感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2014年10月  

全てを鑑みて判断する必要が

2014 - 10/31 [Fri] - 03:07

 祈りや気療の世界では、疼痛を軽減するとか、延命やその逆も必要に応じて行ないます。
極限に近い状態の時、その旅立とうとしている魂やその魂の器である肉体に対して、情ではない深い思いを持って接しなければなりません。
ただ痛みを軽くしてあげて延命すれば良いと云うものではありません。
亡くなる瞬間に於ける痛みを軽くしてあげる事で、肉体を離れた後の執着の状態が変わる事もあります。
人には決められた寿命があるとして、その寿命を全うする事が一番良いのだと思います。
が、アクシデントにより、病や事故等が原因となって、寿命に達する前にこの世を去らねばならない場合もあります。
そう云う場合に、闇雲に延命すれば良いと云うものではありません。
延命する事で、ただ苦しみが続くだけと云う場合もありますし、看護している家族の負担の大きさや精神的なものも考慮しなければなりません。
何れにしろ、その当人の状態と、その後の可能性、周囲の人の思いや状態、そう云うものを全て意識して判断して行かなければなりません。
当人だけを見て、情で何かを行なう事はその場限りの無責任な行為となって仕舞います。

また、ペットを飼って居られる方の永遠の課題ですが、大抵のペットは飼い主より早くこの世を去ります。
そのペットの肉体を離れた魂の扱いに於て、情により自分勝手な都合を押し付ける場合が良くある様に思います。
大切に家族の様に接していたペットですから、居なくなって寂しく、手放したくない気持ちは充分理解出来ますが、だからと云っていつまでも引き止めておいて良い筈はありません。
逆縁でお子様を亡くされた親御さんと同じで、戻って来て欲しいと願う気持ちは良く解ります。
が、それではいつまで経っても、その当人は(当獣は)行くべき所へ行けず、この世をさ迷わなければいけなくなります。
それは、こちら側の勝手な都合を押し付けているだけで、単なる傲慢でしかありません。
魂を縛りつける行為は、天の行なう事ではなく、悪魔の所業です。
悪魔を全否定しない私ですが、許される事と許されない事はあると思います。

その魂にとって、何が幸せに繋がるのか、何が正しいのか、自分勝手な思いを捨て、情を捨てて、冷静に考えてみる必要があるかもしれないですね。
感情は情緒に繋がり、豊かである事は、とても良い事で、人間性の深みに繋がります。
が、そこに流され、固執して振り回されて仕舞うのは、相手にとっては迷惑なだけかもしれないですね。


バナー

スポンサーサイト

不動明王、そして空手

2014 - 10/29 [Wed] - 03:22

 今日は不動明王の御縁日でした。
護身法を学んでいる、既にプロのヒーラーとして活躍している女性が、護身法の中で行なう観想に出て来る不動明王が今一迫力に欠けると云う事もあり、また被りもあって来られました。
いつも通り読経し、不動明王の真言を詠む中で、高次元の不動明王を感じられた様です。
エネルギーが身体に入って来るのが解ったと仰っていました。
どの次元にも仏様は居られますが、自分と相性の良い仏様に出会うのは簡単な事ではありません。
人間より次元が高いとは云え、低い次元の仏様はやはり人間の俗な願い事を叶えるのを主にして居られて、仏本来の悟りと智恵と光を本元とする仏様とは少し趣が違ったりします。
やはり、祈りや観想では、高次元の仏様と繋がって戴きたいものだと思います。
仏を観想する事で、仏の意志を知り、智恵を学び、悟りの境地に近づきたいものです。

 夜は道場へいつも通り空手の練習に行きました。
今日は師範の都合で、私が基本と移動稽古、I指導員がミットを担当して指導する事となりました。
良い機会ですので、みっちり練習するのも良いですが、敢えてゆっくりと時間を取って、古流空手の身体の使い方や考え方を教えさせて戴きました。
空手に於て手足は付属物であり、その本質は体幹にあります。
突きの軌道も正中線上に載せて行き、フルコンタクトの構えから真直ぐ出すそれとは異なります。
正中線上に腕を当てる様な感じで相手に対して、正確に直角に当る様に軌道を作って行きます。
また、前屈立ちからの動きについても、後ろ足で蹴るのではなく、前脚の膝を抜く事で、体重の移動を利用します。
等と云う、フルコンタクトは異なる考え方ですが、空手の幅を広げて行く意味で、少し覚えて貰えたらなと思って指導させて戴きました。

 どの道も、深く追求して行くと、その奥深さを発見するものです。
目の前の事だけが全てと云う感覚ではなく、更に深く広く意識を広げて行くと、また違った興味や面白さも出て来るものです。
広く、深く、様々な価値観や考え方に触れて行きたいですね。


バナー

正道を歩きたいですね

2014 - 10/28 [Tue] - 02:48

 修行では、その修行の目的、方向性を大変に重要視します。
空手でも同じですが、ひたすら強さを追求して修行をして行く中で、人よりも強くなると云うのは当り前で、試合に勝ちたい、誰かに勝ちたいと云う目的意識は、一時的には当然持つものですし、それで良いと思います。
が、その目的も時間と共に変化して行くもので、勝ち負けを越えた真の強さを追求して行く方向へシフトして行くものです。
極論を云えば勝ち負けは時の運でもあり、また結果論でしかありません。
素晴らしい全力を出し切った闘いの結果、自分か相手のどちらかが勝者になると云う、それはとても大切な瞬間でありますが、そこからまた次に向かってスタートしています。
その勝負が人生の全てではないし、その後のプロローグの方がそれまでよりも遙かに長いのですからね。
元何とかのチャンピオンや有名選手が引退後に後々事件を起したとか聞くと、応援していたり憧れていたファンは哀しくなってしまいますね。
修行に於て、人が目指すべきものは何なのか常に意識しておく事が必要です。
目先の修行に囚われ過ぎると、自分より優れた者や先を行く者に対しての嫉みや嫉みや怒りと云う感情が沸き起こって仕舞う事もあり、それは下界への入口ですからね。
誰もが一度は通る所です。
そこを抜け出すか、そのまま落とし穴に落ちて行くか、それは本人の目線次第ですし、意識の高さ次第です。
仏道や神の道と魔道は、表裏一体、常に隣り合わせです。
力の追求と獲得は非常に魅力的ですが、だからこそ危険なものでもあると云う事を忘れない様にしたいですね。
強いだけの空手家も、力のみを持つ修行者も、世の中では迷惑な存在でしかありませんからね。


バナー

全日本大会に行って来ました

2014 - 10/26 [Sun] - 02:18

 今日は新極真会の全日本大会に出かけて来ました。
久し振りにお会いする支部長先生方、皆さんお元気そうで、御挨拶出来て嬉しかったです。
また、お茶の水道場の砂川久美子師範も試合に出場され、直前に会う事が出来て、色々と話せたのは良かったです。
女子の試合も一般男子の試合も凄くレベルが上がっていて、迫力が目の前に伝わって来る様な、激闘ばかりで見応えがありました。
明日が本選ですが、明日は月例会ですから残念ながら行く事が出来ませんが、盛り上がるでしょうね。
久々に開場前に人が並んでいるのを見ました。
昔は、物凄く長い行列が出来ていたものですが、最近は観戦者は空手関係者ばかりで、一般の観客が余り入らないのが寂しいですね。
極真会も分裂を繰り返し、そんな中で段々とマスコミからも遠ざかって仕舞ったせいでしょうか。
極真の名前は良く知られていますが、憧れて試合を観に来たり、入門したりする人が、凄く減っている様に思います。
空手のオリンピック競技化の話もありますが、空手人口が増えてくれて、盛り上がってくれたら、それはそれで良いなと思いますね。

 明日は月例会です。
長い一日になると思いますが、育つ者、育たない者、足踏みする者、勢いずく者、色々いますが、楽しい一日にして行きたいと思います。

バナー

ホワイトタイガーに会って来ました

2014 - 10/24 [Fri] - 03:09

 急遽、休みを取って充電に出かけましたが、火曜日に戻りました。
出かけた先は伊豆稲取。
目的はホワイトタイガーに会う事でした。
以前からFacebookで伊豆アニマルキングダムの情報を見ていて、以前、東武動物公園でホワイトタイガーに会った事を思い出しながら、伊豆にもいるんだと思って見ていました。
休みを取る機会に、出かけてみようと思って行って来ました。
宿泊したのはアニマルキングダムのすぐ隣にある宿泊施設でした。
大浴場は温泉ではなく沸かし湯でしたが、スパだと思えば、それはそれでOKで、のんびりしました。
アニマルキングダムでは、朝から夕方近くまで、のんびり一日遊びました。
午前中は、まだ動物達も活動的ではなく、お昼過ぎ、動物達も餌をお昼に摂るそうですが、その後から段々活動的になって来る様で、チーターの親子や念願のホワイトタイガーにも会って来ました。
特にメスのホワイトタイガーは、まるでこちらを意識しているかの様に、目線を合わせ、近くに依って来てちゃんとポージングしてくれたので、楽しかったですね。
途中、子供が急に背中に乗ったりして、カッと起こったのは迫力もあり、良かったです。
本当にガラス一枚隔てた、すぐ近くにまで寄って来てくれて、その迫力には圧倒されるものがありました。

厳密に野生動物とは云えないかもしれないですが、動物にもちゃんと意志があり、見ている人間も意識しているのだなと感じる事が出来ました。
言葉で会話した訳ではないし、何か伝わって来たと云う感じでもないですが、何かシンクロ出来て様な感じは、忘れていた感覚が少しだけ甦った様に思えました。

 戻ったら、次の日が伝授、またメールも沢山入っていて、すぐに仕事モードに入りましたが、急な休みでご迷惑をかけたと思いますが、出かけさせて貰って良かったと思っています。
強制終了命令を出した妻にも感謝です。
たまには必要ですね、こう云う時間も。

バナー

強制終了命令

2014 - 10/19 [Sun] - 02:54

 真面目に頑張るのはとても良い事です。
が、適度な息抜きの時間や遊びの時間も大切ですね。
遊び心を失うと、柔軟な発想も出て来なくなります。
張りつめているばかりでは、切れて仕舞うのは、弓の弦も人間も同じです。
若い頃、クラシックギターやフラメンコギターを弾いていましたが、弾かないで休める時は弦を緩めておきます。
そうしないと、弦が切れ易くなって仕舞うからです。
もうずっと触れていないで置きっ放しなので、ネックも曲がって仕舞っているかもしれないですね。
指も動かなくなって仕舞っていると思います。
仕事柄ですが、爪も短くして仕舞っているので、もう昔の様に弾く事は出来ないでしょうね。
そう云う事も、疲れが溜まって来ていると億劫になったりして仕舞います。
と云う訳で、妻から駄目出しされました。
彼女の目から見ると、疲労が溜まっている様に感じたのでしょう。
強制終了命令が出ました。
なので、明日から火曜日まで、ちょっと充電して来ます。
また水曜日から再起動しますので、宜しくお願いします。


バナー

無意味なダラダラは、付き合っていられないですね

2014 - 10/18 [Sat] - 02:42

 毎月、17日は観音様の御縁日で、読経しています。
今日も沢山の方にお参り戴きました。
他にも8日はお釈迦様、28日は不動明王、1日と15日は神様の御縁日を行なっています。
第4日曜日は月例会ですから、何だかんだと結構忙しかったりします。
その間に通信相談、面接相談、気療等も入ります。
今日は御縁日の祈りの中で、緊急で遠隔気療を行い、また遠隔で邪気祓いもしました。
人の思いと云うのは複雑で、自分勝手な都合や思い込みで、邪気が飛んで来たり、念を飛ばしたりする事があります。
その折々にちゃんと対処しておかないと、放置しておくと色々と困った事が起きて来て仕舞う事もあります。
今回は、その困った事が出始めていたので、今日の読経に併せてやりました。
その後は、和気靄々とした時間です。
今日は、祈りで疲れたのもありましたが、他に相談等も入っていて仕事しなければいけなかったと言うのもあり、特別な相談事もない様なので、夕方で私は引かせて貰いました。
調子が良い時や、暇な時は付き合いますが、話に内容がなく、また他にも用時がある時は付き合っていられないので、引かせて貰います。
本来、御縁日は夕方迄としているのですが、何となく居心地が良いのか、ゆっくりされる方も多く、それは良いのですが、特別な相談事があるとか、何か皆に有益になる様な話があれば良いのですが、単なる雑談の様になって仕舞うと、ダラダラやっても仕方ないですし、付き合っていられないので失礼させて戴きます。

人付き合いにもわきまえと云うものはあります。
互いの都合を慮る事も必要ですし、自分がこうしたいと云う思いだけでやっていると、嫌われて仕舞いますし、迷惑をかけて仕舞います。
スマートでスッキリとした付き合い方が出来ると良いですね。

バナー

安易なスピリチュアルは危険

2014 - 10/17 [Fri] - 03:17

 願いが叶うおまじないとか、お遊び感覚の実はスピリチュアルな事って、沢山ありますね。
ジンクスなんかも同じかもしれないですが。
ファッション的に良くやられているミサンガ等も、あれは願いが叶う為のおまじない。
でも、簡単に願いが叶うやり方なんてありません。
そんなものがあれば、誰でもが願いを叶えて仕舞っている筈ですね。
良く云う身体の後で指を絡めて、くわばらくわばらと唱えるとか、昔からある立派なおまじないですが、今時さすがにそんな事をする人は少ないと思いますが、形を変えてファッション感覚でやるおまじないは沢山世の中に出回っています。
我々プロから見ると、凄く危険に思えます。
一体誰にお願いしているのでしょうね。
人間の願いを叶えるのは神や仏だけではありません。
座敷童子が、実は近隣で亡くなった子供の不成仏霊だと云うのは、能力者の間では常識の様なものですが、その辺りをウロウロしている目に見えない者達の皆が良い者とは限らないですからね。
良い人の振りをして悪さする人がいるのは、生きている人間も同じです。
目に見えない世界の住人が、皆良い人である訳ではないと云うのも当り前の事です。
と云って、皆悪い人であると云う訳ではありません。
良い人も悪い人もいるのは、こちらも向こうも同じだと云う事です。
遊び感覚でやって仕舞うおまじないが、後で大事になって仕舞う事もあるかもしれません。
誰かに念を飛ばして仕舞う結果になって、迷惑をかけているかもしれません。
願いを安易に叶えようと云う考え自体が問題かもしれないですね。
それは現実世界の単なる欲望でしかなくて、非常に低俗な意識だと云えるかもしれないですね。
低俗がいけないとは思いませんが、非常に危険な事であると云う事を理解して戴けたらと思います。
安易なパワースポットのブームも同じです。
素人が、安易にスピリチュアルな事に手を出さない方が良いと思いますが。

バナー

今日も道場へ行きました

2014 - 10/15 [Wed] - 03:06

 今日も道場にちゃんと行って来ました。
色々と疲れが溜まっているのは感じていますが、道場へ行って汗を流さないとスッキリしないので、頑張って来ました。
最後のスパーリングの途中、スタミナ切れではなく、膝が急に調子悪くなり、力が抜けたので、スパーリングから抜けて自分で調整しました。
終わる頃には殆ど大丈夫になっていましたが、何だったのでしょうね。
膝がズレたと云う感じでもないのですが、不味いと思って、このまま続けるのは良くないなと思って抜けました。
スパーリングの最中に足が攣って、そのまま誤魔化しながら続けた事もありますが、途中で抜けたのは始めてかもしれないです。
ま、そんな事もありますね。
軽くとは云え、フルコンタクトでやっているのですから。
今はもう大丈夫なので、問題ないでしょう。

 道場へ行く前には、近くにある薬局に寄るのですが、そこでレジに並んでいたら、ふと気付くと後に道場生の可愛い女の子とお母さんがいました。
審査会でしか顔を見ないので、名前まで覚えていませんが、妻が覚えていて中々上手くて強い子だったとの事で話をしていたら段々と思い出して来ましたが。
レジを済ませて店から出たら、丁度、その子とお母さんが車で出る所で、窓から一生懸命に女の子が手を振っていました。
私も手を振りましたが、道場へ行っていなければあまり遭遇する事のない場面で、何となく面白くなって笑っていました。
向こうは私の顔を審査会で見て覚えていてくれたかもしれないですが、今日の事でまた覚えてくれたかもしれないですね。


バナー

被害が大きく出ない事を祈りたいですね

2014 - 10/14 [Tue] - 01:50

 今、台風が近くにやって来ています。
雨と風が窓に当って音を立てています。
子供の頃、台風がいつも直撃する様な地方都市に住んでいたので、台風にはなれていますが、台風が来ると何だかワクワクしていましたね。
ですが、大きな被害が出るのは困ります。
海の高波も、岸壁に当ると3倍の高さになるそうですから、くれぐれもこんな時に海には近づかない様にして欲しいですね。
朝までには台風も通り過ぎて行くと思いますが、大きな気圧の変動は体調に影響します。
敏感な方や、病気等で身体が弱っている方は、その影響を大きく受けたりします。
開業医だった父から教わった事ですが、人が亡くなるのは潮の満ち引きの時間が多いと云われました。
その後、自分でも色々とデータを取って調べてみましたが、父の言っていた事は正解だった様で、やはり確率的に高い様に思います。
そうでなくても、気圧の変動で頭痛がしたり、昔傷めた所が痛んだりうずいたりすると云うのは良くある事です。
この台風で影響を受けて気持ち悪い症状が出るのは仕方ないにしても、大事にならない事を祈ります。
また、大きな被害が出ない事を祈りたいですね。


バナー

プロの発想

2014 - 10/13 [Mon] - 02:51

 今日、テレビで家のリフォームの番組をやっていて、面白くて観て仕舞いました。
毎回、手に負えない様な不便さなどのある家のリフォームをやっている番組ですが、様々な設計士等が担当して、住み易い家にリフォームすると云う番組で、観ていてホーっと感心する事もあれば、凝り過ぎていてあんな家に誰が住むんだ?と疑問を感じる時もあります。
聞いてみると、依頼者の意向とかけ離れ過ぎて訴訟問題に発展した例もあるとか。
でも、今日のテーマは庭でした。
敷地は広いけど、手のつけられないジャングル状態になっていて、素人では如何ともし難い状態の庭を綺麗に仕上げて行くと云うものでした。
発想が素晴らしく、意表をつく様なものばかりで、思わず引き込まれていました。
プロの仕事とはこう云うものなのかと感じる事が出来る出来栄えでした。
勿論、依頼者も大満足で終了しましたが、今日の番組は良かったですね。
プロがプロたる所以、一言では云えませんが、発想の転換、詳細な部分までの幅広い知識と応用力とか。
色々あるでしょうが、プロの凄さは見ていて驚きと爽快感がありますね。
私も相談者と話していてアドバイスしていて、良くその手があったかと驚かれますが、頑なに常識に囚われない発想が、様々な問題を解決して行く糸口になる事はあると思います。
そして、プロの条件として、最後の最後まで詰めを怠らないと云う事でしょうか。
セミプロやアマチュアは、良い発想をしていても、最後の詰めが甘い時が多いですね。
これでもかと、最後までしっかり仕上げて行って、終わるのがプロなのかもしれないなと思います。

バナー

供養三昧

2014 - 10/12 [Sun] - 03:06

 本日は、内弟子の日程の都合等もあり、御供養の二連発となりました。
第一段は、以前から年に一度から数回御供養している家でしたが、いつもは何の滞りもなく、スッキリとしているので安心していました。
が、油断でしたね。
今日は思いの他重く感じました。
内弟子に大きな被りがあったせいで読経を邪魔されたと云う事もありましたが、この御家の古い古い先祖(多分、徳川家と豊臣家の冬の陣の頃)の御先祖が出て来られ、ご命日が近い人が沢山居られた様です。
そして第二段の御供養ですが、数日前からの先触れが強く、かなり大変と予想していました。
が、読経が始まると、思いの他スムーズで、殆ど何事もなく進みました。
普段からお墓の事や御供養の事を意識されているお家なので、御供養を待ち構えて居られた様ですね。

 行は、祓いであれ供養であれ、実際にやってみないと解らないと云う事が多々ありますが、今回は正にそんな感じでした。
楽そうに思えたのが重く、重そうに思えたのが軽いなんて事は良くあります。
現場で仕事しながら、実際にそこで学んで行く事は沢山あります。
やはり現場で実践しながら責任あるプロとして仕事して行かなければ身につかない事、解って行かない事って沢山あります。
今日も助法してくれた内弟子達、頑張ってくれたと思いますし、良い修行になったと思います。
こう云う機会に、内弟子達の成長が解って、嬉しいものですね。

とは云え、御供養で全精力を使い果たした様な気分です。
流石に疲れたなと感じますが、それだけ徳も積めた訳ですし、有難いと思います。
何よりも、御依頼者が元気になり、笑顔になって、喜んで戴けたのが嬉しいですし、有難いですね。


バナー

古いビデオをDVDに

2014 - 10/11 [Sat] - 02:00

 昔、20年位前に行なった瀧行のビデオがあり、それをDVDに焼き付けました。
今も通って来ている人や内弟子もその瀧行に参加していて、見ていて時の流れを感じますね。
髪が薄くなった内弟子も、まだ髪が沢山あり、痩せている男性は今も細いですが、顔の若さ、私自身も同じですが、今と変わらない態度や目つきをしていて、妻や母に爆笑されました。
時の流れは速く、いつの間にか年を取ってしまいました。
他にも色々と懐かしい写真があります。
ある目的があって、古い写真を整理しようと思って、引っ張り出していますが、その頃はデジカメ等はなくて、フィルムでしたから、印画紙に焼き付けた写真です。
まだ変色する程ではありませんが、一枚一枚、スキャンしないといけないですね。
昔を懐かしむ趣味はありませんが、私が仕事をして来た歴史ですから、見ていると色々と思い出します。
古くから来ている人達や、古参の内弟子にも古い写真を頼んでいますが、どんな物が残っているか楽しみですね。
時間がかかりそうですが、ボチボチとやりましょう。
仕事を始めてもうすぐ30年、思えば長くやったものだと思います。
後何年仕事出来るか分りませんが、感覚的には今が一番油が乗った頃と感じています。
これから頑張らなければいけませんね。

バナー

御供養が無事に済みました

2014 - 10/10 [Fri] - 02:22

 昨日の伝授では、内弟子の皆の協力を得て、妻の母方の実家の御供養をしました。
義母が実家の墓仕舞いをするとの事で、御遺骨を高野山にて永代供養をお願いし、その御供養の仕上げを私が行ないました。
いつも通り、奠倶から理趣経、そして途中で舎利礼文、光明真言で御供養しましたが、内弟子達の供養力が上がっていて、決して上手いお経とは云えないながらも、心のこもった素晴らしい御供養となりました。
皆の心が一つになったお経は心地良く素晴らしいですね。
理趣経はとても奥の深いお経で、詠み方も大変に難しいですから、習熟する迄に何年もかかります。
久し振りに気持ちの云い理趣経だったと思います。
お経は歌の様に朗々と声を出せば良いと云うものではなく、と云って音痴では困ります(笑)
一人で詠むのなら何でも良さそうなものですが、詠んでいる自分自身が心地良くなければ、詠まれている御先祖様が心地良くなる筈がありません。
心を込めて、語りかける様に、静かに、時に勢い良く声明を用いて詠んで行きます。
心が御先祖様と通った時、相手もしっかり受け止めてくれます。
経の途中、右目の隅に黒い陰が、明らかに人が頭を下げてお辞儀している姿が浮かびました。
あれ???と思っていると(今更ですが)また扉を開けて誰かが入って来る姿が、やはり目の隅に見えて来ました。
それが暫く続いていました。
内弟子に聞くとやはり見えていた様で、沢山の人が(霊が?)お辞儀をして内陣に入って来て祭壇に向かって上がっていったとの事でした。
経が終了して、重かったものが消えて、とてもスッキリしました。
やはり影響を少なからず受けていた様でしたね。
何れにしろ、御先祖様のお役に立てたのであれば幸いです。

祈りは自分の為ではなく、誰かの為に、純粋な気持ちで行ないたいものですね。
自分の願いを叶える為の祈りを否定はしませんが、良く良く考えれば、単なる自分勝手な祈りと云う事もあると思います。
俯瞰的に見て、自分勝手になっていないかどうか、良く考えてから祈りたいものだなと思います。


バナー

予定がどんどん入って有難い

2014 - 10/08 [Wed] - 02:58

 今日も道場へ行って来ました。
妻が昨日帰ったばかりで疲れているかと思いましたが、本人も行くと言うので、しっかり練習して来ました。
ここのところ、被りが大分溜まっていた様に感じていたのが、すっきりと落ちた様に思います。
相変わらず参加者は黒帯だけでしたが、最後のスパーリング、5人で3周しました。
これ位やると、やったと云う気分になりますね。
外は寒い位でしたが、胴衣は汗だくになりました。
練習後に試合や審査会等の打ち合せもして帰って来ました。
良いですね、空手は楽しいです。
キツイですが、被りも落ちてスッキリ。
さて、明日も色々とありますから、気合いを入れて頑張ります。
お釈迦様の御縁日、伝授、そして供養。
がっちり頑張ります。
やるべき事が次々と出て来て、有難いですね。


バナー

空海さんのお気遣いに感謝

2014 - 10/07 [Tue] - 01:48

 無事に台風が通り過ぎ、妻も帰って来ました。
高野山でのミッションは全て順調に進んだ様で、事故もなく、良かったです。
思えば、数年前に高野山を訪れた時も台風直撃でした。
今回は直撃ではなかったですが、前回の事もあり、ちょっと心配しました。
が、前回の時も、私達は何の支障もなく、2泊3日の参拝旅行全日程を滞りなくやった覚えがあります。
あの時、内弟子が下見に行った折から、空海さんの御手配があった様で、途中の電車で大きなお坊さんが近くに立っていたと言っていました。
我々の為に、浄化をし、人払いをしてくれた様でした。
今回も同じ様に、空海さんの御手配が働いた様に感じます。
有難い事です。
奥ノ院で、ずっと昔、祈っている折に空海さんからのメッセージを受け、五点加持の秘伝を授かりましたが、それ以来、何かと空海さんには気遣いして戴いている様に思います。
私がまた高野山を訪れるのはいつでしょうか。
そんなに遠くない未来に訪れそうな気もしています。
その折に、しっかりお礼申し上げて来たいですね。

バナー

台風直撃の可能性がありますが

2014 - 10/06 [Mon] - 03:51

 物凄く大きな台風がやって来ていますね。
これから日本を直撃しそうな勢いで進んでいますが、東京は既に大雨になっていて、これからもっと激しくなると予想されています。
この大雨の中、空手の試合が行なわれ、道場から少年部の女の子が出場しました。
師範も、また一部の道場生も応援に行った様です。
鈴鹿でF1が行なわれて、最後の方で途中中止となりましたが、物凄い雨の中、レースを行なったのですね。
台風に負けない意気込みは素晴らしいです。
が、過去にも大きな被害が出た事もありますから、決して無理はせず、危険回避を心がけて戴きたいと思います。
自然の持つ力は、人間の智恵を以てしても太刀打ち出来ない大きなものですから、下手に逆らわずに被害に遭わない様にお気をつけ下さい。
この台風の中、妻と妻の母そして義妹が高野山に出かけています。
今日は、大した雨にも遭わず、無事に予定を済ませた様ですが、明日の朝、台風がすぐ側に来る様ですから、くれぐれも気をつけて貰いたいですね。
無理をせず、危機回避に注意しなさいと言ってありますが。

バナー

癒しで思わぬ副作用に遭わぬ為に

2014 - 10/05 [Sun] - 02:20

 人の心の中は複雑です。
誰からも評価の高い善人と云われている人の心の中に、大きな闇があったり、誰から見ても悪人とされている人の内面には、ピュアな心があったり。
能力者やヒーラーと云う人達も同じです。
普段から、相談者やクライアントの身体や心を癒していて、多くの人から感謝され尊敬されている人達、その心の中にも闇がある場合があります。
天の言葉を伝え、癒し、パワーを人に与えている人の魂や心が、魔界や下界からやって来た者の闇を内包している事もあります。
そう云う場合、短期では解りませんが、付き合いが長期になり、関係が近づけば近づく程、その人の抱える矛盾が透けて見えて来るものです。
言葉にしている事や、行動の中に、その内包された矛盾が沁み出して来るかの様に。
それ故、その人に癒して貰いに行ったのに、時として逆に被って仕舞う事があります。
その人のパワーが強過ぎて好転反応の様な現象でも同じ様に気分が悪くなったりする事もあります。
が、ネガティブな被りの場合は、その症状は心にまで及びます。
好転反応の場合は、主に身体の方を主に出て来ます。
人との間に信頼関係を作って行くには時間がかかります。
まして、相手が能力者やヒーラー、セラピストと云う場合は、こちら側は頼る側になりますから、慎重に相手を見極めなければならないでしょう。
能力が高いだけでは真に超越者とは云えません。
人格的な面での修行が進んでいなければ、本当のプロフェッショナルとは云えないでしょうね。
残念ながら、プロとしてお仕事をされている方々の中に、人格的な面での修行が足りない、自己浄化が出来ていない方々も多くいたりするのも事実です。
人である以上、悩みもあれば苦しみもあります。
が、仕事を通じて、それそのものが修行となって行くものであり、その過程で自己統一や自己浄化も進んで行きます。
本物のプロフェッショナルを見つけ出すのは、縁もあり、中々困難ですが、簡単に飛びつかない方が良いでしょうね。
皆さん、言葉は素晴らしい事を仰っていますから、それで元気になり、癒されるなら、それはそれでありだろうと思いますが、適度な距離感を持っていないと、思わぬ副作用が出る事もありますから。

バナー

嬉しい電話が来ました

2014 - 10/04 [Sat] - 03:37

 今日、嬉しい報告の電話が来ました。
今年の春、脳内出血で倒れた方が、殆ど回復して無事に退院され、自分で電話をして来てくれました。
自宅で一人暮らしなので、倒れてから発見されるまで10数時間もあり、完全に意識もなく、絶望的な状態に思えましたが、その後、徐々に回復し、その後の回復は驚異的でした。
現在は、未だ少しだけ痺れや不自由さは感じるものの、殆ど回復されたと云えるレベルになりました。
完全復帰も遠くないでしょう。

倒れているのが発見され、入院したと報告を受けて、その時は流石に緊張しました。
急遽、遠隔に入りましたが、功を奏してくれた様です。
順調に頭蓋内の血液も引いて吸収され、出血も完全に止まった様でした。
その後の回復について、酷い麻痺が残る可能性もあり、どうするか迷いましたが、不可能を可能にするのが私の仕事であり、祈りですから、覚悟を決めて回復祈願に入りました。
今も継続中の祈りですが、そのおかげかどうか、劇的な回復をしてくれました。
すぐに意識も回復し、徐々にですが記憶も戻り始め、リハビリが始まったら驚異的なスピードで回復して行きました。
内弟子や、この方に世話になっていた方が、毎週の様に見舞いに訪ねてくれて、その度に詳しい状況報告をしてくれていたので、祈願する時の微調整もやり易かったです
本当に、退院する迄に回復してくれて良かったです。
時には、自分が立てなくなる程、エネルギーを注ぎ込みましたが、その甲斐もあったと思えます。
完全回復まで後一息。
最後まで気を抜かず、頑張りましょう。

バナー

祈りと呪詛は紙一重

2014 - 10/03 [Fri] - 03:26

昨日の内弟子の伝授で、彼の御岳山の噴火についての祈願についての質問がありました。
その折は、感情的に過ぎる様に受け取れたので、注意しました。
が、心情的には充分に理解出来ます。
知り合いがいるとか、自分にとっての大切な場所であるとか、他にも様々な理由で今回の様な災害の折のみならず、つい感情的になって祈りたいと思って仕舞うのは人間として当然の事です。
然し乍ら、祈りは純粋であるべきであり、そこに個人的な情が働いて仕舞うならば、それは呪詛となりかねません。
祈りと呪詛は紙一重です。
もし情を持ちながら祈りに入るならば、己が命を引き換えにする覚悟が必要でしょう。
古来、こう云う場合に神や自然の怒りを治めると云う為に、人柱とか、生贄とかと云う手法が取られて来ました。
現代となっては邪法と云う括りになりますが、人の命を引き換えにして行なう祈りは人知を超えた力を発揮する事があります。
多くは、それは呪詛に用いられますが、昔の映画の大魔神の如く、人が命を捨てる覚悟をした時、その祈りは神仏すら動かします。

既に、日本中のみならず、世界中の宗教関係や心ある人達が祈りに入っているでしょう。
それは、決して感情的なものではなく、純粋に慈愛からのものである筈です。
感情は、時として冷静さを失い、自らを貶める事もあります。
一般人と修行者では、わきまえるべきものが違います。
祈りは自分の為ではなく、誰かの為にこそ力を発揮します。
感情は、その多くは、何を言っても自分の為でしかないものです。
個人的な感情ではなく、大きな視野と純粋な慈愛を以て、正しい祈りをしたいものです。
何より、これ以上の被害の拡大がない事を祈り、早い終息を祈りたいと思います。

バナー

道場でスッキリして来ました

2014 - 10/01 [Wed] - 03:09

 土曜日も道場へ行きましたが、今日もいつも通り道場へ行って来ました。
相変わらず、参加者は黒帯ばかりでした。
茶帯の妻が一人で、しっかり鍛えられていました。
昨日、ふとしたきっかけで辰吉丈一郎君の練習風景をyoutubeで見ていたせいか、ミット打ちの時の突きの調子が良かったです。
グローブを付けての突きは、素手の拳とは角度も打ち方も変えなければいけなくて、私は素手の方が好きですが、今日の出来はまぁまぁ良かったかと思います。
スパーリングで、もっと上手く出せればと思いますが、そう簡単には行かないですね。
私もしっかり相手をして貰い、汗だくになりました。
引き続きの仕事で少々疲れが溜まっていて、被りも抜け切っていなかったですが、練習後はかなりスッキリしました。
私にとって、空手は大切なメンテナンスですね。
いつも相手をしてくれる黒帯の皆さん、有り難う御座居ます。
おかげで、しっかり仕事が出来ます。
疲れた身体は、更に苛めて汗をかく事で、疲れた精神は楽しい事に集中する事で、澱の様に溜まった疲れが抜けて行きます。
何もしないで休んでいても、楽にはなりません。
本当に疲労して休養が必要な場合以外は、何かを積極的にやって疲れを払拭して行きたいですね。

やっと10月になりました。
3ヶ月続いた供養月が終りました。
一年で一番気持ちの良い季節です。
相変わらず予定満載で、バタバタと忙しい月になりそうですが、しっかり頑張りましょう。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR