だと思います。
昔と違って無謀な事はさせませんし、頑張って続けてさえいれば確実に進化して行くと思います。

練習の後、審査を控えている人が、自主連で他の人達に付き合って貰ってボディ打ち、俗に云う腹打ちをやっていました。
そのやる気があれば、審査も大丈夫でしょう。
審査会は、審査する黒帯や師範がいて、また組手の相手をしてくれる人がいて出来るものです。
一人でやっている訳ではありません。
ですから、そう云う人達に失礼に当らない、気持ちに報いる為にも精一杯頑張って欲しいものだと思います。

バナー

重要なのは自分を検証して、自分を知り、解放して行く事です

2015 - 11/17 [Tue] - 03:34

 自分を知ると云うのは簡単な様で難しいものです。
自分の顔は鏡を使わなければ自分で見えないと云います。
無意識に自分がやっている癖、特に心の癖は、自分では気付き難いものです。
自分が正しいと思っている事も実は何かの恐怖やトラウマ、或いは外からの刷り込みで縛られているだけと云う事もあります。
本当に自由な心で、何ものにも囚われず縛られずにいるのかどうか、しっかり検証して行きたいですね。
本当に自分が何を望んでいるのか、何を恐れているのか、何を目指しているのか、何を何処を見ているのか、何に縛られているのか、囚われているのか、長い時をかけて自己検証して行くと、自分が如何に自由ではなかったかが解って来ます。
頭で考えて解った気でいても、本当に心の奥底で自分の事を解っているのか、確かめてみたいですね。
頭脳で考える事は所詮は記憶の集積から生み出されるものでしかありません。
蓄積されたデータから生み出される答えも大切です。
でも、本当に自分らしく、人間らしく生きる為に必要な信念や強い意志は、心の中にこそあります。
誇りを持って、気高く生きて行く為には、自分をしっかり知っておく必要があります。
それが次へのステップとなって行きます。
まず解放して、その上で次を目指して行く。
囚われた心では、色眼鏡をかけて物事を見ている様なものです。
しっかり裸眼で物事の真実を見る事が出来る様に、自分自身をしっかり検証してクリアにして行きましょう。
修行と云うのは色々ありますが、苦行であれ、静の行であれ、結局は自身を知ってクリアにして解放して行く事にあります。
セラピーでもヒーリングでも同じです。
しっかり自分の心に原点回帰して行く事は凄く重要です。

バナー

真に真直ぐで綺麗な心で向き合わないと、人も神も振り向いてくれません

2015 - 11/16 [Mon] - 01:35

 本日は神様の御縁日でした。
日曜日だからと思って予想してはいましたが、沢山の方にお参り戴きました。
来週の月例会に来れないからと、その代わりに来たと云う人もいて、成田や名古屋からもお出でになって護身法を補講されていました。
皆さんの真摯な気持ちが祈りにも繋がり、神への祝詞の奉上後は汗をかく程、暑くなって仕舞いました。
参拝旅行から戻って俗世にまみれて、被りもかなりありましたが、強い禊を改めて受けられ被りを綺麗に消去りました。
その後は、それぞれ分かれて楽しい歓談の時間となりましたが、祈りの話あり、空手の話あり、色々な話題が飛び交って、まるでプチ月例会の様相でした。

今日、来ると言っていて来れなかった人が来れないのは何かの邪魔か等と云う戯言を言っていると云う事で、何とも情けないと思いました。
何かに責任転嫁していれば自分は気楽になれるでしょうが、何かが上手く行かないからと云って、自分を振り返らないで何かのせいと逃げて仕舞っていては何の進歩もありません。
その事については、別の機会に神を降ろして、審神もつけて答えは出してあり、自分がやっている事、自分の覚悟の足りなさや努力精進の足りなさから来ていると云う答えが出ています。
審神をやった人間に、それを改めてお伺いを立てる等、審神も神の答えもないがしろにしている行為であり、そもそも性根が間違っています。
許し難い事です。

今後、その審神の人に対する連絡は一切するなと厳命しました。
自分の勝手な思い込みで人を巻き込み、あまつさえ穢してはならない領域をないがしろにするのは、許し難い事です。
事と次第に依っては破門絶縁もあり得ます。

大切にするべき事は真に受け止めて、自分の思いでそれをないがしろにする事は厳に戒めなければなりません。
真直ぐ綺麗な心で向き合わなければ、人も神も決して振り向いてくれませんし、相手にされなくなって仕舞います。
何が大切か、良く良く性根を改めて考えて欲しいものです。

バナー

気がつけば長い付き合いの女性の訪問

2015 - 11/15 [Sun] - 02:40

 今日、長年通って来ている女性が幸せの報告に来てくれました。
友人の紹介で私の所へ来始めたのですが、強い霊媒体質で体調も精神状態も酷かったですが、通って来ている間に色々と学び、今では強くなって大抵の霊的なものは跳ね返す事が出来る様になりました。
話していて解ったのですが、もう12年も通って来ていたと云う事で、時は知らない内に過ぎて行くものだなと思います。
彼女が幸せを掴んでその報告をしに来てくれた事はとても嬉しい事です。
こらから乗り越えなければいけない事もある様ですが、今の彼女なら大丈夫でしょう。
今後は今までの様に通って来る事は出来なくなると思いますが、何かあったらいつでも相談に来なさいと伝えるとホッとした様子だったので聞いてみると、これで最後でもう来る事が出来なくなるのではないかと思ってやって来た様でした。
そんな事を私が云う筈はなく、友人の紹介で長く付き合わせて貰っているので、娘と云うには年が近いですが、年の離れた妹の様な感じで接していたので、何かあればいつでも力を貸してあげたいと思います。
綺麗な彼女の顔を見る事が出来ないのは一抹の寂しさはありますが、彼女が幸せになってくれるのはとても嬉しい事です。
成長して旅立って行く、送り出す気持ちはどこか複雑ですが、嬉しいですね。
こうして長い年月お付き合いしている人が沢山います。
血は繋がらないですが、ファミリーと云う感覚で沢山の人と付き合って来た気がします。
これからも、ファミリーが幸せであって欲しいですね。
中には近くに引っ越して来る人もいて、有難い事です。

バナー

素人判断は危険です

2015 - 11/14 [Sat] - 01:32

 ちょっとした頭痛や発熱、風邪の症状など、つい甘くみて放置して仕舞い勝ちです。
その程度の事で休めないとか、色々な理由はあるでしょうが、放置しておいて甘くみていると、後で酷い事になって仕舞う場合もあります。
症状が出ると云う事は、異常を報せる身体の信号ですから、その原因をしっかり特定して対処しなければいけません。
本当に軽くて放置しておいて良いものか、ちゃんと治療をしなければいけないものか、専門家に相談するべきです。
父が良く言っていましたが、風邪の時、症状が止まってすぐに薬を飲むのを止めて仕舞うと、体内に風邪が残っていて、またぶり返したり、そのまま酷くなって肋膜炎や結核に繋がる事もある。
だから、症状が止まってからも、少なくとも3日は薬を飲み続けてしっかり完治させないといけない。
何度も何度も風邪を引く人は、そう云う事があるのかもしれないですね。
症状が純粋に医学的なものか、被りから来るのか、疲労から来るのか、同じ症状でも原因は色々あります。
疲れても、被っても熱も出れば、頭痛も出る事があります。
また倦怠感等も同様です。
体力に自信があるのか、医者にも診て貰わないで、すぐに治るからと放置している人もいますが、そんな所で肩肘張って格好つけても良い事は一つもありません。
素直に医師に受診して、それで駄目なら疲労や被りを疑って専門家に相談するべきです。
自分が専門家でもないのに、素人判断で甘く考えて仕舞うのは大変に危険ですね。
これ位は大丈夫が一番危ないです。
あまり病を恐れ過ぎるのも問題ですが、甘くみるのも危険です。

バナー

内弟子の修行

2015 - 11/13 [Fri] - 02:15

 毎週水曜日は内弟子の伝授の会を開いています。
昨日も、皆仕事を終えてやって来ました。
伝授会での事は詳しい事は書けませんが、神を降ろして対話したり、入魂したり、魂の解放をしたり、と昨日は中々盛り沢山で深いものとなりました。
伝授ですから、色々な作法等や法を学ぶと思われる方も多いと思いますが、一番大切なのは心のあり様です。
威厳と覚悟を以て法を用いる。
何を見て、何をするか、作法なんて事は今時ですから幾らでも書物が手に入ります。
自分が学びたいと思う事を自分で探して手に入れれば良いのです。
そこに書かれていない口伝と云うものはあります。
それは、本人の進歩次第で伝授する事もあります。
絶対に見せる事の出来ない秘伝もあれば、どんなに見せても解る人にしか解らないと云うものもあります。
曾ては、多分今でも伝統宗教ではそうですが、私が教えている護身法ですら秘伝として、親子家族にさえ見せてはならないとされていました。
今時、書店で幾らでも書いたものを手に入れる事が出来ます。
しかし、それを読んだ通りに丸暗記してその通りにやったとしても、多分、一部の天才を除いては本物の法にはなりません。
書物や秘伝書には、心の深奥までは書いていないですからね。
何を見て何を学ぶか、何を真似するか、その目線と意識、そこが一番の秘伝なのかもしれないですね。

バナー

無理は続かない、普通に当り前だと思う事

2015 - 11/11 [Wed] - 02:45

 火曜日ですから、当然の様に道場へ行って来ました。
先週は、参拝旅行を終えて帰って来たばかりで休日でもあったので道場はお休みで、今週まで練習はお預けでしたが、今日汗だくになって練習してスッキリしました。
当然、若い人達の様に動く事は出来ませんが、自分を追い込んで汗だくになってやる練習は、溜まったものを全て絞り出してくれてスッキリさせてくれます。
道場開設8年を過ぎていますから、その間仕事などで数回休んだ以外はずっと毎週通っている事になります。
妻も一緒ですから、中年から始めた空手ですが、良く頑張っていると思います。
昨日も書きましたが、無理矢理頑張るのではなく、それが普通に思えて普通に続けて行く、そんな神経を持っていないと駄目だろうなと思います。
無理は続きません。
それが当り前、普通なのだと云う意識でいられる人でないと、道を極めて行けないのでしょうね。
そうでないと、何をするにしてもストレスが溜まるばかりですし、時には嫌になって仕舞うでしょう。
毎日会社へ通って仕事する、それが普通と思えてないと、きっと勤めると云う事も凄いストレスになって仕舞うでしょうね。
道場できつい練習をしたり、修行したり、どこか一般の人とは違う価値観や意識を持った人達が私の周りには沢山います。
それぞれ個性が強くて、平凡な社会では生き辛い人ばかりだと思いますが、その個性が凄く魅力的です。
いつも一緒に練習させて貰っている黒帯や茶帯の人達、皆魅力的な人ばかりです。
凡庸がいけないとは思いませんし、それはそれで徹しているのであれば素晴らしい事です。
凡庸であれ、非凡であれ、自分らしく普通にその生き方を全うして行けたら良いですね。

バナー

私の信頼する内弟子達

2015 - 11/10 [Tue] - 02:26

 お出でになっている方々から見ると、内弟子と云うのはやはり特別な存在と思われている様です。
確かに修行したいと云う意志とか、能力が高いと云うだけでは内弟子に加えたりしません。
取材をして戴いた漫画家さんに云わせると、私の様な能力者が内弟子を持っている事自体が珍しいそうです。
大体能力者と云うのは感覚的であり、そこに論理や哲学があってない様なものもあり、弟子を取って育成して行く様なものではない事が多いでしょうね。
私の場合は、密教修行や古神道の修行、また様々な宗教や先述に触れて来た事から、完全ではないにしろある程度のシステム、伝統を受けついて出いる部分もあります。
その基本を通じて、道を示して行く事が出来ている事から、弟子と云う制度を持つ事が出来ているのかもしれません。
内弟子になる条件、第一はその持てる魂の在り様です。
魂がピュアで高い格を持っているから偉い訳ではありません。
魂の格が低くても人間として努力して、豊かで深みのある人間性を持っている方は幾らでもいます。
ですが、魂が高い格を持っていて、純粋である人は、やはりブレが少ないと云うのも事実です。
次に、目線が高い人である事は絶対条件です。
不可思議なものへの単なる憧れや、興味では、修行は絶対に続きません。
精神世界において目指すべきものは何か、しっかり見る事が出来る人である事。
また、その道を歩く上で、修行や努力に対する意識の在り様です。
誰でも頑張る事は出来ます。
が、ずっと頑張り続ける事は出来ません。
自然に、何気なく自然に淡々とやるべき事をやって行ける意識の高さ、それが最も重要かもしれないですね。
修行なんて、日常から考えたら普通じゃない事なんて幾らでもあります。
さぁやるぞなんて気合い入れても、いつまでも続くものじゃありません。
それを普通にやれて仕舞う感覚、それが必要です。
生まれ持った価値観や視野、目線が普通ではない事、持てる意識が一般人とは異なっていてブレがない事が大切な条件になるかもしれません。
人が出来る事は当然出来る常識を持ち、人が出来ない事もサラリとやって仕舞える意識と覚悟、そんなものが両立していないと内弟子には相応しくないと思います。
内弟子だから偉い訳ではありません。
人間性豊かな偉い人は幾らでもいます。
内弟子修行を通じて人間性を高めて行く事が目的です。
確かに、一般人と違い、内弟子は様々な事を学んでいますし体験していますから、人間性も豊かになって行っています。
一般の方から憧れて戴ける様な存在でいなければいけません。
内弟子でいる事は、それ自体、彼らにとっても大きなプレッシャーだろうと思います。
それも笑い飛ばして歩んで行けなければ、本物とは云えないですが。
自分らしく、今日一日を精一杯、楽しんで命を燃やして生きて行く、その先にある未来へ向かって歩み続ける、そんな人生を送って行きたい、行ける人達が内弟子になっています。

バナー

お釈迦様の会得された境地を心に抱いて、御縁日の読経

2015 - 11/09 [Mon] - 02:08

 毎月8日はお釈迦様の御縁日です。
私の祭壇には、お釈迦様の御遺骨仏舎利が祀られています。
熊野神宮に繋がるお血筋の方より預からせて戴いたものですが、応仁天皇の招きにより日本へ渡来した王仁が百済より持って来たもので、その末裔であるお血筋の方より預かりました。
私如きが祀り安置するのは大変に責任が重く、最初はお断りしましたが、是非にと云う御依頼でお預かりさせて戴き、私が生きている限り心を込めて祈り、祀らせて戴こうと思っています。
私は何宗と云う仏教に属しておりませんんし、僧侶でもありません。
が、御縁あって仏舎利を預かりお祀りさせて戴いている以上、仏教者の一人と云えるかもしれません。
お釈迦様の入滅後に様々に分かれ宗派として別々の道を歩き出した仏教を超え、真にお釈迦様の目指され体得された境地を高みに見据えて、毎月御縁日に祈りを奉じさせて戴いています。

 今日、参加した人達も一緒に読経しましたが、皆先の伊勢神宮への参拝旅行へ一緒に行った人ばかりで、神域での祈りに感覚を研ぎ澄まされて戻って来ていますので、日常の都会の喧騒や渦巻く人の思い等が被りとなって苦痛が伴っている様ですが、都会で生きて行く以上はある程度の鈍感力も必要であり、魂や心のピュアな部分と目指して歩むべき道筋、それと日常の折り合いを上手くつけて行くのは簡単ではありませんが、適度な鈍感さと内面の純粋さとのバランスを取りながら生き抜いて行かなければなりません。

 何年も通って確実に進化し進歩している人も多く、その人間的な魅力が眩しく思える時さえあります。
内に秘めた強さと、外に対する懐の大きさや柔和さ、上手く両立してもっと成長して行けたら良いですね。


バナー

プロとして生活して行くと云うのは簡単な事ではありません

2015 - 11/08 [Sun] - 02:29

 今日、アロマセラピーの学校をやって居られる方とお話しました。
生徒さん達が卒業してもプロとして生活して行けない方が多いとの事でしたが、技術を持っていても力を持っていても、また資格を持っても、それだけでセラピストやヒーラーは仕事して生活して行くのは無理だろうと思いますとお話しました。
私の弟子でもプロで気療を中心に治療師をやっていたり、霊能者としてやっている者がおりますが、それを生業にしてその道一本で生きて行くと云うのは残念ながら並大抵の事ではありません。
技術を持っている、力があると云うのは、仕事をして行く上での前提であって、それにプラスアルファがなければ仕事として成立して行きません。
味が美味しいだけで接客が駄目なお店が潰れて行くのと同じです。
他にも通って来ているプロのヒーラーさんも、生徒さんでプロとして生活して行けている人が少ないと良く言いますが、当然の事です。
クライアントさんとの人間関係に於て信頼関係を作って行き、また会いたいと思って貰える魅力、そう云う物差しで測れないものがあって初めて仕事として成立して行きます。
最後はやはり人間力と云う事でしょうか。
ビジネスと考えると、決して割に合わない事も多々あります。
ドライな計算の上には成り立たない仕事です。
金銭では計れない、人間関係と云う宝物を大切にして行く、その延長線上にビジネス的なものも後からついて来ます。
人が何か言ったりやったりすれば、賛否両論あるのは当然で、嫌う人もいれば好いてくれる人もいます。
我が道を行くと、自分のスタイルを確立して行き、クライアントさんとの間に人間的な信頼関係を構築して行く事、弟子達にも言葉では教える事は出来ないですが、現場で仕事しながら自分で確立して行くしか方法がないものです。
お仕事として考えると、簡単ではないですね。
世の中には色々なセラピストやヒーラーを養成したり資格を与えるビジネスが存在していて、誰でもプロになれるかの様に謳っていますが、プロとして開業する事は出来ても、それを生業にして生きて行くのは、そんな簡単なものではありません。
空手の黒帯が道場を持って生業にして生きて行くのが簡単ではないと云うのと同じです。
どの道も、簡単なものと云うものはないですね。

バナー

時の流れが早いですね

2015 - 11/07 [Sat] - 01:38

 伊勢神宮への参拝旅行から帰って、もう数日が経って仕舞いました。
7月に行なった30周年のパーティも、あれからもう数カ月が経っています。
イベントや旅行と云うのは、準備するのに何ヶ月もかけて、時には1年以上かけてやりますが、終ってみればアッと云う間だった気がしますね。
今回の伊勢神宮への参拝旅行も、一年以上前からやろうと決めていた事でした。
旅の前日に行った新極真会の世界大会も4年に一度ですが、アッと云う間に過ぎて仕舞った様に思います。
何だか色々な事が次々と通り過ぎて行く様に感じます。
時が流れるのは当り前の事ですが、目の前の現実がその時を過ぎるとアッと云う間に消えて行く感じがあります。
過去に囚われない意識で生きているせいでしょうか。
年齢のせいかもしれないですね。
仕事を始めて30年、当然年齢も30歳上っています。
何だか気がついたら年を取って仕舞った様な感じです。
意識も心も全く若い頃と変わって居らず成長もしていないのですが、時間だけは確実に過ぎ去って行きます。
それと共に身体がどんどn老いて行く様な。
必死と云う訳ではないですが、それなりに抵抗していますが、それでも身体は老いて来ていますね。
年齢と共に失った体力もスピードも、気力と意思の力で補っていて、年齢と共に身につけた技と智恵で何とか頑張っている感が否めません。
これって、或る意味では狡さなのかもしれないですね。
何も考えず、勢いと体力だけで正面突破していた若い頃、今はそんな事をしたら壊れて仕舞うでしょう。
とは云え、生涯現役、生涯修行と心得て、日々いかに楽しく自分らしく生きるかをテーマにしていますが。
変化が退化にならない様に、気合いと気力を高めて頑張って行きたいですね。
身体も心も甘やかして仕舞うと、幾らでも安きに流れて仕舞いますからね。

バナー

参拝旅行が終った今、これからが大切です

2015 - 11/06 [Fri] - 02:29

 以前より使わせて戴いているフォト蔵に、伊勢神宮参拝旅行の写真をアップしました。
一日に先ず到着の御挨拶と一日の御挨拶に内宮へ詣りました。
明くる二日、お神楽を奉納させて戴き、その前に垣内正式参拝を致しました。
雨だと云うのに、凄く人が多くて驚きましたね。
お参りの直前に雨が降る事は良くありましたが、今回はしっかり降られて仕舞いました。
以前、高野山へ参拝旅行へ出かけた時、台風が直撃していて、大雨の中参拝したのを思い出しました。
あの時は人が少なく、本当に静かで幻想的な聖地を感じる事が出来ましたが。
今回は雨の中、垣内参拝をする方も多く、順番待ちする程でした。
昨年の遷宮以来、参拝者が増えているのでしょうか、午前中から人が沢山と云う光景はあまり経験がありません。
お神楽も申し込みが多かった様です。

お参りに出かけると、祭神より何か目に見えない授かり物をする事が通例でしたが、今回は具体的なものは特になかった様に思います。
強い光で禊をされ、癒され、お力を戴いた様に感じます。
中に数名、具体的な言葉を受け取った人もいた様ですが。

後で冷静になって探ってみると、何も感じる事の出来ない俗人は具体的な物でないと実感を得られないが、今回の人達はダイレクトに受け取る事が出来る人達なので、物である必要がなく、直接心と魂に語りかけ、エネルギーを戴いたと云う事の様でした。
それだけ、霊格も高く、魂も心も純粋な人達が集まったと云う事ですね。

いつも思うのですが、大人数で皆を連れて参拝旅行と云うのは、かなり面倒で大変な事です。
準備にも数カ月かけて、内弟子が頑張ってくれて実現しましたが、毎回当日まで面倒臭いと思っています。
ですが、いざ行くと、行って良かったなと思います。
今回も結果として素晴らしい旅となりました。
参加した人達も得難い経験をして戴けたと思います。
旅で何を感じ、何を学んだか、大切にして欲しいと思います。
ただ詣った、祈った、楽しかったでは、意味がありません。
祈りの旅は、それそのものが修行であり、学びです。
旅の終った今、これから学んだ事、得た事を、日常の中でどう生かして行くか。
その道筋に大きな幸せも訪れると思います。
これからが大切です。
頑張りましょう。

CIMG7184
CIMG7184 posted by (C)島津 成晃

バナー

伊勢神宮への参拝旅行は素晴らしかったです

2015 - 11/04 [Wed] - 02:42

 一日より本日まで出かけた伊勢神宮参拝旅行から戻りました。
真剣に祈りの気持ちを捧げる人だけと云う条件でしたが、集まった人数は私達家族を含めて25名。
大人数での参拝旅行となりました。
誰一人として遅刻する事もなくスムーズに出発して、天候が気になっていましたが、まず一日と云う事で鳥羽に到着後すぐに伊勢神宮内宮にお参りに向かいました。
するとナビが何を思ったのか、或いは神にそうさせられたのか、いきなりの峠越えをさせられて、昔ながらの行者道の様な所を越えて行きました。
内宮到着した時、丁度行われていた駅伝が撤収する所で、これも神の手配かと。
気持ち良く御一日の御参りを済ませて、鳥羽に向かいました。
宿泊地に選んだホテルは海の前で、眺めも素晴らしく、良い温泉があり、食事も良かったです。

 明くる日、生憎の雨となりましたが、めげる事なく先ずは伊勢神宮外宮に向い、正宮そして末社に参りました。
その後、内宮へ向い、先ずは垣内正式参拝をしましたが、遷宮の宣伝効果のお陰か、垣内正式参拝をする方が多く、暫し待たされました。
垣内正式参拝で待たされたのは初めてです。
その後、御神楽奉納の為、神楽殿へ。
いつもながらの圧巻の御神楽でしたが、天照大御神の降臨により強烈な光に包まれました。
皆、一様にそれを感じていた様でした。

その後、月読宮へ向い、こちらで参ってから一時解散して自由に行きたい所へ向かいました。
それぞれ目的があった様で、二見浦まで行った人や猿田彦神社へ向かった人、また瀧原宮へ行った人、他にも鳥羽スカイラインにあるお寺へ向かった人、外宮近くの神具屋に向かって、その後に内宮近くのおはらい街へ向かった人など、それぞれ自由に行動しました。

 夜にホテルで集合し、一緒に食事してから皆一休み。
温泉に入ったりしながら、のんびりして、最後に集まって今日の感想を報告し合い、その後は楽しい時間を過しました。

最終日の今日は、朝早くから海での禊体験と云う事で、内弟子が指導して数名が行じました。
その後、朝食を取り、また自由に行動して駅で集合と云う事で、それぞれ出かけて行きました。

 今回の旅は凄く充実してとても良い祈りの旅になりました。
それぞれが削ぎ落としたもの、得たもの、学んだもの、強く印象に残る得難い旅になったと思います。
かなり疲れたと思いますが、病後の人が旅の最中にどんどん元気になって行ったりもして、素晴らしい時間でした。

バナー

新極真会世界大会一日目

2015 - 11/01 [Sun] - 02:12

 今日は早起きして、千駄ケ谷で行われている新極真会世界大会に観戦に行って来ました。
久し振りに入場で行列しているのを見て、昔を思い出しました。
分裂後、暫くは入場者が減り、行列する事も少なかったのですが、徐々に人気回復して来たのでしょうね。
昔はいつも行列していて、入るのも大変だった覚えがあります。
行列を横目に来賓入口から入らせて戴きました。
久し振りにお会いする各地の支部長先生方に御挨拶し、代表にも御挨拶させて戴きました。
こう云う御縁があり難いですね。
試合は中々圧巻でした。
白人の選手の思い切りの良い空手、アジア圏の選手の独特な構えと動き、見ていて面白く感じました。
日本選手団も全員とは行きませんでしたが、良い試合をして予選突破した選手が沢山いました。
日本の選手達のレベル、凄いですね。
物凄く参考になり勉強になりました。

 我が道場の人達も観戦に訪れて会う事が出来ました。
また、私の所に通いながら空手をやっている人達にも会えました。
会場で会うと何か普段と違って新鮮ですね。

 暫く連絡して居らず体調が余り良くないと云う事で心配していた師範にも会えて、久し振りに少し話す事が出来ました。
極真が分裂後、ある派閥からどんどん人が離れて行く原因が、師範の口から聞く事が出来ました。
噂には聞いていましたが、やはり事実だった様ですね。
時代の流れもありますが、人としての信頼を失って行く原因は、その人自身の在り様と云う事でしょうか。
案外、元気そうな顔をしていて安心しました。

順当な試合もあり、納得の試合もあり、番狂わせもあり、見応えのある試合が続きました。
明日もきっと素晴らしい激闘が続く事でしょう。
私は残念ながら参拝旅行へ出かけますので明日は観戦出来ませんが、出場している選手達の活躍を祈っています。

IMG_0155
IMG_0155 posted by (C)島津 成晃
IMG_0156
IMG_0156 posted by (C)島津 成晃
IMG_0157
IMG_0157 posted by (C)島津 成晃
IMG_0158
IMG_0158 posted by (C)島津 成晃

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR