感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2013年12月  

大晦日ですね

2013 - 12/31 [Tue] - 02:17

本日、祭壇も含めて大掃除を終了しました。
1年間働いてくれた法具もピカピカになりました。
その上で玄関の門に門松を立て、大きな鏡餅を玄関と祭壇に祀りました。
明日は、大晦日ですね。
夜11時頃から人が集まり始め、午前〇時除夜の鐘と共に越年大祓祈願の行事を行ないます。
最終的な準備は、明日の昼間と云う事に。
毎年、沢山の方がお出でになり、揃って神々に手を合わせて、一年の苦労を労い、また穢れを祓って新年を迎えます。
来年、午年は走る年と云われますが、今年にも増して走らされるのでしょうか。
良い年になると良いですね。

 今日は、今年最後のお客さんがお出でになりました。
毎年今頃、年末のご挨拶にお出でになります。
有り難い事ですね。

1年間、読んで戴き、有難う御座居ました。
来年もまた思うが侭に好きな事を書き連ねて行きたいと思います。
宜しくお願い致します。


バナー

スポンサーサイト

心配の仕方

2013 - 12/30 [Mon] - 03:30

 今日は、半年前に就職した姪っ子が挨拶に来てくれました。
半年前と比べて、大人っぽく、綺麗になっているのに何だか嬉しくなって仕舞いました。
たった半年ですが、若い子は順応性が高いのか、変わるものですね。
東京の水を飲むと良く云いますが、東京の水を飲んでいるせいでしょうか(笑)

 一緒に来た母親、私の姉ですが、相変わらず子離れが出来ておらず、心配性が直っていません。
困ったものです。
心配しても何もしてやれないのですから、ならば子供を信頼して口出しするなと云っているのですが。
ま、親なんでそんなものかもしれないですね。
勝手に心配して、勝手に大騒ぎして。
心配してくれなんて頼んでない、って子供に云われそうですが。
気持ちは分ります。
が、度が過ぎると、心配した筈の子供の足手纏いになったり、子供の意思を邪魔する事に繋がりかねません。
何もしてやれないなら、心配するのは親の自己満足の様なものでしょうか。

 人には情と云うものがありますから、誰かの心配をするのは普通にある事です。
が、それが勝手な自己満足になったり、押し付けになったりしない様に気をつけたいですね。
その相手の人生を丸事面倒見てやれる筈もなく、どうせ何もしてやれないのであれば、もし何かしてあげられたとしても中途半端にしかならないのですから、心配は心の中に止めておくべきかもしれないですね。
貴方の事を思っているよと伝えるのは、時に必要ですが、無用に心配して押しつけがましくなるのは避けたいですね。
却って相手の心を煩らわせて仕舞ったり、足手纏いになったり、精神的な圧迫になる事もありますから。
それよりも、しっかり信じて信頼してあげられたら良いですね。

バナー

納めの日

2013 - 12/29 [Sun] - 02:06

 今日は納め不動と云って、今年最後の不動明王の御縁日でした。
また、道場も今日が稽古納め。
と云う事で、御縁日の方は早めに終了させて貰って、道場へ。
今年最後の稽古ですから、しっかりやろうと気合いを入れて。
今日も沢山の空手病の道場生達が集まって、激しい稽古となりました。
稽古が終了した後、全員で道場の大掃除。
いやぁ汚れているものですね。
いつ迄やっても、綺麗になる気がしない程でした。
が、やはり掃除すれば綺麗になるものです。
掃除の間に稽古でかいた汗が引いて行き、どんどん身体も冷えて来ました。
案の定と云うか、帰りの外気温は零度でした。

 1年間、大きな怪我もせず終了出来て良かったです。
段々と年齢が上り、道場へ行き続けて、練習を続ける事自体が修行の様な感じですが、まだ足も上がりますし、動けているので、来年も頑張ろうと思います。
生涯現役は、重い目標かもしれないですね。

バナー

過去に囚われていないで

2013 - 12/28 [Sat] - 03:12

 過去の辛い思い出をつい思い出して仕舞って暗い気持ちになったり、その時の感情が甦ったりする事って良くありますね。
それ自体は仕方のない事です。
でも、それが頻繁だと、何かこれからの事全てについて、過去の記憶が邪魔をして、また何か悪い事が起きるのではないかと恐怖心を生んで仕舞ったり、足止めの様な事が起きる事もあります。
過去を思い出すのは仕方ないですし、過去の悔しい思いや悲しい思いを思い出して仕舞うのも仕方ありません。
が、過去は過去として割り切って、切り捨てて行かないと、いつまでも過去に囚われて、一歩を踏み出せなくなって仕舞います。
また、何かにつけて過去の話をするのも止めましょう。
周囲にいる人にとっては、何の意味もない話でしかないですし、自分がネガティブで粘着質な性格だと思われて仕舞うだけです。
誰でも暗い話なんか、出来れば聞きたくないですしね。
そんな暇があったら、未来を考えて、夢を見つけて行きましょう。

 トラウマと云うのは潜在意識の中に沈み込んだ過去の心の傷ですが、思い出して仕舞う様な記憶はトラウマになっているのではなく、自分が過去の感情や出来事に自分でしがみついて仕舞っている、囚われているだけですから、しっかり意識を持てば、そこから抜け出す事は可能です。

人生は楽しく生きる為にあります。
過去の暗い事にしがみついていないで、未来へ向けて歩み出しましょう。


バナー

今年も残り数日ですね

2013 - 12/27 [Fri] - 03:18

 クリスマスが終って、本格的に年末ですね。
後は大晦日を迎えるばかり。
仕事納めまで後数日ですね。
来年に禍根を残さない様に、最後まで気を抜かないで頑張りましょう。
昨日の伝授で話していましたが、普通何かの行事が終ると空気が変わります。
春のお彼岸、夏越大祓、御盆、秋のお彼岸、正月、節分、それぞれ行事が終る度に空気感が変わりますが、クリスマスは終っても何も変化した感じがしないのは不思議と云えば不思議ですね。
本来、クリスマスはキリスト教以前からあった冬至祭が変化したもので、イエス・キリスト降誕祭とされていますね。
東洋で行われる儀礼的なものは、その多くは中国由来の道教からの発祥が多いですが、その源を辿るとペルシャ等のアラブや中東、中央アジアやインド由来のものが多く見られる様ですが、概して自然と融合した形で行われるものが多い様に思います。
クリスマスは、救世主たるイエス・キリストの降誕を祝うもので、自然とは無関係。
そう云う事が、空気感の問題に繋がっているのかもしれないですね。
西洋的な行事でもハロウィン等は、空気感が変わりますから、その由来も考えると、自然との関係性に違いがあるのかもしれないな、と思います。

 太陰暦から太陽太陰暦、太陽暦に変わっていますから、曾てとは違うかもしれないですが、もうすぐ大晦日を迎えて、新年がやって来ます。
今年の名残を惜しんでと云う訳ではないですが、綺麗に年を越える事が出来る様に、潔く色々な事に決着をつけて行きたいものですね。
後残り数日、出来る事は精一杯やって、スッキリ今年を終らせましょう。


バナー

道場で体調不良を吹き飛ばして来ました

2013 - 12/25 [Wed] - 02:44

 今日も道場でした。
先日の月例会以降、あまり体調が良くなかったのですが、やるべき事はやろうと道場へ行って来ました。
始まったら、私を含めて黒帯4人、茶帯の妻がいて、スタートでした。
妻にはちょっとハードだったでしょうか(笑)
後から一人入って来ましたが、これも長身の茶帯。
数は少ないですが、気心の知れた人達との練習は、楽しかったです。
最初の柔軟と基本は、それこそ頭がクラクラしながらやっていましたが、移動稽古からミット稽古は映って行く中で、段々と血が回って来た様な感じで楽になって行きました。
最後のスパーリングは、総当りで3周。
延べ人数で15人と云う所でしょうか。
これ位やると、やったと云う気がしますね。

 思ったよりもかなり酷く被っていたなと感じました。
練習前までの嫌な疲労感が抜けて、心地良い疲労感があります。

 もう残り少ない稽古ですが、頑張って練習に行って良かったです。
土曜日にも参加予定ですが、この日が道場の今年の稽古納めです。
練習して、最後の大掃除をして終了の予定。

今年もしっかり稽古出来て幸せでした。
残り一回、頑張りたいと思います。
イヤイヤ、クリスマスイブの日に汗を流して稽古してるなんて、やっぱり変ですかね(笑)

バナー

昨日は今年最後の月例会で忘年会でした

2013 - 12/24 [Tue] - 03:15

 昨日は、一昨日の道場の忘年会に引き続き、月例会の忘年会でした。
数年前から恒例の様になっていますが、毎年、皆さんの持ち寄る食材がとても沢山で、いつも食べ切れない程です。
事前に打合せをして、互いに持って来る物が重ならない様にして、それぞれが知恵を絞って忘年会を盛り上げてくれます。
皆、月例会で知り合って、仲良くなって、プライベートでは接触がそれ程なくても、意思疎通が出来て互いに認め合っている感じが凄く良いなと思います。
普通に護身法をやり、その後、梵字の練習をして、質疑応答の時間、その後忘年会になりました。
内弟子達はじめ、女性陣が凄く頑張ってくれて、全てが楽しくスムーズに進んで行きました。
仕事の関係などで、夕方から参加した人もいますが、その中に2年間、ぶんか社の漫画を漫画を描いてくれ、「霊界1年生」の出版に至った本の担当をしてくれた漫画家さんも妹さんとその彼氏を連れて来てくれました。
また、私が仕事を始めた頃から通ってくれている、カシオに勤めている男性も家族を連れて来てくれました。
二人のお嬢さん、出産の時も付き合った覚えがあります。
その彼女達も、一人は大学生、もう一人は高校一年生、私にとっては娘の様な感じを受けます。
長い付き合いですね。
また、道場の忘年会でも一緒でしたが、道場で指導をしながら、お寺の副住職をしている彼も、奥さんと娘さん達を連れて来てくれました。
二人の結婚前からのお付き合いで、毎年、義理堅く挨拶に来てくれて、忘年会も参加してくれます。
こう云う人の繋がりが何より宝で、嬉しいですね。

もう少しで本年も終りますが、最後まで気を抜かず、来年に繋がる様に頑張りたいですね。


バナー

道場恒例のスパーリングと忘年会

2013 - 12/22 [Sun] - 01:55

 今日は、道場で恒例の108人スパーリングでした。
約60名近くの道場生が集まり、大人から子供まで分け隔てなくスパーリングしました。
久し振りに会う子供達もいて、その成長振りに驚きます。
また広い道場の筈なのに、全員が汗だくになる程暑く、写真を撮っても煙って仕舞う程の熱気でした。
その後、忘年会でしたが、大人も子供もかなりの人数で、毎年の事ですがアッと云う間にテーブルが出来上がり、次々と食材が並び、鍋も、次々と補充されて、ビールサーバーまで用意されていて、驚きの一言ですね。
私は明日の月例会もあり、その後、忘年会もあるので先に帰りましたが、きっと朝まで酒宴は続くのでしょうね。
楽しい仲間達と過す時間は最高でした。

 然し、何となくメンバーが少し替わった様に思います。
少しずつ、ゆっくりと新陳代謝しているのですね。
縁が出来た人は、ずっと道場へ来て欲しいと思いますが、それぞれの事情もあり、中々ずっと長く続けて行くのは難しいのかもしれないですね。
私も途中抜けたりもしながら、気がついたら空手歴も45年になって仕舞いました。
私より強い若者は幾らでもいますし、私よりも高齢の道場生もいる様ですが、空手歴だけはどうやら一番長いかもしれないですね。
毎週、何年もずっと通う事が出来て幸せです。
健康も含め、色々な事情が上手く回らないと、中々出来ない事ですから、有り難い事です。
来年もまた頑張りましょう。
とは云え、来週も週末までは道場はやっています。
後何度行けるか解りませんが、最後まで頑張って練習に行きたいですね。


バナー

自己中心的な傲慢

2013 - 12/21 [Sat] - 03:02

 自分だけが正しいと思っている人の言葉は攻撃的で、高圧的で、他の人の意見や言葉を聞く耳を持たず、頑固で柔軟性に欠ける様に思います。
大変に傲慢極まりない様に感じさせられますね。
不満等から、自己保身の為にそう云う言動をする事は誰にでもあります。
が、それがずっと続くとなると、気がついたら誰も近くにいなくなって仕舞ったと、ハダカの王様の様になって仕舞うかもしれないですね。
自分の考えや意見や行動が正しいと思う事は必要です。
それが自信にも繋がります。
が、頑固に固執して、他のものを完全否定して行くと、全く受け入れなくなると、会話も成り立たなくなりますし、共感と云うものがなくなって仕舞いますから、嫌われて仕舞います。
不満があるからと云って、相手を責めてばかりいては、例え本当に相手に責任があったとしても、逆ギレしたくもなると云うものです。
それも過去をほじくり返してまで相手を責めるとなると、人としてどうなんでしょうね。
明らかな上下関係があったとしても、説教臭いのは嫌われるものです。
促すのと説教は違いますから。
人に不満を伝えるにしても、何かを教えるにしても、高圧的、一方的な、相手を全否定する様な言動は、人の気持ちを遠ざけます。

 誰でも人間のプライドや尊厳と云うものを持っています。
あくまでも、相手の人間性やプライド、尊厳と云うものを尊重し、その上で提案と云う形で相手に何かを促す事が出来る様になると、上手く相手に意思を伝える事が出来るかもしれないですね。
人を傷つけての自己主張は、嫌われるだけです。
自分だけが正しいと思えるその根拠はどこにあるのでしょうか。
そう思い切れるその精神状態は、理解不能です。
誰にでも好かれる必要はありませんが、誰からも嫌われる様な考え方や言動は避けたいものですね。

バナー

内弟子の誕生日会

2013 - 12/20 [Fri] - 03:05

 昨日の伝授会は、内弟子2名の誕生日を祝う会にしました。
他の内弟子達が色々と工夫して、アイデアを凝らして、楽しいバースデイケーキが出来上がり、和気靄々の楽しい時間となりました。
その写真は妻がアップしているので御覧下さい。
現在、内弟子は6名、その内2名はもう25年以上の付き合いになります。
弟子を取らないと決めていましたが、諦めずに長く要望を受け続けて根負けした様に弟子を取ったのが10数年前、それ以来、徐々に増えて来て今に至ります。
内弟子になる条件、それは特殊能力のあるなしではなく、第一に人格です。
人を裏切らないのは当り前ですが、ピュアな精神の持主である事が第一です。
次に、飽きない事、始めても何年かで飽きて仕舞う人が殆どですが、修行は一生です。
一生続けられる、死ぬまで修行しようと云う決心のある人が絶対条件です。
進化を諦めない、人間は一生進歩し進化する事が出来ます。諦めたら、その時点で進歩は止まります。
逃げない事、何に対しても逃げ根性がある人は、自分の限界を越えて行けません。
内弟子達は、肩肘張って頑張っているのではなく、それが自然な生き方に迄なっています。
素晴らしい事ですね。
何気なく、当り前の様に、生涯修行し、進化し続けるのだと思っています。
男女問わず、そう云う自然体で修行を続けて行く内弟子達は、これから人々の信頼を勝ち取って行って欲しいですね。
何かの時は私の代りにと云う場面も出て来ていますし、頑張って欲しいと思います。
古臭い言い方ですが、弟子とは、家族以上に近い関係になっています。
正に身内ですね。

バナー

空手効果

2013 - 12/18 [Wed] - 03:11

 今日は、色々あって久々に酷い被りの状態になって仕舞いました。
で、火曜日なので頑張って道場へ行きましたが、行きの運転は慎重に慎重に運転しました。
と云うのも、被りのせいで眠気が強く、眠気覚ましのガムを噛んだり、コーヒーを飲みながら、頭を振り振り、寒いのに窓を開けて風を入れながら、慎重に運転して行きました。
途中で必ず寄る道場近くの薬屋さんで買い物するのですが、途中で立ったまま半分眠った様な状態で、妻に爆笑されました。
道場へついて、練習が始まっても、眠気は消えず、そのせいか頭がクラクラしながら、軽い頭痛も感じながらやっていました。
練習が進むに連れて、汗をかき、体調不良をそれでも感じながら頑張っていましたが、最後のスパーリングで気がついたら、その気分の悪さは消えていました。
汗を振り撒きながら、突いたり蹴ったり、突かれたり蹴られたりしている中で、汗と共に被りも落ちた様でした。
練習が終って帰って来る時も、若干の症状が残っていて、帰りは妻に運転して貰うのですが、暫しの時間、落ちていた様です。
家に帰り、風呂で汗を流しますが、まだ眠気と闘いながら、湯船に沈まない様に意識を保ちながら入浴しました。
お風呂から上がったら、どうやらかなり良くなったみたいで、眠気は若干は残っていますが、かなりスッキリした感があります。
しかし、道場で思ったより頑張ったのか、背中に張りがあります。
筋肉痛でしょうか。
ま、放っておけば段々緩んで来るでしょう。
久し振りのきつい被りでしたが、空手の御陰でかなり楽になりました。
空手に限らず、強い刺激は被りを落す効果があります。
身体と心を苛めて、汗を絞り出して行くと、被りがいつの間にか消えて仕舞う。
そんな経験は何度もあります。
ちょっと頑張って、そう云う運動を何かやってみると良いですね。
日常を忘れて、その時間だけは集中してやれる運動、一つ位はやっておきたいですね。


バナー

評価

2013 - 12/17 [Tue] - 02:24

 人の目を意識し過ぎると、萎縮して仕舞う事があります。
人の評価ばかり気にしていると、思い切った事が出来なくなって仕舞ったり、本当の自分を抑制して良い子ぶったりして仕舞い勝ちです。
では、人の目は全く無視して良いのか、人の評価は全く気にしなくて良いのかと云うと、それも間違いです。
評価を受けるから、人に認められ、押してくれたり、引っ張ってくれたりします。
また、評価を受けない仕事や生き方は、どんなに頑張っても、自分勝手な自己満足でしかないとも云えます。

 人の目や評価を過剰に意識せず、同時に、ある程度、意識して自分をスキルアップしたり、高めて行く。
このバランスは難しいですが、所謂、人の目や評価と云う事ではなく、第三者的な目を持って自分を省みる事を忘れない様にする事は大切です。
自分では頑張っているつもり、才能があるつもりなのに、世間から認められない、評価を受けないとしたら、それは頑張っていないと云う事でも才能がないと云う事でもなく、その方向や方法が間違っている可能性が高いかもしれないですね。
そこで、周囲の目や評価に不満を口にしても何も解決しません。
また、自分が評価する側になったとして、相手の努力や才能を認めないのではなく、何かが間違っていると云う事を見てあげられると良いですね。

 お互いに、広い視野と柔軟な価値観、現実的な目を持つ事で、バランスが取れて行くと、評価を受けたり、評価を正当にしてあげられたり、チャンスを得たり、チャンスをあげたり出来る様になるかもしれないですね。


バナー

前世、過去世

2013 - 12/16 [Mon] - 03:19

 HPに設置している掲示板に過去世についての質問がありました。
お返事しましたが、ここでも書いてみたいと思います。

 前世、過去世と云いますが、普通前世と云うのは、すぐ一つ前の生の事を指し、過去世と云うのは何度かある生の全てを指すと認識しています。
良く前世が何々だったと云うお話がありますが、それっていつの生の事を指しているのでしょうか。

前世、過去世と云いますが、どうであれ、過ぎ去った過去でしかなく、能力者達が読み取るのはその生の中の印象的な部分だけで、一生を全て見通せる訳ではありません。
自分が記憶していない過去が気になるのは、人情として良く解ります。
が、それを知った所で自分の生き方や未来が変る訳でもなし、あまり意味があるとは思えません。

時として、現世ではなく、前世での経験が強く記憶として残っていて、それがトラウマの様に現世の自分に影響を与えている事が、稀にあります。
そう云う場合は、きちんと前世透視をして解明し、解消して行く必要があります。
大抵の問題は、現世だけの事であり、前世と無関係に解決して行けるものです。
プロの能力者は、問題解決の為の診断のプロですから、問題が起きた原因を探って行く中で、現世ではないと感じた時、前世にアプローチします。

興味本位で前世にアプローチして行くと、甦る必要のないものが出て来たりして、却って問題が出て来る事もあり得ます。
精神世界や心霊世界は、未来を切り開いて幸せになる為に使うべきだと思います。
一般の方が前世に興味を持つのは、不思議なものに興味を持つと云う意味で良く理解出来ますが、過ぎ去った過去をほじくり返して知っても、あまり良い事はないかもしれないですね。

 自分が前世で、偉い人だったとしても、また極悪人だったとしても、それが今の自分に影響していなければ、知る意味はないでしょう。
どうしても、今の自分と比べて仕舞うのも人情ですからね。

バナー

恐怖を越えましょう

2013 - 12/15 [Sun] - 03:08

 映画の「アフター・アース」の中でウィル・スミスが演じるサイファ・レイジが語る言葉に、「恐怖は心の中にある、消して打ち勝つ事が出来る」と云う言葉があります。
恐怖は、外にあるのではなく、心の中にしかない、だから自分でコントロールする事で恐怖心を打ち消す事が出来ると云っています。
案ずるより産むが易しと云う言葉もありますが、自分が抱いている恐怖心は、実はあまり根拠のないものだったりするものです。
子供の頃に犬に噛まれたから、犬を見ると恐怖を感じると云うのと同じです。
実際には、目の前にいる犬はとても可愛いかもしれない、でも心の中の恐怖心が犬に近づく事を拒否させて仕舞う。

怖そうな人を見て怖いと思うのは、何か自分がされるのではないかと、自分で勝手に想像して仕舞うからで、妄想の様なものです。
怒らせたら怖そうって、怒ってる時に怖くない様なら、かなり情けない奴かもしれないですよ(笑)

柳の下の幽霊と同様、恐怖心は自分の心の中での自分の想像や妄想から起きる事が多いですね。
物事は実際に何か起きてから考えても遅くありません。
恐れを知るのは大切な事ですが、それに囚われ過ぎて仕舞うと、身も心も萎縮して仕舞って固まって仕舞います。
恐れは、自分を高める為や奮い立たせる為の道具としては有効です。
怖いから、恐怖を克服する為に頑張る。
そうやって強くなったり偉くなったりした人は沢山います。
が、恐怖心で萎縮して仕舞っては動けなくなって仕舞って、前へ進めなくなって仕舞います。

論理的に考えて、自分が感じている恐怖心が、本当に根拠のあるものかどうか、見詰め直してみると恐怖心が消えたりする事もあるかもしれないですね。
どうせなら楽しく生きたいですし、恐怖心を抱えながら生きるのは辛いものだと思います。

バナー

催眠術

2013 - 12/14 [Sat] - 03:08

 昨日、何気なくYouTubeを見ていて、催眠術の映像が目に留まって見ていました。
催眠術と云えば、術と云う名からどうしても怪しい印象をうけますが、本来は心理学的な治療の一環として行われるものです。
その現象自体が何か不思議に見えたり、印象的で、エンターテイメントでも扱われる事から、尚更怪しいものと云う印象が強くなった様に思います。
また、戦争中等に、薬物を使って、そこに暗示を与える事で行なう洗脳や秘密の自白等に使われた事から、催眠術は怖いと云うイメージも出来て仕舞ったかもしれないですね。
催眠術を使えば、人を自由に出来るとか、何でもさせられると云う間違った想像も生まれて来ました。
また、催眠術を深く使う事で、対抗催眠なる、前世まで記憶を辿る事が出来る等と云う話も。
催眠術は、人間の持つ脳の記憶や意識に働き掛けます。
ですから、魂の記憶にまで到達する程の催眠術と云うのは、相当な深いものでなければ出来ないでしょう。
不可能であるとは云いませんが、大抵の場合は、被施術者の持つ脳の記憶の寄せ集めがデフォルメされて、あたかも前世であるかの様な表出の仕方をするのではないかと思います。
前世催眠をやっていると云うヒプノセラピーのプロと話をした事がありますが、彼女がやると、彼女の師匠でさえ出て来ない被施術者の前世の話が出て来ると云う事で、それは彼女の持つ特殊能力に由来するものであろうと思います。

 社会情勢であれ、教育であれ、人間は誰かのマインドコントロールを常に受けながら生きています。
情報をそのまま鵜呑みにして信じ込んで仕舞って、それだけが正しいと云う様な考え方も洗脳やマインドコントロールの一種であろうと思います。
スピリチュアル否定派の方々は、科学万能であるかの様な幻想の中で言葉を発せられますが、科学は解明出来ていない事を解明して行く学問であって、科学がこの世の全てを解明出来ている訳では未だないのですから、科学で証明出来ない事イコール存在しないと云うのは、極論でしかないと思います。
だからと云って、無闇に信じ込んで仕舞うのも問題である事は確かです。

要はバランスです。
何を信じて何を信じないか、自分の意思でしっかり決めて行く事が大切ですね。
偏らないで、真実を見極めて行く目を持ちたいですね。


バナー

伝授の日でしたが

2013 - 12/13 [Fri] - 01:54

 昨日の伝授会、丁度、私の誕生日に当り、内弟子達が祝ってくれました。
一月前から計画していたと云うホテルオークラで特注したケーキを持って来てくれました。
他にも沢山の人からお祝いメッセージをメールやライン、またカードなどで戴きました。
私の好きな物を探して送って下さった方もおられます。
皆さんのお気持ち、とても有り難く戴きました。
もう祝う様な年齢でもない年になりましたが、皆さんのこう云うお気持ち、とても嬉しかったです。
伝授会なのにお誕生会になって仕舞いました。
そこで再来年の話になって、再来年は私が還暦になり、また私が仕事を始めて30年になる年です。
何かイベントを考えなきゃと云う話になっていました。
私の還暦などは気恥ずかしいのでどうでも良いと思いますが、30年この仕事をさせて戴いた感謝の意を込めて何かしたいなとは思っています。
そこでの主役は、私ではなく、30年通い続けてくれている古株の内弟子二人だと思っています。
彼らがいつも頑張ってくれて、事ある毎に助けてくれました。
二人共、良い年になったなと思いますが、長い付き合いになりましたね。
30周年の場所選びや、計画など、これから時間をかけて考えなければいけませんが、肩の凝らない楽しく、思い出に残るものに出来たら良いなと思っています。

 一つの仕事をずっと長く遣り続けると云うのは、簡単な様で難しい事だと思います。
まして、勤め人にではなく、一匹狼で不安定な仕事を長く続けて来られたのは、相談者の方々のお陰です。
皆さんの手助けになると同時に、私も色々と勉強させて戴き、成長させて戴きました。
二年先ですが、内弟子達に協力して貰って、じっくり考えたいと思います。
還暦、本卦還りまで後二年、今以上に頑張ろうと思います。
まだまだ丸くなって仕舞うつもりはなく、一生尖っていたいなと思っています。
口の悪さは冴えて来ているらしい?ですから、時代に乗り遅れない様に、体力で負けない様に、進化を続けて行きたいと思います。

バナー

火曜日の道場

2013 - 12/11 [Wed] - 03:33

 今日も練習に行って来ました。
今日の参加者は、黒帯と茶帯のみ。
始まりは、師範と私、黒帯が一人、そして妻でした。
次に表れたのが茶帯、そして黒帯。
人数は少なかったですが、中々濃いメンバーで、楽しい練習でした。
妻にはちょっとキツかったかもしれないですが。
格の遥かに上の黒帯に囲まれて練習するのは、とても良い経験になって行くと思います。
いつも、今日に近い感じですから、彼女も強くなる筈ですね。

 それにしても、行き帰りは寒かったですね。
練習中も、足の裏から冷えが伝わって来て、汗だくになっているのに、足が冷えて、それでもやっているので、足が変に疲れました。
寒いせいで、無駄な力が入って仕舞ったのでしょうね。
練習後、少し話していたら、どんどん冷えて来て、汗もすぐに引いて仕舞いました。

 今年も後残り僅かですが、まだ何度か道場へ行けます。
やり残しのない様に、残りの練習を頑張りたいですね。


バナー

無意識から出る顕示欲

2013 - 12/10 [Tue] - 02:37

 誰でも、他の人から認めて貰いたいと云う気持ちはあります。
意識していなくても、潜在意識の中に必ずあるものです。
それは、時として自己顕示欲となります。
自己顕示欲があるのは悪い事ではありません。
自分を主張すると云うのは、周囲の人達に自分を知って貰う、理解して貰う為には重要な事です。
が、時としてそれが高じて、無意識に自己顕示欲が出て仕舞う事があります。
自分の思い込みで、これが正しいのだと固執して主張して仕舞う、おかしい間違っていると思って仕舞うと我慢出来ない、それは自分の持つ自己顕示欲が形を変えて言葉に出て来て仕舞った結果です。
他の価値観ややり方を認める事が出来ないのは、そう云う気持ちの表出と云えるでしょう。

恋愛においても、本当に相手の事を思う以前に、色々な条件ばかり意識して仕舞うのは、自分の恋人が素晴らしいと云う事を他に誇りたい意識から出て来るものです。
条件が色々あっていつまでも恋愛出来ないとか、結婚出来ないと云う人の場合、大抵の場合は意味のないプライドが高く、自己顕示欲に溢れている方である事が多いですね。

社会で生きている以上、適度な自己顕示欲は周囲とのコミュニケーションであり、必要な事です。
が、無意識に出て来る自己顕示欲は、無用なプライドと結び付いて、周囲の人に受け入れられない事に繋がる場合もあります。
他を受け入れ、許容する度量を持ちましょう。
その上での自己顕示欲の表出は、お洒落感に繋がったり、ある種のカリスマ的なオーラとなったりします。


バナー

言葉の使い方

2013 - 12/09 [Mon] - 03:54

 私が毒舌家であると云う事に、ここの所なっている様です。
ここの所ではなく、ずっとだと云われて仕舞いそうですが、この間発売になった「霊界1年生」の帯に毒舌の言葉があった事から、そう云う話題になある事が増えていて、私の毒舌振りが話のネタになる事が良くあります(苦笑)

確かに、私はハッキリものを云いますし、歯に衣着せぬ所もあるので、聞く人に依っては毒舌と聞こえるのかもしれないですね。
が、決して相手を傷つけようと思わないですし、そうならない様に気をつけて言葉を選んでいるつもりです。

遠回しにものを云っても、ダイレクトにものを云っても、口にする内容や意図は同じであったりするもので、そこに感情論が入って仕舞うと、本当に毒舌になってしまいます。
感情ではなく、自分の思いを素直に表現する事は悪いとは思いません。
が、それが波紋を起こす場合もあります。
時と場合を選んで、相手を選ぶべきではありますね。

 そこに、無意識とは云え、上下関係や相手に対する感情的なものが含まれると、毒舌ではなく嫌味になって仕舞って、本当に相手を傷つけて仕舞う事に繋がる場合もあります。
相手との関係や、その場の空気、言葉に対する思いを意識しながら言葉を使うべきです。
自分の自己主張の為に誰かを貶める様な言葉は、毒舌ではありません。
楽しめて笑える、後に残らない様な毒舌が洒落ていますね。

 どんな場合でも、愛情に富んで、お洒落感を忘れない様な言葉を使って行きたいですね。


バナー

今日の道場

2013 - 12/08 [Sun] - 02:41

 今日は、火曜日の練習を休んだので、日を替えて今日練習に行って来ました。
前のクラスの少年部、道場へ入った時、凄い数でしたね。
参加した一般部、今日は人が少なかったですが、その分、充実した練習が出来た様に思います。
久し振りに師範に細かく見て貰いましたが、自分では気づかない進化と課題が見えて、有り難かったです。
一つ一つ丁寧にチェックしながら練習すると、結構来ますね(苦笑)
予測していたよりも疲労感があり、筋肉痛が出ています。
本来、練習と云うものはそう云うもので、ウェイトや筋トレをしなくても、きちんとやればかなりの負荷が身体にかかるものです。

バタバタと息上げでミットを叩くのもスタミナトレーニングになりますが、技が荒れるだけですから、一つ一つ丁寧に確認しながら練習する時間は有り難かったです。
またやりたいですね、こう云う練習。

何でもそうですが、勢いだけで進まねばならない時、一つ一つ確認しながら進まねばならない時、きちんと自覚してコントロールしながらバランス良くやりたいですね。

バナー

何かを始めないと何も変らない

2013 - 12/07 [Sat] - 01:40

 何であれ、一歩を踏み出し、何かを始めなければ何も変りません。
悩みの渦中にいたりすると、何もする気力が湧かなかったり、何かをするなんて考えられないと思い勝ちですが、何もしなければ悩み続けて堂々巡りするばかりです。
良く若者が、目標がない、やりたい事がないと云う言葉を口にするのを聞きますが、そう云うものを探す行動を何もしていない、何もしないで見つかる筈もなく、一人でダラダラと詰らないなぁって言っていても楽しくなんかなりません。
辛い事は嫌、しんどい事は嫌、面倒な事は嫌、ってそれではただ逃げているだけにしか聞こえません。
生きて行くのは楽しい事ばかりではありません。
嫌な事や辛い事なんてそれこそ掃いて捨てる程、腐る程、世の中にあります。
でも、楽しくする事は出来ます。
楽しくする為に、面倒な事や辛い事をするのですから。
生きる為だけの辛い事や面倒な事は、確かに詰らないですね。
楽しくする為に努力したり、我慢したりして、楽しい事に繋げる。
人生は楽しむ為にあります。
積極的に楽しむ為に、まず何かを始めましょう。
今、始めようと思うものがない人は、まず楽しそうな事を探す所から始めましょう。
誰でも好きな事の一つや二つはある筈です。
趣味でもスポーツでも芸術でも、それこそゲームでも、何でも始めてみて、それから考えましょう。
何もしないで考えているのは、何も生み出さず、どんどんドツボに嵌まって暗くなるだけです。
そうなったら、中々抜け出せなくなります。
暗い顔ばかりしていたら、鬱陶しいから、友人も恋人も、もしかしたら連れ合いでさえ逃げ出していくかもしれなません。
人は明るく楽しい所を好みます。
楽しく活き活きした顔をしている人の方が魅力的でですからね。


バナー

内弟子伝授会

2013 - 12/06 [Fri] - 02:39

 毎週、水曜日の夜は9時から内弟子が集まります。
そこで何をするか、その時々で違います。
時に経を詠んだり、具体的な伝授をしたり、内弟子達の日常についての話を聞いたりアドバイスしたり、が、深夜に及ぶ頃になると本番が始まると云うか、ディープな話になる事が多いですね。
それは朝まで続き、それ故に水曜日の夜だけはブログ等はパスさせて貰っていますが、内弟子達も日常の中に仕事をしていたりするのに、朝まで良く頑張っているものだと思います。
昨日、と云うか、もう一昨日ですが、この時の伝授はかなりのものでしたね。
裏仏教の真骨頂と云うか、一般の人には絶対に公開する事のない、弟子でも選んだ弟子にしか伝えない、陰の法を伝えました。
毒を以て毒を制すの例えもあり、こう云う陰の法は失われて行くのが良いと思うのですが、未だ必要な時もあります。
陰の法を用いる者が存在する限り、それに対抗する術は必要と云う事ですね。
強い法は使い方に依っては特効薬になり、使い方を変えれば強烈な毒となります。
人格的に余程の信頼があり、尚且つ、それを使用するだけの力量と器量が備わっていなければ、生兵法は大怪我の源となりますから、絶対に伝えません。
望まれたからと云って伝える事が許されない、劇薬です。
こう云うものを伝授されると云う事は、その弟子もそれだけの器を持つ可能性が出て来たと云う事でしょうし、これからもその道を極めさせられるでしょう。
頑張ってほしいものです。
実戦の力は、実戦の中でしか身につかないものです。
どれだけシュミレーションして訓練しても、現場では予想外の事は必ず起きます。
普段、限界を上げる訓練は絶対に必要ですが、現場での想像を越えた現実に遭遇した時、本当に越えられるか越えられないか、ギリギリの所をくぐり抜けて越えた時、限界は自ずと上ります。

 内弟子達は、私と毎週、とても濃い時間を過しています。
皆が一般の方のお役に立つ事を願っています。
その為にも、もっともっと頑張って欲しいですね。
精神的にも肉体的にも、そして魂的にも。


バナー

師走のイベントが続きます

2013 - 12/04 [Wed] - 03:15

 今日は、昨日、妻が抜歯をした事もあり、負担がかかってはいけないので道場を休みました。
今週、どこかでまた日を変えて行きたいなと思っています。
また、毎月発行している会報アデプト通信の印刷を今日はずっとやっていました。
もっと月初早くに出したいと思うのですが、中々思う様に書き上がらなかったり、時間が取れなかったりして遅れています。
大晦日に毎年行なっている年越大祓祈願の御案内も一緒に印刷して、同封して送らせて戴きます。
今月の月例会の日は、夕方から毎年恒例の忘年会です。
参加者全員が一品ずつ持ち寄り、楽しい時間を過します。
特に何かイベント等はないので、いつもの月例会と変りませんが、美味しいものが沢山並ぶのはそれだけで嬉しいものですね。
が、その前日、道場での締めの稽古があります。
これも毎年恒例の108人スパーリング、子供達から大人まで皆が揃って老若男女揃ってスパーリングを108人続けます。
時間にするとアッと云う間ですが、次々と相手が替わるので、クラクラする時があります(笑)
子供達の、特に小さい子の手足は細いので、それも結構思い切り突いたり蹴ったりして来ますから、身体で受けていると、結構痛かったり(苦笑)
上段も遠慮なく蹴ってきますから、油断していると痛い目に遭う事もあります。
これも楽しみです。
その後に忘年会に続きますが、道場の父兄さん達や道場靖の中にも手の器用な人達が、アッと云う間に大きなテーブルを作り、ビールサーバーや鍋を用意してくれて始まります。
毎年の事ですが、皆さんの力に感謝です。
参加者も多く、時々、窓を開けて空気を抜かないと、道場内の空気圧が上がって窓が割れると云う事もあったり。
朝まで飲み続ける猛者も一人や二人ではなく、最後は自分達で綺麗に道場を片付けて掃除して帰るそうです。
その場面まで私はいた事がありませんが、凄いですね、皆。

 師走は、色々な御縁を改めて感じさせられる機会が多いですね。
一人一人との繋がりで、毎日を楽しく充実させて生きて行ける。
有り難い事です。
一人一人とのご縁、大切にして行きたいですね。


バナー

被ると

2013 - 12/03 [Tue] - 02:11

 今日は、妻の抜歯の付き合いで、国立医療センターの口腔外科まで行って来ました。
私は診察を受けないので待合室で待っていましたが、近くに小児科があって、賑やかな子供の声が聞こえていました。
それを叱る母親の声、最初は気にならなかったのですが、段々と苛ついて来て、まさかキレる訳にも行かないので我慢我慢(苦笑)
思っていたよりも、妻の治療も時間がかかり、そっちの心配もあって、妻が治療を終えて出て来た時には、私の顔はかなり険しくなっていたそうです(苦笑)

被ると、ちょっとした事が感情を刺激して仕舞いますね。
基本的に子供は嫌いではないですが(大人には怖がられて、子供と動物には好かれるらしいです)、耳が良過ぎるのか音には敏感で、子供の出す声や物のぶつかる音や金属音等は耳障りに感じる事が良くあります。
それよりも苛ついたのは、躾けをしないで、ただ叱る母親のギャンギャンと云う声。
普段から、ちゃんと躾けておけばそんな必要もないだろうに、叱ってばかりで子供に云う事を聞かせる事が出来ないのは、自分の責任だろうにと思います。

 叱り方って難しいですが、ギャンギャン叱ってばかりだと、子供は心を閉ざして仕舞ったり、余計に云う事を聞かなくなります。
優しく、時に厳しく、しっかり子供と心を通わせて欲しいものですね。
果たして本当に子供の為に叱っているのか、自分の思いを通す為なのか、良く考えないと子供は見抜いて仕舞いますからね。

 然し、被って短気になるのは困ったものです。
元々、気が長い方ではないですが、今日はかなり苛つきました。(反省)

バナー

残りを楽しく

2013 - 12/02 [Mon] - 01:21

 師走になって、世の中の人々、皆気が急くのか、年末への不安か、何だかやたらと空気が重い気がします。
あまり覚えのない被りや、原因不明の体調不良が増えている様に思います。
異常な乾燥や昼間と夜の寒暖の差等々、体調を崩す原因も色々ありますが、その中には世の中の気の流れや人の思いも入っているかもしれないですね。

 これからクリスマス等、楽しいイベントも待っていますし、出来るだけ楽しい事を考えて、ネガティブなものを吹き飛ばして行きたいですね。

 昭和の時代に比べて、クリスマスイベントは、慣れて仕舞ったのか、世の中が明るくなったせいか、不景気のせいか、何だか派手さがなくなって楽しさが半減した様に感じるのは私だけでしょうか。
昔のクリスマスは、もっと華やかでキラキラしていた様に思いますが。
ただの郷愁か、思い出の美化なのかもしれませんが。

 何れにしろ、残り少ない今年、楽しくして終りたいですね。

バナー

自分の生き方

2013 - 12/01 [Sun] - 03:18

 今日、長く勇気を持てなかった女性が、勇気を出してトラブルを解決したと報告を兼ねて気療に来てくれた女性がいます。
生きて行く上で、仕事して行く上で、色々な障害やトラブルは付き物です。
が、それをどうして行くのか、やり過ごすのか、きちんと闘って解決するのか、それは誰が決めるのでもなく、自分で決めなければいけません。
他からのプレッシャーや、過剰な遠慮、配慮(のつもり)、恐怖心、等々で流されて、意に反して行動を決めて行くべきではありません。
自分の人生、自分の生き方、行動は、誰でもない、自分で決めて自分でコントロールして行かなければ、自信も持てず、心に闇を溜め込むだけになって仕舞います。
今日の彼女の場合は、幼少期のトラウマも今回の事で、完全とは云えませんが解消に向い始めた様です。

苦手な事は、向き合って闘わなければ強くなって行きません。
一つ越えれば、一つステップアップします。
そして、段々と苦手な事も平気になって行きます。
縮こまって小さくなって隠れていたら、いつもビクビクしていなければいけなくなります。
思い切って、一歩踏み出してみると、案ずるより生むが易しと云う事もあります。

 自分の人生や生き方は自分で決めて行きましょう。
人に左右されたり、抑圧されているべきではありません。
それが親や身内であっても、自分の思いと異なるのであれば、敢えてそこは逆らう事もあって良いと思います。
自分で決めて事で後々に起る事は、自分の通るべきリスクですから、胸を張って乗り越えましょう。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR