感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2015年03月  

神と悪魔

2015 - 03/31 [Tue] - 02:29

 今日、妻の翻訳の仕事の打ち合せで編集者の方が来られていました。
そもそもの御縁は、妻の本「だんな様は霊能力者」を編集して出版してくれた所から始まります。
その後、翻訳本の関係で誰か翻訳者はいないかと云う御依頼で、ある人物を紹介しました。
何冊か仕事した様です。
語学に関しては素晴らしい能力を持った天才的な人物だったので良い仕事をしたのだろうと思います。
が、何冊目かの本で、突然ですが仕事を投げ出した様な形になって、編集者の方から連絡を戴き、大変困っていると云う事でした。
その人物を紹介した手前もありますし、そこで妻がそれを引き継ぐ形で翻訳を手伝う事になり、それ以来、翻訳のお仕事を戴いています。

時々、打ち合せでお出でになりますが、編集者自身の精神的な整理とか、仕事の方向性とかの御相談を戴く事もあります。
そう云う時は私の出番です。
と云う訳で、大抵の場合は妻と二人で私も一緒に打ち合せに参加します。
今日もそうでした。

 そんな中で出たお話。
悪魔と神との対比と違い。
神が善なら悪魔は悪。
当然の事です。
が、逆の目線でものを見てみたらどうでしょうか。
悪魔が善なら神は悪と云う事になりますね。
フラットな目で、どちらにも偏らずに見てみると、神は魂の幸せを、悪魔は肉体の幸せを追求している様に思えます。
幸せとか目的が異なるだけと云う捉え方もあります。
長い間、神の側が自分達が善であり、反対側は悪であると云うCMをやって来て、それが効を奏する事で、神が善、悪魔が悪と云う図式が人々の中に埋め込まれて仕舞ったのでしょう。

経済活動やその他の現実的な活動で、金銭や権力に繋がるものは現実的で三次元的と云えます。
その方向の欲は、悪魔的と言えなくもありません。
思想的、思索的な方向での活動、金銭や権力とは無関係な精神性の方向は、神的と云えるかもしれないですね。

どちらが正しい訳でもなく、どちらが上と云う事でもないでしょう。
人間の中には精神性と現実的な欲と両方があります。
どちらかに偏る事無く、上手くバランスを取って行ければ最高ですね。

バナー

スポンサーサイト

今日の審査会

2015 - 03/30 [Mon] - 03:44

本日は春の審査会でした。
いつも眠る時間に起きて、道場へ向かいました。
眠った様な眠らない様な、何ともスッキリしない感じで出かけましたが、どうにか最後まで審査会に参加して来ました。
スケジュールの関係か、今日は審査する黒帯の数が少なく、その代わりか手伝ってくれるスタッフが沢山来てくれて頑張ってくれていました。
午前の初級の少年部の子供達、まだ身体が出来ていないせいもあって、基本もまだまだですが、一様に頑張っていました。
何しろ小さい子は5才ですから、それを考えると良く頑張っているなと思います。
午後の部に入り、中上級の少年部の子供達と一般部、流石にレベルが高かったですね。
少年部は、型の意味など、もう少し理解して身体の締め等を覚えて行けば、もっと良くなるなと云う感じですが、組手やスパーリングでの動きは素晴らしいものがありました。
一般部の組手は流石の迫力でした。
しかし、動きがワンパターンだったり、防御が甘かったり、特に突きに対する対応に課題がある様に見えました。
もう一工夫してくれると、もっと良くなるなと思いましたが。
 今日は新しく手に入れたビデオカメラを使用して、組手の映像を撮っていました。
これからどう編集するか、余り経験がないので、私も勉強しなければ。
頑張って、また皆さんの記念になる様なものを作りたいですね。

バナー

不動明王の炎は、その決心と覚悟の表れ

2015 - 03/29 [Sun] - 00:29

 本日は不動明王の御縁日でした。
いつも熱心なお嬢さん達が参加してくれましたが、二人共何故か物凄く被っていました。
なので、一人を読経の前に気療して被りを落としましたが、その前に彼女は念を飛ばされていてかなりダメージを負っていて、それを木曜日に祓ったばかりでしたが、そのダメージが身体に後遺症として残っていて、そこに被りがやって来て、吸い込んで仕舞った様でした。
護身法もかなり進んでいて、最近は被っても表面だけだったのが、久し振りの大打撃だった様です。
何れにしろ、帰る時には笑顔でいつもの彼女に戻ってくれたので良かったです。
明日は、1年前に大病をした、ここでの友人の所へ私の内弟子と一緒に伺う予定になっていると云う事で、楽しい時間を過してくれたら、彼女もその友人も元気になってくれるだろうと思います。
良い時間を過して欲しいですね。

不動明王は炎を背負っている姿で描かれる事が多いですが、あれは炎に見える不動明王のオーラです。
燃え上がる様な情熱、仏道を全うすると云う決心と覚悟の表れです。
良くあの炎を迦樓羅の姿で表現しますが、迦樓羅と云えば不死鳥です。
何度死んでも炎の中から甦ると云われる鳥です。
不動明王の心も、何があっても仏道を全うすると云う思いは、どんなに遮られても甦ると云う事を表しているのでしょうか。
不動明王の名の如く、不動心で揺るがない決心と覚悟で、我が道を全うして行きたいものですね。

明日は、道場の審査会です。
早起きしなければいけません。
いつも眠る位の時間に起きなければ(苦笑)
審査を受ける人達の頑張り、しっかり応援しながら、厳しく審査して来ようと思います。

バナー

物にも思いが籠り、伝わる

2015 - 03/28 [Sat] - 03:31

本日は用事があって、原宿と浅草、帰りに渋谷を回って来ました。
原宿では、仏像の専門店があると云う事で訪れてみました。
Facebook等で見ていて中々綺麗な仏像がある様なので期待して行きました。
確かに美しく、綺麗な仏様が並んでいました。
が、そこから伝わって来るのは美術品としての波動であり、祈りの対象としての波動ではありませんでした。
作りはとても美しい、でもこれらの仏像に入魂して祈ろうとは思わない感じでした。

浅草へ向い、念珠の糸が伸びて来ていたので修理を依頼しました。
社長にはいつもお世話になっていて、沢山の仏像を趣味で彫らせている様な方なので、拝見していました。
決して高価ではないなくても、しっかり祈りの対象となり得る仏像が多数並んでいて、中には本当に高価で素晴らしい仏像が何体かありました。
自然と手を合わしたくなる様なものでした。

同じ彫刻でも彫る人の意識でしょうか。
全く伝わって来るものが違います。
原宿の仏像は、とても美しかったですが、心に響きませんでした。
浅草の仏像は、本当に心に響いて来ました。

思いは物にも宿り、伝わるのですね。

その後は他の用事で渋谷に回りました。
思っていたものが見つかりましたが、ネットで購入した方が安価なので、帰って来てからそちらに注文しました。

それにしても、浅草は凄い人でした。
中国、韓国、他の西洋の方、日本人、物凄い混み様でした。
久々に人ごみの中に出たせいか、凄く疲れて帰って来ました。
でも、たまには良いですね、外に出るのも。
道場へ行く以外は、余程の事がない限り外へ出ませんから。

バナー

気療の依頼が時々ありますが

2015 - 03/27 [Fri] - 04:23

 今日も気療を行ないました。
伝授でも月例会でもお参りの日でも、他の面接の時でも、必要と要望があればいつでも気療を行なっています。
そもそもは、長年の武道の修行と密教等の修行で身につけた気が原点ですが、自分なりのやり方を色々と試して行く内に出来上がって来たものです。
気功とどう違うのかと質問される事がありますが、気功よりも精密で微細な気を用いたり、気だけではなく実際的な施術と組み合わせて気を用いる所が違うかもしれません。
どっちが優れていると云う事ではなく、私の気の用い方を気療と読んでいるだけですが。

肉体の大抵の症状に適応しますが、主に痛みには効果的な様です。
父が亡くなる直前、癌による苦しみを訴えた時、それを軽くして安らかに眠らせた事が始まりですが、プロとして仕事を始めて以降も、同様の症状の依頼が多かったですね。
今日の依頼は、被りと月経痛による腹痛と腰痛。
気療で、数分で楽になって笑顔になってくれました。
思えば学生時代、月経痛に悩む女子学生の友達から頼まれて軽くしてあげた事が何度もありましたね。
その頃からやっていた様ですね。

毎月の様に気療にお出でになる方もおられますが、笑顔になって戴けばそれが一番です。
時には、依頼があれば小顔もやりますが、内弟子には伝授してありますが、私のキャラには合わないですから(笑)前面には打ち出していません。
効果は確かなのですが、私が小顔ってやっても似合わないですからね(笑)
やってあげた時は、いつも驚かれて、凄く喜んで戴いていますが、ま特別に縁があった人だけと云う事で(笑)

バナー

空手でリフレッシュ、でも痛いのはお互い様

2015 - 03/25 [Wed] - 02:49

 今日は、練習が始まった時、師範と私と妻の3にんでしたが、途中から今年昇段審査を受けるかもしれない茶帯の男性と、黒帯の女性が来ました。
基本をやり、型の稽古をして、その後はミットや技の稽古、そしてスパーリングでしたが、今日は3周やりました。
人数も少ないし、身体を解す程度に稽古しようかと思っていましたが、スパーリングに入る時には自然とスイッチが入って、結構激しくやっていました。
茶帯の男性は、先の試合で結果を出せず、少し試す様な感じでいつもよりスピードを上げてみましたが、しっかり圧力もあり、スピードもあります。
あれなら勝てる筈なのですけどね。
黒帯の女性は流石と云うか、ちょっと指導するとすぐにマスターして仕舞います。
いつ見ても可愛いので、つい頬が緩んで仕舞いますが、練習は真剣にやらないと、強い子なのでやられて仕舞います。
今日も楽しい時間を過す事が出来ました。
先の土日で、都合30時間位、座って話し続けて、他にも色々やっていましたから、解れた様に思います。
茶帯の彼の突きが肩に当って痛いなと言いましたら、彼が自分は先生から食らってあちこちもっと痛いですと言われました。
強い彼なので安心して攻撃出来るのですが、幾つかは強く当って仕舞ったのかもしれないですね。
一応、止めているつもりなのですが。
彼の攻撃は重くて早いですから、食らうと結構効いて仕舞うので、気が抜けません。
その彼は、私と三回り年下、36才年下です。
老骨に鞭打って良くやっているなと自分を褒めたくなりますね。

バナー

長い二日間と言葉の使い方の注意

2015 - 03/24 [Tue] - 02:57

 言葉の使い方は、とても難しいですね。
自分の意見を述べる時、話の流れで誰かの批判になる事もあります。
そう云う時に、相手の事情も知らないのに口を極めた様な批判になって相手を貶めて仕舞う様な事になっては、自分の未熟さを露呈する様なものです。
人を褒めるにしても、あからさまだとミエミエでわざとらしくなって仕舞うと、嫌らしく感じて仕舞います。
言葉を発すると云う事は、必ず相手がいる事なのですから、相手を嫌な気持ちにさせない様な配慮が必要です。
一方的な発言は、相手の人格を無視する結果になる事があります。
明らかな上下関係がある時ならば、それもある程度は許されます。
が、人としての誇りを傷つけられてまで、相手の云う事を聞いている必要はありません。
モラハラとか、セクハラとかハラスメントが問題になりますが、相手次第と云う事もありますからね。
しかし、人格者の言葉は直裁的ではなく、ふわりと含んだ様な物言いをする事が多いですね。
ストレートな物言いをする必要がある時もありますが、大人の表現方法も出来る様でありたいですね。
必要な事はちゃんと発言しないと、余計な我慢をしなければならなくなったりします。
が、相手と喧嘩するとか縁を切るとかと云うつもりなら兎も角、そうでなければ余りにも直裁的な物言いは敵を作るだけです。
お笑いの突っ込みなら許されても、現実の社会では嫌われて仕舞います。
気をつけたいですね。

 昨日の月例会、前日がお彼岸供養会で、二日続けて参加された方が多く、その真摯な気持ちと姿勢は素晴らしいなと思いました。
そう云う人達ですから、参加者は全員護身法の中級の人達でしたが、殆ど限りなく上級に近い人達ばかりでした。
久し振りに弟子達に任せず、私が指導しましたが、その時の反応は素晴らしかったですね。
回数を重ねる毎に、見る間に進化して行きました。
他にも遠隔で行なう祈念や、気療、神仏と繋ぐ等々、殆ど伝授の様相を呈しているかの様に色々とやりました。
かなり高度で深いものを指導させて戴いたと思います。
皆さん、頑張ってついて来て下さいね。
長い二日間でしたが、とても充実していました。

バナー

春彼岸供養会の祈り

2015 - 03/22 [Sun] - 00:54

 春彼岸供養会を行ないました。
大量の供養紙(供養願い)を読み上げ、奠供(四智梵語)と理趣経を読経ました。
が、途中でそれだけでは間に合わない感じがしたので、般若心経と舎利礼文を詠み、光明真言も入れました。
終わった時には汗だくになり、汗が額からも滴り落ちていました。
内弟子が打ち揃いって詠む理趣経は良いですね。
次々と御魂が上がって行くのが内弟子始め、感覚のある人には見えていた様でした。
終了後、色々な話が出ましたが、祈る事の出来る幸せと云う事をしっかり忘れないでいたいねと云う話になりました。
生活に追われていたら、先祖の御供養も修行もやろうと云う気持ちの余裕も時間的な余裕もなくなって仕舞います。
供養出来る幸せ、修行出来る幸せ、様々な条件が揃って初めて可能となります。
だからこそ、しっかり心を込めて祈りたいものですね。

バナー

好奇心を持って、違いを受け入れて行くと楽しいです

2015 - 03/21 [Sat] - 03:37

 話題豊富な人は魅力的ですね。
また、他の人の様々な話題について行けて、楽しくコミュニケーションが出来る人は魅力的です。
多弁であっても、自分の話かしない、自慢話ばっかり、冗談がなく通じない、そう云う人は残念ながら魅力的とは云えません。
タイミング良く質問出来たり、話題を提供する事が出来る人は魅力的です。
趣味の範囲の広い人、多趣味な人は、それだけ視野も広く、様々な価値観に触れていますから、柔軟性もあると思います。
趣味が狭く、自分の価値観に固執する人は、やはり話題にも乏しいと云えるかもしれませんね。
また、他を受け入れ認める事が出来ない人も、話題に乏しいと云えると思います。
懐の広さや深さは、どれだけの糊代を持っているかと云う事に繋がると思います。
趣味の範囲が広く、深い人は、それだけ話題も豊富であろうと思いますし、他を受け入れる柔軟性も持っているでしょう。
こうでなければならないと云う頑なさは人を遠ざけます。
こうあるべきと云う姿は、ある場面に於て必要な場合もあります。
が、それが全てに及んで仕舞うと、狭量な人と云う事になって仕舞うかもしれないですね。
様々なものに興味を持って、好奇心を忘れないで、自分の幅を広げて行けたら良いですね。
十人十色、それぞれ皆違うから世の中は楽しいし、発展して来たのだろうと思います。
皆同じだったら、楽しくないですよね。

バナー

修行は習うものではなく、自分でするものです

2015 - 03/20 [Fri] - 02:58

 毎週水曜日は内弟子を集めて伝授と云う事で色々と話をしています。
夜の9時に集まり、朝まで話しています。
分からない人には、ただ雑談している様に見えるかもしれません。
が、祈りの本質、修行者の在り様、時に具体的な祈りの作法、等々多岐に渡って話しています。
以心伝心と云いますか、言葉だけではなく魂でも語りかけています。
耳でしか聞かない、聞こえない人には、一部しか伝わらないでしょうね。
聞く気があれば聞こえる、聞く気がなければ聞こえない。
それが伝授です。
そうして急速に育っている内弟子もいます。
観て盗め、習おうとするな、が鉄則です。
手取り足取り教える事はしません。
習ったものは、所詮自分のものではありませんから、自分で掴み取って行かなければ意味がありません。
昨日の伝授でも、霊媒体質の内弟子がいていつも気を抜くと何かに憑依されて仕舞います。
情が厚いと云うか、優しいので、隙が出来て仕舞います。
昨日も色々と憑依されていて、さて除霊するか、どうしようかと考えましたが、元々神系の者なので、神の力で浄化する事に決めて、神棚の前で自己浄化させました。
途中から手を貸しましたが、その時に伝授したのが神の招神法です。
正しい作法に則って呼べば、神は降臨せざるを得なくて降りて来ます。
そして、もう一歩進んで神人合一させました。
神に自分自身の身体をお貸しして、お言葉をたり、お力を戴く。
昨日招来した神は、それ程上位の神ではないですが、それでも相当辛かった様ですが、これも修業です。
神のエネルギーは、人間の想像を越えていますから、心も身体も大きな負担がかかります。
耐えて続けて行くと、耐性も上がり、更に上位の神を呼び込む事が出来る様になります。
高次元のものが入ると、頭も身体も爆発しそうな感覚になりますが、段々と強くなって行きます。
私も修行時代、手が爆発しそうな感覚になったり、頭が破裂しそうな感覚になったりしていました。
今でも、やった後はボーッとして仕舞いますね。
仏でも神でも、ちゃんと向き合うと云う事は生易しい事ではありません。
難しい話や難しい作法を幾ら覚えても意味はありません。
素直に、真摯に向き合う事、そして覚悟です。
内弟子達の成長を喜んでいますが、まだまだ私の目から見ればヨチヨチ歩き。
成長して人様のお役に立てる様になって欲しいと願って、厳しく優しく接して行きます。

バナー

観音様の御縁日も空手も長くやっています

2015 - 03/18 [Wed] - 03:44

 今日は観音様の御縁日でした。
毎月17日の観音様の御縁日、修行時代からずっと何十年も祈っている様な気がします。
京都のお寺から戴いた准胝観音、祖父が持って来た白衣観音を祀っていますが、優しさの中に厳しさを感じます。
じっと見詰めながら祈っていると、観音様がまるで話しているかの様に口が動いている様に見えて来ます。
目の錯覚なのかもしれないですが、お言葉を戴けている様で有難い気持ちになります。

そして今日は火曜日ですから、道場へ行って来ました。
相当被っていたのか、中々疲労感が抜けず、毎週休まず行っているのにまるで久し振りの様な感覚がありました。
稽古して汗を流す内に、段々と楽になって行きましたが、スパーリングでは身体が思う様に動かず、大分攻撃を食らって仕舞いました。
長くやっていても中々思う通りに動く事は出来ないものですね。
しっかり集中して、感覚を高めないといけないですね。

日曜日には、試合があり、出場する二人の選手も練習に来ていましたが、良い感じで仕上がって来ていますから、是非結果を残して欲しいですね。

バナー

激動の中での進化

2015 - 03/17 [Tue] - 03:42

 生命の進化は、穏やかな環境の中では起き難く、激動の環境変化の中でこそ変異や進化が起きると云う話を番組で見ました。
また、人間の歴史は、その殆どが闘いの歴史であり、生き抜く為の闘いの中で文明も進化し発展して来ました。
そう考えると、そう考えるとエデンの園を追い出されたからこそ、人は進化して来たのかもしれないですね。
今も昔も、多分これからの未来も、世界中で争い事があり、続いています。
どちらが正しいかではなく、互いの違いを受け入れる事が出来ず、排除しようとする事、そして利権を争う経済システムが存在する限りは争い事はなくなる事はないでしょう。
そんな中でも、平穏を求め、様々な哲学や宗教が生まれ、武術も生まれて来ました。
時代と共にそう云う思想哲学も進化し、変化してスタイルを変えて来ました。
変わる事は当然の事で、それが悪い事ではありません。
が、その変化の中で失ってはいけない重要なコアが失われ忘れられて行く事もあります。
古いものに拘り過ぎるのは間違いですが、新しいものだけが正しいと云うのも間違いです。
古き良きものは残し、良き新しいものは受け入れて、上手く融合して行けたら良いですね。
そして、苦しい時ほど進化するチャンスと思い、また力を溜める時と思って、未来を信じて頑張り続けたいですね。
そうやって生命は耐えて、それでも進化し続けて、現在の多様性を実現したのですから。

バナー

御神籤はしっかり聞きたい内容を一つに決めて

2015 - 03/16 [Mon] - 01:51

 今日は神様の御縁日でした。
お参りに来た女性が、午前中に明治神宮にお参りに行って来て、そこで御神籤を引いたとの事で見させて貰いました。
神社によって趣向を凝らした色々な御神籤が売られていますね。
明治神宮のは、明治天皇の御製の歌ですが、趣があります。

お寺や神社に出かけたら御神籤は引いてみたいものです。
神仏の声や意識を直接聞いたり感じたり出来ない普通の人には、お言葉を戴ける手段として有効です。
ただし、少しだけ決まり事があります。
まず、最初にきちんとお参りする事。
次に知りたい、聞きたい事柄をしっかり一つに決める事。
ただ漠然としてと云うのは、答える神仏としても漠然としか答えられません。
その上で、心で手を合わせる様な素直な気持ちで御神籤を引きます。
出て来た御神籤は、まずそこに書かれている歌、万葉調の様な歌が書かれている事が多いですから、それをしっかり読んで下さい。
それが神様仏様の一番伝えたい言葉です。
大抵は古文なのでちょっと難しいと思いますが、頑張って解釈して下さい。
中には現代文に翻訳したものが書かれている場合もありますが、原文と若干ニュアンスが変わっている場合も少なくないので、出来れば原文を解釈して下さい。
その後に、御神籤を引く前に決めた相談の項目を読みます。
大吉とか、吉とか小吉とか凶とかの吉凶は気にしなくて構いません。
そうやって読んでみると、神仏はしっかりご覧になっているなと感じると思います。
ピンと来ない事もあるかもしれませんが、御神籤は一日に一回、同じ質問を一日に何度もしない様に。
理解出来なくても、それが与えられたお言葉ですから、素直に受け止めて下さい。
また、御神籤を縛って帰ると云う事が良くありますが、その場所で決められた場所に縛る事。
勝手にどこにでも縛って良い訳ではありません。
マナーは守りましょう。
自分への注意だったり励ましだったり、特に気になったりした御神籤は綺麗に折り畳んで持歩きましょう。
折りに触れてそれを見て自分を省みる事が出来ます。
御神籤の効力は、その相談の内容にも寄りますが、1ヶ月から一年と云う所でしょうか。
遊び感覚ではなく、素直な気持ちで御神籤を引いてみて下さい。


バナー

新しい翻訳本

2015 - 03/15 [Sun] - 01:47

第六感に目覚める7つの瞑想CDブック---宇宙からの情報を受信する/ダイヤモンド社

¥2,160
Amazon.co.jp

 妻が翻訳した新しい本が、予約販売が開始されました。
今回は(今回もですか)かなり苦労していましたね。
聖書の中に出て来る詩編の様な言葉は、特に翻訳には気を遣う様で、何度かヘルプ要請があって少しだけ手伝いましたが、英語よりも翻訳した日本語で苦労していました。
英語が出来れば翻訳者になれるかと思いきや、日本語がしっかりしていなければ出来ない仕事なのですね。
また、ジャンルによって専門用語がありますから、その知識も必要ですしね。
妻がやっているスピリチュアル系の自己啓発等は、そう云う意味ではあらゆるものが含まれて仕舞っているので、中々大変だろうと思います。
短いものでも数カ月、物によっては数年も翻訳に時間をかけています。
読者の側から見ると、間違いやおかしな所が目に付いて仕舞うものですが、横で苦労しているのを見ていると、じゃ自分でやってみろと言いたくなって仕舞うのは身贔屓ですね。
ま、優しい目で見てやって下さい。

どんな仕事でも、目に見えない苦労と云うものは付き物です。
外から見ていたら楽な仕事に見える様なものでも、見えない所での綿密な準備や積み重ねがそれを生み出しています。
外からは、その苦労が見えないレベルまで持って行くと云うのが良い仕事と云えるのでしょうね。

バナー

世代が違うと音楽も違う

2015 - 03/14 [Sat] - 04:56

 今日、音楽の話をしていましたが、音楽だけは世代の違いが如実に表れていて、そこだけは共通意識が持てないと云う話になりました。
それぞれの世代の音楽、そこにはその当時の思い出等も付随して記憶に残っています。
ずっと活躍している方もいますが、今の人達にその人達の昔の凄さ等は実感出来ないでしょうね。
クラシック、ジャズ、歌謡曲、GS、ポップ、フォーク、ジャンルは色々ありますが、時と共に曲は残っても、それを世に出した人達は忘れられて行きます。
長い時を経て未だに聞かれている音楽は、それを世に出したスターがどれだけ凄かったのかと思いますが、今の時代の音楽にそれだけのパワーがあるでしょうか。
聞いていて素晴らしい曲は沢山ありますが、と云うのも年齢を重ねた者の郷愁かもしれないですね。

バナー

4年前の3月11日

2015 - 03/13 [Fri] - 01:31

 3月11日は過ぎて仕舞いましたが、4年前の3月11日は義父の葬儀を九州で行なっていた最中でした。
途中、携帯電話に内弟子の一人から留守番電話が入っていて、後で聞くと悲鳴の様な声が入っていました。
葬儀が終わって、誰かがTVをつけたら、地震のニュースが流れていて、それで初めて地震があった事を知りました。
それからは、本州から来ていた参加者は皆、あちこちに電話連絡したり、メールしたり。
でも、当然ですが繋がらず、私も内弟子や気になる人の安否確認の為にあちこちにメールを送りました。
殆どの人はすぐに連絡がついて安心しましたが、一部連絡がつかない人もいて心配しましたが、数日以内には全員の安否確認が出来て安心しました。
丁度その時、母が出かけていてそこから帰る事が出来ないと、不思議な事に電話が繋がってかかって来ました。
さてどうしようか、無事が確認出来た弟子に連絡して援助して貰おうかと考えていた時に、古参の内弟子から電話がやはりかかって来て、事情を話したらすぐに向かってくれるとの事。
数時間かかって、母を迎えに行ってくれました。
その間、奥さんから逐一メールが入り、途中経過を知らせてくれました。
この事は、今でも感謝しています。

葬儀の最中、お寺の天井から下っている瓔珞がユラユラと揺れていました。
義父が出て来てやっているのかなんて冗談を言っていましたが、地震の影響が遠い九州まで来ていたのですね。
気仙沼に住む友人も無事だった様で、今も元気に頑張っています。
沢山の方が被害を受け、亡くなられた方も多く、また現在も復興が進まず御苦労されている様です。

心から哀悼の意を述べさせて戴くと共に、一日も早い復興を願うものであります。

バナー

気の早い御魂のせいか空気が変化して来ていますね

2015 - 03/11 [Wed] - 03:28

先日の特別な御供養は毎朝行なっています。
最低21日間の行は必要なものですから、まだ、暫く続きます。
が、それとは別に徐々にですが、世の中の空気が重くなって来ている様に感じます。
数年前の地震での被害者、そして各家の御先祖様方、皆春のお彼岸が近づいて来ているので、気の早い御魂は既に次元を越えてやってこられているのでしょう。
今日、道場で話した僧侶であるI君も、何だか頭がボーッとすると言っていました。
それにしても、今日は暖かい筈だったのですが、風が強くて、夜は物凄く寒く感じました。
耳がキンとなり、手がかじかむなんて、まるで真冬に逆戻りした様な寒さでした。
そんな中でも、練習では滴る程の汗が出ました。
お陰で被りも少し抜けてスッキリした気がします。
今日は、師範からの言葉で護身術の技の稽古を少しやりましたが、皆でああでもないこうでもないと楽しい時間でした。
力は必要なく、凄く簡単に相手を抑えて制圧出来る技を一つ指導させて戴きました。
体重の移動の仕方、押さえる場所、相手の側面への移動等、小さなコツが色々ありますが、何しろ黒帯と茶帯ばかりですから既に基本が出来ているので、アッと云う間に出来て仕舞うのは流石。
いつもながら楽しい道場です。

バナー

招待状の返信で目が覚めて仕舞いました

2015 - 03/10 [Tue] - 03:05

 先日出した7月に行なう30周年のパーティの招待状の返信が続々と返って来ています。
殆どは、参加して下さると云うお返事で喜んでいます。
中に、大切にお付き合いさせて戴きたいと思っている空手の師範の参加のお返事も戴き、休んでいて寝ぼけていたのが目が覚めて仕舞いました。
有難い事です。
私の結婚の時の祝いの会にもお出で下さり、スピーチも戴いて、大変に有難かった記憶があります。
今回もスピーチをお願いする旨、お願いしました。
会では空手の演武も行なう予定ですが、こう云う尊敬する師範の前でと云うのは、私もですが、一緒にやる予定の皆も今から既に緊張しています。
恥ずかしくない演武をご披露しなければいけないですね。
イベントとなると、決めなければいけない事も多々出て来て、徐々に詳細が決まって進んでいますが、内弟子や協力しようと申し出てくれている人のお陰です。
何でもやりますと言ってくれる人もいて、有難い事です。
皆の思いを込めて、心の篭った、後々まで思い出となる会にしたいですね。
他にもやらねばならない事が沢山あり、予定も満載ですが、一つずつ丁寧にやって行きたいと思います。

バナー

特殊な供養と空手の指導

2015 - 03/09 [Mon] - 00:59

 今日はお釈迦様の御縁日でした。
いつも通りお釈迦様の仏舎利に奉経し、永年供養の方々の御供養をしました。
それ以外に70年程前に亡くなった女性の御供養をしました。
この方は、亡くなって長く時も経ていて、今更御供養の要求と云うのは違和感があったのですが、やってみて解った事があります。
人と云う枠から解脱し、仏へと昇華する為に、人の持つ最後の業を捨て去り浄める為に、御供養を受けたいと願って来られた様です。
御供養にも色々な形があるものだなと思います。
苦しみや悲しみを癒し、この世への執着を絶ち切って彼岸への旅立ちを手助けするのが供養と思っていましたが、人から仏へ昇華する為の御供養と云うものもあるのだなと、学んびました。
しかし、特別な法が必要となるので、21日間の行が必要です。
これから毎日、やって行き、願いを叶えたいと思います。
満行の暁に、昇華した姿を見るのが楽しみです。

 今日は空手の試合があり、参加していた方が帰りに寄ってくれました。
試合の録画を見させて貰って、少しアドバイスしたり、指導したりしました。
かなり頑張って練習して来られた様ですが、いざ試合となると普段出来ている事が出来なかったりするものです。
質より量の稽古が必要な時もあれば、量より質が必要な時もあります。
この方の場合は、数週間後にまた試合がありますし、今は量よりも質の稽古が必要だろうと思いました。
一つ一つの動きをしっかり検証しながら、身体にも心にも覚え込ませて行って、考えなくても動ける様にしなければいけません。
時間は大してないですが、しっかり緻密にやれば間に合うかもしれません。
頑張って欲しいですね。

バナー

時間をかけて探して贈る

2015 - 03/08 [Sun] - 02:40

 御縁のある方や大切な人の為にプレゼントを選ぶのって大変ですが、楽しいですね。
その人のこれからの幸せを祈って、また喜んで貰える物をと思って、時間をかけて探します。
数カ月かかる事もありますね。
何が良いだろうと、ああでもない、こうでもないと考えて、そうしている内に時が過ぎて行きます。
最後は、これでと決断しますが、迷いに迷って仕舞います。
その時間が、途中で疲れて仕舞ったり、また楽しくなったりしながら、一生懸命になって仕舞います。
人に物を贈ると云うのは、心を贈ると同義です。
大切に、心を込めて行ないたいですね。
単なるイベントや自己満足にならない様に、しっかり時間をかけて選びたいものです。
と云う訳で、次は誰々といつも心の中にあります。
物が心を繋ぐ訳ではなく、心を繋いで贈りたいですね。

バナー

一生修行ですね

2015 - 03/07 [Sat] - 03:18

色々な問題解決のお手伝いをしていますが、スピリチュアルで解決出来て仕舞う問題の方が簡単で楽ですね。
勿論、エネルギーも必要ですし、豊富な経験と知識が必要ですが、医学的な手術と同じで原因を取り除いて仕舞えば問題は自ずと解決へと向かいます。
生きている人間の問題の方が、その場でエイヤでは終わらないので、面倒臭いし大変です。
殆どの問題は、スピリチュアルなものではなく、人間の在り様とか考え方や生き方が原因になっています。
ですから、霊能者とかスピリチュアルな仕事をしていても、その殆どの場合はカウンセリングやコンサルティングの仕事が多くなります。
十人十色と云いますが、一人として同じ人はいませんから、誰とも違って当り前。
そこで軋轢が生まれたり、すれ違いが起きたりして、人間関係は常にストレスが付きまといます。
ま、ストレスの全くない関係なんてあり得ないし、逆に詰まらないと思いますが、それも程度問題。

人は勝手なもので、人間関係のストレスに疲れると孤独を求め、孤独になると人間関係を求めます。
どちらにも偏らず、いつも適度のコントロール出来ていたら良いのですけどね。
物事や人との適当な距離感の調整、頑張り過ぎないで自分らしさを保つ事を訓練して覚えて行くしかないのでしょうね。

 どんな問題でも、笑顔でやり過ごして行ける様な境地になれたら、それが悟りと云うのかもしれないですね。
大きく大らかに深い懐で生きられる様になりたいものです。
一生修行ですね。
道は遠い(苦笑)

バナー

縁は繋がり、縁が切れ、それを繰り返し

2015 - 03/06 [Fri] - 02:30

 人にはそれぞれ自分が歩む道と云うものがあります。
それが重なったり、寄り添ったり、また離れたりしながら進んで行くのが人との縁と云うものです。
一度近づいて、寄り添ったり重なったりすると、それが永遠に続けば良いのですが、そう云う訳にも行かず離れて仕舞う事も良くあります。
悲しい事ですが、それも縁ですから仕方のない事です。
無理して引き止めようとしても詮無い事です。
それぞれの生き方、生き様、考え方があります。
生きているとどうしても目先の問題に眼を取られ勝ちですし、それも大切な事です。
何を目的に生きるか、それがハッキリしてくれば自然と色分けが出来て来るものですね。
縁は異なものと云いますが、一時の縁、長く続く縁、良い縁もあれば悪い縁もあります。
縁が繋がり、縁が切れて、それを繰り返しながら人は成長して行き、自分らしさを見つけ出して行くのでしょうね。

 昨日の伝授は、内弟子の一人の誕生日でした。
丁度義父の命日に当るので、皆に助法して貰って読経し御供養しました。
その後、内弟子の誕生日のお祝いをしました。
皆が心を込めてケーキを用意し、プレゼントも用意して、温かい時間が流れました。
一番ケーキを楽しみにしていた一人が出張で参加出来なかったのが可哀想ですが、美味しかったです。
また帰って来たら埋め合わせしてやりましょう。

内弟子は私にとって弟子であると共に仲間と思っています。
同じ道を目指して歩み続ける同志。
ちょっと私が先を行っていますが、しっかり後を追って来て欲しいですね。
プロになるかならぬかは、その人の生き方ですが、同じレベルに達して欲しいと思っています。
力だけではなく、人間的に成長して欲しいですね。
何が大切か、追い求めるべきものは何か、形ではなく本物を見て欲しいなと思います。

バナー

道場で被りも落ちて体調回復

2015 - 03/04 [Wed] - 03:43

 今日も道場へ行って来ました。
何だか体調が悪く、基本を始める前の柔軟体操の時には何となく頭がクラクラしていて立ち暗みの様な状態でした。
練習が進むに連れて段々と楽になり、いつの間にか気にならなくなっていました。
被りが残っていたのか、疲労が溜まっていたのか、何れにしても空手のお陰で体調回復しました。
その時によって安静にした方が良い時と、動いた方が良い時があります。
大抵の場合は、体調が優れないからこそ道場へ行くと云う感じですが、それで回復するから不思議ですね。
練習後は型の稽古をしたり、互いに気療をしたりしていて、道場を出たのは12半を過ぎていました。
道場の中では時間が経つのは早いですね。
アッと云う間に時間が過ぎて行きます。
帰りはしっかり土砂降りになっていました。
帰って来て汗を流したら、2時を過ぎていました。

師範は、明日5時起きだそうです。
大丈夫でしょうか(笑)

バナー

後悔しない為に、明日の為に

2015 - 03/03 [Tue] - 03:43

 目の前にあるやるべき事は、やるしかありません。
そこで逃げ出して仕舞ったり、怠けて仕舞ったら、心にそれは必ず残ります。
また、そのチャンスは二度と来ないかもしれません。
やる必要のない事はやらなくて良いと思いますが、やらなければならない事はやるしかありません。
時には勇気ある撤退、戦略としての撤退はあると思いますが、逃げとは違います。
気持ちで負けて下るのではなく、勝つ為に引く。

そう云う気持ちでいつも仕事し、また生きていますが、時には休みも必要です。
翻訳の仕事が終盤に近づき、妻は殆ど一日中仕事しています。
今も、区切りがついた所で、つい今しがた迄仕事していました。
家事もやり、私の仕事のサポートもして、更に自分の翻訳の仕事もしているのですから、そのエネルギーには感心します。
その真面目さや緻密さは、私にはない要素です。
私は何しろフィーリングと気分次第で動きますから。
と云っても、責任はしっかり受け止めて、やるべき事はやるしかない精神は忘れた事はありません。

人それぞれの真剣さや、生き方があると思います。
でも、後悔しない生き方、今日を今を精一杯の生き方は忘れないでいたいですね。
今日の次は明日に繋がります。
良い明日に繋がる様に、今日を精一杯頑張り、楽しんで生きたいものですね。


バナー

大雨の中、大浄化大会

2015 - 03/02 [Mon] - 02:45

 今日は、3月1日で神様の御縁日を行ないました。
土砂降りの雨の中、いつもの女性達が集まってくれました。
始めてみると、今日は大浄化大会になって仕舞いました。
思いの他、酷く被っている人もいたりして、個別に浄化したり、身体の歪みを取ったり。
この2ヶ月、色々あったのでしょうね。
皆さん、スッキリして戴きましたが、気持ちをネガティブにせず、夢を持って進んで欲しいですね。

内弟子の女性が、以前練習していた龍笛を持って来てくれました。
7月のパーティーで披露してくれる事になっていますが、暫く練習していなかったと云う割にはしっかり音も出ていて、厳かな気分になりました。
私も吹かせて貰いましたが、全く音が出ませんでした。
妻は、音が出せていました。
同じ管楽器でも、私はトランペットは吹いていましたが、違うものですね。
吹けたら格好良いだろうなと思って仕舞いました。

 彼女は、今日も午前中に明治神宮へお参りに行って、その足で来てくれました。
神事にはとても真直ぐで熱心な彼女、最近は霊感が強くなって来て、被る事も増えていますが、凄く頑張っています。

 女性オンリーの参加者となりましたが、皆、帰る時には顔が活き活きしていて輝いていました。
大雨の中、来てくれるのですから嬉しいですね。
来て、祈って、色々話して、癒されてリセットしてくれたら最高です。

バナー

毅然として、守るべきものは守る

2015 - 03/01 [Sun] - 02:33

 今では誰も信じてくれないですが、私も小学生の頃は苛められっ子でした。
大人になった今考えると大した事ではないですが、その当時は大分苛められたなと感じる事があります。
大体、子供の苛めなんてものは、遊びの延長でエスカレートして仕舞って起きるものです。
ですから、最初の遊びの段階の内に、嫌なものは嫌としっかり反発出来ていれば起きない事も多いですね。
何も言わないで、言われる侭になっていると、どんどんエスカレートして行って仕舞います。
私もそうでしたね。
当時は何も言えないひ弱な子でした。
が、ある時さすがにキレて仕舞って、何とか強くなりたいと云う欲求が生まれて来て、空手を始めました。
たまたま近所に道場があって、そこに通い始めて、それから暫くかかりましたが、自分の力で苛めは全て解消しました。
どうやったかは、内緒と云う事で(笑)
ご想像にお任せします。

 大人になっても、大人社会の中に同じ様な事が形を変えてあるのだと知った事は驚きでしたが、どこにでもそう云う愚かな人間はいるものだと思います。
そう云う人の言いなりになっていると、便利や扱いされたり、いつも上から目線で見られたりして、気分が悪いですね。
我慢するのは止めましょう。
腹が立ったら、それをちゃんと伝えて拒否感を表した方が良いですね。
大人ですから、表現は考えるべきで、何でもかんでも喧嘩して仕舞えと云う訳ではありません。
心の中にストレスを溜めない事が大切です。
言いたい事は言いましょう。

便利屋にされて仕舞ったりしてはいけません。
人としての誇り、守るべきものはしっかり守り、闘う時はしっかり闘いましょう。
争いや敵が出来る事を恐れてはいけません。
そうなったら、なってから考えても遅くはありません。
大切なのは、自分らしく毅然としている事です。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR