感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2011年12月  

大晦日

2011 - 12/31 [Sat] - 02:36

 今日で大晦日ですね。
朝から夕方までかかった大掃除も終り、後少しやる事を残して、仕事を終える事が出来ました。
まだ仕事されていた方々も、今日で仕事納めをされた事だと思います。
お疲れ様でした。

 震災に始まり、政治経済の混乱、世界的な不況、そして原発問題に振り回されてしまった激動の一年でしたが、無事に終える事が出来るのは幸せです。
私は休みませんが、どうぞ皆さん、穏やかで楽しい御正月をお迎え下さい。

 来年は辰年。
何となくウキウキしているのは、私が龍が好きだからと云うだけではない様に思います。
空を飛び、地を這い、海を泳ぎ、力強い姿を見たいものですね。

 毎日読んで下さる方、いつも有難う御座居ます。
来年も宜しくお願い致します。

CIMG3591
CIMG3591 posted by (C)島津 成晃

バナー

スポンサーサイト

大掃除をしなければ

2011 - 12/30 [Fri] - 03:07

 皆さんはもう大掃除は終っているのでしょうね。
本当は13日位から始めるのが良いと云われている様ですが、中々そうも行かないですね。
私も、まだ終っていません。
明日の昼間、やっと大掃除が出来る時間がありそうです(予定)
まず、ちょっと大晦日と御正月買物を済ませて、それから・・・ですね。
夜にはまた仕事が入っているので、頑張って早く終らせないといけません。

 掃除は、今では掃除機を使います。
その後に拭掃除と云う所でしょううか。
昔なら、まずはたきをかけて、それから箒で掃掃除、そして拭掃除ですね。
これは、本来はある種の作法から来ています。
穢れをはたき落し、それを掃き出し、そして拭き取る。
神道で行う禊に共通するものがありますね。
作法とは、本来は衛生的な面や人間の持つ構造的なものから自然発生的に生まれて来た古人の知恵です。
そう云う意味では、現代の常識に通じる所があります。
その意味が失われてしまって、迷信の様に扱われてしまう事が多いのは残念な事ですね。
別に大袈裟に消毒したり殺菌したりしなくても、嘗ての日本では掃除を日常的に行う事で、自然と上手く共存して来ました。
そう云う感覚を、年末の大掃除を通じて思い出したり、感じたりする事が出来たら良いですね。

 心を込めて、無事に一年を終える事が出来る事に感謝し、丁寧に汚れと穢れを落して行く。
新たなスッキリした心持ちで、気持ち良く新年を迎えたいですね。

バナー

道場納め、仕事納め

2011 - 12/28 [Wed] - 03:15

 今日は28日になりましたね。
いつも、今日はと書いていますが、書く時間が日にちが変わってからなので、本当は昨日はとかくべきなのでしょうが、修行時代から寝て起きるまでは今日と思っているので、つい今日と書いてしまいます。
が、私の書き方で云えば明日ですが、今日は敢て今日と書いてみたいと。

 多くの会社や職場では28日が仕事納めの所が多いでしょうね。
道場も、私達は昨日が稽古納めで、道場は今日28日が稽古納めとなります。
ガチガチに固まっていた身体と、知らない間にドップリ溜まっていた被りが、汗と打たれたり蹴られたりすると共に消えて行きました。
今年は震災に始まり、激動でしたが、そんな中でもいつも稽古する事が出来た事に幸せを感じています。

 そして、これから年末までずっと仕事が入っていて、大晦日も正月も仕事です。
仕事納めと云うのは、私には縁のない言葉ですね。
落ち着いた、静かな正月と云うものを、もう何十年も過した事がない気がします。
それが幸せでもあり、有り難いと思っていますが。

 後一週間で御正月ですね。
引き続き、走り続けます。

バナー

問題あるマンガ

2011 - 12/27 [Tue] - 02:13

 昨日は今年最後の月例会、クリスマス会、忘年会でした。
参加してくれた皆さんが一品ずつ食べ物や飲み物やスイーツを持参してくれて、大変な量の豪華な食事に囲まれて、賑やかな時間を過す事が出来ました。
今年から参加してくれた方も多く、狭い我が家が一杯になってしまって、皆さんのパワーに圧倒される程でした。
皆、月例会で知り合い、仲良くなり、心を通わせた人達で、見ていてとても心が熱くなりました。
良い仲間、良い共に恵まれるのは幸せです。

 話は変わりますが、以前から気になっているのですが、TVでも雑誌でもやたらと心霊的なものやオカルト的なもの、スピリチュアルなものを題材にしたマンガやアニメが多いですね。
その中には、昔からある「ゲゲゲの鬼太郎」等も含まれますが、見えない世界を扱うのが悪い事とは思いませんし、興味を持つのは当然ですが、子供達に対するマンガやアニメの影響は凄く大きいのだと云う事を少し考えて欲しいなと思います。
誰しもマンガの登場人物に憧れる時代があり、そこから段々と卒業して行くのですが、そこに夢や未来への希望があって、子供達にそう云うものを与えて行けたら最高ですね。
でも、心霊的なものやオカルトやスピリチュアルなもの、また暴力的なものや、酷いものになると自殺や殺人を美化したもの、そう云うものは大人が見たり読んだりする分には良いですが、子供が読む雑誌や子供向けのTVアニメに登場して来ると、これは問題だと思っています。

 私の所にお出でになる方にも、お子さんがそう云うものにはまり、それがきっかけとなって精神に歪みが出たりする、錯乱を引き起こすと云う事が原因となっている様な御相談が多々あります。
たまに見てみますと、その手のものは描写が生々しかったり、恐怖を煽るものであったり、常軌を逸しているなと思う事があります。
全てがそうだとは思いませんが、誰が読んだり見たりするのかを考えているのか、作者や出版者の常識を疑ってしまいたくなるものが沢山ありますね。

 嘗て流行った「こっくりさん」で精神異常を起した子供は沢山います。
その道のプロだからこそですが、生半可な知識や生兵法は大怪我をします。
そう云うもので植え付けられた恐怖や、そこから始まる精神の破綻は、重大な問題です。
本当にそう云う知識が必要な人は、自らそう云うものを求めて、書物や師を探します。
一方的に、TVや雑誌で子供達に与えて行くのは、問題ありと思います。

 未来に期待し、これからを担って行くであろう、無限の可能性を秘めた子供達だからこそ、与える情報も夢やファンタジーや希望であって欲しいと思います。

バナー

Merry Christmas !!

2011 - 12/25 [Sun] - 02:03

 もうイブを過ぎてクリスマスになりましたね。
皆さんが素晴らしいクリスマスを過されている事を祈ります。

 クリスマスですが、明日は月例会、そして忘年会です。
月例会で忘年会でクリスマス会と来たら、一年の祝い事が集まったみたいで何だか嬉しいですね。
沢山の人が集まってくれる予定になっていますし、今年最後の月例会ですから気合いを入れて、その後は楽しい時間にしたいと思います。
きっと、宴は夜遅くまで続きます。
それがまた私の活力となりますし、喜びです。

 さて、気を早くして、我が家に龍が増えて来ています。
またまた登場と云う感じですが、今日、大きな神龍がやって来ました。
正月になったらどこかに飾ろうと思っています。
その前に、皆さんには御披露させて戴きます。
そして、私のデスクの前のスタンドには神龍村が出来ています。

20111224123923
20111224123923 posted by (C)島津 成晃

20111224123946
20111224123946 posted by (C)島津 成晃

バナー

少し気が早いですが

2011 - 12/24 [Sat] - 03:02

 来年は辰年ですね。
って、クリスマスイブになった今言う事かって感じですが。
我が家には神龍が沢山、溢れています(笑)
デスクの前のスタンドに神龍が2頭巻き付いていますし、今日来た小さなとぐろを巻いた神龍が同じく2頭ぶら下がっています。
また、2ⅿ近い神龍、1ⅿ近い神龍、そして小さくてもリアルな質感の神龍がいます。
他にも神龍が何頭かやって来る予定です(笑)

 龍は力の象徴と云われています。
人間の根源的な憧れが、西洋でも東洋でも龍の存在意義を古来からあるのは、そう云う事かもしれないですね。
時に悪の象徴で、また時には神や仏の使いであり、自然の象徴であったり、何れにしろ強大な力を感じさせてくれますね。
妻が手に入れた龍図鑑(英語版)は世界各地の龍を解説していて、本当に図鑑の様なもので楽しめます。
古来より幻獣学と云うものがあり、スピリチュアルやオカルティズムや魔法の世界で扱われて来た不可思議な、普通の人には見る事の出来ない動物を扱う学問ですが、その中にドラゴン、龍も含まれています。
ファンタジー映画等で目にするドラゴン、龍ですが、実はとても人間には身近な存在なのですね。

 そう云えば、熊野神社も龍とは深い縁を持っています。
まだ時期は決めていませんが、来年は訪れる予定です。
辰年に、龍に縁のある熊野神宮を訪れる。
何か、象徴的ですね。

バナー

言葉の力

2011 - 12/23 [Fri] - 02:23

 人の言葉には説得力があるとか、ないとか、ありますね。
同じ事を言っていても、内容は素晴らしいのだけど、伝わって来ないとか、心に響かないとか。
また、凄く当り前の事しか言わないけれど、ズシンと心に響くとか、沁み渡ると云う事もあります。
その違いは何だろうって、昔から思っていました。
仕事柄と云うか、人に何かを伝えなければいけない訳で、最初は言葉遣いや内容等を考え、吟味しながら話していて、人と話すと凄く疲れてしまっていました。
どちらかと云うと私は話上手ではなく、聞き上手な方でしたから、話していると相手は自分でも思っていなかった本音まで話してくれて、自分で驚かれると云う事は良くありました。
でも、私の方と云えば、元々が物凄く無口でしたから、仕事を始めて話さなければいけなくなって、そう云う意味では苦労の連続でした。
こう言ったら伝わるだろうか、ああ言ったら納得してくれるだろうか、こうやったら元気になってくれるだろうか、説明はこうしたら相手は理解してくれるだろうかと、いつも四六時中考えていた様に思います。

 ま、それも経験と云えばそれ迄ですが、相手をしっかり見て、相手の声をじっくりと聞いていると、段々と自然に言葉が出る様になって来ました。
心が通えば、通わせようとすれば、相手を理解しようと思えば、自然と言葉が出て来て会話が出来て、心が伝わり、言いたい事も伝わって行くのだなと思いました。
勿論、相手は私の話を聞きに来ている訳ですが、私に対しての信頼や安心がなければ、言葉も思いも受け取れないだろうと思います。
ですから、飾らないで、自分を開いて相手に差し出して行くつもりで話していると、スッと伝わって行くのが感じられます。

 勿論、私が言葉にしている事を、頭だけではなくて、実践して来たと云う背景も大切でしょうね。
それがなければ、所詮は絵空事ですし、理論理屈でしかないですから、言葉に血が通いません。
何でもやって来たから、その経験の中で実感して来たから、相手に伝わると云う事は大きいのでしょうね。

 結局、説得力なんて、テクニックではなくて人間力なんだなと思います。
本気で話しているか、自分自身と言葉がかけ離れていないか、言っている事に裏付けがあるか、そう云う事なのでしょうね。

バナー

自分の身を守る

2011 - 12/21 [Wed] - 03:54

 生きていると色々な事があり、自分の身を守らなければいけない場面って沢山あります。
実質的な危険ではなくても、知り合いや友人関係でも、相手の裏表が見えてしまったり、薄っぺらな付き合いを感じてしまったりする時、社会や環境の高圧的な圧力を感じる時、身を守る為に時には仮面を被ったり、口を閉ざしたり、心を閉ざしてしまう事もあります。
そうやっている内に、それが習い性と成るの諺の通り、普通になってしまって、自分を抑圧している事も自覚出来なくなってしまったら、寂しいですね。

心から笑う事がない、表面はいつも朗らかで明るくとも、それは仮面であって、実は誰とも心を通わせていなくて、常に周囲とギャップを感じてしまっている。
都会には特にそう云う人が多いかもしれません。
都会で生きて行く為には、そう云う外聞や外見や世間体、周囲から浮かない事や合わす事が必要な場面も多く、いつも神経を使っていなければいけません。
田舎でも同じかもしれませんが、都会は時間の流れも早く、目まぐるしく動いていますから、それだけでもストレスフルです。
その上、気を遣っていなければいけないとなると、逃げ場がないと云う事もあるかもしれませんね。
我々の様に、空手で汗を流し、痛い思いをしながらもストレス解消する事が出来る者は幸せです。

 しかし、本当に自分を守ると云う事は、自分の立ち位置をしっかり作り、理解者を増やして行く必要があります。
その為には、心に溜めず、口を閉ざさず、心を閉ざす事なく、自分に正直である事が大切だと思います。
そうすると当然ながら、賛否両論出て来て敵味方が出来ます。
敵と味方の色分けがハッキリして来たら、味方の中からきっと心が通う人も出て来ます。

 どんな場面でも、自分らしく、良い意味で我が儘、あるが侭でいる事が出来て、周囲の雑音に乱される事がなくなったら、これは最高に強いですね。
一番の身の守り方だと思います。
それを信念とか誇りとか呼びますが、そんな大層なものでなくても、自分は自分であり、自分に嘘はつけませんし、自分だけは誤魔化せませんから、心の声に従って素直になりたいですね。
皆さんに覚えて貰っている護身法の秘密の一端には、そう云う教えが含まれています。
身を守る事は、オドオドしたり戦々恐々としたり、臆病になる事ではなく、明るく朗らかに、そして強く、自分を自分らしく保つ事だと。

 真の意味で自分を大切にして、しっかり身を守って行きたいですね。

バナー

審査会の写真

2011 - 12/20 [Tue] - 01:23

 先日の審査会の写真の整理をしています。
やっと整理は終りました。
後はスライドにするだけです。
もう少し頑張ります。
何とか明日の道場に間に合わせたいので、頑張ります。
師範から父兄さんから記念になると感謝の言葉を戴いていますと聞くと、やっぱり頑張らなければと思います。
特に白帯の子達にとっては、最初の昇級審査ですから思い出になって欲しいなと思います。
一つ一つの思い出を大切に心に刻んで欲しいなと。

 なので、今日は頑張ります。
朝までやっているかな~。

バナー

指導と云う事

2011 - 12/19 [Mon] - 01:45

 昨日の道場での忘年会で、若い黒帯と話していました。
審査会での事ですが、少年部の返事の声が小さい、遅い、基本や移動稽古での気合いが足りない、等々の話をしていました。
真直ぐな若い青年からすると、許し難い思いだった様です。
良いですね、こう云う純粋な気持ちは。
で、全員、審査を落すか、怒鳴りつけてやろうかと思ったとの事(笑)
うん、気持ちは分る。
で、私や師範が苛々して怒り出すのではないかと、実はヒヤヒヤしていたそうです(笑)
それがいつまで経っても怒り出さないし、ニコニコしながら、子供達にも優しい口調で指導していた事に、何故だろうと不思議に思っていたとの事。
なるほどね、そんな事を感じていたのかと思っていたら、横にいたもう一人の我が道場最強の黒帯が、時間通りに来ないで遅れて来て、文句を云っているのか(笑)とツッコミ(爆笑)

 確かに、子供達の気合いや返事は惨憺たるものだったかなと思います。
でも、子供達にそれを伝えるのは、我慢強く、時間をかけて、一つずつ分らせて行かなければいけません。
焦っても、子供達は理解しませんし、怒ってしまったらそこで萎縮してしまうだけで、その場では唯々諾々と従っても、心に沁みません。
それよりも、いかに楽しく、空手を好きになって貰って、その気にさせて行くかの方が大切です。
怒ってしまうのは簡単です。
でも、本当に心と身体に沁み込ませる為には、見た目の規律よりも、厳しさよりも大切な事があると思っています。

 叱られて、怒られて、それで伸びて行くのは一部の天才、或いはそこまでのレベルに達した者だけです。
殆どの人は、そのレベルに達していない者は、誉められて、ノセられて、その気になって伸びて行きます。

 昔はこうだった、厳しかった、これが当り前だった、そんな事を言っても、時代も変わり、教育も変わり、世代も変わっています。
日本昔話は楽しいですが、説教臭い昔話は詰らないだけでなく、鬱陶しいでしょう。
楽しく、面白く、その気にさせる様な指導が出来たら最高ですね。

バナー

108人

2011 - 12/18 [Sun] - 03:35

 今日は道場の忘年会でした。
毎年恒例で、まず最初に108人スパーリングを行います。
それが終ったら、忘年会です。
毎年の事ですが、小さな子供から大人まで男女問わず総当りでスパーリングをします。
疲れる程ではありませんが、汗はかなりかきますし、50名近い道場生が動いているので、暑い。
しかし、楽しい時間でした。

 その後の忘年会、大人も子供も集まり、今日は生後5ヶ月位のトイプードルまで参加していました(笑)
毎年、段々と雰囲気が良くなって来ているのを感じます。
毎年やっているので、互いに気心が知れて来たと云うのが大きいでしょうか。
和気靄々と、互いに腹蔵なく話し、また呑み、食べ、良い時間でした。
言葉で会話し、空手で会話し、互いに心が通って来ているのを感じます。

 まだ本当の稽古納め迄は2週間ありますが、まずは一区切りです。
残りの日々を充実させて、後悔を来年に持ち越さない様に、やり残した事がない様に、頑張りたいですね。

バナー

縁は異なもの、不思議なもの

2011 - 12/17 [Sat] - 02:22

 今日、夜6時半頃にヤナセから電話があり、愛車が直ったとの事で、寒い中をトコトコ歩きながら引き取りに行きました。
いつもジェントルな担当者のS氏が、我々の顔を見つけて飛び出して来てくれて、無事に愛車で帰って来る事が出来ました。
その際に、私の所属する道場の少年部の父兄さんでヤナセに勤めておられる方が、一生懸命に来年のカレンダーを積んでいましたとS氏から聞きました。
明日、道場の忘年会でお会いする事が出来ると思うので、改めて御礼を言いたいですが、こう云う気遣いは嬉しいですね。
また、今回は担当しなかったヤナセのI氏も、若いながらいつも気を遣ってくれて、有り難いです。

 ここの所、こう云う気遣い、心遣いに感謝する日が続いています。
そう云う人達とは、何か言葉で表せないシンパシーを感じ、頬が緩むのを感じます。
また、最近だけじゃないですが、不思議な御縁を感じる事が良くあります。
先日お出でになった方は、妻が独身時代に務めていた場所のすぐ近くに御実家があり、ローカルな話題に終始していました(笑)
そして、御存知の方も多いかもしれませんが、「だんな様は霊能力者」の挿し絵を描いてくれた女性が、やはり妻の実家の道を挟んだすぐ近くと云う話もありました。

最近、気療に来て戴いている方は、以前からTVで拝見している女優さんで、名前はジュリー。
綺麗な人だなと少し憧れた方が目の前にいて、私の気療を受けているのは、何とも不思議な感じですね。
別に引き寄せたつもりはありませんが(笑)
ジュリーと云えば、私の小さい頃の仲の良かった女の子(当時は小学生ですからね)が確か珠理ちゃんだったか、そして高校生の時にスイスにいた頃に仲の良かったアメリカ人の女の子(確か高校生だったと思います)が、ジュリー、何か不思議な感じです。

 弟子が仕事で毎週の様に出かけているのが、長野県。
その弟子の遠い先祖、初代が長野県に嘗て居城を持っていたとの事です。
これは、御先祖様の御手配でしょうね。

 また、考えてみればヤナセさんとのお付き合いも長いですね。
両親が乗っていた車が、ボクスホールやベンツでした。
途中でBMWに乗った事もありますが、多くはヤナセさんでお世話になりました。
ベンツ、アウディ、ピアッツァ、長い間、お世話になっています。
その後、私はホンダやトヨタの車に乗っていましたので、暫くヤナセさんとは縁が切れていましたが、また愛車で御縁が出来て、そう云えば昔、アウディに乗っている時に今のサービスセンターでお世話になった事があるなと思い出しています。
また、相談者さんにもヤナセの方が沢山お出で戴いているなと。

 こんな話、シンクロとかシンパシーとか縁とかと云う話はスピリチュアルな世界では金科玉条の如くに云われていますが、余り気にしていなかったのですが。
考えてみれば、思い起こしてみれば、実は良くあった様にも思います。
それもこれも、一人一人の出会いを大切にしているからだと思いますが、縁は異なもの、不思議なものとは、良く云ったものですね。
一つ一つの縁、出会いを宝にして、大切にして行きたいですね。

バナー

お陰様です

2011 - 12/16 [Fri] - 02:52

 さて、先の事件のその後ですが、激怒した問題は展開がない様です。
そしてヤナセに入院中の愛車ですが、どうやら明日中には直って来そうです。
やはりオルタネーターが駄目になっていた様で、そのお陰で充電が下がってしまったバッテリーも、既に数年経っているので同時に交換して貰う事で、無事に退院しそうです。
いやぁ、土曜日に道場へ行かねばならないのにとヒヤヒヤしましたが、ホッとしました。
ちょっと費用はかかりますが、愛車の健康の為には仕方ないですね。

 今日、髪を切って来ました。
いつもながらの、ちょっと変り者のオーナーの愚痴を聞きながら、ちょっとだけクリスマスの飾付けの自慢を聞いて、スッキリと軽くなって帰って来ました。
しかし、当り前ですが人を使うのは大変な事ですね。
他の人のブログをチェックしていても、また美容院のオーナーの話でも、従業員に対する不満やストレスはかなりのものがある様で、お疲れ様ですと言いたくなります。

 どんな仕事でもストレスはありますし、思う通りにならない事があります。
従業員や下の者が思う通りに動かないのは、当然と云えば当然。
望んでいるレベルが違いますからね。
ま、そんな事も飲み込んで、いつも笑って仕事が出来たら最高ですね。
暗い顔して愚痴ったり、怒っていても、良い事は一つもありませんし、疲れるだけですからね。
それに、余計に下の者がついて来なくなってしまいますからね。

 昨日、弟子達一同が、私の誕生日の為にわざわざホテルオークラのケーキを注文して持って来てくれました。
それぞれのメッセージを書いたカードと共に。
有り難いですね。
弟子の一人は、昨日が誕生日で、気分だけでも一緒に祝えたのかなと思っていますが。
先日の高野山での25周年パーティーと云い、今回と云い、皆に感謝です。

CIMG3504
CIMG3504 posted by (C)島津 成晃

バナー

参りました

2011 - 12/14 [Wed] - 00:51

 今週は3回道場へ行かなければいけないと思っていました。
日曜日の審査会、今日の練習、そして土曜日の108人スパーリング。
ところが、今日は断念せざるを得ない事態になってしまいました。
いつも通りに愛車を出して道場へ向っていましたが、警告灯がついています。
何かおかしいなと思いながらも、エンジンは順調で問題なし。
が、半分位まで行った所で、まるで火が消える様にエンジンが落ちてしまいました。
その侭、復活しませんでした。
で、JAFに連絡し、事故の危険もあるので警察に連絡し、保険会社にも連絡して対応を練りながら、道場へ連絡して行けない旨を伝え、そうこうする内にレッカー車が到着し、原因を探ると多分オルタネーターではないかと云う事で、レッカー車に愛車を載せて貰って、我々もその車に同乗して一路ヤナセまで。
電話すると営業時間を過ぎていたのですが、まだ誰かが残業している事を祈って。
結果、サービスセンターはまだ残業していて、いつも担当してくれている人もいました。
と云う訳で、愛車を預けて、テクテクと歩いて帰って来ました。

 ここ数日、ある問題が2件ほどあり、私も妻も激怒していました。
抑えていたつもりですが、またやってしまったのかもしれません。
いつも、私が怒ると何かが壊れます。
洗濯機が止まり、TVが映らなくなり、電話が繋がらなくなり、電子レンジも駄目になり、またPCのHDが駄目になった事もありますし、愛車のバッテリーが駄目になった事も。
今回も、確かに古い車ですからオルタネーターは傷んでいたのでしょうが、それにしてもジャスト・タイミングは、やはり我々の怒りのせいか・・・.

 ただ、帰りにヤナセが明いていた事、担当者がいてくれた事、そしてレッカー車に初めて乗ったのも悪くない経験でした。
何れにしろ、土曜日にまた道場へ行かなければいけないので、早く直ってくれる事を祈るばかりです。
何だか、今回の故障は自分の一部を持って行かれた様な、変な気分です。

 感情のコントロール、気をつけなければいけない、怒った時はそのエネルギーを有効活用出来る様に何か考えなければいけないねと話していました。
う~ん、何か使い道はあるか・・・。

バナー

年末が近づいて

2011 - 12/13 [Tue] - 02:54

 皆さんも同じでしょうが、年末が近づいて正に走っています。
昨日の審査会が終り、早速撮った写真の整理に入っています。
早く仕上げて、皆さんにお渡ししたいと思うので、眼がチラチラしていますが頑張っています。
年賀状もそろそろ印刷しなければいけませんね。
15日から受付だそうですから、早く出してしまった方が気が楽になります。
そして、通信相談と面接相談が立て続けに入って来ていて、有り難い事ですが年末に向けて悩みを解決したい人が沢山いるのだなと実感しています。
少しでもお力になれる様に、頑張らなければ。
そして、今週は明日が道場の練習、土曜日が108人スパーリングと忘年会、週に3回も道場へ行く事になります。
これも、有り難い事です。
行くべき所、居場所があると云う事は、凄く嬉しいですね。

 自分の立ち位置、ポジションを沢山持つと云う事は、面倒な事でもありながら、大切な事です。
一つしかないと、それを失ったらどうしようと云う恐怖が常に付きまといますし、自己抑制にも繋がり、また狭い世界だけに生きる事になりますから、視野も考え方も広がりません。
でも、あちこちに立ち位置を作っておくと、それだけ多くの人、色々なジャンルの人と出会う事になりますし、そこで上手くやると云う人間関係での訓練も出来ます。
そんな中から自信も生まれて来ますし、心も安定して強くなって来るでしょうし、視野も価値観も広がって来ます。

 色々な趣味や運動、他にも多々あるでしょうが、一人で孤独にやるものではなく、沢山の人と関わって行ける様な事に触れて、仲間に入って行くと良いですね。
そこで生まれる共通意識や、価値観のぶつかりや視野の違い、そんなものが刺激になります。
そこで立ち位置、ポジションが出来て来ると、それが出来た頃にはきっと自分自身が変っている事に気づきます。
何でも良いので、色々な事にチャレンジして、飛び込んで行きましょう。
歩みを止めると、人生もつまらなくなりますから、チャレンジ精神は一生持ち続けたいですね。

バナー

今日は審査会でした

2011 - 12/12 [Mon] - 03:06

 今日は正伝流空手道の審査会でした。
午前に少年部が20名、午後に一般部が9名。
今回は人数が少なかったですが、いつもながら審査は難しいですね。
それぞれ良い所があり、悪い所があり、落す為ではなく、実力を見せて貰って、もっと良くなって貰う為の審査会です。
見ていて、沢山の課題が見つかり、また思わぬ進歩を見て嬉しくなったり、あまり良くない内容に困惑したり。
沢山の黒帯や茶帯がスタッフとして集まり、また審査を一緒にしました。

 最後に黒帯が師範と共に審査会についての協議や会議をするのですが、その真剣さは一緒に参加していても緊張感があり、我が事の様に審査を受けた人と向き合っています。
黒帯になると云う事は、空手病の人ばかりですから、皆真剣に審査を受けた人達の今とこれからを考えて結論を出します。
他の試験と違い、単純に点数だけで判断せず、その人、その子の性格や意識、将来性を考えて、時間をかけて協議します。
ですから、毎回数時間に及び、終ったら皆、疲れてしまっています。

 帰り際に、師範よりお花を戴きました。
道場生で、今日スタッフで来てくれていた茶帯の女子大生(とても綺麗な子ですが、とっても強い)が選んでくれたそうです。
気恥ずかしいですが、有り難いですね。

 アメンバーの方々や、多くの人からお祝いの言葉やプレゼントを戴き、恐縮しています。
これからの一年、また全力で頑張ります。
宜しくお願い致します。

バナー

素晴らしい一日

2011 - 12/11 [Sun] - 01:31

 今日は人生を感じさせられています。
誕生日の前日ですが、あちらこちらからお花を戴いたり、とっても素敵なプレゼントを戴いたり、妻がお菓子の家を作ってくれたり、その上今日は月食と来ていて、出来過ぎですね。

 余りにも嬉しかったので、戴いたプレゼントの一部を載せます。
STARTREKのTシャツとマイクロファイバーのウォレット。
これは驚きました。
私がトレッキーだと分っていて、探してくれたのでしょうね。
嬉しいです、とっても。

 こう云う人達に囲まれて、心から感謝です。
人生、山あり谷ありですが、今日はとっても素敵な日になりました。
明日(もう今日ですが)は道場で審査会。
またまた、激しい一日になりそうですが、これも誕生日のイベントと思えば最高ですね。
朝早く起きなければいけないのが難点ですが(苦笑)

025star-trek-e-el
025star-trek-e-el posted by (C)島津 成晃

trekwall101
trekwall101 posted by (C)島津 成晃

monn_01
monn_01 posted by (C)島津 成晃

house_01
house_01 posted by (C)島津 成晃

house_04
house_04 posted by (C)島津 成晃

house_05
house_05 posted by (C)島津 成晃

バナー

ジャズの夕べ

2011 - 12/10 [Sat] - 02:17

 今日、成城学園にあるホールで行われたジャズコンサートに行って来ました。
その前に駅にあるビルで食事をしましたが、最上階のイルミネーション、綺麗でした。
空には満月。
何だか絵に描いた様なシチュエーションでした。

 芸歴50年以上と云う、日本のジャズ界の大御所トリオが奏でる演奏は、素晴らしいの一言。
力が抜けていて、それでいて底知れないパワーを感じさせられました。
ピアノを弾いた前田憲男氏は何と3万曲もレパートリーがあるとの事、凄い話ですね。
何十年か振りに本物のジャズを聴いた気がします。
とても楽しい時間でした。
昔、六本木や有楽町のジャズクラブへ行っていたのを思い出しました。
程良い脱力感と洒落たリズム、空気まで踊っている様でした。
あれだけのメンバーが、とても身近に、それも安価なチケット代で楽しめる事は素晴らしいですね。
ちょっと早いですが、最高のクリスマスコンサートでした。

 亀の甲より年の功と云いますが、ずっと第一線で好きな事をやり続けている人の持つパワーと深さは、凄いものがあります。
若い者には絶対に真似が出来ない脱力感と秘められたパワー、長年積み重ねて来たテクニックと造詣の深さ。
見方によっては、不良中年(それは私か)ならぬ不良老人ですが、その魅力は素晴らしい。
そんな人生を歩いて行きたいですね。

moon.jpg

Illumination_02.jpg

2011we3.jpg

バナー

誕生月は

2011 - 12/09 [Fri] - 02:52

 全く忘れていましたが、毎年誕生月は運気や体調が乱れるので気をつけなければいけません。
一年が終って、新たな一年が始まる転換期ですから、時には大きく、時には小さく変化が起きます。
その間の前後1ヶ月はどうしても乱れ易いので気をつけなければいけません。
ここの所、体調が最悪で何をやっても中々完全回復と行かないので疲れていますが、そう云う事をすっかり失念していました(苦笑)

 長く、もう25年も付き合っている弟子と奥さんが、ちょっと早いですけどってお祝いを持って来てくれました。
嬉しいですね、こう云う気持ちが。
長い付き合いですから、彼も私の好きなものや嫌いなものは知っていますから、決して高価ではなくても心が籠っていて、有り難く心に沁みます。
紆余曲折色々とありましたが、縁あって弟子と師匠なんて付き合いが、気がついたら四半世紀25年も続いているなんて、何だか不思議と云うか、考えられないですね。
人と人が長く人生を共にする様な付き合いは、親兄弟か親戚か連れ合いかと云う所ですが、先日の25周年の記念もそうですが、ずっとついて来てくれるのは有り難いですね。
特別な事がある訳ではなく、互いの信頼関係と、心を通わせて来た事が今に至っているのだろうと思います。
思えば年を取ったなと、互いに笑っていますが、当時19歳だった若者が今は44歳、27歳だった青年が52歳ですからね(苦笑)
ま、ここまで来たら生涯の付き合いでしょうし、互いに一生現役で頑張りたいですね。

 と云う前に、まず体調を回復しないといけません。
これまでにない感覚と酷さですから、きっと抜け出した時には大きく変化して、強くなれるのかなと期待しています。
気合いを入れて頑張ります。

押忍

バナー

どっちを見るか

2011 - 12/07 [Wed] - 02:58

 今日、道場で先日の試合のビデオを練習後に見ました。
皆、それぞれ精一杯頑張っていました。
沢山の欠点や出来ていない事もありましたが、その頑張りは称賛に値します。
何よりもチャレンジしたと云う心意気が素晴らしいですね。

 負けた時、勝った時、苦しい時、楽しい時、悲しい時、嬉しい時、空手のみならず人生でも色々な場面があり、様々な感情が湧いて来ます。
その時に、心や眼がどっちを向いているかが大切だと思います。
苦しいから、悲しいから、辛いから、下を向くのか。
楽しいから、嬉しいから、上を向くのか。
目線って、凄く大切です。

 ポジティブとネガティブと云いますが、過去や現在のネガティブな事象をステップにしてポジティブなものに繋げて行くか、そこから何を学ぶかです。
そこで下を向いて、自己卑下をしたり、周囲に責任転嫁をしたりしても、何も始まりません。
結果をもたらしたのは、自分なのですから。
それよりも、いつも前を向いて、上を向いて、時々は下も確かめながら、真直ぐに進みたいですね。

 上ばかり見ていると、足許が疎かになります。
下ばかり見ていると、目の前や上にある輝きが見えません。
それに、ネガティブはネガティブと引き合い、悪いものを引き寄せてしまいます。
今日の次には明日が、今の瞬間の次には新しい瞬間が、常にあります。
少しでも前へ、上へ、明るい方へ行ける様に、目線をしっかり保ちたいですね。

バナー

心身の調整

2011 - 12/06 [Tue] - 02:36

 心と身体は密接な関係があります。
心が疲れたり、病んだりすると、身体の方に影響が出て来て血行不良を起したり、筋肉が硬直したり、その結果として眼が見え難いとか、肩凝りや全身の歪みに繋がる事もあります。
逆に、身体に怪我や歪みや病があると、心が正常に働かなくなる事もありますね。
風邪をひいて鼻が詰っただけで、熱がなくても頭がボーッとしたり、体力が低下して疲れ易くなったり。
そうすると、頭が働かなくなってしまいます。
また、痛みや不調は、そちらにエネルギーを取られてしまうので、やはり体力の低下が起き、心もそちらに引っ張られてしまうので、冷静さを失ったり、厭世的になったり、心も元気を失います。

 癒しやセラピーが流行っていますが、現代社会は心身に常にストレスを与えていますから、それを求めるのは当り前でしょうね。
昔から、温泉や昼寝や瞑想、指圧や按摩や針灸、他にも色々な癒しの技術が伝えられています。
御線香等も昔からあるアロマセラピーの一種ですし、西洋ではハーブを焚いていたり、音楽療法は世界中にありますし、日本ではお経や声明、その他の発声法があります。

 また太極拳や気功法、ヨガ等も今は一般的になっていますが、元々武術や武道だったものが、戦いの技術からスケールダウンしたものです。
肉体と心を知ってコントロールする技術の粋が実戦的な武術ですから、当然ですね。
私も気療をやっていますが、長年の武道修行と、学んで来た様々な整体の技術や、神秘学的なものを組み合わせたものです。

 どの癒しが正しいと云う事ではなく、心と身体を本来の姿に戻して行く、自然なバランスに戻す事が、多くの障害や歪みを取り去って行きます。
まずリラックスして緩め、その上でバランスを整えて行き、それを固定して行く。
そして、正しい状態、心地良い状態を、心と身体に記憶して戴く事が大切です。
良い状態を知っていると、ちょっと変調した時に気づきますからね。

 時には、ゆったりした時間を持ち、日常から離れたり、癒しのプロの任せて心身の調整をしたりする事を心がけて欲しいなと思います。
ストレスの多い現代社会で生き抜く為には、それに耐える事の出来るエネルギーを持っていたいですからね。

バナー

実戦に役立つ様に

2011 - 12/05 [Mon] - 02:12

 今日は、横浜で空手の試合がありました。
私は残念ながら仕事で応援に行けませんでしたが、出場した私の弟子や道場の選手達は、結果は負けでもかなり頑張った様です。
チャレンジする姿勢と、そこで何かを得て進歩する姿は良いですね。
それより嬉しかったのは、私の所の数名が試合の応援にわざわざ出かけて行った事。
空手をやっている人、やっていた人、これから始める人、色々ですが、そう云う気持ちが嬉しいですね。

 良く云いますが、スパーリングと組手は違う。
確かにその通りです。
思い切り当てるのと、軽く当てるのでは、当てる側も当てられる側も、その肉体感覚やその時の精神状態は全く違います。
が、本来は動き自体は同じであるのが理想です。
組手だからと力むから、動きが変わってしまう。

 これは他のもの、仕事でも何でも同じですね。
いつもやっている様に、そのまま少しだけ深く踏み込めば良いだけなのですが、いざ実戦となると力みが出てしまって、全く別物になってしまう事が良くあります。
現場と云うのは、そこにしかない緊張感や、偶然性があります。
あれっと思ってしまう様な事が起きる事も良くあります。
その時に、思考や動きが止まったり、慌ててしまうと、もういけませんね。
箸を持つ様に、歩く様に、一つの動きを千回、一万回、十万回と続けて行く内に、どんな時にも同じ様に出来る様になります。
そこまで熟練して行く、経験を積んで行くしかありません。

 熟練の技、いつか身につけられる様に頑張りたいですね。

バナー

歩みの早さは人それぞれ

2011 - 12/04 [Sun] - 02:53

 人それぞれの歩みの早さってありますね。
成長しよう、上達しよう、上に行こうと思っても、そう簡単なものではなくて、一歩一歩しか進めません。
外から見れば苛々する程の遅々とした歩みでも、一歩も前進していない様に見えても、そうやって努力し続けている事、頑張っている事、悩んでいる事自体がその人にとっての歩みだったりする事もあります。
勉強でも武道でも人生でも、実は進歩なんて階段を登る様には進みません。
一歩も進んでいない様に見えて、何も変化していない様に見えても、そこで知らない内に力をつけていて、ある日突然にポンッと跳ね上がる様に一段も二段も上に上がるものです。
それは本当にある日ある時、突然にやって来て、その時はその呆気なさに自分でも驚いてしまう事が良くあります。
昨日まで、さっきまで、悩んで苦しんでいたのが嘘の様に、フッと抜けた様に。

 人にアドバイスする、指導するって、我慢と忍耐の連続です。
自分がやった方が早い。
見ていると苛々する。
早くやれ、進め。
と、いつも思いながら、でもその相手の歩む早さは変りません。
いつの日か、その内、何れ、と信じて、その人の歩みと、その人の価値観と視野に合わせて、背中を押し続ける。
諦めないで、怒らないで(時には喝を入れる為に、敢て怒りますが)、待ち続ける。
時には、距離をとって静観する。
厳しい事を言っても、心ではその人を信じ続ける。
駄目だと投げ捨てない。

 難しいですね、人に何かを伝えるって。

バナー

ルパン三世

2011 - 12/03 [Sat] - 03:49

 今日、日本テレビで放映された「ルパン三世 血の刻印~永遠のMermaid~」、久し振りで面白かったですね。
モノクロだった昔からのファンですが、カラーになって、段々と路線が変わってソフトムードになりましたが、それが却って良かった様に思います。
ハードボイルドなルパン三世でしたが、心に流れる優しさや人間らしさが、最近のルパンは良いですね。

 いつも楽しいルパン三世のドラマですが、心に沁みる時があります。
今日もそうでしたね。
ルパン一世の足跡に触れて知る、自分の中に流れる血の宿命、である筈が・・・(笑)
結局は、何を目指して、何処を目差して生きているのか、今の仕事をしているのか、解っている人は幸せか不幸か、解りませんね。
「何でこの仕事をしているのだろう?」と云うルパンと次元の言葉、心に沁みました。
で最後の結末でルパンの「結局、楽しんだ者勝ちかぁ~」と云う言葉に含まれる心が伝わりました。

 今日一日、今の一瞬、輝けるだけ輝いて、思う存分に生きて、楽しんでやろう。
どうせ行く所にしか行かない。
そんな声が聞こえた様に思います。
クヨクヨ考えても、時は流れて行きます。
どうせなら、思い切り、思う存分、楽しんで生きましょう。
ネガティブに、被害妄想になって、ひねくれてばかりいても幸運はやって来ません。
そんな事をしていたら、悪運を呼び込むだけです。
何でもかんでも楽しんでしまいましょう。



バナー

最後の一ヶ月

2011 - 12/02 [Fri] - 02:29

 12月師走になりましたね。
何だか激動の一年でしたが、残りひと月で過ぎ去ろうとしています。
そして、12月になった途端に気温が下がり、日本中でみぞれや雪が降っているニュースが流れています。
空気もかなり酷く乾燥している様ですし、体調にお気をつけ下さい。

 年末と云えば、まずはクリスマスがあり、大晦日ですね。
TVも年末調整に入っているのか特番が多いですし、年末の紅白歌合戦の出場者が発表され、今年の流行語大賞も決った様ですし、これからレコード大賞等の音楽大賞が決って行くのでしょうね。
今年の大晦日は、また格闘技を放送するのでしょうか。
紅白歌合戦とかぶるので、録画して後で見ますが、途中で気になってチャンネルを変えたり、皆が集まっているので皆と話していなければなりませんし、結構忙しいのです(笑)

 その前にクリスマスですね。
街は節電と云いながらも、徐々に明りを取り戻して華やかにイルミネーションがつき始めましたね。
嬉しい事です。
クリスチャンではないですが、美しいイルミネーションは心がウキウキします。

 個人的には、私の誕生日が道場の審査会当日で、力強く勇気と元気を貰える日になりそうです。
こう云うのは初めてですが、これも何だか嬉しいですね。

 後ひと月ですが、一日一日、一瞬一瞬を大切に噛み締めながら、精一杯の輝きを持って楽しんで行きたいですね。
今日の輝きが明日の光を呼び込みます。
いつも笑顔で、ポジティブに輝きましょう。

 来年は辰年、龍の年ですね。
荒々しく豪快に空を飛ぶ龍、見た目は恐ろしいですが、私は好きです。
ドラゴンボールの神龍の様に、何か願いが叶うでしょうか。
心を綺麗にして、龍の到来を待ちたいですね。

 ところで、我が家にもクリスマスツリーが来ました。
シンプルですが、これが品が良くて、美しい輝きに心が癒されます。

Christmas_01.jpg

Christmas_02.jpg

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR