感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2014年09月  

昨日の月例会も充実していました

2014 - 09/30 [Tue] - 02:23

 昨日は月例会でした。
23日に秋彼岸供養会を行なったばかりなのに、皆さん頑張って来てくれました。
丁度、不動明王の御縁日にも当ったので、いつも護身法を始める正午から不動明王の御縁日の勤行を行ないました。
内弟子達の声もしっかりと合って、とても良い読経が出来たと思います。
その後、休憩を挟んで護身法。
初級、中級の人の進歩は目覚ましいものがあります。
指導自体は内弟子達に任せていますので、私は上級から中級、初級までチェックして回っていました。
途中で急遽除霊と魂の解放と云う事もやりましたが、護身法は密教の全てが詰まっていますから、各自に浄化も始まり、色々と内面にある穢れや被り、トラウマ等も表面化して来たりします。
洗濯物を洗えば汚れが出るのと同じで、そのまま放っておけば汚れがまた染みついて仕舞います。
が、しっかり最後まで洗い流せば、汚れを完全に消去る事が出来ます。
初級から始まり、中級を経て、上級まで上がった人達は、流石に浄化が進んでいるので、余程深い因縁でない限りは解消されていると思います。

 その後、梵字講習を今月もやりました。
妻の提案で、般若心経を梵字で書くと云う事をやっていますが、文字が細かくて、書くだけで精一杯になって仕舞うので、今月からスタイルを変えて、手本をなぞると云う形にしました。
全体を4部に分けて、4ヶ月が過ぎたら、梵字般若心経が完成する様にしました。
完成したら、内弟子諸君に入魂して貰い、家の守りにして戴こうと思っています。
自分で書いた梵字般若心経ですから、自分の家を守るには最高のお守りとなるでしょうね。
その後は、質疑応答はじめ色々なお話へ。
どうしても、直前に起こった御岳山の噴火の話になって仕舞いますが、普通、山の神であれ、他の神であれ、神の御業であれば、人が亡くなる事はありません。
が、今回は多くの方が被害に遭われ、亡くなっています。
が、噴き上がる噴煙の中に、龍神を始め、色々な顔や姿が現れているので、ただの自然現象とも思えない。
と云う事で、ただの自然現象とは思えないが、未だハッキリした事は不明と答えていました。
が、その後の話で、神そのものではなく、日本と云う国を守るものの仕業ではないかと云う答えも見えて来ました。
明らかな神の御業や自然現象の場合、事前にそれとハッキリ解らなくても、何かのサインはあって感じるものですが、今回は全くなく、噴火した直前か直後位に身体に電気が走る様な痛みが出ただけでした。

 良く能力者が災害の予知等を行ないますが、予知したとしても避けようもなく、何も出来ないのですから、無用な騒ぎを起すだけで無力でしかないと思います。
それは、ある意味、単なる売名でしかないと云われても仕方ないですね。
感覚の鋭い人であれば、誰でもそう云うものは感じるのであり、特別な事ではありません。
動物達は、皆一応に感じていると思います。
何れにしろ、早い終息と今後の2次災害の拡大がない事を祈るばかりです。

結局、全て終わったのは、午前2時でしたが、多岐に亙った話、深い話もあり、充実した月例会となりました。
次回は10月第4日曜日ですが、今から楽しみですね。

バナー

スポンサーサイト

空手雑誌の取材

2014 - 09/28 [Sun] - 02:30

 今日は土曜日で、明日は月例会ですが、今日は道場へ行って来ました。
数日前に、師範からLINEで空手雑誌の取材があるとの事で、参加して欲しい旨、メッセージが来ました。
今週は火曜日が休日で道場がお休みで、お彼岸の供養会でもありましたし、道場へ行っていないので、人数合わせにでもなればと道場へ行って来ました。
一つ前の時間に少年部の練習がありますが、今まで見た事のない様な大人数。
審査会でしか見た事のない子供達が、沢山頑張っていました。
おかげで道場の中は暑い事、熱い事。
その後の一般部も、いつも以上の参加者でかなりの人数となりました。
いつも通りに練習は始まり、最後のスパーリングは総当たりですから、かなりの人数とやった事になります。
中には少年部の強い男子女子も参加していて、頑張っていました。
本当に老若男女が揃って練習しました。
良いですね、こう云うのも。
結構、疲れましたが、明日は月例会、また長い一日です。
頑張りましょう。

バナー

愛車も家の周囲も綺麗に洗い流しました

2014 - 09/27 [Sat] - 02:26

 今日は気持ちの良い秋晴れでした。
久し振りに仕事もオフになったので、今日は愛車を洗ってやりました。
最近はドライブにも行かないので、もっぱら道場へ行く為に使っていますが、気が向かないと云うか、タイミングが合わず、暫く洗車していなかったので、かなり汚れが目立っていました。
少し前から気になっていたのですが、やっと今日、洗車出来ました。
ブリスと云うコーティング剤を使って、いつも自分でやっています。
今日も、ブリスの専用の洗車用シャンプーで洗い、その後、ブリスでコーティングして、拭き上げました。
やっとピカピカになりました。
洗剤を入れて、一緒に噴射出来るものを使っていて、水の出方も変えられるので便利なものです。
ホースも、普段は縮んでいて、水を出して水圧が上がると3倍に伸びる、蛇腹の様なものを使っています。
結構、笑えますよ。
蛇口を開くと、ホースがムクムクと動き出して伸びて行きます。
最後、終わってから蛇口を締めて、ホース内の水を出してやると、またムクムクと縮んで行きます。

我が家の駐車場は、敷地の西側にあり、また地下に降りて行く様な感じになるので、どうしても空気が溜まります。
なので、いつもシャッターを少しだけ開けて抜いていますが、ついでにジャバジャバと洗い流しました。
家の周囲はやはり綺麗にしておいた方が運気的にも良いですし、何より気持ち良いですね。

しっかりと虫よけを全身に塗ってからやったので、蚊にも刺されないで済みました。
やはり、準備はしっかりしておくべきだなと。
これで、明日また綺麗いなった愛車で、気持ち良く道場へ行けます。

バナー

我が侭で良いんじゃないでしょうか

2014 - 09/26 [Fri] - 02:51

 我が侭と云う言葉は、悪い意味に取られる事が殆どだと思います。
子供の頃から、我が侭はいけない、我が侭を言ってはいけないと叱られますね。
でも、嫌なものを嫌と言って何が悪いのか、と子供の頃はいつも心の中で思っていました。
好きなものを好きと言い、嫌いなものを嫌いと言って、何が悪いと。
口に出しませんでしたが、態度には反抗的なものが出ていたと思います。
気に入らない時は、一言も口をきかず、返事もしなかったと思います。
一応、従っていますが、妻に云わせれば、学校の先生などはそう云う反抗的な気持ちは、ちゃんと見抜いているそうですから、先生達からすれば嫌な生徒だったでしょうね。
長ずるに連れて、色々な事を学び、今に到りますが、その我が侭は私の生き方のポリシーとなっています。
相談者にも、我が侭をお勧めしています。
コミュニティのルールは守らなければいけません。
そうでないと、周囲に迷惑をかけて仕舞います。
が、それ以外の部分では、自分の心に従っている方がストレスも少なくなるだろうし、自分らしくいられると思います。
良い意味での我が侭、在るが侭、自分の在るが侭を意識して行く事は、自分らしさと云うものを知る意味でも、周囲に対して自分を知って貰うと云う意味でも必要だと思っています。
人間関係に於ては、相互関係で自分を抑制する事も必要な場合があります。
が、程度問題で、必要以上に自己抑制してまで、その人間関係を維持して行く必要があるかどうか、熟慮した方が良いですね。
良く良く考えたら、その関係に意味がない、と云う事もあったりします。
平和主義、事なかれ主義は、ケースバイケースだと思います。

バナー

秋彼岸供養会、終了しました

2014 - 09/24 [Wed] - 02:51

 やっと今日、秋彼岸供養会を無事に執り行いました。
暫く前から、この日の先触れで気が逸って来て仕舞っていた御魂を叱りつけて待たせていましたが、今日やっと心を込めて御供養する事が出来ました。
沢山お出でになった御魂達も満足して貰えたと思います。
奠倶そして理趣経の祈りの中、凄い勢いで台風が通り過ぎたかの様な感覚があり、沢山の御魂に御供養が届いた事を実感しました。
また、沢山の方々にご参拝戴き、全員の真摯な祈りで更に祈りのパワーが上がったと思います。
昨日、突然PCがパニックを起して仕舞って、緊急でメンテナンスしましたが、時間がかかって仕舞って記事が書けませんでした。
今日は完全復活しています。
何だったのでしょうね?
聞けば、今日参加してくれたヒーラーの女性のPCも同じ様な現象になっていて、パッドも同じ様な状態だそうです。
復活していれば良いですね。
この涼しい時に、汗だくになりましたが、やって良かったと思える御供養が出来たと思います。
その後は、色々な話になって、多岐に亙り、気療もあり、いつも通りの何でもありの一日となりました。

バナー

消すぞ

2014 - 09/22 [Mon] - 03:22

 自分の事しか考えないで、後先考えないで、周囲の迷惑も考えずに行動するのは、生きている人間も成仏出来ていない御魂も同じです。
良い事をするにしても、悪い事をするにしても、人に頼るにしても、その影響を考えてやらないと、後で大問題となって仕舞います。
味方になる筈の相手が敵になって仕舞ったり、怒らせてはいけない相手を怒らせて仕舞ったり。
目に見える世界も、見えない世界も、礼儀と筋は同じです。
筋道と礼儀をわきまえていないと、誰も助けてくれなくなって仕舞います。
己自身の誇りを捨てて、下郎に己自身を貶めて仕舞ったら、誰も助けませんし、見向きもしません。
誇り高き者は、その誇りの為に時には命を投げ打っても闘い守ります。
祈りとは、そう云う覚悟で行なうものです。
受ける側も、性根を据えて受けて貰いたいものですね。
お彼岸の供養会が近いですが、我も我もと、待ち切れずに群がって来る、筋もわきまえない下衆な礼達には時に怒りさえ覚えます。
供養会の折に、しっかりと御供養させて戴きますが、それまで静かに待っていて貰いたいですね。
あまりしつこく五月蝿くされると、その日を待たず消し去ってやろうかとさえ思って仕舞います。
仏に慈悲はありますが、慈悲を受ける資格と云うものもあると思います。
自らの苦しみと願いのみしか意識出来ない下衆な魂に、その資格があるかどうか、人も御魂も良く考えて貰いたいと思いますね。
(今日のメッセージは、生きた人にと云うよりも、見えない御魂に向かって書いています。)
品性下劣は、最も嫌う所であり、それは御魂にも云える事です。
馬鹿は死ななければ直らないと良く云いますが、人は亡くなっても同じ人ですから、馬鹿は死んでも馬鹿ですし、性根の悪い奴は死んでも同じです。
生きている内に修行して修整しておかなければ、亡くなって御魂になった後に修整する事は、非常に難しいと云えると思います。
ですから、良い生き方をして、自分を高めておきたいですね、生きている内に。

バナー

契約を急がせる場合は疑ってみましょう

2014 - 09/21 [Sun] - 02:43

 都内でお墓をすと、かなり高額である事が解ります。
元々、お墓と云うのは、敷地を借りるのですから、正確には購入とは違う性質だと思いますが、何十年、何百年と使用させて貰う事を考えれば高額であるのも致し方ないのかなとも思います。
そこに設置する墓石は別料金と云う場合が多いですから、お墓を持つのも大変な事になって仕舞いますね。
とは云え、お墓は亡くなった方の御遺骨を長く安置する場所でもあり、大切な祈りの場でもあり、散骨等の場合を除いては、必要であり、大切なものです。
が、供養と云うのは、御先祖の御供養をして、亡くなられた方々の彼岸での安泰を願うものですが、祈る側の遺族や子孫も幸せで安泰にならなければ意味がなく、本質から外れます。
御先祖様と繋がりを持つ事で、守って貰ったり、示唆を与えられたり、互いに一緒に幸せになろうと云うのが供養と云うものです。
そう考えると、余りに高額で、お墓を購入したせいで不幸になったり、莫大な借金を抱えては本末転倒と思います。

高名な占師の女性が、どこかの墓石商と組んで、相談者達に供養が大切と説いて、高額な墓石を売りつけていたのは有名な話ですが、人々の祈りの気持ちにつけ込んで高額な墓石や墓地を売りつける商法は未だに存在する様ですね。
墓石の種類や、墓地の場所によって一概には云えませんが、一応の相場の様なものはあると思います。
余りに高額であったり、契約を急がせる様な言動や、現金での取引を要求したりする様なら、疑ってみても良いかもしれないですね。
御供養はとても大切です。
が、高額な費用などかけなくても、しっかり心が篭っている純粋な祈りがあれば、それで充分です。

バナー

言葉の違いは意味の違い

2014 - 09/20 [Sat] - 02:42

 自分を労る、親を労ると云いますが、労ると云うのは甘やかすのとは違います。
ただ優しくして、何もさせず、心も身体も甘やかせる事が労ると思っている人に良く会いますが、それでは余計に色々な負担を生み出して行く要素を自ら作り出すのを放置している事になります。
運動して体重を減らせば楽になるのに、もう年だからと身体を甘やかせて、好きなものを好きなだけ食べさせて、心配だけしていても、それは労っている事にはなりません。
放置しているだけです。
疲れているからと、ただ休んでばかりいても、その場は良くてもまた繰り返すだけです。
厳しい様ですが、疲れている時こそ少し運動して、少しずつでも鍛えて体力をつけて行かないと、同じ事ばかり繰り返す事になって仕舞います。
鍛えて体力がついてくれば、そう云う疲労感も減って来ます。
労りと優しさと甘やかし、間違いやすいですが、良く考えたいですね。
叱らない子育て法とか、ただ叱らないだけでは駄目で、上手く誘導してやる必要があります。
怒ると叱るは違いますが、子供が公共の場でやってはいけない事をしても、叱らない親も多いですが、わきまえは躾けて行かなければ、親もその子自身も困る事になって仕舞います。
苛めなんてものは、昔からありました。
私もその被害者だったですが、何をして良いのか、何をしてはいけないのか、親がしっかり教えないと、困るのはその子自身ですから。
私を苛めたその当時の子供達、ちょっと困った結果になって仕舞いました。
親が教えない事を、苛めた相手から教わった訳ですから、余り嬉しくない事になって仕舞いましたが、仕方ないですね(苦笑)
日本語が難しいのか、ちょっとした違いが大きな違いに繋がると云う事を良く考えておきたいですね。

バナー

被害者意識を捨てて

2014 - 09/19 [Fri] - 02:41

 被害者意識の強い人は、ある意味で執着が強い人と云えるかもしれないですね。
何年経っても、その時の被害者意識が消えず、何かと思い出しては人にその時の話を延々して、時には恨み言になって、自分の正当性を主張し始めます。
何年も前の事ならば、今更そんな事をほじくり返しても、過去は変わりません。
そんな事で名誉挽回しても意味がないでしょう。
その時よりも自分が光っていて、人に認められる様な生き方をしている方が、過去の正当性を口にするよりも有効な方法だと思いますが。

何かの事件があった時、相手の非難をして、自分の正当性を主張する方も多いですが、良く良く考えてみると、実は相手と自分は同じ立場だったと云う事もあります。
冷静に聞いていると、何だか変、とそこにある見逃しそうな、聞き逃しそうな矛盾が目の前に浮かんで来ますね。

何れにしろ、何かが起きた時、相手だけが全部悪くて、自分には何の否もないなんて事はありません。
少なからず、そこに目には見えなくても、責任があったりするものです。
過ぎ去った過去は過去として流して行かないと、自分の心はいつまでも安らぎませんし、長い年月それを聞かされている周囲も迷惑でしょう。
現在の事象での事であれば、争い事は感情ではなく、冷静に戦略を錬ってやるべきものです。
そこに優越感や被害者意識などがあれば、判断を間違えて仕舞います。

感情豊かなのは、時として魅力的であり、人間の美徳だと思いますが、そこに引っ張られ過ぎていると、自分も周囲も楽しくない事になりますね。

バナー

生涯かけて

2014 - 09/17 [Wed] - 02:42

 空手も、心の世界も、何十年もやっていますが、未だに色々と発見があります。
どちらも、とっても奥が深く、また追求しても追求しても、次のステップが見えて来ます。
だから、飽きもしないで、ずっと何十年も続けて来れたし、これからもその道を歩いて行くのだろうなと思います。

修行で用いる作法にも形と云うものがあり、その形は腕や肩から完全に脱力して、背中や腰の筋力を使う事で、美しい作法が出来上がります。
その姿勢を取ると、自然と呼吸は腹式から、全身呼吸へと変化して行き、重心も下へ下って自然と点殿に力が入ります。
そうすると、不思議な事に心も鎮まって行きます。
ストーンと落ちて行く感じで、身体も心も力みが消えて行きます。
脱力していながらブレない状態が出来上がって来ます。

形にばかり拘って作法を論じても意味がありません。
本当の意味を知って行く事で、完全な状態を招きます。
作法に心が通うと云うのは、そう云う意味もあったのだねと大切にして行きたいですね。

 空手でも同じです。
ただ拳を付き出せば良いと云う事では、空手になりません。
逆の腕の弾き手やねじり、体幹の姿勢、足の位置等、全てがリンクして動いた時に、本当に空手の突きが打てます。

日本的な本来の動きは、如何に力を出さないで大きな力を出して行くかと云う事です。
現代の動きは、力を入れて大きな力を出そうとする動きです。
力を入れないで大きな力を出して行く為には、正しい立ち方と正しい姿勢、正しい呼吸が必要で、それらが全てリンクして一つの流れにならなければなりません。
そこに心の状態も当然関係して来ます。

色々と研究しながら、自己確認しながら追求して来ましたが、まだまだ永遠に続きそうな気がします。
深いですね。
だから、面白いですね。

バナー

御供養しましょう

2014 - 09/15 [Mon] - 02:26

 ここ数日、母の所に亡くなった母の妹と姉が出て来ている様です。
もう30年以上前、母が全く食事が出来なくなって、誰が見ても癌だろうと云われる程、痩せ細った事があります。
その時、私にとっては伯母となるなる、母の妹、子供の頃に良く遊んで貰っていて、綺麗な人だったので、父が当時嘱託で働いていた大映映画にスカウトされた事がある様ですが、父が断ったそうです、その伯母が母に憑依していた様で、私は東京で離れていましたが、ある日、突然に使っていた数珠がまるで吹っ飛ぶ様に千切れた事がありました。
その日から、母は回復し始めて、健康を取り戻した様でしたが。
その頃、私が修行していた真言宗のお寺で、そのお寺の庵主さんに護摩を焚いて戴き、御供養をした事があります。
それで成仏したと思っていましたが、残念ながら、未だ彼岸ではなく、こちら側にいた様です。
他家に嫁いで亡くなった事もあり、私の先祖の御供養から外れていました。
もうすぐ回忌が近いのでしょうか。
かなりの年数が経ってから、突然出て来た様に思います。
確か、胃癌、それも悪性のスキルスだったと思いますが、術後の経過が良くなくて亡くなったと聞いています。
もう一人の伯母、こちらは数年前に亡くなっていますが、こちらも他家に嫁いでいる事もあり、御供養から漏れていました。
子供達も、もう還暦位になるでしょうか。
残念ながら、どちらの家もしっかりと御供養する様な人達ではないので、私の所へ頼って来たのでしょうか。
何れにしろ、頼られた以上は、しっかり御供養して成仏させて戴きます。
あの時、庵主さんに祈って戴いたのは、除霊しか出来ていなかったのですね。
今頃になってですが、ガッカリしたのと、少し怒りも感じて仕舞います。
ま、過去は過ぎ去ったものですから、それよりもやるべき事をしっかりやります。
どちらの伯母も、私は可愛がって貰いましたし、親戚付き合いの好きではない私が、心を開く事が出来た数少ない伯母達ですから。
今頃になって、こんな事が出て来るとはお恥ずかし限りです。
今度のお彼岸の供養会で、しっかり彼岸へ渡って戴きます。


バナー

安易に流されないで

2014 - 09/14 [Sun] - 03:28

 テニスの錦織選手の凄い試合が話題となっていますね。
彼の勝負への拘り、あの体力、確かに凄かったと思います。
が、人は結果しか見ないなと思います。
結果を残したから、世は彼の今までの努力や、そこに到るまでの経緯を振り返って感心しますが、どんな選手でも同じ様に努力し、才能を開花させようと日々奮闘しています。
結果を残せなかった選手には見向きもしない、時には足蹴にする様な言動を取る事さえあります。
自分がやりもしないのに、一方的な批評家は人間として如何なものかと思いますが。
結果を残す選手達に憧れるのは良いと思いますし、確かにそこに夢もあれば、そこから元気や勇気を貰える事もあります。
が、それ以外の選手に対する冷淡な態度や言葉は、自分でやってから言えと思って仕舞いますね。

 人が生きて行く上では、そこまで到る人生もあれば、歩いて来た道もあります。
目の前の今の姿しか人は見ないですから、そこだけで判断して、良い人とか悪い人とか賢いとか愚かとかレッテルを貼って仕舞うものです。
が、育った家庭環境や、出会って来た教育や人、そう云うものの影響を受けながら、人は自分の道を歩いて行きます。
一方的に、自分の価値観だけで人を簡単に誉めそやしたり、批判したりするのは、自分が薄っぺらい思考しか持っていないと露呈している様なものです。
その人の持つ、歴史や背景を少し意識して考えて行くと、どんな人であれ、そう云う人になるにはなるだけの必然があると解ります。
人類性善説等と云うものは嘘っぱちで、生まれながらの悪人も確かに存在します。
が、それでも環境や出会いによって、善人になって仕舞う事も多いと思います。
また、善人として生まれても、逆に悪人になって仕舞う事もあります。

 スポーツを始め、試合とか試験とか、結果が出て、目に見え易いものは、ついそこに目を奪われて仕舞い勝ちですが、何だかなぁと思って仕舞う事も多いですね。
フラットな気持ちで人を見て行きたいですね。

バナー

現実的に拘って御相談に乗っています

2014 - 09/13 [Sat] - 02:56

 私の仕事は、困った方々の問題解決のお手伝いをする事ですが、困って相談にお出でになる方の殆どは、八方塞がりの様な気持ちになって、焦って仕舞って、思考も混乱して仕舞っている場合が多いですね。
ですから、落ち着いて話をして貰って、順を追って整理して行くと、もう仕事は半分以上終わったも同然と云う事もあります。
思考が整理されて、気持ちが鎮まって冷静になって来ると、私がアドバイスするまでもなく答が御自身の中に浮かんで来ていると云う事もあります。
ですから、私がこう云う方法で、こう云う手順で解決して行きましょうとお話すると、すぐに納得して頷かれる方が沢山居られます。
時々、それだけでは解決しない様な込み入った事情があったり、霊的な影響が出ている場合は、それに合わせて、必要な処置をして行きます。
供養が必要なら御供養を、浄霊が必要なら浄霊を、気療が相応しいと思えば気療を行ないます。

御相談者さんも私も現実社会で生きていますから、霊的、スピリチュアル的な側面だけで物事を考えて答を出しても、現実社会には通用しない場合が多いと思います。
私自身、若い頃に、沢山の能力者の方々にお会いして来ましたが、そっち方面の考え方一辺倒で非現実的な綺麗事の様なお答えばかりで失望した事も多かったですから、現実的、実質的なお答えとやり方に拘って来ました。
時にはイレギュラーな手法や考え方も、現実的に問題を解決して行く為には必要な場合もあります。
感情ではなく、冷静に戦略を立てて、確実に問題解決する道筋を見つけなければいけません。
TVで一時有名になったスピリチュアル・カウンセラーの男性能力者が出てから、そう云うカウンセリング的な手法を取られる方も増えた様に聞いていますが、未だに感覚だけで仕事をなさっている古臭くて前時代的なやり方をされている方も沢山居られる様ですね。
神のお告げだけで全て解決して行ける程、人生は単純ではありませんから、その時その時、必要な手法を用いて現実的に解決して行きたいですね。
その為には、横の繋がりも必要です。
病であれば、まず医療の方へ、法律的な問題は法律家へ、その道その道の専門家を頼る事も必要ですから、その相談の仕方はお伝えしてそちらへ相談に行く様にお伝えさせて戴いています。
身体を鍛えるなら、私はつい空手をお勧めして仕舞いますが(笑)
人によって、向き不向きはあるので、他の武道をお勧めする事もありますが。

バナー

疲れる事は止めましょう

2014 - 09/12 [Fri] - 02:54

 人を批判したり、相手が年上や立場が上の人に向かって対等な言葉を使ったり、高圧的な態度を取る傾向のある人を良く観察していると、実は本人の中に何かに対する劣等感や、それに付随するものでしょうが被害者意識の様なものを感じる事が良くあります。
被りが酷い時や、憑依現象の時にも同じ様な事は起きますが、先祖からの御供養の要求が強い時などにも同じ様な事が起きます。
理性が抑圧されて、情動的・感情的になる事によって起きる事ですが、周囲の人に取っては余り好ましくない言動に映って仕舞い、評価を下げる事になって仕舞います。
どんな場合でも、理性でコントロールして、最低限のマナーは守る様にしたいものですね。
また、そう云う場合には、自身の不都合や不具合の原因を他に責任転嫁する傾向も強まります。
物事が起きるのには、全て他人のせいと言い切れるものではありません。
少なからず、自分にも責任や原因があったりするものです。

 自分以外のもの、特に自分が関わりのない事柄について、評価して意見を述べるのは悪い事ではありません。
そう云う意識を持つ事は大切でもあると思います。
が、上から目線で批判するとなると、ちょっと違いますね。
他からみると、そんなに偉いのか?と云われて仕舞います。
冷静な目で見ると、何かの八つ当たり?と思えて仕舞います。
弱い犬ほど、良く吠えると云いますが、昔から言い伝えられている諺も、あながち間違っていないなと感じます。

肩ひじ張って生きるのも、一つの生き方ですが、そこに無理矢理感を感じると、それは拘りではなく、一生懸命にやっていればいる程、お疲れ様と哀れになりますね。
自分の拘りで自然にやっているのであれば、周囲も自然と受け入れてくれます。

何れにしろ、人格者は余り人の批判はしないものです。
強くなればなる程、穏やかになるものだと思います。
空手の世界には、私もお付き合いさせて戴いたり、Facebook等で繋がらせて戴いている師範方には、それはそれは凄いコワモテも居られますが、皆さんとても柔和で懐の深い方ばかりです。
本物は、こうあらねばと、私の方が年上ながらも学ばせて戴く事も良くあります。

肩の力が抜けて来た方が、深みもあり、魅力的ですし、楽ですね。

バナー

今日も練習

2014 - 09/10 [Wed] - 03:39

 今日も大汗をかいて来ました。
窓を開けると確かに涼しい風が入って来ます。
ですが、練習が終わったら、汗でグッショリ濡れた胴衣は中々脱ぐ事が出来ません。
重量も倍近くなっているのでしょうね。
なので帰りのバッグは、凄い重さになって仕舞っています。
それぞれ、故障があったり、体調が万全じゃなかったりしますが、それを上手く調整しながら練習は続きます。
動けなくても、動ける所を探して動かして、気持ちと身体をリンクさせながらやる練習は何故か楽しいですね。
笑顔になる様な楽しみもありますが、汗だくになりながら、真剣な顔で取り組んで行く楽しみ方もあります。
年々、日々、衰えて行くのを感じますが、その中でも出来る事を意識してずっと続けて行きたいですね。
練習後は、気が上がっていて、中々火照りが取れず、また頭痛がしたりしますが、そのお陰でどんどん気がアップしている様に感じます。
気が強過ぎて、手などに溜まると痺れが出て仕舞います。
まるで放電している様な感じですね。
それでも空手は止められない、病気ですね(苦笑)

バナー

必要な情報は開示してあげましょう

2014 - 09/09 [Tue] - 03:41

 子供の場合は、人から嫌われると云うのは大問題になる事があって、心に傷になったりする事もあったりします。
嫌われて無視されるとか、そう云う苛めもありますし。
大人でも、同じ様な場面があったりして、昔で云えば村八分(昔過ぎるか?)と云う、その村では誰も言葉も交わさず、物を売り買いする事も出来ないと云う酷い仕打ちがされていた事があります。
今では、会社でリストラ対象者に、仕事を与えず、窓際に追いやると云う手法が取られていて、結構やり方としては卑劣だなと思いますが。
それならいっその事、何らかの理由をつけて解雇して仕舞った方が良い様にも思いますが、不当解雇等と騒がれたりしても面倒ですし、窓際戦法を取らざるを得ないと云う事もあるのでしょうね。
これらは、極端な例ですが、普段の人間の付き合いの中で、自分らしく生きていれば誰でも好いてくれる人もいれば、嫌う人もいるのが当り前です。
逆に、いつも人から嫌われない様に、批判されない様にと、周囲を気にし過ぎる余りに自分を抑制して、自分を表に出さない様にしている人もいますが、これは却って人から敬遠されたり、嘗められたりする結果になる事が多いものです。
自分を出さないのですから、周囲の人にしてみれば、どんな人か理解出来ないし、不気味な存在になって仕舞ったりします。
また意思疎通が出来ないのですから、一方的な思い込みを生み出し易く、それがそのまま評価に繋がって仕舞ったり、自分が思っているのとは全く違った方向へ行って仕舞い勝ちなものです。
ある程度ですが、自分を表に出して、自己主張しておかないと、人は理解してくれません。
何でもかんでも自己主張が強いと、今、芸能界で話題になっている、女優?かタレントか解りませんが、E女子の様になって嫌われて仕舞いますが、円滑な人間関係を営む為には、賛否はあるのが当然と思って、中には嫌う人がいるのも当然と思って、自分の思いや情報は知らせてあげる必要があります。
極端に嫌われる様な事があっては、日常生活でも死活問題になりますが、嫌われても大した事はないと開き直っていると、案外その様な事にはならないものです。
中には傲慢だとか、偉そうだとか言う人もいて、嫌う人もいるでしょうが、だからどうした?と云う気持ちでいると、時と共にそう云う波風も鎮まって行きます。
いざと云う時は、胸を張って、性根を据えて闘えば良いだけの事です。
有利に戦う為に、その時はしっかり戦略を立てましょう。
が、萎縮していても、人生楽しくないですね。
自分らしく、表現方法やタイミングは考えるとしても、云いたい事を言って、やりたい事をやって生きたいですね。

バナー

闘う事の本当の目的

2014 - 09/08 [Mon] - 04:25

 どんな技術も、知識も、そして武道でも、全ては幸せになる為、平和の為に存在しています。
それが、どこかで間違って、その持てる攻撃性が特化されたかの様に独り歩きして仕舞って、軋轢や敵対へと進んで行きます。
私も長年、空手を中心として武道をやって来ましたが、本来は相手を倒す為のものであり、そこには命のやり取りを意識して練習します。
が、本来の目的は、勝つ為ではなく、負けない為のものであった筈です。
理不尽に対して、自分や大切な人を守る為の技術が武道の本質であると思っています。
各国に存在している軍隊も、本来は自国の領土や国民を守る為に生まれたものであると思います。
それが、その攻撃性を違う目的に用い始めた所から、軍隊の意味も存在意義も変わって仕舞って来たかもしれません。
祈りも、本来は願いを叶える為ではなく、悪い事が起きない様に、自然災害や理不尽な事から守る為に祈ったものです。
それが、祈りの力を己の欲を叶える方向へ用い始めた所から、祈願の意味が変わって仕舞った様に思います。
和を持って尊しとするのは、人間社会に於ける基本的な理念である筈で、決して昔の日本の思想ではない筈だと思っています。

現代社会を見ていると、どこでもかしこでも、批判と悪口に溢れていて、敵対関係に溢れていて、とても殺伐としたものを感じさせられます。
身を守る為に、相手と闘うにしても、それは闘う事が目的ではなく、平和の為に打ち勝つ必要があるからです。
知識も教育も、科学技術も、論理的な思考も、そして格闘技も、勝つ為ではなく守る為、平和を維持する為に、深くその目的と思いを良く吟味して、しっかり身に付けておきたいですね。


バナー

霊体験を重視し過ぎない様に

2014 - 09/07 [Sun] - 02:33

 御相談者さんのお話を伺っていると、世の中には思いの他、霊体験をされている方が多いのかもしれないなと思います。
霊なんか信じないと云う方も多いですが、そんな方でもお話を聞いていると、亡くなった身内が出て来たとか霊体験をしていて、その事自体は信じておられるなんて事もあります。

本来、人間も動物ですから、そう云う能力は持っている筈です。
が、現代社会の教育や常識と云うものに洗脳されて、そう云う感覚を無意識に遮断して仕舞っている事で、能力が衰えて仕舞っている場合が多いのだろうなと思います。
が、気持ちが沈んで仕舞ったり、極度の疲労や、飲酒等で、自意識が低下して仕舞った時に、本能が働いて、感覚が上がって体験をする場合があるのでしょうね。
それが、本当の体験か或いは妄想か、それは検証してみなければ何とも云えませんが。

TVで話される様なオカルト話や怖い霊体験の話等は、創作の場合が多く、また実体験だとしても、その時の特殊な条件によって起きた軽い錯乱状態や催眠状態から生まれた妄想である場合が殆どだろうと思えます。

色々な霊体験をした方のお話を聞いて検証して行くと、そう云う極端な霊体験はゼロとは云いませんが、そんなにあるものではありません。
霊とは云え、相手も身体がないだけで同じ人間ですから、余程根性が悪いか、錯乱状態になっていない限り、そんな極端な事はしないものです。

一方的に知識もないのに、そう云うものを否定して仕舞う方もいますが、それはその方の考え方で良いとして、無闇と霊体験を重要視したり、大袈裟に考え過ぎて引っ張られるのも問題です。
霊体験はやはりネガティブな場合も多く、身心に負担をかける事も少なくないですから。
特別に何か心に響くものがあった場合は、専門家の力を借りて解明する方が良いと思いますが。
忘れて仕舞った方が良いものも多いと思います。
霊体験をしたからと云って、そこに特別な意味を持たして仕舞うのは、時と場合によるでしょうね。


バナー

夢の持ち方

2014 - 09/06 [Sat] - 02:06

 大人になるに連れて、段々と常識と云うものが身に付いて来て、現実の厳しさを知って行く中で、色々な事を妥協したり、諦めたりして行くのが大人とされています。
そんな中でも、夢を捨て切れず、追い求め続けて、成功する人、辿り着かずに落ちて行く人、色々います。
夢は、それを実現する事は勿論ですが、実現しようと頑張って行く道筋が人を輝かせ、その人自身を充実させて行きます。
夢を実現するに相応しい人間になった時、人は夢を実現するのかもしれないですね。
色々な経験をし、知識を広げ、視野を広げて、一歩一歩、運に任せるのではなく、ただ待つのではなく、引き寄せる、近づいて行くと云う生き方の中で、自分自身の器を大きくして行き、その夢に相応しい人間力とか器を持った時に、人はその夢を実現出来るのだろうと思います。
勿論、夢は叶えて実現して終りではありません。
そこからまたスタートです。
夢のまた夢、夢は実現して終りではなく、さらに夢のスケールを上げて行く事が大切なのでしょうね。
夢は実現したけど、こんな筈じゃなかったと云うのは、持っていた夢のスケールが小さいのかもしれないですね。
夢は壮大で、実現不可能な程、大きな夢を持ちたいものです。
そうすれば、一生かけて、その夢を追い続ける事が出来ます。
簡単に実現出来て仕舞うものは、夢じゃなく、目標です。
歌手になりたい、それは夢であっても、なって終りじゃないですね。
世界一の歌手になりたいとなれば、大きな夢ですね。
自分の歌で世界を感動させたい、もっと大きな夢かもしれないですね。
歌で世界を変えたい、凄い夢です。
そんな風に、発想を変えて、どんどん大きな夢を生み出して、向かって行けたら良いですね。

バナー

持てる能力を総動員して

2014 - 09/05 [Fri] - 04:03

 一言で修行と云っても、色々とあります。
所謂、荒行、肉体を酷使して、限界に挑戦して行くもの。
そして、静の行、禅の考案の様に、一つの事をひたすら思考し、思索する、また瞑想や、祈願や供養などのない純粋な祈りとしての勤行。
また、人の里での修行。
修行にも色々あり、それぞれレベルと云うものもあります。
次々に修行を課して行をこなして行くのは、大変辛い事ですが、見方を変えれば行をやってさえいれば良い訳で、凄い事ではありますが、そこには大きな壁があります。
静の行をひたすら続けて行くと云うのも、じっとしている訳ですから、楽な様に見えてこれもまた厳しい修行です。
が、意志をしっかり持っていないと、幻想や妄想の世界へと向かって仕舞います。
また、基礎体力がないと、じっとしている事にも耐えられません。
どちらにしろ、精神と肉体の強靭さは必要ですし、強い意志がなければ続けられません。
また、武道の世界にもありますが、秘伝書の存在。
これを読み解くのは並大抵の事ではありません。
秘伝書と云うものは、基本的には許された者しか目にしないものですが、万一、許されざる者が目にしたとしても、その意味する所は簡単には解らない様に書いてあります。
そのレベルや境地に達した者でなければ理解不能です。
殆どの場合、その記述は大変に簡明で、その文体も詩編の如きものである事が多いものです。
その詩編から何を読み取るか、その境地に達し、また詩編からその文字の持つ世界観を読み解く思考が身に付いていなければ、何を書いているのか全く解らない事になって仕舞います。
たった一文の秘伝の言葉を読み解くのに、数年もかかって仕舞うと云う事もあります。

目に見える修行は、大変ですが、その先にある目に見えない部分を感じ取って行かねば、大きな壁を越える事は出来ません。
本質は、常に目の前にありますが、そこに到達するには、肉体的にも精神的にも、全ての能力を総動員して行かなければ、見えて来ないものです。

バナー

道場は変わらず暑かったです

2014 - 09/03 [Wed] - 02:50

 今日も練習に行って来ました。
昼間は暑かったですが、夕方になり涼しくなって、愛車で道場へ向かう途中、雨が降り出しましたが、道場へ着いた時には止みました。
道場の中へ入るには、階段を上がるのですが、階段の途中から明らかに気温が違っていて、案の定、中へ入るとそこは蒸し風呂でした。
練習自体は、それほどキツイものではなかったのですが、湿気と暑さで汗だくになりました。
帰りに外へ出ると、階段を下りている時、また途中から気温が変わり、涼しかったです。
外は、凄く涼しく、引かない汗が一気に引いて行くのが分りました。
こんなにグッショリと汗をかく事って、道場以外ではありませんから、有難いと云うか何と云うか(苦笑)
体調に依って、途中朦朧として仕舞う事さえありますが、お陰で同じ年代の人に比べたら体力はあるかもしれないですね。
帰って、入浴しても、暫くすると身体の火照りが戻って来て仕舞います。
明らかに熱中症の症状ですが、身体を緩めていると、段々と冷えて来ます。
既に、筋肉痛も出て来ていますし、反応が早いのは良いですが、また胸囲が増えて来ている様に思います。
特に筋トレもウェイトもやっていないのですが、練習だけで筋肉量が増えて行くと云うのは、正しい動きをしている証拠か、と思っています。
とは云え、余り増えると洋服が合わなくなるので不経済ですから、困りますね。
今日は足の調子が悪かったのですが、何とか最後まで問題なく練習する事が出来ました。
明日の伝授で、また内弟子に診て貰おうと思います。


バナー

精神を疲弊させる様な風潮

2014 - 09/02 [Tue] - 02:36

 良く聞く事ですが、ネットの書き込みで炎上したり、批判や否定のコメントが出たり。
また、TVのニュースでも、ネットのニュースでも、矢鱈と否定論や批判の記事が多くないですか。
余り心地良くないですね。
人の為す事や言動に対して、批判的で否定的であれば文化人であるとか、偉いとでも思っているのでしょうか。
まず否定ありきの考え方ややり方は、精神を疲弊させて仕舞う様に思います。
人間、それぞれ一人として同じ人間はいないのですし、生き方も考え方も違って当りまえです。
正しいか間違いか、白か黒かと、すぐにレッテルを貼りたがるのは、受け狙いか、また視聴率狙いか、何れにしろ下賎で品性下劣に感じます。

人生を楽しく生きよう、今日を精一杯生きようと思う時、まず何事も受け入れて肯定して行く所から始めると良いですね。
別に迎合する必要もなく、無理して周囲に合わせる必要もありません。
が、そんな事もあるさ、そんな考え方もあって良いと、肯定して行く事で、自分以外のものとの距離感も保てる様になったり、我関せずとやり過ごす事が出来る様になって来るものです。
何でも、自分と無関係な事まで首を突っ込んで、意見を述べたりしようとするから、変な軋轢が生まれたりします。
余計なストレスを自ら呼び込んでいる様なものです。

昔から、貴人は噂話には乗らないと云いますが、何でもかんでも無関心でいろと云う事ではなく、最初に否定ありき、批判ありきと云うのは止めた方が良いと云う事です。
情報が簡単に手に入る世の中になって、そう云う心地良くない情報が蔓延している様に思います。
互いに受け入れ合う事で争いも減り、円滑な人間関係も構築されて行くのではないかと思いますが。
出来るだけ、そう云う精神を疲弊させる様な情報からは、身を遠ざけていたいですね。


バナー

八月も終わって仕舞いましたね

2014 - 09/01 [Mon] - 01:33

 八月が終り、九月になりました。
月後半は急激に気温が下りましたが、また上がる様です。
残暑はまだ残る様ですね。
とは云え、朝夕はかなり涼しくなっています。
風邪をひかない様に、気をつけて下さい。

九月はお彼岸の月ですね。
七月から続く供養月もこの月で終了です。
締め括りですし、しっかり御供養しましょう。
そのせいか、何だか御供養のお話が色々と聞こえて来ます。
目に見えない世界を信じない方でも、御先祖の御供養はしっかりやっていると云う方も沢山おられます。
霊魂を信じるとか信じないとか、そんな事とは関係なく、日本人としての基本的なアイデンティティでもありますし、人としての筋として、大切にして行きたいものです。
命を与えてくれたのは神かもしれませんが、肉体を与えてくれたのは間違いなく御先祖様から受け継がれて来た血ですから。
良い人生か、辛い人生か、それは自分次第。
この世に存在する事が出来る事に感謝して、しっかり祈りたいですね。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR