感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2014年08月  

問題解決は常識を捨てて

2014 - 08/31 [Sun] - 03:15

 物事の本質を見つめて行く時、常識が邪魔をすると云う事は良くあります。
ドラマのサスペンスやミステリーではないですが、こんな事はあり得ないとか、こうであるに違いないと云う常識や固定観念が真理を覆い隠して仕舞う事は良くあります。
人は、固定観念や既成概念に縛られて生きていますから、何事に対してもそう云う目を捨てる事が出来ず、違った視点で物事を見る事が難しかったりします。

悩み事がある時、また問題の渦中にいる時、そう云う概念や視線が邪魔をして、問題解決の糸口が見えず八方塞がりになった様な気分になる事があります。
然し、第三者的に俯瞰図で見てみると、何だこんな事かと実は簡単に答が見えたりする事もあります。
私の仕事は、そう云う部分もあり、混乱した思考を整理してあげて、高ぶった感情を鎮めてあげる事で、御自身の中に答が見えて来る場合もあります。
大抵の事は、問題解決の答は、ご本人の中にあったりするものです。
第三者だから解る事もあれば、ご本人しか解らない事もあります。

常識を捨てて、非常識な生き方をすると云う事ではなく、そう云う目線を持つと云う事は、冷静な判断力を持つと云う事でもあります。
真実は常識を越えた所にあると、シャーロック・ホームズが言ったかどうかは解りませんが、現実は小説よりも奇なりと、昔から言いますからね。

バナー

スポンサーサイト

やり方は色々ですが

2014 - 08/30 [Sat] - 02:22

色々な御祈願の依頼や、ヒーリング等の御依頼を受ける事があります。
能力者の考え方によって、やり方は色々あると思います。
自然のパワーや、神仏の力を呼んで、癒しを祈るとかエネルギーを送るとか。
私はある意味超現実的なので、具体性をそこに求めます。
具体性と論理性、そこに拘って来ました。
この場所にエネルギーを与えてこうなったら、次にこうなる、だからこう云う手法で行なうべきだと。
内弟子の能力者達にも、医学的解剖図の勉強はさせてあります。
ただひたすらに奇跡を願ってと云うのもありだと思います。
が、その不確定性と漠然とした、根拠のなさは、プロとして仕事をする上での不安要素に思えます。
理屈抜き、根拠等なくても、確実に絶対的に奇跡を起せるのであれば、それはそれで善しと思います。
自分が祈るのだから、ヒーリングするのだから、効果は絶対であると云う確信と自信は、仕事をする上で不可欠だと思います。
が、だからと云って非現実的で漠然としたものの持つ不確定性は、私の好みではないと云えばそれまでですが、何か違う様に思えます。
然し、幾ら現実的に具体性と論理性を重んじて行なっても、その予想を越える事が起きる事もあります。
予想以上に効果が出たとか、予想よりも効果が出るのが遅いとか、或いは効き過ぎて仕舞って副作用が出るとか、そんな時に慌てないで対処する為にも、根拠と論理性は必要だと感じます。

世に様々な癒しの手法があり、願いを叶える道筋があります。
そのどれでも、人が幸せを感じられるなら、何でも善しと思います。
それぞれの相性と云うものもありますし、どれが正しい、どれが間違いと云う事はありません。
依頼を受けて行なう側が、どれだけ真摯に向き合って行くか、でしょうね。


</p>
<div class=

御縁日の祈りと、御先祖様の御供養

2014 - 08/29 [Fri] - 02:39

 今日は不動明王の御縁日で奉経しました。
毎月、神様の御縁日、お釈迦様の御縁日、観音様の御縁日、不動明王の御縁日と、毎週の様に祈りの日を設けていますが、毎回、皆さんお参りにお出でになります。
今日もそこそこの人数がお出でになりましたが、昨日の伝授に参加した内弟子も2名やって来ました。
朝までやっていたので、そんなに眠っていないと思うのですが、健気なものだなと思います。

今日のお参りは、参加者の御先祖様もお出でになり、ついでと云っては何ですが、御供養も同時に行ないました。
不動明王と云うのは、大日如来の変身した一つの姿で、怒りの姿を呈して居られますが、その内実はとても慈悲に溢れています。
無闇矢鱈と炎で燃やす訳ではなく、剣で切り刻む訳ではありません。

昔から、顔の怖い人ほど優しいと云われますが、その典型の様なものですね。
優しい外見の観音様や地蔵菩薩の方が、実は遙かに苛烈で、怒ると恐ろしいと云われます。
人に限らず、仏でも、神でも同じですが、見かけによらないと云う事でしょうか。

御先祖様も、古い何代も前の御先祖様となると、誰も覚えている人もいなくなって仕舞って、お墓参りしてくれる子孫もいなくなって仕舞ったり、さぞ寂しい事でしょう。
成仏されていなければ、俗界の意識も未だ残っているでしょうし、そうなると供養してくれる子孫を探し求めて、そう云う子孫の所に辿り着いたら、要求も強いのは当り前かもしれないですね。
生きている側からすると迷惑な話と思う事もありますが、御先祖に選ばれて徳を積めると思えば有難い事でもあると思います。
その方達がいたから今の自分が存在する訳で、迷惑がらないで、心を込めて御供養して行きたいものですね。

バナー

道場で不思議な事が

2014 - 08/27 [Wed] - 02:45

 今日も道場へ行って来ました。
昼間の仕事で、ちょっと除霊をやったので、体力不足で疲れましたが、被りはスッキリしました。
外は涼しく、道場の中はしっかり暑かったですが、例によって参加メンバーの殆どが黒帯、そして茶帯の妻、緑帯の私の内弟子の男性でした。
始まった時は、師範と私と妻だけでしたが、徐々に増えて、然し来るのは黒帯ばかりかと思っていた所、緑帯の内弟子君登場。

 が、練習が終わって、道場を拭き掃除していた所、転々と血の跡がありました。
誰かスパーリング中に怪我でもしたかと思いましたが、全員に聞いても誰も怪我していませんでした。
もしかしたら、姿の見えない人が参加していたか(笑)
そんな気配も感じませんでしたが、不思議な事があるものです。

 帰りは涼しくて助かりました。
今回だけかもしれないですが、少しずつ秋になって行くのですね。
来週はまた暑くなるのでしょうか。
修行は続きます。

バナー

機種変と昨日の月例会

2014 - 08/26 [Tue] - 02:31

 まだ、数カ月の分割が残っていましたが、メモリの容量の関係もあり、かなり反応が鈍くなってストレスフルになって来たので、今日、機種変して来ました。
今まではNECでしたが、今回は富士通。
バッテリーの容量も上がり、またメモリーも大幅に増量されていて、ネットでの評判もかなり良いので、それに決めました。
環境設定など、以前と同じ様にする為の設定は、まだまだですが、使っている感じは良いですね。
どんどん進化していますね。
今のところ、ストレスフリーです。

 昨日の月例会は、とても濃い日になりました。
被っている人も多く、また終了間際、もう深夜に近かったですが、祟り神等も出て来て、最後は内弟子の伝授の様相を呈していました。
質疑応答では、管理職のあるべき姿や仕事についての、現実的なビジネスの話もあり、また祟り神の対応については、駆け引きもあり、現実世界のビジネスと共通する点もあったりして、同席した内弟子には良い勉強になったと思います。

また、ここ暫くは梵字で般若心経を書いて貰っていますが、書いているだけで浄化が始まり、気合いを入れて頑張らないと、自己浄化に耐えられなくなる人もいるかもしれないです。
写経と云うのは、それそのものが修行で、自己の浄化をしますから、ただ文字をなぞって書いているだけの様に見えて、実は中々の苦行です。
それを梵字でやるのですから、少々キツイのは当然。
皆さん、頑張って書いて居られました。

もうすぐ8月が終わりますね。
異常な暑さの時間も後少し。
各地で異常気象で、雨による被害が出ていますが、早く終息して貰いたいものです。

バナー

ドリームカップに行って来ました

2014 - 08/24 [Sun] - 02:45

CIMG1405
CIMG1405 posted by (C)島津 成晃

 今日は新極真会の夏祭り、ドリームカップに行って来ました。
明日も続きますが、明日は月例会、行けないので残念ですね。
今日の試合は、午前中が型、午後が女子とシニアの組手でした。
型の試合は、流石に皆しっかり練習して来ている様に思いました。
が、型でしかないなと感じて仕舞いました。
何か、見せる為の型になって仕舞っている様で、本来の型の意味とは違って来ている様な感じを受けて仕舞いました。
親しくして戴いている新極真会の支部長の先生が、その辺りの懸念を何年か前、型の試合が始まった頃に仰っていましたが、それが現実になって来ているのでしょうか。

 組手の試合は、中々見応えがありました。
女子の勢い、シニアの頑張り。
皆さん、しっかり練習して来ているのが解りました。
そして、皆さん礼儀正しい。
素晴らしい事です。
正伝流から出場した二人の選手の闘いも素晴らしかったです。
残念ながら入賞まで至りませんでしたが、次に繋がると感じさせられるものがありました。

明日は、月例会です。
頑張ります。

バナー

新極真会の夏祭り

2014 - 08/23 [Sat] - 01:42

明日は新極真会の夏祭り、ドリームカップに応援と観戦を兼ねて行って来ます。
毎年、凄い盛り上がりですが、明日もきっと熱い激闘が続くのでしょうね。
正伝流からも沢山の少年少女、壮年達が出場します。
悔いのない闘いをして出し切って欲しいと思います。
また、各地のお世話になっている支部長先生方、事務局長や代表に御挨拶するのが楽しみです。
年に何度か試合会場でしかお会いしないですが、御縁を戴いて有難いと思っています。
つい先日、殆ど衝動買いに近い感覚で買った新しいカメラを持って行って来ます。
まだ使い慣れていないので、良い写真が撮れるかどうか解りませんが、試写の意味も含めて撮って来ます。
朝早いのが苦手ですが(苦笑)頑張ります。
そして、その次の日が月例会。
気合いを入れて頑張らなければいけないですね。

バナー

口出し無用

2014 - 08/22 [Fri] - 02:19

 誰でも、自分の人生や生き方に口出しなどされたくないものです。
良く、善かれと思ってか、偉そうにしたいのか、上から目線で、人の人生や生き方に意見したりする人がいますが、小さな親切余計なお世話!!です。
特に、我々スピリチュアル系の仕事をしている人は、他の人から怪しい仕事とか、胡散臭いとか、大変な仕事だから、危ない事もあるのではと心配されたり、お節介な言葉を戴いたりするものですが、その人のキャラにもよるでしょうが、おかげさまで若い頃は私もそう云う事もありましたが、さすがに30年近くやっていると、最近は余計な口出しをされる事も殆どなくなりました。
時々、馬鹿者がブログのコメントなどで書き込みをして来ますが、完全無視ですし、即刻削除ですから、何の痛痒も感じません。
目の前でやってくれたら、面白いですが。
多分、ただじゃ帰しませんが。

 ま、世の中には自己顕示欲が強いと云うか、上から目線でものを言って余計なお世話をしたい人も多い様ですね。
自分の生き方や人生は、自分だけのものであり、誰から物言われる筋合いもありません。
自分が天地に恥じない生き方をしているかどうか、自分が満足する生き方をしているかどうかは、自分自身の心が一番良く知っています。

 そう云う余計な事をする方は、まず御自分の人生や生き方を見つめられると良いですね。
人に恥じない様な生き方、人に誇れる様な生き方をされているのでしょうか。
人の批判をしたり、口出ししたい時は、殆どの場合は自分のそれと共鳴する所があるからと云う場合が多くて、鏡の様なものです。
無駄口叩いてないで、自分の生き方を振り返って、自分自身を高める事に集中された方が良いのではないかと思いますね。

 自分自身が自分自身に誇れる様な生き方をしたいですね。
他人の評価や意見など、どうでも良い事です。
自分を信じて、自分の思う通りの道を歩いて行きましょう。

バナー

息吹で復活

2014 - 08/20 [Wed] - 03:04

 御盆休みが明けて、今日も道場に行って来ました。
先週も道場は開いていましたから、休みなしで道場に行っている事になりますね。
ちょっと前は涼しい日もありましたが、今日は暑かったです。
道場へ向かう途中の気温は30℃。
帰りが29.5℃でした。
道場へ上がる階段を昇って道場へ入ると、暑さを感じましたから、道場の中はもう少し暑かった様です。
道衣に着替えているだけで汗が吹き出していました。
案の定、暑さでスタミナ切れしましたが、何とか最後まで頑張る事が出来ました。

途中、酸欠か熱中症の症状も出ていた様に思いますが、しっかり呼吸して、水分補給する事で乗り切ります。
しっかり、息を吐く事が大切です。
吐けば、必ず呼吸は入って来ますから。
そうすると、暫くすると楽になって来ます。
練習中、良く私は息吹をやっていますが、これが効果があります。

まだまだ暑い日が続きそうですね。
熱中症に気をつけて、色々と頑張りたいですね。
それにしても、今日も参加者は黒帯と茶帯のみ。
こんな暑い時に道場に来て頑張ろうなんて物好きは、色帯にはいないのかもしれないですね(笑)

バナー

神仏の前で

2014 - 08/19 [Tue] - 02:45

 良く、神社やお寺でお願い事する時のコツややり方などを聞かれる事があります。
まず、神も仏も、お願い事を叶えるのが仕事ではないと云う事を忘れない様にしたいですね。
願い事を叶えてくれる神様とか仏様とか、人間の側の勝手なご都合主義でしかありません。
神には神の、仏には仏の、本来の在り様と云うものがあります。
ですから、お願い事を叶えて戴くのは簡単ではないですよと、いつも申し上げます。
まず、お賽銭ですが、ばら銭や小銭を賽銭箱に投げ入れる人が多いのは驚きますね。
これからお願い事をしようかと云う相手に、お金を投げつけている様なものですし、小銭で願い事を叶えて貰おうなんて、そんなご都合主義が通る筈がないですね。
お金の高ではなく、そのお願いにどれだけの思いがあるかと云う事が試されます。
数千円しか持っていない人が、その中から千円出すと云うのと、何十万も持っている人が千円出すと云うのとは、大きな違いがありますよね。
お賽銭の金額は、自分が痛いなと思う程度、ちょっとの無理と云うのが原則です。
それで悪い縁を切って貰って、良い縁を呼んで戴こうと云うのですから、当然の事です。
人間関係の中でも悪い縁を切る為に、慰謝料や手切れ金と云うものもありますし、良い縁を迎える為に仲人さんに金銭でお礼をしたりするのと同じ事ですね。
基本的にはお札ならば、ぽち袋等に入れて、住所と名前と年齢を書いてお賽銭箱に入れるのが良いと思います。
これには、他の理由もありますが、裏話になって仕舞うので、ここでは書かない事にしますね。

そして、忘れてはならないのは、神様や仏様のお名前を呼ぶ事。
そして、自分の名前、住所、年齢を云う事です。
自分に聞こえる程度の小さな声で良いですから、必ず口に出して云いましょう。

 一番大切なのは、神様や仏様にお願い事をするのですから、相手がとっても目上の方であり、その前に自分の全てをさらけ出して、嘘がないと云う心です。
そして謙虚である事。
願い事を叶えてくれたら、寄付しますとか、もっと信心しますとか、神仏と取引する様な事は絶対にいけません。
そんな性根の人の願い事など、神様も仏様も意地でも叶えたくないでしょうし、却って罰でも当ててやろうかと思うかもしれません。

 真っ正直で真直ぐな気持ち、真剣な思いが通じれば、もしかしたら神仏も何か力を貸してくれるかもしれない、と云うのが現実でしょうか。
子供や女性が命を投げ出そうとした時に、初めて動き出して救った大魔神の映画、良かったですね。
願い事とはそれほど、厳しいものだと思って戴きたいなと思います。
お守りを買った、お賽銭を入れた、手を合わせてお願い事を云った、それだけで終了と云う様な軽いものなら、神仏に願うよりも自分で行動した方が遙かに結果が出るのが早いですから。

好きな人とどうしたら付き合えるでしょうか、なんて相談を大学生から受けた事がありますが、
そんな事を考えて質問している暇があったら、自分で勇気を出してアタックして来いと叱った事があります。
本当に、自分の力ではどうしようもない、神仏に頼るしかない様な時、その時こそ真剣に全身全霊で願い事をしましょう。
遊び気分で願い事されても、向こうも真面目に聞こうと云う気にもならないでしょう。

バナー

祈りの御縁日

2014 - 08/18 [Mon] - 01:11

 今日も観音様の御縁日で、沢山の人が集まりました。
が、女性ばかりで、まるで女子会の様になっていました。
黒一点の私は幸せ者です(笑)

 今日が御盆の明けと云う事もあり、まだ何となく漂う湿った空気を読経で一掃しました。

私が行なう御縁日は、神様の御縁日の一日と15日、お釈迦様の御縁日の8日、観音様の御縁日の17日、そして不動明王の御縁日の28日です。
御縁日と云う考え方そのものに色々と諸説ある様ですが、自分の御縁のある仏様や神様の御縁日に祈りを奉じる事で、様々な厄難を避け願いを叶えて行くと云うのは、私の修行時代にもありました。

祈りは願いをする為のものではないと思っていますが、弱い人間ですから時には神頼み仏頼みしたくなる時もあって当然ですし、願いをする事で、自分自身にカツを入れて頑張る事で、神仏と自分自身が一体となって、実際に奇跡の様に願いが叶う事もあります。

キリスト教に「神は自ら助く者を助く」と云う言葉がありますが、自分で精一杯出来る事をやって、それが本当に真剣であれば、神仏でなくても、それを見ている人は必ずいて、手助けしてやろうかと思うのが人情と云うものです。
幾ら願い事をしても、当の本人が貴方任せで何もしない様なら、神仏でなくても、手助けしてやろうと云う気にもならないと云うものです。
真剣に頑張る姿は大きな説得力を持っています。
また、人の心を動かすものです。
神も仏も、同じ様に心動かされて、願い事を叶えてやろうと動いてくれるのかもしれないですね。

バナー

目線が下っていないですか

2014 - 08/17 [Sun] - 02:16

 仕事柄、色々な人にお会いして話していますが、自分が調子を崩していたり、方向性が間違っていたり、考え方がずれているなんて事は、案外自分で気付かないものです。
本来目指していたものを、いつの間にか失念して目先の事ばかり追いかけて仕舞うなんて事も良くあります。
武道の達人になりたくて武道を始めたのに、いつの間にか試合に勝つ事や道場で強くなる事ばかり意識する様になったり、高い境地を目指して修行を始めたのに、いつの間にか目先の利益や力にばかり意識が行って仕舞ったり、事業をやって大きくなりたいと云う目標を持っていたのに、目先のお金や仕事の流ればかりに意識が行って仕舞ったり、将来を見据えて勉強していたのに、目先の成績にばかり目が行って仕舞ったり。

本当に自分にとって大切なのは何か、忘れていないか、時々確認したいですね。
特に、祈りや武道など、自分を高い境地に到達させる事を目的としたものは、間違いを起し易い誘惑も沢山あります。
強くなれば、試合に勝てば、法力を持てば、人から高評価を得てチヤホヤされ、現実的な利益を得る事もあります。
しかし、本当に目指すべきものは、そんな所にはない筈ですが。

本当の深奥、真実はそんな所にはありませんね。

常に、自分の意識や目線が、足許の目先に落ちていないか、低俗になっていないか、意識したいものです。


バナー

神の祈り、御盆の祈り

2014 - 08/16 [Sat] - 14:49

 昨日は、正に祈りの一日でした。
午前中は、15日が神様の御縁日である事で、祝詞を奉納しました。
禊祓いを詠み、内弟子が神鈴で祓い、そして祝詞が続きます。
例年はやらないのですが、昨日は英霊の御魂を沢山感じていたので、万霊供養の祝詞も奉納しました。
その瞬間、靖国の御魂とも繋がった様に思います。
慰霊と畏敬の念を込めて、奉納しました。
最後は、昔、天御中主太神を祀る為に作った天地之太祝詞を奉納。
この祝詞は、天御中主太神はじめ、神代七代の神々、伊邪那岐伊邪那美までの神々の系譜を謳った祝詞です。
そうすると、それまで漂っていた御盆の重たい空気が一掃され、一時とは云えスッキリとした心地良い空気に包まれました。

 暫く休憩して、午後1時から旧盂蘭盆会の御供養会を行ないました。
奠倶(四智梵語)と理趣経の声明の響の中、しっかり御先祖様、英霊の御魂、また有縁無縁の御魂の御供養をさせて戴きました。
助法をしていた内弟子や妻曰く、最初に願文を詠んだ時点で、多くの御魂が浄化されて昇って行ったそうです。
経が進むにつれて、昇華して行く御魂も増えて行きましたが、余りにも多くの御魂が来られていたので、途中で般若心経と舎利礼文、そして光明真言を挟みました。
まるで突風が吹き抜ける様に、凄い勢いで沢山の御魂が昇華されて行くのを感じましたが、一時間余りの読経の後、休憩していると全身の疲労感と筋肉痛を感じました。
無意識の内に、限界近くまで肉体も酷使していた様です。

それから、直会の後、皆で楽しく歓談しました。
とても激しくハードな祈りの一日となりましたが、しっかり心を込めて祈りを奉じる事が出来たと思います。
生きている我々も、御魂と同じく、高い境地を目指して、高みにある光を見つめながら、俗物や下衆っぽい事から離れて、気高く、品良くしていたいものです。
俗や下衆なものに身を浸すと、自身も穢れて仕舞います。
目指すは遙かな高みの光である事を忘れず、精進して行きたいですね。

バナー

祈りに包まれる一日になります

2014 - 08/15 [Fri] - 02:58

 明日、もう今日ですが、8月15日は朝から祈りの一日になります。
云うまでもなく、15日は神様の御縁日。
そして、第二次大戦の終戦記念日であり、旧盂蘭盆です。
なので、午前11時から神様の御縁日の祝詞奉納を行います。
そして、午後1時から旧盂蘭盆の御供養会を執り行います。
午前中は祝詞、そして午後は奠倶と理趣経の声明の響き。
一日、祈りに包まれる日となります。
考えてみれば贅沢な日ですね。
神と仏を同じ日に祈る事が出来るなんて。

既に目に見えない訪問者が御供養紙と共に沢山お出でになっている様です。
また、明日お出でになる方々の御先祖様達も先触れでお出でになっている様に思います。
しっかり御供養させて戴きましょう。

 妻とも話していたのですが、良く戦争体験や慰霊等の話題が出る時に、常に出るのが第二次大戦の事ですが、戦争は第二次大戦だけではなく、第一次大戦もありましたし、日露戦争も日清戦争もありました。
過去には、他にも沢山の戦争が国内でもありました。
そう云う方々のお話は、残念ながら余り出ないのは何故でしょうね。
その時の体験者が存命しているから、また敗戦して被害者になったからと云う意識が大きいのかもしれないなと思ったりします。
どんな歴史も冷静に過去の教訓として平等に扱うべきだと思いますが、過ぎ去るものは日々に疎しと云いますが、本当に冷静になれるには、当事者が亡くなって、その後数世代しないと無理なのかもしれないですね。
戦争は個人レベルの争いではなく、多くの人を巻き込む国家レベルの争いです。
そこには大きな悲劇があり、その中にも感動的な話も美談もあったりします。
戦争と云う形ではなく、目に見えない戦いは常にどこにでもあります。
が、命のやり取りを直接行なう戦争と云うものは、無くなって欲しいですね。
それがイコール平和と云う事になるかどうかは別だと思いますが。
何れにしろ、しっかり祈って、先人の御魂をお慰めし、御供養させて戴きましょう。


バナー

今日の道場

2014 - 08/13 [Wed] - 03:09

 今日は道場でしたが、そんなにキツイ練習ではないのに、完全にへばっていました。
昨日の除霊で思っていた以上に体力を使って仕舞った様です。
完全にパワー切れでスタミナが続きませんでした。
情けないですね。
昨日の除霊自体は思いの他簡単に終り、その後に気療もしましたが、そんなに体力を使ったとは思わなかったのですが、今日になって来て仕舞いました。
気力はあるのに、身体が動かない、息が上がる、って最悪ですね。
これが実戦だったらと思うとゾッとします。
流石に、スパーリングになったら、少し動けましたが、本調子とは程遠いものでした。

 外は涼しく、寒い位の気温でしたが、道場の中はしっかり暑く蒸していました。
練習が終わったら、まるで雨の中で練習したかの様に、胴衣がグッショリでした。
凄い汗をかいた様です。
汗をかき過ぎて、肌がスベスベになっていました。

 色々な意味で、しっかりスタミナアップしないといけないですね。

バナー

憑依現象

2014 - 08/12 [Tue] - 01:22

 久々に除霊をしました。
ある女性に憑依していたのは、子供を手放し、亡くして仕舞った母親の霊でした。
除霊を行う前は、厄介かなと思っていましたが、いざ始めてみると素直に従い、浄化されてくれました。
とても深い悲しみを感じ、哀れな思いになりましたが、生きている人間に憑依していてもその悲しみや苦しみは浄化されませんし、楽にもなりません。
それどころか、憑依した霊も、された人間の側も、どちらも消耗して仕舞って共倒れになる可能性もあります。
霊と云えども、肉体を持たないだけで同じ人間です。
ただ、その深い悲しみと苦しみに囚われていて、癒しを求めて、救いを求めて、結果憑依しただけです。
中には意図的に悪さをする性根の悪い霊もいますが、今回の霊はとても真直ぐな思いで、憑依した人に迷惑をかける意図は全くありませんでした。
亡くした自分の子供の霊と出会い、素直に浄化されて行きました。
憑依された人も、その瞬間の感情や思いが伝わった様でした。
それまでは、ただ怖いと云うだけだったのが、少し理解出来た様です。
憑依現象と云うのは、世に云われる程、多くはありません。
と云うより、滅多にないと云っても良いでしょう。
が、現実にそう云う事例もあります。
医学的に、また色々な現実的な方法で解決出来ない身心の不調の場合は、スピリチュアルな手法が有効な事もあります。
私がやらなくても、時間はかかったと思いますが、何れ憑依が解ける時が来たと思える、本来運も生命力も強い方だったですが、楽になるお手伝いが出来て良かったです。
もうすぐ御盆ですが、この時期に除霊をやると云うのも、何だか因縁めいていますね。


バナー

盂蘭盆まで数日

2014 - 08/11 [Mon] - 02:17

 台風一過の筈が、外はかなり強い風が吹いています。
ベランダにかけている日よけシートが飛ぶ危険があるので、外してベランダに畳んであります。
アルミサッシの窓がガタつく程の風ですから、かなり強いみたいですね。
台風が風だけ残して行った様な感じです。

午前から午後にかけては、激しい雨風が降ったり止んだりしていました。
そんな中、出雲からわざわざお出で下さったご家族、帰りは丁度雨の止み始めの時で、後で無事に電車に乗れたとメールを戴きました。

然し、盂蘭盆が近いせいか、台風の影響だけではなく風も湿っぽくて、重いですね。
自分の気とエネルギーを高めていますが、何とも云えない気持ち悪さは拭い切れないですね。
後数日、負けない様に頑張ります。


バナー

家族が集まって

2014 - 08/10 [Sun] - 03:22

 今日は久し振りに家族が集まって食事会を目黒の居酒屋でして来ました。
ずっと一匹狼で生きて来た私には、妻達姉妹の中の良さは眩しいものがありますが、おかげで楽しい時間を過す事が出来ました。
高齢になった妻の母、そして私の母も参加して、日本へ卒業旅行へ来ている甥とその友達達、義妹達や子供達も一緒に賑やかな時間でした。
その居酒屋は生け簀があり、釣りも出来て、その場で調理してくれると云う事で、甥も甥の友達達も楽しんでいました。
私はお酒は嗜みませんが、皆適当に飲んでしっかり食べて、お腹一杯になって、心も身体も満足した時間を過せました。

イギリスに在住の義妹とその子供達、皆イギリスでも空手をやっています。
やっているのは極真空手なのですが、それぞれ頑張っている様です。
一年に一度位しか会えませんが、イギリスに家族がいると云うのは、何だか不思議な感覚ですね。
また、東京にいる義妹も御主人様と一緒に参加しましたが、お互いに忙しいので、こんな時じゃないと中々会う事も出来ないですが、心地良い時間を過せました。
家族が増えて行くと云うのは、本当に不思議な感覚です。

皆、それぞれ忙しくしているので、こうして集まる事が出来るのは、イギリスにいる義妹が日本へ来た折にと云う事が殆どです。
義兄として何も兄らしい事は出来ていませんが、長く仲良くして行けたら良いですね。

最近は夜遊びも全くしていないので、久々の夜のお出かけ、楽しい時間でした。

バナー

本物を追求して行きたいですね

2014 - 08/09 [Sat] - 03:20

 今日は御釈迦様の御縁日でした。
また、孔雀明王の御縁日でもあるそうです。
御縁日に祭壇に祀っている御釈迦様の御遺骨、仏舎利に向かって読経しましたが、今日は参加した日との中に先頃行われた修験道の奥駆けに参加した人もいて、また修験道の本山主催で富士登山も行われると云う話をしていたせいか、お経が行者詠みになって仕舞いました。
お経の詠み方には色々とあり、品良く静かに詠む詠み方もあれば、行者詠みと云ってまるで喧嘩している様に激しく詠む事もあります。
今日は行者詠みになって仕舞いました。
修行時代、山に篭ったり、瀧を浴びている時に詠んでいた詠み方ですが、決して品は良くないですが(笑)勢いはあります。
読経する事で、詠んでいる自分自身の集中力を高めて、モチベーションを上げて行きますが、行者詠みはやはり身心が活性化して気合いが入る様な気がしますね。
ゆったりと品良く静かに読経すると、身心が安定して行き、静かに癒されて行くのを感じますが。

 山籠もりとか云いますが、修験道で毎年奥駆け修行と云うものを行います。
3日から一週間程、朝から日が沈むまで大峯山はじめ全国の修験道の修行場である山を歩きます。
その間、点在している山奥にあるお寺や神社に御参りしながら、途中で柴燈護摩を焚いたり、水行をしたりします。
昔は厳しく、一日に大きなおにぎり一個渡されて、ひたすら歩き続け、距離にして35km程も歩いたでしょうか。
今は時代も変わり、夜はちゃんと食事が用意されていて、距離も十数kmと云う所の様です。

 本来の修験道と云う観点で見ると、甘すぎてそれで山の何が解るのかと思いますが、非日常の体験として、修験道の一端に触れると云う意味では良いのかもしれないですね。
本来は、山に住み山に生きる事で、山を通じて自然と一体化して、自身も含めて命と向き合う事で、神や仏の境地に近づこうとする修行だと思いますが。
食べるものも山から戴き、山に感謝し、山に生かされる。
そこから自身も山の一部となって、自然と一体化して行く。
そう云うものだと思いますが。
修験道にも色々な流派もあり、そうなると団体と云う柵が出来て来て、本質とはかけ離れた人間同士の面倒な事が出て来たりします。
それを嫌って、私は一人修験でただ一人で山籠もりを何度もしましたが。
とは云え、大変にお世話になった修験道の先生もおられますし、内弟子や修行希望者の出稽古にも参加させて戴いています。
一般人に取っては、そう云う体験ツアーの様なものでも、システムが出来ているので安心ですし、危険も少ないですし、本質を見失わないで、自らの目指す所をハッキリと自覚して参加すれば、それなりに感ずる所もあるでしょうから。
何をするにしても、本物を追求して行く強い意志と思いが重要だと思います。

バナー

進化中です

2014 - 08/08 [Fri] - 03:16

毎週水曜日の夜は内弟子が集まって来て、色々な話をしたり、気療の実践をしたり、祭壇でお経の練習をしたり、その時々によって色々やっています。
お茶の稽古をする時もあります。
密教等では作法を重視していて、沢山お経を知っているとか、作法を知っているとかと云う事が修行の証の様に思われ勝ちですが、私は全く違う考えを持っていて、作法等と云うものは幾ら知っていても意味がなく、最終的には心の使い方と内在するエネルギーの充実とパワーアップが重要と考えています。
なので伝授の日と云っても、ただお経を詠んだり、作法を教える事はしません。
そんなものは、実践の時に、その場に合わせて自分で生み出して行くものだと考えています。
大切なのは基本となる土台、心と魂とエネルギー、そして応用力。
その為に必要な哲学や、目線、考え方を重視して話しています。
ですから、知らない人が参加しても、ただ雑談している様にしか思えないかもしれませんね。
 昨日の伝授でも、内弟子の一人、唯一私が認めた気療師ですが、彼に私もメンテナンスをして貰いました。
長年の空手修行等で頸椎や胸椎等にズレや歪みが出て来たりしているのですが、扱える人間が少なく、また私の気の量も高いので、中々難しいのですが、彼と妻だけは私の肉体を触る事が出来るレベルになっています。
昨日やって貰って云われた事ですが、背中の筋肉量がかなりアップしているらしいです。
格段、これと云った筋トレもウェイトもやっていませんが、練習の中できちんと筋肉を意識し、気の流れを意識してやっているのが、肉体に反映されて来ていると云う事でしょうか。
鏡で自分の姿を見る事はありますが、確かに側面から見るとかなり分厚くなっている様には思いますが、普段は余り意識しないので実感としてはありません。
ただ、昔から来ているスーツの上着のボタンが締まらないと云う事があって、お腹が出たのではなく、胸囲が増えた事で腋や背中がキツクなったせいの様で安心した覚えがあります(笑)
気の量もまたアップして来ているのを感じますし、身体も変化している様です。
無理をし過ぎなくても、続けていればそれなりに進化して行くのは、年齢は無関係な様ですね。
年齢的に衰退しない様にするのが精一杯と思っていましたが、少しずつでも進化してくれていると思うと、また希望が湧いて来ますね。
しっかり頑張って続けて行きたいと思います。

$Adept・Mentor 島津成晃の独り言-banner

いざと云う時の為に

2014 - 08/06 [Wed] - 03:30

 今日も暑い中、道場へ行って来ました。
最初は、師範と私と妻の3人だけでした。
なので、ゆっくりペースで柔軟をしっかりやらせて貰って身体を解しました。
その後は、基本、そして型、三戦と転掌、観空でした。
どれも気が回って、興に乗ると動禅をしている様な感じになります。
ここで一気に汗が吹き出しました。
いつもですが、型をやると途端にドッと汗が吹き出します。
その後は、コンビネーションや技の稽古。
最後はスパーリングです。
途中から茶帯の選手クラスの男性が一人参加したので、4人で3周しました。
いつもに比べると少ないですが、充分に楽しめました。
私はいつもスパーリングに入ると、身体から力が抜けます。
締める時は締めるので、汗はどっと吹き出しますし、息も上がりますが、スパーリングをしながら身体が解れて行くのが解ります。

 道場へ向かった時、外気温は30度ありました。
帰りは28度位でしたが、凄く涼しく感じました。
この気温で心地良く涼しいと感じると云うのは、道場の中はどうだったのかと考えたくもないですが、こう云う時期に練習していると体力もスタミナも上がるかもしれないなと思います。
人には頑張り時ってありますね。
今しか頑張れない、そんな時を逃さないのが成長のコツかもしれません。
継続する事、頑張り時を逃さない、そして休む時はちゃんと休む。
言い訳は如何様にも作る事が出来ます。
頑張り時に頑張って力をつけておくのは、身心に潜在的なパワーを貯める事になると思います。
いついざと云う時がくるかもしれません。
その、いざと云う時にフルパワーを出せる様に、普段から意識しておいて、頑張り時を逃さないで頑張っておくと云うのが大切な気がしますね。

バナー

供養月間が続きます

2014 - 08/05 [Tue] - 02:25

 7月は東京の江戸盆、8月は旧盂蘭盆、9月は秋彼岸で、3ヶ月続いて御供養の月が続きます。
彼岸に渡った人達がこの世に里帰りして来る月が続きますから、感覚の鋭い人は身体を持たない人の姿が見えたり、声が聞こえたり、足音が聞こえたりする事もある様です。
また、肉体を持たない人達のエネルギーは基本的に陰ですから、肉体を持っている人の陽のエネルギーと反します。
なので、体調が崩れたり、精神的に不安定になったりする事も多い様です。
空気が湿っぽく、重く感じて仕舞います。
御盆の中日は15日ですが、既に先触れでお出でになっている方も沢山おられる様です。
台風の影響もあり、天候も不順ですし、体調の変化も出易いので気をつけたいですね。

エアコンがある事で、部屋の中はある程度の気温を保つ事も出来ていますが、一歩外へ出れば物凄い暑さです。
昔は、エアコンも余り普及しておらず、窓から入る風と扇風機、そして水撒きや水浴びで凌いでいた様に記憶していますが、エアコンに慣れた身体にはそれでは無理がありますね。
今年も熱中症で倒れられた方が沢山居られる様です。
油断せず、水分補給等、意識して気をつけたいですね。
そして、しっかり御先祖の御供養もしましょう。

バナー

体調を管理しましょう

2014 - 08/04 [Mon] - 02:20

 良く、病は気からと云いますが、身体の気の流れが悪くなると、確かに不調が起きて来ます。
また、気持ちが落ち込んだり、沈んだりしていると、やはり不調が出て来たりしますね。
気と云う言葉は色々な深いものを含んでいて、目に見えないエネルギーや力を全部、気と云う言葉で表したのが始まりと思います。
気圧や気温の変化も気の変化に繋がりますし、そう云う環境変化だけでも気持ちが上がったり下ったりします。
新月や満月の時、また干潮や満潮の時、やはり肉体や精神に影響が出る事は良く知られていますね。
私自身、やはりスイスにいた時の快調さとは全く違う状態を感じていますが、負けていられないので自分で気を調整しようと頑張っています。
気療と云うものをやっていても、人にやってあげるのは出来ても、自分自身の気療は中々上手く行かない事が多いのは、やはり自分の事だけに雑念が湧いて仕舞うのでしょうか。
やはりメンテナンスは人にやって貰った方が確実だったりしますね。
幸い、妻や弟子が気療の力がかなり上がっているので、時々頼んでやって貰っています。
自分で出来る事、護身法や祓い、柔軟体操等は、出来るだけやる様にしていますが。
自分の努力と力、そして他人の力を借りる事、両方を上手く使って体調管理して行きたいですね。
何をするにしても、身体が資本ですからね。

バナー

取り付け、取り換え

2014 - 08/03 [Sun] - 02:34

今日は、TV付きインターホンが壊れたので、新しいのを仕入れて取り付けていました。
思えば、今の場所に来た時につけたものですから、10年以上経っている訳で耐用年数は越えているでしょう。
一般的に家電製品は8年と云いますから、良く持ったと云えるかもしれません。
時代は変わるもので、新しく取り付けたのはカラーで、ズーム等の機能もついていて、更には子機まで付いていて離れた所から応答可能です。
他にも色々とオプションがある様ですが、不要なので基本で購入し取り付けました。
 先にもPCを新しくしたり、続きましたが、これで少し落ち着くでしょうか。
不思議と電化製品が壊れる時って重なったり続いたりするのですよね。
購入時期が同じだから当然と云えば当然かもしれないですが。
時代が変わり、色々と便利になり、その代わりに何かを失ったり、逆に不便な感じになったり、進化と進歩は、メリットとデメリットが同時にある様に思います。
が、確実に時代は移り変わります。
レトロな事も大切にしたいですが、新しいものにも付いて行きたいですね。
ただ、新しいものばかりに心を囚われて仕舞わない様に、もっと大切にしたい深い心が古いものの中にあったりもしますから、そのバランスは上手く保って行きたいものです。

バナー

祈りの日の前被りと祓い

2014 - 08/02 [Sat] - 01:44

8月1日は、神様の御縁日でした。
沢山の方に参加して戴きました。
皆、自分の道をしっかり見詰めて、自分の生き方を大切にしている女性ばかり。
皆さんがお出でになる前から、何とも云えない気持ち悪さと頭痛に悩まされましたが、祝詞の祓いと共に消えて行きました。
どうやら、来られた方の一人が相当酷く被っておられて、その前被りだった様です。
他にも、思いや念が飛んで来ていて、身体に影響の出ている人がいて、しっかり祓わせて戴きました。
人の思いとは複雑で、その時の気持ちで如何様にも変化しますから面倒と言えば面倒ですね。
人と云うものは、誰でも幾つかの側面を持っていて、良い所も信頼出来る所もありながら、その一面ではどうしても好きになる事が出来ない様な暗い面があったり、信頼出来ない様な場面があったりするものです。
それがまた人間の面白さだったりもすると思います。
一つ良い面を見て、全面的にその人を信用したり好きになったり、良い人だと思い込んだり、その逆でちょっと嫌な所を見て仕舞って、その人への印象が百八十度変わったり、信頼を失ったり、一面だけで相手の人格を決めつけて仕舞うと、後で違う側面を見た時に驚かされたりガッカリしたりする事が良くあります。
多面性があるから、その人は魅力的なのであり、完全無欠な聖人等、この世に存在しませんし、そんな人がもしいたら、逆に気持ち悪いと思いますが。
自分の理想とか、勝手な思いを、相手の評価に乗せて仕舞っていては、相手も迷惑でしょうし、相手を人間として認めていないと云う事になると思います。
自分も含めて、ネガティブな面も持っているから、人は頑張って成長しようとするし、その駄目な部分がその人の魅力の一旦になっていると云う事もあったりします。
そもそも、本当に駄目人間なんて、いません。
誰でもそう云う部分は持っているし、必ず良い部分も持っています。
が良い部分を出す事が出来ない精神状態や色々な環境的な問題から、悪い部分だけが他人の目に映って仕舞ってそう云う評価を受けて仕舞っていると云う事でしょう。
上から目線で、人を評価したり、好きになったり嫌いになったりする前に、自分の中にあるそう云う部分を綺麗に浄化して行きたいですね。

バナー

大ぼら吹き

2014 - 08/01 [Fri] - 03:35

 今日、たまたま見ていたカンブリア宮殿とか云う番組にソフトバンクの孫正義氏が出ていました。
曰く、世界一のほら吹き(笑)
大きなほらを吹いて、自分を追い込むのだそうで、その上でそのほらを実現させて行く。
ほらを吹き続けていると、大きなプレッシャーになって、色々なアイデアも沸いて来るし、時には協力者も現れて来るとの事。
一理あります。
どんな夢でも、それを実現するまでは大ぼらでしかなくて、それを聞いた人はバカみたいと思うだけかもしれません。
夢を諦めないで、追い求め続けた後に結果を出した人は偉大と云われ、偉人と云われます。
ノーベル賞を取る様な科学者達なんかは、皆その口かもしれないですね。
研究結果が出るまでは、自分の仮説を信じて研究し続けて、時にはマッドサイエンティストとか、無駄に研究費ばかり使っていると云われたり、どこかのお嬢さんの様に一つのミスが(あれは科学者としてはあってはならない根本的致命的な間違いですが)人格否定にまで繋がって批判されたり。
しかし、結果が出て、それがノーベル賞の候補に上がった瞬間から、その科学者はヒーロー(ヒロイン)になります。
孫氏も曾ては色々と云われましたね。(今でも同じかもしれませんが)
私も余り良い印象は持っていませんが、今日の番組を見ていて少しだけ見方が変わりました。
事業と云うものそのものが、一つ間違えて失敗すれば詐欺と云われる様なものですし、成功すれば偉大な事業となる訳ですから、彼の大言壮語や大ぼらも、事業の上でのプレゼンテーションと考えれば、それはそれでありだと思います。
一人の人間として見た時、亡くなったマッキントッシュの創業者だったカリスマやウィンドウズ創業者のカリスマより、普通の人間かもしれないなと感じました。
そもそも、カリスマなんて呼ばれる人は、全員誰もが変人ですし、ある意味では偏執的かもしれませんね。
もし、イエスキリストやお釈迦様が生きていたとして、友達になりたいとは思わないですからね。
常人を越えた意識の中で生きている人がカリスマでしょうから、そんな人とは普通に付き合えないですからね。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR