感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2015年06月  

中々大変な一日でしたが、無事に月例会も行事も終りました

2015 - 06/30 [Tue] - 03:45

昨日の月例会、夏越大祓の行事とその後に不動明王の御縁日を行い、その後に護身法に入りました。
その後に直会(なおらい)し、休憩して一服した後、仏様の塗絵をやりました。
昨日は地蔵菩薩の塗絵をしました。
その間、私は少し席を外しましたが、暫くして見させて貰うと、皆さんの個性や心理状態がそのまま塗絵に表れていて、とても面白かったです。
凄くリアリティのある人、幻想的な人、思いもつかない色使いの人、それぞれですね。
護身法では、上級を少し見させて貰いました。
内弟子に任せていたのですが、ちょっと気の流れについて話をしておきたくて、入らせて貰いました。
気やエネルギー、そして空手の力は、筋肉ではなく骨(こつ)の中を通ると云う事を、指導し体感して貰いました。
気を出そうとする時、空手で突き(パンチ)を出そうとする時、つい腕の筋肉に力を入れて仕舞います。
それでは本当の力は伝わりません。
背筋、足や腰の筋肉、体幹の内側の筋肉、横隔膜や腸腰筋等々を全てリンクさせて行く事で、気も力も流れて伝わります。
手や腕の筋肉を緩めておいて、適当な捻じりを加えてやる事で、骨の中を通ります。
それに伴って意識するべき軸や軸の中心、頭の位置等を指導しました。
護身法で気が練れていて、体幹の柔軟性や気のパワーアップが出来ているから、理解出来て体感出来る事ですが。
 その後、何名かの方と色々な報告を聞いたり、内弟子による気療を何名かにして貰ったり、個人的な相談を内弟子して貰ったり、いつもながら盛り沢山でした。
その後も、口寄せ(神の言葉を降ろす)を内弟子の一人が行ないましたが、下級な神が上位の神の許可も得ず独断で降臨して来たので、怒鳴りつけて仕舞いました。
神の世界は、筋を大変重んじます。
本来であれば黄泉の世界へ落として仕舞う所ですが、追い返すだけに収めました。
神にも色々あると云う言葉を以前、ある神社で受けた事がありますが、本当にそうですね。
筋を違える神、姑息な神、真に気高い神、色々いるものです。
 その時の激しいエネルギーに当ったのか、気当りしてのぼせて仕舞って、酷い眩暈で立ち上がれなくなった女性もいましたが、気の調整をしてすぐに回復しました。
昨日は新しい方もおられたので、色々あって驚かれたかもしれないですね。

バナー

スポンサーサイト

大変でしたが、やっと会場での打ち合せまで漕ぎ着けました

2015 - 06/28 [Sun] - 01:15

 今日は、島津事務所創設30周年記念パーティを行なう会場での打ち合せと確認に出かけて来ました。
場所は、色々と考えましたが、私らしい場所と云う事で明治神宮の記念館で行なう事にしました。
参加人数が88名とかなりの人数になったので、広い部屋をお願いし、その部屋の下見と打ち合せに出かけました。
演奏を披露する人、演武をしてくれる人達、そして司会をしてくれる友人の女性、内弟子達が集まり、妻と共に詳細を打ち合せしました。
ここに到るまで紆余曲折があり、嫌気が差した事もありますが、ここまで来たら後はやるしかないよねと、古くからの友人であり、司会を担当してくれる女性と話していました。
今までの経緯なども話し、彼女も色々と掌握してくれたみたいで、後は当日頑張るだけですね。
会場で声を出してみて演出を考えたり、映像を出して検証したり、実際に動いてみて流れを見たり、何が必要か、彼女にプロの目で見て貰いました。
彼女は、長く司会行をやっていたプロなので、演出のプロデュースは彼女の采配に従うのがベストです。
我々の意向をしっかり聞いて考えてくれるので、大変スムーズに進みました。
会場で打ち合せして、やっと実感が出て来たと云うか、イメージが湧いて来ました。
当日は、勢いでやるしかないですね。
幾ら詳細を決めても、当日の現場でノリがなければ上手く行きません。
良い感じでノレたら、勢いで盛り上げて行けると思います。
良い意味で楽しく、皆さんの心に残る様なパーティに出来たら最高です。
頑張ります。
ここに到るまで頑張ってくれた内弟子の女性、そしてサポートしてくれた妻、その他スタッフの方々に感謝です。

バナー

行動して学び経験した事は宝です

2015 - 06/27 [Sat] - 02:43

 問題に直面すると、早く解決法が欲しくなり、すぐに解決する事を望むのは当然です。
が、解決するには道筋があり、ただ望んでも答には辿り着きません。
大切なのは、動く事です。
正しい道筋を考える必要はあります。
が、動かなければ何も変わりません。
答だけ見つけて満足して仕舞って、何もせずに待っているだけの人も多いですが、それでは何も解決しないですね。
神仏に祈り、それで満足して仕舞う人もいます。
自分で何かしなければ、物事は動きません。
まず行動ありき、その中から試行錯誤しながら、失敗を繰り返しながら学び、成長し、正しい答に辿り着いて行きます。
ちょっと躓くと、そこで気持ちが萎えて仕舞って、行動しなくなる人がいますが、それでは自分で投げ出して諦めて仕舞っている事になります。
一つ問題を解決しても、また次に問題が起きて来るのが人生です。
ずっと平穏なだけの人生などありません。
自分で行動し、その動きの中から経験して学んだ事は大きな宝です。
頭でっかちに幾ら考えても、所詮は机上の空論でしかありません。
現実を動かすには、現実的に行動しましょう。

バナー

帰りたいと思う時があります

2015 - 06/26 [Fri] - 03:20

_IGP4513
_IGP4513 posted by (C)島津 成晃
私のセカンド・ホームタウン、Gstaad です。

IMGP9911
IMGP9911 posted by (C)島津 成晃
妻のセカンド・ホームタウン、Edinburgh です。

 時々、遠いヨーロッパ、と云っても昔に比べたら時間的には凄く近くなりしたが、昔はヨーロッパまで23時間位かかっていましたが、今は12時間位で着いて仕舞いますから、に行きたくなります。
私も妻も自分のセカンド・ホームタウン、第2の故郷と思える場所があります。
ここを訪れると、何をする訳でもないですが、本当に癒されます。
妻のセカンド・ホームタウン、Edinburgh には以前から行こうと行っていながら中々実現出来ず、数年前にやっと訪れる事が出来ました。
その時は、母や内弟子の一人も一緒でしたから、観光的な事もしっかりやりましたが、私と妻だけなら特に観光と云う事もなく、ただその街にいて、その街の空気を吸っているだけで幸せを感じます。

 私のセカンド・ホームタウンであるGstaad も、ずっと訪れたいと思いながら、数十年の時が開いて仕舞って、数年前にやっと妻と訪れる事が出来ました。
ここを紹介したのは妻だけですが、気に入ってくれた様で良かったです。
私も妻のセカンド・ホームタウンであるEdinburgh はとても好きになりました。
どちらの土地も、ハッキリした理由は解りませんが、大変懐かしく感じて、まさに故郷に帰って来たと云う感じがします。
一緒にEdinburgh に行った内弟子も同じ感覚を持った様です。

 時折過る、無性に懐かしいと感じる気持ち、その場所を思い浮かべているだけで、写真を見ているだけで癒されます。
また行きたいですね。


バナー

今日も、疲れましたが楽しんで来ました

2015 - 06/24 [Wed] - 03:10

 今日は火曜日ですから道場へ行く日と決めていますが、どう云う訳か雨の確率が高く、今日もしっかり降られました。
しっかり降る雨は嫌いではなく、まして道場の時は練習の間のちょっとした休憩や練習後に窓を空けた時の涼しさが格別です。
周辺に住宅があるので、練習はどうしても窓を締めて行ないます。
夏が近づくに連れて、道場内の湿度も上がり、気温も上って来ていますが、道場へ着いて着替えているだけで汗をかいて仕舞います。
冬などは、窓を開けると熱気が霧の様に白く漂います。
夏に入門した初心者が、練習開始後30分で熱中症になったのか、体力的にへばったのか嘔吐してしまった事もあります。
その時に、黒帯全員が「自分だったら、今の時期に入門しない」と言って皆で爆笑した事がありますが。
毎年やっていると身体が慣れて来ていると云うか、ヒーヒー言いながらでも耐えて行ける様になっているのですから、練習と云うのは凄いですね。
確実に進化させてくれていると思います。

10代の子と同じメニューでやるのは体力的に結構無茶な気もしますが、極力無駄な力を抜いて頑張ると最後までしっかりやれるものです。
空手は力めば良いと云うものではありませんから。
動きに無駄がなくなれば、それだけ無駄な体力も使わないで済むと云う事です。
が、それでも若い人とスピードを上げてやっていると流石に疲れますが。
我が道場の黒帯は、かなり強い方だと思っています。
試合の為だけではなく、本当に空手が好きで続けている人達ですから、向上心と追求心はいつも真直ぐで感心します。
皆、生涯現役と思っている様な連中ばかりですから、やっていて楽しいですね。
疲労はしますが、有難い時間です。

バナー

古人の知恵、古来行われ続けている行事と人間の感覚

2015 - 06/23 [Tue] - 02:47

 年に6回の行事、節分祈願会、春彼岸、夏越大祓、旧盂蘭盆会、秋彼岸、越年大祓を行なっていますが、毎回、行事のひと月位前になると、空気が重く感じ始めます。
外出して街を歩いていても感じますから、行なっている行事は日本の風土と関係しているのかもしれないですね。
昔から行われて来たものですから、科学で証明は出来なくても、日本の風土や自然や目に見えないもの達と上手に付き合って行く上での古人の知恵なのかもしれませんね。
人の目に映るものではなくても、肉体や魂は認識していますから、影響が出て仕舞うのだと思います。
野生の動物達の持っている、人間の理解を越えた感覚は、人間にも備わっています。
発達した分明のおかげで、そう云う感覚が鈍くなっても安全に生きて行ける様になりましたが、人間も動物である以上、そう云う感覚は潜在的に持っている筈です。

感覚のある人とない人の違いは、ふとした事を気のせいで無視するかしないかです。
ふと感じた感覚や、意識や目の隅にふと過ったものを、気のせいと無視出来ない、しない人が感覚のある人と云えると思います。
そんなものはある筈がないと無視して仕舞えば楽だと思います。
が、感覚のある人は自分の持つ感覚に逆らう事が出来ないで、無視したつもりでも心のどこかに残っていて、引っかかっています。
頭脳よりも、心や感覚が優勢であると云えるかもしれないですね。
ですから、上手くコントロールやバランスを取れる様になっておかないと、エキセントリックになったり、過剰に情緒的になったり、拘りが強過ぎて偏って仕舞ったり仕勝ちです。

 何れにしろ、行事の前のこの時期は色々と影響が出て来る事が多いので、体調管理や精神的なバランスに気をつけましょう。
放置すると、時には病に繋がって仕舞う事もあります。

バナー

子供の頃からの憧れを持ち続けて

2015 - 06/22 [Mon] - 02:34

 思えば、ずっと若い頃から何かの憧れをずっと追い求めて生きて来た様な人生だったと思います。
苛められっ子だった私が強さに憧れて空手を習い始め、その気持ちをずっと持ち続けて気がついたら47年も経って仕舞いました。
何がきっかけか忘れましたが、小学生の頃に超古代文明に憧れを持ち、ムー帝国やレムリア、アトランティス、古代エジプトやメソポタミア等の考古学的な本を読み漁っていました。
勿論、友達に理解者は一人もいませんでした。
そんな変わり者で弱虫ですから苛められるのは当然だった様に思います。
そして、TVで観ていた宇宙大作戦、スタートレックに憧れ、今もずっと好きでトレッキーです。
まだまだ全シリーズを観ていません。
有難い事にDVD等で全て販売されていますから、生涯を終える迄には全て観終える事が出来るかもしれませんね。
また、自分の持つ体質で悩んだり苦しんだりした中で出会った修行と云う道で出会った弘法大師空海や陰陽師安倍清明、釈迦やイエス・キリスト等々の人を超えた存在。
その憧れから、若い時は狂人と云われる程の修行をしたものでした。
それがいつの間にか人様のお役に立つ仕事に繋がり、両親が望んでいた道とはかけ離れた道へと私を歩ませて来ました。
両親や周囲の人の思いや考えは兎も角、私は最高に幸せな人生を歩んで来ていると思っています。
全てが思い通りになる人生なんてありません。
が、自分が志し、憧れを持ち、その気持ちを持ち続けながら、好きな様に生きて来たと思います。
我が侭、自分のあるが侭の生き方をして来れた事は幸せです。
それを善しとしてくれる相談者や内弟子達、家族に感謝しています。
これからも暫くはその人生を続けて行く事になると思います。
生涯を全うする迄、我が侭を通して生きて行こうと思っています。
故に生涯現役、生涯修行、憧れを追い求め続けてこれからも生きて行こうと思います。
30周年のパーティは、そう云う思いを皆様に感謝したいと思って内弟子達と企画しました。
もう日も近づきましたが、自分達の中にも皆様の中にも、しっかりと心に残るものに出来たらと思っています。

バナー

心で心に応える姿に感謝と尊敬

2015 - 06/21 [Sun] - 02:13

 今日は、相談者のある方から壁紙の張り替えのお話を戴き、その打ち合せに来られていました。
お気持ちでやって下さると云う事で、最初は有難いお話ですが、負担をかける訳に行かないとお断りしました。
この方とは10年以上のお付き合いになりますが、知り合った頃、小学生だった御子息達が今は大学生と新社会人になっていますから、本当に家族ぐるみで長いお付き合いをさせて戴いています。
何か事ある毎に頼って戴き、信頼して戴いています。
それだけで私には有難い事なのですが、私共の30周年と云う事で、施工させて下さいと有難い申し出をして戴き、その真直ぐなお気持ちに負け、お受けさせて戴く事にしました。
施工自体は数日で終ると云う事で、スケジュールも決めて、実際に貼る壁紙の決定の打ち合せに来られました。

 して戴く事そのものもですが、そう云うお気持ちが有難いです。
それだけ信頼して戴き、また何かしたいと云う純粋なお気持ち、心を込めてお付き合いさせて戴いて来たつもりですが、それを心で返して下さる。
今時と云っては何ですが、こう云う方が存在している事が奇跡の様に思えて仕舞います。
義理や仁義等と云うと、その筋の方の様に思われるかもしれませんが、人と人との付き合いの中で大切にしなければいけない、そうであって欲しいものを体現されている方だと思います。

 私のアドバイスを参考にされて、物凄い努力をされて、ここ数年で御自身の仕事を大きく発展され、弱小の小さな下請け会社だったのが業績も良く、業界でも大手から信頼される会社へと変貌しました。
その間の努力は半端なものではなかったと思います。
仕事の合間に必死で勉強して様々な資格を取られ、頼って来る親戚や色々な人の面倒を見、次々と入って来る仕事を全て丁寧にやって来られ、時には過労とストレスで入院された事もあります。
今後の発展も間違いないと感じさせられる、心の篭った手抜きのない仕事、何よりも筋を重んじられている姿は尊敬に値します。

 後を継いで行くであろう御子息達、会社を継ぐとか、名を継ぐとか色々あるでしょうが、頑張って本物の大人物になって欲しいものです。
大きなプレッシャーを常に感じているでしょうが、少しでも彼等の成長のお手伝いが出来ればと思っています。
親が大きいと子供は大変ですが、頑張って欲しいですね。

バナー

大英博物館展に行って来ました

2015 - 06/20 [Sat] - 03:30

 雨が降っていましたが、今日は以前から行きたいと思っていた英国博物館展に行って来ました。
プレゼント企画のフィギアが貰えるチケットをピアで購入していたのですが、中々スケジュールが合わずに行く事が出来ませんでしたが、来週で終って仕舞う展覧会ですが間に合って行く事が出来ました。
平日の金曜日で雨だと云うのに、中々の盛況で多くの人が観に来ていましたが、割とスムーズに観て回る事が出来ました。
200万年前から現代までの、人類の歴史をテーマにしたもので、ロンドンにある大英博物館から持って来た遺物が多数展示されていました。
一つ一つにきちんと説明がついていて、でも遺物から伝わって来るものとは若干のズレがあったりするものもあり、やはり考古学は現代人の考える想像でしかないのかと思えたり、あれだけのものをしっかり保存したり、解読したりする作業や努力に感心したり、大変に面白かったです。
今はインターネットで大英博物館の内部や展示物まで見る事が出来ますが、展示されていたのはその中のほんの一部。
またロンドンを訪れたら行ってみたいなと思いました。
が、それぞれの遺物から伝わって来るものや、観ている人達からの被りもあり、どっと疲れました。
展示が3フロアもあって広かった事もありますが、それしても酷い疲労感を感じて仕舞いました。

ミュージアムショップに今回の展示物のレプリカや関連商品が並んでいて充実していましたね。

上野の東京都美術館で開催されていましたが、雨の中でも人は沢山出ていて、また新しいカフェなども出来ていて、賑やかになって来ていました。

それにしても、人間の歴史は素晴らしくもあり、また重くもあり、沢山刺激を受けて来ました。

バナー

昨日の伝授は盛り沢山、誕生会、30周年パーティの打ち合せ、神の口寄せ等々

2015 - 06/19 [Fri] - 03:18

 昨日は内弟子達の伝授の会でしたが、内弟子の一人の女性の誕生会を一日早くでしたがやりました。
以前は名古屋から毎週通って来ていた中々の根性者ですが、今は茅ヶ崎に住んでいて、それでも伝授の時は朝始発で帰ると云う強者です。
修行の為に最近噴火で話題になった御岳山や熊野、吉野まで足繁く通い、法螺貝の修得も頑張っていてどちらかと云うと修験道指向が強く、プロとして正式にデビューはしていませんが、既に相談者もいて依頼があれば頑張っています。
人間的な器がまだ大きくないので、若干の偏りを感じる事がありますが、本質的には凄く優しく気遣いのある女性です。
今後の修行で、色々なものを克服して行って、大きく成長して欲しいと願っています。

例によって、私からはチープで面白グッズのプレゼントを、一番古い内弟子からも洒落たプレゼントを貰って喜んでいました。
誕生会のケーキは、近くのケーキ店で注文したものを、私と妻で出かけて昨日の夕方に取って来ました。
このケーキ店は、以前、他の内弟子の女性の誕生会の為に白鳥の形のスワンシューをお願いしたお店のチェーン店で、中々素敵なお店でした。

 その後は、もう後少しに近づいた30周年パーティの打ち合せ。
お出で戴ける方々の席決めや進行について相談し、ご披露する演目についての打ち合せ等を行ないました。
中心になって頑張ってくれている女性の内弟子が、会場との連絡等、面倒な事を全てやってくれていて助かります。
来場予定88名と云う人数になって、益々気が抜けなくなって来ていますが、精一杯の事をやりたいと皆頑張っています。
空手の演武を行なう道場の皆もしっかり練習してくれていて、殆ど仕上がっています。
皆さんの心にしっかり印象が残る様なものにしたいですね。

 勿論、しっかり濃い伝授も行ないました。
天津神の上位の神の口寄せ等々、伝授の時しかやらない秘伝的な事もしっかり。
それぞれが、自分の課題で自分の歩みの早さでしっかり歩んでいます。
内弟子は、道場の黒帯と同じく一般の皆さんの範となり、皆さんに貢献し奉仕する立場ですから、その重さを認識して頑張って欲しいものです。

バナー

火曜日ですから、しっかり道場で練習して来ました

2015 - 06/17 [Wed] - 03:24

 今日は昼間に面接相談があり、その後、いつも通り道場へ行って来ました。
今日お出でになった方は、本当に精神世界が必要な方で、然しながら肉体のパワーが弱いので、色々なネガティブなエネルギーの影響をモロに受けて仕舞っていて、心や魂まで萎縮していました。
高次のエネルギーを注入して、影響を取り去り、肉体も心も魂も活性化したら、凄くスッキリして戴けた様で、笑顔で帰って戴きました。
暫くはあの状態が続くでしょうが、日常生活では色々な影響はどうしても受けて仕舞うものです。
身体を鍛えて、肉体のパワーを高める様に指導させて戴きました。
息子さんが空手をやっておられると云う事で、御家族で一緒にやられてはどうですかとお勧めしましたが、すぐにではなくてもいつか家族で空手をやる時が来たら良いですね。
相手との物理的精神的な距離感を意識出来る様になりますし、打撃を与えたり貰ったりすると、その強い刺激でネガティブな影響も吹っ飛びますからね。
そして呼吸法も学べますし、健康が増進する事は間違いないと思います。
そして、道場には色々な仕事や年齢も様々な人が来ていますから、そう云う自分とは異なる価値観や視野を持っている人と知り合って行くのは、良い刺激になって行くと思います。
きっと世界が広がると思います。
とは云え、選手になってガンガンやると云う訳ではないでしょうし、限界を越えたやり過ぎは肉体に必ず故障をもたらします。
適度に無理のない程度に、楽しくやって貰えたら良いと思います。

 道場に着いて中に入って挨拶をした時に、見覚えのない綺麗な女性がいました。
どこかから移籍して来たのかなと思っていたら、正伝流の道場生で、4年ぶりとの事でした。
名前を聞いて驚愕して仕舞いましたが、彼女は小学生や中学生の頃に凄く強い子でしたが、暫く空手から離れていたそうです。
空手は止めたものだと思っていましたが、復帰だそうで、高校3年生になった彼女は、背も凄く伸びて、本当に美しい女性になっていました。
久し振りと云う事で軽く練習していましたが、若いですしすぐに勘を取り戻して完全復帰するでしょうね。
それにしても、子供の成長の早い事には驚かされます。

 暑さと湿度の高さで、今日の稽古も中々ハードでした。
若者達とスパーリングでぶつかっていると、その早さと圧力に圧倒されそうになりますが、そこは長年のキャリアで身につけた技と根性と意地で何とか(苦笑)
体力の限界を感じながらも最後までしっかり頑張って来ました。

火曜日は雨の確率が高いのですが、今頃になって降っています。
もう少し早く降ってくれたら少し涼しくなったのでしょうけどね。

バナー

精神世界は危険な場合もあります

2015 - 06/16 [Tue] - 03:02

 私が口にすると変かもしれませんが、精神世界と安易に関わるべきではありません。
また、絶対に精神世界に関わってはいけない人もいます。
逆に我々の様に、精神世界と関わらないと生きて行けない人もいます。

人間である以上、我々は物理的三次元世界に生きています。
精神世界に興味を持ち、はまって行く人中には、三次元世界と精神世界との比重が精神世界の方に偏って仕舞っている人がいます。
そうなると、全てそちらの世界の考え方や価値観で判断したり考えたりする事になって仕舞いますから、極端な菜食主義になったり、嫌な事の原因を精神世界の中に責任転嫁したり、三次元的な努力をしないで精神世界に於ける意識の持ち方だけで問題解決しようとしたり。

東洋、特に日本では、精神性を非常に重んじる文化を持っています。
ですから、目に見えない世界を当然のものとして受け止めて、そこに情緒を求めたりします。
が、時としてそれが極端になって仕舞うと、論理性を失った妄想になって仕舞います。

精神世界を標榜するものの中には、妄想的な喧伝が多く含まれていたりします。
一見すると論理的に感じたり、科学的に思えたりするものですが、良く良く噛みしめて行くと、そこに意図的に隠されたり消されたりしている部分があり、論理の飛躍や多分に思想的なものを加味していたりするものが多いですね。

開運の基本は、まず健康であり、当り前の事が当り前に出来る事です。
何が当り前なのか、それ自体が希薄になったり、歪んだりして仕舞っていますが、シンプルに考えると解って来ます。
三次元的にしっかり生きられない人が、精神世界にはまって仕舞ったら、ちゃんと生きて行けなくなって仕舞います。
まずは、しっかり身体を鍛え、少々の事では負けない肉体を作り、目の前にある事をしっかりやる事です。
その上での精神世界ですね。
三次元世界と精神世界、この両輪が上手くバランスを取っていられたら良いですね。
どちらに偏り過ぎても、何か変な事が起きて仕舞う様に思います。

バナー

自分勝手は自分の愚かさを露呈するだけ

2015 - 06/15 [Mon] - 02:17

 ここの所、7月に行なう30周年記念のパーティの準備等で苛々が募っています。
感情的になり易く、普段だったら受け流したり飲み込んだりしている事も、出来なくなっている自分に気づきます。
人に八つ当たりする事は絶対にありませんが、感情的になり易くなっているので、ちょっとした事でムカッとしたり。
まだまだ精進が足りません。
何事も受け流す事が出来る様にならなければいけませんね。
戦闘的である事で、自分を守って生き抜いて来たのですが、戦闘と云うのは感情的になったらミスを犯して仕舞います。
戦闘には戦略ありきで、その場その場で瞬時に反応し判断しなければなりません。
感情は判断の乱れを生んで仕舞います。
冷酷なまでの冷徹さが必要です。
空手家、武道家としても、顔色一つ変えず無表情に相手を葬り去る位の境地にならなければいけません。
気合い気迫と怒りは全く別物ですからね。
と解っていても、中々その境地に達せず、まだまだ修行も精進も足りません。

 相手の都合を考えず、ルールを無視して自分勝手な都合を要求する来る人が、どこにでもいますね。
また連絡しても返事を返して来ない様な無礼者も多いですね。
駆け込みやそう云う無礼は許し難いと思って仕舞います。
人としての根本が欠落しているのだろうと思います。
約束の時間に遅れて平気だったり、約束を守る事が出来ない人は、尚更の事ですが。
皆を連れて行く旅行にしても、毎回駆け込みで言って来たり、自分の都合で予定をコロコロ変える人がいたりします。
内弟子が全て対応してくれていますが、その煩雑さと大変さは誰も気付かないのでしょうね。
また旅の予定がありますが、全日程参加、参加申し込み締め切り後の申し込みは受け付けないと言う事でやります。
担当してくれる内弟子の苦労を思い、また単なる物見遊山の旅ではないので、真剣に受け止める人だけ参加して貰おうと思います。
常識に欠ける人は、それだけで社会人失格です。
何が常識かなんて一言で云えませんが、守るべき筋と約束事は守って行かなければ、人としての基本から外れて仕舞いますね。

バナー

コンプレックスや恐怖心から出て来る言動は人を遠ざける

2015 - 06/14 [Sun] - 02:35

 人が人に対して敵愾心を燃やしたり、敵対心を持ったりするのは良くある事で、言い意味でのライバルであれば自分を高めるきっかけになったりするから良いのですが、それが相手に対しての攻撃や嫌がらせとなって来ると問題ですね。
出る杭は打たれると云いますが、自分と違うとか自分より上かもしれないと感じると、相手を攻撃したり、無視したり、嫌がらせに発展したりする事は良くあります。
かく言う私も小学生の頃は苛められっ子でしたから(今では誰も信じてくれないのですが)やられる側の気持ちは良く解ります。
自分に非があると解っていれば良いのですが、そうじゃない時、大変悲しい思いをして仕舞います。
心が傷つき、長く続けば萎縮して仕舞いますね。
私の場合は、中学生の時にブチンと切れて暴れた事で逆転しましたが、大人になってキレる訳にも行かないでしょうし(時と場合によってはそれも良いと思いますが)、まして暴れて仕舞うのは許されませんからね。

 心が貧相で、実は心に相手に対する恐怖心を持っている人が、そう云う敵愾心や敵対心を持ち易いのではないかと思います。
実際に意見が異なって、ぶつかって敵対心を持つのは当然ですが、何もないのにそう云う心を持つのは、心の中に相手が自分より優れているのではないかと云う恐れを抱いている事が多い様に思います。
そう云う心による過剰な言動は、自ら人を遠ざけて仕舞い、自己の評価を下げて仕舞う事に繋がると云う事に気付くべきだと思いますが、そう云う人って視野が狭くて、自分の事には気がつかないのですよね。

人は人、自分は自分です。
人がどうあれ、自分が成長して大きくなれば良いのです。
人と自分を比べてひねていても何の得にもなりません。
自分が人から評価され、尊敬される様に、自らを高める事に集中して欲しいものです。

バナー

忘れてはならない人としての礼節

2015 - 06/13 [Sat] - 03:41

 中国の菅氏の残した言葉で、日本でも良く知られる言葉があります。

衣食足則知榮辱

衣食足りて、即ち栄辱を知る。

日本では、
「衣食足りて礼節を知る」と云う諺で知られていますね。

生活が安定して衣食が足りて、それで初めて礼節を重んじる事も出来る様になり、そう云う振る舞いが出来る様になると云う意味ですが。
生活が安定する迄は生きる事に精一杯で、礼節など意識している余裕はない。
人間らしい振る舞いと云うのは、礼節を重んじる所にある。
と云う意味ですが。

人間の尊厳や品格を、礼節ありきと云う所に置いた、人としてのあり様を説いた教えだと思います。
が、現実にはそうは行かず。
衣食足りて、礼節を忘れる人も多く、衣食足りずとも礼節を知る人も沢山います。
人の振る舞いは心次第。

足りる事によって愚かになる人も多いですね。

生きるのに必死だった頃は、余計な事を考える余裕もなく、人や神仏から受ける恩恵の有難さをしっかり受け止め感謝していたものが、足る事に依って徐々にそれが薄れ忘れて行き、見栄や体面に拘る様になり、愚かしい考えや意識に囚われて行く。
余裕が出来た者の持つ愚かしさと云う所でしょうか。
人が自分らしく生きようとする時、それは体面や見栄の様な俗なものではなく、もっと純粋で気高いものであると思います。

心に神仏を抱き、礼と節度を大切にして生きたいものですね。

バナー

目の前のチャンスとステップを勇気を持って進みましょう

2015 - 06/12 [Fri] - 02:35

 生きている事自体が修行と云いますが、成長して行く過程で一つの段階を卒業して次のステップへ踏み出して行く時、そのタイミングは突然にやって来て戸惑ったり、踏み出す勇気がなかったりして、そこで足踏みしたり、後戻りして仕舞う人も多いものです。
タイミングやチャンスが来た時に、そこで踏ん張って勇気を持って進める人は、必ず大きく成長します。
未来は常に未知の世界、踏み出すには勇気が必要です。
知られざる未知の世界、だからこそそこにアドベンチャーがあり、魅力的だと思うのですが、進めない人は進めないのですよね。
いつも同じ所で足踏みして進もうとしない。
目の前にステップがあり、進むべき道も見えているのに、踏み出せない。
いつも言いますが、大抵の問題は命まで取りません。
小さな恐怖心を自分で大きくして仕舞って、この世の終りの様な恐怖心を育てて仕舞うのは馬鹿げていると思いますが。
そこで後戻りする者さえいますからね。
幸運への鍵は、目の前にやって来たチャンスやステップを見逃さないでキャッチ出来る勇気かもしれませんね。
過去の自分の価値観や考え方に固執して、そこから抜け出せないとずっと狭い世界の中に閉じ籠る事になります。
井の中の蛙、大海を知らずと云いますが、狭い世界の中で自分だけ正しいと自己満足しても、気がついたら皆先に行って仕舞っていたと云う事になるかもしれません。
その時になって後悔して悔しがっても遅いですよね。

卑小な詰まらない対抗意識や点数稼ぎにばかり意識を向けてパフォーマンスしても、格上から見ればミエミエ。
決して評価には繋がりません。
そんな暇があったら修行せい!!と思います。

昨日の伝授では、内弟子達の中の数名が次のステップへの段階に来ていました。
このチャンスを生かして、勇気を持って踏み出して行って欲しいものです。
また、7月に行なう30周年パーティで使用する動画を内弟子の一人の奥さんが作って来てくれて披露してくれました。
最高とは云いませんが、良く頑張って製作してくれたと思います。
観ていて、何だか色々な事を思い出して仕舞いました。
もう一つ、3年前に大病をした女性の内弟子が定期検診で何も異常が出なかったと云う事で、凄く安心しました。
何だか一つ大きなポイントをクリアした様な感じです。
心底、ホッとしました。

バナー

純粋に空手が好きな人が集まって

2015 - 06/10 [Wed] - 03:23

 まだ足の調子も良くなかったですが、色々な意味で疲労も溜まっているので道場へ行って来ました。
いつも通りの殆ど黒帯の参加者でしたが、頑張っている中年の白帯男性が参加していて、体力はある様で初心者ながら凄く頑張っていました。
足の調子はまだ良くなかったですが、それよりも色々な疲労が溜まっているせいか体力が持ちませんでしたが、何とか頑張りました。
ミットを蹴っていると、自分の体力に情けなくなって仕舞いましたが、その後のスパーリングは前半は結構行けたかなと思いますが、後半は気合いと気力でやっていた様な感じです。
我が道場の黒帯は何しろスピードもパワーもあるので、合わせてついて行くと結構キツクなります。
ま、何とか最後までやれたので善しとしましょう。

試合とか、昇段とか、特別な目的や目標がなくても、毎週通って来て練習している今日の参加者、特に黒帯は本当に空手が純粋に好きなんだなと云うのが伝わって来て、気持ちが良いですね。
自分のペースで、それぞれが真剣に楽しんで空手をやっている。
やらされれているとか、義務とか云う感じが全くなく、好きだからやっていると云う感じが良いですね。
好きこそものの上手なれと云いますが、下手の横好きと云う事もあります。
私などはただ長くやっているだけと思っていますが、母や妻や弟子達から言わせると、かなりの空手好きで病気だそうです(苦笑)
今日参加していた他の黒帯に比べたら普通だと思いますが(笑)
彼等の空手好きは完全に病気ですからね。

バナー

ヒーラーや能力者のプロの仕事とクライアントに望む事

2015 - 06/09 [Tue] - 02:21

 今日はお釈迦様の御縁日で、プロでお仕事されているヒーラーさんが参加してくれました。
被りもありましたが、かなりパワーアップもしていて、プロとしての覚悟も出来て来て、成長されているのが感じられました。
お仕事で力を使い過ぎて体力低下し、軽い風邪の症状が出ていて、喉を痛めておられましたが、気療してエネルギー補充し、被りを取る事で楽になって貰えた様です。
地方でお仕事されていましたが、一年前から東京でお仕事を始められ、しっかり成長して活躍されています。

お仕事の話をしていましたが、クライアントの中には、良くなりたい、楽になりたいと云う気持ちも持ちながら、アドバイスされた事をやる気がなく、その時その時の対症療法的に頼る方もいるねと。
体力がなければ風邪を引き易いのと同じで、風邪薬を服用して治しても、体力がないからまた風邪を引いて仕舞う。
根本的に身体を鍛えて、栄養状態を考えて、体力をつけなければ繰り返しになって仕舞う。
その場限りの対症療法的なお仕事をするなら、それも良いのでしょうが、彼女も私と同様、本当にクライアントさんに楽になって貰いたいと思って仕事しているので、隔靴掻痒の感があって困って仕舞う様です。
クライアントさんが本当に、自分で良くなろう、楽になろうと心に決めて頼って戴かないと、何回通って戴いても繰り返すだけです。
その時その時に相応しい、その人が出来るであろうレベルのアドバイスをしますが、実行して自己改革して貰えないと、ただの気休めになって仕舞います。

 我々は、救うのではなく、お手伝いをするだけです。
救われるのも、楽になるのも、自分でやって戴かなければ、お手伝いのしようがありませんね。
本気で仕事すれば、また新たな課題も出て来て、彼女もしっかり成長しつつある様です。
頑張り過ぎは良くないよと伝えましたが、休養をしっかり取りながら、頑張って欲しいですね。

バナー

生霊が原因の体調不良

2015 - 06/08 [Mon] - 02:21

 今日、気療にお出でになった女性の不調の原因は生霊でした。
人と人の繋がりで生きている社会ですから、意見が違ったり、価値観や考え方が違ったりで、思わぬ所で人の怨みや嫉みや嫉みを買ったりする事もあるものです。
気にしていられませんが、それが体調不良に出て来たらそうも云っていられません。
自分と違うものは徹底して排除したり、嫌ったりする人が世の中にはいます。
相手に変わって欲しいと願っても、育った環境や受けて来た教育、魂の問題などで、絶対に変わらない人もいます。
相手に願うよりも、自分が変わる事で変化する事もあります。
こちらが敵対的な意識を持っていたら、相手にも伝わって仕舞います。
売り言葉に買い言葉と云いますが、言葉に出さなくても伝わって仕舞うものです。
今日来た女性も自分が変化した事で対人が良い方向へ変化して来た様です。
が、それを面白くないと思う人もいるもので、その人からネガティブな念が飛んで来ていました。
綺麗に跳ね返して浄化しましたが、また飛んで来ると思うので、跳ね返せる様に彼女の本来のオーラを強くして、ガードを張りました。
意識的ではなく飛ばして来る念については対策がないと云う人もいます。
が、自分のオーラを強くしておく事で、かなりガードし跳ね返せるものです。

好かれたり嫌われたり、責任転嫁されたり、怨まれたり嫉まれたり、そんなものは人間関係では良くある事です。
一々煩わされている訳には行きません。
ですから、心を常にポジティブにして強く保ち、健康に気をつけて、オーラを強く保つ事で、大抵のものは跳ね返す事が出来ると思います。
自分は自分、他人は他人です。
いつも毅然として、スッキリした姿でいたいですね。

バナー

高野山でのやるべき事を終えて来ました

2015 - 06/07 [Sun] - 00:31

 3日より5日まで、高野山へ参拝の為出かけて来ました。
足を傷めていたせいで、思いの他、厳しい参拝の旅になって仕舞いましたが、どうしてもやらねばならない事があったので、無事に終了する事が出来て良かったです。
宿泊したのは、ここの所は高野山では定宿にしている福智院。
温泉があり、部屋も個室になっていて、旅館形式になっています。
用事があったのは持明院。
駅や宿坊までお迎えに来て戴いたり、大変丁寧で親切に対応して戴きました。

高野山に到着した頃、雨になり、小雨だったので金剛峰寺と壇上伽藍、根本大塔を参拝しました。
1200年の祭礼の後だったので、人も少なく、ゆっくりとお参りする事が出来ました。
宿坊で温泉に入り、足を癒しました。
2日目に本番の用事を済ませ、その後、奥ノ院にお参りしました。
空海さんにしっかり御挨拶して、参道を歩いて戻りました。
途中、修業中の僧侶の皆さんにお会いしたり、私が通っていた高校の近くにある清風高校の学生さん達にお会いしたりしながら、歴史上の武士や偉人達のお墓を眺めながら歩きましたが、あまり被る事もありませんでした。

最終日は、時間がそれ程なかったので、霊宝館を訪れて、その後帰途につきました。
帰ってみると、思いの他疲れ切っていて、過去何度も訪れていますが、これ程疲れた事はなかったなと思える程でした。
足にもかなり負担がかかった様ですが、ミッション終了と云う事で、一安心です。

本日は、遠い出雲からわざわざお出で下さった方の面接。
その為にだけと云って良い位に、わざわざ遠くからお出で下さると云うのは有難いですね。
明日も気療で素敵な女性が来られる予定になっています。
有難い事です。
写真等は、Facebook(https://www.facebook.com/adeptmentor.shimazu)やTwitter(https://twitter.com/adeptmentor)、Instagram(https://instagram.com/adeptmentor/)に載せていますのでご覧下さい。

バナー

今日の練習

2015 - 06/03 [Wed] - 03:26

 明日、始発で西の方へ参拝に向かうのですが、道場へ行って来ました。
まだ足も傷めていて治っていなくて、痛みもありますが、放っておいても筋肉が固まって仕舞うだけなので、安静にしているよりは動かして仕舞おうと道場へ行って来ました。
正座が出来ないので、神前の挨拶が困りますが、取り敢えず動いている分には大丈夫そうなので、しっかりやって来ました。
傷めている方の足はまだ高く蹴る事が出来ませんし、ミットも蹴る事が出来ませんが、出来る範囲で頑張ってみました。
スパーリングも下段をなしにして貰って、しっかりやって来ました。
然し、一ヶ所調子が悪いと、何だか倍も疲れますね。
傷めていない方の足もかなり負担がかかっている様です。
ま、その内、回復するでしょう。
空手をやる者にとっては、良くある事です。

明日から5日まで参拝旅行に西の方へ出かけます。
足に不安がありますが、普通に歩く分には問題ないでしょう。
もしかしたら記事のアップを休ませて戴くかもしれませんが、宜しくお願いします。

バナー

高次元の神と繋がって祝詞の奉納、暑いですね

2015 - 06/02 [Tue] - 02:24

 今日は一日なので、神様の御縁日でした。
祝詞を奉納しましたが、お参りに参加してくれた中の一人が高級神に御縁があり、その神様と繋いでみました。
祝詞の最中、空気が澄んで心地良い空気に包まれました。
また、その人は雅楽の様な音楽が聞こえて来ていたそうです。
初めて参加した人もいましたが、流れる高いエネルギーに圧倒されて仕舞っていた様な感じでした。
高いエネルギーで浄化して、今月の除災招福を祈りましたが、お参りに来られた方もスッキリして帰って戴けたかなと思います。

今月は色々と予定も詰まっていて、今からバタバタした気持ちになって仕舞います。
月例会は、夏越大祓と不動明王の御縁日が重なり、ハードな一日になりそうです。

また、3日から5日まで西の方へ参拝に出かけますので、その間は記事を書く事が出来るかどうか解りませんが、写真のアップ等させて戴きたいと思っていますので宜しくお願いします。

それにしても暑いですね。
湿気も多く感じますし、暑いのもですが湿度が高いのが苦手です。
暑いのも寒いのも嫌いと云う究極の我が侭ですが(笑)
しっかりエアコンが稼働しています。
今からこれでは本当に梅雨や夏になったらどうなるのでしょうね(苦笑)
明日は道場だし、また暑いでしょうね。
旅の前日だし、足も傷めていますが、動かさないと却って良くない様に思いますので、しっかり練習して来ようと思います。


バナー

夏越大祓の月になりました。今月はより一層綺麗に生きたいですね。

2015 - 06/01 [Mon] - 03:23

5月が終りましたが、最後の最後で大きな地震があったり、有難いお話を戴いたり、何となくバタバタしていた月だったと思います。
さて6月夏越大祓の月になりました。
また、7月のパーティの準備も本格的にやらなければいけないですね。
お返事をまだ戴いていない方に一両日中に確認をしなければいけません。
こう云うのは信義とか礼儀の問題だと思いますが。

 色々な事も含めて、夏越大祓では綺麗に祓い浄めて仕舞いたいですね。
品格と誇りを持って日々を過して行きたいものです。
中途半端な生き方をして、自ら穢れを呼び込んで仕舞う様な事は避けていたいですね。

人は一人で生きている訳ではありません。
誰の力も借りないで自分一人で生きていると思い込んでいる人も多いですが、何かを売ったり買ったりするにしても、日々の生活で使用している水道や電気、ガスにしても、TVやPC等にしても、必ず人の手が加わって自分の手許に来ているものだと云う事を忘れない様にしたいですね。
直接ではなくても、誰かの力を借りなければ生きて行けないのだと云う事、直接的間接的に人は力を貸し合っていて、それが色々な事を円滑にしているのだと云う事は忘れるべきではありません。
人と人の関係を大切にして、信を重んじ、筋を守って、尊重し合いながら生きて行きたいものです。
円滑で幅広い人間関係を構築出来ない人の生き方や考え方を個性とは云いません。

夏越大祓の様な行事の前は色々と隠された事が表面化して来る洗い出しが起き易いです。
小さなトラブルが出て来たりする事も多いでしょうが、慌てない様にして下さい。
洗い出しで出た汚れは流して仕舞わなければ、また戻って来て仕舞います。
本当に綺麗になるまで、しっかり洗い流しましょう。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR