感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2014年02月  

常識を打ち破る

2014 - 02/28 [Fri] - 02:39

人は色々な常識と云われるものに囲まれて生きています。
国の常識、属しているコミュニティの常識、時代の常識、科学、学問、習慣と色々な常識に囲まれ、そこに縛られて、囚われながら生きています。
どれも、間違いと云うのではなく、それぞれの都合や伝統から生まれ、出来上がって発展して来たものです。
然し、自分らしく、自分の心に正直に生きようとする時、その常識なるものが道を阻み邪魔をする事があります。
自分では、常識を打ち破ったつもりでいても、心の奥底では常識から逃れる事が出来ず、無意識に心を抑制して仕舞っている事があります。
社会に、隣人に迷惑を掛けてしまうのは問題ですが、何でも常識の範囲でしか考えられず、そこから抜け出せなければ、人と違う事をやろうなんて事は不可能です。
特に、問題解決の時に、常識と云われているものに囚われていると、出口が見つからない事もあります。
何を優先すべきか、ケースバイケースですが、思い切って常識を捨てて考えてみる事も必要な場合もあります。
本当に心を解放する為には、人間の作りあげた常識と云う名の洗脳から抜け出さなければならないものです。
3次元世界は有限であり、相互関係で生きていますから、常識と云う名のルールである程度まとめないと混乱を招く事もあります。
が、心の世界には限界はありません。
それが妄想であれ、希望であれ、無限に広げる事が出来ます。
真実は、論理理屈の中にはない、それを越えた世界にこそ真実の答はあると云う言葉を思い出します。
論理理屈は入口でしかありません。
こうでなければならない、これが常識と自分を縛って仕舞っていると、苦しくなる事もありますね。
たまには、本当に常識を捨てて、心を解放してみるのも良いのではないでしょうか。


バナー

スポンサーサイト

練習して来ました

2014 - 02/26 [Wed] - 03:41

 今日、やっと道場へ行って来ました。
雪で閉じこめられて休み、その次の週は妻の体調不良もあって休み、2週間休んで仕舞いました。
久々の道場、ハードでしたが、行って良かったです。
途中でスタミナも切れ、息が上っていましたが、無事に最後まで練習を終える事が出来ました。
身体は疲れましたが、溜っていた何かが完全に抜けた感じがあります。
自分で思っている以上に被りが溜っていた様ですね。
御縁日などでも、毎日の拝礼でも、浄化しているつもりですが、やはり身体を動かして汗を出すのは、それとは違う浄化の様です。
血流も良くなったのでしょうね。
やっぱり、空手は良いですね。
今日も、汗が額から滴り落ちました。
今日は良く眠れそうですね。
妻は、帰って来てからも翻訳の原稿と格闘しています。
エンジェルや女神の話ですが、どうせなら夢の中で直接会ってみたいものですね。


バナー

月例会

2014 - 02/25 [Tue] - 02:18

昨日は月例会でした。
浄化が始まっている人が多く、護身法に参加される人達が集まる前に、気療が始まって仕舞いました。
どこかから霊や念が飛んで来ている訳ではなく、ご自身の中から出て来ている様でした。
浄化が始まっているのでしょうね。
その後、いつも通り護身法、最初に浄化の祓いを行なうのですが、昨日はうっかり失念して始めて仕舞いました。
で、その後、梵字が終った頃に、内弟子全員での九字による祓いを行ないました。
さすが内弟子、一発で空気が変わりました。
毎回、これをやろうかと思います。
内弟子全員でと云うのは、突然思いついたのですが正解でしたね。
梵字は阿弥陀三尊。
阿弥陀様、観音菩薩、勢至菩薩。
三尊仏は、釈迦三尊もやりましたが、残るは薬師三尊でしょうか。
梵字も、皆さん上達されて来て、中には入魂も出来る様になっている方もいます。
また、入魂したものと、してないものの区別は殆どの方がつく様で、かなり皆さん感覚が上って来ています。
凄いですね。
護身法は終った時は、いつも皆さんの気が上っていて、部屋が暑い位になっています。
梵字でも、無意識にかなり気を集中するので、終ると疲れて仕舞う人もいます。

その後の勉強会では、天使がテーマでした。
天使とはそもそも何だろうから始まって、色々な話に広がって行きました。
参加者の中にも天使の魂を持つ人が見つかったり、大変楽しい時間となりました。
御本人はお寺が好きと仰っている様ですが、天使だから教会と云うものでもないと思いますので、不思議とは思わないですね。
ま、この世に人として生まれる為に降りて来るには、色々な目的もあるでしょうしね。

夜になって、タロット教室が始まりました。
内弟子にタロットを教えましたが、今はその人も女性霊能者として、時にタロットも使っている様です。
その彼女を中心にタロット教室。
初めてタロットをやると云う、その生徒さん(?)も、やらせてみると、ばっちり答が出ていました。
元々の才能と力を持った人は、出来て仕舞うのですね。
これから、自分のフィーリングに合うタロットを探して、良い出会いがあると良いですね。

そんな感じで、今月も充実した、楽しい月例会になりました。
護身法でも、初級から中級へ昇格した人が二人。
どんどん皆さん、進歩しているのが嬉しいです。
また、新しい方も数名お出でになり、覚えが早くて驚きました。
続けて戴けたら嬉しいですね。

人生を楽しく生きる為に、自己のコントロールと生き方の智恵を学ぶ為の月例会ですから、楽しい時間にして行きたいですね。


バナー

着飾る

2014 - 02/23 [Sun] - 01:50

 着飾ると云う時、外見や衣服、態度等と云う場合に良く使います。
が、心の中で自分の心を着飾ると云う事も良くある様に思います。
良く良い人を演じるとか、良い子の振りをするとか、それも自分以外の人間に対してではなく、自分自身に対してそう云う行為をしている事も良くある様です。
それは多くは無意識にやっていたり、或いは本音が出て来そうになった時に自ら抑圧していたり、そう云う事がある様に思います。
その原因は、子供時代からの親に対する思いだったり、教育や躾けの結果だったり、嫌な思いをして心が傷ついた経験だったり、時には前世での生活や生き方やそこで起きた事の影響だったりします。

 心の中は万華鏡の様なもので、こうだからこうだと、論理理屈で割り切れる様なものではありませんが、心は経験と記憶の積み重ねの中から生まれて来る事もあると思うので、過去の経験やそこでの記憶が影響している事もあるかもしれませんね。

でも、心をポジティブにするのもネガティブにするのも、自分次第です。
また環境が心を変えて行くと云う事もあります。
人付き合いは、表面的なもので繋がっている場合も多いですが、心を開いてつき合える関係を一人でも二人でも持つ事が出来れば、相手に対してだけではなく、自分に対しても素直になって行けるかもしれませんね。
その為に、環境を色々変えてみたり、積極的に色々なものに触れてみたりする事は、一つのきっかけになるかもしれません。
意味のない様に思える事に、大きな意味があったりするものです。
頭で考え過ぎずに、まず行動してみるのが良いかもしれないですね。

バナー

複雑過ぎて難解

2014 - 02/22 [Sat] - 02:11

 何でもそうですが、ここの所、頓に感じるのは、何でもかんでも現代は複雑過ぎると云う事です。
ニュースを見ていても、他のメディアを見ていても、スポーツでも世の中でもルールが複雑過ぎて難解です。
国際政治のニュースなど、見ていて、余りにも複雑で、簡単には答が出せないなと感じますし、シンプルなものが凄く少ないなと感じます。
御相談を受けていても、物事を自分で複雑にして仕舞っていて、それで自分でも混乱してどうして良いか解らなくなっている場合も多いですね。
正しいか間違いか、善か悪かと云う二元論は、偏りを生み、問題だと思いますが、それにしても考えるべき要素が多過ぎて、思考や心がついて行かないと云うのが現代の特徴かと感じて仕舞います。
どんな問題でも、どれだけシンプルなものに落とし込んで行くかで、答も見つかり易くなりますね。
問題によって落とし込む次元は違うと思いますが、その次元の中で出来る限りシンプルにして行く事で、結論が自ずと見えて来ると云う事が多い様に思います。

何であれ、人が幸せを感じるかどうか、そこに尽きるのではないかと思いますが。
現代人は皆、頭が良過ぎるのかもしれないですね。


バナー

メンタルの肉体への影響

2014 - 02/21 [Fri] - 03:33

 ソチオリンピックのフィギアでの浅田真央選手のショートでのミスに対する、同じ選手達の応援ツイートが沢山出ていると云う事で、彼女の真っ直ぐな姿が仲間達の心に響き、好かれているのだなと感じますが、先程、フリーで最高の演技をしたと云う事で、何があったにしろ、彼女のメンタル面が大きく演技に影響していたのだなと感じます。
心技体と云いますが、心に乱れや不安があると、思った様に身体は動きません。
が、逆にノって仕舞うと、身体は思った以上の力を発揮して仕舞ったりします。
本番に強いとか弱いとか云うのも同じでしょう。
特にスポーツにおいて、メンタルは大きな要素であると思います。
頭脳面に於ても、メンタルの影響は凄く大きく、受験や試験で実力を発揮出来ない、アがって仕舞うと云う事は良くある事です。
いつも自分を信じて、不安感や乱れを排除する事が出来たら、と思いますね。
メンタルのコントロールも訓練だと云います。
心を鎮める事で、肉体が自由になる、肉体を解して行く事でメンタルが鎮まって行く、どちらからアプローチするにしても、そこにポジティブなイメージや、呼吸法等が重要になって来ます。
呼吸が乱れると、それだけでメンタルも乱れて来ます。
安静時と同じ様な呼吸がいつも出来ていれば、心もかなり安定するだろうと思います。
また、呼吸を止めると筋肉が硬直し易くなりますから、自然な呼吸がいつも出来ているのが理想ですね。
身体を解しながら、呼吸を調えて行くと、それだけで心の緊張が消えて行く事もあります。
またネガティブなイメージは、筋肉を硬直させ、呼吸を乱します。
ポジティブな成功イメージは重要ですね。
浅田真央選手の最終的な順位は解りませんが、彼女が最高の演技が出来たのは、嬉しい事ですね。


バナー

真っ直ぐ生きるとは、こう云う事を云うのだと

2014 - 02/19 [Wed] - 02:52

 今日は御祈願のお仕事でした。
毎年、年末に定期便の様に1年に一度御祈願にお出でになる方ですが、いつもスッキリ爽やかで、御祈願の必要などない様に感じます。
裏表がなく、きちんと、しかし堅苦しくなく、力が抜けて楽に真っ直ぐ生きて居られる様に感じます。
今年は、少し遅れて今日お出でになりました。
内弟子と一緒に御祈願させて戴きましたが、こんな祈願は初めてですと内弟子が驚く程、スッキリ、どんどん祈願も経も吸い込まれて行く様に通って行きました。
祈願していても、とても心地良かったです。
あまり気持ち良く祈願が進むので、調子に乗ったのか、帰られた後、暫くしてからかなりの疲労感が出て来ました。
気づかない内に、全開にして仕舞ったのでしょうね。
と云う訳で、本日は本来は道場へ行く日でしたが、師範に連絡して休ませて戴きました。
また日を改めて道場へ行きたいと思います。

本当に真っ直ぐに生きると云うのは、こう云う事を云うのだなと感じる様な方の御祈願、気持ちの良い御祈願でした。


バナー

仏様とのつき合い

2014 - 02/18 [Tue] - 02:47

 17日は観音様の御縁日です。
私の所では、准胝観音、白衣観音を祀っていますが、御縁日で読経しました。
観音様と云えば優美で優しい女性的なイメージを持っている方が多いですが、観音様は仏の中では波動的にかなり神に近く、優美さの裏に厳しさを持っています。
本来、仏には性別はありませんが、その持てる優美さから女性的なイメージが出来て仕舞ったのかもしれませんね。
が、ヒゲのある観音様の像もあったりします。
准胝観音などは、別名で仏母と云う事もあり、如来的な雰囲気も漂わせています。
今日の御縁日の祈りも、前回パワーでやったせいもありますが、かなり強い気が流れた読経となりました。
参加した人達が、立体的な、触れる事が出来そうな観音様を感じたらしく、観音様との距離が近付いた様に感じた様です。
仏様は、普通、仰ぎ見られます。
然し、仰ぎ見るだけで、心理的に遠い感じがすると、いつまで経っても仏様も身近にならないですね。
時に厳しく、しかし甘える事の出来る大きな存在が仏と云うものであるとするならば、もっと身近に感じられる様になると良いですね。
仏像などは、確かに下から仰ぎ見ると威厳を感じる様に作られています。
が、その御魂である仏様は偉そうにしようなどと思っていないのではないでしょうか。
身近に接する事で、仏様との距離が近付いて、甘える事が出来ると良いですね。


バナー

ブレない為に

2014 - 02/17 [Mon] - 02:04

 今日、世界を相手に仕事しているパワフルレディーが相談にやって来ました。
彼女は、色々なキャリアを積んで、各国で政府の仕事をこなして来た女性ですが、魂が天使系故か時々、大きなブレが出ます。
そんな時に、来てくれますが、今回もそうでした。
生きていると俗事にまみれて仕舞って、つい目線が下に下がって仕舞います。
が、一番大切なのは、最終的にどんな人間になりたいのか、理想を自分の中にちゃんと確立しておく事で、そこをブラして仕舞うと、目線が下がって仕舞います。
何がしたいか、なんて云うのは、まだ目先の問題であり、俗事ですね。
そうではなく、自分がどんな人間になって行きたいのか、自分の最終目標を定めて、そこを見詰め続けて行く事が、ブレないで生きる上で要かもしれません。
理想に近づく為に、妥協したり、戦ったり、寄り道したりするのですから、目先に囚われていると全てがストレスになって仕舞って、精神的にも肉体的にも追い込まれて仕舞う事もあります。
俗事は生きて行く上で大切な面もありますが、そこに囚われて、一番大切な理想を失う事のない様に、目線だけは高く保っていたいですね。


バナー

雪かきと禊

2014 - 02/16 [Sun] - 02:00

 今日は神様の御縁日でした。
が、入口に繋がる道が、積雪40cm以上あって、幾ら何でも足許が悪過ぎるだろうと思って、急遽、道具もない中、塵取りで雪かきしました。
途中、折れた木が道を塞いでいたので、それを取り除く時に、指の皮を少し削いで仕舞いました。
後になって、何だか痛いなと思ったら、ちょっとだけ皮が無くなっていました(苦笑)
取り敢えず通り道は出来たなと云う所で、地面にこびりついた氷を少し取っておかなければと思いましたが、その時には塵取りがプラスティックだったので、割れて仕舞っていて役に立たなくなっていました。
思わず、そこを蹴ると、氷が吹っ飛んで行きました。
履いていた長靴が優秀だからだと思いますが、思ったよりも自分の蹴りが強いのか、蹴り進むとどんどん氷がなくなって道が出来ました(笑)
今週は道場へ行けなかったのですが、100本蹴り位はしたでしょうか。
無事に?一応通り道が出来たので一安心。
お参りには、根性のある人達が何名か来てくれました。
数日前から飛んで来ていた瘴気を祝詞を詠みながら一気に祓い、スッキリしました。
祝詞が終った時、雪かきの疲労もあってか、へばっていました(苦笑)

 明日は天気も良くなると云う事で、雪が融けてくれると良いですね。
足許は暫くは悪いでしょうが。
今日、そとでは一生懸命に雪かきをしている人達の音が響いていました。
御苦労様です。

しかし、水曜日にまた雪の予報が・・・!!
今度は、大雪にならないと良いですね。

バナー

大雪でしたね

2014 - 02/15 [Sat] - 01:49

外を見ると、まるで雪国かと云う程、雪が積っています。
先週の雪も大変でしたが、今回の雪は湿っぽく、べったりと壁やベランダのネット、電線等についています。
東京に住んでいると、こう云う雪はたまにですから、物珍しかったり、嬉しかったりする事もありmすが、通勤されている方や、雪国の方にとっては笑い事ではなく、深刻な問題ですね。
東京ではチェーンなど殆ど必要なく、雪国の運転の仕方も歩き方も知らない人が多くて、そのせいで事故も多発している様です。

 明日は15日、神様の御縁日とされている日です。
1日と15日は、神様の日ですが、この日には榊を新しくして、灯明を灯し、祝詞を詠んで、しっかり禊したいですね。
雪は浄化と云いますが、神様の日の前に浄化してくれたのでしょうか。
ですが、雪の融け始めは美しくないのですが。
嫌なものは全て雪に吸収して貰って、スッキリしたいですね。


バナー

バレンタインデー

2014 - 02/14 [Fri] - 01:29

 昨日の伝授で内弟子達から、沢山のチョコレートを戴きました。
少し早いバレンタインデーです。
それぞれ心がこもっていて、とても有り難く、温かい気持ちになりました。
私は基本的に間食はあまりしません。
が、夜中に仕事している時に、血糖値の低下を感じて仕舞う時があり、そう云う時にチョコレートを口にします。
世の中に美味しいチョコレートは幾らでもありますが、心のこもったものは、身体だけではなく心まで癒してくれますね。

甘いものは色々ありますが、どちらかと云うと私は和菓子系は苦手で、嫌いではないのですが、後で胃もたれして仕舞う事があります。
逆に、洋菓子系は好きです。
若い頃にフレンチの食事の後、デザートでサンプルで持って来てくれるケーキを全種類食べた事もありましたね(笑)
マルジョレーヌと云うケーキは、頭が痛くなる程、甘くて参りましたが、ロールケーキですが一本丸々ワインを飲みながら食べたと云う猛者もいましたね。

 内弟子達の温かい気持ちに感謝した伝授の日でした。

バナー

建国の日

2014 - 02/12 [Wed] - 02:21

 2月11日は紀元節、建国記念日でしたね。
2674年前、神武天皇が即位された日を紀元節として明治時代に決められ、その後、橿原市にある橿原神宮に隣接している神武天皇陵に於て明治天皇が遙拝式を行なったとされます。
その後、昭和42年に建国記念日となりました。
その間、第2次大戦後、連合国により紀元節の廃止が行われたりしましたが、国を愛する国民の意思により昭和27年頃から復活運動が始まりました。
そして現在に至ります。

 感覚的には、私は紀元節の呼び名の方が好きですが、建国記念日、単なる休日ではなく、日本と云う国の始まりの日と云う事は忘れないでいたいものですね。
曾ては、紀元節には各家に日の丸を掲揚し、紀元節の歌を歌ったと云います。
また、各神社でも紀元節祭が行なわれたと云います。

 国を愛し、建国を祝い、日の丸を掲揚する事が右傾化であるかの様な、また軍国主義への回帰であるかの様な議論をする愚か者がいますが、右傾化イコール軍国主義ではありません。
日本が本来持つ和を重んじる文化を忘れず、国を愛する事は大切な事であると思います。
間違った、愚かな歴史を繰り返す事なく、平和を重んじ、国を愛して行きたいですね。
その思いが政治利用されたり、極端な理論で議論される事は悲しい事だと思います。
一年に一度位は、生れ育った日本と云う国を思ってみるのも良いかもしれないと思います。

バナー

オリンピックを観て

2014 - 02/11 [Tue] - 02:10

 テレビで、ずっとではありませんが、ソチオリンピックを観ていて思う事があります。
日本選手の頑張りは素晴らしいものがあります。
メダルがどうのこうのと、マスコミや周囲の勝手な言葉は大変に不快に感じます。
また、競技の終った後の選手の態度に、爽やかさと不快感を感じる事があります。
空手の試合を観ていても思う事ですが、勝負には勝負は付き物であり、勝ちっぷり、負けっぷりと云うものがあると思います。
勝って驕らず謙虚に喜びを表す選手、勝った事に喜ぶ余り、態度も発言も高ぶって仕舞う選手、また負けて素直に悔しがって涙を浮かべる選手、負けて照れ隠しかヘラヘラして軽さを装う選手、素直に実力不足を認めて、次に向けての思いを語る選手、色々ですね。
多くの人が応援し、支援してこそ成り立つのが試合です。
オリンピックに出る迄にどれだけの人がバックアップして来ているかを考えると、勝負は兎も角、その言動には責任を持つべきだろうと思います。
負けて仕舞ったら悔しくて当り前、支援し応援してくれた人達に対して申し訳なく思って当然です。
素直な態度や言葉は好感が持てます。
が、照れ隠しか、ヘラヘラしてその場をやり過ごそうとする言動には不快感を感じます。
また、悔しい思いをしている選手に対して、気遣いもなく、傍若無人にインタビューするマスコミの態度は不快ですね。
選手は皆、良い成績を出す事を目指し、勝つ為に長い年月努力して来て、選ばれてその場に立っています。
周囲の余計なプレッシャーや、気遣いのない行動が、選手達を追い込んで仕舞って、そう云う不快な態度に走らせているのかもしれないですね。
スポーツと云えども、戦う者は戦士です。
戦士たる者、潔く、真っ直ぐであって欲しいと思います。

バナー

物への拘り

2014 - 02/10 [Mon] - 02:55

 良く、弘法は筆を選ばずと云いますが、それ程、弘法大師が字が上手かったと云う例えであり、本当に弘法大師が筆を選ばなかったかと云うと、絶対にそんな事はある筈もなく、何でもそうですが、上達すればするほど、道具の良し悪しに拘るものです。
安物の筆と、高価な一流品と呼ばれる筆とでは、明らかに感触も違い、書き易さも違います。
安物買いの銭失いと云う言葉もありますが、良い道具を選ぶと上手くなるのも早いと云います。
良い物と云うのは、それだけ人間の持つ感覚を大切に考えて、長い時をかけて生み出された物ですから、高い物が良いと云う事ではないですが、良い物は高いと云えるかもしれないですね。

今回の雪でも、雪掻きするのに、東京では雪掻き用のスコップを用意している人は少なく、ちり取り等を利用している方も多い様ですが、やはり用途に合った道具と云う物があります。
相応しい道具を用いれば、労力も軽減出来、時間も半減する事が多いですね。

ブランド好きの様な、意味も解らず、ただの見栄っ張りの様なのは如何かと思いますが、良い物は高いのは当然ですが、自分に合った、使用する場面に相応しい、最高のパフォーマンスを生み出してくれる道具には拘りたいですね。
ペン一つにしても、手に馴染み、自分にとって最高と思える物が見つかると、長く愛用出来ますし、少々高くても長く使う事でコストパフォーマンスは下がるでしょう。
何十年も使っているペンや、その他の道具、また衣服など、幾つもありますが、それらが本当に駄目になって使えなくなると、新しい物を探すのは大変な苦労ですね。
自分の感覚を大切にして行くと、物にも拘って行く事に繋がる気がします。

バナー

暴風雪

2014 - 02/09 [Sun] - 01:37

 昨日深夜から降り出した雪が一日中降り続けて、今、殆ど止みかけていますが、外はまるで雪国の様相を呈しています。
30cm近く積っているでしょうか。
酷い時は風も強く吹雪の様な状態でしたが、風はまだ時折強く吹きつけている様ですが、雪はどうやら落ち着きそうです。
東京も毎年雪が積る日が一日か二日ありますが、これ程の雪は確かに久し振りですね。
昨年も雪が酷く、義母が丁度東京へ来ていて、宿泊先を探して大騒ぎになった事がありました。
義母はその時、奇跡の様に自力で宿泊先を見つけて仕舞ったと云う驚きもありましたが。
東京は、雪に慣れていないので、ほぼ完全にマヒして仕舞いますね。
こんな思いを雪の降る地方の方々はいつもしているかと思うと、頭が下がります。

然し、雪は浄化の象徴で、確かにスッキリと空気も澄んで来て、被りも落ちて行く様な気がします。
世の中の様々な穢れを浄化してくれたら嬉しいですね。

自然の力には勝つ事は出来ないのだなと、改めて実感して仕舞う様な雪でした。
明日は晴れて気温も上ると云いますが、日陰は雪が残って凍結する可能性もあります。
足許には呉々もお気をつけ下さい。

師範のブログによると、こんな大雪の中、道場へ練習に行った強者達がいる様です。
私も昔、大雪の時に道場へ行ったら、どうせ誰も来ないだろうと師範が道場を閉めようとしていたと云う事がありました。
時代が変わっても、熱い思いを持った人達はいるものですね。
読んでいて、何だか嬉しくなって仕舞いました。
頑張れ、強者達!!

バナー

陰の努力

2014 - 02/08 [Sat] - 02:46

 一見華やかに見える姿を表とすると、そこに到る陰での努力や精進は裏の姿と云う事になるのでしょうか。
ソチオリンピックが開催されていますが、そこに出場出来る選手は世界中の選手達の中のほんの一部、選ばれた特別な人達です。
応援する側は、メダルが取れた取れないと勝手な事ばかり云いますが、そこに到る迄の一般の人の目に触れない努力と精進、それは凄まじいものがあると思います。
空手でも、大会に出る選手は、空手をやっている人の中の一部でしかなく、そこで成績を残して有名選手になるのは、またその中の一部、特別な存在です。
普段から選手達の努力を側で見ていると、到底真似出来る様な次元のものではないと思います。
どんな世界にも表の姿と裏の姿があります。
芸能人然り、スポーツの世界も武道の世界も、普通の仕事の世界も。
職人の世界は良く話題になりますが、達人と呼ばれる人達の、長年の努力や精進を思うと、ただ凄いなとしか云えませんね。

 物事は表面だけで判断しないで、そこに内在する裏の姿、そこに到る迄の凄まじい努力と精進を思い遣りたいですね。
そうすると、全ての物も人も、徒や疎かには出来ないなと思います。
沢山の人の手を経て、物は流通し、人々の手に渡り、口に入ります。
また、何気なく目の前で行われている、それぞれの道のプロの仕事(中にはプロらしく仕事しろと思う時もありますが)、そう云うものを違った目線で捉える事が出来る様になると良いですね。

バナー

スピリチュアルな文章

2014 - 02/07 [Fri] - 01:35

 妻がスピリチュアルな関係の本を翻訳している関係もあり、私も時々、翻訳途中の文章や原文を読ませて貰う事があります。
時には、スピリチュアルや神秘学、聖書関係や仏教関係の専門用語の手伝いなどもする事もあります。
業界用語と云って良いのか解りませんが、その世界を知らない人には理解不能な言葉がどの業界にも存在していて、スピリチュアルな世界にもそう云う言葉はあります。
私達には常識的な言葉でも、妻にはチンプンカンプンと云う事もある様です。

文章を目にしていて良く思うのは、論理構成や理論が、普通で考えると成り立っていない、破綻している事が多いと云う事です。
感覚の持主が書いた本ですから、厳密に論理だけで書いている筈もありません。
当然と云えば当然です。
スピリチュアルな人が書いたり話したりする論理や理論は、本人が経験と感覚の中から掴み取ったものが殆どであり、それを説明する為に、科学や医学や他の様々な理論を引き合いに出す事が多く、その理論が絶対であるとか、正しいと証明する事など不可能に近いでしょう。
人の心に腑に落ちるかと云う事が重要であり、その整合性や正しさをそこに求めても意味がないと思います。
それぞれの人が、幸せに近づく為の道筋を示す為に、説得力の一つとしての理論であり、正しいか間違いかではなく、成程と腑に落ちて、その道筋で幸せに近づければ良いだけの事です。
それは時に怪しく、また傲慢に映る事もあると思います。
それで良いのではないでしょうか。
その人が自分で掴み取って来たものですから、他人がとやかく云うものでもないでしょう。
そこで歴史的な知識や、科学的な検証、過去からの文献等を持ち出して云々する事自体、可笑しく感じて仕舞います。
世に数多くスピリチュアルな人がおられ、それを生業にしている人も沢山居られます。
皆、幸せの道を示す為に努力されていると思います。
妻の仕事が、その人達の一助になればと、横で頑張っているのを眺めています。

バナー

雪が降りました

2014 - 02/05 [Wed] - 03:15

 節分が終って立春の今日、雪まで降って寒かったですね。
道場へ行って来ましたが、途中、所々、雪が残っていたり、凍結している所がありました。
道場の駐車場も凍結していました。
雪は降っていなくても、凍結は要注意です。
出がけにタイヤにスプレー式の滑り止めを念の為にしておきました。
完全に雪が積って仕舞ったら役に立ちませんが、今日の程度であれば充分に力を発揮してくれます。
おかげで取り敢えずスリップしないで行って来れました。

立春も、本来は旧暦で行われていたものが新暦になってもそのままの日にちでスライドしたものだとすれば、今ではひと月ほど先が相応しいのだろうと思いますが。
旧暦の時に行われていた行事が、新暦になってそのままの日付でスライドしたものは結構あるかもしれないですね。
毎年、年末に良くやる忠臣蔵等も、12月14日、新暦で考えれば1月と云う事になるでしょうから、当時の時代を考えると雪が降って当然でしょうし、寒かったでしょうね。

これだけ寒くても、道場での練習はしっかり汗だくになりました。
が、練習が終って掃除をしていると、急速に身体が冷えて来ます。
なので、夏なら練習後も自主トレの時間ですが、皆早々に帰りました。
運転して帰りますが、車が温まって暖房が効き始めるまでは、手がかじかむ程でした。
やっと温まったなと思った頃、少ししたらもう家に近く、車庫に入れて家に入るまでにまた冷えて仕舞います。
汗を流す為にお風呂に入りますが、冷えて汗などとっくに引いて仕舞っています(笑)
明日は晴れるそうですが、まだまだ寒い日が続きそうです。
急激な温度変化は体調を崩し易いので、気をつけて下さい。


バナー

祈りにも色々あります

2014 - 02/04 [Tue] - 02:51

 昨日、一日早い節分厄除祈願会を行ないました。
1月は新年早々にも関わらず、何故か凄く疲れた月でした。
九星術などの考え方では、節分までは前年であり、節分が過ぎると本当に新年が来ると云われます。
その真偽は兎も角、節分の祈願が終った後、参加した皆に聞くと、スッキリしたとか身体が軽くなったと云う言葉が次々と出て来ました。
経を詠み、祈願していた私は、終った時は消耗していると云うか、ボーッとして仕舞っているので、そんな感じもしませんでしたが。
その後、歓談が続き、夜遅くまで残っていた人達と話していて、祈りの話になりました。

 祈りと云うのは、願いを叶えると云う、ある意味ではとても現実的な生臭いものと、ひたすら神仏を目差し求めると云う神聖なものとがあります。
どちらが正しいとか、どちらが上とか下とかと云うのではありません。
人間の実生活に密接な祈り、人間の生活とはかけ離れた、ひたすらに神や仏を求める祈り、どちらも存在していると云う事です。


どちらの祈りであれ、真っ直ぐな純粋な心で、そこに曇りがなければそれだけの力を発揮すると思います。
お百度参りの様に、或いは修験道の奥駆けや瀧行の様に、時には命がけの祈りもありますが、そこまでの覚悟で祈る姿は、やはり美しいですね。
昨日の祈願で、参加した方々の真っ直ぐな祈りが、私の背を通して神仏の方へ向うのを感じました。
皆さんの真剣な祈りは、美しい光の様に感じられました。
日々の勤行や御先祖様への御挨拶、神棚での拝礼も、そう云う気持ちで祈る事が出来たら良いですね。


バナー

自信を持つ

2014 - 02/02 [Sun] - 02:02

 自信をつけたい、自信がないと云う人はとても多いですね。
逆に、何かに自信があると云う人もいますが、聞いていて、その自信が本物かどうか疑わしい時もあります。
何かが出来るとか、何かを持っているとか、そう云う物事に自信の根拠を持って仕舞うと、その自信を崩して仕舞う物事に必ず出会う時があり、簡単に自信は崩れ去ります。
何かが出来たとしても、それ以上に出来る人は必ずいます。
何かを持っていたとしても、それを失うかもしれませんし、それ以上の物を持っている人も必ずいます。

自信なんてものは、つけたいと思ってつくものでもないですね。
気がついたら、自信がついていた、と云うのが正解なのではないかと思います。
長年、一つの事をずっと続けて来たとか、何かを成し遂げて来たとか、本物の自信と云うのは長い時間の中かから自然と生まれて来るものではないかと思います。

そして、その自信が、また長い時を経て、誇りへと変わって行くと、それは信念と云うものになって行くのかもしれないですね。

何かの物事ではなく、自分自身の努力や生き方、生き様に自信が持てる様に、毎日を大切にして生きられたら、ブレなくても良くなるかもしれませんね。
時間はかかっても、そうやって積み重ねて来たものの上に生み出される自信は、きっと絶対に揺るがないものになって行くのではないかと思います。
少しだけ頑張って、何かをずっと長く続けてみると云うのがスタートになるかもしれないですね。


バナー

心を乗せて行く

2014 - 02/01 [Sat] - 02:37

 月例会で学んで事を、自宅でも練習したり、自分のお仕事にも使っている方が居られます。
とても嬉しい事です。
月例会で学んで、それだけで終りと云うのは、ただの習い事の様になって仕舞うので、習った事を日常でも活かして戴ければと思ってお教えしていますから、こう云う人が増えて来るのは大変嬉しい事です。
護身法でも、梵字でも、呼吸法でも、気療でも、日常で使って日常を快適にして戴ければと思います。
どれも、究極は心と身体と意識を統一する方法をお教えしています。
それぞれは、具体的なテクニックだったりしますが、心が乗らないと単なる形になって仕舞います。
心の乗った動きは風格があり、淀みがなくなり、とても美しく人の目に映ります。
色々な道の熟練者や達人にお会いして影響を受けて来ましたが、どの方もその所作や考え方に心が乗っていたと思います。
身体の動きに心を乗せると云うのは良く云われる事ですが、物事を考える時にも心を乗せて行くと云うのは大切な事だなと思います。
良く真剣に考えると云いますが、考える時には感情を入れずに、冷静に、然し心を乗せて行くと、深い所まで考えが及んで行くものです。

所作にも、意識にも、考えにも、全てに心が乗って行くと、本当に自分らしい、美しい姿がそこに生まれて来ると思います。


バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR