感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2012年03月  

月例会

2012 - 03/26 [Mon] - 02:07

 今日は月例会でした。
いつもにも増して楽しい時間でした。
ゲスト参加もあり、色々な話題が満載で、気療も何名も行いました。
それぞれの方が楽しんで、リフレッシュとして、また何かを学んで、笑顔で帰ってくれたと思います。
とてても幸せな時間です。

 明日より出かけます。
途中、なうやtwitterで折々にアップするつもりです。
また時間があれば、ブログも書くつもりです。
が、滞ったら御容赦下さい。

バナー

スポンサーサイト

年度末の修行

2012 - 03/25 [Sun] - 01:57

 明日(もう今日ですが)日曜日は月例会です。
年度末最後の週になるのですが、毎月第4日曜日に行う月例会は、一つの区切りでもあり、また人によっては一ヶ月振りに会える楽しい時間でもあります。
が、今月は先の御彼岸や昨年の大震災から一周年と云う事もあってか、多くの人が色々と背負っている様で、大祓の様相を呈しています。
移動、引越し、人との別れ、色々な事に答が出て、また切り換えの時が来ている様ですね。
明日の月例会の前に、皆さん、まるで修行しているかの様に、追われている感があります。

 私達も明後日から10日間程、巡礼して来ます。
リフレッシュと、新たなパワーを求めて。
きっと大きな成果が今回もある事だろうと思います。
が、やはりそれを前にして、ガンガン追われて来ました。
次々と来るプレッシャーと仕事。
有り難い事です。
が、鍛えられますね(苦笑)

 と云う訳で、明後日26日から4月2日まではお休みとさせて戴きます。
勿論、ブログもメールもチェックしますから、時々ブログも書くつもりですし、メールも御返事するつもりですが、出先ですので御返事が遅れたり、短いお返事となる事もあるかと思いますが、御容赦下さい。

 明日の月例会、目一杯楽しみたいですね。
皆さんの春が明るく幸せである為に。

 今週:春が近づいて来ました。
4月からの新年度に向けて、時間を上手く使って英気を養っておきましょう。

バナー

常在修行

2012 - 03/24 [Sat] - 02:35

 密教では身口意を一つにすると云いますが、人間は身体と心と魂を持っていますね。
その一つ一つはそれぞれ別の働きを持っていて、互いに関連し合っています。
でも、その繋がりが時として上手く行かない時があって、また普通は互いの繋がりや関連が浅いと云うか、完全になっていない状態でいる事が多いので、何かあった時にしか気づきませんが、いつもスッキリ感がなかったりして生きているものです。
その3つ、身体と心と魂が一つになる時、人は仏となると空海は説いていますが、全て自分自身なのに、これが難しい。
思った様に身体は動かず、身体の調子とは無関係に心が暴走したり、魂が遠くから色々と要求して来るので、心も身体も何か調子が悪くなってしまったり。
自分自身をコントロールする事が出来ないって、とても悔しいですね。

 だから、修行します。
別に密教の修行をしたり、瀧を浴びたり、護摩を焚いたり、断食したり、座禅を組んだり、そんな事をしなくても、修行はどこででも、いつでも出来ます。
勿論、そう云う非日常の時間と空間を持つ事は、一つの集中となりますから、それはそれで大きな意味があります。
でも、日常の中でいつも自分の身体と心と魂を意識する事、何をしていても、何を考えていても、そうする事でそれぞれが段々と素直に反応して来ます。
それが修行。
解って来ると、自分の中に知らない自分がいたり、先祖から受け継いだ色々な情報があったり、魂が要求している事が解って来たり、あらら~と驚く事が沢山出て来ます。
それに伴って、大抵の人は感覚が鋭くなって、超感覚が芽生えて来るものです。
そして・・・・・・、間違いなく、被ります(笑)
被りを祓う方法や、被らない方法は、それはそれで覚えて行くしかないですが、兎に角、色々な事があります。

 空手をやっていて、日により、疲れ具合が違います。
また、フルコンタクトでやっていますから、軽いスパーリングで練習していますが、やはりダメージは避けられません。
でも、続けていると回復力が上がって来ます。
また、自分の肉体は勿論ですが、心も見詰めざるを得ないですね。
そうやって、行者さん達がする荒行の代りを空手でやっています。

 空手に限らず、何か自分の肉体や心、魂を見詰める機会を常に持っておく事って大切だなと思います。
それは日常の仕事や、普通の生活、誰かを大切に思う、そう云う事の中で自分を見る機会は幾らでもありますね。

 良い意味で自分らしく、我が侭で生きる、楽しく心地良く生きる為に、自分を本当の意味で大切にする為に、いつも自分と云うものを意識して行けたら良いですね。

バナー

存在しない怪我人

2012 - 03/23 [Fri] - 02:33

 今日、道場へ行って来ました。
夜間部と云って、夜10時から始まります。
時間はいつもより短くて、1時間半。
11時半に終ります。
多くの道場生はそこから師範に連れられて、半ば無理矢理に(笑)ラーメン屋に行きます。
私は帰ってから仕事があるので帰って来ましたし、また彼等の底なしのお腹にはついて行けませんから(笑)

 先日の審査会での写真を整理し、修正して、スライドショーにしました。
いつもはもう少し時間をかけるのですが、今回は来週道場へ行けないので、急ぎました。
かなり長い時間、Macの前に座っていましたね。
でもビデオのエンコードがトラブったりして、結局終ったのは今日の夕方でした。
何とか間に合って良かったです。
道場の会報や、昇級状と共にDVDを師範が渡すので、どうしても間に合わせたかったのですが。

 今日の道場で不思議な事がありました。
到頭、我が道場にも都市伝説かと(笑)
練習後、数名の道場生の道着に血がついていました。
と云う事は、誰かが怪我をしていると云う事ですから、皆で探しましたが、不思議な事に誰も怪我をしておらず、血が出た形跡もなし。
うん?
何じゃこりゃ?
誰か眼に見えない人が一緒に来て練習していたのでしょうか?
少なくない血痕でしたから、消えてなくなる様な怪我ではない筈ですが。

バナー

祈りの一日

2012 - 03/21 [Wed] - 01:27

 今日は御彼岸供養でした。
いつもながら、と云うよりも、例年以上に重い空気の中、奠供と理趣経の響の中に御供養を行いました。
何故か最初の頃は耳が聞こえ難く、音の揃わない不協和音の経となりましたが、後半から素晴らしいハーモニーとなって広がって行きました。
多分、見えない方の声も混じる中、周囲を風が通り抜けて行くのを感じていました。
そして、経が終った時、嘘の様に空気が澄んで、心地良い軽さになったのを感じます。
しかし、経を詠んでいた皆は、全員が汗だく。
かなりのエネルギーを使った事が解ります。
終ってから暫くは放心状態が続きます。
一時間、二時間と過ぎる中で段々と人間に戻る様な感覚。
それまでは飲み物以外は身体が受け付けません。

 厳しくも心地良く、スッキリと終った御供養でした。
本当の彼岸の明けまでは少し時間がありますが、楽になると思います。
明日から、また頑張りましょう。

バナー

苛つく

2012 - 03/20 [Tue] - 02:47

 追われていると云う訳ではないのですが、昨日の審査会の写真の整理、月例会の資料作成、その他の仕事でバタバタと余裕がない感じがしているのは間違いありません。
Mac派である私、実はマルチタスクは苦手です。
あっちもこっちもとなると、段々と苛ついて来ます。
その上、明日は春彼岸の供養会です。
眼に見えぬ訪問者の空気がどんどん重くなっていて、それもまたピリピリする要因の一つです。
既に身心のどこかで臨戦態勢に入っている様です。

 世の中、苛つく事は多いですね。
無用な騒音、薄っぺらい人の気持ち、不用意な言葉、失礼、無礼、不作法、真剣に人の話を聞かない人、心が通わない人、くだらない政治、先が見えない経済、下劣な近隣の国々、終らない世界の紛争、等々と数え上げたらキリがありません。
一々気にして怒っていてもしかたないですし、元来はクールに、そしてドライに心理的な距離を取っていますが、今日の様な日はその感覚が狂います。
深呼吸して、眼を閉じて、心を鎮めていますが。

 やる時は、やるべき事は、やるしかない。
ですから、落ち着いて頑張ろうと思います。
キレない様に、怒らない様に、穏やかに、静かに。

バナー

良い審査会でした

2012 - 03/19 [Mon] - 01:20

 今日は道場の審査会でした。
午前が少年部、午後が一般部。
雨が降り出す中、午前の少年部では父兄さん達も沢山お出でになり、熱い審査となりました。
午後の一般部もそうでしたが、今回は皆の進歩と頑張りを見る事が出来ました。
中には、多分ですが、普段の練習の方がもっと良いだろうなと想像させる子や人もいて、逆に普段と別人の様に高いパフォーマンスを見せてくれたりする事もあったり、良い審査会だったと思います。
審査している側も嘗て通り過ぎて来た審査会、緊張して当り前ですが、こんな時に全力を出し切る事が出来ると良いですね。
おっかない顔をした大人達が前にずらりと並んでいて、優しくも恐い先輩達が周りを囲んでいるのですから、緊張するなと云う方が無理がありますが(笑)

 そんな中、今日試合だった他の道場の選手から、勝ちましたと云う報告のメールが来ました。
エントリーが3人でしたが(笑)との事でしたが、勝ちは勝ちです。
それがまた自信になって次へ繋がって行ってくれたら良いですね。

 これから、今日撮った写真の整理です。
色々と予定が詰っているので、大急ぎでやらなければいけません。
また眠れない日々が続きます。
元々、眠っていませんから、いつもと変らないのですが(笑)

今週:御彼岸の週ですね。
自分に繋がるルーツを偲び、また今ある事に感謝して、明日の為に頑張りましょう。

バナー

夢、一生かけて

2012 - 03/18 [Sun] - 01:19

 目標は高く持てば持つ程、厳しくも長い道程になります。
目先の安易な目標を持っていると、それが甘えになってしまって、自分を高める事に繋がりませんね。
どうせなら、一生かかっても届かない位の、壮大で最高の目標を持ちたいものです。
それを夢で終らせるか、そこに近づくか、それは自分次第。
途中で諦めてしまったら、そこで夢で終ってしまいます。
でも、最後まで、一生を終えるまで追い続けたら、それは生き方であり、信念となります。
そして、高い目標は貴い目標であって欲しいですね。
人として、気貴く、気品に満ちた目標であれば、魂を磨く事に繋がります。

 高く、そして貴く、一生をかけて追いかける夢、持って生きて行けたら最高に幸せですね。

バナー

余裕は経験値

2012 - 03/17 [Sat] - 02:19

 余裕を持ちたいですね。
自分の弱さを素直に認める事が出来る余裕。
欠点を素直に認める余裕。
事が起きた時に冷静に考えて対処出来る余裕。
静かに待つ事が出来る余裕。
そして、いざと云う時は敢然と正面から立ち向かう事が出来る強さと云う余裕。
また、人の欠点や失敗や器の小ささを見た時に、それを包んでしまう余裕。
心の中の葛藤や、身心の苦しみを表に出さないで飲み込んでしまう余裕。
並べたら余裕って、何にでもありそうですが、どれも難しそうですね。

 余裕を持つって、とっても時間がかかる事だと思います。
一つ一つの眼の前に起きて来る事、降って来る事を、全力で乗り越えて行く中で生まれて来るものです。
沢山経験を積んで、痛い目にも何度も遭って、苦しんで、足掻いて、そして突っ張って格好をつけて、そんな中から段々と勢力範囲が広がって行くのかなと。
だから、何でもやって、大きなプレッシャーの中に身を置いて、勝てそうもない相手に命がけでぶつかって、いつも真剣勝負して行くしかないのでしょうね。

 気がついた時、大抵の事は経験済みで、余裕になっているかもしれませんね。
待てば地獄、一歩踏み出せば極楽と云う言葉もありますから。

バナー

SmartPhon

2012 - 03/16 [Fri] - 02:45

 携帯電話の分割が今月で終り、また妻の携帯もそろそろ限界が近づいている様ですから、新しいのをと物色中です。
今話題のスマートフォンは最初は考えていませんでしたが、機種がどんどん減っていると云う事もあり、候補に入れる事にしました。
で調べて行くと一長一短ですね。
どの機種も、これはと思う機能があるかと思えば、う~んと考えてしまう様な機能の足りない部分もあったり。
あれもこれもと携帯電話は何でも取り込んで来ましたが、それに慣れてしまっているので、ミニPCの様なスマートフォンは、どこかで仙人になって機能を絞って考えなければいけないなと思います。
それに対応するアプリは次々と発表されていますから、Macでカスタマイズして来た様に、スマートフォンも自分流に変えて行くしかないのだろうなと。

 一番問題となるのは、やはりバッテリーの持ちですね。
どの機種も機能が上がった分、持ちが悪くなっていて、それに対応する様に外付けや互換バッテリーが発売されて。
どこで折り合いをつけるか、ですね。

 また、各メーカー独自の機能が、これは好みの問題ですが特に入力方式や辞書の問題。
そしてカメラの性能。
これは携帯に比べると落ちたものが殆どで、同じ程度の画素数のものもありますが、他の機能を優先すると諦めるしかないか、とか。
そして、あららと思ったのが、着信メロディ。
携帯は電話帳の一人一人、またグループ毎に着メロを鳴り分け設定が出来ましたが、スマートフォンはそれが出来ない。
PCのメールも着信音を鳴り分ける事は出来ませんから、これは当り前と云えばその通りですが、ちょっと不便かなと思ったり。
これもまた進化して行くでしょうし、新しいアプリの発表待ちと云う事になるかと。

 そんなこんなで、新しい玩具を物色しながら、いつもの様に調べまくって楽しんでいます。
こう云う所は、大人にならないなと自分でも思っていますが(笑)

バナー

伝わって来る

2012 - 03/15 [Thu] - 04:26

 言葉には、表情と同じく、その人の思いが必ず現れていますね。
メールを戴いたり、ブログを拝見していると、その方の心の内側にあるものや現在の状態が見て来てしまう事も良くあります。
飾っているつもりでも、隠しているつもりでも、その言葉を聞いたり読んだりしていると、伝わって来ます。
これが不思議なもので、同じ場面で同じ言葉を使っていても、伝わって来るものが違います。
十人十色と云うのでしょうか、何かが違うのです。

 好きとか嫌いとかは分けて考えるとして、言葉はその人の表すデータでもあり色々な事が分析出来ます。
と云う事は、自分の言葉もまた同じ様に誰かに分析されていると云う事ですね。
変な事は言えませんね(笑)
気をつけましょう。

 手の表情、顔の表情、態度、そして言葉、色々なもので人間は語っています。
匂いまで変ると云う話もあり、勿論オーラも変わります。
そう云うものを全て一つ一つ感じ取る事が出来たら便利か不便か、解り過ぎるのも辛いですが、じっくり観察してみると良いかもしれないですね。

バナー

余裕を持って、のんびり

2012 - 03/14 [Wed] - 03:13

 今日は道場でした。
行きはいつも私が運転するのですが、帰りは妻に任せています。
疲れているからと云うのもありますが、運転を忘れない様にと始めたのが続いています。
帰って来て、自宅の駐車場に入れるのは私の役目です。
狭い道に狭い駐車場なので、ギリギリを通して、尚且つ切り返しを何度かしなければいけないので、慣れた私がやります。

 今日は帰り道、事故がありました。
いつも通る道にトラックが横転していました。
また、行きも危うく眼の前の車が2台、ぶつかりそうでした。
事故は嫌なものですね。
運転は業務であり、事故は業務上過失です。
つまり、運転はプライベートであっても仕事と云う扱いになります。
ですから、慎重に事故を起さない様に、責任を持って運転しなければいけません。
とは云え、若い頃はバカみたいに突っ走っていた時代もあります。
幸いにして事故は単独事故が2度程あっただけですが、運転が上手くなるにつれて段々と恐くなりました。
それ以来、運転は人一倍慎重だと自負しています。
車に優しく、人に優しく、無理は絶対にしない、そう思って運転しています。
乗っている愛車がもう18歳になる古い車ですから、無理させたくないですし、また人に迷惑をかけたり、恐怖感を与える様な運転は、一見すると上手そうに見えて、実は下手なのだと思っています。
誰が見ても、誰が乗っても、安心な運転をしていたいですね。

 運転の訓練はそれなりに受けたつもりですから、いざとなればかなりのスピードで運転する技術は持っているつもりです。
が、普通に走るのには余裕を持っていたいですね。
生きるのも、運転するのも、ゆっくり焦らず、無意味な力みを棄てて、力を溜めながら余裕を持っていたいものですね。

バナー

4月に向けて

2012 - 03/13 [Tue] - 00:58

 この年度末に次々と予定が入っていて、スケジュールも決って来ています。
バタバタとしている様で、どうしても現在に眼を奪われてしまいます。
が、全てが年度明けの4月以降に繋がっている様な気もしていて、一つ一つを大切にして行かなければと思います。

 3月は卒業、移動が多い月ですが、後半になって眼の前に現れて来ている様ですね。
これから新しい所へ移動する方、卒業して新しい学校へ行く方、就職する方、心穏やかではないでしょうね。
とは云え、どこかワクワクする感じもあるでしょうか。
引越し魔だった私は20代の時に何度も引っ越しました。
新しい所は移る時、引越し準備は大変でしたが、ワクワクしていましたね。
環境が変ると気持ちも変わり、付き合う人も出会いも変ります。
ずっとここにいたい、そう思える様な場所や出会いがなかったのかもしれないですね。
今は、暫くここにいたいと思っています。
ここの前にいた場所も10数年住み続けて仕事をしていました。
現在住んでいる所も、10年近くになるでしょうか。
素敵な出会いがあり、素晴らしい仕事があり、住み易い環境があり、今の所は移る気がしません。

 年度末の忙しさが過ぎたら、きっとまた次のステップです。
明るく元気に、楽しく過せる様に、頑張りたいですね。

バナー

やっぱり綺麗!!

2012 - 03/12 [Mon] - 01:42

 今日、以前から気療に来ている女優さんが来られました。
フランス出身の彼女、顔を見れば誰でも知っている様な、素敵な女性です。
以前にもモデルさん達やスターと呼ばれる人達の相談に乗った事はありますが、彼女は特別です。
やはり世界的なスターと云うのは、こう云うものなのかなと思います。
日本人ではなくフランス人、それもユダヤ系と云う事も関係しているかと思いますが。

 私の所へ来る時は、いつもスッピン。
着飾る事もなく、そしていつも近くに飼われている犬の事を心配して、時に涙を流しています。
また、自分でもティータッチと云う、アニマルセラピーを学んでいる最中で、中々動物の心とコンタクト出来ないって(微笑)
とってもピュアで、その顔やスタイルだけではなく、心も魂も綺麗な女性です。

 でも、精神的なストレスが身体を歪め、筋肉を固くしてしまって、気療を受けている最中は時々眠っています(微笑)
終る頃には全てが緩んで、本来持っている素敵なオーラが広がります。
やっぱり美しい人なんだなと、その時に再確認(笑)

 今日は内弟子の中の一人の女性が、彼女に是非会いたいと云う事で同席しました。
かなりインパクトがあった様です。
本物のオーラって、こう云うものなのだなと、彼女も学んだ事でしょう。

 ピュアって、良いですね。
毎月通って来る人の中にもとてもピュアな人がいます。
こう云う人を見ていると、心地良いですね。
世の中では色々あり過ぎて生き辛い事も多いでしょうが、穢れなき魂が素敵ですね。

 今週:俗世は面倒ですが、自分を保って、自分らしさ、良い意味での我が儘でいましょう。

バナー

祈りを込めて

2012 - 03/11 [Sun] - 03:08

 一年前、義父の葬儀の真只中、大震災が起きました。
早いものですね、時が経つのは。
遥かに遠い九州で、寺の天井から下がる瓔珞がユラユラと揺れていたのを思い出します。
その時の弟子達の献身と気遣いは忘れません。
有り難い事でした。

 自然災害は避けるべくもなく、新潟の大震災の時に友人からSОSが来た事もあり、神戸の大震災の時には昔良く遊んでいた街がなくなっていた事にショックを受け、また昨年の大震災でも友人や知り合いが被害を受けて、無事でしたが全てをなくしてしまったり。
人間の力が及ぶ事はないのだなと痛感させられます。

 修行時代、その自然に命を救われ、守られていた感があります。
が、一度牙を剥くと自然は猛威を振るいます。
人間はちっぽけですね。
それが自然の現象なのか、何かの意思なのか、何れにしろ人は自然に対して謙虚であるべきと思います。
いつの日か、SFの如くに自然さえコントロール出来る時代も来るかもしれませんが、そうなっても大いなる自然は人間の力を超えて来るのではないかと思います。
人間も自然の一部でしかない、それを忘れない様にしたいですね。

 様々な想いが空気の中に流れているのを感じます。
心より哀悼の意を込めて、もうすぐやって来る彼岸、しっかり祈りたいですね。

バナー

一緒に幸せに

2012 - 03/10 [Sat] - 02:21

 人と人の出会いは、色々な思いを共有する事で築き上げて行けますね。
パートナーでも友人でも仲間でも、互いの幸せや苦しみを共有して分ち合う事が出来たら最高です。
幸いなる時も苦しみの時もと云いますが、言葉で云うのは簡単ですが、それを実行する、それが当り前になると云うのは、中々困難だったりします。
でも、本当に心で相手と向き合っていたら、頭で考えるのではなく、互いに心を開いていたら、分ち合う事は決して困難な事ではなく、当り前の事になります。
それが普通に出来てしまいます。
心の持つパワーは無限です。
大切に思う相手であれば、身を削る事も、相手の苦しみを背負ってあげる事も、また幸せを共に喜ぶ事も、当り前に出来てしまう凄いパワーを持っています。

 頭で考える事は、理論理屈でしかありません。
それも大切ですが、入口であって、それが終点、結論ではありません。
真実は心でしか感じる事は出来ませんし、その心には無限のパワーがあります。
心を解放する事が出来たら、最高ですね。
互いに幸せになって行けたら良いですね。

バナー

御釈迦様の御縁日

2012 - 03/09 [Fri] - 03:28

 今日は御釈迦様の御縁日でした。
祭壇には真正仏舎利が祀られていますが、嘗て日本を訪れた王仁氏が日本に持って来た仏舎利を現在の熊野神宮の宮司の家系である宇井家の方が受け継ぎ、その中から故あって3粒の仏舎利を戴きました。

 今日の御縁日は大阪から来られた方の永年供養の位牌入魂と御供養、さらに一人の弟子の両親が割き頃相次いで亡くなっているので、その御供養、そして御札の入魂、また新たに神棚を祀る女性がおり、神鏡と神棚に祀る狛犬の入魂、他に何名かの気療を行いました。
毎月8日は永年供養の方々の御供養を、御釈迦様への奉経と共に行っていますが、色々と重なってしまった事で、今日は中々大変でした。
しかし、弟子達が集まり、他にも何名かが参加してくれ、助法をしてくれたので、とても気持ちの良い時間となりました。

 理趣経の響きはとても難しく、心に沁み入る様な御経を読む事が出来る様になるには何年も何十年もかかります。
倍音で声を出し、声明の響の中、心を込めて詠み上げます。
まるで音が後から聞こえて来る様に御経が周り、全身が包まれます。
夢幻の世界に浮ぶ様な心地良さは、一度経験したら忘れる事が出来ません。
とは云え、そんな経が詠めるのは、年に一度あるかないか。
それ程、奥深く、また難しいですね。

 中々大変な一日でした。
が、素敵な人達に囲まれ、経の響の中、幸せな時間でした。

バナー

魂に響く言葉

2012 - 03/07 [Wed] - 03:07

 空手も会話ですが、実際の会話でも、ちゃんと相手が見えていて、意識が相手の方を向いていて、その上でそこに相応しい言葉を使う時、説得力が出て来ますね。
そこに、過去の実績や経験があると、更に説得力は増して来ます。
頭で幾ら理屈をこねても、所詮それはバーチャルな理論でしかなく、幾ら理論理屈が正しくても、現実はその通りには行かないものです。
何が起きるか分からないし、だから面白いのですが、イレギュラーな事もハプニングもあります。
頭で幾ら考えても、そう云う場面で冷静に対応して行くには、経験値がものを言いますね。
どれだけ数をこなして来たか、乗り越えて来たか、その分だけ強く、そして余裕が持てます。

 言葉に説得力のない人、魂に言葉が響かない人は、相手を見ていない、自分の考えだけで発言する事が多いですね。
また相手に伝える為のツールとしての、言語。
相手に聞き易い様に、相手の耳に届く大きさの声と、しっかりとした発音がなければ、独り言でしかありませんから、誰も聞いてくれません。

 相手とのパワーバランスも大切ですね。
こちらが強過ぎて高圧的になったりしても駄目ですし、弱いのはもっと駄目。
適度な優位性を持った上で、相手が拒否しない程度のパワーを持って会話しなければいけませんね。

 そして、何よりも言葉や態度に、相手を思う気持ち、魂を込める事です。
言霊はテクニックではなく、信念や強い思いが乗らなければ力を発揮しません。
純粋な思いは、必ず相手に伝わります。
小手先のテクニックを弄すると募穴を掘るだけですし、思い込みは自分勝手でしかありません。

 難しいですね、会話って。

バナー

祈りの時

2012 - 03/06 [Tue] - 02:19

 義父の一周忌で九州の佐賀に出かけて来ました。
涙雨か、ずっと雨が降り続いていましたが、穏やかに静かに祈りを捧げる事が出来ました。
昨年、義父が亡くなった時、その葬儀の真只中に起こった大震災は忘れる事が出来ないものです。
遠く九州まで揺れが伝わったのは凄い事で、法要の最中に天井から下がっている瓔珞が揺れたのを思い出します。
また、携帯電話に留守電が残っており、弟子の一人が悲鳴の様な声で「大丈夫ですか」と案じて連絡をくれた事、その後の交通麻痺で母と姉が新百合ヶ丘に足止めになったのを、やはり弟子が奥さんと協力しながら迎えに行ってくれた事、奥さんが刻々と状況報告を入れてくれた事で安心する事が出来ました。
そんなこんな思い出から一年、早いですね。
去る者は日々に疎しと云いますが、一周忌に数十名の参列者がお参りに来られ、義父の生前の人柄を偲ばせるものでした。

 父、そして親代わりの様な思いでお付き合いさせて戴いた2名の先生、義父と、私は4人の父を亡くしています。
もう父と思える様な人と出会う事はないでしょうね。
でも、一人一人が私の中で生きています。
生前よりも身近になった、そんな気さえしています。
不思議なものですね。

 父達からの教え、恩、受けたものをこれからずっと大切に胸にしまって、頑張って行かなければいけませんね。
義父の残した数多くの川柳は、「清明の游句」
「kiyoakiのブログ」に載せています。
どうぞ御覧下さい。

バナー

修行が足りない

2012 - 03/03 [Sat] - 03:19

 その時の気分や思いって、言葉や態度に表さなくても人に伝わってしまう事って良くあります。
まして感覚が鋭い人は、常にそう云うものを受け取っていますから、気持ちが重くなったり、体調に影響したりする事もあります。
逆に楽しいものが伝わって来る時は、こっちまで幸せになったり、気持ちが高揚したりする事も。
そう云うのは嬉しいですが、ネガティブなものが伝わって来ると、別に機嫌が悪くないのですが、そう思われてしまう様な時も。

 今日、髪を切りに行きました。
腕は信頼出来るオーナーで、いつもながら見事。
髪を切りながら愚痴を良く聞かされますが、それもまぁ私の仕事を知っているので、御愛嬌。
いつもの事なので気にしていません。
が、今日は途中から段々気分が重くなって、口を開くのも億劫になってしまいました。
別にオーナーが悪い訳ではなく、いつも通り凄く気を遣ってくれました。
ですが、どうにもこうにもお店の雰囲気が重くて、何となく刺々しいと云うか、寒々しかったですね。
スタッフにオーナーが文句を言い過ぎるのか(笑)
スタッフが何だかPCに齧り付いていて、トラブっている様に見えましたから、そのせいか。
最近、一人スタッフが退職して、メンバーが足りなくなっているせいか。
何れにしろ、働いている人達が全員、ポジティブではなく、ネクラと云う訳でもないでしょうが、スッキリ感がないですね。

 私の機嫌を察知して、帰りにはオーナーが凄く気を遣ってくれました。
却って申し訳なかったですね。
でも、誰か新しい、明るい、朗らかな、ネアカなスタッフが入らないと駄目ですね(笑)
あれじゃ、お客が減ってしまいます。

 気持ちを安定させて、フラッとでいるってとても難しい事です。
まだまだ私も修行が足りないです。
今日も別に機嫌が悪くなった訳ではないですが、被ってしまったのですね。
いかん、いかん、です。

バナー

雪から一転して

2012 - 03/02 [Fri] - 02:43

 3月になって、前日の雪から一転して温かい陽射しが差し、春の訪れを感じますね。
花屋では桃の花が売られ始め、近くの家の庭に立つ梅の木が色づいています。
世間の騒がしさとは無縁の様に、季節は確実に進んでいるのですね。

 日本は空間や空気感を大切にする国です。
表立った派手派手しさはなくても、静かに流れる思いが日本の文化を作って来ました。
外の風景さえ借景として使って空気感を演出する家作りは、底知れない奥深さを感じます。
近代の便利で快適な家はとても心地良いですが、外と中を遮断した様な作りは、日本独特の空気感とは程遠いものになってしまいました。
小さな庭、濡れ縁、障子を通す光と影、そこに流れる静かな時間。
自然と上手く共存しながら、利用する事で生きて来たのが日本です。
現代の快適さとは程遠く、また時間に追われる時代には合わないかもしれないですが。

 正直云うと、私も現代建築の方が楽ですし、快適だと思います。
人と人との距離も遠くなり、干渉されない事の快適さもあります。
ゆったりと空気を味わったり、自然の光や花の匂いを楽しむ時間を持つ事も中々難しいですね。
でも、家の中に静かで穏やかな空気が流れていて欲しいですし、優しい思いがそこに流れていて欲しいなと思います。
神棚の前に座する時、仏の前でも、心を澄ませて静かに、広く意識を広げて、心に繋がる人を思い、願い、祈る時、心地良さと幸福感に満たされます。
一日のほんのひと時、そう云う時間を大切にしたいですね。
自分らしさと、大切なものを思い出す時間です。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR