感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2012年08月  

南紀へ出かけて来ます

2012 - 08/31 [Fri] - 01:02

 以前からお伝えしていますが、明日31日から9月2日まで、紀伊勝浦、熊野三社に参拝旅行に出かけて来ます。
参加人員、何と33名、団体旅行となってしまいました。
強制ではなく、行きたい人だけが参加して、楽しい時間を過そうと云う企画で始まりましたが、蓋を開けてみればどんどん進んでしまって、内弟子の一人の女性が主となって頑張ってくれました。
勿論、サポートしてくれる人達、内弟子達も沢山います。
有り難いですね。

 基本、他人と旅をするのは疲れるものです。
それぞれの希望も、ペースも、スタイルも違います。
特に個性の強い人達は、ある意味で我が儘、マイペースですし、人に合わせるのが苦手。
スケジュールを決めて、その通りに動くと云う縛りが大嫌い。
勝手気侭と云えばそうなのですが、自分の感覚に妥協しない人ですから、見方に依ってはとても格好良い人達です。
それが、何故か、ストレスを感じる事なく、嫌な事も殆どなく、楽しい旅が出来たと言ってくれるのですから、内弟子の企画と動きは素晴らしいと思います。

 人は育たない。
でも、育とうとする人は、自分で育つ。
育つチャンスと方向づけをしてあげるのが指導者。
籠の鳥にするのではなく、常識やルールで縛るのではなく、自由に飛ばせ、何かあった時は全面的に守ってやると云う気持ちが必要だと思います。
私の放任主義が良かったのではなく、そう云う力を内弟子が持っている事が幸運だなと思います。

 人と人が理解し合うのは、とっても難しいですね。
相手に合わすつもりが、無理をしてしまって、自分を萎縮させて、気を遣い過ぎて自分らしさを失ってしまう事もあります。
相手の事を思っているつもりで、自分の常識を押し付けてしまっていたり、言う事を聞かせようとしてしまったり。
自分の生き方ややり方、考え方は、人それぞれ。
自由意思で、自然に人が集まり、言う事を聞いてくれて、良い結果に結び付いて行く様な、そんな魅力のある人でいたいですね。

バナー

スポンサーサイト

無駄をはぶいて、自然な姿で

2012 - 08/29 [Wed] - 03:01

 今日、道場へ行きました。
夜になると外は大分秋らしさが出て来ましたが、道場の中は相変わらずのサウナ状態。
途中の休憩時間に窓を開けると、涼しい風が汗を冷やしてくれます。
汗が瀧の様に流れ、床に溜まりそうな勢いでした。

 今日、道場生と話していて、自然な動きが一番力が出ると云う話をしていました。
ちょっとした手首の角度や、手を出す方向、膝の向き、肘の向き、等々。
身体に負担をかけず、もっとも楽で、自然な形が一番美しく、また力が出ます。
どうしても若い内は筋力やスピードに頼ります。
が、自然な動きと形でやると、脱力するのではなく、無駄な力が必要なくなる。
気がつかない、眼に見えない、小さな事ですから、気づき難いですが、それが解ると動きが完全に変わります。

 伝統芸と呼ばれるものに付き物な作法にも、色々な動きがあります。
やはり、一番求められるのは、自然な、無理のない動き。
その形と動きは、生理学的にも理に適うものです。
でも、心や身体が固まると、形にばかり固執すると、その自然さが消え去ります。
そう云う時の動きは美しくないですね。

 何をするにも、自然である事、無理がない事は、余裕をもたらしてくれます。
また、無駄な力みがありませんから、固さが消えて、美しいものとなります。
こうでなければとか、こうあるべきとか、本来の目的を忘れて固執して行くと、無駄な力みを呼んで、美しくないものになってしまいます。
いつも自然で、心にも身体にも無理のない、負担のない、美しい姿でいたいですね。

バナー

ハラスメント

2012 - 08/28 [Tue] - 03:53

 最近、パワーハラスメントの御相談が多くなっています。
職場での事が多いのですが、部下に対しての理不尽な言葉や命令、まるで嫌がらせとしか感じられないケースが多い様ですね。
セクハラでもパワハラでも、されたと感じる側の問題がないとは云いません。
誰でも嫌いな相手に何かされたら全て嫌だと感じるものですし、好きな相手だと不愉快に感じなかったりするものです。
また、叱られたり文句を言われたりすると、不愉快になるのは当然ですし、過剰反応してしまう場合も良くあります。
が、第三者的に聞いていて、そりゃおかしいだろうと思うケースも沢山ありますね。
職場で、職権上でも言って良い事と悪い事がありますし、それが人間的なプライドの問題にまで踏み込んで来ると、ハラスメントだと言われてもしかたないなと云うものが結構ありますね。

 ま、上に立つと云うのは難しいもので、部下を管理し、時には叱り、また時には誉めて、下の者を従わせなければいけませんし、それが当り前なのですが、職権上の問題であって、人間的に上だと思ってしまうと間違いが起きたりします。
思い上がりと云うか、立場が上だと人間的にも上で、何でも通ると思ってしまう人が多いですね。
部下は気を遣い、他に響いては困るので遠慮していると、益々、図に乗って。

 ケース・バイ・ケースですが、労働基準局に駆け込んで問題化するのも一つの方法ですし、上司の更に上の上司に相談するのも一つの方法ですね。
また、思い切って反論して、闘うと云う方法もあります。
何れにしろ、萎縮しないで、是々非々で、仕事上のミスは認めるとしても、人としての誇りまで捨てたり、抑える必要はないでしょう。
それでクビになったり、不等な降格や減給になったら、その時は本気で闘えば良いのですから。
ま、仕事だけが人生じゃありませんし、その会社でなければならないと云う訳でもないでしょうし、命まで失う訳じゃないのですから、本気になれば大抵の事は何とか乗り越えられるものです。

 また、恋愛でも男が上とか下とか、どっちが従うとか、何が正しいとか、そんな詰らない事が続くなら、サッサと止めてしまえば良いと思いますし、いざとなったら捨ててしまえる気持ちの強さがあれば、仕事でも恋愛でも、問題解決出来る場合もあります。
人としての自分の誇り、守るべき事、譲れない事は、強くなって自分を大切にしたいですね。

バナー

セミナーのお知らせ

2012 - 08/27 [Mon] - 15:43

 梅本人事総合コンサルティング代表の梅本迪夫氏のセミナーが日本生産性本部経営アカデミーにて行われます。
三井石油化学(株)(現三井化学(株))人事部部長をされ、本州化学工業(株)労務担当取締役、サンレックス工業(株)専務取締役、三井化学(株)参事を歴任された後、梅本人事総合コンサルティングを立ち上げられました。
専門分野は、人事・賃金・評価制度の設計・改善、集団的労使関係・個別労務問題、雇 用調整、偽装請負等労務問題の予防・解決、労働協約・就業規則の作成等。

 梅本氏は私の長年の御相談者であり、何かの折のアドバイザーにもなって戴いております。

各企業・団体の管理職、人事・労務ご担当者、労働組合執行部向けのセミナーですが、お知らせ致します。

IMG001.jpg IMG002.jpg

バナー

いつも、いる

2012 - 08/26 [Sun] - 02:44

 空手でも他のものでも、何かを学ぼうとする時、そこにいるのが大事ですね。
本を読んでも、YouTube等で映像を見ても、今は色々な学び方がありますが、学びの場にいて学ぶ事は、そのまま五感を使っての体験にもなります。
眼に見えないですが、その場の空気や勢いは確実に影響します。
一人でやっているとか、都合の良い時だけと云う気持ちでいると、中々進歩しないものです。
継続は力と云いますが、存在する事、同じ空気を吸う事、同じ釜の飯を食う事って、凄く大きいですね。

 今日、気療に来られた方と話していましたが、ある伝統系の空手道場に通っておられるそうで、練習が終ると帰るのは当然ですが、その後がないそうで、私達の道場では正規の練習が終ってから自主トレがあったり、飲みに行ったり、ラーメンを食べに行ったりと云う時間を持つ事が多いですが、その道場ではそう云う事がない様で、勿体ないねと。
一緒に飲み食いしたり、自主トレしたりする事で交流が深まり、正規の練習では聞けない話も聞けたり、教わったり出来ますし、そこでまた鍛えて貰ったり。
そう云う時間、大切です。

 学びの場では、その場でしか聞けない話とか、体験があります。
誰かがメモしていたとしても、正規の決った事は書いていても、ちょっとした空気や一言までメモしないでしょうから、やはりそこにいないと得られないものってありますね。

 いつも、いる事。
それが存在感の主張にもなりますし、凄く大切です。

バナー

バランスをとって

2012 - 08/25 [Sat] - 04:12

 世の中には我慢しなければいけない事って、沢山ありますね。
身近な事から、もっと大きな政治的な事や経済的な事、他にも色々とあるものです。
一々、目くじら立てて怒っていたら、幾ら時間があっても、パワーがあっても、足りません。
と云って、我慢ばかりしていても、これまたストレスが溜ってしまって、身体に悪い(笑)
バランスを保つって、難しいですね。
ゴルゴ13の様に何があってもクールでいられたら最高だと思いますが、それでは冷たい人になってしまって、人が寄りつかなくなるかもしれません。
また、熱く怒っていたら、これまたコワモテが過ぎて、誰も何も言えなくなってしまったり、それこそ人が寄りつかなくなります。
と云って、我慢ばかりしていると、今度はなめられてしまって、人から便利に良い様に使われて、弄られるだけになってしまいます。
やはりバランスは必要ですね。

 主張すべき時は主張し、我慢すべき時は我慢し、適度にストレスを解消し、平静を保つ事が出来るのが最高ですが、中々そうも行かないのが世の中。
う〜ん、さてどうしましょう(苦笑)
コワモテで通っている私ですが、実は本気でブチ切れた事は一度もありません。
切れた様に怒る時の何倍も、実は我慢していたり、流していたりしていいます。
世の中で人と関わって生きている以上、その辺りのコントロールは必須ですからね。
理想論や感情論だけでは、何も進みませんし、解決しません。

 とは云え、疲れていたり、体調が良くないと、コントロールが利かなくなる時もありますね。
そう云う時は、休みましょう。
まず疲労をとって、のんびりして、それから考えても遅くないですからね。
ストレス解消も色々。
運動する、瞑想する、旅に出る、一人になる、眠る、食べる、映画を観る、音楽を聴く、絵を描く、好きなものに触れる、等々と人それぞれ。
上手く組み合わせましょうね。

バナー

久し振りに

2012 - 08/24 [Fri] - 02:41

 久し振りに家族が集合しました。
母達、義妹夫婦達、そして甥っ子や姪っ子。
結構な人数になりました。
眺めの良い場所で、軽い食事と何気ないお喋り。
あまり身内の集まりに出る事のない私ですが、この家族は心地良いです。
たまには良いものですね。
他の方のサポートで通った病院の近くにあるマンションでしたが、何か不思議な感じですね。
大渋滞で結構な時間がかかりましたが、帰りは空いていてアッと云う間でした。

 と帰って来たら、メールが溜っていました。
一気にお返事を書き上げて、う〜、流石にちょっと疲れました(苦笑)
集まった家族の中の男性陣も、それぞれ忙しく仕事の日々の様です。
仕事が出来ると云うのは、この不景気の時代に有り難いですね。
頑張りましょう。

 今日は、暫しのインターバルでした。

バナー

エンターテイメントになる神々

2012 - 08/22 [Wed] - 03:18

 人類が生まれて以来、世界中に神話が存在しています。
ギリシャ神話、エジプト神話、ローマ神話、北欧神話、そして神道、他にも様々な宗教があり、信仰があり、その数だけ神話があります。
小学校の頃からこう云う神話や、レムリア大陸、ムー帝国、アトランティス大陸の本などを読んでいました。
やっぱり子供の頃から変っていたのだねと、人からは言われますが(苦笑)

 それぞれの神話に特徴がありますが、共通している部分も多く、宇宙が作られ、地球が生まれ、そして動物や人間が生まれて、と云う流れ。
そして、神々は決して悟った慈悲だけの存在ではなく、我が儘でマイペースで、戦闘的で怒りっぽいと云う事。
勿論、優しい側面もあり、慈悲と愛に溢れている神もいます。

 神と云う大きな存在、力を得る事と、仏教的ですが悟ると云う事とは、全く別の話と捉える事が出来ます。
そして、人間は勝手に進化して行き、文明を発達させて、神を忘れて行きます。
が、神々は決して滅びません。
色々な方法を使って、人間にアプローチして来ます。
小説家や脚本家の頭の中に働きかけて、神々の話を広めたり、オリンピックの様な大きな行事を続けさせたり、いつもどこかで神々を意識させようとします。

 最近、神々を扱った映画や小説が多いですね。
昔の栄光を取り戻す事はないかもしれませんが、神々が甦り、存在をアッピールしている様に思います。
エンターテイメントとして楽しむのも良し。
でも、ちょっと神々の事を思い、興味を持って、昔読んだ神話を読み返してみるのも良いかも知れませんね。

バナー

思い遣り

2012 - 08/21 [Tue] - 02:59

 人に対する思い遣りって、難しいですね。
善かれと思って言ったり、したりした事が、余計なお世話になってしまったり、却って相手を傷つける結果になってしまったりする事があります。
特に、心や身体が弱っている時、ちょっとした事が凄くこたえてしまう事があります。
心ない一言、気遣いのない行動によって深く傷つく事がありますね。

 正しいと思う事、信じる事は、人それぞれ違います。
育った環境も、受けた教育も、置かれている状況も、一人一人違います。
ですから、これが正解と云うのは、実はないと云っても良いのかもしれません。
この状況なら、こう考える、こう云う行動をするのが正しいと云う事はあるかもしれませんが、それもその人の置かれている立場や状況、心や身体の状態を考えた上で出て来る答です。

 正論は時に人を傷つけます。
正しいと思う親切は、時として余計なお節介になります。
そう云う事をする人は、残念ながら、相手を見ていないと云う事になるかもしれないですね。
自分の正しいと云う思いに従っているだけで、相手の状況を把握しないで、また相手に合わせないで言葉を発したり、行動したりする事が、相手に対して逆の効果を生んでしまう。

 なので、相手の事を思ってやったのに、逆に怨まれたり、相手が気分を害したり、怒ったりと云う結果になって、唖然としたり、理解出来なかったり、自分も怒ってしまったり。
思っているのと違う反応が返って来た時は、そう云う事がないか、自己検証をしてみる必要があるかもしれないですね。

 空気を読む。
相手の心を知る。
本当に思い遣るって、とても難しいです。
放っておくのが一番の思い遣りだったり、黙って聞いていてあげるのが良かったり、何も云わず側にいてあげるだけが良かったり。

 相手を思い遣る時、何かしてあげなきゃと焦らないのがコツかもしれません。
そうすると、ゆっくりと間が取れて、相手の事が見えて来て、相応しい事が解って来るかも。

バナー

辛いけど、今が頑張り時

2012 - 08/20 [Mon] - 01:51

 体調が悪かったり、思う通りに事が進まなかったりする時、どうしても結果が見えない、進展が見えないので、焦ってしまいますね。
でも、焦っても急展開で良くなる事は絶対と云って良い程、ありません。
一歩一歩、我慢して進むしかありません。
勉強でも、病の回復でも、全然変化しないなと思って辛くなりますが、それでも頑張っていると、ある日突然にフッと抜ける様に、超える事があります。

 人間の知性や感覚には、感知レベルと云うものがあります。
コップに水が溜まる様に、そして溢れる様に、外からは何も見えていませんが、溢れた時に初めて感知して、変化が分ります。
それまでは、何も起きない。
この我慢している間は、辛いし、厳しいですね。
でも、そこが我慢のしどころです。
諦めないで、焦らないで、続ける、頑張る。

 ある日、突然に楽になります。
それまで、我慢、我慢。
応援しています。

バナー

音楽は良いですね

2012 - 08/19 [Sun] - 02:53

 心と身体のテーマに相応しいかどうかは分りませんが、この頃何となく昔聴いていた音楽をかけながら仕事したりしています。
その頃を懐かしむと云うのではなく、感性が戻って来る、皮膚感覚が緩んでゆったりして来る感じがします。
とは云っても、聴いている音楽の殆どはロックだったりしますが(笑)
ハードな音楽を聴いてリラックスすると云うのも変かもしれません。

 音楽は何でも聴きます。
嫌いなジャンルと云うのは特になく、特別これしか聴かないと云うものもありません。
が、耳に残る音楽と云うものはありますね。
普段は声明と経しか詠んでいませんし、カラオケも好きではないし、昔やっていた楽器もずっと触れていません。
でも、音楽は身近に置いておきたいですね。
BGMの様に、聴くともなく流していると、フッと何か詰ったものが抜ける時があります。
時に、その好きな音楽すら鬱陶しく感じる時があります。
そう云う時は、体調が悪いか、被っているか、何かに入れ込んでいる時。
フラットな気持ちで、いつも音楽を聴いていられる様な状態でいられたら良いですね。

 ちなみに、いつも聴いているものは、

 

 

 この辺りです。

バナー

やり過ぎの後遺症

2012 - 08/18 [Sat] - 02:02

 御盆供養が終って一段落、と思いきや、鬼の霍乱で歯が痛んでいます。
長年の色々な修行や空手等々で、ずっと歯を食い縛っていた結果、全ての歯の根が埋っている歯根骨が下がってしまっていて、歯茎に歯が浮いている様な状態になっています。
ですから、いつ抜けて来てもおかしくない。
また、全ての歯にヒビが入っていて、何かの拍子に、割れます。
片端から神経を抜いて、ブリッジをして、補強して持たして貰っています。
が、時々、凄く痛む事があります。
歯の根が、中途半端についているもので、それが刺激します。

 昔は、力を入れる時は、歯を食い縛ると云うのが正しいとされていました。
しかし、現在では口を開けておく方が力が出ると云う風に変わっています。
そう云えば、武道では昔から気合いを入れますし、ウェイトリフティングをやっている人や、ハンマー投げの室状氏も投擲の瞬間に大きな声を出していますね。
つまり、その瞬間に口を開いていると云う事です。

 どんなスポーツも、適度にやると健康に良いですが、やり過ぎは身体を壊します。
空手の選手の多くが、痛風で悩んだり、歯の痛みに耐えています。
ウェイトをやる事、砂袋を叩いたり蹴ったりし続ける事で、手足の毛細血管を壊し、そのせいで腎臓に負担をかけて痛風になるケースが多いです。
また、身体作りの為の喰い修行、おなかいっぱいになるまで食べて、そこからまた更に食べます。
そうする事で、身体を大きくして行きます。
当然ですが、身体に良い訳はありませんね(苦笑)

 怪我や打撲の痛みは、慣れてしまいました。
が、歯の痛みは辛いですね。
気圧の変化も影響したり、肩凝りで血行不良になって影響する事もあったり。
早く楽になって欲しいですね。

バナー

旧御盆供養会

2012 - 08/17 [Fri] - 03:11

 昨日、15日に御盆供養会を行ないました。
例年になく重い空気の中、集まった人々と共に、心静かに奠供と理趣経の響きに祈りを捧げました。
終った後のスッキリ感は、やはり良いですね。
1時間弱の経の奉納の最中、ドップリと汗をかきましたが、終った後の爽快感は素晴らしいものがあります。
その後、参加した皆で直会(なおらい)を行ないます。
直に会うと云う字の如く、御先祖様と身近に一緒に食事を楽しむと云う時間です。
祈りの行事の時には良く行われます。

 理趣経、奠供、読む事が出来る人も増えて来ていて、多人数で読む経は響きが素晴らしいですね。
日本の音楽の原点である声明の響きは、音が自分の周囲を回る様な感もあり、静かに浸る事が出来ます。
祈りを捧げる御先祖様だけではなく、読む側、それを聞いている側も、一緒に癒されて行く時間は、とても心地良いですね。

 もう日常に戻られている方も多いと思います。
酷暑、残暑が厳しいです。
水分補給、栄養補給に気をつけて、乗り切って下さい。

 次の秋の御彼岸まで、暫し安らぎの時を過しましょう。

バナー

心静かに

2012 - 08/15 [Wed] - 02:59

 明日は御盆供養、そして終戦記念日ですね。
心静かに祈りを捧げたいですね。

 人が亡き先人への祈りを捧げるのは、悠久の昔から行われていると云います。
それぞれのやり方と云うものはあるでしょうし、眼に見えない世界を信じるとか信じないとか云う事もあるでしょう。
が、先人が存在したから自分が存在していると云う事は事実ですし、畏敬の念を持つのは当然の事です。
それが祈りと云う形であっても、何の問題もないと思います。
が、勝手な思い込みで祈りイコール宗教と云うこじつけをしてしまう人も、不思議な事にお墓参りに出かけたり、初詣に出かけたりする事に、人間の本質が残っている様に思います。
人の幸せを願い、人を思う事が祈りであり、それが宗教へと発展して来たものです。
また、ルーツ、先祖を思う事は、人類が進化した証であり、人としての繋がりを大切にする事です。

 政治的な問題、個人的な信仰や理念の問題、他にも色々な事はあるでしょうが、自分達の御先祖、そして日本を護ろうと闘った先人達への畏敬の念を込めて、心静かに祈りを捧げたいですね。

バナー

ロンドンオリンピックの終了

2012 - 08/14 [Tue] - 03:43

 ロンドンのオリンピックが終了しました。
パラリンピックが続くそうですが、TVで観る選手達の姿に沢山の感動を貰いました。
そして、今日何気なくBSにチャンネルを合わせると、ロッキー3がやっていました。
昔、あの音楽で沢山の勇気と元気を貰いました。
我々が眼にする場面は、選手達の晴れ舞台。
結果を争う姿であり、その裏にある長い時をかけ、積み重ねて来た努力と汗と涙は見えていません。
道場で練習しながら、試合を目指す選手達の姿を見ているおかげで、試合での彼等の姿から沢山の感動を貰います。
勝っても負けても、必死で精一杯、時間をかけて頑張って来た結果です。
勝って泣き、笑い、負けて泣き、その姿は素晴らしいですね。

 どんなスポーツも、見ているだけでは解らない事、感じられない事が沢山あります。
自分で、少しでも体験し、一端を知ると、彼等の常人を超えた能力と努力を感じる事が出来ます。
スポーツも空手も、見るものではなく、やるものだと教わりました。
まずやってみる。
続けるかどうかは、向き不向きがありますから、やってから考えれば良いでしょう。
何もしない、見るだけではなく、何かやってみて欲しいですね。

バナー

小さな幸せ

2012 - 08/13 [Mon] - 01:54

 生きて行く上での基本、良く衣食住と云いますが、食、睡眠、住、衣服、仕事、健康と云う所が現実的でしょうか。
大病をせず健康で元気で、ちゃんと屋根のある所に住む事が出来て、着る服もちゃんとあって、普通に食べる事が出来、睡眠も取れていて、仕事もちゃんとあると云うのが基本でしょうね。
また、逆に云うと、それらがあれば他に望む必要がないとも云えるかもしれません。
勿論、基本だけでは足りないと感じるのが普通ですが、足るを知ると云うか、まず揃っているものを考え、満たされていると云う事を認識する事は大切です。
その上で、更に上を目差す、その為に必要な事を考えて、努力する。

 しかし、外から見ると全てが、ある程度ですが揃っているのに、自分だけが不幸であるかの様に思い込む人は多いですね。
危急的に解決しなければいけない様な問題がある訳でもなく、直面して闘わなければいけない様な事もなく、確かに未来に対する不安はあるにしても、それは誰でもが持っている事であって、そんな中で自分だけが不幸と思い込んで相談される方が、結構沢山います。

 何でしょうね、悲劇のヒロインになりたいのか、人に構って欲しいのか、人の耳目を集めたいのか、それとも単に悩むのが趣味なのか(笑)
ネガティブ傾向の強い人は、自らネガティブを呼んでいて、眼の前にポジティブな道があっても、ネガティブを選ぼうとさえしてしまいます。
悪循環ですね。
どこかで思い切って自分の生き方や考え方を変えないと駄目だなと解るまで長い時間がかかりますし、変り始めてもすぐに元に戻ろうとします。

 マイナスはマイナスを、ネガティブはネガティブを呼びます。
幸せはいつも眼の前にあります。
そして、更に幸せを望む時、何かを捨てて、切り替えたり、準備したり努力したりする事を、ちゃんと見つけなければいけません。
まず、生きる基本が手許にあるかをしっかり感じて、幸せをちゃんと感じる事から始めないと、更なる幸せを見つける事は難しいですね。
不幸だと思っていると、次へのステップへ進む気力も勇気も出て来ない事があります。

 小さな小さな、何の事はない、当り前の幸せが自分の手の中に、身近にある事を感じる事は大切ですね。
そこで闘っている人もいるのですから。

バナー

高く、貴く

2012 - 08/12 [Sun] - 02:42

 生きて行く上では、常に誇り高くありたいですね。
周囲の下衆な雰囲気に流されたり、重ねて来た年齢に甘えたり、言い逃れや言い訳に逃れないで、自分の誇りを保って、潔く生きて行きたいものだと思います。

 世の中にはくだらない人が沢山います。
ジェラシーや、自分の思う通りにならない事を理由にして、人を貶めようとする輩。
昨今の苛めやパワハラ等は、その延長にあると云えますね。
下衆な輩に関わらないで生きて行けたら最高ですが、そうも行かないのが現実。
ならば、誇り高く、自分を貫くしかありません。

 ある程度の年齢を過ぎると、明らかに若い頃と比べて衰えが出て来ます。
また、当り前の事ですが、若い時とは社会の中での扱われ方も変ります。
そうなって来た時、年齢と衰えを理由にして、辛い事や難しい事から逃げようとする。
そう云う人って多いですね。
自ら、自分の社会性や進歩、前進する事を拒否してしまう事に繋がります。
そう云う人は、いつも否定から話が始まったり、肯定的だったりチャレンジだったりとは無縁になって行きます。

 言い訳を作るのは簡単です。
また、責任転嫁して自己保身するのも簡単です。
でも、下衆っぽく感じますね。
自ら誇りを捨て去って、己の低俗さや情けなさを露呈している事に気づかないのは、愚かです。

 高齢者でも日々チャレンジを続けている人がいます。
どんな場合でも、精一杯、誇り高く、潔く生きている人がいます。
闘う事だけが人生ではありませんが、自分に負けないで、貴く生きて行きたいですね。

バナー

色々な事が起きます

2012 - 08/11 [Sat] - 02:19

 本当に色々な事が起きます。
次から次へと、驚く様な事が起きて、報告が入ったりしています。
ま、落ち着いて考えてみれば、全て必然なのですが、聞いたり出会ったりした瞬間は、やっぱり驚いてしまいますね。
しかし、続いていると慣れてしまう訳ではありませんが、驚いている暇もない感じです。
さて対処をどうするか、次の展開は、と考え始め、霊視している自分がいる事に、時々ですが自分で驚いてしまいます。

 実は、ずっと昔、若い頃は結構優柔不断で、悩み癖があって、もしかしたら情けない人間だったかもしれません。
人からは絶対にそうは見られていないと思います。
弱みは絶対に見せないって、突っ張っていましたから(笑)
でも、内柔外剛と云えば聞こえは良いですが、内側に情けない自分がいて、外には絶対に見せないと云う二面性を持っていましたね。
ま、人は誰でもそうですが。

 それが仕事を始めてから、変った様に思います。
と云うか、悩んでいる暇がないと云うか、すぐに結論を出してあげないといけない様な案件ばかりが相談事で来ていたおかげですね。
ですから、仕事を始めた当初の頃は、ピリピリしていたと思います。
昔の先生は怖かった・・・、と弟子に今でも言われます(苦笑)
と云う事は、少しは優しくなったか?
不本意ながら、どうもその様です(笑)

バナー

自分の事は

2012 - 08/10 [Fri] - 04:18

 生きていると色々なハプニングに遭遇しますね。
どうしようかと途方に暮れてしまう事もあったりします。
慌ててしまって、パニクッたり、でも段々と落ち着いて来ると、一つ一つ対処して行くしかないのだと解って来て、冷静になる事が出来ます。
大切なのは、そう云う時に冷静になる迄の時間かもしれないですね。
すぐに冷静になって考える事が出来る人は強いですね。
側に頼れる人がいたり、アドバイザーがいる人は、心強いですが、そう云う人がいなくて孤軍奮闘しなければならない人もいます。
自分の事は自分で守って行くしかない、そう云う人は強いですね。

 皆が強くなる必要もないですし、強い人がいると助かりますが、弱い人も強くなる事は出来るでしょうし、頼れる人がいる時は頼れば良いと思います。
そこから学ぶ事や経験する事は宝物です。
いつか、何か、支えてくれる人に恩返しが出来たら良いですが、きっとそう云う人は恩返しなど求めてはいなくて、元気で明るく幸せでいる事が最高の恩返しなのかもしれないですね。

 良く時代劇で、勧善懲悪で悪者をやっつけて貰って助けて貰った人が、「一生、この御恩は忘れません」と云う言葉を使います。
残念ながら、私はそう云う奇麗事は信じません。
中には、本当に一生忘れない人もいると思います。
私もそうありたいと思っています。
でも、大半の人は、事情が変わり、年月が過ぎて行くと、恩義など忘れてしまいます。
過ぎ去った過去でしかなくなるのでしょうね。
それが良いとか悪いとかではなく、それが人の心だと云う事です。
移り行く、変り行く、移ろい易いもの、空や天気と同じく、時と共に変って行きます。
それで良いのだと思います。

 自分をしっかり高めて、強くなって行きたいですね。

バナー

道場はいつも熱いです

2012 - 08/08 [Wed] - 02:39

 道場にもお盆休みがあります。
東京は7月お盆ですが、休みは不思議とどこの会社や道場でも、8月の旧盆の時期に取る事が多いですね。
地方出身者は8月のお盆に帰省する事から、そうするのかもしれませんが。

 今日は休み前の最後の練習でした。
来週はお休みで、練習再開は再来週になります。
2週間開くと、身体はなまってしまいますね。
自主トレを何かしないといけません。

 暑い暑いと言いながらも、今日も私が出ている前の時間では、中学生達が選手稽古をしていました。
その熱気たるや、道場は2階にあるのですが、階段を一段上がる毎に気温が一度上がると云われる程です。
気温、湿度、かなりのものでしょうね。
夜の外気温が少し下がって来ているので、窓を開けると凄く涼しく感じてしまいます。

 練習のキツさ、汗の量、気温や湿度も大変ですが、床の温度が高くなっていて、足が熱を持ってしまうのが、実は結構キツイです。
足の血管が広がって、軽い酸欠状態を起こします。
足の疲労とは別の痛みが出て来てしまいます。
ですから、途中で何度も冷やします。

 気温が30度以上になる時、アスファルトやコンクリートの地面は、50度を越えてしまう事も良くあるそうです。
そうなったら、下から上がって来る熱さで熱中症になってしまいますし、立っているだけ、歩いているだけで、足が疲れてしまいます。

 逆にエアコンの効いている室内は、空気を循環させないと、冷気は下に溜まって行きますから、足許ばかりが冷えてしまいます。
これもまた問題ですね。

 忘れ勝ちな足許、ちょっと気を遣ってみて下さい。

バナー

時々、メンテナンスしましょう

2012 - 08/07 [Tue] - 01:47

 日頃のメンテナンス、大切ですね。
サーバーもPCも心も身体も、定期的にメンテナンスしてやるといつも調子良く動いてくれます。
でも、忙しさにかまけて忘れてしまうと、ドカンと急に不調になる事があります。
ちょっとした小さな不調、いつでも誰にでもどこにでもあるものですが、忙しいとついつい後回しにして、これ位と思っていると、出て来た時にはもう大事になってしまっている事があるので気をつけたいですね。

 メンテナンスするには、それなりのソフトウェアや技術や、そう云う専門家がいる場所、自分だけの心休まる場所等が必要です。
そう云うものを意識して見つけておく事が日常の心得ですね。
どうしても自己診断は甘くなり勝ちですから、やはりプロの力を借りるのが良いと思います。

 日常のメンテナンスと共に、定期的なプロによるメンテナンスを併用すると良いですね。
そうすれば、いつも調子良く、小さな不調があったとしても、大事にならずに済みますから。

バナー

秘伝

2012 - 08/06 [Mon] - 02:34

 今日、先日の伝授で新たに結縁潅頂を受け、正式に内弟子になった新弟子と話していて、過去に伝授で伝えた時に妻が残してくれた覚書を、コピーして渡しました。
これから、古い内弟子達の復習の意味も含めて、新弟子にそれを伝える事となりますが、私が過去に学んで来た事や、自分でつかみ取って来た事、論理、思想、哲学、等々と多岐にわたっていて、色々な事を教えたのだなぁと我ながら振り返っていました。
秘伝等と云う大袈裟なものではないと思っていますが、初心の者にはチンブンカンプンで何の事か解らない事も多いのだろうなと思います。
ま、解る人だけが解れば良いと云うのが秘伝と云うものですが、噛み砕いて話しているつもりですが、やはり一般の護身法をやっている方々には難しいかもしれないですね。
こう云う話が出来る、聞けるのは、内弟子の特権と云う事で御容赦戴くしかないですが。
何れ、何かの機会にまとめる事があったら、目に触れて戴く機会もあるかもしれないですね。

 過去に秘伝書と呼ばれるもの、次第書と呼ばれているもの、沢山目にして触れて来ました。
その多くは、思想、哲学、作法、理論と、やはり多岐にわたっています。
そして、読むだけでは理解不能、体験しなければ意味がない、単なる知識で終ってしまうものが殆どです。
また、中には詩編の様に書かれていて、それはそれは美しい文章です。
が、その真に意味する所は、解るものにしか解らない。
それを読み解くには、知識と共に、実際の修行の経験、そして広い視野と柔軟な価値観、想像力が必要です。
ただ読んだだけでは、サラリと終ってしまいます。

 曾ての先達や偉人、達人が書いた秘伝書は、現代では案外簡単に手に入る様になりましたが、読むものにするのか、或いは教科書にするのか、功徳があるとして有り難がるのか、はたまた実践するのか。
秘伝とは隠されて秘密にされているから秘伝なのではなく、その境地に達していないと理解出来ないものだから秘伝と云うのだと思います。

 内弟子達が、これからもっと修行をして、更に一層、社会や周囲の方々に貢献して行ける様になって欲しいですね。
諦める事なく、弛む事なく、しかしながら楽しく、喜びに溢れて、修行して貰いたいと思います。

バナー

Olympic

2012 - 08/05 [Sun] - 02:49

 連日、TV等でのオリンピック報道が続いています。
結果はどうあれ、日本から参加した選手達の頑張り、また世界の選手達の激闘に感動させられます。
私はどちらかと云うと武道一本でしたので、スポーツと云うものに余り興味がありませんでしたが、選手達がこの日の為に努力し頑張って来て、オリンピックに臨む姿は素晴らしいと思っています。

 が、ずっと以前から思っている事ですが、日本選手がメダルを取る可能性がある、或いは取った競技だけが大きくクローズアップされてしまっていて、他の競技は報道されたり放映されたりはしていても、かなりアッサリと云うか、スルーされてしまっている事に疑問と異和感を感じています。
日本オリンピック委員会JОCの競技日程や実施競技のページを見ると、ビックリする程の競技の種目があります。
やっている事は知っていても、日本選手が出場している事すら知らない、或いはそんな競技がオリンピックで実施されている事すら知らない人の多いのではないかと思ったりします。

 オリンピック憲章の中に書かれている文章が印象的です。

2 オリンピズムは、肉体と意志と知性の資質を高揚させ、均衡のとれた全人のなかにこれを結合させることを目ざす人生哲学である。オリンピズムが求めるのは、文化や教育とスポーツを一体にし、努力のうちに見出されるよろこび、よい手本となる教育的価値、普遍的・基本的・倫理的諸原則の尊重などをもとにした生き方の創造である。

3 オリンピズムの目標は、あらゆる場でスポーツを人間の調和のとれた発育に役立てることにある。またその目的は、人間の尊厳を保つことに重きを置く平和な社会の確立を奨励することにある。この趣意において、オリンピック・ムーブメントは単独または他組織の協力により、その行使し得る手段の範囲内で平和を推進する活動に従事する。

 マスコミの扱うオリンピックは、メダルだけに興味が行っている様な、そんな印象を受けてしまいます。
国威発揚と云う、曾ての意識もあるのでしょうが、本来のスポーツそしてオリンピックの意義、出場している選手達を思うと、何か変だなと思わざるを得ないですね。
参加する事に意味があると云われたオリンピックが、勝つ事に意味があると云う事に変質してしまっている様に思います。

 勿論、出る以上は良い成績を望み、またその為に努力するのですし、勝利は偉大であり、称賛すべき事です。
が、それ以外の選手や競技を無視するかの様にスルーしてしまうのは、やっぱり変ですね。
毎回、空手の試合会場に行き、普段から試合を目指して頑張っている選手達を眼の前で見ていると、全ての選手が輝いています。
勝負の末の笑顔や涙、一人一人の表情や姿には、心打たれます。

 少しだけ原点に戻って、注目されていない他の競技にも目を向けて見てみたいですね。
勝ち負けだけがスポーツではなく、メダルだけがオリンピックではないと思います。

バナー

暑さの中に漂う空気

2012 - 08/04 [Sat] - 03:06

 強烈な暑さだけではなく、何だか空気が物凄く重くなって来ていますね。
まだ月初めですが、もうお盆が近いせいでしょうか。
具体的な何かと云うのではないですが、何をしていても、フッと気持ちが重くなってしまう様な、そんな空気を感じます。
原因もなく疲労感があったり、集中力に欠けたり、無気力、理由もなく気持ちが苛つく、被りの典型的な症状ですが、具体的な被りは感じません。
ま、いつも誰かの想いが飛んで来ていますし、世の中、ネガティブな事が溢れているので、それもあるのでしょうが。

 8月15日、終戦記念日でお盆ですね。
私は戦争未経験です。
が、生れ持った感覚のおかげで、色々な事を感じて来ました。
歴史の判断は、あの戦争が正しかったか間違っていたかと色々と述べていますが、国内事情、国際事情、様々なものが入り組んで、そうせざるを得なかったと云う事もあるでしょう。
その時の現場にいない者が正しいとか間違いとか、善悪を判断するのは如何なものかと思いますが。
外から、後から、論理的検証する事は出来ます。
が、その時にしか解らない、表に出て来ない部分、感情や信念や情念と云うもの、その場に生きている人の心の動きと空気は、理屈で割り切れません。
昨今の風潮とも云うべき自殺、苛め、様々な犯罪にしても同じです。
当事者にしか解らない心情と云うものがあります。
そこに関わらず、遠くから、風評や印象だけで言葉を発するのは如何でしょうか。

 戦後生まれの私が言うべき事ではないでしょうが、曾ての戦争で日本の為に戦った人達、また苦難の道を歩いた国民達のおかげで今の日本の繁栄があります。
それを思うと、胸が熱く、苦しくなりますね。
先人達に恥じぬ様な、未来を見据えた生き方をして行きたいですね。

バナー

短気は損気

2012 - 08/03 [Fri] - 02:55

 短気は損気と云いますが、私も気が長いとは云えません(苦笑)
でも、最近は滅多に怒る事はなくなっているつもりです。
が、たまにイラッとする事があると・・・何かが壊れます(苦笑)
昔の方がいつも何かでムカって来ていて怒っていた様に思いますが、今程はものが壊れませんでした。
ま、何度かはありますが。
時計が壊れたり、ラジオが駄目になったり、TVが映らなかったり、電話が鳴らなかったりって、結構ありますね(笑)
今の様に愛車を壊したり、HDを飛ばしたり(昔はHD自体がありませんでした(笑))、大事になる様な事はなかったですが。
気が長くなった(本当でしょうか???)のに連れて、放出するエネルギーもアップした様な気が・・・。

 ただ、ムカッと来たりする事は、確かに減りましたね。
若い頃はすぐにカッとしていた様に思います。
年をとったからと思いたくないですが、それよりも年齢と経験と共に、目線が先を見る様になって、目先の小さな事がどうでも良くなったと云うか、気にならなくなったと云う方が正しいと思っています。
眼の前の小さな事に一々反応していたら、大切な事を見失って、先へ進む事が出来なくなってしまいます。
それよりも、もっと大切な、長期的な目で見た所を大切にしたいと思う様になったのが大きいのでしょうね。

 ちょっとした、人の言葉や態度や、周囲の問題で、自分のプライドが傷つけられている様な気がしていた若い頃の、今思えば浅はかな勘違いでムカッと来る若さがなくなったのか、大人になったのか。
エネルギーが減ったとか、そうは思わないですが。
そうして、表面的には穏やかになって来た(不本意ながらですが)分だけ、人が寄って来てくれている様に思います。
ま、始終イライラして肩を怒らせてプリプリしているより、笑顔でいた方が接し易いのは確かでしょうし、小さな事を気にしなくなった分だけ、余裕があるとか、包容力があると見て貰えるのかもしれないですね。

 自分が持っているプライドなんて、実は勝手な思い込みで、大いなる勘違いだったりする事が殆どです。
若い時はそれも許されますが、ある程度の年齢になっても若い時のままだと、精神的に成長していないと云う事で、単なる苛ッチとしか見られず、自分の評価を下げるだけかもしれません。
大体、自分だけが正しいなんて、妄想でしかないですからね。
人によって、周囲によって、自分を柔軟に変化させる余裕が持てたら良いですね。
別にそれで芯まで変る訳でもなし、命まで取られる訳でもなし、大した問題ではないのですから。
余裕と包容力と優しさ、そして隠れた内面の本当の強さを持ちたいですね。

バナー

道場での熱中症対策

2012 - 08/01 [Wed] - 03:04

 7月最後の日に道場へ行って来ました。
今はもう8月1日です。
これから一ヶ月、本格的な夏ですね。
夜になるとまだ涼しいですが、これから夜も気温が下がらない時が来るでしょうね。
今日、黒帯の人と話していましたが、急に暑くなったので、まだ身体が慣れていない。
段々と慣れて来て、盛夏の頃には思っている程ではないと感じるかもしれないと。
確かに、そう云う事は云えますね。
最初はキツイですが、段々と慣れると云うか、頑張って越えて来ています。
決して楽になる訳ではないですけどね(苦笑)

 感覚と云うのは不思議なもので、それが当り前の思っていると、辛さが半減する時も有ります。
道場に入る時は、その暑さと湿気に、カ〜ッと思いますが、練習している中でいつの間にか忘れています。
と云うよりも、考えていられない(笑)

 が、大きな声で気合いを入れて、息吹や逃れの呼吸をしていると、熱中症に耐えられる事もあります。
勿論、身体や頭を冷やし、水分補給しながら、ですが。
呼吸が浅くなると、酸欠状態が酷くなるので、対策を取りながらも呼吸は意識していたいですね。
脳や全身の血管が暑さで広がっていて、酸欠状態を起こしてしまうので。

 まだまだ酷暑、熱帯夜は続きそうです。
寝不足、運動不足、栄養失調は、熱中症になり易くなってしまいます。
気をつけて乗り切って下さい。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR