感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2011年10月  

時が流れて

2011 - 10/30 [Sun] - 02:12

 今日、新しいデスクスタンドが届いて、今まで使っていた物をデスクから外しました。
新たにデスクについたスタンドは、外見も機能も殆ど変らない、ただ新しくなっただけみたいなものですが、スイッチを入れるとパッとつく(当り前ですが)、そして明るいですね。

 以前使っていたデスクスタンドが、蛍光灯を新しく替えてもチカチカする事から、新しい物に替えようと云う事になりました。
で色々と探したのですが、流行りのLEDも候補でしたが、やはり故障や電球交換等の利便性を考えて、今まで通り蛍光灯の物を探しました。
で、やっぱり今までと同じメーカー(山田照明)のZライトになりました。
デスクライトと云えばZライトと、昔はブランドでしたね。

 気がつけば、40年位使っていたと思います。
確か、中学か高校の時に買ったと思います。
新しい物を見ると色がクリーム色ですが、確か古いのも同じだった様な気が・・・。
でも、今は茶色くなってしまって、プラスチックや金属に沁み込んでしまったのですね。
何よりも、替えてみて解りますが、暗くなっていたのだなと思います。

 電気製品は一般的な耐用年数と云うものがあると思いますが、幾ら構造が簡単だとは云え、半世紀に手が届こうかと云う程、長い間働いてくれたのは、感慨深いですね。
私の色々な人生を見ていたのでしょうね。
勉強したり、本を読んだり、手紙を書いたり、デスクの上でやっていた事を皆、デスクライトは知っているのだと思います。

 世代交代は世の常です。
でも、物は変っても、ずっと忘れないでいたい、変らないでいたい、大切な事も沢山あります。
古き良きものを大切にして、新しいものを受け入れて、深みを増して行きたいですね。

バナー

スポンサーサイト

誰にでも得意な得意な事はある

2011 - 10/29 [Sat] - 03:23

 誰でも一つは得意分野ってある筈ですね。
普段の生活の中で無関係に思えてしまうので、それを忘れてしまっている事が多いのではないかと思います。
頭の良い人は頭で勝負すれば良いし、学校の成績の良い人は学歴で勝負出来るでしょうし、力のある人はその力を生かせば良いし、敏捷な人はその俊敏さで勝負出来るかもしれません。
趣味でも、好きな事やものでも、人が理解しなくても、その分野で得た知識や考え方は、他のジャンルでも必ず生かす方法がある筈です。
違う分野だから、全く別物だからと思って、自分の得意分野を否定してしまうと、それは自分自身を否定する事に繋がります。

 好きなものがある、得意なものがある、それだけで素晴らしい事です。
そして、それは必ず役に立ちます。
ただ、それを生かす方法、違う分野で応用する方法を、じっくり時間をかけて考える必要はあります。
空手が強いからと云って、ビジネスの世界で蹴ったり突いたりする訳には行かないですが(笑)、空手の世界で学んだ駆引きや、人との距離感や、逃げない心や、諦めない根性は、必ず役に立ちます。

 何もない、取り柄がない、そんな事は絶対にありません。
必ず良い所、得意分野は、誰にでもある。
それを生かすか失ってしまうか、それは自分次第ですね。

バナー

思い込んだら

2011 - 10/28 [Fri] - 02:56

 恋愛に限らず、思い込みは何でもかんでも、良く見えてしまったり、悪く見えてしまったりします。
人から見ると理解不能な価値観と云うか、視野と云うか、でも本人は真剣にそう思っているから、誰が指摘しても聞く耳を持たない、どころか余計なお世話と怒り出してしまう事さえあります。

 思い込みも、恋愛等の様にポジティブであれば良いですが(でもないか)、ネガティブな場合は周囲を嫌な気持ちにしてしまう事もありますね。
「あの人はこう思っているに違いない」とネガティブになってしまうと、相手との関係はギクシャクしてしまいますし、「自分に出来る筈がない」と思ってしまうと、本来は出来る能力がある人も、本当に出来なくなってしまったり。

 人間の視野とか価値観なんて、自分で思っている程は本当は広くなくって、知識だって同じです。
なのに、そこで考えたり思ったりするから、もっと広い視野や価値観や、知識も深かったり広かったりする人から見ると、う~ん(苦笑)と云う場合が良くありますね。
人に迷惑をかけなければ良いと云う様なものですが、社会で生きている以上は人に迷惑をかけないなんて事はあり得ない事ですから、やっぱり自分の小ささや狭さは意識していたいですね。
思い込みの多くは感情論で、嫌悪感や罪悪感や恋愛等は感情論でしかありません。
それが悪い事ではなく、そこから得るものも凄くありますが、行き過ぎてしまうとちょっとね(微笑)

 でも、思い込む事で出て来るパワーもあれば、良い面も沢山あります。
出来れば、ポジティブに、明るく、楽しい、そんな思い込みをして、自分の限界を高めるとか、眠っていたパワーを引き出すとか出来れば最高ですね。

バナー

精神と肉体

2011 - 10/26 [Wed] - 02:41

 今日もしっかり道場で練習して来ました。
良いですね、汗を流して、激しく動いて、肉体で相手と会話して、ちょっと痛い思いもして、既に筋肉痛が出ています(苦笑)
年を取ると筋肉痛が一日おいてから出ると云いますから、まだ肉体は少しだけ保っているのかもしれないですね。
中々、思う通りに身体は動いてくれませんし、まして相手がいる事ですから、思う様に突きも蹴りも届いてくれません。
また、意に反して相手の攻撃を食らう事もしばしば。
それが空手での会話です。
言葉ではなく、肉体と精神で相手と会話します。
それが上手く行く時もあれば、中々良い会話が出来ない事もあります。
十人十色、一人一人皆考え方も生き方も動きも違うのですから、得意不得意の相手と云うのはいるものです。
でも、手を合わせ続けていると、段々と互いに手が合って来ます。
会話がスムーズになって行くのですね。

 こうして肉体と精神を一つにする時間を持つ事は、凄く大切だと思います。
精神だけでは、他の人にその思いを伝える事は出来ません。
また肉体だけでは、人としての品格や品位、目的意識に欠けてしまいます。
この二つが一つになった時、肉体の動きには意味が出て来ますし、精神が持つ様々な思想や信念が人に伝わって行きます。
空手に限らず、肉体を鍛え、運動する事は、肉体だけではなく精神も鍛えて、同時に開放的にして行きます。
出来れば相手がいるものが良いですね。
自分の肉体や精神と会話するだけではなく、相手がいると云う事は、多種多様な価値観や視野に触れる事が出来ますから、大きな刺激と気づきになります。

 何か、運動しましょう。

バナー

自分の中の答

2011 - 10/25 [Tue] - 01:05

 相談者と話していて、自分の中に答を持っている方が沢山おられます。
何となく、眼を背けたり、解っていてもやりたくないと逃げていた事が、漠然とでもあって、お話している中で段々とそれが明確になって行くのが解ります。
そうすると、徐々に覚悟を決めて行き、良し!!と気合いを入れて笑顔で帰って行かれます。

 悩みの中で、ああでもない、こうでもないと考えている内に、誰でもある程度の答は見つけているものです。
でも、それが大変そうだったり、辛そうだったり、無理そうだったり思えると、そこから眼を背けようとしたり、逃げてしまったり、言い訳を作ったりします。
本当は解っているのに、それを避けたいが為に抵抗して、色々と右往左往し、それでも逃げ切れなくて、いつまでも結論が出なくて悩み続ける。
そこで、すぐに逃げ道に逃げ込んでしまって、悩まない人もいます。
でも、それを続けると、逃げ癖がついていて、責任ある事やプレシャーから逃げ続けてしまい、いい加減な根性なしになってしまいます。
そこでしっかり悩んで、時間はかかっても、苦しんでいる人は、逃げてはいけないのだと、自分の心が言っているのですから、可能性は大いにあります。

 戦って負けるか、戦う前から負けるか、大きな違いです。
また、言い訳を作って逃げるか、ちゃんと分析して無謀だと判断して、次のタイミングを待つと云うのも、同じに見えて全く違います。

 悩んだ時は、自分の中に逃げがないか、冷静か、しっかり心の中の声を聞きたいですね。

バナー

世界大会を観戦して

2011 - 10/24 [Mon] - 02:50

 凄い大会でした。
日本勢の優勝を死守したのは、予想通りのT選手。
今年限りで選手生活に終止符を打って引退すると云う事ですが、2日間を通じて彼の試合は凄まじいものでした。
次元が違う、その一言です。
また、決勝そして準決勝での試合は、ゾッとする程の強さとインパクトを会場に与えました。
観客が総立ちになる一本勝ちのシーンは、滅多に見る事が出来ません。

 空手の人気がなくなって来て、道場生が増えずに悩む師範も多いですが、この大会の盛り上がりを見ると、まだまだ空手人気は大丈夫だなと思います。
T選手の様なスターが引退する事は惜しいですが、今後もそう云う人達が育って行く事を期待したいと思います。

 途中行われた少年部の演武、そして映画俳優ドルフ・ラングレン氏による演武は、素晴らしい演出でした。
少年少女達の驚くべき身体能力と勢い、また長淵剛氏がつけた曲と共に行われたドルフ・ラングレン氏の演武、とても楽しかったです。

 この2日を通して、諦めない事、下がらない事、前に出続ける事、そして夢を追い続ける事、他にも空手の細かいテクニック等々、色々と学びました。
これを生かして、また日常を、空手を進化させて行きたいですね。

バナー

第10回オープントーナメント 全世界空手道選手権大会1日目

2011 - 10/23 [Sun] - 01:15

world_karate.jpg

 今日は大会一日目、久し振りに東京体育館で入場者が行列するのを見ました。
昔、今の代表や師範達が現役で選手だった頃、勿論その頃は大山総裁もおられましたが、全日本大会では毎回、入場者が長蛇の列をなしていたものです。
それが分裂後、ガタンと人が減り、ガラガラと云うのが続きました。
そして、緑健児氏が代表になられてから、段々と人が戻って来て、昨年の大会でも初日は空いていますが、本戦の2日目は列が並んでいました。
嬉しいですね。

 凄まじい強さと勢いの外国勢、ゾッとする様な一本勝ちのシーンも何度もありました。
日本選手も段々と負けてしまったり、然しT選手は別格でした。
母国日本の勝利を守り、優勝するのは、T選手なのだろうなと、期待と希望を込めています。
明日はその姿が見れる事を楽しみにしています。

 久し振りにお会いした支部長先生方、事務局長、また道場は違えども空手仲間達、我が道場の師範や道場生達、嬉しい顔ぶれにホッとしました。
予定が延びて、今日は夜9時まで激戦が続きました。
明日もまた凄く長い一日になるのでしょうが、しっかり観戦して、学んで来たいと思います。

バナー

第10回オープントーナメント 全世界空手道選手権大会

2011 - 10/22 [Sat] - 02:07

 明日から千駄ケ谷の東京体育館で、新極真会第10回オープントーナメント全世界空手道選手権大会
が開かれます。
YouTubeの新極真会チャンネルでも中継があるそうです。
時間は、明日22日はAM11:00~、明後日23日はAM:10:00~です。
また、テレビ東京で11月19日(土)午後4時から、J-Sports3で11月26日(土)午後6時から放映される様です。

 ちなみに、私のブログも応援サイトに載せて戴いています。

 新極真会の方々にはいつもお世話になっていて、私の所の沢山の会員や弟子が稽古させて戴いています。
また、各地の支部長先生や事務局長にも懇意にして戴いていて、有り難い事です。
私の属する道場からも師範や沢山の選手がドリームカップやウェイト性、全日本大会、地方大会等にエントリーさせて戴き、頑張らせて戴いています。

 世界から集まる、各国のトップ選手達の試合は、毎回とても見応えがあります。
また、久し振りに映画俳優のドルフ・ラングレン氏が演武をすると云う事で、これも楽しみですね。
一流選手の試合は、観戦し、応援しているのも、立派な見取り稽古になり、凄く勉強になります。
次元が違うので真似等出来ませんが、吸収する事は沢山あります。

 生憎の天気となりそうですが、それを吹き飛ばす位の熱い試合を見て来たいと思います。

バナー

良い事、悪い事

2011 - 10/21 [Fri] - 03:22

 何事でも、常に陰と陽、吉凶は相まって、同じ位にあるものですね。
とっても素敵な人と出会って恋に落ちて結婚したら、安住の地が出来て、好きな人が側にいて、それは最高です。
でも、同時に、独身時代にモテようと思って頑張っていたのが消えてしまって、全身から醸し出していた色気までが消えてしまって、そのお陰で人を惹き付ける魅力が消えてしまった、なんて事もあります。

 長年憧れていた中古車をやっと手に入れて、夢が叶ったと喜んでいたら、でも中古車ですからあちこち故障が出るのは当り前で、毎年の様に修理費がかかってしまう。
それが当り前と割り切れる人は良いですが、こりゃかなわんと思ったら、折角手に入れた夢の愛車もお荷物でしかない様に思えて来ます。

 どんな事でも、吉凶相まって、同じ位に出て来るものです。
その度に一喜一憂していたら、それは目先しか見ていないと云う事かもしれません。
また、目の前に起きて来た事に引っ張られて、自ら凶を呼び込んでしまっている事もあります。
安心し過ぎて色気が消えるなんて、緊張感がないと云う事ですからね。
また、中古車も夢の車ではあっても、老人と同じですから、大切に扱ってやらないと壊れが早くなるのは当り前です。
中道と云いますが、偏らない、行き過ぎない、足らないを避けて、常に適当を心がける事は大切ですね。
また、吉凶、陰陽を、どちらも全て飲み込んでしまえる様な大きな器を持ちたいものだなと思います。

 何があっても、失ってはならないものもありますし、忘れてはならない事もあり、どうでも良いと捨ててしまった方が良い事もあり、大きな器と広い視野で、ブレないでいたいものですね。

バナー

因縁に責任はない

2011 - 10/20 [Thu] - 03:57

 因縁と云えば、悪いものと思っている人が多いですね。
先祖因縁、色情因縁、事故因縁、衰退因縁、他にも因縁と名のつくものは沢山ありますね。
でも、仏教用語で云うならば、因縁とは「因・縁・果」の言葉から来ていて、原因があって、縁があって、それで結果が出ると云う当り前の事を説明している言葉です。
ですから、何かの原因がどこかにあって、そこに人の繋がりや物との縁があって、それで結果が出て来ると云う事です。
因縁と云う言葉は、それを説明している言葉であって、そこに良し悪しはありません。
内容によって、良い因縁と悪い因縁、無害な因縁があると云う事は確かです。
因縁イコール悪いもの、と考えるのは短絡的ですし、何か他の意図があって悪いものと捉えられる様に仕向けられた様に思います。

 人が生きている以上、誰かと関わり、どこかと縁が出来て、様々な物に触れて来ます。
それが全て縁であり、また関わったり縁が出来たりする動機が因です。
そう考えると、因縁はあって当然ですね。
と云うか、なければ生きていけませんし、存在そのものもなくなってしまいます。

 大切なのは、悪い事が起きた時に、因縁のせいだけにするのではなく、それも含めてどう対処して行くかです。
良い因縁なら、それを利用し、更に良くなる様に頑張れば良いし、悪い因縁ならば、それを解消するとか方向を変える様に努力して行けば良い。
因縁が悪いから、と責任転嫁をしてしまうと、何も変わらず、ただ愚痴を言っているだけの後ろ向きの姿でしかないですね。

 因縁を正しく理解し、それをどうして行くかを考えて、もっと楽しく、もっと充実し、活き活きと人生を送れる様に考えましょう。

バナー

修行、修行、修行

2011 - 10/19 [Wed] - 03:34

 今日は空手の日でした。
相変わらず、汗だくになりました。
今日は何名も試合に近々出る人がいたので、練習後にキックミットやビッグミット、パンチングミット等で、スタミナトレーニングや細かいチェックがあって、やっている方は当然クタクタでしょうが、つき合っている方もかなり疲労した事でしょうね。

 空手に限らず、何でもそうですが、身体を徹底して苛める時、そして心のトレーニングをしなければならない時、戦略を練ったり、計画を立てたりと、頭をフルに使わなければいけない時があります。
身体の修行、心の修行、頭の修行、そう云うものが上手く一つにまとまった時、その修行は大きな成果を生み出します。
そう云う時間は、ある種の非日常です。
逆に、日常に囚われてしまっていては、修行に身が入らず、中途半端な侭に終ってしまいます。
それでは意味がありません。
日常の為に、非日常で行う修行は、日常からかけ離れ、隔絶して、日常の意識を捨てる事が大事ですね。
常識や固定観念は邪魔でしかありません。

 修行は大変です。
でも、同時に修行する事が出来る幸運を持っていると云う事でもあります。
日常に追われ、非日常の時間を持つ事も出来ない人もいるのですから、そう云う時間を持つ事が出来るのは、凄く有り難い事です。
だからこそ、全身全霊でそこに向う事が、礼儀とも云えるでしょうし、あるべき姿でしょうね。

 汗を流し、声を出し、息も絶え絶えになりながら頑張っている姿は、美しくさえ見えました。
頑張って、やり抜いて、結果に結び付いて欲しいですね。
また、結果がもし出なくても、それまでやった事が自分の中に財産として残ると思います。
思い残す事がない様、徹底してやって欲しいなと思います。

バナー

心地良い

2011 - 10/18 [Tue] - 04:17

 居心地が良いと云いますが、最高に居心地が良いのは、やっぱり心が通った人がいて、好きな物に囲まれている事でしょうか。
信頼出来る人、心許せる人、気を遣わなくて良い人、趣味の合う人、そう云う人が側にいたり、近くに住んでいたりすると、何だかホッとしますね。
また、自分の環境に、自分で選んだ、自分の趣味の物や好きな物があると、見ているだけで気持ちが和む事もあります。
居心地良くすると云うと大袈裟に聞こえてしまうのですが、ちょっとした事で居心地って変るものです。

 社会で生きていると、どうしても色々な人に関わったりする訳で、そんな中で自分の立ち位置や居場所を作っていなければいけません。
その際に、無理し過ぎる事なく、また抑制し過ぎる事なく、自分らしくいられたら最高ですね。
そう云うポジションを作るのも、努力と時間が必要ですが、出来てしまうとその場所は自分にとってテリトリーとなって居心地が良くなります。

 そう云う場所が、一箇所ではなく複数あると良いですね。
職場や家庭や友人関係や趣味や運動の場所、等々。
そうすると、そこで関わる人や物によって視野も価値観も広がりますし、また自分の中に色々なものが吸収されて行き、知識や経験も増え、行動範囲まで広がったり、そんな中から自分の中に芯が出来て来ると、少々の事ではブレなくなって来ます。
結局、そうやってブレない自分を作る事が、一番居心地の良さを作るのかもしれないですね。

バナー

パワースポット

2011 - 10/17 [Mon] - 03:35

 目に見えない空気、って当り前ですね(笑)
空気が目に見えるのは、分子や原子を分析する時だけですね。
でも、目に見えない空気に含まれる他の物、身体に良いとか悪い微粒子、流れて来る匂いや季節、他にも何らかのエネルギーや人の思い、等々が少なからず影響を与えます。
何だか解らないけど、今日は調子が良いとか、どこも悪くないのに今日は調子が悪いとか、一日の内でも旧に調子が良くなったり悪くなったり。
突然にエネルギーが抜けた様になったり、パワフルになったり。

 社会に生きているのですから、自分を取り巻く環境の中には色々なものが含まれているのは当然です。
それが互いに影響し合って、良い方向へ進んだり、足を引っ張ったりする。
良く云われる環境被害、低周波や電磁波や高周波、今問題になっている放射線や、他にも色々なものがあります。
それに加えて、感覚の鋭い人には感じてしまう、気温や気圧や人の思い、等々。

 所謂、パワースポットと云うのは、そう云うものが人間にとって、生命にとって有益なもので浄化されている場所を云うのですが、それが自宅だったら、自分の属する場所だったら最高ですね。
空気清浄機や、エアコン、他にも色々な手法を用いて、自分を取り巻く環境をパワースポットにする事が出来たら良いですね。
スピリチュアルや神秘的な事も然る事ながら、現実的な方法をしっかり利用して、そう云う良い環境作りを心がけたいものです。

 夜中は心地良い時間です。
世の中の環境が鎮まって(完全ではないですが)、とても静かな時間。
何となく、身心がのびのびします。
朝早く、皆がまだ寝静まっている明け方が気持ち良いと云うのも同じでしょうね。
夜更かしするか、早起きするか、皆さんはどちらのタイプでしょうか。
私は、言う迄もなく、夜更かし型、夜行性です(笑)

バナー

秘密が消えて行く

2011 - 10/16 [Sun] - 03:13

 時代は確実に進んで、どんどん未来に近づいていますね。
曾てSFで描かれた事や、夢とされた事が、目の前に次々と現れて来るのは、凄い事だと思います。
特に19世紀から現代迄の時代の流れは、激流に思えてしまいますね。

 そんな中で、今日あるニュースを目にしました。
フリーメイソンの最新の陰謀─「ネットで若手会員を獲得せよ」
秘密結社と云えば秘儀を重要視して、その秘密性と閉鎖性を重んじていた筈ですが、そう云えば他の結社も様々な形で話題に上り、公募している所もあります。
ダヴィンチ・コードで名を知られたテンプル騎士団やイルミナティ、薔薇十字団や黄金の暁、等々中世や古代から闇に隠れたり、その教義や実態を世に見せようとしなかった団体は沢山あります。
新興宗教や密教も、そう云う意味では同じ性質かもしれませんね。
しかし、時代が流れて、その秘儀を受け継ぐ人間が減って来た事により、その存続事態が危ぶまれて来たと云う事でしょうか。

 組織が身を隠すと云う事は、様々な理由があると思います。
その実践性や危険性を無闇に広げないとか、組織の身を守る為とか、或いは反体制であるが故とか、どう云う理由にしても、それはある種の選民意識であり、特別意識だと思います。
が、それが失われて行くのは、良し悪し両目ある様にも思いますね。
どんな事でも、大抵の事はこのネット時代にはある程度公開されていて、知ろうと思えば大体の事は知る事が出来ます。
その恩恵に私も預かっています。
が、その反面で、隠しておくべき事、公開するべきではない事も沢山ある様に思います。

 全てがオープンになり、その神秘性も失われて行くのは、どこか淋しい気もしますね。
また、経験と体験でしか真実を知る事が出来ないものが、そのマニュアルだけで知識としてのみに貶められて行く事もあります。
そうなると、その本質は失われて行きます。

 時代は変わる。
そう云う事なのでしょうね。

バナー

体操日本

2011 - 10/15 [Sat] - 04:02

 TVで体操を見ていました。
全部見た訳ではないですが、男子・女子共、素晴らしかったですね。
特に内村航平君の史上初の3連覇、凄いですね。
また、田中理恵さんの演技も素晴らしいですが、試合中、試合後の笑顔が素晴らしかったですね。
確かに、試合ですから勝つ事が目的ですし、勝たなきゃ意味がないと云う見方もあるでしょう。
参加する事に意義があると云うのは理想論です。
が、参加して、自分の力を精一杯出し切った姿は、結果とは別に清々しさがありますね。
結果が出ない時、そこで悔しがるべきなのか、そこは割り切って、また次を目指せば良いのか。
どちらが正しいか解りませんが、どちらにしても全ての力を出し切ったと云う事が大切に思えます。

 それにしても、彼等の身体能力は異常ですね。
床運動にしても、飛んだ時の高さは3ⅿ近く(もっとか)になっていると思います。
門外漢からすると、あり得ない動きの連続です。
訓練の結果と言われればそれまでですが、驚異の一言でしかありません。
空手でも一流選手や達人の動きは、常人を遥かに越えてしまいます。
そして、その集中力。
凄いですね。

 でも、憧れたり、楽しんでいるだけでは、只のミーハーでしかないので、遠く及ばないですが、少しでも身体能力や集中力を高めて、僅かでも近づける様に頑張らなければいけませんね。

バナー

見落しや失敗

2011 - 10/14 [Fri] - 02:13

 どうでも良い様な小さな事や、無視しても良い様な失敗、それが後になって突然噴き出した様に大きな問題になって来る事があります。
城も蟻の一穴から崩れるの譬えの如きですが、油断と云うレベルですらない様な事が、人の心に深く刺さったり、傷ついたり、或いは怒りを買う事があります。
織田信長と明智光秀の様に、光秀の油断や迂闊が信長の怒りを買い、信長の怒りが家臣である光秀の下克上を招いたのと同様、人は無意識に人に対して、相手の感情を逆撫でしている事があります。
それを認識した上で利用して、相手のやる気を起させるとか、モチベーションを上げるとかと云う方法もありますが、後に必ずそれだけの飴、甘やかしと称賛があり、また種明かしがあって成り立つものです。
大抵の場合は、無意識にやってしまう事で、本人も気づかぬ所で相手の感情を刺激してしまっているので、自分の知らない所で事は始まり、そして動き始めています。
それが現実に目の前に突きつけられた時は驚愕でしかなく、何が起こったのか唖然とさせられて理由が解らなかったりするものです。

 仕事が上手く行かない、突然にリストラ対象になる、理由も解らず評価が下がる、親しかった筈の友が何も言わずに去って行く、等々と身の周りには思い浮かべると沢山そう云う事があるかもしれませんね。
何をするにも、そこには人が介在しています。
機械やPCでも、たった一つの部品や故障の放置が、後になって大問題を引き起こす事があります。
まして相手が人であれば、人間の感情は論理だけでは割り切れないものですから、何が起きるか解りません。

 無意識の癖や言葉や態度、思い込みや油断は、気をつけたいですね。

バナー

繋がっていると思って

2011 - 10/12 [Wed] - 03:18

 今日は空手の練習でした。
いつもながら楽しい時間でした。
ちょっと頑張って、ちょっと腰が痛いですが(苦笑)

 こうして身体を鍛えるのも、空手を練習して神経を研ぎ澄ますのも、また汗をかいて溜ったものを解消するのも、道場内での人間関係や会話も、全て私の生き方に繋がっています。
仕事は勿論、手を合わして先祖や神や仏を祈るのも、お参りに行くのも、好きな映画を観るのも、気に入った音楽を聴くのも、またPCをバージョンアップしたりするのも、全て私の生き方に繋がっています。
どんな事でも、辛い事でも嫌な事でも、また苦しい事でも、逆に楽しい事や嬉しい事でも、そこから気づかされたり、ハッと解ったりする事が沢山あります。
見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れる、感じる、思う、そこに次へのヒントがいつもあります。

 どんな思いでも、経験でも、その渦中にいると振り回されたり、視野が狭くなったり、そこにだけ集中したりして、目の前にある宝物やヒントを見逃す事が良くあります。
ですから、私の場合は、「これがクライアントからの相談事だったら、どうするか」といつも考えて答を出して行きます。
そのちょっとした事が、自分を冷静にして、また視野を変えてくれます。

 いつも第三者的な、どこか冷静な部分を残しておいて、物事を考える事が出来たら、見落としや見逃しが減るかもしれませんね。

バナー

年齢と老い

2011 - 10/11 [Tue] - 02:40

 年齢は否応なしに年を重ねて行きます。
いつ迄も若く、また若返りは、永遠の人類の夢であって、昔からそのテーマの話が沢山ありますね。
秦の始皇帝の不老不死の薬探し、魔法、錬金術、そしてクローン、等々と伝説や映画等で何度も眼にし、耳にして来ました。
抵抗しても絶対に勝つ事が出来ないのが、年齢と老いですね。
私も若い頃の無茶が今頃になって祟っていて、歯がガタガタです。
他にもあちこち故障しましたが、鍛える事と調整で乗り切っています。

 でも、綺麗に年を重ねるって、難しいですね。
経験が人の顔や身体に刻み込まれて行きますが、幸せな人生の人は幸せな、苦労の多い人はそう云う顔をしています。
40才を過ぎたら人間は顔だ、と誰かが言いましたが、若くても、老いても、人は顔に色々なサインを出していますね。
その人の普段の生き方や考え方や性格が、しっかり顔や身体に出ていると思います。
特に、目付きや口許、顔の皴、姿勢等にそれは出ますね。
見る人が見たら、そう云う所からすぐに見抜いてしまうだろうなと思います。

 毎日、自分の顔や肉体を見ながら、自分の美的センスに合わずに怒り、また努力しようと思っていますが、幾ら頑張っても20代の時には戻れないのが悔しいですね。
せめて、老いが進むのを遅らせたいと思っています。
シェイプアップ、トレーニング、ストレッチ、そして心を溌溂とさせて、子供の心を忘れずに、活き活きしていたいですね。

バナー

仕事に休日はない

2011 - 10/10 [Mon] - 02:02

 世の中は休日なのですね。
10月10日は昔から体育の日。
良く体育祭が開かれましたね。

 私の仕事には休日はありません。
面接相談だけが仕事ではないので、完全OFFと云うのは殆どありません。
海外旅行へ出かけても、メールとブログはチェックして、必要に応じて返事したりしていました。
ま、人が休みの時ほど仕事するて職種ですからね。

 この仕事を始めた時、24時間365日、いつでも緊急に対応出来なければいけないと決心して始めました。
最近は適当に合間に休養しますが、以前は本当にいつでも仕事出来る様に準備していました。
体制だけではなく、それは心構えです。
ですから、20代に浴びる程飲んだアルコールも断ちました。
お酒が入ってどこか神経が鈍くなった状態では、責任ある仕事は出来ません。
留守番電話も、元々、学生時代から新しい物好きで持っていましたが、FAXと共に準備しました。
あの頃は、まだ留守番電話もそれ程は普及していなかったですね。
マイクロカセットテープと云う小さなカセットに、応答メッセージを録音し、もう一本のカセットに相手のメッセージを残すと云う、2本カセットを使うものでした。
FAXも、当時は写真や図等は真っ黒になってしまう、中間色やカラーには対応していませんでしたね。
この20数年の間に、何だか凄く色々な物が発達して、時代が変わった様に思います。
携帯電話はかなり抵抗していました。
外に出ている時間は、少ない休養の時間と思って、仕事に追われる様で嫌でした。
が、そうも云えなくなって来てしまって、到頭携帯電話を持ち始めました。
富士通のストレート方の、勿論、カラー液晶なんかじゃない、昔の携帯です。

 振り返ると、色々とありましたね。
最近は敢て余裕を持つ様にしていますが、初心忘るるべからず。
意識は何も変っていません。
これからも、そうして行きます。
皆さんと一緒に、楽しく頑張って行きたいですね。

バナー

小者

2011 - 10/09 [Sun] - 01:05

 器を大きくするって、難しいですね。
真面目なだけでも駄目ですし、と云ってハチャメチャじゃ駄目ですし、面倒な事から眼を背ける様では問題外ですし、礼儀知らずはもっと駄目、軽薄なのも駄目ですしね。
気遣い、礼儀、節度は、人としてあって当然の基本ですから、ここが足りなかったり欠けているのは問題外ですね。
運が開くとか、未来がどうのこうのと云う以前の問題ですし、器が大きい小さいと論じるのも問題外。
軽薄なのは、根本的に考え方を変えないと直らないでしょうね。
修行していて、それが満行していないのに、途中で覚書のつもりなら未だしも、まるで自慢話の様に人に吹聴するのは軽薄以外の何でもないですね。
これだけの事をやっているなんて自慢話は、それが人から尊敬される人が言えば、ホ~ッ凄いとなるかもしれませんが、それだけの事をしているのに、それ位なのか?と言われてしまうかもしれないと思うと、どうなんだろうな~と思います。
例え話としての過去話は良いですが、自慢話は聞いていて軽薄にしか思えないですね。
まして、それが途中で終っていないのに、となると。

 無駄な隠し事は、無意識かもしれませんが、言動をきごちなくさせますし、そのせいで時に礼儀を失する事もあるでしょうね。
スッキリと裏表がないのが一番魅力的だと思いますし、好感が持てますね。
どうせ見る人が見たらスケスケに見えてしまうので、無駄な事は止めた方が良いでしょう。
近くに来ても顔も出さないで帰るのは、どんな気持ちでしょうね。
何か後ろめたい事でもあるのでしょうかね。
隠れてコソコソと顔を合わさない様にしたりね。
所詮、小者はそんなものでしょうかね。

 何れにしろ、器を大きくする為には、いつも正直で真直ぐで堂々としていて、自分の生き方に自信と誇りを持つ事です。
難しいですね、これを伝えて行くのは。

バナー

今月のアデプト通信

2011 - 10/08 [Sat] - 02:23

 まずは、護身法修行者と会員の皆様に告知です。
遅くなりました。
やっと、今月のアデプト通信が出来上がりました。
護身法修行者と会員の皆様には来週月曜日になりますが、発送させて戴きます。
毎月、様々な事情で遅れてしまっていて、申し訳ありません。
本当は毎月1日に発送したいのですが、いつも遅れてしまいます。

 毎月アデプト通信と云う会報を出していますが、それ以前は島津語録と云うものを毎月発行していました。
もう18年近くになるでしょうか。
ある相談者の女性から、「先生の言葉を書き残して欲しい」と云う事を言われ、それが毎月語録を書く事になってしまいました。
今はアデプト通信の中に一緒に書いていますが、以前は語録だけを発行していました。
最初は、一行しか表示出来ない昔のワープロでした。
ドットの絵で何となくレイアウトは分りましたが、あの頃のフォントは酷かったですね。
ちょっと字を拡大すると、ギザギザ文字になって。
その後、ワープロも進化して、インクリボンながらも色々とレイアウトしたり、図を描いたり出来る様になり、それがずっと続いて、そしてアップルのPCを使う様になりました。

 夢中で駆け抜けて来た25年間ですが、振り返ってみると語録も221号です。
アッと云う間に過ぎた様に思いますね。
しかし、毎月ですが、会報が完成するとホッとします。
いつも締切りに追われている様な気がしています。

 25年の間には、印象に残っている出来事や人が沢山です。
良い思い出、苦い思い出、中には幾ら時間が経っても許し難いと思う人物もいたり、愛すべきキャラクターも沢山います。
そう云う全ての物事や人から、沢山学ばせて貰ったと思います。
宮本武蔵の「我以外皆師」は至言ですね。
これからも、全ての関わりと御縁を大切にして行きたいと思います。

バナー

Apple

2011 - 10/07 [Fri] - 01:23

 今日、Appleのスティーブ・ジョブズ氏が逝去されたと云うニュースが世界を駆け巡りました。
Apple Japanでも正式発表しています。
かなり以前から膵臓癌等で体調を崩していたのは知っていますが、それでも新作発表会に登場し、毎回大きな話題を提供している姿は、Mac党の私としても嬉しかったのですが。
とても残念な事ですが、彼の遺伝子と夢と思いが受け継がれて行く事を望んでいます。

 1970年代、私がシャープのMZ80Bと云うPCを使っていた頃に、常に憧れの存在としてapple2がありました。
その当時はPCを置いている店も少なく、そう云う所を見つけると迷わずapple2に触れて憧れていました。
その後、暫く手許にPCを置く事が出来なかったのですが、改めて手にしたのが、Power Macintosh 5500でした。
Performaの廃止からiMacの間を繋ぐ機種で入門機種でしたが、新世代のPCに馴染むのには良かったです。
ОSも当時は8.0だったのを、最後は8.6迄アップして行ったのを覚えています。
その後はiMacになって、3台目です。
Windowsが、DOS/Vが、Appleがと云う議論は兎も角、私にはとても手に馴染む、そして人間的とも云える様な付き合いをして来たPCです。

 一人の天才、夢を持った若者が生涯をかけて追い続けた結果が現在のAppleを作り上げています。
諦めない事、自分の声に従う事、夢を持ち続ける事、等々と一言では表せない人ですね。
また巨星が一つ、空に登った。
これからのAppleの発展を空から見ているのでしょうね。
Apple社の変らぬ夢と発展を祈っています。

バナー

どこでも、いつでも

2011 - 10/05 [Wed] - 03:32

 今日は空手の日でしたが、一生修行を実感しています。
うろ覚えになった型、また使っているつもりで使えてない筋肉や、動いていない関節。
幾らやっても、新しい発見があります。
流行っている沖縄空手のチンチクとかガマクと云う言葉の意味や用法等は解りませんが、全身の回転、重心、胸骨の位置、肩甲骨の動き、肋骨の動き、足の裏の意識、そう云うものがどれが正解でも誤りでもなく、その一つ一つが連動して行く時、身体が自然な動きの中に微妙な感覚が走ります。
まだまだチラリと見えた程度のものですが、常に研究し、確かめて行く事で、変化して行くのが解ります。
一生修行ですね。

 修行は道場だけでも、修行の場だけでも、祭壇の前だけでもありません。
心の持ち様、目の付け様、意識の有り様だけで、どこでもいつでも修行になります。
行場や道場や祭壇等、特別な空間で特別な時間を過す事は、非日常空間に自身を置く事であり、一定期間そう云う場で修行する事は有効ですし、必要です。
しかし、大多数の一般人は非日常空間にずっと閉じ篭もってはいられませんし、日常には日常にしかない別の修行があります。
日常の中で活かす事が出来ない修行は意味がなく、自己満足でしかありません。
また、日常の中での修行で得たものが、非日常空間で得たものと融合する時、それは大きな意味を持ち、昇華して行きます。
非日常空間の中での修行の答えが日常の中にあったり、その逆もあります。

 一生かけて道を歩き、高みを目差して行きたいですね。
それがまた、楽しいものです。
すぐに辿り着く目標や、簡単に手に入るものは、神の喜びを与えてくれないですね。
強い信念と、夢と、深い愛情と、歩き続ける弛まぬ気持ちが、修行を続けさせてくれます。
夢を持って、愛情を持って、楽しみましょう。

バナー

見えない拘り

2011 - 10/03 [Mon] - 02:52

 自分では当り前だと思ってやっている事や言っている事、これが正しいと思っている事、好きな事や嫌いな事、そう云うものが実は単なる自分の拘りで囚われていると感じる事がありますね。
綺麗好きとか、仕事のやり方とか、人とのつき合い方とか、日々のライフスタイルの中にあるちょっとした拘りや自分の中にあるルール。
そこに囚われていて、そこから抜け出さないから、変れないし踏み出せない。

 何かを解決したり、踏み出さなければならない時に、そう云う何気ない事が大きく自分を止めてしまっていたりするものです。
自分にとっての普通は、他の人にとっては異常なのかもしれない。
そう云う眼で振り返ってみると、自分の拘りが見えて来るかもしれませんね。

もし、それを感じたと云う時は、そこから解放されるタイミングが来たと云う事でもあると思います。
そう云う機を逃さず、自分をしっかり第三者的な眼で振り返って見ると、出て来る出て来る、沢山囚われている事がありました、って(笑)
誰でもそうです。
私もそうでした。
今でもそうかもしれません(苦笑)

 今日から、今から、ちょっとずつ拘りを捨てて行きましょう。
そしたら、少しずつ、薄紙を剥ぐ様に楽になるかもしれませんから。

バナー

10月神無月になって

2011 - 10/02 [Sun] - 01:43

10月は神無月ですね。
日本中の神が出雲大社に集まって会議をすると云う月だそうです。
また、出雲では逆に神在月と云うそうですが。
だとすると、日本中から神がいなくなってしまいますね。
って、そんな訳ないでしょうと疑問を昔から持っていました。
Wikipediaや色々なものを調べてみると、神無月の正確な語源は解っていない様ですね。

 長年、修行して来て、色々と学んで来て、私なりに出した結論は、神無月は現代の大和以来の神は出雲に集まらない、です。
神は大和以前にも存在しています。
が、それら古代の神々は人々から忘れられて行き、今は殆どが神として扱われていません。
今でも神として扱われているのは、ほんの一握りですね。
出雲に於ける国譲り、その時に天津神々に国を譲るかどうか、古代神と国津神々が会議をしたと云われます。
長い時を経て、年に一度集まるのは続いているのかもしれないですね。
とまぁ、私の勝手な理屈ですが、新嘗祭を日本中でこの時期に行う事から考えても、神がいないのに祭はしないだろうと思います。

 何れにしろ、10月になってから、空気が澄んで来ましたね。
祀られなくなった、拝まれなくなった神がいないからか、彼岸が終って霊達があの世に帰ったからか、どちらにしても気持ちの良い空気が流れています。
有り難いですね。
逆に、穢れのある人には辛い時期なのかもしれませんが、それも修行と思ってしっかり禊して清まって行けば良いですね。

 さて、来年予定している参拝旅行の目的地である熊野ですが、着々と復興している様です。
ちゃんとお参り出来る様に、神々が御手配して下さっているのでしょうか。
いつもながら、須賀洋治 熊野語り部福祉観光タクシーさんのブログ、南紀熊野語り部ケアタクシー(熊野通信)で情報を発信して下さっています。

バナー

平和主義

2011 - 10/01 [Sat] - 02:49

 殆どの人から戦闘的だと思われているらしいですし、事実だと自分でも思いますが、実は私は誰よりも平和主義で争い事が嫌いです。
穏やかで、静かな、そんな時間や空気やそう云う人が好きです。
が、自分も含めて大切なものや人を守る為には、現実的な力や知恵はどうしても必要です。
他に打ち勝つ、負けないだけの力を身につけた上で、争い事を避ける事が出来たら最高ですね。
理不尽に対しては、守る為に闘う必要がある時もあります。
しかし、争いがなければ、勝ち負けもない訳で、そもそも勝ち負け自体が存在しなくなります。
また、競わなければ、優劣もなくなってしまいます。
人もものも万物も、そこにあるだけで、存在しているだけで大いなる価値があり、どれが上とか下とか、優れているとか劣っているとか、勝ち負けすらも意味を持ちません。

 長年、武道を修行し、取り分け空手を好んでやって来ました。
最初は強くなりたい、ただそれだけでした。
人と競ってと云う意識は元々欠落しているので人との優劣は全く気になりませんが、実戦性に拘りを持ってやって来ました。
しかし、長年やって来る中で、その意識は変化して来たかもしれません。
現在も現実性や実戦性には拘りを持っていますが、それ以上に周囲や相手との心の交流、会話を意識しています。
互いに力や技を出し合い、心地良い交流と会話が出来たら最高ですね。
力に力で対抗する、力に対して立ち向かわずに受け流す、互いが流れる様に通い合う事が出来たら、武道に限らず日常の中でも心地良い生き方が出来るかもしれません。
そんな事を、悩んで相談に来られる方に少しでも伝えて行けたら良いなと思っています。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR