感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2014年06月  

観想

2014 - 06/29 [Sun] - 02:31

 密教などでは、良く「観相」と云う言葉を使います。
相を観ると書きますが、相とは在り様、状態を意味します。
観ると云うのは、心で感じて捉える事を意味しています。
昔から、私は弟子達に三つのみる「見る、視る、観る」と云う話をしていますが、目で見て、注視して分析し、心で観て全体を知る事で、その対象の全貌が解ります。
観相は、その在り様を心で捉える事で、所謂イメージとは異なります。
イメージは、頭で論理的に作り上げる、想像と似たものがあります。
頭で想像したものは、理屈でしかなく、そこに立体感や生命感はありません。
観相で目指すのは、正にそこに命を持って存在し、触れる事さえ出来る様な実体感です。
月を観想すれば、そこに立体的な球状の月が浮かび、その放つ光さえ静けさと冷たさを伝えて来る様な、そんな月を心に浮かべます。
武道に於ても、例えば空手では基本の練習で目の前にいる相手を実際に倒す様に想定して行いますが、幾ら想像してイメージしても、目の前に実際に敵は立ってくれません。
心に想う事で、恰も目の前に実際に敵が存在するかの様に感じられ、本当に気合いが入ります。
型でも同様です。
相手を実際に倒しに行かない型は、躍りでしかないと云われて仕舞います。
頭ではなく、心で感じて行く事が出来る様になると、自分の世界は一挙に広がります。
根深いトラウマを持った方や、独特な自分の世界を持っている方は、実際に心で感じて、そこから色々なものを受け取ったり、過去の苦しみのフラッシュバックが起きて仕舞うのだろうと思います。
ネガティブなものに対して、あまり心で感じたくはないですが、心を通わせる時、そう云うものも伝わって来る事もありますね。
喜びも悲しみも共有すると云う強さがなければ、結構辛いものがあるかもしれません。
何れにしろ、修行では観想はとても重要です。
これがきちんと出来なければ、先へ進めません。
確信を持って、観想が出来る様になれば、もう上級の域に達します。

バナー

スポンサーサイト

囚われないで

2014 - 06/28 [Sat] - 02:27

 昔から、特に日本では神秘主義や神秘学あるいは霊的なものは非科学的として否定され続けて来ました。
が、西洋では日本で考えている以上にそう云うものが受け入れられていると云う事があったりします。
非科学的と否定しながら、初詣で神社にお参りし、仏教でお葬式をあげて成仏を祈る。
何とも矛盾した事に思えます。
神が宇宙を作ったのであれば、そこに存在する全ては神の意志によって存在を許されているものであり、また神の意志そのものかもしれません。
そう云う意味で云うなら、神秘的な考え方も科学もどちらも神の意志の反映と云えるかもしれないですね。
であれば、神秘主義的な考え方も科学も、共存すべきであって、敵対すべきものではないと思っています。
神秘主義者は科学を否定し、科学は神秘を否定する。
これはとてもおかしな事です。
どちらも、まだまだ究極に辿着いた訳ではなく、進化の途中であり、発展途上です。
互いに不完全なもの同士、仲良くしたいものです。
人間が解明したと思っている殆どの事は、まだ仮説の段階でしかないと云う事も云えると思います。
この世に絶対論理と云うものがあるとしても、未だ人間はそこに到達はしていません。
不完全なものを、あたかも絶対論であるかの様な考え方は、違和感を覚えて仕舞います。
素直な心で、固定観念を捨てて、自分の周囲を見回すと、色々な事に気付きがあり、教えがあります。
曇りのない、偏らない心と目を持っていたいですね。

バナー

フォトスライドの製作

2014 - 06/27 [Fri] - 03:22

 先のスイスの旅の記録、写真をお出で下さる皆さんにもご披露しなきゃと思って整理して、フォトスライドにしようと頑張っています。
月例会の当日に元になるムービーが出来上がった所だったので、残念ながら月例会ではお披露目出来ませんでした。
今週末の夏越大祓ではご披露出来る予定でいます。
私はMacを使っていますが、OSをMavericksにしてから、今まで使用していたソフトが使えなくなり、代替ソフトを探して、とバタバタしていましたが、それも見つかり、どうにか今まで通りに使う事が出来そうです。
OSがバージョンアップすると云うのは、良い面も多いですが、他のソフトや周辺機器など、対応しなくなる事も多く、安易にやって仕舞うと後で困る事も多いですね。
スマートフォンのアプリも、毎日の様にアップデートが来ていますし、蔓延するウィルスのせいか、情報漏洩防止の為か、効率を上げる為か、理由は色々でしょうが、煩わしい事この上ないですね。
が、それも進歩進化と思うと、ついて行かないと時代に取り残される様な気もして、頑張ってやっていますが。
PCの進化は、普通の家電の進化の10倍に匹敵すると云うスピードで進んでいると云われますが、ずっと昔に私が使っていたPCは、今では携帯の計算機にも劣るレベルだった事を思えば、凄まじい進化ですね。
自分自身も同じ様に進化出来れば良いのですが(苦笑)
一生かけて、どこまで進化出来るかなんてレベルですから、遅々とした歩みで、時に後退したりするから始末が悪いですね。
少なくとも、いつも前向きに、少しでも進化出来る様に歩みを止めないでいたいものです。

バナー

今日の道場

2014 - 06/25 [Wed] - 03:04

 いつも通り、と云うか、やっといつも通りに火曜日の道場に行って来ました。
参加者は師範、私、I二段、そして妻でした。
妻に取っては、プレッシャーのメンバーですが、いつもの様に頑張っていました。
行く前は、雷と大雨警報が出ていたので覚悟していましたが、結局あまり降らず、ただ道場の中が凄く湿度が高かっただけでした。
今日のスパーリングは、結構シビアな攻撃が来て、緊張感があって気が抜けませんでしたが、楽しい練習になりました。
久々にやった観空の型の練習、やはり忘れていますね。
所々が曖昧で、再確認しながら思い出していました。
気温よりも湿度のせいで、汗だくになり、帰って来て風呂で汗を流してスッキリしました。
明日は、また伝授。
内弟子達が夜に集まります。
この前の月例会の話もありますし、色々な話が出来そうですね。
日曜日には夏越大祓ですが、祓いの前の空気は中々重いものがありますが、後少しの我慢です。
頑張りましょう。

 フォト蔵の方に、スイスの旅の記録として、写真をアップしました。
宜しければご覧下さい。
見える方には見える、色々なものが写った写真が沢山あります。


バナー

月に一度の

2014 - 06/24 [Tue] - 02:32

 昨日は月例会でした。
夏越大祓が近いせいもあるか、被っている人が多く、初っぱなから被り落としが続きました。
護身法が始まり、初級・中級・上級それぞれを見て周り、指導そのものは妻や内弟子に任せていますが、その進歩の度合いは凄いものがあります。
皆さん、真剣に楽しみながらやっていて、素晴らしいですね。
上級ではここ数カ月は気療を教えていますが、私が認めた唯一の気療師である内弟子のA君、丁寧にやってくれています。
彼は実力も上がり、かなりの部分を任せる事が出来るレベルに来ています。
彼がもっとメジャーになって、人気のあるカリスマに成長してくれる事を祈っています。

その後は梵字の講習でしたが、今月からは数カ月かけて、般若心経を梵字で書くと云うのをやっています。
皆さん、真剣に取り組んでいて、初めての方でもすぐに上達して、綺麗に書いていました。

その後は、一休みしてから勉強会。
様々な質問が出ましたが、結構ディープな為になる話が出来たと思います。
そして、段々と帰る人が出て来ましたが、最後の最後、深夜も近い頃になって前世療法をやりました。
前世から、それも長い長い、何回も前の前世からずっと持ち続けていたトラウマが解消されて、解放された姿は、とても輝いていました。
この瞬間に立ち会えたのは、嬉しくもあり、とても光栄な気持ちになりました。
その後の報告もありましたが、良い感じで色々な事が進んでいる様です。

 月に一度の集まり。
皆、ファミリーの様に仲良く、心を通わせて楽しい時間を過してくれたら、私も嬉しいです。

バナー

自然に無理なく

2014 - 06/22 [Sun] - 02:16

 今日、気療にお出でになった方ですが、空手をやっておられますが、柔軟性があり過ぎるせいか股関節の亜脱臼が頻繁に起きる様で、改善の為に気療し、今後の体操や注意点をお話していました。
空手の動きの話をしていると、聞けば聞くほど、どうも基本が出来ていない、基礎が出来ていない様に感じましたので、その辺りの話をしました。
昔、空手を習い始めた頃、歩き方3年、握り方3年と云われ、それ以外は練習させないと云う事はないですが、徹底的に歩き方や立ち方、握り方や手首の決め方を教わった覚えがあります。
40年以上空手をやって来て思うのは、握り方も歩き方も10年と思っています。
長くやっていても、未だに立ち方や握り方を検証しながらやっていますし、考えて仕舞う事も良くあります。
「最強の弟子ケンイチ」と云う漫画でも書いていましたが、どれだけ大きなビルを建てるのだろうと云う位に、土台作りに時間をかけると、その後は自然と出来上がって行きます。
土台作り、特に下半身の充実は、拳の威力にも蹴りの威力にも繋がります。
その為の基本、移動稽古、型ですから、大切に考えながら、検証しながらやって貰いたいですね。
本当の武道と云うのは、決して身体に負担をかけません。
無理がなく自然な動きであり、合理的な動きが武道の動きです。
楽をしようとして、却って身体に負担をかけて仕舞っているなんて事も良くあります。
一つ一つ検証しながら、正しい動きを身に付けて欲しいなと思います。

 生き方も同じですが、固まり過ぎず、緩過ぎずと云う丁度良いバランスを保ちながら、無理せずに自然に行きたいですね。
過去に何かあったとしても、コソコソしていると、何かやましい事でもあるのかと思われて仕舞います。
普通に自然にしていれば良いと思うのですが、心に一物あったり、やましい事がある人は、どうしても逃げ隠れして仕舞ったり、言い分けがましくなって仕舞うものなのかもしれないですね。

人生も空手も、正道を正しく伝えて行きたいものですし、歩きたいですね。

バナー

上手く忘れましょう

2014 - 06/21 [Sat] - 01:43

 何かで一芸に秀でる人、達人、超人と云われる人は、ある意味では偏執的で、妄執的な所はあるものです。
一つの事に、ずっと拘って、拘り抜いた結果として常人を越えた境地に達するのですから。
そう云う良い意味での偏執は、評価に値します。
道を極めるとか、他の言葉で表現される事が多いですね。

 が、悪い意味での偏執、ネガティブな感情をいつまでも忘れず、引き摺ってそこから抜け出そうとしない、それは決して褒められた事ではないですし、また自分自身も苦しいと思います。
精神や心に残って仕舞ったトラウマやPTSD等はまた別の話ですが。
性格的に粘着質で、自己保身が強過ぎて、常に他者に対して恨み勝ち、責任転嫁が強く、また嫌な事を忘却出来ずに拘り続ける様な人がいますが、本人も苦しいでしょうし、周囲も迷惑と云う事があるでしょうね。

 忘却は幸せの一つの方法であり、ネガティブな事は出来るだけ早く忘れて仕舞いたいものです。
何もかも覚えていては、ネガティブな感情まで甦って仕舞って、いつまでも苦しみ続けなければいけません。
適当に、良い感じで、忘れて行く事が上手く出来ると、楽になる事は良くあります。
繰り返し繰り返し愚痴を聞かされたり、恨み言を聞かされていると、周囲の人も嫌になります。
気がついたら独りぼっちにならない様に、上手く忘れて、楽しい事に集中して行きたいですね。

バナー

スパイラルから抜け出して

2014 - 06/20 [Fri] - 02:23

 心が何かに捕らわれている時や追い込まれている時、その思考のスパイラルから抜け出す事が出来なくなり、人の言葉が聞こえなくなる、心に届かなくなる時があります。
そう云う時は、残念ながらショック療法しかない時もあります。
怒鳴りつけたり、ひっぱたいたり。
本当はあまり感心した方法ではないのですが、それしかない時もあります。
そう云う手法で、固まった心に亀裂が入ったら、今度は穏やかに言葉を送り込んで行く。
飴とムチと云いますが、逆でムチと飴ですね。
何れにしても、人を指導する時に、叱りっぱなし、褒めっぱなしは良くないと思います。
それと、だらだらとしつこく叱り続ける、これが一番いけません。
一喝して、ガツンとやって、心に隙間が出来たら、それで十分な訳で、その隙間から言葉と心を送り込んで行きます。

 誰でも、精神的に追い込まれて、捕らわれて仕舞う時は、魔が差した様な状態になって、妄執の様に凝り固まって仕舞った状態になる事もあります。
が、そんな時でも、自分を思ってくれる人や信じてくれる人の事は絶対に忘れてはいけません。
その人達の言葉さえ受け付けなくなって仕舞ったら、気がついたら誰もいなくなったと云う事になって仕舞う可能性もあります。
大切に思ってくれる人の思いだけは、しっかり受け止めなくてはいけません。
人の心を受け止める事が出来ない人間が何を言おうと、誰も受け止めてくれません。
それはただの傲慢、そして自分勝手です。
それを繰り返し、続ける事は地獄道。
そんな地獄道からは早く抜け出しましょう。
抜け出せないなら、地獄から出て来ない方が良いですね。
人として生まれると云う事は、光を求めて、上を目指して生まれて来ます。
ならば、しっかり上を見ましょう。
光を見ましょう。
何の為に生まれて来たのか、忘れない様にしたいですね。


バナー

稽古にやっと行けました。

2014 - 06/18 [Wed] - 02:29

 旅や、車庫のシャッターの故障、車検などで、何だかんだと時は過ぎて、約一ヶ月も道場に行けませんでした。
やっと今日、道場へ足を運ぶ事が出来ました。
久し振りと云う事で、師範が練習を軽めにしてくれて、基本と型、技の稽古、そしてミットで終了しました。
型では、三戦と転掌をやりました。
息吹によって気を回しますが、三戦と転掌では気の使い方が違います。
また、下から内臓を締め上げる事で、主要な内臓を胸郭の中に仕舞うと云う話もさせて戴きました。
そうする事で、気が上がって来て、転掌では天の気と地の気が融合します。
三戦では全身から気を放出する事で、肉体を鉄の様に締め上げて行きます。
転掌では、融合させた気を用いて、周囲に制空権を作って行きます。
そんな話もさせて戴き、楽しい型の時間でした。
その後の技の稽古、関節技のバリエーションや、受けからの入り身とその後の攻撃のバリエーション、肘打ちのバリエーション等、投げ技の応用、回し受けの応用等、古流空手に伝わるものを少しやらせて戴きました。
その後、それぞれの課題を決めてミット練習をしました。
久し振りの空手としては、充実した、丁度良い稽古でした。
一つ一つ丁寧に確認しながら練習出来て、たまにはこう云う練習も良いものだと思います。
師範の気遣いと配慮に感謝です。
師範は、私と丁度10歳年下ですが、まだまだ進化し続けているのは凄いなと思います。
私も老体にならない様に、頑張らねばいけませんね。
ずっと動けて、上段を蹴る事が出来る身体でいたいと思っています。

 昼間は観音様の御縁日。
色々な話が出ましたが、会社との付き合い方や、会社の組織論とか、ディープな話もありました。
祈りは、スッキリと気持ち良く、静かな中にも凛とした空気で行う事が出来ました。

バナー

後少し

2014 - 06/17 [Tue] - 04:53

インターラーケンの所まで、写真の整理が終わりました。
後少し、お待ち下さい。
写真でしか見る事の出来ない目線と云うものもあります。
目で見ているつもりでも見えていなかったと気付く事も。
勿論、目で見るのと違い、二次元ですから、その感覚は異なりますが、写真の中に入り込んで行くとその時の風も匂いも空気も感じる事が出来ます。
旅をもう一度している様な感覚になります。
ですから、整理しながらつい見入って仕舞って、中々進みません。
妻は既にどんどん整理を進めてアップしていますが、私の方は遅々として進みません。
どうぞ、妻のブログをご覧下さい。
http://ameblo.jp/kumishimazu/entry-11879359861.html
http://kumisensei.blog21.fc2.com/

 明日は観音様の御縁日。
また沢山の方がお参り戴くと思います。
優しさの中にも厳しさを併せ持つ仏様です。
優美な姿で描かれる事が多いですが、中に秘められた強靭で強固な意志が、その優美さを支えているのでしょうね。
そして、明日はやっと道場に行けそうです。
久し振りなのでスタミナが心配ですが、歩き回って来たので大丈夫かなと期待してもいますが。
明日も暑そうですね。
きっと道場での練習は厳しいものになるでしょう。
最後まで頑張れる様に気合いを入れて行きましょう。

バナー

御縁日の祈りと父の日

2014 - 06/16 [Mon] - 01:31

 今日は帰国後初めての神様の御縁日でした。
参加者は少なかったですが、その分、ゆっくりと話す事が出来ました。
普段、ゆっくり話せない事も多いので、色々な事が話せて良かったです。
神の話、祝詞、禊、お参り、他にも仕事の話や日常の話、話してみると色々と出て来ます。
普段見せない素直な顔が出て来たり、アラッと思う様な強い面を見る事が出来たりして、じっくり話すと解る事も沢山あります。
時間をかけて触れ合って話すのは大切ですね。

 さて、世の中はサッカーの話で持ち切りで、昨日、ヘアカットに行きましたがそこでもサッカーの話で、私は中学生の頃にやっていましたが、それ以降はずっと空手や格闘技なので余り詳しくなく、また世の人ほど興味もありません。
熱くなれるものがあるのは良い事ですが。

 ところで、今日は父の日だったそうで、私の父は29年前に他界していますので、意識していませんでした。
と思ったら、今日お参りに来てくれた一人の女性から、父の日プレゼントを戴きました。
嬉しい様な、何とも云えない気持ちですが、有難いです。
聞けば、その子の実際のお父上は私より二つ下の年齢だそうで、あらら、本当に娘だ(笑)
若い女性に父親扱いされる年齢になって仕舞ったのですね(苦笑)


バナー

旅の写真を整理していると匂いがする

2014 - 06/15 [Sun] - 02:16

 スイス旅行の写真を整理していますが、約2千枚強あるので、少し時間がかかっています。
もう少しお待ち下さい。
私や妻の、余り見せられない写真は削除していますが(笑)
写真の整理をしていると、心がスイスに戻って仕舞って、時々ですが匂いがして来る事まであります。
チーズの匂いや牧場の匂い、風に乗って来る色々な匂いがどこからかやって来て感じて仕舞います。

また、普段はあまり見ない夢を見ました。
アイガーを中心とした、何か説明し難いものですが、やはりただの旅行ではなかったのかもしれないなと、夢を振り返って思いました。
確かに、アイガーやユングフラウや空の写真の中に、色々なものが写っていますし、グリンデルヴァルトからケーブルで降りている時に見た、空に浮かんだ虹は幻想的でしたし、物凄いパワーと神々しさを感じました。
しっかり写真にも収めてあります。
探してみて下さい。
神々の集会に参加と云う隠された意味を持って出かけた今回のスイス旅行、やはり単なる里帰りではなかった様ですね。
今回得た気付きや発見は、これから育って行くと思います。
今度は、完全にオフの旅行がしたいですね。
毎回、旅は私にとって何らかの修行やミッションとなって仕舞います。
さて、次はどこへ行かされるのやら・・・。

バナー

色々と気付きの旅でした

2014 - 06/14 [Sat] - 03:51

 私の第2の故郷への里帰り、スイスから帰国しました。
旅行中、何度かTwitterやアメーバなうに投稿し、また記事も何度かはアップしましたが、メールでのお問い合わせやその他の御連絡は、帰国後と云う事でお返事していました。
昨日帰国して以来、その対応に追われていましたが、どうにか一区切り。
お待ち戴いた方がおられる事は、有難い事です。
第2の故郷は、少しずつですが変化していました。
基本的に日本ではあまり知られていない田舎町ですので、向こうで日本人に会う事は殆どありませんでした。
ヨーロッパではスキーヤーにはポピュラーな場所らしいですが、日本では観光コースには入っていない事が殆どだと思います。
三度目の滞在ですが、田舎町とは云え、少しずつですが変化していて、曾て訪れたカフェも現存していましたが、明らかに新しくなっていました。
また、お店も移り変わりを感じました。
曾て滞在していた所は、その頃は大学の寮でしたが、今はアパートの様になっていました。
良い事なのですが、凄く天気が良く、あり得ない程の暑さで、ここはスイスか???と云う程でした。
そのお陰で、目的の一つだったアイガーもユングフラウにも、しっかり向きあって来ました。
写真も沢山撮って来ましたが、これから整理に入りますので、またフォト蔵にアップするので暫しお待ち下さい。
詳細な旅行記は妻が書いていますので、そちらをご覧下さい。
妻のブログ:だんな様は霊能力者:http://kumisensei.blog21.fc2.com/
      だんな様はメンター:http://ameblo.jp/kumishimazu/

色々と気付きもあり、思い出す事も多かった旅でした。
忘れていたドイツ語も、少しずつですが思い出し、スイス感覚も身体に甦って来ました。
また数年の内には里帰りする事を誓って(自分の心にも、スイスの神々にも)帰国しました。
日本に比べて規制が緩やかで、その分、暮すには不便がつきまといますが、人の自然な感覚を大切にしたライフスタイル、決して強過ぎない自己主張の中にある自己確立は大変に心地良かったです。
穏やかでありながら強靭、そのバランスは良いですね。
自分達のライフスタイルや自分の心の中を省みて、自分達がどちらかと云うとスイス的な感覚の持ち主である事も再発見しました。
日本ほど快適に便利に過せる国はありません。
スイスと云う国は、とても心地良い場所ですが、実際に住むとなると色々と大変な事や不便があると思います。
時々訪れて、ゆったりと滞在する故郷にしておくのが良いのでしょうね。


バナー

また、出かけて来ます

2014 - 06/03 [Tue] - 00:51

明日3日より13日まで、第2の故郷へ出かけて来ます。
行き先は海外、スイスです。
この国は、私にとっては第2の故郷と思っている場所で、特にGstaad と云う、日本で云えば軽井沢の様な町は、私の馴染みの場所です。
今回もこの町には訪れる予定です。
曾て私が滞在した場所は、アパートになって仕舞っていましたが、とても懐かしい場所でした。
また、今回も訪れてみたいと思います。
昔、コーヒーを飲んだカフェもまだ存在していましたが、まだあるでしょうか。
以前訪れた時は、スイスの西側、フランス語地区がメインでしたが、今回は東側、山側の方を訪れようと思っています。
また、かなり歩くでしょうから、仕舞って、腹筋が割れるかもしれないですね。
前回もかなり歩き、気がついたら腹筋が割れていました。
今は見る影もありませんが(苦笑)
その間、道場へも行けませんが、時間をみて自主トレをしようと思います。
夜型人間の私は、向こうへ行くと丁度時間がずれて時差の関係で、超朝方になって仕舞います(笑)
朝早くの時間に軽いトレーニングは気持ちが良いものです。
日本では絶対にやりませんが、ヨーロッパに出かけたら、朝の軽いトレーニングは良くやっていました。

留守中、ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します。
ま、内弟子達が頑張ってくれているので、大抵の事は大丈夫だろうと思いますが。
鬼のいぬ間に修行を怠らない様に、プレッシャーをかけておきましょう(笑)

バナー

神の御縁日の祈り

2014 - 06/02 [Mon] - 00:52

 今日は6月1日、神様の御縁日でした。
毎月、1日と15日は、神様の御縁日として祈りを奉納する日としています。
今日は、初めての方がお二人参加され、他にも沢山の方に参加して戴きました。
本来、神に奉じる祝詞は、自分の耳に届く程度の小さな声で読むものです。
が、参加者がおられる時は、参加者にも神にも届く様に、大きな声で読み上げます。
その声の持つ波動や音質が心と身体を揺さぶります。
そして、被り等の穢れを祓い、本来持っているエネルギーを活性化して、素の自分を取り戻して行きます。
同時に神の持つエネルギーも引き出して、互いに息吹とエネルギーを交流する事で、さらに高い次元へと魂を誘います。
神とは、この世を維持する為に存在しており、全ての存在そのもの、命にも関係しています。
仏が智恵と慈悲を存在意義としているならば、神は全ての存在の根元となるエネルギーであり、存在する意志そのものと云えます。
神も仏も、常に人と共にあります。
祈りの先にある現世利益は、その純粋な祈りの入口でしかなく、またその祈りの結果の一つでしかありません。
人がどう生きるか、その目指す所は何か、祈りの本質はそこにあります。
とは云え、難しい事を考えるのは止めて、祈りは気持ち良く、真っすぐな曇りのない気持ちで行いたいですね。

バナー

見舞いに行きましたが、驚異的な回復度でした

2014 - 06/01 [Sun] - 02:39

 今日は入院している方のお見舞いに出かけて来ました。
第3京浜を通って、横浜横須賀道路から、横浜新道、1時間程のドライブをして来ました。
内弟子を一人乗せて、車検修理後、初めて高速に乗りましたが、ステアリングの感触が以前に比べてクイックになっているのと、タイヤが新しいのもあって、ステアリングに対しての反応がクイックで最初は戸惑いましたが、すぐに慣れました。
第3京浜と云うのは、何故か走っていて疲れる道路で、東名や中央だと平気な位の距離でも、思いの他疲れます。
好みの問題かもしれませんが、私は何となく走り辛い道です。
が、無事に病院に着き、帰りもとてもスムーズでした。
久々に高速を走ったせいか、エンジンが軽くなった気がします。
市街地ばかり走っていると、エンジンにスラッジが溜まるのでしょうね。
高速を暫く走ると、エンジンが軽くなるのが分ります。

 さて、お見舞いに出かけた相手ですが、驚異的な回復を見せていて、毎週の様に通っている内弟子と病院で待ち合わせましたが、その内弟子ですら驚く程の回復をしている様です。
脳内で出血して意識を失って倒れて病院に運ばれたと報告を受けた時、急いで遠隔に入り、止血の気療をしましたが、巧を奏してくれた様で、一週間程で安定してくれました。
その後数日して見舞いに出かけましたが、その時は生命の危機は脱したと云う感じはしましたが、今後の回復にどれだけかかるか不安は残っていました。
今日、久し振りに見舞いに出かけて、本人を見て、細かくチェックしてみましたが、完全に安定していて、驚異的な回復度を見る事が出来ました。

良く云うオーラ療法とかエネルギー療法は、魂の持つ肉体に対するフィールドに働きかけます。
多分、レイキ等もその種に入ると思いますが。
魂にダイレクトに働きかけるものもあります。
気療は、肉体にダイレクトに働きかけます。
どれが上とか下とか、そう云う問題ではなく、ケースバイケースでどの療法が相応しいかと云う事です。
オーラ療法等のフィールド療法も、魂に働きかけるスピリチュアル療法も、肉体に直接働きかける気療も、その人の状態によって使い分けする必要があります。
今回は気療が功を奏したと云う事です。
医学であれ、民間療法であれ、最初の見極めが大切です。
原因と経過が解れば、後は実際に相応しい療法を選んで行うだけですから。
的確、正確な見極めが全てを決めます。
その上で、状態によって、変化の度合いによって、微調整をしながら療法を行って行きます。

 何れにしろ、驚異的な回復をみせているのを見て、本当に安堵しました。
また、今後の一層の回復の目処も立った様に思います。
完全に健康に戻るまで、しっかりケアして行こうと思いますが、ここまで来れば安心して遠隔が出来ます。
ご本人の持つ魂も普通ではなく、物凄く高い格とエネルギーを持っているので、もう大丈夫でしょう。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR