感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2012年10月  

一筋の光を求めて

2012 - 10/31 [Wed] - 03:33

 求めよ、さらば与えられん、とは聖書マタイ伝の言葉ですが、自ら門を叩かなければ、門は決して開きません。
また、道は求め続けなければ、正しい道に辿り着く事は出来ません。
何かを教わりたければ、自ら門を叩き、希望を述べ、質問し、求めなければ与えられません。
教えてくれるのを待つ。
謙虚な言葉に聞こえます。
が、それは礼儀に反します。
道を求めるならば、門を開いて欲しければ、自らが積極的に正しい筋を踏んで進むべきです。
相手が自分を認めて、門を開き、道を示してくれるのを待つと云うのは、甘えですね。

 求めたからと云って、すぐに門が開くとは限りません。
道を指し示して、辿り着くとは限りません。
昔の武門では、入門を乞うてから、一週間近くは放っておかれたと云います。
誰も見向きもしない。
それでも黙って座っている。
それが数日続くと、初めて眼を向けられ、その辺に座ってなさいと云われる。
それからまた放っておかれる。
そして、また日にちが経ったある日、初めて何故入門したいのかを聞かれる。
それで入門が許されるのではなく、では見習いで暫くやってみなさい。
何も教えて貰えない。
掃除をはじめとする雑用をずっとやる。
それが数カ月も続き、初めて呼ばれて、ちょっとやってみなさいと言われる。
ただ雑用をやっているだけでは駄目。
その合間にも、ちゃんと修行している姿を見て、学んでいなければなりません。
それが出来ない人は、ずっと雑用です。

 同じ様な事が、仏教でも行われます。
現代でも、現実に行われている宗派があると聞きますが。
中々開かない門ですが、それでも門を叩いたから開く可能性が出て来た訳で、待っていては何も起こりません。
欲しいものは自ら手に入れる気概がない人は、眼の前に何かを示されても、その意味を知る事が出来ません。
きちんと筋を通し、礼儀を以て、門を叩くべきですね。

 そして、その道は厳しいものです。
心のどこかで茶化していては、絶対に深奥に触れる事は出来ません。
真剣に、命がけとも云える覚悟で望んでこそ、初めて見える一筋の光です。

バナー

スポンサーサイト

神様、仏様

2012 - 10/30 [Tue] - 02:16

 仏様や神様は、人としての目標であって、頼り過ぎてはいけないし、甘えてはいけないと私は言っています。
お願い事の為だけに祈ると云うのは、自分の都合で仏様や神様と付き合うと云う事ですから、人間関係でも同じで、自分の役に立つ人とだけ付き合うとか、頼りたい時だけ顔を出すとか、連絡して来ると云うのと同じです。

 でも、甘えると云う言葉には色々な意味があります。
神様や仏様は、人として完成された理想像です。
ですから、憧れて、真似をして、少しでも側にいたいと云うのは、当然の思いです。
太陽がいつも我々を照らしてくれている様に、神様も仏様もいつも我々を見守り、照らしてくれています。
その光、息吹、エネルギーに身を任せ、心を委ね、その中で自然と癒されて行く、そんな甘え方は当然ですが、許されます。
休息、充電、癒し、色々な言葉はあるでしょうが、時には神様も仏様もそう云う対象であって良いし、時にはその前で緊張し、自らの誓いを立てる時もあります。
とっても厳しくて、同時に物凄く優しくて、遠く感じながらも実はとっても身近で、大きな温かい存在です。

 心の拠り所として頼る、大きな懐に戴かれて癒される、そして時に誓いを立て、目標として少しでも近づく為に頑張る。
頼り方も、甘え方も、頑張り方も、正しく神様や仏様と付き合って行けたら良いですね。

バナー

新極真会全日本空手道選手権大会

2012 - 10/28 [Sun] - 03:18

 今日は代々木体育館で行なわれる新極真会全日本空手道選手権大会を観戦しに行きました。
会場前には列が出来ていて、段々と空手人気が戻って来ているのかなと、何となく嬉しくなりました。
今日は予選で男子・女子の2回戦迄でしたが、結構な混み具合でした。
明日の本戦は沢山の来場者があるのでしょうね。
嬉しい事です。
残念ながら、間が悪い事に今年は殆どの大会と仕事が重なってしまって、明日も来場する事が出来ません。
YouTubeやtwitterで速報が流れますから、そちらでチェックしたいと思います。

 選手達のレベルが上り、また力が拮抗しているせいか、劇的なノックアウトシーンもなく、とても高度な試合が続きました。
ある意味ではマニアックな試合が続いたとも云えるかもしれないですね。
が、いつもながら思う事ですが、彼等のスピード、スタミナ、パワー、そして度胸と云うか割り切りの良さには驚かされます。
妻が、「仮面ライダーが沢山いる」には笑いましたが、正にそんな感じでした。

 残念ながら、我が道場からは出場者がありませんでしたが、朝の開場の折にスキンヘッドの大きな背中が見えました。
我が道場の一番の猛者で、気は優しくて力持ちの青年が並んでいました。
嬉しいですね、好きな空手を大切にして、ずっと憧れて、朝から会場入りする姿は良いなと思いました。
まだまだ強くなるのでしょうね、彼は。
今でもそうですが、道着を来た彼に誰も近づけなくなってしまいますね(笑)

 明日は月例会です。
長い一日になります。
月に一度、世間で頑張っている皆が集まる日。
ストレスを解消し、学びもあり、活気ある日にしたいです。
頑張ります。

バナー

未来へ向けて

2012 - 10/27 [Sat] - 03:13

 今年は激しい年ですが、そんな中で歌手の桑名正博氏が逝去されましたね。
もう30年近く以前、彼とは何度か六本木で飲んだ事があります。
アン・ルイスさんも一緒でした。
御洒落で育ちの良い不良、でした。
好きでしたね、彼の事は。
惜しい人ですし、もう一度、彼の歌を聞きたかったですが、苦しみから解放されて、また向うの世界で歌ってくれたら良いですね。

 明日へ向けて努力している人は気持ち良いですね。
その為に決心して住む所を変えたり、病と闘ったり、一生懸命に働いたり、また明日は新極真下位の全日本で、多くの若者達が未来を信じて闘います。
自分を信じ、未来を信じて、全力投球している姿は、美しく高貴に感じます。
落ち込む時も、辛い時も、未来へ向けての夢を忘れず、諦めなければ、輝いています。

 どんな時も、自分らしく輝いていたいですね。

バナー

瀧修行

2012 - 10/26 [Fri] - 03:45

 弟子達が揃って足柄の夕日の滝に瀧修業して来た写真やビデオを、報告と共に観ました。
中の一人は初めての瀧修行でした。
報告を聞き、写真を観た観想は、少し嬉しい驚きがありました。
初めての瀧修行の男性、初めてとは思えぬ落ち着きと、集中力でした。
彼は神系でもあり、落ちる水がやはり神系の瀧の水の状態になっていたのは、驚きです。

 その後に何度も経験している弟子達の瀧修行。
一言で言えば流石だね、と云う所でしょうか。
その表情、姿勢、落ち着き、瀧の状態、全てがピタリと嵌まっていました。
また、前回以上の強さや大きさや広がりを感じる事が出来ました。

 写真と云うのは、正に文字通り、真を写してくれます。
まして瀧修行は厳しいものであり、着飾った鎧も仮面も剥がしてしまいます。
そして、本当の性根、本質が出ます。
瀧修行を写真に撮るのは記念ではなく、後で自分自身を検証する為です。
今回も、修行した者達の隠された本質が写し出されていました。

 私は若い頃に、殆ど毎日の様に瀧に入っていました。
その経験を弟子達に伝えましたが、正直、手取り足取りで指導した訳ではありません。
瀧修行の作法、その意味、そして修行の有り様、心構えを教えた程度です。
一度だけ、私も同行して瀧修業とはこんなものだよと見せました。
その後は、彼等が自分達で計画し、自分達で経験して、瀧修行を会得して行きました。
勿論、事前に許可を取りに来ますし、その時に色々と注意も含めた話をしています。
そして、終った後の報告で、感想を述べたり、課題点を指摘したり。

 自ら望んで、自ら経験し、積み重ねて、工夫して、理屈だけではなく、心と魂と肉体で、何かを悟り、何かを掴みます。
こうしなさいと細かく指導された修行は入口、入門編です。
そこから卒業して、全てを自らが決めてやって行く中で、掴み取って行きます。

 弟子達の成長は嬉しいですね。
まだまだこれから、まだまだ始まったばかり、先は長いですが、確実に一歩を踏み出してくれた様に感じます。
彼等の修行は、まだ始まったばかりです。
色々と越えて行かなければいけない事、学ばなければいけない事は沢山あると思いますが、取り敢ずは今回の修行は大きな成果に繋がったと思います。

バナー

このタイミングで

2012 - 10/24 [Wed] - 03:55

 ここの所、色々な事が絶妙なタイミングで起きているなと感じています。
何かを卒業する時、何かにチャレンジする時、ステップアップする時、他にも色々ありますが、その直前直後に必ず何かが起きています。
まるで試しているかの様に。
その試験を越えないと、ちゃんと合格しないのだとばかりに。
それだけを見ると、このタイミングで起きるか???
と、嘆きたくなったり、悲しくなったり、落ち込んだりします。
が、良く良く考えると、当然越えておかなければいけない事で、隠されていた問題が表面化しただけ、とも云えます。
ですから、絶妙なタイミングで起きた試練は、ある意味では神仏か、或いは御先祖様か、はたまた自分自身か、その全てか、深い愛情を感じます。
今やっておけば、越えておけば、堂々と胸を張って前へ進めるよ、と。

 何かが起きる時、偶然はありません。
偶然に起きた様に見えるのは、何かを見落としているからで、何かが起きるのは必然です。
その内容も、タイミングも。
そう考えると、一つ一つの試練は、自分に対する愛であり、チャンスであると云えますね。
ならば、期待に応える様に、堂々と正面から受け止めて、しっかり乗り越えましょう。

 勉強する材料、越える山や谷、試練を与えられるのは、期待されているからで、越えられると信じているからであり、それだけ注目されている証拠でもあり、とっても幸運な事です。
何も起きない平穏は、ラッキーではありません。
強く、大きく成長する為には、沢山越えなければいけない事がありますから。

バナー

上手く休みましょう

2012 - 10/23 [Tue] - 04:05

 ストレスが溜ったり、疲れて来たり、そんな時は、どうしても心と身体のバランスを崩して仕舞い勝ちですね。
どこも悪くないのに、倦怠感があったり、微熱が出たり、肩や首等のこりが酷かったり、息苦しかったり、物を飲み込み難かったりします。
被りが原因だったりする事もあるでしょうし、精神的なものが原因だったり、純粋に疲労だったりする事もあります。
そんな時に、バランスを調整したり、保ったりする事が出来たたら良いですね。

 ストレス解消、疲労回復、そう云う言葉が街に溢れています。
それだけ現代はストレスフルだと云う事ですね。
確かに私の若い頃、昭和の時代はもう少しのんびりしていた様な気もします。
ある意味、今よりも情報が得難かった時代でも在り、それが良かったのかもしれないですね。
今は情報がプッシュされて来て、望まなくてもマスメディアやインターネットで送られて来ます。
何か、時には追われている様な気分になる事もありますね。

 まず、身体を冷やさない様にしましょう。
そして、軽いストレッチ等をして、固まっている筋肉をほぐしましょう。
大切なのは、ゆっくりとした呼吸です。
そして、一日に一度、週に一度、必ず何も考えない、そんな時間を作りたいですね。

 休むのも仕事の内と云います。
張り詰めた弓は切れてしまいますから、ちゃんと緩めてあげましょう。

バナー

肥満、限界体重

2012 - 10/22 [Mon] - 03:47

 太っている事が悪いとは思いません。
それが魅力的に見えたり、貫録に見えたりする事もあります。
世の中の健康ブームのせいか、やたらダイエットと云う言葉が独り歩きし、太っているのが罪悪であるかの様な風潮は好きじゃないですね。
とは云え、限界体重はあると思います。
本来は体重ではなく、体型を意識して、バランス良く整えるのが一番です。
が、体重もある程度以上になると、膝や股関節に負担がかかってしまいます。
また、体脂肪、内臓脂肪によって、体温が上って汗っかきだったり暑がりだったりするのに、内臓の血行不良や冷えを引き起こす事もあります。
脂肪にも毛細血管が通っていますから、そちらに血液が取られてしまって、肝心の内臓の方へ行くべき血液が少なくなり、冷えてしまう。
そうなると、内臓に行くべき酸素や栄養が減り、機能障害になる事も考えられます。
勿論、脳も同じ。
ボケ症状が早く出ないとも云い切れません。
他にも血中コレステロールの問題や動脈硬化、等々と考えてみたら病気に繋がる場合がある事は確かです。

 限界体重、肥満は、その人それぞれですから、基準値ばかり気にしても良くありません。
それよりも、元気で動ける事、小さな不調が出てない事、足腰に負担がかかっていない事などの方が大切です。
無理に痩せるのではなく、上手くコントロールして、身体のバランスを取り戻すつもりでダイエットすると良いですね。
食べ過ぎるのには、何か理由があります。
ストレスか、何かの憂さ晴らしか、趣味がないから暇を持て余すのか、或いはホルモン系等の異常があるのか、大食して高い血糖値に身体が慣れてしまっているのか。
ただ食事を減らすのではなく、そう云う原因を探してみて下さい。
そこから改善して行くと、無理なくダイエット出来るかもしれないですね。

 食事のバランスと量、睡眠、運動、楽しく偏らないでダイエットしましょう。

バナー

相性の悪い車

2012 - 10/21 [Sun] - 01:50

 今日、相談があったのですが、立て続けに事故が起きる。
それも、毎回、相手に過失があって巻き込まれる。
その度に車は傷つき、また直し、それを繰り返し、到頭人身事故まで起きてしまって、当然ながら自分には過失がなく、相手側に過失があるのだが、その相手が怪我をして入院してしまい、自分は全く無傷で、車がまた傷ついただけ。
流石に怖くなって相談に来ました。

 本人を調べてみましたが、どこにも何も悪い所もなし、運転もどちらかと云うと安全運転ですし、何かが憑いている訳でも、誰かの思いが飛んで来て入訳でもなく、本人には何も原因が見つかりません。
で、車を見てみると、違和感が。
所有者である彼と馴染んでいない。
また、一つ一つの事故の記憶が車にしっかり残っています。
どうやら車が事故を呼んでしまっている様でした。
こう云う車は、お祓いを受けても、駄目な場合が多いですね。
持って生れたものと云っても良いかもしれないですが、祓いをかけて綺麗にしても、すぐにまた次の因縁を作ってしまって、事故を呼んでしまう。
所謂、事故付いた車と云う奴です。
私も過去に一度経験があり、新車で買った車をすぐに売ってしまった事があります。

 今日の彼、車を愛していたのでショックだった様です。
改造に結構お金をかけてしまっていましたし、可哀想でしたが、もっと重大事故に繋がるよりはと云う事で、買い替えを決断しました。
こう云う車は、買い替えるしか方法がありません。
相性が良い運転者と会えば、その車も事故を起こす事がなくなるのかどうか、それは分りません。
そうあって欲しいと思いますが。

 自動車の運転は、バイクも原付も同じですが、業務と云われます。
ですから、事故を起こすと、業務上過失と云う事になります。
それだけ、運転は気をつけて、注意するべきものであると云う事ですね。
また、車は使い方を間違えると大変に危険なもので、凶器になります。
相性の良い車と、安全な運転をして、正しい使い方をすれば夢も希望も与えてくれるものですが、気をつけたいですね。
一つ間違えば、自分自身だけでなく、家族も、関係した他の人も、一生を棒に振る事さえあり得ます。

 私も車は大好きです。
だから余計、大切に、安全に、楽しく乗りたいですね。

バナー

Friday night の楽しみ

2012 - 10/20 [Sat] - 02:08

 金曜日の夜は何となく楽しい気分になるものですね。
私は土日も関係ない仕事ですが、金曜日の夜は盛り場が週の中で一番華やかな時で、時を忘れて楽しむ時間だと云いますが、不景気で昨今はそんな事も減っているのかもしれないですね。
とは云え、明日が土曜日と云う言葉は、何となくウキウキしてしまうのは何故でしょう。
ずっとアルコールとも接していませんし、夜の街に出る事もありませんし、縁が切れてかなり長い年月が経っていますが。

 どんなに忙しくても、息が抜けない状況でも、週に一日位は何もかも日常を忘れる時間を持ちたいものです。
丸々一日は無理でも、半日とか、数時間でもそう云う時が持てたら良いですね。
休むのも仕事の内と云います。
リラックスして、リフレッシュして、活力と英気を養い、また頑張る。
そんなリズムが出来たら良いですね。

 昨年、とても素敵なコンサートに行きました。
今年もやるそうです。
今から楽しみ!!
チケットを予約しないと!!
成城ホールで行われます。

www.seijohall_01
www.seijohall_01 posted by (C)島津 成晃

www.seijohall_02
www.seijohall_02 posted by (C)島津 成晃

バナー

支え合って

2012 - 10/19 [Fri] - 03:02

 何かの問題を解決する事、病を治す事、耐える事、何かに向って進む事、他にも色々ありますが、生きる事全てが修行だなと思います。
修行と云うと、神仏を拝んだり、瀧を浴びたり、護摩を焚いたり、山に籠ったり、断食したり、また武道の世界でも同じ様な修行を沢山しますが、そう云うものをイメージしてしまい勝ちです。
でも、本当の修行は日常の中にあって、その修行を全うする事は、残念ながら一生ありません。
生まれてから、もう一度彼岸へ旅立つまで、ずっと修行は続きます。
そこには、楽しい事も悲しい事も、厳しい事も、辛い事もあります。
時々、投げ出したくなりますが、それが出来ないのが、してはいけないのが、生きると云う修行です。
やるしかない、生きるしかない。
だから、出来るだけ楽しい修行になる様に、智恵を使い、工夫し、楽しい人生を思い、頑張ります。

 でも、修行は一人では出来ません。
神仏を祈るにしても、武道で修行するにしても、それを許し、サポートしてくれる環境や人がいて初めて出来ます。
また、生きる修行も、誰かの力を借り、また誰かの心を戴いて、初めて出来ます。
一人ぼっちで修行している様に感じても、誰かが必ず心で思っていて、心配していて、その修行を越えるのを待っています。
その誰かも、一緒に修行しています。
そう云う心が一つに繋がる時、修行はどんどん進んで行きます。
誰かの修行は自分の修行であり、自分の修行は誰かの修行になっていると思うと、適当な事は出来ませんし、後戻りも出来ませんし、逃げられませんから、やるしかないですね。
そう云う、修行に対する責任感が出て来ると、強く、しぶとく、耐えて、乗り越えて行ける様になります。

 ちょっと心を落ち着けて、自分を見守り、思い、また守ってくれている人がいる事を思い出してみると良いですね。
きっと勇気が出て、頑張れます。
一人ではなく、皆で頑張って、乗り越えて、生きる事が楽しい修行になれば良いですね。

バナー

越えるべきもの

2012 - 10/17 [Wed] - 03:09

 人生は修行だと云いますが、正にそう思います。
生きる事全てが修行に思えます。
健康を維持し、体力をつけ、色々なものを学習し、経験を積んで、心のコントロールも修得し、と考えて行くと本当に数え切れない程、やるべき事があり、通らなければならない所があります。
そこには、楽しい事も嬉しい事も沢山ありますが、同じだけ、苦しい事も悲しい事もあります。
どちらか一方に偏ると云う事はありません。
が、人間はどうしても辛い事にばかり意識が行き、幸せを忘れてしまい勝ちです。

 何故、自分だけがこんな目に遭わねばならないのか、不条理、不公平を感じてしまうものですが、同じだけ、他の人も違う面で苦しんでいたりするものです。
表面だけ見ていると、のほほんとして、何の苦労もない様に見える人でも、内面では大きな葛藤と闘っていたり、常にプレッシャーにさいなまれていたりするものです。

 人が成長して行く中で、知識だけでは解決出来ない事が沢山あります。
事件は現場で起きていて、机の上では起きていません。
本に書いてあるマニュアル通りに行く事など、殆どありませんね。
そこでものを云うのが、通って来た経験です。
どれだけの事を経験して来たか、くぐり抜けて来たか、耐え抜いて来たか。
それが血となり肉となって、持っている知識と結び付く時、その知識はリアリティを持ち始めます。

 一人一人、通らなければならないもの、越えなければならないものは違いますが、誰もが等しく、ずっと安楽ではいられず、苦難ばかりでもありません。
大切なのは、安楽も苦難も、逃げずに受け止めて、ちゃんと通る事です。
人生に無駄な事は一つもありません。
全てがジグソーパズルの様にはまる時、それは宝となります。
焦らず、逃げず、ひねくれず、真っ直ぐに高みを目差して進んで行きたいですね。

バナー

祈りを叶える

2012 - 10/16 [Tue] - 01:19

 祈りを通すと云うのは、簡単な様で難しいものです。
御賽銭の金額を増やせば良いのか?
そんな訳はありません。
金額を増やすと云う覚悟、これは関係するかもしれません。
また、願い事が良く叶うと云われる神社やお寺を選んで祈る。
これもどうでしょうか?
御詣りする人が多ければ、それだけ確率的にも願いが叶う人が多くなっても不思議はありませんね。

 それよりも大切なのは、やはり叶えたい願いの心でしょうね。
何の為に願いを叶えたいか。
自己都合だけで祈っていないか。
目的意識が明確である事が必要ですが、漠然とした願いになっていないか。
願いを叶えたいと云うのは、勿論、自分の為です。
が、そこから先を意識して、願いを叶えて、その後どうして行くのか。

 銀行に融資を頼む時や、スポンサーを探す時、事業計画書を作成します。
これと同じで、自分の中に、神や仏に願いを叶えさせる為に、説得する正当な材料が必要です。
ただ御賽銭を高く出したからと云って、願いは叶いません。
神仏の目に叶う必要があります。

 そして、叶わない願いには、その理由があります。
紆余曲折するには、理由があります。
それをちゃんと意識して、修正すべきは修正し、身を正す事が願いを叶える秘訣かもしれないですね。

バナー

不器用のおかげで、今があります

2012 - 10/15 [Mon] - 02:21

 読者登録させて戴いている空手家の先生のブログで、不器用な空手と書かれておりましたが、それは御謙遜と思いますが、不器用である事は決して悪い事ではないと思っています。
私は、やはり不器用です。
空手も、生き方も、話し方も、何でも。
飾る事が出来ず、物覚えも良くないですし、何かを学ぶにも人の何倍もかかります。
人と話す時も、特別な話術と云うものは持っていませんから、一言も聞き逃さない様に真剣に聞いて、真摯に答えようとしているだけ。

 器用な人は羨しいなと思います。
私が物凄く苦労している事を、サラリとやってしまう。
ジェラシーは感じませんが、スゲェ〜と感心します。
人と話す時でも、絶妙な話術を駆使して、人の心をつかんで行く人がいますね。
訓練の賜物か、或いは天性か、何れにしても凄いなと思います。

 私は正面からぶつかって、まともに受け止めてしまって、サラリと受け流したり、スルリと躱したり、スッと懐に入ったり出来ません。
性格的なものも大きいと思いますが、不器用です(苦笑)
だから、心も身体も魂も、全身全霊でやるしかない。
結果的に、それが人の心に通じて仕事をしていられるのですが、結果オーライと云うところです。

 が、その不器用さ故に、器用な人の何倍か回り道をしたり、壁にぶつかったり、越えたりして来たと思います。
それが全て経験になって、知識となり、智恵となって、血となり肉となって、今があると思います。
そう云う意味では、場数を踏んだだけ、修行した量も多いでしょうし、力がついたかもしれないですね。
その分、昔よりは少しは器用になれたかも?しれませんね(笑)
長年の積み重ねと云う事で、少しはマシになった様な気がします。

 器用、不器用、どちらが良いとか悪いとか一言で云えませんが、自分らしく、自分を信じて進んで行くと、いつか結果もついて来ると思います。
全てが結果オーライとは行きませんが、それもまた楽し。
次へのステップですからね。

バナー

変化し続ける

2012 - 10/14 [Sun] - 03:57

 色即是空とは、般若心経に出て来る一節ですが、色とは目に見える現象や物事、空は固定しないと云う意味と解釈出来ます。
全てのものは、常に変動していて、同じ状態に固定する事はない。
現代で云う波動論の様なもので、物理学の理論を聞いている様ですね。
そう云う事から、仏教では執着から離れよと説いていますが、何かに囚われている事で生きている実感を感じるとも云えるから難しいですね。

 妻が毎日の様に空の写真、夕陽の写真をアップしていますが、空は一瞬一瞬変化していて、同じ姿はありません。
毎日、違う表情をしています。
そこに何かの存在を感じたり、激しいエネルギーを感じたり、その時々で空から得るインスピレーションやエネルギーも違います。
自然とは偉大ですね。

 時に留まり、時に解放されて、長く執着に囚われないで生きて行けたら良いですね。
武道でも、居つくと云う事を嫌います。
動きの中で、ある瞬間、止まってしまうと、その瞬間を狙われて攻撃されます。
常に動き続ける事、それは相手から見えない程の小さなものであっても、動き続ける事で即応出来る。
とは云え、つい止まってしまうのですが、やっぱりその瞬間に攻撃を食らっています(苦笑)
心と身体が固まらない様に、生き方も考え方も武道もやれたら良いですね。

バナー

危機管理

2012 - 10/13 [Sat] - 03:53

 企業でも個人でも、何か突発的な事が起きたり、意に染まない事が起きてしまう時、それを冷静に対処する力が必要ですね。
企業のクレーム処理や、リコール等の問題、或いは何かの事故が起きた時の対処次第では、企業の倒産に繋がる事もあります。
危機管理は、そう云う意味で重要です。
個人でも信頼を失ってしまったり、悪評が出てしまうかもしれず、そうなった時の不利益は大きなものがあります。

 しかし、危機管理能力は一朝一夕には身につきません。
過去の事例を知っておく事、その際の解決方法を知っておく事は大切です。
と同時に、もっと大切なのは必ず解決すると云う気持ちです。
それも、自分の責任回避と云う意味だけではなく、争議している相手の立場や体面、利益不利益も考慮しなければいけません。
自己の責任回避や利益だけを考えて行なう対処は、時として争議相手を怒らせてしまう事にもなり、致命的になります。
完全な対処が出来なくても、相手の利益不利益を考慮し、立場や体面を保ってあげる事を意識していると、相手に誠意や意が通じて、大事にならずに済む場合もあります。

 さらに大切なのは、時間です。
迅速に対応する事、解決策を探す事です。
ダラダラと時間をかけていると、その間に事は進んで行きますし、相手への印象も違います。

 が、最終的には場数しかありません。
そう云う場面で対処し、上手く行ったり、失敗したりしながら、自分の中に経験と智恵と胆力を身につけて行きます。
失敗を恐れず、意を決して対処して行きましょう。

バナー

呼吸と意識

2012 - 10/12 [Fri] - 03:37

 被りや病等で体調が悪かったりすると、何もする気が起きなかったりしますね。
活字も読みたくなければ、映像も音楽も駄目。
そんな時、そのままにしていると、段々と気持ちが萎えて来て、怪我をした動物が泥や温泉に浸かって回復するまでジーッとしているのと同じになってしまいます。
勿論、回復にはエネルギーが必要ですから安静は大切ですが、ある程度は積極的にエネルギーを高める事も必要です。
そんな時、例えばBGMやBGVを邪魔にならない程度に、聞いても聞かなくても、見ても見なくても良いので、ずっと側で流し続けておくのは良いですね。
ちょっとした時に、フッと目に入った映像や、流れ込んで来た音楽が、意識を高めてくれたり、モチベーションを喚起したりする事があります。
何より、意識をアップ傾向に保つ事が大切です。
気持ちが負けていては、被りにも病にも勝つ事が出来ません。
と云っても、戦い方は色々です。
中でも、笑いは最高の武器ですね。
好きな事や、夢を思い、また本当に笑える事を意識して行くと、気がついたら楽になっていると云う事は良くある事ですし、免疫が上ると云うのは良く云われる事です。

 さらに、呼吸を意識して行くと良いですね。
辛い時は特に呼吸が浅くなります。
酸素が身体に入って来なくなると、余計に疲労度が増します。
全身に息が行き渡る様に意識しましょう。
この時は、腹式呼吸とか何とか、気にしなくて大丈夫です。
呼吸法を意識すると、そこにだけ意識が行ってしまって、却って疲れてしまう事があります。
自然に、大きく、リラックスして、全身に呼吸を行き渡らせましょう。
この呼吸法で痛みさえ消してしまう格闘技の技法もあります。

 意識と呼吸で上手く辛い時を越えられたら良いですね。

バナー

神を祀る

2012 - 10/11 [Thu] - 02:26

 日本は神の国です。
と発言して問題視された政治家がいましたが、当り前の事を言って問題視されると云うのは、日本も落ちたものですね。
信経の自由が保証され、特定の宗教に偏らないと云う姿勢は分りますが、日本人固有のアイデンティティまで否定するのは如何なものでしょうか。
日本を作りあげた過去の偉人達、それをして神として祀り、敬うのが神道です。
そのどこがいけないのでしょうね。
神は常に人と共にあり、見守っています。
そして、その血を引いた子孫が、我々です。
広く云えば、神は御先祖様です。
敬って何が悪いのか、それを公言して何が悪いのかと思います。

 が、神に安易に甘えるのは、神は望まないでしょう。
神には願い事をしてはならぬ、神は誓いであり、甘える対象ではない。
長く神と付き合って来て、また先人達から、私はそう教わり、また感じて来ました。
神は敬う対象であり、誓う対象であって、甘えて頼るものではないと。

 また、日本人である以上、神を家に祀るのは当然。
神の土地を使わせて貰っていて、その土地で出来たものを食し、その土地を汚す事で生きているのだから、神を家に祀るのは当然の礼儀です。
マンションだから、アパートだから、すぐに引っ越すから、そんなものは理由になりません。
土地の親分に挨拶し、礼儀を尽くすのは当り前です。

 が、絶対に必要な人以外には、お勧めしていません。
神を祀ると云う事は、常に身心潔斎し、穢れを祓い、真っ直ぐに真っ正直に生きなければいけませんから。
俗にまみれ、そこから抜け出せない人には辛いでしょう。
霊感がある人、神や仏に縁がある方は、是非とも神をお祀り下さい。

バナー

さぁ、これからです。

2012 - 10/10 [Wed] - 04:06

 今日は道場で、いつも疲れますが、普段の疲れが溜っていて、かなり疲労感があるので記事を書くのを止めようと思いましたが、外の風が冷たく、何だかフッと身体が締まったので、書く事にしました。
不思議なものですね。
ちょっとした事で、元気が出たり、その逆もあったり。

 10月になって、色々な事が動き出しました。
私ではなく、弟子や相談者の問題です。
停滞していたと云う訳ではありませんが、動きが鈍く、また色々な事が起きてしまっていて、解決や開放へと中々繋がらなかったのですが、ここ数日、急に色々な事が動き出しました。
9月は運気的に、夏を終えて、衰退の始まる月ですから、9月に新しい事を起こすと必ず先々に何か悪い事が起きるのは、私の経験上知っています。
が、10月に入った途端に動き出したのは、劇的で、驚きですね。
今月は神無月ですが、現代の神々ではなく、古代の神々が出雲に集まります。
その代り、現代の神々は新嘗祭や秋祭りで、賑やかに、活動的になります。

 正に機が満ちると云うのでしょうか。
あるレベルに達する迄は、変化にも気付かず、また実際に変化せず、ボーダーラインを越えた途端に動き出す。
機が満ちるまで待つと云いますが、その時が来るまでは中々に辛いものがありますね。

 とは云え、動き出したからと云って、まだまだ本調子ではありません。
動きが本当に勢いづく迄は、暫くかかります。
ここで気を抜くと、元の木阿弥。
慎重に、確実に、動きを確かなものにして行きましょう。

バナー

嬉しいですね

2012 - 10/09 [Tue] - 02:55

 今日は御釈迦様の御縁日。
色々な人がお参りに来る中、小さく可愛い参加者がいました。
浄土宗のお寺の副住職であるI君、私が所属する空手道場の指導員でもあり、二段の猛者ですが、可愛い3歳になる長女を連れて参加してくれました。
いっぱい話してくれて、お参りの最終は眠いのを我慢して、最後まで正座をし、来る途中で転んで怪我をしてしまった膝の痛みにも耐えていました。
彼女を両親が如何に慈しんで育てているかが感じられます。

 そして、遠い秋田で、一組のカップルが結婚式を挙げました。
従兄妹どうしでの結婚ですが、生まれた時から決められていた様な、素晴らしいカップルです。

 どちらも今に至る迄、色々とありましたが、幸せな姿を見る事が出来て、とても嬉しいです。
この私が、似合わない事に、まるで実質的な仲人か、結びの神の様な役割を戴いて、この二組は結婚しました。
他にももう一組、私が結びの神となった夫婦がいますが、私がと思うと似合わないですね(笑)
少し頼りなげだったI君が、結婚し、道場で指導し、二段を取得し、今は副住職であり、二人の子の親になった事。
秋田の夫婦も、互いに色々と悩みながら、最高の相手と結婚式を行なう事が出来た事。
とっても感慨深いものがあります。
私には子がいません。
が、内弟子達が子の様なものであり、縁あって結びつけた彼等もまた私の子の様なものです。
少し親の気持ちが分った様な、何とも云えない、温かい、そして感慨深い思いです。
彼等を見ていて、目頭が熱くなる自分に驚いていますが、こう云う御縁を私も戴いて、本当に有り難い事です。
彼等のこれからの幸せを、心から祈っています。

バナー

F1日本グランプリを見て

2012 - 10/08 [Mon] - 01:19

 今日はBSでF1日本グランプリを見ていました。
以前は地上波でやっていたのですが、最近はモータースポーツ人気が低下し、BSへと追いやられてしまいました。
それでも好きな人は多く、鈴鹿サーキットには沢山の観客が詰めかけているのが画面に映し出されていました。
注目の日本人ドライバー、小林可夢偉選手、予選3位でスタートし、決勝最後は3位で表彰台に立ちました。
感動ですね。
彼のF1での最初の表彰台が日本で、それも20数年振りの日本人の表彰台。
また、ミハエル・シューマッハは、今シーズン限りで引退だそうです。

 次々と現れては消えて行くドライバー達は、記憶に残りますね。
ホンダの全盛期だった時代のF1は、凄い人気でした。
今回の可夢偉選手の活躍で、日本でのモータースポーツ人気がまた戻ってくれたら嬉しいなと思います。
モータースポーツの人気が高い時は、一般の自動車も元気で夢のある車が発売されます。
実用車ばかり販売されているのは、何とも楽しくないですね。
最近になって、やっと少し夢のあるスポーツタイプやレジャーカーが出て来始めたのは喜ばしい限りです。

 夢のある、無駄な様に見えるものが世に出て来る時は、世の中も元気になります。
実用、実質一辺倒の暗い時代は、早く終って欲しいですね。
心が豊かで、夢があって、楽しくないと、人生も暗く、詰らないものになりますし、社会も夢も希望もないものになってしまいます。

 特別、愛国者とも思っていませんが、日本人がこうして活躍するのは、やはり嬉しいし、感動しますね。

バナー

必ず勝ち抜く

2012 - 10/07 [Sun] - 02:27

 誰にでも、辛い時があり、耐える時と云うものがあります。
何かの問題が今はどうしようもない時、そんな時は耐えて待つしかありません。
必ず解決出来る瞬間が来ます。
それまで、耐えて、機を待ちましょう。
体調が悪い時。
きちんと医師の診断と治療を受け、指示に従って、それでも症状が改善される迄は耐えるしかありません。
治療を受けて、薬を飲んで、それですぐに楽になるなんて事はありません。
気持ちで負けずに、耐えて、回復を待ちましょう。

 大切なのは、必ず乗り越えると云う気力です。
山があり谷があるのは当たり前ですが、苦しい時は眼の前の事しか見えなくなり、気力も衰えます。
でも、負けないで、必ず越えてみせると云う気力を甦らせましょう。
諦めない、負けない、止まらない、そんな気持ちを持ち続けていたら、必ず勝ち抜く事が出来ます。
終らない苦しみはなく、解決出来ない問題はありません。

 強い意思と気力と勇気を持って、頑張りましょう。

バナー

どんな時でも、心に余裕を

2012 - 10/06 [Sat] - 02:37

 好きな事をしたり、考えたり、好きなものをいじったり、そんな時は至福の時ですね。
皆さんはどんな時が至福の時でしょうか。
好きな人といる時、映画を観る時、ドライブする時、好きな機械や趣味のものをいじってる時、美味しいものを食べている時、旅行している時、それぞれ違うでしょうね。
そう云うものがある人は、感性が豊かです。
また、余裕があるとも云えます。
今日の生活を考えるだけで精一杯、生きる事で精一杯、病に立ち向かうだけで精一杯、好きな事など考えている余裕がないと云う人も沢山います。

 でも、そんな時にも、心には余裕を持って、ちょっとした時間でも至福の時を持ったり、思い浮かべたり出来たら良いですね。
精神的なそう云う余裕が、眠っている感性や感覚を呼び覚まし、生きる力を与えてくれる事もあります。
渦中にいると中々そうは行かないですが、ネガティブになり勝ちな心を、違う方向へ向ける為に、そう云う時間を何とか作りたいですね。

 気持ちが負けたら、何も始まりません。
その瞬間は現実逃避かもしれませんが、それが現実への力になる事もあります。
心に夢を持ち、夢を目標に、誰にも邪魔されない至福の時を持ちたいですね。

バナー

信念は祈りに通じる

2012 - 10/05 [Fri] - 02:49

 何か、次から次へと大きな問題が相談者から来ています。
思いもしなかった事が出て来て、ショックを受けたり、慌てたり、諦めたくなったり、一瞬そんな気持ちになりながら、連絡が来ます。

 問題が起きた時、一番大切なのは、パニックにならない事。
冷静に判断し、俯瞰し、見詰めて行き、何が起きているのかを正確に把握する事です。
その上で、何か解決策はないか、時間をかけて探る事。
これはカウンセリングでも、霊視でも同じです。
そして、出た結論に従って、一つずつ、対処して行く事です。
対処には勿論、祈りも入ります。

 一つずつと云うのがミソで、一度に幾つもの事をやろうとすると、必ず抜けが出て、またパニックが起きてしまいます。
一つずつ、確実に対処し、流れを作って行く事が、問題解決には必要です。

 さらに大切なのは、必ず解決出来る、乗り越えられると信じる事。
信じる事は、祈りに通じ、強さとなります。
絶対に焦らない、諦めない、負けない心です。
心も身体も魂も、全てを総動員して、信じましょう。

バナー

伝わる

2012 - 10/03 [Wed] - 02:48

 思いのエネルギーって、実は凄く強くて、誰でも無意識に生霊や思いを飛ばしてしまう事があります。
勿論、能力を持った人や、修行を積んだ人は、意識して飛ばす事も出来ます。
特にネガティブな思いは飛び易いですね。
それも粘着系の思いはエネルギーが強く、心に思っているだけで飛んで行く事があります。

 良く生霊がついていると言われたと云う相談がありますが、大抵はそこまでではなく、思いだけが飛んで来ている事が多い様です。
チャンネルが合っていて、電波が飛んで来ている様な感じです。
健康な人にとっては大して影響はないでしょうが、疲れている人や病の人には、軽い体調不良や、気持ちの落ち込み程度はあると思います。

 が、生霊となると、もう少し厄介です。
繋がっていると云うより、そこにいると云う感じですから、気配を感じたり、見られていると感じる事もあり、体調不良や気持ちの落ち込みも激しいですね。

 ネガティブな気持ちだけではなく、相手の事を良い意味で思う気持ちも伝わります。
この場合は生霊ではなく、思いですが、相手にエネルギーを送り、元気を送る事が出来ます。
大切な人を思う時、必ずと言って良い程、思いは伝わって行きますね。

 どうせ送るなら、幸せな気持ちを送りたいものです。
人を呪わば穴二つと云いますが、ネガティブな気持ちで人を思っても、相手が不幸になっても、自分は幸せにはなりません。
自分も相手も、両方共が幸せになれる様な思いを持っていたいですね。

バナー

人間の本能

2012 - 10/02 [Tue] - 03:56

 誰でも自分は守りたいものですし、自己保存本能を持っています。
自己保身は、生きて行く上では必須です。
でも、それがミエミエだと何だか嫌~な気分になりますね。
対人関係でのトラブルでは特にそれが見え隠れする場合が多い様に思います。
トラブルですから、どっちが良いとか、どっちが悪いとか、何れにしろ責任追及したり、自己の正当性を主張したり、相手を批判したりするものです。
が、そこに感情論が入り、また自己保身の姿勢が強く出て来ると、拡大解釈や小さな事を大袈裟に広げてしまったり、嘘まで出て来る場合もあります。
冷静に聞いていると、それはミエミエで、話に矛盾があり、また筋が通らない文章と云うのがハッキリと見えて来ます。

 裁判やその他の実際的な被害がある場合は、当然ですがハッキリ責任追及をしなければなりませんし、事を明確にしなければいけません。
が、そうではない人間関係でのトラブルは、実際的、実質的な被害がない限りは、感情論でしかありませんね。

 誰かを立てれば、誰かをないがしろにする事になりますが、安易に片方の味方になってしまうのは危険な場合も多いです。
と云って、完全にどちらにも偏らず、中立を保つと、人として冷たいと云う評価を受けたりする事もあります。
ケース・バイ・ケースですが、どちらにも偏らない見方をした上で、ある程度、どちらかの味方につくと云うのが良いのでしょうね。

 兎角、人間関係は難しいですね。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR