感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2014年03月  

祝!!成人

2014 - 03/31 [Mon] - 02:03

 今日は横浜グランドインターコンチネンタルホテルにて、成人の祝いと銘打たれた集まりに参加して来ました。
御父上が主催で、御子息の成人の祝いと云う事で、御招待戴きました。
数年前に、もう一人の御子息の成人の祝いにも御招待戴き、二度目ですが、御父上は会社を経営されており、業界関係者も参加されるであろうに、どう云う訳か前回も今回も一番最初にスピーチさせられ、演説やスピーチが苦手な私としては困った事になって仕舞いました(苦笑)
何とかそれなりにお話させて貰いましたが、少し慣れないといけないですね。
司会してくれたのは、私の友人でもある女性ですが、元司会者であり、こう云う機会には頼りになる存在です。
普段と違う、プロ司会者のオーラはさすがと云うもので、長年つき合いがありますが、何度見ても感心して仕舞います。
その後、道場の師範が乾杯の音頭を取ってくれましたが、やはり私よりも何倍も慣れていて、御挨拶も心がこもって温かいものでした。
今日、成人の祝いの主役だった若者とは、長いつき合いですが、彼の兄上は小学校から知っていますが、弟君は中学頃からでしょうか。
中学、高校の頃は私と眼を合わす事も出来なかった彼が成人と云うのは感慨深いものがあります。
ゆっくりで良いので、立派な男、大人になって欲しいなと思います。


バナー

スポンサーサイト

決心と覚悟

2014 - 03/30 [Sun] - 01:54

 何でもそうですが、時には真剣に覚悟を決めて立ち向かう決心をしなければならない事もあります。
祈りの世界や癒しの世界は、静かで穏やかな世界であると思われがちですが、実際にはそう云う場面もあります。
生命を賭して祈る、パワーを送ると云う事も。
側でそれを見ている家族や弟子達は、日に日に消耗し痩せて行く姿を見て驚いたり慌てたりしますが、己が決心し進むと決めた道で留まるとか引き返す事は出来ません。
その道半ばで倒れた時は、それはそれ、本望です。
祈りの世界、癒しの世界で生きると云うのは、そう云う覚悟が必要な時もあります。
やれる限りの事はやる。
見えない世界だからこそ、手を抜かないで全身全霊でやると云うのは、己自身の誇りであり、矜恃です。
自身に恥じる様な真似はしたくないですね。
やる時はやる。やらねばならない事はやるしかない。
言い訳無用ですからね。


バナー

何を為べきかを考えましょう

2014 - 03/29 [Sat] - 01:56

 何か問題が起きた時、つい過去の出来事を振り返って仕舞うものです。
あの時、あれをしたせいだろうか、あんな事をしなければ良かった、あれが原因だろうか、等々。
ですが、過去を振り返って後悔しても、何も解決しませんし、自己分析して反省する材料にはなるでしょうが、問題解決の糸口にはなりません。
勿論、しっかり問題を把握する為に、過去を振り返る事はありますが、反省する為ではなく、後悔する為でもなく、問題解決の糸口を探す為であって、未来に向けてやるものです。
やるべき事は、今何を為べきか、今何をしてはならないか、今考えるべき事は何かを考えると云う事です。
問題は、一つ解決すれば終りと云うものではありません。
その後にも続いて行きます。
最良の選択は何か、未来の展開を見据えながら、感情論を挟まず冷静に思考しましょう。
特に、祈りの世界では感情論は時として邪魔になります。
後悔等のネガティブな感情が、純粋な祈りの邪魔となる事は良くあります。
冷徹と云える程の静かな、その中に強い決心を秘めた時に、最高の祈りとなります。
悩んでも後悔しても、何も解決しませんし、却って祈りの邪魔となって仕舞います。
今為すべき事を、最高の状態で為してこそ、真に祈りとなります。


バナー

日ごろから注意して

2014 - 03/28 [Fri] - 02:56

病は突然にやって来ます。
気付かない内に体内で進行しているかもしれません。
ちょっとした不調等を無視しないで、少しの異常でも医師に受診するとか、日ごろから気をつけて下さい。
また、何よりもストレスは大敵です。
無自覚性ストレスと云われる、静かに体内で溜まって行くものは、突然に身体に病をもたらす事があります。
日ごろから適度なストレス解消を意識しておきたいですね。


バナー

節度とわきまえ

2014 - 03/26 [Wed] - 02:41

 こう云う仕事をしていると、人の様々な依存心を感じる事があります。
勿論、頼って貰って良いですし、それが仕事ですが、依存も度が過ぎるとまるで生霊の様になって仕舞う事があります。
毎日の様に、身体を抜けてやって来るのか、思いだけが飛んで来るのか、誰かの存在を感じる事があります。
祭壇に参って、エネルギーを貰って帰って貰うのは全く構いません。
が、時々、私や妻や内弟子からエネルギーを吸い取って行く事があります。
そう云う時は遠慮なく祓いますが、まぁ懲りないと云うか、それでもしょっちゅう来ていたりします(苦笑)
誰でも困った時は誰かに助けて貰いたいものです。
依存心を持つ事も悪い事ではありません。
が、程度問題と云う事もあるでしょうね。
自分の人生は自分で歩くしかない訳ですから、自分の力で乗り越えて行ける様になって貰わないと、いつか依存出来る相手がいなくなった時に、本当に困った事になって仕舞います。
頼り方も、頼られ方も、節度もあれば、筋道もあると思いますが。
依存心も、品性下劣と思われない様なわきまえは持ちたいですね。

バナー

冷静なつもりでも

2014 - 03/25 [Tue] - 01:30

何か問題が起きて焦って仕舞った時、どんな人でも自分では冷静でいるつもりでも、心のどこかが暴走しているものです。
そう云う時は、後で冷や汗が出て仕舞う様な態度をとったり、口にしてはならない言葉を発したりするものです。
特に感覚のある人は、心の状態や精神に引っ張られ易く、如何に冷静な様でも、常軌を逸して仕舞う事が良くあります。
どう云う方法であっても、心の鍛練、修業が進むと、逆にどんなに感情的な状態でも、心のどこかに醒めた冷静な部分が残っていると云う風に変化して来ます。
常に冷静である事が理想であるかの様に云われがちですが、アンドロイドでもないのですから、そう云う人は魅力に欠けます。
が、感情に流され、振り回されて仕舞う人もまた問題です。
感情も豊かで、尚且つ、いつもどこかで冷静な部分を残しておけるバランスを保てる様になれたら良いですね。
正論ばかりでは疲れます。
また、感情ばかりでも疲れて仕舞いますからね。


バナー

頭でばかり考えていないで

2014 - 03/23 [Sun] - 03:01

生きて行く上で、人は何に従って生きるかと云うのは大切に思います。
頭で考えて思考に従って生きるか、心に従って生きるか、魂の声に従って生きるか。
思考は、肉体が現在まで得て来た経験や教育、その他の記憶に由来して思考します。
心も、その記憶に由来して出来上がっている場合が殆どと云えるかもしれないですね。
魂も、同じく経験や記憶に由来して意志を発露すると思いますが、肉体の持つ記憶からすると、その深さや年月の長さに於て違いがあると云えると思います。

 どれが正しいと云う事ではなく、本当の自分らしさを追求して行く時、どのレベルに自分らしさを求めるかと云う事だろうと思います。
頭脳レベルでの意志に従おうとする時、心が拒否したり、魂の声とズレて仕舞ったりする事も多く、自身の中に混乱や異常が起きて仕舞う事もありますね。
また頭脳レベルで考える時、やはり損得勘定が先に立ったりする場合も多いかもしれません。
現実性を重んじる時、そう云う表層レベルでの思考は重要でもあるので、一概に否定すべきではないですが、やはり生きる上でのテクニック的なものである感は否めませんね。
思考ではなく、素直な心に従って、あるいは魂の声に従って生きる事が出来たら良いなと思います。
その前に、心の声や魂の声を聞く事が出来る様になっていなければなりませんが。
素直に自身の中を見詰めて行くと、必ず聞こえて来るものです。

何れにしろ、頭でっかちと云うか、頭で考えた事だけを優先し、心の動きが止まって仕舞っていたり、自分の心を抑圧しながら生きたくはないですね。
深いレベルのものに従って生きて、そこで起きて来るトラブルは甘んじて受け止めて行く気持ちがあれば、大抵の事は乗り越えて行ける様に思います。


バナー

御彼岸供養

2014 - 03/22 [Sat] - 03:08

今日は春彼岸供養会を行ないました。
内弟子達が助法してくれ、奠供と理趣経の響きの中、厳かな御供養会となりました。
参加者も多く、遠くからお出で下さった御家族もあり。心のこもった御供養が出来たと思います。
御供養前、後に、除霊が入ったり、相談事もあったり、内弟子達もそれぞれ対応してくれていました。
お彼岸の御供養は終りましたが、普段から日常御先祖様を思い、御供養をして行きたいものですね。

 一日開けて、日曜日は月例会です。
一人一人、目の前に見えて来る課題や乗り越えるべき事、一見すると災難の様に思えたりするものですが、一つ一つきちんと対応して越えて行く事で成長に繋がり、力もついて来ます。
与えられた成長への糧、宿題と思って、頑張って行きたいですね。
何事もない平穏を望むのは当然ですが、何もないと云う事は成長への機会もないと云う事でもありますし、どんな事でも一つ一つ乗り越えて行く事でついて行く力もあり、成長へと結び付く様にして行きたいですね。


バナー

剥れた金メッキ

2014 - 03/21 [Fri] - 00:58

 人は焦って自己保身に走る時、特に品性下劣な輩は、そこでバタバタとして仕舞います。
やればやる程、自分で有利に立ち回っているつもりでも、周囲から見ると墓穴を掘って仕舞っている事が多いですね。
焦っているから余計に、周囲が見えず、空気も読めない状態になっていますから、何かをしたり言葉を発したりするタイミングを間違えたり、やってはいけない事をやったり、口にしてはいけない言葉を発して仕舞ったりする事も多いですね。
本人は上手く立ち回ったつもりかもしれませんが、周囲の人はちゃんと見抜いて仕舞っています。
所詮小者、品性下劣な輩と見下して仕舞います。
自分で評価を下げて仕舞います。
知らぬは本人ばかり、と云う事になります。
残念ながら、そう云う人間は、誰も注意してやる気持ちもなくなって仕舞って、ずっと気付かぬままになって仕舞う事になる場合が多いですね。
ですから、余計に増長して、また愚かな事を繰り返す。
気がついたら、誰からも相手にされない、裸の王様になって仕舞っている。
気付いた時にはもう手遅れ。
人は何を柱にして、何を芯にして行動するか、とても重要だと思います。
目先の利益や、自己保身を動機にしてしまうと、滑稽な愚か者になって仕舞う結果になるものです。
人としての誇りと信念、大切にして行きたいですね。
古臭いですが、人としての仁義や礼儀、筋を違えると、浅はかとして思われません。
他人の目には、剥れ落ちた金メッキは、隠せませんから。


バナー

今日の道場

2014 - 03/19 [Wed] - 03:38

 今日も道場に行きました。
どうにか、今日の昼間に審査会の写真の整理も終り、スライドにしてDVDに焼き付けて、道場へ持って行きました。
最近は無闇に撮るのではなく、少年部は特に、父兄さん達に家では見せないであろう真剣な表情を見て貰おうと思って、表情を中心に撮る様にしています。
また、空手らしい動きや、技を繰り出す姿、やはり見て貰いたいですね。

 今日の練習は妻を除いて、黒帯ばかり。
練習始めには、師範と私ともう一人の黒帯の3人だけでした。
その後、もう一人の黒帯が参加してくれて、黒帯4人の中に茶帯の妻が一人(笑)
ちょっと厳しかったでしょうか。
が、黒帯はスパーリング中でもちゃんとアドバイス出来たりするので、彼女にとっては良かったのではないかと思います。
途中、私の蹴りの引っ掛けがタイミング悪くふくらはぎに当たって仕舞って座り込んで仕舞うハプニングもありましたが、最後まで頑張っていました。

中年黒帯稽古になりましたが(笑)参加者は40代が3人、50代に入った妻とギリギリ50代の私。
若い者達には負けていられないですからね。
人生後半戦、まだまだこれからです。

バナー

つもり

2014 - 03/18 [Tue] - 02:02

 しているつもり、していないつもり、色々な方のお話を聞いていて、つもりと云う言葉を良く聞きます。
相手を思い遣っているつもり、でも相手に伝わっていない。
迷惑をかけていないつもり、でも相手は迷惑だと思っている。
したつもり、してないつもり、言ったつもり、言っていないつもり。
色々ありますね。
つもりと云う言葉は、何かに対する意思を表明する言葉ですが、心で思っているだけでは相手にも周囲にも伝わりませんし、理解して貰えません。
また、人間は意思とは裏腹の事を言動に示して仕舞う場合もあります。
自分の言動に対する責任、それが解っていない人には良くあります。
自分が何を思い、何を伝えるか、ちゃんと把握する、コントロール出来るのが大人と云うのかもしれないですね。
そんなつもりはなかったと云っても、相手が不快感を感じて仕舞ったら、百万言言葉を連ねても良い訳にしかなりません。
相手に理解されない、そう思っている人も多いと思いますが、殆どの場合は自分の思いや意思をちゃんと人に伝えない事が原因であったりするものです。
好きな人に幾ら優しくしても、好きだと伝えないと、ただの優しい人としか思って貰えない事もあります。
幾ら沢山のつもりを持っていても、何もしなければ、結果を出さなければ、何もしないのと同じです。
何もしないで、周囲に理解されないから、伝わらないからと云って被害妄想になっても自分が疲れるだけなので、傷ついたり、撃沈する事を恐れないで、自分の意思や心に従って行動してみても良い時もあるのではないかと思いますが。


バナー

程良い弱さ

2014 - 03/17 [Mon] - 02:05

 いい加減と云うのは、信頼を失う原因となりますが、良い加減はバランスが良いと云えるかもしれません。
今日、TVでやっていた木村拓哉さんの宮本武蔵、吉川英治氏原作の宮本武蔵かどうかは解りませんが、宮本武蔵の話の中に、武蔵が宝蔵院を訪ねた折に出会った僧侶から「強過ぎる」と云われる場面があります。
そして、その後、また再会した折に、「程良く弱くなっている」と良い加減に強さと弱さがバランスを取ったと云う事でしょうか。
空手に限らず、修行でも、最初は強さを追い求めます。
ひたすら強い法力を求めて修行するものです。
強い法力さえあれば何でも解決出来るのではと云う幻想に囚われています。
が、経験を積み、人としての修行も進んで行く中で、程良い弱さと云うものも必要だと気付き始めます。
心も身体も力加減と云うのでしょうか、良い加減が出来なければ、本当の力は発揮出来ません。
300km/h出す事が出来る車で、100km/hで走る時の余裕です。
300km/hで走り続けたら、車はエンジンが焼けて仕舞います。
弓も張り続けていたら、蔓が切れて仕舞います。
また、100ⅿ先へ飛ばす力で、10ⅿ先の目標に石を投げたら、突き抜けて仕舞います。
当てるだけで良いのに突き抜けては意味がありません。

今日、我が道場のF初段が試合で優勝したそうです。
残念ながら応援に行けませんでしたが、彼は結婚、そしてお子さんが出来て暫く試合から離れていました。
その間も練習はしっかりしていた様でしたが、休んだ事で、程良い弱さを身につけた結果が優勝に繋がったのか、素晴らしい事です。
時々、会う彼は、以前のギラギラしたものは消えて、穏やかさと芯の強さを感じさせるオーラをまとっています。
良い加減になって来たのでしょうね。

バナー

夜の訪問者

2014 - 03/16 [Sun] - 01:51

 今日は神の御縁日でした。
御彼岸前で少し空気が重くなっているのもあり、しっかり禊をかけました。
終った時、かなり空気も軽くなり、部屋の温度も上がって暑くなっていました。
この時期は、空気が重くなるのは仕方ないですね。
その後、色々話していて、夜の訪問者の話になりました。
毎晩の様に、誰方かが身体を抜け出して、来ています。
祭壇にお詣りして行く人、来て、いつもいるポジションの場所に座る人、ただ来てボーッとしている様にしていて、帰って行く人、色々です。
後で聞くと、ちゃんと自覚していた人もいて、昨日お詣りに来てませんでした?なんて聞く人もいますが、先生の夢を見ました。なんて人も・・・。
夢の形で、実は夢に出て来ている人の所に飛んで行っているなんて事も、実は良くある様ですね。
逆に、こちらから遠隔でパワーを送ったりしている時に、夢で見たなんて事もある様ですが。
明確な意思を持って訪問して来られる方は、目的を果たすとスッと消えて行きます。
が、無意識にハッキリした意思を持たないで来る方は、何だか本当に幽霊みたいにボーッと出て来て消えて行きます。
どちらかと云うと、明確な意思を持たない人の方が被りますね。
ちゃんと目的を持って来る人の場合は、あ、いるな、と云う程度で終る事も多いです。
時には匂いまで伝わって来る事もあります。
肉体を抜けても、人はちゃんと存在感を持っているのですね。
さて、今晩は誰が来ているのでしょうか・・・。

バナー

生涯現役

2014 - 03/15 [Sat] - 02:29

 ふと、今日思いましたが、昔で云えばもうお爺さんと云う年齢に近づき、父が亡くなった年齢に近付いています。
現代でも、それこそ子供もいて、場合によっては孫がいても可笑しくない年齢です。
子供の頃、私の今の年齢の人など、スーパー大人と云う感じがしていたものですが、自分がその年齢になってみると、全く大人になっていない(苦笑)
ま、そうやって子供のまま生きて来れたと云う幸運に恵まれて来たと云う事ですが。
私の道場の一番の猛者であるN君がフェイスブックで書いていましたが、自分の拳が何十年空手をやって来たと云えるものであるかどうか、私も同じ思いです。
13才から始めた空手、もう既に40数年。
それだけ長い間空手をやって来たと云える拳かどうか、年齢に負けないで頑張らなければいけませんね。
確実に年齢を重ね、頭の中は兎も角(苦笑)身体は確実に衰えて来ています。
昔で来た事が、今は全く夢の夢になって仕舞っています。
若い頃の無謀な修行や練習は、今もしやったら命取りになって仕舞います。
ですが、魂で生き行こうと思う時、肉体も支配下に置いて、ある程度はコントロール出来る筈だと信じて、一層頑張って行きたいなと思っています。
どれだけ頑張れるか、生涯現役で、命尽きるまで引退しない覚悟で、やって行きたいですね。
7年前に亡くなった空手家の友人は、私の心の中で若いままで、こっちばかりどんどん年を取って行くのは業腹ですが(笑)
年は取りましたが、今が青春真っ盛り。
まだまだ頑張ります。

バナー

春一番の嵐と審査会の写真

2014 - 03/14 [Fri] - 02:12

 今日は凄いと云うか、凄まじい風と雨でしたね。
まるで台風の様でしたね。
今はもう鎮まって雨も止んでいますが、春一番だったそうで、大荒れでしたね。
また、明日の夜は雪になる可能性もあると云う事で、何だか天候が変ですね。
こう云う時は、何となく身体が怠さを感じたりするものです。
気圧の急な変化の影響でしょうか。
お彼岸も近いですし、先の震災のあった日の残り組もいたりますしね。
しっかり身体を動かして、肉体感覚を高めておくと、被りも少し楽だったりするものです。
大袈裟ではなくて良いので、出来る範囲で何か運動をしておくと良いですね。

先の審査会で撮った写真の整理中です。
少年部の子供達の頑張り、写真で見ると素晴らしい動きをしているのが良く解ります。
全部残したくなって仕舞いますが、頑張って選別しなければなりません。
中々時間がなくて一気にやれないのですが、頑張って師範が認定状を渡す時に間に合える様にしたいですね。


バナー

祈り

2014 - 03/12 [Wed] - 03:26

 今日は、大災害のあった日から3年目でしたね。
丁度、あの時、義父の葬儀で九州の佐賀にいて、読経の最中でした。
天上から下がる瓔珞等がユラユラ揺れていて、何だろうと話していました。
その後、携帯に留守電が入っていたので聞いてみると、内弟子の一人が悲鳴の様な声でメッセージを残していました。
残念ながら何を云っているのか解らない不明瞭な声でしたが、後で本人に確かめたら、心配してくれて電話してくれていた様でした。
その後、TVのニュースで大震災の事を知り、そこからは大変でした。
それぞれ、関東や東北の方へ安否確認の為に電話したり、メールしたり、しかし勿論ですが、簡単には繋がりませんでした。
が、夕方近くなって、東京にいた母と連絡が取れ、出先で身動き出来なくなっている(怪我等ではなく、交通機関のマヒの為)事が解り、さぁ困ったと思っていると、内弟子の一番古株から電話が入り、良く繋がったなと思いながらも、話していて、母を迎えに行ってくれるとの事、有難く頼みました。
が、簡単な事ではなく、普段なら40分程で着く距離でしたが、4〜5時間かかった様です。
が、その間、内弟子の奥さんが刻々と状況を知らせてくれて、無事に彼が母を家まで連れ帰ってくれました。
本当に御苦労な事で、感謝しています。
数日して東京へ戻ろうと云う時に、果たして飛行機が飛ぶのかどうか不安でしたが、幸いにも飛んでくれて無事に羽田に到着しました。
その時は、普段はやらないのですが、空港駐車場に愛車を置いていました。
で愛車の所へ戻ると、何事もなく無事で、ただ埃をかなりかぶっていました。
すぐに家に向って出発しましたが、幹線道路へ出た瞬間に、また余震が来ました。
ラジオをつけると、空港が即座に閉鎖してそうです。
無事に家に帰す為に、神が少しの時間をくれたのでしょうか。
ラッキーでした。
で、家に戻り、母の無事を確かめ、祭壇の様子を確かめると、何事もなかった様です。
何一つ落ちておらず、被害は皆無でした。
守って貰ったのでしょうね。
その時、たまたまですが姉が仙台からやって来ていて、仙台の家は被害を受けて、と云っても物が落ちただけですが、どうしようもなくなっていて、また交通機関もマヒ状態だったので、暫く我が家に逗留する事になりました。
もし、姉が帰ったとしても、足手纏いになるだけだったでしょう。
直後に安否確認をあちこちにしましたが、時間はかかりましたが、返って来た返事で殆どの人が無事だった事が解りました。
震源地に近い気仙沼の方にいる人も無事だったと聞き、ホッとしたのを忘れません。

大きな被害を受けた地域の一刻も早い復興と、安らぎを願いたいです。
政府も記念日にするとか何とか、くだらない事を云っていないで、もっと真剣に早急な対策を取って欲しいものですね。


バナー

生きる上で主にする事

2014 - 03/11 [Tue] - 03:02

 人それぞれ生き方があります。
十人十色と云いますが、色々な考え方があって、生き方も違いますね。
何を主にして生きているか、これから何を主に生きて行くか、考えてみるのも良いかもしれません。
私は、自分の心地良さと、自分の心に従って生きる事を主にして生きています。
が、人によってはどうしても金銭に目が行って、それを主に生きている人もいます。
また、人からどう見えるか、何を所有するかと云う事に拘って生きている人もいます。
兎角、現代人は見栄とか、経済的な面を優先仕勝ちであり、そうでなければ確かに不便だったり、不自由を強いられる事があったりする場面もあります。
そう云うものに拘りを持つ事で、現代のお洒落と云われているものに触れたり、セレブ感を味わう事が出来るのは確かでしょう。
でも、そう云うものは一時の事であり、決して真に心を満足させるものとも云い切れないものです。
それがいけないのではなく、そう云う時期もあって良いし、やるならやるで徹底して行けば良いと思います。
徹底してやれば、時が経てばそこから卒業と云う事もあるものです。
中途半端だから、いつ迄経っても卒業出来ないで、ずっと囚われたままでいると云う事もあるかもしれませんね。
何に拘るか、しっかり自覚して、徹底してみる。
そして、時と共に卒業して、また違うものに拘って生きてみるのも良いかもしれません。


バナー

審査会

2014 - 03/10 [Mon] - 00:47

 本日は道場の審査会でした。
午前中が少年部初級、午後が少年部中上級と一般部。
午前午後合わせて、26名でした。
スタッフも黒帯や茶帯が集まり、良い審査会でした。
審査を受けた人達の頑張りや勢い、素晴らしかったです。
基本や移動、型等にまだまだと云う所はありましたが、その後のミットやスパーリング、組手は素晴らしいものでした。

空手でなくても、叩いたり蹴ったりは勢いさえあれば出来て仕舞います。
空手独特の動き、精神等を意識して、基本や移動、型等がもっと上手くなってくれたら良いなと思います。
今回も沢山写真を撮りました。
頑張って、早く整理して仕上げたいと思います。
ここの所、忙しくてお待たせする事が多いので。

審査を受けた道場生の皆さん、審査をした黒帯の皆さん、スタッフとして手伝ってくれた道場生の皆さん、御苦労様でした。


バナー

魔術師マーリンとアーサー

2014 - 03/08 [Sat] - 21:30

 ちょっとしたきっかけから、イギリスで2008年から2012年までTVドラマとして放送された「The Adventures of Merlin(魔術師マーリン)」にはまって見ています。
日本では第1シーズンと第2シーズンが放映されましたが、第3シーズンから以降は放映されていません。
なので、UK盤がDVDで発売されているので、そちらを買おうかと思っています。
各シーズン13話、全65話だそうですが、全部見てみたいです。
若き日のアーサー(後のアーサー王)とマーリンを主軸にして二人の成長を描いた物語。
物語の中では、魔法や魔術師が沢山出て来ますが、このドラマから一番受けるのは、二人が成長して行く過程で学んで行く精神性や気高い心、帝王学でしょうね。
二人の間に流れる、熱い友情や、それぞれの立場、とても面白いし参考になります。
単なるファンタジーとしてではなく、そこに描かれている深い心を感じ取って行けたら良いですね。

 明日は道場の審査会で、早く起きなければならないので、思い切り早く書いています。
明日以降は、また夜中、または明け方近くに書かせて戴くと思いますが。

バナー

夜中の訃報と、飛んで来た思い

2014 - 03/08 [Sat] - 03:37

 昨夜、夜中に電話が鳴り、出ましたら相談者の方からの訃報でした。
突然、お身内の方が亡くなったと云う事でした。
思ったより、電話をくれた方は落ち着いていて、気持ちを落ち着かせる為に私の声が聞きたかったとの事。
経緯と状態を聞いて、これから起きる事、やるべき事を指示して電話を終えました。
こう云う時に頼って戴けるのは有り難いですね。
突然の事で慌てたでしょうが、その方も長く通って来ておられて、かなり成長されているのだなと確認出来ました。
昔なら、パニックになって大変だったろうと思います。
これを機会に、また一つ成長して行くだろうと思います。
ご自身もご主人も、また私も、何となく予感はありましたが。
多分、その方が訃報を聞かれた頃でしょうか、我が家の洗面所の配水管が外れました。
普通、あり得ない事だと思いますが、多分、その頃に訃報を聞かれて一瞬パニックになったのでしょうね。
その思いが飛んで来たのかなと思いました。
すぐに、私が直しましたが、こんな事が何故起こったのか不思議でしたね。
パニクって、すぐに私を思い出して頼ってくれたのかなと思います。
有り難い事です。
これで終りではなく、今からやるべき事がありますが、一つ一つ立派にやって行って欲しいですね。
サポート出来る事はしようと思っています。

バナー

精神世界だけでは解決しない

2014 - 03/07 [Fri] - 01:30

 スピリチュアルや霊的な事に意識が向いている方は、ついそちらの方に思考が向いて仕舞う場合がありますね。
過去世の記憶を辿ってみたり、ビジョンで見える世界に入り込んで仕舞って、現実的な解決方法を探す筈が、いつの間にか違う方向へ進んで入り込んで仕舞うとか。
その方向へ行くとか、見ると云うのは、自己検証になったり、問題の原因探しになる事はあります。
が、大抵の事は所詮過去の事でしかなく、既に終った事であり、また、現実とかけ離れた世界のビジュアルでしかありません。
現実的な問題を解決する為には、現実的な思考で、現実的にやるべき事をやらなければ、解決に結び付きません。
何でもスピリチュアルや霊的なもので解決出来る訳ではありません。
そう云うものも、現実的なものを見通す為に現実的な使い方をすれば、問題解決の一助となりますが、意識や考え方を間違って仕舞うと、何の意味もない事になって仕舞います。
スピリチュアルも霊的な事も、心を解放し、成長して行く為の一つの方法論であったり、哲学であったりしますが、今起きている問題を解決する力は、そこにはない場合の方が多いですね。
論理と、スピリチュアルも含めた深い洞察力、それを現実的に分析し、答を出して、その上にまた現実的3次元的な行動が伴って初めて問題から抜け出す事が出来ます。

やらねばならない事は、やるしかない。
頭の中や心の中で幾ら何を見て考えても、現実に行動しなければ、何も変わらない。

人生を豊かにする為に、目に見えない世界は大切にして行きたいですが、今生きている現実を幸せにする為には、やはり頑張る時は頑張るしかないと云う事でしょうね。


バナー

火曜日ですから

2014 - 03/05 [Wed] - 02:44

 道場へ行って来ました。
練習前は、被ったのか頭がガンガンしていました。
柔軟が終り、基本稽古の中でも痛みは軽減して来ましたが、クラクラしていました。
その後、型の稽古やミットに入ると、いつの間にか、痛みを忘れていました。
最後のスパーリングでは、今日はI二段が参加していて、手が合うと云うか、彼とは気心も知れていて、とてもやり易い相手なので、ついヒートアップ、スピードをあげてやりましたが、彼はもっと早い!!
やっぱり、強いですね、I二段は。

おかげで、完全に被りは落ちた様です。
頭痛は完全に消えた訳ではなく、また少し戻りましたが、かなり楽です。
指の怪我も気にしていましたが、余り影響なく、出血もなく、乗り切りました。
また圧迫すると痛みがありますが、完全に傷は塞がった様です。

その後、依頼があって気療。
ちゃんと効果が出てくれて良かったです。

帰りは雨が降っていました。
雨が少し早まった様な感じでしたが、気持ち良かったですね。

明日は伝授の日。
また一晩中になりそうですが、昼間に用事が出来て仕舞って成城学園まで行かなければいけません。
この用事が無事に終ると、一つ大きな仕事が終ります。
後少し、頑張ろう!!


バナー

不注意で怪我しましたが気療で何とか

2014 - 03/04 [Tue] - 01:46

指先をざっくりやって仕舞いました。
掃除機のヘッドが汚れていて、髪の毛や糸くずが絡まって仕舞って、妻が四苦八苦していたので、手伝う事に。
その際、ハサミも使っていたのですが、不注意で左手の中指の指先をザックリ。
妻が慌てて仕舞いましたが、そこは気療の出番で、すぐに傷口を圧迫して気療、そしたら傷が塞がりました。
出血も止まり、一応バンドエイドを貼っていますが、痛みもありません。
刃物は使い慣れている筈なのに、不注意です。
少しだけジンとした感じはありますが、出血もその後全くなく、痛みもありません。
我ながら、気療は凄いなと思いました。

 今日、面接にお出でになったのは、御紹介で来られ、それはそれは美しい女性でした。
聞けば女優さんだそうで、なるほど。
が、違う道を選ぼうかと迷っておられていて、色々とお話しながらアドバイス。
女優さんやモデルさんなど、色々とお会いしましたが、綺麗なだけでは売れない、大変な世界ですね。
周囲の人達との信頼関係や、人脈、そして陰での努力、そう云うものが一つになった時に大きくブレイクするのかもしれないですね。

本当に色々な方がお出でになります。
有り難い事です。


バナー

神職たる者

2014 - 03/03 [Mon] - 02:26

 今日、お詣り旅行から帰ったばかりの方が伊勢神宮でのお土産を持って来てくれました。
内宮の正殿に上る階段の所に救急車が止まっていたと云うお話。
こんな所まで救急車が入って来れるんだ、と驚いたそうですが、お爺さんが転んで顔に怪我をしたらしく、顔中にバンドエイドを貼っていたと、怪我でバンドエイドなんて事はないと思いますが(笑)それにしても、似た様な話を暫く前にも聞きました。
同じく正殿の階段の所で、大量の出血痕があり、救急車が止まっていたと、伊勢神宮へお詣りした内弟子から聞きました。
何でしょうね。
一度なら、神様から拒否されたかななんて思いましたが、二度も続くと、ね。
神域で血の穢れは最も嫌われます。
なのに、よりにもよって、正殿の前で続くと云うのは、問題ですね。
また、外宮での神職の方の参拝客に対する言動が問題ありと、内弟子が怒っていましたが、今日来た人の話では、内宮の神楽殿で、神楽が未熟でバラバラに感じたとか、神楽の最中に同じく神楽を奉納している人から被ったとか、神楽奉納者の名前を書き間違えたとか、神楽奉納後にお神酒を出すのを忘れているとか、色々と問題が出ている様です。
式年遷宮により、参拝客と云うか観光客が増えていて、神宮も対応に追われて仕舞っているのでしょうが、それにしても、職員の教育が行き届いていないとか、神域に乱れがあるとか、本質的な問題ですね。
曾ての神宮では考えられなかった様な、単純なケアレスミスや職員達の教育の行き届かない問題等、困ったものです。
今年はお詣りに行こうかと話していたのですが、どうにも腰が上らず、気が向かなかった理由が解った様に思います。
要は意識の問題ですが、参拝客が増えて、対応に追われるのは当然ですが、例えその人達をお待たせする事になっても、きちんと丁寧にやって行くのか、全部早く進めようとして、細かい所が疎かになって仕舞うのか、どう云う意識でいるか、ですね。
急ぐ余りに、細かい所が疎かになって、参拝者に嫌な思いをさせて仕舞うのであれば、本末転倒です。
その時は仕事を済ませたと思っても、後々、評判が落ちて、結果として参拝客が減り、神域が乱れて行っては意味がありません。
急がば回れと云う言葉もあり、また、遠回りは近道と云う言葉もあります。
急がず、慌てず、いつも月を写す水面の如く澄んだ気持ちで、一つ一つ丁寧にやって行きたいものですね。
神職やそこで働く職員は、その範であって欲しいものですね。


バナー

神様の日

2014 - 03/02 [Sun] - 01:29

今日は3月1日、神様の御縁日で禊祓いの為に祝詞を奉上しました。
毎月、1日と15日は、神様の御縁日として祝詞を奉上していましたが、今年からは行事として行なう事にしました。
月の最初の日に、前月の穢れを祓い、その月の安全と開運を祈り、15日に月の後半の安全と開運を祈り、半月の穢れを祓い清めます。
仏様への奉経とはまた違う、何かピンと研ぎ澄ました様な空気になるのが、面白いですね。
仏は人を守り、神は国を守る。
役割が違います。
が、どちらも親しく、身近な存在として、大昔から人々に敬愛されて来ました。
願いが叶うとか、御利益があるとか、どうしてもそう云う目で見て仕舞う事が多いですが、そんな事とは無関係に、純粋な祈り、心と魂と肉体を開放する時間を持つのも悪くないものです。
願い事がない時ほど、心を込めて祈りたいものですね。
困った時の神頼みとか、仏頼みとか、こちら側の勝手な都合で祈ったり祈らなかったり、それって人間社会での付き合い方にも通じるのではないでしょうか。
大切にするべきものは大切にして行きたいですね。

バナー

仏様も動きたいですよね

2014 - 03/01 [Sat] - 01:55

 今日は、28日不動明王の御縁日でした。
御縁日には、必ず奉経しますが、ふと不動明王って座っていて、剣を右手に持ち、左手に羂索と云う紐を持って、威厳があり、背に炎を背負っていると儀軌にも書かれていますし、仏像や仏画もそう云う姿で描かれる事が殆どですが、これって良く考えると変だよなって。
ずっと剣を立てて掲げているって、可笑しくないですか?
いつ見ても、いつでもどこでも同じ姿勢でいるって、仏様は生きているのだし、活動されている筈で、同じ姿勢でジッとしている筈がないと思って仕舞いました。
ずっと昔、凄く能力が高い人が見たお姿を形にしたのが仏画や仏像なのでしょうが、動画なんてものはなかった筈ですから、写真の様に一瞬のお姿を後で思い出して描いたものだろうなと思います。
その場で何枚も写生したなんて事はないですよね。
例えば高野山の空海のお姿にしても、凄く不自然な形で五鈷杵を持って居られます。
あんな持ち方は作法上もあり得ないでしょう。
が、何かの作法をしている途中の瞬間と云う事であれば、あの形の後も動きが続く訳で、それならあの不自然な持ち方もあり得ると思います。
本当に生きた神、仏は、決して仏像や仏画の様に止まって静止している筈はありません。

で、そこからお寺の一番奥の須弥壇の上に座る五大力尊がいて、不動明王の持つ三鈷剣の刃がシュッと三鈷に引き込まれて、単なる三鈷になって、それを不動明王が懐に収めて、ムクッと立ち上って歩き出した姿を想像して仕舞いました。
その後、他の一緒に祀られている明王達が、歩き出した不動明王を一人で行かせる訳にはいかないと、慌てて動き出したのを想像して爆笑して仕舞いました。
五大力尊と銘打っている以上、5人揃っていないといけませんからね。
降三世明王が、「またか!!」って口走ったのを聞いて仕舞いました(笑)
もしかしたら、成田山や醍醐寺などで、五大力尊が夜中にノシノシと徘徊しているかもしれないと思うと楽しくないですか?(笑)

妄想か、霊視か、霊験か、何れにしろひとしきり楽しみました(笑)

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR