感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2013年07月  

豪雨と空手

2013 - 07/31 [Wed] - 03:00

 今日はいつも通り道場へ行って来ました。
湿気に弱い私は、今日も蒸し暑さはかなりこたえていましたが、道場で練習する事で精神を研ぎ澄ます事が出来ますし、体内の老廃物を汗と共に排出する事が出来るので、身心共にリフレッシュの為、休まず通っています。
愛車で向っている途中、突然の豪雨に合いました。
このまま振り続けてくれたら、道場も涼しくなるのにと思いましたが、道場へ着く頃には丁度止みました(苦笑)
案の定、道場の中は蒸し暑さで空気が濃い感じさえしました。
練習が終ってからの帰り道も、気温は少し下がりましたが、蒸していました。
これから夏本番と云う今の時期でこうだと、これからが思い遣られますね。
が、通い続けていると、段々身体が慣れて来ると云うか、耐えられるから不思議です。
他の道場から出稽古で来られたり、初心の方は、熱中症で最後まで持たない事も多いですが、うちの道場生達はこの暑さの中で練習しているので、皆スタミナ抜群です。

 途中で摂取する水分は殆ど、もしかしたらそれ以上に汗をかいています。
道着が持って行く時と、帰りでは倍以上の重さに感じて仕舞うのは気のせいではないと思います。
おかげでデトックス出来て、精神的にも禊れている様です。

 一週間の中の、一番ハードな一日ですが、大切な時間です。

バナー

スポンサーサイト

穢れ

2013 - 07/30 [Tue] - 02:22

 日本中、あちこちで天変地異が起きていますね。
地震、豪雨、それに伴う土砂崩れ等々。
天候不順は仕方ないですが、何だか度を越している様に感じます。
何か異様なものを感じるのは私だけでしょうか。

 国常立神が穢れる時、また国津神が乱れる時、天津神達も乱れると云います。
人々のネガティブな、自分勝手な思いが、土地神や国常立神に流れ込んでいるのかもしれないですね。
神への恐れが薄れ、信仰心が薄れている現代、欲が人々の関心の中心となり、心を失って来ている現代人のストレスやネガティブなものが自然の中の神々の中に流れ込んでいるのかもしれないですね。

この乱れを禊と祈りに依り祓い浄めて行く事で、乱れは納まって行くでしょうね。
生かされ、住まわせて戴く事に感謝して、自然や土地に感謝する事を思い出して行く必要があると思います。

 神の怒り、神の懊悩は、国そのものを危うくします。
生きる上での欲は必要ですが、心の中の闇を育てない様にしたいものですね。
人々の心が光り、輝いていれば、天地の穢れも消えて行くだろうと思います。

宗教的な事とは無関係に、素直な感謝の心を取り戻したいですね。

バナー

大きな法具

2013 - 07/28 [Sun] - 01:37

 新しい法具を手に入れました。
仏具屋さんで売っている法具ではありませんが、使えそうなので以前から目をつけていたものです。
長さ29cmの独鈷杵です。
以前にも、ブロンズ製のハリーポッターの魔法の杖を手に入れましたが、造形が美しく、飾ってあります。
どちらも入魂済みなので、いつでも法具として使用可能ですが、これを使う必要がある程の命がけな祈願は滅多にありません。
と云う事で、普段は飾りか、或いは自分の修業の為の使用となります。

 法具とは、自分の持つ力を増幅させる働きがあります。
と同時に、力のある者が使い続けた法具には命が宿ると云われます。
まるで付喪神の様に、法具そのものが意思を持ち始めて、持てるものをサポートします。
当然ですが、持てる者を選びます。
資格のない者が手にすると、その力は自分に返って来て仕舞います。

 手に合わない法具を用いる事は、自分自身を滅ぼす事になります。
法具は、年月をかけて、使い込み、祈りの中で命を宿して行きます。
これから、新しい法具はどの様な輝きを見せて行くのでしょうね。
それは使う私次第です。
数十年使い込んで来た三鈷杵は、鈍く光り、風格を持っています。
新しい後輩君達、これから一緒に頑張って行きましょう。

バナー

人からの評価

2013 - 07/27 [Sat] - 02:07

 幾ら頑張っても、他人から良い評価を貰えない時ってありますね。
自分のしている苦労や頑張りなど、他の人には解りませんし、良い評価を貰えないと、自分でやってみろって開き直って仕舞えれば良いのですが、つい落ち込んで仕舞ったり、気にして仕舞ったりして仕舞うものですね。
所詮、他人なんて表面しか見ていないで勝手な事しか言わないものです。
また何を言っても、その言葉の責任なんか持ってくれません。
気にしないで流して仕舞うか、面と向かって立ち向かうか、どっちかしかありません。
一人で感情的になっても、何も解決しないし、ネガティブな思いが残るだけです。

 人の評価を得るには、得る様なやり方と云うものがあると思います。
その相手が求めているものを満足させる様な結果に結びつけるしかありません。
が、人それぞれの都合もあり、全ての人を満足させる様な結果に繋げる事など、殆どあり得ません。
何をやっても、どれだけやっても、所詮、賛否両論あるのが普通です。
一々気にしていたら、身が持ちません。

 最終的には、自分が手を抜かず、全力を出していると云うプライドの問題でしょうね。
自分が天地に恥じない自信があれば、それを人が理解しようとしまいと関係ありません。
天は必ず見ています。
どんなことがあっても、めげずに頑張った人には、必ずそれだけの事は返って来ます。
誰も評価してくれていない様に感じても、案外、ちゃんと見ている人はいるものです。
そこでネガティブになればなるほど、ネガティブオーラが出て、理解者が減って来て仕舞うものです。
いつも自分を信じて、真っ直ぐに正道を歩いて行くと、評価する人は必ず出て来ます。
他を怨んでも、他に責任転嫁しても、何も解決せず、却って泥沼に堕ちて行くだけですから、自分のプライドにかけて、胸を張って前をしっかり向いて、明るい顔で歩いて行きたいですね。

バナー

魅力ある生き方

2013 - 07/26 [Fri] - 01:56

 人間力のある人は魅力的ですね。
小手先のテクニックや技術や知識も大切ですが、人間力がが伴っていると、人としての魅力があり、そう云う使っている技術やテクニックも一層光る気がします。
どんなに頑張っても人から評価されないと感じる時、その原因を追求して行くと、もし技術や知識やテクニックに問題がないとすれば、そこに伴う人間力の問題かもしれないですね。
同じ言葉でも、同じ仕事でも、そこに心がこもっていて、その人の人間力を感じる事が出来たら、伝わって来るインパクトも全く違って感じます。
所詮は人と人が関わり合っている世界ですから、人の心に響く様な言葉や姿勢がないと、誰も理解してくれません。
良い人だから、良い仕事をしているからと云っても、伝わらなければ何もないのと同じです。
そこに存在する事自体が仕事、そう思って生きていますが、目先の技術や言葉ではなく、持っている人間力で向き合って行く事が、人と人の間に信頼を作りあげて行くのかもしれないですね。
信頼のない所に、良い人も良い仕事もないでしょう。

まずは、人としての力をつけて行く事が大切ですね。
毎日、一日一日を大切に、精一杯、楽しんで全力で生きて行きたいですね。
そうすれば、必ず周囲の人に、その姿や姿勢が伝わって行きます。
生きていればネガティブな事は沢山ありますが、幾ら悩んでも悔んでも、眼の前の問題を解決しなければ意味がありません。
どうすれば良いのか、何をするのか、どこかで決心して踏み出して行くしかありません。
苦しい時ほど、持てる人間力を試されている様なものです。
いつも全力で、逃げずに向き合う事、それが結局は持てる人間力を鍛えて高める事になるのではないかと思います。
まず、今日一日を精一杯楽しんで充実させたいですね。
それが明日に繋がる様に。

バナー

メンバーが揃った道場

2013 - 07/24 [Wed] - 03:19

 今日の道場は、久し振りに私の所のメンバーが全員集合でした。
最近、皆忙しく、揃う事は珍しいのですが、やはり皆が揃うと良いものですね。
練習は、物凄い豪雨と雷の通り過ぎた後、気温はそれほどではないのに凄く蒸し蒸しした中でやりました。
それでも、練習途中で窓を開けると、スーッと涼しい風が入って来て、どれだけ道場の中は暑いのかって突込みたくなる程でした(苦笑)
最後まで終って、練習後、メンバーが他のメンバーを鍛えようとスパーリングをし、指導していました。
良いですね、こう云う光景は。
言葉だけではなく、身体で会話する、心が通う。
一緒に汗を流し、打ち合い、蹴り合いながら、互いの心理的な距離が近づいて行きます。
練習は楽しい事ばかりではなく、厳しい事も辛い事も、痛い事も沢山ありますが、心が通う仲間がいると云う事は得難いものですね。

それにしても、夕方頃の雨は凄かったですね。
近くに雷が堕ちたらしく、窓が揺れるほどの轟音が響いていました。
電車が止まったり、川が増水したりと、色々とあった様ですが。
何度も雷が堕ちた様でしたが、近くに被害はなかった様で、良かったです。
雨が止んだ後、道場の窓から真ん丸な満月が見えました。
豪雨の後だけに、何だか不思議な感じでしたね。


バナー

電子書籍で読む

2013 - 07/23 [Tue] - 02:49

 角川ビーンズ文庫の少年陰陽師にはまっています。
電子書籍で買い、殆どiPadminiで読んでいます。
便利な時代になりましたね。
流石にスマートフォンではちょっと画面が小さいのと反応が今一なので、iPadminiの方を多用しますね。
メールはスマートフォンを使いますが、それ以外はiPadminiの方が使い易いです。
レギュラーのiPadも考えましたが、サイズから考えてminiの方が使い勝手も携帯性も良いので、こっちにしましたが、十分です。
元々、PCがiMacなので、あまり違和感なく使えています。

 今更と云う感じかもしれないですが、少年陰陽師は中々面白いです。
結構、深いですし、まだ続刊し続けていて、先が見えないですね。
終刊するまで読み続けるだろうと思います。

他にも最強の弟子ケンイチも読んでいますが、こっちもまだまだ続きそうですね。

電子書籍、以前は否定的でしたが、使ってみると中々です。

バナー

気療

2013 - 07/22 [Mon] - 02:30

 気療と云うのは、気を用いる事から気功と似ていますが、気療は相手の身体に気を通じて語りかけます。
そうすると、身体が本来あるべき形や最も良い状態へと自分で動いてくれる様な感じですね。
心は無駄な力みが取れてリラックスする感じでしょうか。
具体的に、何かの異常に対してアプローチする事で、痛みや症状を改善すると云う事はありますが。
世の中には色々な民間療法や治療法があります。
どれを選ぶかは、その人の相性もありますし、好みもあります。
しかし、その療法を施術している間に、リラックスして眠って仕舞う様な、心地良いものの方が私は好きですね。
痛い思いやビックリする様なものは、あまり精神衛生上宜しくないし、肉体上も何だか副作用が後で出そうな気がしてしまいます。
ゆったり、温泉に入る様な、解放感やリラックスが出来たら最高ですね。

 のんびりすれば、それだけで血流もリンパの流れも良くなりますし、筋肉の張りも取れて来ます。
筋肉が緩んでいる状態であれば、関節のズレ等も元に戻り易いですしね。
一日に一度は、そう云うのんびりとリラックス出来る時間を持てたら良いですね。

バナー

前進する

2013 - 07/21 [Sun] - 02:33

 今日、姪が改めて挨拶に来てくれました。
既に会社で働き始めていて、東京へ引越ししてまだ一週間程度ですが、既に少し顔が変わり始めていました。
若い子は早いと云うか、垢抜けし始めているのか、仕事している充実感と自信か、変化が始まっているのは喜ばしい事です。
親は(私の姉ですが)相変わらず老婆心か余計な心配ばかりしていて、少々姪にうざったがられていますが(笑)
子供を社会へ出したら親の役目はほぼ終了です。
後は自分で色々と経験しながら社会の中で学んで強くなって行くしかありません。
親が手を出したり口を出していると、子供の成長を邪魔する事になります。
余計な事は言うな!!って姉に言っていますが(苦笑)

 他にも独立を決めて一人暮らしを決心して準備している人がいます。
頑張って欲しいですね。

本当の意味で自立すると云う事はどう云う事か、学んで欲しいと思います。
経済的な問題だけではなく、自分で未来を切り開いて行く力と視野を持つ事ですから、一歩一歩、頑張って欲しいですね。

バナー

干渉し過ぎ

2013 - 07/20 [Sat] - 02:34

 親子関係や家族関係で悩まれている人は多いですが、その中でも親による過干渉に悩まされている人は多いですね。
二十歳を越えて社会で第一線で働いている子供に対し、いつまでも子供扱いして、過干渉して口出して仕舞う。
相手も大人になっていますから、余計な口出しと機嫌を害したりして、親の云う事をまともに聞いていないと、段々エスカレートして仕舞って、親も子も荒れて仕舞い、どんどん関係が悪くなる。
そんな相談は沢山あります。
先祖の因縁や、流れている遺伝的なもの、蘇だって来た過程での教育の問題はあるにしても、親の側の自己中心的な意識から来る場合が多いですね。
子供の為と自分でも信じていながら、本当の心の底では、自分の為と云う場合が多いかもしれません。
子供を自分の思う通りに縛りつけておきたいとか、八つ当りの相手にして仕舞っているとか。

 そんな関係は、決して良い筈はありません。
そう云う時は、思い切って決心して、一旦距離を取りましょう。
親を捨てる様で罪悪感があるかもしれないですが、離れてこそ見えて来る親への愛情と云うものもあります。
近くにいると感情的になって、大切なものが見えなくなる時もあります。
勿論、肝心な時にはしっかり気持ちを込めて、でも普段は少し距離を取って、まず自分を大切にする。
そんな所から、互いの感情も時と共に鎮まって、良い関係に変るものです。

 親孝行は、近くにいる事ではありません。
本当の親孝行とは何か、考えてみても良いかもしれないですね。

バナー

大切な行事と祈り

2013 - 07/19 [Fri] - 02:57

 死と云う現実は生きて居る人間にとって、必ず訪れるものです。それがどの様な形で来るのか何時来るのか、殆どの場合は分からない事の方が多いと思います。それ故に恐怖もあり迷いもあり、死を考える事も拒否したくなります。然し確実に訪れる以上は、それを常々からしっかり受け止めて心構えを持つ事が、人格・霊格向上の為に様々な勉学をして居る者の、当然の姿勢であると云えるでしょう。今般、関西大震災に当たり、沢山の犠牲者が出ましたが、五千数百人と云う人達がその瞬間何を思ったか、私は痛い程解ります。そして肉体の苦痛や魂の叫びがその侭私の中に再現されますから、一月後半から二月中私は毎日祈る丈の生活でした。一人々々とは申しませんが、なるべく早く成仏なさる方が多い様に一向御祈願しました。赤児もあり老人もあり働き盛りの方もあり、本当の意味での霊能者なら皆私の様に毎日の訪れがあった筈です。然し、自分がもう死んだのだと自覚して居ない御霊も数多くあり、余程血縁や宗教家等が御供養しない限り中々完全成仏はなさらないでしょう。昔から棺を蔽う時に、その人の真価が解ると申します。先月書いた素晴らしい夫に看取られて逝かれた奥様も、その最後は「流石」と唸る様な立派なものでした。病が篤くなり、もう癒る期待が持てないと御自分で覚られると、御主人に結婚した時からの事を楽しい思い出として自分の病弱を詫び乍らも夫の負担に成らない様な優しい口調で静かに数時間も御話なさいました。そして嫁いだ娘達を一人々々抱き締め「貴方達は私の宝よ。」と各々にしっかりと遺言をなさったのです。その上で主治医だった医師及び私の個人名を挙げて、思い出と感謝を夫から自分の没後に伝えてくれるようにと、多くの言葉を遺されました。もう何も思い残す事は無いと仰った二日後に昏睡状態となり、その夜亡くなられました。私は「美しく、凛として居られた貴方のお姿を永く心に留めて置きます。お休みなさい。」とメッセージを送り、お棺に入れて戴きました。その方が息を引き取られた五分後に私は成仏法をかけましたが、その魂は即座に丁寧な御礼を述べて成仏なさいました。律義な方です。昔から男性の中には、その死に際の立派さ美しさがよく語り継がれ色々話も聞きますが、女性の旅立ちにこの様な潔さを見たのは初めてです。
 死は、決して怖いものではありません。この世で死ななければあの世で生きる事は出来ず、また生まれ変わる為には必ず通る道であります。それならば死の瞬間に苦痛を感じぬよう、そして一刻も早く成仏して美しいあの世に行けるよう、今生の生き方を大切に楽しく生きるべきだと思います。前にも述べた事がありますが次の世に生まれる時は、また自分で親を選び家を選び生きる道を選びます。自分の修行すべき事も、その時に決めて生まれます。今、この世に生きて居る時に心して一日々々を暮らせばそれ丈先々の修行も変わって参りましょう。私は、二千年余りの昔、不動明王の像を剣で断ち割った行為の御詫び行を延々と続けて何度か生まれ変わり、漸く今世で許しを受けました。仏像を断ち割った二千年余り前のその時、自分の切迫した想いがあっただろうとは云え、もうこの長い修行を繰り返すのは懲り懲りです。ですから一層この世で人様の悩みを解決する手助けをし、また霊格向上の為の助言をして魂の美しい人間を作って行くアドバイザーの役目に徹して行きたいと思って居ります。漸くクリアーした今の人生は、私にとって最高の人生であります。ですから、色々な選択肢の中から今の仕事を転職として与えられたと強く身に感じて選んだのだと思います。母が冗談めかして申しましたが、「医業一本道で行って居たら収入だってかなり違っただろうけど、今の道は天職として選んだものだろうから結局幸せなのかしらね。」と。私が今生きて居る限り、誠実に人の御相談を我が身と同調させてお役に立って行
ければ、来世はもっと楽しいかなと思ったりします。私は死ぬ時を楽しみにして居ります。これは誤解して貰っては困るのですが、一生懸命生きて次にジャンプする時迄悔いの無い一生を送った後を楽しみにして居ると云う事であります。皆さんも一時代毎に霊格や人格が上がって行くと云う事に喜びを感じませんか。これは誠に素晴らしい事業であります。それを考えれば死等何が怖いでしょう。横変死等に引きずり込まれぬよう、自分の足元をしっかり見詰めて寿命を確実に生きて参りましょう。

 TLC進成会と名称を変えてから三カ月が経とうとして居ります。「横文字はどうか?」とか「古宗教の重厚さが良かった」とか様々の意見があります。然し、私の処へ御相談に来られる方の約三分の一は他の新興宗教教団で救われなかった方で、その体質や能力に疑問を抱いて来られる方です。拝見して観察すると、成程表面的な現象のみを捉えて霊障であると云ったり、全く非論理的であり十把一からげのマニュアル通の指導しかして居りません。一人一人を人間として鋭く霊視・観察して行けば、その悩みが何処から来ているのか、その解決方法は何処から手を付けて行くべきか解る筈です。勿論自分の身体を流れる血液の大本である御先祖様を大切にし、何時迄も家族として接して行く事は兼々申し上げて居る様に当然の事です。何れはその中に自分も先祖として入って行く訳ですから。
 然し、拝む事丈で状態を完全に変えられる程簡単なものでない事は皆さんも周知の通りです。病気にしろ事故にしろ、原因をしっかりと把握すれば対処の方法は自ずから視えて来ます。その大元が解らない侭に皮相的な言葉や方法を押し付けられ、状態が少しも変わらなければ当然「宗教」と称するものに対して不信感が湧いて来るのも無理からぬと云えるでしょう。私がTLC(トータル・ライフ・コーディネーション)と云う名称を使用しようと思った要因の一つであります。一度、宗教と云うものは人の弱みに付け込むまやかし物だと云う想いがインプットされてしまった頭には、どの様な高邁な教えも拒否しかもたらしません。これは多分にマスコミの影響もあるでしょうが霊感商法だのマインド・コントロールだのと云う言葉が洪水の様に大衆に押し寄せ、宗教と云う名の下に様々な反社会的行為を行った団体がマスコミによって有名になってしまった為に、宗教即ちうさん臭いものと云うイメージが固定してしまったのです。伝統宗教であれ新興宗教であれ、また霊能者であれ大半の善意に満ち真剣に人を救い求道して居る団体や個人は、非常に迷惑して居るに違いありません。
 私が自分に授かった特殊な能力に加えて、長年の経験の努力によって培った理論や己の持つ全人格をかけて人様の助力をしようとしても、また数千年前に溯って本来の宗教の姿を踏まえて教えても、同じ「宗教」と云う名の下に様々な反社会的行為をして来た教団と同じイメージに捉えられて仕舞う事は本意ではありません。それでは私が今世に於いて為すべき修行が妨げられて仕舞います。ならば宗教と云う名のみに拘らず、もう一歩進んで全ての生き方を調和させて行く為の方法と哲学を人格・霊格の向上を大前提として指導する立場を採った訳です。これは神仏からの御霊示でもあり、指示でもあります。きっと、そう云う時期が来て御霊示が降されたのでしょう。神仏の御霊示は突然降されますから一刻も悠長に構えては居られません。生ある限り私は常に緊張しながらリラックスし、リラックスしながら緊張して居なければならないと思って居ます。
 言霊と云うものは恐ろしいもので、本年の元日より名称を変更して以来御相談の内容の傾向が急激に変化して居ます。今迄も時たまあったのですが、今年になってセラピスト的な役割をしなければならない、或いは教育者的な役割をしなければならない様な御相談が次々と舞い込んで来ます。昨年以前から私の処へ来られて居る方々には名称変更の御知らせは当然して居りますが、全くそんな事を知る筈もない方々がその様な御相談を持って来ると云う事は、全く言霊の持つ力が働いて居るとしか考えられません。私もこの道を志して既に長い年月が立って居ますが、名称を変える事による変化の大きさと、言霊の力には改めて驚かされます。逆に、昨年迄の「古宗教」と云う名称が持つ言霊の力が私を今の境地に迄導いてくれたのも事実です。したがって、昨年迄の会の在り方を内包した上で更に一層人生全般に亙るトータルな形へと昇華させて行こうと思います。皆さんも会の進歩と共に全人的な完成を目指して努力し学んで戴きたいと思います。

バナー

いつも変らない姿勢

2013 - 07/17 [Wed] - 03:20

 人の繋がりは、信頼があってこそです。
道場でも、いつも同じメンバーが揃っていると、段々とその間に信頼が生まれて来ます。
そうして繋がりが出来上がって行きます。
何かを頼まれた時、きちんとすぐに対応して行く、それが揺るがないものであれば、そこに信頼が生まれて行きます。
信頼とは一朝一夕で出来るものではなく、日頃の積み重ねの中で時間をかけて生まれて行くものです。
いつも変らず、同じである事、とても大切ですね。
何か特別なものや特別な力などなくても、その真っ直ぐな心と変らぬ姿勢が人の心に沁み通って行くのかもしれないですね。

 いたり、いなかったり、やったり、やらなかったりと云う姿勢は、不安定感に繋がります。
それでは信頼を得る事は出来ないですね。

バナー

第2の故郷

2013 - 07/16 [Tue] - 01:53

 毎日、暑いですね。
こんなに暑いと、スイスが懐かしくなります。
向うは25℃位だそうです。
17歳の頃、滞在していた街、グシュタード(Gstaad)私にとって第2の故郷と思っている所です。
それから30数年ぶりに妻と出かけて、昔いた場所を探し当てました。
また帰りたいですね。

_IGP4513
_IGP4513 posted by (C)島津 成晃

バナー

簡単に止めるって勿体ないですね

2013 - 07/15 [Mon] - 02:47

 何か、している事が、長く続けられない人っていますね。
別に努力しなくても、頑張らなくても、根性なんかなくても良いと思いますが、一つの事を続けられないと云うのは、道を自ら閉ざして仕舞う様で、何だかなぁと思って仕舞います。
勉強でも仕事でも修業でも、何か始めたら、ある程度のレベルに達する迄は途中で諦めたり、逃げたりしないで、続けて欲しいものですね。
何かをやり続けて行く、その先には道があり、得るものも大きいでしょうし、続けて来たと云う事の達成感は、大きな自信に繋がります。
今日来た、20代のお嬢さんは、空手道乗を紹介してあげて、暫くは行ったり行かなかったりしていましたが、最近ちゃんと通える様になりましたと笑っていました(笑)
また、今日の面接の後、審査会だと云う事で、元気に帰って行きました。
型を見て欲しいとの事で、最後に見てあげましたが、良く出来ていました。
細かく注文をつければキリがないですが、今のレベルでは十分な出来だったと思います。
悩みから、相談し、次へのステップを見つけて元気に帰って貰いましたが、彼女の頑張り次第では、大きく未来は開かれるだろうなと思います。
根性なしだった彼女ですが、一つ一つ頑張って来た事で、かなり成長し強くなった様に思います。
まだまだ、後から叩きたくなる様な時もありますが(笑)それも御愛嬌です。
人が頑張って成長して行くのを見ていると、何だか嬉しくなりますね。

 何か何でも良いですが、始めたら続けて欲しいものです。
簡単に諦めたり、飽きて仕舞ったり、止めて仕舞うのは、物凄く勿体ないです。
そこでお世話になった方々、そこに到る迄にお世話になった方々もいるでしょうし、折角出来た人の繋がりさえも切れて仕舞いますからね。

バナー

空手で学んだ事

2013 - 07/14 [Sun] - 02:08

 今日一日を楽しく精一杯、私の生き方の根本ですが、未来なんて決っている筈がない、例え神様にだって自分の未来を決めて貰いたくないと思っています。
未来への可能性は無限にあります。
今、何を選択するか、どっちの道を選ぶかで未来は決定します。
それを、神だろうと仏だろうと、勝手に決められてたまるかと反骨精神で思います。
もし決められたら、そんなものは絶対その道から外れてやろうと思います。
敷かれたレールの上を決まった様に進んで行くなんて、気持ち悪いし、自分の意思や思いが繁栄していない道なんて、絶対に歩きたくないですからね。

 でも、そうやって歩いて行く為には、色々と辛い事も厳しい事も沢山あります。
そんな時、ちょっと壁にぶつかったからって、辛い事があったからって、一々落ち込んで逃げていては自分の道なんか歩けません。
長年やって来た空手で学んだのは、絶対に下がらない、諦めない、逃げないと云う事で、私の生き方の根本になっています。
勿論、戦略的な撤退はありです。
でも、逃げ根性や、気持ちで負けて、逃げるのはダメですね。
一度逃げたら、一生逃げ続けなければいけません。
今すぐに打ち勝てなくても、時間をかけたら勝てる時が来るかもしれない。
そう信じて、立ち向かっていたいですね。
嫌な事や辛い事から逃げても辛さや苦しさは消えません。
立ち向かっても同じです。
どっちも同じなら、立ち向かっていたいですね。

 生き方を教えてくれたのは、修業もありますが、根本は空手です。
他にも色々な武道をやりましたが、空手が一番、自分に合っていた様に思います。
感覚的にも、心理的にも。
人それぞれ、合うものは違うと思いますが、何か一つ、本気で取り組めるものがあると良いですね。
きっと、そこから色々なものを学ぶ事が出来ると思います。

バナー

タイミング

2013 - 07/13 [Sat] - 02:31

 誰かが困っていて、助けてあげたいなと思う時、こうしてみたら?とかこうした方が良いよ、それはダメだよ、ってアドバイスしても、相手が聴く耳を持たない事ってありますね。
普段は凄く仲が良くて、色々と話しているのに、そんな時は人が変った様に自分の考えに固執していて、人の話を聞いてくれなくて、怒りを感じたり不信感を持って仕舞ったりして、それが原因でこの人とは距離を置こうとか、付き合いが切れて仕舞う事もあります。
自分の側も、折角アドバイスしてあげたのに、とか心配しているのにとか、どこか無意識でも内心で恩着せがましい気持ちを持っていたりすると、余計にそう云う事は起きますね。
また、そんな気持ちは露ほどもなくても、相手が自分の感情や考えや変なプライドや体面に囚われている時って、そこから抜け出せなくって、それ以外の価値観や目線を全く受け付けないと云う場合もあります。
そんな時は、誰が何を言っても無駄です。
全く聞く耳を持ちませんし、逆に反発される事すらありますから。

本人が現実に直面して、残念ですが痛い目を見て、初めて自分の意識の間違いに気づく(かどうかは、本人次第ですが。人によってはそれでも気づかず捻くれて仕舞う場合もあります。)
現実に打ちのめされて、感情的になり、それが落ち着いて来た頃になって、初めて人の声が素直に聞こえる要になって来ます。

タイミングと云うものでしょうね。
今何を言っても無駄と云う時があります。
逆にアドバイスするなら、今しかないと云う時も。

 相手が聞く耳を持たない時に、ごり押しすると、互いに嫌な気持ちになるだけで、取り返しの付かない程に関係が崩れて仕舞う事もあります。
そう云う時は、我慢して静観すると云う気持ちも必要ですね。
親しい人の苦しむ姿を黙ってみているのは辛いものですが、我慢して待つと云う事も大きな愛だったりするものです。

バナー

社会人になると云う事

2013 - 07/12 [Fri] - 03:21

 秋田大学に行っていた姪が東京で就職を決めて、東京に住む事に。
早速、アパートを探して決めて、引越しも終り、明日から務めだそうです。
ちょっと時期がズレましたが、新社会人。
少し援助しましたが、これから頑張って、自分の未来を切り開いてくれると良いなと思います。

私が社会人になった時、そんな気分も持てないままに、闇雲と云うか無我夢中でした。
色々と苦しい時代もありましたが、こうして甥や姪にちょっとだけですが、助けてやれる様になったのは、長く仕事をさせて戴いて来たお陰、感謝ですね。
大した力もないですが、何かある時は便りになる叔父でいたいと思っています。

 本当に大人になるのは、社会に出てからです。
学校や親が育てて行くのは、子供の時代。
社会に出て、社会の中で、社会によって育てられて行く時、段々と本当の大人になります。
私も、社会とお仕事の中で学んだ事は沢山あります。
長く仕事させて戴いて、少しだけ大人になったかもしれないですね。
自分では何も変っていない、未だにガキのままと云う気がしていますが(苦笑)
変に大人ぶって、若者達を上から目線で見る様なオヤジにはなりたくないので、子供の部分は失いたくないですが。
新社会人、プレッシャーも大きいでしょうが、これからの人生を楽しんで欲しいなと思います。

バナー

頑張りました

2013 - 07/10 [Wed] - 03:09

 今日は火曜日で道場へ行きました。
道場へ入る階段を登って行くと、一段毎に気温が上がる様な感じがします。
練習の時間になると、いつも参加している黒帯茶帯が三々五々集まって来て、いつも通りの人数が集まりました。
相変わらず黒帯と茶帯の比率が高いですね。
外は風が少しあるお陰で、窓を開けるとホッとします。
が、瀧の様な汗は、練習が終って、家に帰り着くまで止まらない程でした。

 凄く珍しい、レアな高気圧の状態だそうで、異常気象の様に思えるのは私だけではないかもしれないですね。
ジッとしているだけでも汗が噴き出して来て仕舞う様な気温の中、最後まで練習は無事に終りました。
一人、北の方からの出稽古者がいたので心配しましたが、無事に途中で倒れる事無く練習を終えて、良く頑張ったなと思います。

 やり続けて行くと、慣れて来るのか、道場の暑さも耐える事が出来る様になって来ます。
秋冬や春に比べて、疲労度はかなり高いですが、死なない程度に頑張って通いたいと思います。


バナー

問題のない問題解決

2013 - 07/09 [Tue] - 01:37

 何か問題が起きると、パニックになったり、感情的になったりして、冷静な判断が出来なくなる事が多いものです。
そんな時は、慌てて仕舞って、解決を急ごうとし勝ちなものですが、良く考えないで急いで仕舞った解決方法が他に与える影響を見忘れて仕舞っている事が多いものです。
その場だけの解決を考えて、影響が出る事を考慮しないと、未来に禍根を残す事もあります。
そんな時に、頼るべき相手を間違えたり、やってはいけない事をやって仕舞って、後々、悔む事になる場合もあります。

 まず落ち着いて、その場だけではなく、未来や周囲に及ぼす影響を考えて、冷静に答えを出したいですね。
その解決方法を間違えたせいで倒産した会社も沢山あります。
個人でも、その間違った方法のせいで、レッテルが貼られて仕舞ったり、前歴に残って仕舞う事があります。

 最善の方法は何か、意味のないプライドは捨てて、頼るべき所は頼って、一番良い方法を探して解決したいですね。

バナー

正伝流空手道審査会

2013 - 07/08 [Mon] - 03:12

 本日は審査会でした。
殺人的とも思える厚さの中で、少年部、幼年部、一般部、皆、真剣に頑張っていました。
受診する側も審査する側も汗だくになりながら、最後まで無事に終えましたが、夏の審査は要考慮かもしれないですね。
熱中症の危険が非常に高く、万全の対策が必要ですね。

 それぞれの力を出し切ったと思える人、まだまだ出来る筈と思える人、色々ですが、それぞれの持てる力を見る事が出来ました。
黒帯も沢山揃って参加し、茶帯も参加して、審査の手伝いをしてくれ、普段見ない黒帯の先生を沢山見た受審者も多かったと思いますが、それぞれに総評やアドバイスを貰って、審査も稽古の一つと良く云いますが、良い審査会だったと思います。

 結果は結果、上がる人、保留の人、それも色々だと思いますが、どう言う結果であれ次へのステップとして受け止めて貰えたらと思います。

 しかし、黒帯の人は、皆、本当に空手が好きなんですね。
細かい所までちゃんとチェックしていて、空手に対する意識も凄く高いです。
審査会後の審査会議で話していて、その意識の高さに感動しました。

DSC_5403
DSC_5403 posted by (C)島津 成晃

バナー

全てに神宿る

2013 - 07/06 [Sat] - 03:04

 良くある話ですが、道路の真中にある切る事の出来ない木や傷つけると祟ると云われている木や石等があちこちに点在していますね。
日本では、全てのものに神宿ると云う思想があります。
西洋で云えば妖精でしょうか。
日本ではものに宿る精も神の末席に座るものとして、尊重します。

 無闇に恐れる必要はないと思いますが、何気ない事が、そう云う自然霊と云うべき自然神の怒りを買ってしまって、祟ると云う事は、現実に起きます。
人間の都合だけで破壊して来た自然や、殺戮されて来た野生動物達、どこかの動物愛護団体の様に過剰反応したり、恐れる必要はありませんが、人間側だけの都合で無闇な事をすると不可思議な不利益が生じる事もあると云う事は覚えておきたいですね。

 神の怒りは、残念ながら神でしか解く事が出来ません。
自然霊は特に思いが純粋である故に、それが怒りに転じた時は人間に対して不利益をもたらす事もあり得ます。
互いに尊重し合いながら、共存して行けると良いですね。
本来の日本の文化と云うものは、そう云う思いの上に成り立っていたものです。
便利な時代になり、心が失われて行くのは仕方ないですが、それによって無駄な争い事が自然霊や自然神と人間の間に起きない様に、少しだけ気遣って行きたいですね。

バナー

解決策は必ずある

2013 - 07/05 [Fri] - 01:16

 悩みは尽きないですね、生きていると。
いつも思いますが、他人の事なら良く見えて解るのに、自分の事だと冷静さを失ってしまって考えられないと云う事が良くありますね。
渦中にいると、どうしても感情が先走り、冷静さを失って仕舞います。
どの様な問題でも、完全な八方塞がりと云う事はあり得ません。
解決する為に、何かを諦めたり、何かを捨てる必要がある事はあっても、解決出来ない問題は起りません。
冷静になって、発想を変えて視点を変えれば、必ず答えは見つかるものです。

 自分の事を、第三者から相談されたと思って考えてみる事が出来たら、冷静に判断出来ます。
自分事を他人事の様に思える、切り替える冷静さと強さは持ちたいですね。
眼の前の問題に押し潰されて、気持ちが負けて仕舞って、諦めるのが一番良くありません。
同時に、つまらない、くだらないプライドを捨てて、何を優先すべきかを感情論を捨てて冷静に考えられたら良いですね。
誇りとは違います。
プライドは、ある意味では単なる感情論ですからね。

 昨日あった質問ですが、理性と感情と云う話で、どうバランスを取れば良いのか、優先すべきかと云う事で、理想は感情を理性で抑圧するのではなく、感情が理性を持つ事が一番と答えました。
抑圧された感情は、いつか爆発します。
理性は時に勢いを削いで仕舞います。
二つが上手く融合すれば最高ですね。
理性を持った感情、持てる要になりたいですね。

バナー

祈りの条件

2013 - 07/03 [Wed] - 03:03

 良く人事を尽して天命を待つと云いますが、祈りでは、全力を出し切って死に物狂いで努力し、その上に祈りを重ねると云うのは絶対条件です。
自分では頑張っているつもり、やる事はやっているつもり、全力を出し切っているつもりと云う人が多く、それで祈りは通じない事も多いですね。
天知る、地知る、神も仏も良く見ています。
祈りを奉じる時、何処まで本気なのか、真剣なのか、どれだけ頑張っているか、全てを見通しています。
その上で、祈りを聞き届けるかどうか、決めているのではないかと思う事が良くあります。
特定の祈願をしなくても、普段から祈っている人に対し、神仏が神仏の意思で手を貸してくれる事も良くあります。
天は自ら助く者を助くと云いますが、その通りですね。

 第三者的に見て、本当に真剣なのか頑張っているか、その姿には無言の説得力があります。
神仏すら動かす程の頑張りと姿勢を持てる様になれたら良いですね。
と云う事で、幾ら願っても叶わない願い毎や、通じない祈りもある事は覚えておきたいですね。

バナー

新しい術を

2013 - 07/02 [Tue] - 01:45

 昨日、夏越大祓が終了しました。
毎年、言っている様な気がしますが(笑)今年も厳しい祓えとなりました。
大量の祈願用紙、それに続く祓え、正に全力、全開で奉じました。
身体も心も軽くなり、後半に向けて頑張ろうと思います。

と思っていた矢先の今日、ちょっと厄介な事例が飛び込んで来ました。
生霊の様なものですが、まとわりついていて体調を崩されているとの事で、弟子が他の事でその方とお会いしていたので、祓うだけなら簡単ですし、弟子で十分出来て仕舞えるのですが、送っている相手を潰さない為に返せないと云う面倒な事もあり、私の許へ連れて来ました。
人を呪わば穴二つと云う様に、生霊も返して仕舞うと、送っている当人が傷つく可能性があります。
それを返さないで問題解決する方法。
秘伝となりますので、ここでは書けませんが、弟子にはケース・スタディとして良い経験・勉強になったと思います。

 秘法、秘術と云いますが、知られているものは、全て過去の術者や能力者達が編み出してやって来た事を後世に伝えたものです。
勿論、その通りに真似をすれば有効ではあります。
が、その中に隠された、思いや心の使い方等は中々伝えられていません。
ただ真似をしても、同じ力を発揮する事は不可能です。
ですから、術を覚えるのは、それはそれで有効ですが、物真似に終って仕舞っては、発展がありません。
術と云うものは、それらの伝えられたものから、真似するのではなく、参考にして発展させ、自分で編み出して行かなければなりません。

 それが出来る様になったら一人前です。
こう云う、面倒ではあっても、レアな事例に当って、その解決を眼の前で見て学ぶ事が出来るのも、弟子の運の強さでしょう。
弟子の一層の成長を期待したいと思います。
それにしても、今日来られた方、楽になられて良かったです。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR