感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2014年01月  

時々、アウトロー

2014 - 01/31 [Fri] - 01:25

 常識とか云いますが、それって人間が作りあげた固定観念でしかない時ってありますね。
何かの問題を解決する時、常識と云う固定観念を捨てて、非常識とも思える突飛な発想が問題解決の糸口になったりする事もあります。
社会常識は、コミュニティで生きて行く上で必要な事ですが、これが常識と囚われていると、時代の移り変わりに付いて行けなかったり、しなくても良い苦労をして仕舞う事に繋がる時もあります。

我々が持つ感覚についても、そんなものはないと云う常識と、あるものはあると頑固に自分の感覚を信じ続ける考え方と両者が存在しています。
ないならないで良いのです。
が、そう云うものを感じる自分の感覚を、常識と云う枠で縛って仕舞って否定する必要もないかなと思います。

人間も動物であり、元々は野生の動物達と何ら変わりません。
が、文明と文化のお陰で、そう云う感覚を必要としない生活を長くする様になって、感覚が衰えて仕舞っているのも事実でしょう。
たまに先祖返りの様な感覚の鋭い人がいて、無意識の内にそう云う感覚を訓練して仕舞って強くなって仕舞う人もいます。
武士が殺気を感じると云うのと同じ様なものでしょうか。
本来は、誰でも持っている感覚で、特定の訓練を施せば、特殊な感覚など誰でも持つ事が出来ます。
そこに、熟練度があったり、得意不得意ではないですが、感覚の強い弱いはありますが。

私の所に通って下さるプロのヒーラーやセラピストさん達も同じ事を云います。
セラピーやヒーリングは誰にでも出来る、と。
私もそう思います。
が、プロのレベルの仕事を考えた時、そこに熟練度や才能は当然ながら存在すると思います。

何を以て常識と云うのか、その根拠を一度考えてみるのも良いかもしれないですね。
常識に囚われない自由人と云う生き方や考え方も面白いものです。
今日話題になった女性科学者も、常識を打ち破ったと云えるでしょう。
その過程で、批判されたりしながらも、常識に囚われずに自分の思いを信じて結果を出したと云う事は、素晴らしいですね。

時には非常識と云うのも、楽しいかもしれません。
余り極端と良くないでしょうが、ちょっとだけアウトローと云うのも格好良いかもしれないですよ。


バナー

スポンサーサイト

御供養の後、空手

2014 - 01/29 [Wed] - 03:14

 今日は昼間に御供養があり、内弟子も集まって、奠供と理趣経の奏の中、しっかりと御供養が出来ました。
また、不動明王の御縁日でもあり、理趣経の中で、真言の読誦を入れて不動明王に祈りました。
御供養は毎回、かなりのエネルギーを使いますが、今日も読経が終った時、汗だくになっていました。
が、供養を受ける御霊や御先祖様達が幸せになって行くのを手助け出来るのはとても幸せです。
良い御供養が出来た時は、本当にホッとした気持ちになる事が出来ます。

夜は、足の調子はまだ痛みがありますが、筋肉が固まって来ているので、解すつもりで道場へ行きました。
軽く加減しながらやるつもりでしたが、始まって仕舞うと、痛みも忘れて目一杯やっていました。
やはり病気ですね、これは(苦笑)
でも、お陰で被りも落ちてスッキリして、足の筋肉も緩んでくれました。
後は日にち薬と云う所でしょうか。

日曜日には節分祈願会も行ないます。
祈りの中に時を過せるのはとても幸せです。
そこに、区切りの様に空手があり、とても素敵な毎日を過しているなと、実感しています。

バナー

1月の月例会、終了しました

2014 - 01/28 [Tue] - 02:41

 昨日は月例会でした。
いつも通り、護身法から入り、その後一休みして梵字のお稽古、今回は十三仏をやりました。
梵字もかなり皆さん上達して、スラスラと書ける様になって来ました。
中には自分で入魂してお守りに出来て仕舞う人も出て来ました。
梵字はそれ一文字が仏様を表しますから、そう云う事も出来て仕舞うのですね。
呼吸と身体と心を一つにして、魂を込めながら書くと、その場で入魂出来て仕舞います。
皆さんの上達振りに驚きですね。

その後は、一休みしながら質疑応答の時間ですが、今回は霊感についての話題が出て、霊感のある人達の体験や感覚について色々と話して貰いました。
霊感や霊能力と云っても、所詮は感覚の一つでしかなく、道具でしかありません。
今そう云う感覚を持っている人は、急にそれがなくなると、凄く大きな違和感や喪失感を持つと思いますが、今そう云う感覚を持っていない人が、急にそんな感覚を持って仕舞うと、やはり凄い違和感を感じて混乱して仕舞うと思います。
また、見えたり感じたりする事は、良い事よりも辛かったりする事の方が絶対的に多いですし、その感覚があったとしても、どう使うかが問題で、それが生きる上での幸せに繋がるなら良いですが、そうでなければ見えるから感じるからと云って、それがどうしたと云う事になって仕舞います。
質疑応答でも、大切なのは幸せに生きる事であって、力を得る事ではない、と云う結論になりましたね。

護身法でも、上級には気療を教える事にして、鍼灸師で気療師でもある内弟子を中心にして指導し始めました。
重篤なものは絶対に医者に受診するべきですが、簡単な不調や痛み等を気療で改善する事が出来れば良いなと思います。
護身法で身につけた観想や気の力を用いて、徐々に熟達して貰えたらと願っています。

結局、最後の人が帰ったのは午前2時過ぎ位でした。
ここで過す事で元気になり、活力を得て戴ければ嬉しいですね。
日常を頑張る為の非日常の空間として、私も頑張って行きたいと思います。


バナー

昔を懐かしむ

2014 - 01/26 [Sun] - 02:14

 郷愁とか思い出と云うものは誰にでもあります。
過ぎ去った過去の中の比較的良い思い出の部分とも云えるかもしれませんね。
昔は良かった、と高齢者が良く口にすると、ある種馬鹿にする様な意味で云われますが、誰にでもそう云う感覚はあるものです。
誰にでも、自分が輝いていた時代や、楽しかった時代の思いは残っているものですね。
過去を振り返っても何も変わりませんし、過去に囚われていて未来を見る事が出来ないのは問題ですが、時折、昔を懐かしむ事を否定する必要もありません。

 私も時々、昔を思い出します。
若い頃の無茶をした時代、そこで過した時間や場所や相手、そこで学んだ事や色々な事を想い出します。
年月を経て、年を取ったなと思ったりする事もあり、あの時代に戻りたいと思う事もあったり、色々ですが、そう云う時代があったから今の自分があり、これからもそうやって思い出を作りながら歩いて行くのだろうなと思います。

郷愁は大切にして、未来をしっかり見詰めて、今日を大切に生きて行きたいですね。

バナー

我が儘で傲慢で良いでしょう

2014 - 01/25 [Sat] - 02:57

 世の中には3人、自分とそっくりの人間がいると云います。
が、自分と云う人間は、一人しかいません。
同じ人間などは存在しません。
ですから、人がどう思おうと、批判されようが肯定されようが、気にしないで自分らしく生きるのが一番です。
同じ人間は一人としていない、だから世の中は成り立つし、楽しいのですから、人に合わせて自分を押し隠す必要もありません。
社会で生きている以上、妥協は必要な事があります。
が、それは妥協であって、自分を押し潰す事ではありません。
自分の持っている考え方や感覚は、人から理解される事はあっても、同じ体験をしていないのですから、完全な理解などあり得ません。
似た様な経験をした者同士が、ある程度互いに理解し合うと云う事はありますが。
また、人が自分に対して否定的であったとしても、気にする必要はありません。
その人は、自分の経験で得た視野でしか物事を見ていないのであって、頭で考えて薄っぺらな理論で批判しているだけですから。
まるで評論家気取りの薄っぺらな人は世の中に掃いて捨てる程います。
気にしていたら、切りがありません。

 良い意味で我が儘に、良い意味で傲慢に、自分の生き方に自信を持って生きて行きたいですね。
誰が何を言おうと、簡単に生き方を返るなんて事は出来ませんから、自分の心に従って自分が正しいと思う通りに生きるのが一番です。
昔から、人から憎まれたり批判されたりしたら一人前と云います。
ちゃんと自己確立が出来て、自分らしく生きているから、人の目にそれが映り、話題にもなると云う事ですから。
自分らしく、今日一日を精一杯、思い残す事のない様に輝きましょう。


バナー

身体を冷やさない様に

2014 - 01/24 [Fri] - 02:59

 身体が冷えて来ると結構不良が起きて来て、抵抗力が下がります。
暖房や、沢山着込む事で少しは改善されますが、内部から温めないと血流は良くなりません。
そう云う意味では入浴等は時間をかけて入ると良いですね。
また、深い呼吸は大切です。
呼吸と共に下腹部の括約筋を動かす事で、インナーマッスルが動き、それによって血流も改善されたり、体温が上って抵抗力も上って来る事もあります。
ストレスは、身体の血流を悪くして仕舞います。
何でもストレスを軽減したり解消したり出来るものを持ちたいですね。
出来れば運動が良いと思いますが、急な激しい運動は却って身体を傷めますから、気をつけましょう。

 私の傷めた足ももう一息と云う所です。
自分で気療したり、傷めた所に気を集めて、改善中です。

 それにしても乾燥が酷いですね。
乾燥すると皮膚も粘膜も潤いをなくし、体内を守る役割を果たせなくなります。
加湿器等を上手く使って、適度な湿度を保ちたいですね。

 何をするにも身体が資本です。
健康な精神は健康な肉体に宿る、かどうかは分りませんが、元気でなければ気力も湧かず、何も出来ません。
体調管理、しっかりやりましょう。


バナー

メンテナンスの勧め

2014 - 01/20 [Mon] - 02:44

 今日、また女優さんがメンテナンスに来てくれました。
犬好きな彼女、終始、犬の話でしたが、その後の気療で固まっていた背中を緩めて貰いました。
背筋の一方だけが緊張した状態で、ピラティスをやっているとの事でしたが無理をしたのでしょうか。
寒さの影響もあった様で、内蔵もかなり冷えていましたね。
そのせいで冷えのぼせの様な状態になっていて、頭部の血圧が上って内面で浮腫みが出ていた様でした。
気療して、ゆっくりと身体を解して行くと、途中でいつも通り呼吸が深くなりました。
今回もまた眠ってしまった様です。
終って起すと、お風呂上がりの様な感じでとても気持ち良さそうにしてくれました。
寝起きの怠さの様なものを感じた様でした。

何であれ、リラックスして元気になってくれたら嬉しいですね。

定期的なメンテナンスは必要だなと思います。
あまり疲労が溜まり過ぎたり、歪みを放置しておくと、それが普通だと身体も心も記憶して仕舞いますから、いざメンテナンスと云う時に中々調整が上手く行かない事もあります。
軽い内に、定期的にメンテナンスしておくと良いですね。

その際に大切なのは、施術者との相性。
触れられる訳ですから、相手を選ばないとメンテナンスしに行くのに被って仕舞ったと云う事になる事もあります。
また、やり過ぎて、後で揉み返しの様に副作用が出る事もあります。
自分に合う施術者と出会うまで、あちこち行ってみるのも良いかもしれないですね。

バナー

ゆっくり息をしましょう

2014 - 01/19 [Sun] - 02:12

 呼吸が浅い人は、やはり何となく弱い人が多い様に思います。
胸呼吸、肩呼吸、腹式呼吸と云いますが、お腹も胸も肩も全部使って深い静かな呼吸が出来たら良いですね。
爬虫類、特に蛇類が長生きなのは、呼吸が静かで長いからだと云う話が昔ありました。
それが事実かどうかは別として、呼吸が深いと身体に酸素を沢山取り込み、細胞が活性化すると云う話もあります。
医学的な事は兎も角、武道でも精神世界でも昔から呼吸は重要視されて来ましたね。
ストレスが溜ったり、疲労が溜ったりすると、どうしても呼吸が浅くなりがちです。
何とか工夫して、深い呼吸が出来る様にしたいですね。
ストレッチをしていても、呼吸が止まると筋肉が固くなって伸び難くなります。
ゆっくり、全身に息が行き渡る様な感覚で、静かな呼吸が出来ると良いですね。
私が昔習った呼吸法は調息法の一種で、自分の耳で自分の息の音が聞こえない位にゆっくり静かな呼吸をすると云うものでした。
少しずつで良いですから、自分の息を意識して、呼吸の時間を延長して行けたら良いと思います。
まずは意識するだけでも、結構息が伸びるものです。


バナー

成人式

2014 - 01/18 [Sat] - 02:28

 今日、成人式を終えた女性が、写真を見せに来てくれました。
成人式の前に写真館で撮ったものらしく、綺麗な着物がとても似合っていて、とても素敵な写真でした。
この子は、生まれた時からの付き合いで、産院で産まれてすぐに抱き上げたのが私の母でした。
その子が、もう二十歳、早いですね。
この子の両親とは、もう28年の付き合いですが、今日話していて、何となく昔を思い出して仕舞いました。
大学生で二十歳になった彼女、あの赤ん坊がこんなに綺麗な女性に成長するとは、何となく親の様な気分になってしんみりして仕舞いますね。
長く、家族ぐるみで突き合ってくれている相談者が多いのですが、これだけ長いとまるで身内の様な感覚がありますね。
何度も一緒に参拝旅行に出かけたり、今日来た子も赤ん坊の頃から参拝旅行に何度も行きましたね。
彼女が3歳の頃、旅館の浴衣を着た可愛い姿が今でも目に浮びます。
こうして長く憑き合って行ける御縁は嬉しいですし、有り難いですね。


バナー

心の中の光

2014 - 01/17 [Fri] - 01:50

 正月以来、結構疲れる事が続いていましたが、それも段々と消え去って楽になって行く感覚があります。
いつも心に光を持っていたいですね。
神とか仏とか、そう云う特別な存在でなくても、自分の中にある光を信じて、心を真っ直ぐに保ちたいものですね。
そうすると、ネガティブな事も徐々にですが消えて行きます。
御心配戴いた足も内弟子のA君の気療のお陰でかなり改善しました。
沢山のコメント、有難う御座居ました。
全く正座も出来ませんでしたが、昨日の伝授での気療のお陰で、今日は座る事が出来る様になり、階段の上り下りも不自由でしたが、完全ではないですがかなり楽になりました。
A君、力をつけましたね。
今、私が安心して身体を任せる事が出来るのはA君だけです。
まだパワーレベル等、不安要素はありますが、頑張って欲しいと思います。
色々な感情や波動を感じて仕舞う感覚を持っている人は特に、いつも心の中に光を持ち続けていたいですね。
その光が、自分自身をきっと癒してくれて、良い方向へ導いてくれます。

バナー

寒いですね

2014 - 01/15 [Wed] - 02:36

 今日も道場でしたが、行き帰りは恐ろしく寒かったですね。
結構重ね着をしているのに、震えが来る程でした。
今日の参加者は、内弟子のA君、妻と私、師範の四人でした。
少人数の練習も面白い時がありますね。
が、途中で足を傷めて仕舞いました。
嫌な傷め方なので、軽い肉離れの様な状態でしょうか。
明日の伝授で、内弟子のA君に、しっかり気療して貰いましょうか。

道場はただ通っても上手くなりません。
自分でテーマを決めて、自分に宿題を与えて行かないと。
どうしたら身体に負担がかからないか、どうしたらもっと威力が上るか、等々と試行錯誤し続ける事が大切だと思います。
何十年やっても、毎回何かテーマと課題が見つかります。
奥が深く、だから楽しいと思いますね。

人生も同じかもしれません。
これで良いと思って満足した時点で、歩みが止まって仕舞うかもしれない気がします。
夢と現実のバランスを取りながら、前を向いて、いつも何かの宿題を見つけながら進んで行きたいですね。

今日来られた面接者と話していましたが、出ている私の本が私のキャラの一部だけを凄く強調した様になっています(苦笑)
ハッキリと物言いするのが毒舌と云う事になり、高圧的で傲慢なキャラに描かれて仕舞っています。
一般受けする為には、それで良いと思いますが、そのイメージだけが先行するのはちょっと違うかなと思ったりもしますね。
今日来られた方も、イメージが違うので驚かれた様ですが(笑)
大昔の時代なら兎も角、現代の皆が教育を受けているこの時代に、一方的な高圧的な物言いで人様と信頼関係など出来ません。
尊重すべき所は尊重して、ハッキリ言葉にしないとならない事は遠慮しないと云うやり方で生きて来ましたから、それが時として高圧的に映ったり、コワモテに見えたりするのかもしれないですね。
と云って、それを変えるつもりは毛頭ありませんが。

バナー

今日のお仕事

2014 - 01/14 [Tue] - 04:10

 今日は体調不良の気療と、憑依の後遺症の気療、そして除霊でした。
熱だけ出て、あまり症状のはっきりしない風邪が流行っている様で、その体調不良の気療に一人来ていて、その気療が終って話している所へ、もう一人、こちらは完全に霊に憑依されて、その後離れたのですが、後遺症が残っている様でスッキリしないと云う事で気療に。
案の定と云うか、憑依の後は霊の痕跡が残る事が多いのですが、しっかり痕跡が残っていました。
それを気療で完全に取り祓いました。
その後、別件で憑依現象を一つ解消。
こちらは、憑いていた霊の希望で消滅させる事となりました。
霊が消滅して行くのを目撃した、疲れていた本人はショックが大きかった様ですが、本体そのものの希望ですし、これでその魂も原初に戻って、完全にクリアになる訳で、その霊が持っていた拘りも苦しみも、完全に消え去った訳ですから、一つ解決。
ま、そのまま成仏も出来たと思うのですが、自ら消滅を望んだその霊の覚悟に感銘を受けました。
こう云う肝の据わった霊もいるのですね。
と云う訳で、中々にハードな一日でしたが、こう云う日もあるのですね。
何れにしろ、皆さんが楽になって戴ければ嬉しい限りです。


バナー

残すべき文化

2014 - 01/13 [Mon] - 01:29

 正月が終り、松の内も7日で終った事になっています。
私の考えでは松の内は15日と思っています。
松の内には色々な説がありますが、以下の様な説もあります。

もともと、鏡開きは松の内が終わった後の1月20日(旧暦)に行われていた。しかし、徳川家光が慶安4年(1651年)4月20日(旧暦)に亡くなった際、徳川幕府のお膝元である関東では1月20日を忌日として避けるようになった。鏡割りは1月11日に行われるようになったが、松の内の間に鏡開きを行うのもおかしいということで、松の内自体も1月7日までに短縮されたとされる。地域によって松の内の期間が異なるのは、こうした関東での風習が全国に広まらなかったためと考えられる。 (はてなキーワード

 この説が正しいかどうかは別として、古来からの考え方に私は拘って行きたいですね。
社会的な事情や解釈の違いによって、成人の日を始めとする記念日が変わって仕舞ったりしていますが、現代の事情に合わせてと云うのも理解出来ますが、その成立して行く過程での重要な意味を忘れない様にしたいと思います。
諺であれ、こう云う記念日であれ、きちんとした意味があって始まったものは、その意味も含めて受け継いで行けたら良いなと思います。
大切なものは大切にしたいですね。
勝手な解釈や思い込みで変わって行くのは悲しい事だと思います。
受け継ぐべき文化は、拘って残して行きたいですね。


バナー

常識に囚われない

2014 - 01/12 [Sun] - 03:00

 世の中には常識を遥かに超えた人と云うものがいます。
オリンピックに出る選手達、プロスポーツ選手、武道の達人達、そして禅を極めた僧侶やヨガの達人の様に、常人の域を越えた人が色々なジャンルにいます。
それは、ビジネスの世界でも、また学問や研究の世界にもいると思います。
スピリチュアルな世界に於ても、奇跡を起こす人がいて、その事に対して賛否両論あり、肯定論者も否定論者もいます。
が、超人達が現実に存在する事は確かであり、素直に認めざるを得ません。
職人達の、機械を超える皮膚感覚等、常識を遥かに超えている人達が存在しています。

 そう云う常識を超えた力や能力を身につける為には、長い年月の不断の努力と精進が必要である事は言う迄もありません。
が、更に必要なのは、意識が常識を超えていなければ、常識に囚われていては、絶対に常識を超える事は出来ません。
不可能を可能にして行くには、理論理屈、常識で自分自身に限界を作って仕舞わないで、夢物語の様に感じられても、高い理想を持って、その理想を実現する事が可能であると信じ切る事が大きな要素となると思います。

空手家が板を割り、瓦を割り、氷柱を割り、角材をへし折る時、自分の中から一切の不安や疑いを捨て去る事が試し割り成功の秘訣と云われます。
一念磐も通すと云いますが、必ず出来ると信じる事、それが大きな力を生み出します。

非常識である事がいけない事と云う常識はまず捨てましょう。
勿論、無闇な非常識は人様に迷惑をかけて仕舞います。
守るべき常識、わきまえるべき常識、そして捨てるべき常識を意識して、限界を超えて行きたいですね。

バナー

高い目標

2014 - 01/11 [Sat] - 03:59

 何かを極めようと思う時、また何かを続けて行く中で、何を追いかけて行くか、追求して云うか、目標を決めて行かないと途中でブレて仕舞う事が良くあります。
仕事でも、趣味でも、武道でも、修行でも、最高を目指してて、究極を目指して行かないと、ある程度の所で満足する訳ではないですが、ダレて仕舞ったり、ブレて仕舞ったりするものです。
それが自分の決めた道であれば、好きなものであれば、これ位でと満足しないで、どこまで行けるか追求し続ける事が、いつまでもその楽しみを継続する事に繋がりますし、何より飽きなくて済みますね。

 行き過ぎると、オタクか、病気かと云う事になって仕舞うかもしれませんが、何かを極めて行く過程ではそう云うある種病気の様な時も必要だったりするものです。
そうして、気がついたら何年も何十年も経って仕舞うと、知らない内にそれだけのものに自分がなっている事に、自分ではなく周囲から気づかされます。
それがまた自分の自信になり、歩いて来た道が正しいのだと云う証明にもなって来ます。

どうせ目標を持つなら、中途半端ではなく、思い切り遠く、高い所に想定しましょう。
一生かけても届かない、先の見えない程の高い目標であれば、図に乗ったりする事もなくなるかもしれないですね。
一生負い続けられるものがあるって楽しいですよ。
夢を持って、諦めないで、その道をずっと歩いて行きたいですね。


バナー

内弟子

2014 - 01/10 [Fri] - 03:41

 今日、内弟子が御祓いに出かけ、無事に終了したと帰りに寄って報告してくれました。
御祓いに限らず、祈りの現場と云うのは、やってみると予想と異なる事が出て来る事が良くあります。
細かい作法やテクニックは兎も角、最後は気合いで乗り切るしかない様な所もあります。
先日の伝授でも内弟子で今日の御祓いの話が出ていましたが、中々面倒そうで厄介そうだと云う事で、面白そうだから出来れば自分も参加したいと云う内弟子が多数いて、中々頼もしくなったものだと感じました。
私も昔、若い頃ですが、他の行者仲間が二の足を踏んで逃げ腰になる様な案件を、面白そうだからと進んでやっていた様な覚えがあります。
見るからに大変そうなものが、実際に御祓いになると案外簡単だったり、簡単そうに見えるものが、やってみると存外大変で慌てて仕舞ったりする事があるものです。
色々な方が手に負えない様な案件が来ると気合いが入ると云う困った性格なので(苦笑)その度に命を削っていた様な気もしますが、それが信用となったり、力をつけて行く事に繋がったのかとも思います。
弱気、逃げ根性では、何をするにも越えて行けません。
内弟子も、プロになる準備が出来て来たのかもしれないですね。
もう既にプロとして仕事していますが、本物になるにはまだまだ越えなければいけない事も沢山ありそうですが、この調子なら進んで行けるかなと思っています。

 こうして内弟子が育って行くのは嬉しいですね。
やり方などは、自分で見つけ出して、自分流を編み出して行けば良い事であって、細かいテクニックなどは伝授しても意味がないと思っています。
勿論、説明したり、見せたりしていますが。
作法も幾ら数を覚えても、その真意が理解出来ていなければ意味がなく、知っている作法は少なくても、基本が出来上がっていれば、いざ学ばなければいけない時にサラリと目を通しても、何故か出来て仕舞うものです。
最も必要なのは、真っ直ぐな心と気合いと根性でしょうか(笑)
やる時はやる、やらねばならない事はやるしかない、諦めない、命を削る事を惜しまないと云う事でしょうか。
出来るかどうかではなく、いつも完全を目指し続ける事、その姿そのものがプロの有り様なのかなと思っています。


バナー

今日は初稽古でした

2014 - 01/08 [Wed] - 02:53

 今日は今年初めての道場稽古でした。
12月28日に稽古納めに行きましたから、11日ぶり位でしょうか。
年末年始の行事等でかなり疲労感が溜っていたのが、練習してみて分りました。
ですが、思ったよりも今日は動けた感があり、自分的には満足しています。
道場へ行っていなくても、いつも心の何処かで空手の事を考えていたり、シュミレーションしていたりしている自分がいます。
やはり病気ですね(苦笑)
でなければ長く続けていないですね(笑)

 兎に角、この寒い中、道着がグッショリになる程、汗をかき、気持ち良くなりました。
溜っていたものや被りが抜け落ちて行った様な感じです。
肉体的な疲労感はかなりあります。
あれだけ動けば当然か、って感じですが(苦笑)

有り難いですね。
こうしてストレスや溜ったものを落して仕舞える場所があると云う事は。
今さらながら、空手を続けていて良かったなと思います。
今年も、無理のない程度に、少しだけ無理しながら頑張りたいと思います。

バナー

身内の様な

2014 - 01/07 [Tue] - 02:25

 今日、母が長く通って来てくれている旧知の一人と映画を観に行きました。
「利久にたずねよ」と云う映画らしいですが、ここの所、伝授の会でも内弟子達にお茶の飲み方などを教えていますので、それもあって、元々興味のある世界ですが観に行った様です。
母はとても元気でどこへでも一人で出かけて行きますが、送り出す方としては心配でない事はありません。
こう云う時に、母に突き合ってくれる人がいると云うのは有り難いです。
私が仕事を始めた当初から通ってくれている人で、子供達の妊娠や出産、その後の成長もずっと見て来ました。
夫婦揃って、子供も連れて、良く通ってくれましたが、最近は遠くなって仕舞ったせいもあり、大きな行事の時のみ参加してくれます。
一緒に参拝旅行へも何度も行きましたが、時が経ったのだなと思います。
先日の初詣祈願の時も家族全員で来てくれました。
いつも私の側に座っていましたが、今回も同様。
何だか、しみじみと昔を思い出しました。
長い付き合いだなあと。
言葉に表せない安心感と信頼感があります。
長く通ってくれている人間は内弟子の中にもいますが、彼らと同様、この家族も私にとっては身内同然の様な感覚があります。
私の目線や感覚を、自然と感じてくれている様で信頼感がありますね。
子供達も大きくなって、それでも懐いてくれているのが嬉しいです。
群れる事が好きじゃなく、マイペースな私ですが、何名かのこう云う旧知の人達に囲まれている時は、何となく穏やかな気持ちになれますね。

バナー

大らかに生きたいですね

2014 - 01/06 [Mon] - 03:23

 合理的な生き方、将来を見越した計画性のある生き方、それぞれ素晴らしいですね。
私の様な感覚人間にとっては、不可能に近いと云うか、やる気がないですが。
刹那主義とは違うつもりですが、今日を大切に生きて行きたいと思うので、将来を考えて消極的な生活をして行きたいとは思いません。
今の生き方が未来へ繋がると信じているだけですが、外から見たら計画性のない刹那的な生き方に見えてしまうかもしれないですね。
曾て修行時代、お山に籠ったりした時、何もなく身一つでした。
今日の食事も水も自分で確保しなければ干上がって仕舞います。
時には数日絶食と云う事もあります。
そんな経験からか、どんな状況になっても生き抜ける自信がどこかにあるのかもしれないですね。
大切な人に迷惑をかけたり嫌な思いや辛い思いをさせたくないと思っていますが、自分らしく生きて行く中で、どの辺りでバランスを取って行くかは、常に課題である様に思います。

節制はとても良い事だと思います。
無駄を省くのもとても良い事ですね。
でも、それが高じて吝嗇になってしまったら、何か違う様に思います。
無駄遣いしないと云うのと、必要以上にケチになって仕舞うのは、本末転倒に思えます。
あくまでも、人間の心や体調を大切に考えて、その上での節制は必要でしょうし、とても良い事だと思いますが。

良く関西人はケチだと云いますが、それは間違いです。
本当の関西人は、無駄な事にお金を使わない、然し、必要と思う時はバンッと大きく使います。
確かに日本の経済を支えて来た都市ですから、金銭感覚に優れている所はあります。
それとケチとは違います。
無駄を省き、必要な時にちゃんと使う為に、貯めておく、そんな感じでしょうか。

然し、使わない事が美徳、貯める事が目的になってしまったら守銭奴ですから、本末転倒しない様にしたいですね。
世の中で云われているエコや節電、その他についても深く考えて行くと、まるで茶番でしかないと感じる事が良くあります。
人間の幸せをスポイルしてまで行なう事かどうか、良く考えたいですね。

禁煙問題にしても、健康の為と喧伝していますが、間違った理論から始まったと云うのは、もう周知の事実です。
一方的な理屈で愛煙家達が隅に追い遣られ、まるで犯罪者か障害者の様に扱われるのは、極端な偏りであり、時代が作りあげた一種の差別としか思えません。
どう扱われようと、私は愛煙家を止めるつもりは全くありませんが。

何にしろ、極端に走らず、大らかに生きたいですね。
午年だからと云って、駆け抜けるだけではなく、ゆっくり歩く時も大切にしたいものです。
たまには午から下りて、午に水を飲ませたり、飼葉を食べさせたりして、ノンビリする時間も持ちたいですね。


バナー

新春祈願と御供養

2014 - 01/05 [Sun] - 02:09

大晦日から元旦にかけてと3日、神様に御祈願をしました。
それぞれの御都合で大晦日にお出でになり元旦の朝まで参加された方、3日にお出でになった方、お出でになれず祈願の申込だけだった方、色々いますが、お一人お一人、全て心を込めて祈らせて戴きました。
今年は午年、駆け抜ける年と云われますが、一つ一つ見落としのない様に、雑にならない様に、駆け抜けて行きたいですね。

そんな祈りの時が終って、本日、本年最初の御供養を致しました。
いつも通りの感じで御供養を始めた所、目の前に生々しいお姿が浮び、気がついたらかなり気合いが入っていた様です。
成仏など程遠い、その生々しいお姿、久し振りに中々強烈な御霊の御供養だったと思います。
毎日、お宅で手を合わしていても、続けて行く内にいつの間にか義務的になったり、形だけになったりする事もあるでしょうね。
姿が見えないと云うのは、実感に結び付かないと思うので仕方ありません。
が、手を合わすと云う行為は、儀礼ではありません。
まして、義務ではありません。
手を合わすのは、あくまでも自分の気持ちです。
朝夕の家族への挨拶と同様、その時位はしっかり心を込めて手を合わせて祈りたいものですね。
とは云え、祈りはお願いではありません。
相手を思い遣る、心を通わせるのが祈りです。
一方的に、相手が御先祖と云えども、願い事ばかりするのは、自分勝手と云うか何か違うのではないかと思います。
心を通わせて、互いに安楽になる事が出来たら良いですね。


バナー

普通

2014 - 01/03 [Fri] - 01:22

 能力者なんて云いますが、本物であればある程、普通の当り前の事しか言わないものです。
テレビに出て来る様な能力者は、いかにもいかにもと云う感じで、神懸かりだったり、何でも見えたりしますが、どこまで本当か、かなり怪しいものです。
本物の能力者の持つのは、その姿勢かもしれないですね。
相談者と一緒になって考えて問題解決しようとする姿、お金を戴いて仕事をしているにしても、その姿勢に損得勘定はありません。
頼る人がいて、その人の為に全力で何とか力をお貸ししようとする、それだけです。
相談者との間の信頼関係、そこから仕事は始まります。
能力者と云えども、ただの普通の人間です。
普通に食事し、眠り、失敗もすれば、喜んだり悲しんだりもします。
一人の普通の人間として、出来る精一杯で相談者のお役に立てて行けたら最高ですね。

バナー

明けまして御目出度う御座居ます

2014 - 01/02 [Thu] - 01:28

無事に新年が明けました。
大晦日の夜から始まった越年大祓祈願は、多くの方に参加戴き、滞りなく祈りを神に奉じる事が出来ました。
午年は、良く走らせられる年と云いますが、落ち着いて一つずつ大切に頑張って行きたいですね。
色々な意味でけじめの年と云う事で、何事も疎かにせず、一つずつ決着を突けて行きましょう。
その為に一番必要なのは自分らしさと、ブレない自分です。
強い意思と真っ直ぐな思いで、周囲や世間に左右されたり振り回されたりする事無く、自分らしく毎日を過して行きましょう。
何をしても、賛否両論あり、勝手な事を口にしたりするものです。
一つ一つ気にしていては、身が持ちません。
思い切って自分らしく、人の目や言葉を無視して、楽しく毎日を過しましょう。
人生は楽しむ為にあります。
他人は誰も責任など取ってくれません。
自分の責任は自分で取って、その代りに自分らしく縛られないで生きましょう。
今日一日を精一杯楽しんでいれば、明日に必ず繋がります。
また頑張る時も、次に楽しくなる為に頑張りましょう。

今年も強気で、歯に衣を着せずに行きます。
売られた何とかは、百倍返し、千倍返しで遠慮なく手加減なくやります。
その場その場、本気で、後の事など考えないで全力で行きたいと思います。
宜しくお願いします。


バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR