感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2013年04月  

誰かの為に

2013 - 04/30 [Tue] - 04:45

 努力は才能を凌駕すると云います。
なまじの才能は、己を偽り、甘えに繋がります。
正しい目標と、意識がないと、才能故に溺れて自身を潰して仕舞う事もあります。
才能のない者は、何かの目標、誰かの為と云う意識を持つ事が出来る時、継続的な不断の鍛錬修練を目指す事が出来ます。
無目的であれば、一時の好奇心等で継続は出来ません。
継続は力であり、長い時間をかけた努力は才能を凌駕します。
そして、ギリギリの限界の時、誰かの為の思いは力を発揮します。
自分の為に頑張るのは、いつか限界が来ます。
甘える事も逃げる事も、自分の為であれば、出来て仕舞うからです。
ですが、誰かの為であれば、逃げずに頑張る事が出来ます。
人は守るものが出来た時に本当に強くなります。
自分だけの守るもの、ではなく、人との関わりの中での守るもの、そこには深い思いがあります。
その思いが力となり、その原動力はとても大きなものですね。
そう云う大切なものを大切にして、本当の力を持ちたいものですね。

バナー

スポンサーサイト

真っ直ぐな生き方

2013 - 04/28 [Sun] - 02:26

 真っ直ぐな生き方をしている人は不器用な場合もありますね。
器用不器用は、その人の生き方で、どちらが正しいとか上とか下とかありません。
器用な生き方は、賢く見える事もあります。
が、時としてそれは薄っぺらく見える時もありますね。
その場その場を上手く切り抜けて行く姿は、信念を感じない時もあります。
無理してバカを見る必要もありませんが、真っ直ぐな、不器用とも云える生き方は、その姿が人の心に響く事もあります。

 無駄な損をしない為に、ある程度の器用さは持っていたいものですが、同時に不器用であっても信念を持った真っ直ぐな生き方をしたいですね。
ケースバイケースですが、その場限りの器用さは、人間を薄っぺらくしてしまいます。

 不器用の上に器用さが乗った様な、バランスを持って生きられたら良いですね。

バナー

電磁波

2013 - 04/27 [Sat] - 02:48

 毎月の事ですが、月末が近づくと会報の作製に追われます。
時に遅れてしまう事もありますが、今月は早い目に始めました。
本日、打ち込みが終り、印刷していました。
いつもですが、プリンターが動き出すと何だか倦怠感が出て来ます。
電磁波防止のストーンをプリンターにも貼り付けてあるのですが、以前よりかなり楽な感じですが、それでもやはり疲れますね。

 電磁波は長く浴びると細胞が熱を持つと云われています。
そのせいかどうか、印刷が終る頃には結構な疲労感がありますね。
全く気にしない、感じない人もいる様ですが、こんな所の感覚は鈍い方が良いのか悪いのか。

ですから、毎月の会報が出来上がると、また発送するとホッとする気がします。
締め切りに追われている様な気になるのも一因かもしれませんが。

バナー

その後

2013 - 04/26 [Fri] - 02:43

 ずっとネットで見ていた「幽遊白書」を全て見終り、祭りは終了した感じですが、物語が終った後も主人公達には続きがある筈ですね。
その後、どうなって行くのか、つい考えて仕舞いますが、原作者の方が続きをまた描いてくれるかどうか、これは希望として書いておきます。
全ての物語は、それで終る事はありません。
続きは必ずあります。
一つの物語が終れば終りではなく、次に続くのです。
人生も同じですね。
何かが終って終了ではなく、また次に続きます。
止まらない限り、物語は続きます。
また、諦めない限り、人は敗者となる事はないと云う言葉もあります。
続ける限り、挑戦者であり続け、歩き続けます。

 一時の敗北は、次の勝利への道かもしれません。
一つの区切りを全ての終りにしないで、次のステップを意識して、いつも先を見て歩きたいですね。
と云う事で、また「幽遊白書」の続編を期待しています。

バナー

休まない

2013 - 04/24 [Wed] - 03:02

 時々ですが、道場へ出かけるのが面倒臭いなと感じる時もあります。
今日もそんな日でした。
が、特別な理由がない限り、道場を休む事は絶対にありません。
少々の怪我や、体調不良は、あったとしても、練習すれば逆に楽になったりする場合もありますし、その程度の事は道場を休む理由になりません。

案の定と云うか、今日は全く動けませんでした。
リズムが悪いと云うか、一瞬動きが全て遅れると云う感じです。
が、そう云う時もあります。
その不調がまた次への力をつけてくれます。

常にベストコンディションである事が理想ですが、そうも行かないですね。
霊感も空手も、心理状態や体調に左右されてしまうものです。
調子が悪い時にどれだけ保つ事が出来るか、集中力と普段身につけた体力、技術などで補って行きます。

 諦めない、休まない、続ける気持ちが、意識を高めてくれます。
やる前から諦めていては何も始まりませんし、後退するだけですね。
ですから、続けます。
続けると云う事は、色々な場面を通ります。
そこで積み重ねて来た力や技術や心が、次へのステップを近づけます。

 一旦始めたら、兎に角、続けましょう。
休んで仕舞ったら、止まるだけではなく、後退します。


バナー

オンリーワン

2013 - 04/23 [Tue] - 02:44

 天才的な何かのセンスを持つ人がいます。
考えるともなく、瞬時に考えて行動出来る、切り替える事が出来る、理論や理屈を越えた反射神経にも近い感覚で行動出来る、そんな能力を持つ人を天才的なセンスを持つ人と云います。
これは、学んで身につくものではなく、幾ら修業しても、勉強しても、身につきません。
このセンスだけは、限界ギリギリ、または限界を越えた場面を数多く経験したものだけが身につける事の出来るものです。

良く修羅場を潜ると云いますが、現実世界に普通に生きていて、そんな場面は殆どありません。
自分では経験したつもりでも、本当のギリギリの場面は、想像を越えています。
越えた者だけが持つ独特の、ある種のオーラがあります。

 誰でもが得られるものではありませんが、人はそう云う天才や超越者に憧れるものです。
ですが、少しでも近づく事は可能です。
最後の決定的な一線を越える事が出来る者は僅かでしょうが、そこを目指す事は誰にでも出来ます。
常人を越える、それは努力次第で誰でも可能です。
その先にある決定的な一線に踏み込むと、多分、普通の生活は出来なくなるでしょうが、そこまで辿り着くのは稀な存在でしょうね。

 可能か不可能かは後の話。
唯一無二の存在、オンリーワンを目差して頑張ってみたいですね。

バナー

好き嫌い

2013 - 04/22 [Mon] - 02:50

 好き嫌いがあるのは我が儘と言われますね。
誰でも、好き嫌いがあるのは当然で、それを自分で認める事は必要です。
それも個性ですからね。
人の好き嫌い、口にする物の好き嫌い、等々、主張するのが我が儘とは思いません。
親が子に対して、上位の者が下位の者に対して、理想論を押し付けようとする時、子や下位の者が自分の好みを主張する時、それを良しとしない時に、我が儘だと決めつけます。
それは個性の否定ですね。
善かれと思って述べる言葉が、実は押し付けであると云う場合は良くあります。
押し付けの全てが悪いとは思いませんが、時と場合を考えないと、相手に反発されて終りと云う事になる場合もありますね。

 私と母は、特に口にする物の好みが悉く違います。
母は柔らかい目の御飯や豆腐が好み、私は硬い目が好きで、御飯も硬い目、豆腐も木綿しか好みません。
また、素麺等も母はあまりどれがと云いませんが、私は三和素麺しか食しません。
チョコレート等も、私は味の余り濃いものを好みません。
パスタは、母はクリーム系が好み、私はオイル系の方が好みです。

 私が我が儘で好き嫌いが激しいだけですね(笑)
が、共通しているのは、人の好み。
品性下劣や、下品なスタイルが嫌いです。
ノーブル系の上品なスタイルや、そう云う人が好みです。
人それぞれの個性ですから、口を出す気もないし、批判もしませんが、下品なファッションを好む人は、実は苦手ですね。

バナー

怒り

2013 - 04/20 [Sat] - 02:07

 怒りと云うのは、もちろん感情です。
人間の持つ心は大きなエネルギーを持っています。
怒りを単純な感情として放出してしまうと、消耗するだけです。
が、怒りを内に秘めて行く時、そのエネルギーはとてつもなく大きな力となる場合があります。
そのエネルギーを用いるのが、呪法であったり、俗に火事場の馬鹿力と云うものです。
空手等の武道では、長年の修業を通じて、その内に秘めた力を引き出します。

 闘志と怒りは違いますが、極限の怒りはなまじの闘志を越えてしまう事があります。
純粋な、自分の為ではなく、誰かの為の怒りは、限界を越えます。
怒りの象徴である、不動明王をはじめとする明王は、慈悲の先にある純粋な怒りです。
正義は勝つ等と云う奇麗事ではなく、真の怒りは奇跡を招く事もあります。

 つまらない感情ではなく、真の純粋な怒りを持てる様になりたいものですね。

バナー

タロットを使った修業

2013 - 04/19 [Fri] - 01:19

 タロットカード、好きな人が多いですね。
他にも色々な占いがありますが、弟子達にはタロットカードの修得を勧めています。
何百種類もあるタロットカードですが、その絵柄によってそれぞれに個性があります。
高慢なカードや、卑屈なカード、素直なカードもあれば、捻くれ者のカードもあります。
昔はタロットカードと云えば紙製が殆どでしたが、今はプラスチックのカードも出て来て、扱いが楽になっていますね。

 良くタロットカードの勉強を始める人は、解説書に書かれているカードの意味を丸覚えしようとしますが、弟子達にはそれはするなと言ってあります。
解説書に書かれた意味は、あくまでも絵柄の説明から発展させたもので、実際の占いに当てはまらなかったり、余計に迷いを誘う事があります。
カードは適確に答えてくれている筈ですから、その絵柄に全てメッセージが込められています。
丸暗記による回答は、応用が利きません。
カードと会話する様に、カードの絵柄からメッセージを読み取ってやる事が大切です。

統計的な占いとは違いますから、精神集中しないと、カードも占者をバカにしてしまい、正確に答えてくれません。
ですから、初診の頃は、連続して占い続けるのはかなりの消耗を招く事があります。

 感覚を磨いて行く、集中力を高めて行くトレーニングとしては、タロットカードは良い訓練になります。
私は現在は殆ど使いませんが、弟子達がやるのを横から見て、ちょっと手助けしたりする事はあります。
そうする事で、占いをする上での考え方や流れ、話術を学んでくれたら良いなと思っています。

 占いも、当たる当らないではなく、そこから導き出す、現実的なアドバイス、カウンセリングが重要だと思います。
その人が未来を自分の手で幸運に導く為の手助けとして、良いアドバイスが出来る様に弟子達に指導して行きたいですね。

バナー

やる時はやる

2013 - 04/17 [Wed] - 02:10

 今日は道場でした。
空手もそうですが、修業でも、仕事でも、実際にやる、実践の中でしか掴めない感覚ってありますね。
幾ら理屈をこねても、知識をつけても、実際にそれが出来るかどうかは別物です。
良く云いますが、プロ意識なんて、プロとして仕事していなければついて来ません。
技術も話術も、実践の中で失敗したり、探ったりしながら、段々と身について来るものです。
理論、理屈は所詮、入口でしかなく、真実はその先にこそあります。
口先人間にならない為にも、本当の力を身につける為にも、揺るぎない自信を身につける為にも、まずは行動あるのみです。
百万言の言葉よりも、一度の実践の方が、説得力もありますし、身につきます。

やる時はやる、やれる、と云う自信は、実践をどれだけこなしているか、その回数と時間の中から生まれて来ます。
そこに、副産物として、存在感や信頼も生まれて来ると思います。

 言い訳ばかりしていないで、御託を並べていないで、やるべき事はやりましょう。

バナー

自分の中に眠る自分

2013 - 04/16 [Tue] - 02:48

 人が何かにはまる時、それは無意識の自分が望む、取り戻そうとする隠れた自身の姿を追い求める時かもしれません。
多重人格でなくても、人には心の中に色々な顔を持っていて、それを普段は自分自身ですら封じ込めて仕舞っています。
しかし、そのサインは時折表に出て来ます。
それが理由もなく自分を惹き付けるものです。

好きな映画やアニメ、歴史上の人物や場面に、自分が封じ込めている姿があるのかもしれません。
憧れは、自分の持たないものに対するコンプレックスの裏返しだけではなく、自分の中にある本質なのかもしれません。

 ただ趣味として、憧れとして、惹かれるものに触れるのではなく、自己の投影として意識して触れて行くと、新たな本当の自分と云うものを発見出来るかもしれません。
自分も知らない自分の本質、それは案外、眼の前に常にあるのかもしれません。

 ここの所、戦闘的なイメージのものにはまっていて、見ています。
宇宙戦艦ヤマト、ドラゴンボール、幽遊白書、北斗の拳、等々、昔見ていた様なものを見ています。
自分の中の戦闘的な部分が求めているのかもしれません。
何よりも穏やかで冷静である事が最も強いと思いますが、智が高ぶって熱くなる感覚も捨て難いものがありますね(笑)

バナー

逃げ口上

2013 - 04/15 [Mon] - 01:50

 何かあった時に、泣き言を言ったり、弱音を吐く人って凄く多いですね。
それで気が晴れるなら、どうぞと思いますが、幾らそんな事を口にしても気が晴れず、余計に心が沈むだけと云う場合が殆どではないかと思います。
また、周囲の人も、そう云うネガティブな言葉ばかり聞かせられると、最初は同情したりしていても、嫌気が差して来ますね。

何か問題を解決しなければならない時、弱音や泣き言、繰り言を幾ら繰り返しても、何も解決しません。
何もしたくないから、そう云う言葉で逃げようとしているのかもしれませんが、現実は眼の前にあり、逃げる事は出来ません。
やるべき事はやるしかないし、闘うべき時は闘うしかありません。
グタグタ言っている暇に、やるべき事をやらねば、時間の無駄です。

 悩んだり、困惑したり、落ち込んだりするのは、人間であれば当然です。
でも、そこから立ち上るから、人は美しいのであり、いつまでも立ち上らない敗残者は見捨てられるだけです。
弱肉強食と云うのは、決して良い言葉とは思いませんが、自然の摂理です。
生き残る為には、勝ち進むしかありません。

 逆に、戦略的に逃げる時は、中途半端ではなく、完全撤退するべきです。
ちゃんと逃げて時を待つ。
その間に力をつける。
そして、いつかもう一度、立ち上る。

曖昧、その場限りの逃げ根性、萎縮してしまうのが一番良くないですね。

バナー

成長を信じる

2013 - 04/14 [Sun] - 03:14

 人は、何かを越えて行くと必ず成長します。
越えた分だけ強くなり、大きくなるものです。
時に、越えられなくて負けてしまう場合もありますが、それも経験。
またいつかは立ち上って越えて行く時が来ます。

指導者や親は、ついいつまでも生徒や子供は成長しないものだと思い込みがちなものです。
冷静な判断をすれば、相手に力が付いている事は解る筈です。
そこに、自分で気づかない感情論があるのでしょうね。
老婆心で心配すると云うのは、当人にとっては、有難迷惑でしかない事も多いですが、心配する方からすると善意であると思っていますからタチが悪い(笑)

 自分が育てたのだから、これ位は越えられるだろうと信じてやれないのは不幸ですね。
いつも先走って、何もさせない様にして来たと云う証拠かもしれません。
これだけの事を越えさせて来たのだから大丈夫と思えると、良いですね。

 後に続く者を信じる、黙って見ているのは、結構パワーも必要ですが、一生自分がいる訳でもなく、また全て手助けしてやれる訳でもなく、ならば口出ししない、余計な心配はしないと云うのが、相手に対する礼儀でもあり、節度と云うものかもしれないですね。

 今日、甥が新築の家を建てたので、お浄めがてら出かけて来ました。
赤ん坊の時に抱き上げた事のある甥が、妻を持ち、子供が産まれ、二人目の出産を待ち、新築の家を持つ、って時の流れを感じますね(笑)
昔は頼りないイメージでしたが、彼なりに頑張って成長しているなと、話していて思いました。
何も言う事はありません。
自分で大抵の事は乗り越えて行く力はつけている様に思います。
何かあれば頼って来るでしょう。
それ迄は、無関心でいようと思っています。

バナー

サッパリ、スッキリ

2013 - 04/13 [Sat] - 02:36

 今日は久し振りに髪を切りに出かけて来ました。
昔から、余り髪を短くした事はないのですが、最近は道場で汗が髪を伝って目に入るので、短めにお願いしています。
勿論、トレードマークのもみ上げはそのまま残して貰っています。
中学生の頃から伸しているので、なくなると何だか自分の顔ではないみたいに思えてしまいます。
母には、切れと言われ続けていますが、頑として切らずに何十年も経って今に至っています(笑)

 いつもお世話になっている美容院、Luciaと云いますが、オーナーの斉藤さんがちょっと変り者。
拘りが強いと云うか、職人ってあんなものかなと思いますが、サービス精神はとても旺盛で、プロ意識も高いと思います。
が、実は根暗かなとも(笑)
最近、働いていたスタッフが次々と辞めて、残った数少ないスタッフと忙しい中、頑張っていますが、彼なりに相当気を遣っている様ですが、それでも人が続かないと云うのは、人を使うって難しいなと、見ていて思います。
辞めたスタッフも良い子達だったと思いますが、どこかでボタンをかけ違えたのかもしれないですね。
残ったスタッフの三上君とトモミさん、頑張っていましたね。
若い三上君、真っ直ぐな性格で、これから伸びそうな好青年です。

 従業員と云うのは、一人良い子がいて、雰囲気が出来て来ると、不思議と良い子が集まって来るものです。
あのオーナーの許で働いて行くのは、それなりに向上心がないと厳しいでしょうが、本物の腕の良い美容師になる為には通る道だと思うので、頑張って欲しいですね。
また、そう云うスタッフが入ってくれたら良いなと思っています。
お客さんは紹介出来ますが、スタッフは紹介出来ないので、そうなれば良いなと願うだけですが。

バナー

UFОに対する疑問

2013 - 04/12 [Fri] - 03:50

 ガラパイアと云うサイトのYouTubeの情報で月面を横断するUFОの映像がありました。
銀河の果ての辺境の地の太陽系に物好きに富んで来るエイリアンがどれだけいるか解りませんが、広い宇宙に、地球以外に生命や文明がないと思うのは不合理で、いて当り前だと思います。
が、疑問なのは、何故UFОが円盤ばかりなのか、葉巻型とか他の形も目撃されているようですが、目撃談の多くを占めるのが円盤型である事に疑問をずっと感じていました。

航空力学的にどうなのかは、専門ではないので解りませんが、姿勢安定や居住性等を考えると、飛行機型や船舶型(ヤマトみたいに)であっても良いのではないかと思います。
円盤型を否定している訳ではありませんが、もしそうだとすると、円盤型を使っているエイリアンだけが太陽系に出没していると云う事でしょうか。

UFОを否定しませんが、目撃談が偏っている事に違和感を感じるのは私だけでしょうか。
日本のアニメや、スタートレック等の方が想像力が逞しいと云うか、色々なタイプの飛行船があり、現実的に感じてしまいます。
私が云うと奇異に聞こえるかもしれませんが、単純な疑問です。

バナー

気持ちの良いコミュニケーション

2013 - 04/10 [Wed] - 02:39

 本日は、体調不良の師範に替り、I二段が指導しました。
彼の指導は基本をとても大切にするので、移動稽古等、じっくりとキツイ練習なのですが、彼とのスパーリングはとても緊張感があり、リズミカルで楽しい時間です。
手を抜いていてくれても殺気が漂っているので、気が抜けませんが。

 手が合うと云う事があります。
リズムとか動きとか、何となくですが、良い流れでコミュニケーションが取れる気がして、楽しいですね。
手が合わないと、流れが滞り、スムーズさに欠けてしまうので、どこかに不完全燃焼の様なものが残ります。

会話でも空手でも、リズムが合うとか、気が合うと、気持ち良いですね。
すれ違いや一方通行は、後に違和感が残ってしまいます。

 たっぷり汗を流して、被りも落ちました。
疲労感はありますが、とても気持ちの良い時間です。
こうして、毎週通っていられるのは、とても有り難い事ですね。

バナー

失われて行く祈り

2013 - 04/09 [Tue] - 05:45

 御先祖様が祈っていた対象、お祀りしていた神様を正式にお帰しする事無く、その侭にして仕舞ったり、作法もせずに撤去してしまう事ってありますね。
心を込めて御先祖が祈っていたものを、何も考えずに、捨て去って仕舞うと云うのは、後で問題が起きる事が良くあります。
それが原因で、原因不明の病が出て来たり、家族観の問題が起きて来たり。

そんな場合、もう一度、その祈りを思い出し、きちんとした形で対処する必要があります。
御先祖の思いを、祈りを思い出して、きちんと礼を尽して、祈っていた対象に戻るべき所へお帰り戴く、あるいは時を越えて、改めてきちんとお祀りして祈ると云う事をしないと問題は解決しません。

旧家であれば、一つや二つ、そう云うものがあってもおかしくないですが、何も考えずに捨て去られた神棚や祠、都合の良い時だけ祈っておきながら、必要なくなったら捨てて仕舞う、それでは捻くれたくなるのも当然ですし、暴れたくなっても不思議はありません。
神仏にも感情があります。
怒りも悲しみもあります。
蔑ろにされると怒るのは、人だけではなく、神仏や目に見えない存在も同じです。

 結果、何かの障りが出て来て仕舞う事もあります。
原因不明の何か問題が起きている時は、そう云う事も考えてみるのも良いかもしれませんね。

バナー

横浜文化体育館での試合

2013 - 04/08 [Mon] - 03:09

 横浜文化体育館で行なわれた新極真会の全関東大会に出かけて来ました。
いつも御招待戴き、感謝しています。
例年以上の盛り上がりを見せて、開場は一杯で外は風が強く少し涼しかったのですが、中は熱気で熱い位でした。
新極真会のお世話になっている支部長先生方と挨拶を交わし、緑代表にもご挨拶戴きました。
激闘に継ぐ激闘で、そのレベルは年々上っている様に思います。
我が道場からも出場者がいましたが、惜敗でした。
勝負に勝って、試合に負けた感じでしたが、今後に繋がる良い試合だったと思います。

 しかし、色々な人が来ていて、やはり被りますね。
立って写真を撮っているだけで、富士に出かけたよりも足が痛くなりました。
空手家は、実は心の中はネガティブな人が多かったりするのですが、表面はとてもパワフルで、優しい方々ばかりなので、普段は気づきませんが、会場での疲れ具合を思うと、被りも重かった様に思います。

 が、楽しい一日でした。
いつもながら、新極真会の師範方に良くして戴き、感謝しています。
我が道場も、応援に来ているのはいつものメンバー。
もっと、沢山の道場生が応援に来てくれると良いのになと思っていましたが。

バナー

談合坂からの訪問者

2013 - 04/07 [Sun] - 02:22

 学生時代は良く走っていた中央高速、久し振りに走ってみて、懐かしい思いがしました。
毎朝、調布を過ぎた辺りで正面に富士山が見えていたのを想い出しました。
今回は、その富士山が真正面に見える河口湖畔に立つ、島津家別邸だった所をホテルとロッジにした所に行って来ました。
二度目ですが、料理も美味しく、温泉も富士山が真正面に見えて、とても気持ち良かったです。
島津家の30代当主の別邸だったそうですが、御先祖様、有難う、ですね。

 行きも帰りも、談合坂サービスエリアに寄りました。
最近のサービスエリアは充実していて楽しいですね。
平日と云うのに混雑していましたが、充実していて楽しい所でした。
が、被りました。
談合坂と云う名称の由来を調べると、団子の様な形をした小山だったと云う事ですが、他にも武田信玄が北条家と談合した場所だったとか、そんな話もあり、落ち武者の姿が見えたのも頷けました。
帰って来たら、背中が痛く、どうやら落ち武者がついて来ていた様です。
こちらは大名家の末裔と云う事で、ついて来たのでしょうか。
お勤め御苦労様と云うと、すぐに消えて行きました。
と同時に背中の痛みも軽くなりました。

 楽しい場所も、過去には色々な事があるのですね。
そう云う歴史の上に、今の我々の生活が成り立っている事を忘れない様にしたいですね。

 何れにしろ、一緒に行った内弟子の2名の女性の笑顔が嬉しかったです。
連れて行った甲斐があったなと云う事で、桜良し、富士山良し、温泉良し、料理良しで良い旅でした。

バナー

帰りました

2013 - 04/06 [Sat] - 03:54

一泊二日でしたが、河口湖への旅から戻りました。
2日間、それ迄の天気と打って変り、快晴でとても暖かかったです。
行きも帰りも渋滞にも殆ど合わず、とてもスムーズでした。
富士のお山は素敵な姿を見せてくれ、木乃花咲耶媛はじめ、天狗や龍などが挨拶のつもりか、次々と表れてくれました。
きっと妻の写真には写っていると思います。

 昔は毎日、足の様に運転していましたが、最近はめっきり減ったので、「昔はもっと自信を持って運転していたな」と思いながら、「運転が下手になった」と思いながら運転していました。
一緒に連れて行った二人の内弟子の女性達は、「そんな事はありません」と言ってくれましたが、自分的には不満足でした。

 とは云え、古い愛車はしっかり頑張ってスムーズに走ってくれて感謝です。
やっぱり良い車ですね。

 明日からまた天気が崩れるそうで、2日間限定の天気は、旅行中晴れていて欲しいと、皆で願ったり、祈ったり、脅したりしたおかげで、明日から山に出かける人がいるのですが、しわ寄せの様で申し訳ない限りです。
事故のない様に行って来て欲しいですね。

向うで訪れたオルゴール博物館、圧巻でした。
アンティークな、貴重なオルゴールが沢山あり、演奏会は素晴らしいものでした。
ロマンティックで、優雅な音に囲まれて幸せを感じた時間でした。

泊まったホテルは二度目ですが、料理もおいしく、真正面に富士が見える部屋も、温泉も凄く満足でした。
また気心の知れた者同士で行きたいですね。
今回はいつも頑張ってくれている内弟子の女性ともう一人の内弟子の女性、幾つかのお祝いの意味も込めて同行して貰いました。
私達の結婚10周年も兼ねていましたが、色々な意味で良かったと思います。

バナー

出かけて来ます

2013 - 04/04 [Thu] - 02:53

 明日と明後日、少し出かけて来ます。
お問い合せ、その他、お返事は明明後日以降になります。
宜しくお願い致します。


バナー

色々な不具合

2013 - 04/03 [Wed] - 03:02

 道場で激しい練習をしていると、どうしてもあちこち傷めてしまいます。
今も、あちこち傷めていて満身創痍の様な状態ですが、練習を休もうとは思いません。
一度始めた事を、ちょっとした怪我等位で休んでしまう気にはなれないですし、それだけの魅力が空手にはあります。
休むのも、辞めるのもある意味では簡単です。
続けるのは難しいものです。
でも、やればやっただけ、自分の中に何かが残って行きます。
それは続けたものだけが手にする事が出来る財産ですね。
今日は大雨で、やはり道場は来ている人も少なかったですが、来るだろうなと思っていた人はやっぱり来る。
天候など関係ないのですね。

ちょっとした怪我や病気など、気にしませんが、私は機械類が調子が悪いのが大嫌いで、苛つきます。
機械と云うものは壊れて当然です。
が、機械がまともに動かなければ、それは無用の長物でしかなく、役に立ちません。
機械はまともに動くのが当然です。
動かない理由は色々とあると思います。
初期不良や、本当に故障、扱いのミス、何れにしろまともに動かないと苛つきます。
そうすると、家族に不快な思いをさせてしまい、いつも叱られます(苦笑)
穏やかでいなければいけませんね。

バナー

エイプリルフール

2013 - 04/02 [Tue] - 02:16

新たな年度に入りましたね。
早速、新年度の始る今日、「霊界案内ABC」の次回号へ向けての取材が入りました。
いつもキュートな漫画家の日辻彩さんと編集者の二人ですが、今月は「霊」を中心とした話で、例により話が広がって行きました。
今日の話を上手くまとめて、漫画を描いてくれる才能、いつも驚きますが、どんなものが出来上がるか楽しみですね。
私が漫画の主人公になっているなんて、今更ですが笑えますね(笑)

 今日は4月1日、エイプリルフール、ニュースで報道していましたが、色々な嘘が世界を駆け巡った様ですね。
この日に嘘をついて良いと云うのは、どこから出来たのでしょうね。
世界中が、この日に一斉に嘘で溢れるのは何とも不思議な感じです。
嘘も罪のないものであれば、素敵なウィットですが、時にある悪質なものは許せないですね。

心に遊び心を持つ事は素敵な事です。
四角四面の堅物より、こう云う遊びを上手く楽しめる、洒落を持っていたいですね。

$Adept・Mentor 島津成晃の独り言-banner

iPad mini

2013 - 04/01 [Mon] - 01:22

 新しいツールを手に入れました。
iPad mini、今日の朝、届きました。
基本はMacなので、あまり違和感はないですが、Androidとは違う扱いに若干戸惑っています。
大体、設定は終りました。
後は、また使い倒すだけです(笑)
いずれ、旅先などからスマートフォンだけではなく、iPad miniから記事をアップしたりする事もあるかもしれません。
便利にする為に、色々とアクセサリーを探して頼んでいます。
疑似ノートパソコンの様な感じで使えると良いねと思います。
また、使用感など、記事を書きます。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR