感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2011年07月  

2011 Dream Cup

2011 - 07/31 [Sun] - 02:05

2011 Dream Cup

  本日は、新極真会の夏の祭典、ドリームカップでした。
我が道場からも沢山出場しています。
午前中の型の試合、見応えがありました。
気になった事は、子供達の型のリズムが皆同じで、急いでいる様に見える事でした。
緩急もしっかりしているのですが、何か大らかさとダイナミックに欠ける気がして、惜しい気がしました。
しかし、高級な型まで一般男女も子供達もしっかり頑張っているのは、素晴らしいなと感じました。

 午後には、組手の試合でした。
激闘に継ぐ激闘、素晴らしいの一言です。
普段の稽古が表れて勝ち抜く人、負けてしまう人、それぞれ皆一様に全力で立ち向かう姿は、いつ見ても良いものですね。
ただ、スパーリングと組手と試合は違うのだと云う事を改めて感じました。
それぞれにやり方があり、気をつけるべき点も違います。
一本勝ちを取る程の差があれば兎も角、そうでなければ勝ち方と云うものを意識して、それに合わせて行かなければいけないのだなと思いました。

 残念ながら、今日我が道場から出場した人達は優勝に到りませんでしたが、それぞれが僅差であり、課題が新たに見つかり、次に繋がるものであったと思います。
素晴らしい激闘でした。
明日も高校生達が出場します。
しっかり応援して、写真を撮りたいと思います。
今日撮った写真は、妻と二人で約1,000枚。
頑張って整理して、またフォト蔵にアップし、ファイルにして道場へ持って行きます。

バナー

スポンサーサイト

説教臭いのは気持ち悪い

2011 - 07/30 [Sat] - 03:00

 人から説教をされるのって、好きな人なんかいませんよね。
私もそうでした。
決して真面目一方だった訳でも、成績が凄く良かった訳でもないですから、説教される機会は沢山ありました。
中には素直に聞ける時もありましたが、大抵は心の中で煩いなと感じていて、段々と苛ついて来たり、嵐が通り過ぎるのを待っているだけでした。
余り説教がしつこいと、その人が説教をする真意はどこにあるのだろうと探り始めたりして、そうすると実は言う事を聞かせたいだけだったり、偉そうにしたいだけだったり、相手(私)の事を思って説教していると言っていますが、全くそんな心はない事に気づいてしまう事も多々ありました。
そうなると駄目ですね、その人自身まで嫌いになってしまうので、それ以降はその人の言葉は全く耳に入らなくなってしまいます。

 修行時代、昔ながらのやり方で偉そうに大上段から振りかぶった様な言葉を吐く人には沢山会いました。
宗教家も修行者も空手家も、他の職業の人も、そう云う人は嫌と云う程出会って来ました。
中には、修身や論語、孫子や老子や孟子の言葉を出して来る人がいて、気持ち悪いと感じた事もあります。
自分が体験して掴み取った言葉であれば良いのですが、ただ書物を読んだだけ、知識をつけただけのものをさも偉そうに言われると、阿呆かと思ってしまいます。
一言で済む事を、長い時間をかけて説教したり、「一体何がしたいのだろうか、この人は」と思った事もありますね。

 それ故、私は大上段に振りかぶった言葉を口にしたり、説教臭くならないと、心に決めました。
同じ事を言っていても、「こうするべきだ」と言い切るのと「こうしたいよね」と促すのは全く違います。
そう云う事を正しいと思い込んでやっている人は沢山いますが、私の目には「何様のつもりかね?」としか思えず、気持ち悪いだけですね。
真に相手の事を思えば、相手の尊厳や誇りを傷つける事なく、相手の解る言葉で話す事が出来る筈です。
ガミガミ、ダラダラと説教し続けるのは、相手の事を思っていない証拠でもあり、また他からの引用をやたらと持ち出すのは、自分の中に芯になる思想哲学がないと云う事を証明しているとしか思えません。

 信頼関係があってこそ、互いの尊厳や誇りを守ってこそ、言葉も思いも伝わって行きます。
どんな立場でも、忘れたくないですね。

 明日は新極真会のドリームカップです。
道場の師範や仲間達、新極真会の友人達が多数出場します。
支部長先生方にもお会いする事が出来ます。
私は応援と共に写真班として会場に行きます。
熱い闘いから、色々なものを吸収し、学び、精一杯応援して来たいと思います。

バナー

安らぎの場所

2011 - 07/29 [Fri] - 02:52

 家庭と云うものは、温かく、心休まるものであって欲しいですね。
それは一人暮らしでも家と云うものがあり、そこは自分の家庭であって、同じく心地良い空間であって欲しい者だと思います。
普通に朝の挨拶があり、御飯があり、会話があり、安らぎがある。
また、生活している人の生き方や考え方が沁み込んで、落ち着ける空間であって欲しいものですね。
子供のいる喧騒も、一人暮らしの静けさも、子供のいない夫婦の何気ない空気も、お年寄りのいる家庭も、それぞれの思いがどれも否定される事なく、偏る事なく、互いの良い距離感で、押し付けがましくなく思い合っている、そんな雰囲気があれば最高です。

 残念ながら、そう云う微妙な心地良い空気や潤いのない家庭の相談は多いですね。
食事には出来合いの物がそのまま出て来るとか、朝夕の挨拶もないとか、いつも顔を合わすといがみ合いをしてしまうとか、食事も共にしないとか、家庭内別居や家庭内一人暮らしの様な、そんな家庭が多いのには驚かされます。
普段は外見ではそう云う事は解りません。
他人には伺い知れないものです。
でも、何かの折にふとした言動で透けて見えてしまう事があります。
特に冠婚葬祭や、お金や立場が絡んで来たりする場合には、隠してもフッと見えてしまう事があります。

 家庭は、帰るべき巣であり、安住の地であり、本当に心休まる場所であって欲しいですね。
冷たい、隙間風が吹いている様な、ギスギスして落ち着かない様な家庭で育ったり、現在そうである人は、やはり余裕がなく、性格的に偏った人が多く見えます。
明るく、温かく、情緒豊かな、飾る事なくいられる、そんな家庭を持ちたいですね。

バナー

大人物を目指して

2011 - 07/27 [Wed] - 03:00

 この人は器が大きな人だなと思う人に出会う事が出来たら最高の宝物ですね。
地位があるとか、裕福であるとか、知識人であるとか、そう云う事とは全く別の次元で、広い心と大きな懐を持っていて、筋目と義理を違える事なく、肝の据わった人と云うのは、残念ながら中々出会う事が出来ません。
損得を考えず、楽を望まず、自己より他を優先し、生き様に誇りを持って、貴い志を貫く事は、大変に難しい事です。
常に悠然と構えて、慌てず、騒がず、いざと云う時は気迫に満ちて己の道を真直ぐに突き進む姿は、神々しくさえあります。
歴史上の偉人達に語り継がれ、今も人々の憧れになっている人達は、大きな器で人を導き、従う者達に対して誠意と誇りを以て接し、時に命さえ惜しまず与えたと云います。

 修行や武道を通じて、身心を錬磨し、精神修養を続ける事で、得られる境地もあります。
が、そんなものに触れなくても、一心に正道を歩き続けて大きな器を持つに到った人も沢山います。
邪心なく、迷いなく、曇りなく、低きに流されず、安易に囚われず、闇に惑わされず、ただ一筋正道を真直ぐに歩き続けて行くのが人の道です。

 そう云う姿を理想として、迷いながらも、遠回りしながらも、一歩ずつでも正道に立ち返って、大きな器を持ちたいものですね。
その為には、生涯修行。
時に、息も絶え絶えになりながら、私も目差して行きたいと思います。

バナー

昨日の月例会

2011 - 07/26 [Tue] - 02:27

 昨日の月例会、いつもながらの熱い一日でした。
正午から始まって、全員が帰ったのが午前1時過ぎ。
都合13時間、ずっと話していました。
遠くは八戸から、また名古屋から見学に来てくれた方もいて、参加者の多くは終電ギリギリまでいて、近くの人や自家用車で来ている人は、終電後最後まで。
大体、最後まで残るのは同じメンバーですが、早く帰る人も遅くまでいる人も、皆の熱心さはとても嬉しいですね。
話題も多岐に亘り、またここで知り合った者同士なのに凄く仲良くなって、縁と云うのは本当に不思議で、また貴重なものだなと思います。
多くの方が、私の勧めで空手や太極拳をやっていますが、始めてからどんどん元気になって行くのは嬉しい限りです。

 これからも楽しく、また熱い集まりを続けて行きたいと思います。

バナー

本音と性根

2011 - 07/24 [Sun] - 02:10

 人と話したり、TV等で見たり、メディアに載るその方の言葉等を読んでいると、色々なものが透けて見える事が良くあります。
人は誰でも無意識、或いは意識的に、サインを出しています。
自分では隠しているつもりでも、表情や言葉や態度等に必ず何かのサインが出ています。
そのサインをしっかり見ていると、その方の本音や性根が透けて見えて来ますね。
心理学ではそう云うプロファイリングの理論や技術もありますが、そんなものを学ばなくても、相手を観察していると解って来ます。

 特に、危機に直面した時や極限状態では、顕著にサインが表れて来ます。
命にかかわる様な事でなくても、仕事でもプライベートでも、マズイと思える様な場面になるとハッキリとサインが出て来ますね。
それに気づいて、期待していた相手に裏切られた様な気になったり、評価していなかった相手にキラリと光るものを見い出して嬉しくなったりします。
本音や性根は、持っている本人自身も気づいていないものだったりする事もあります。

 人物分析は、やり過ぎると却って人と付き合い辛くなってしまいます。
が、ある程度相手を見抜く目を持っていたいものです。
理想の人間関係は、心を通わせ、信頼関係で繋がって行きたいものですが、その為には相手を知らなければなりません。
それでも、長い時間をかけて付き合って行く中で、段々と心が通い、信頼関係が出来上がって行くものだと思います。

 一つ悪い部分が見えてしまったから、その相手は駄目だと云う事は絶対にありません。
良い部分もあれば悪い部分もあるのが人間です。
一点だけで丸ごと相手を信頼したり、或いは切り捨てたりしない事は大切ですね。

バナー

才能

2011 - 07/23 [Sat] - 03:32

  良く、人参を目の前にぶら下げると云いますが、目の前に目標や敵がいると楽ですね。
そこに向って気合いを入れて行けば良いのですから。
それが目の前からなくなって見えなくなると、途端に勢いがなくなってしまう人がいます。
敵も目標もなくなった訳ではなく、目の前にいないだけで、目指す先には必ずいるのですが、見えていないと忘れている訳ではないでしょうが、つい弛れてしまう。
それが人間らしいと云えばその通りですが、それでも勢いや気持ちを維持し続ける事が出来たら最高ですね。
その動機は色々あるでしょうが、ずっと維持し続けるってとても難しい事です。
周囲の環境や体調や、色々なものが取り巻いている中で生きていますから、どうしてもそちらに神経を取られたり、消耗したり、誘惑されたりしてしまいます。

 一芸に秀でる人と云うのは、どこか変質的であったり、固執する人であったり、オタクであったり、頑固者だったりするものです。
普通にバランスの取れた常識人は、その常識から飛び出す事が出来ませんから、一芸に秀でると云うのは難しいかもしれないですね。
また、一芸に打ち込み続ける中で、様々な困難や葛藤があり、時には周囲からの無理解や心ない言葉や態度に傷つく事もあります。
それでも変らずその道を歩き続ける上で、目に見える敵、見えざる敵と闘い続け、見えている目標、見えざる目標を目指し続ける強さと強固な意志が必要です。
やはり、かなりの偏った性格でないと無理かもしれないですね。

 才能は、一芸に向って努力し続ける、歩き続ける事が出来る事こそが、才能の本質なのかもしれないですね。

バナー

ほんの一瞬の為に

2011 - 07/22 [Fri] - 02:49

 同じものでも、目線を変えると全く違って見えて来るものです。
凄く大変そうな事でも、違う方向からの目線で見ると、なぁ~んだ!!と云う事もあります。
逆に凄く楽そうに見える事が、目線を変えてみると、とんでもなく大変!!と思える事もありますね。

 人間は一方からの目線だけで物事を判断してしまう事が多く、時間が経つと共に見ていた事とは違う側面を見たり気づいたりする事で、驚きや失望や思わぬ喜びを感じたりします。
凄く優しそうに見えた人が、暫く付き合ってみると実はとてもクールだったり、性格が悪かったりする事もあれば、怖そうな人が実は物凄く優しかったり。

 空手でスパーリングをしますが、毎回20名近くと当るのでインターバルも入れると約30分近くスパーリングをする事になります。
暑い道場の中では、それは苦行です。
でも目線を変えてみれば、一人と当る時間は1分。
それが20回繰り返します。
インターバルの時間に息を整え、1分間だけ集中して相手と向き合う。
20人だと思うと大変ですが、一人一分だと思うと大した事ではない様に思えて来ます。
瀧に入っても、実際に瀧の中に入っている時間は数分でしかありません。
行き帰りで時間がかかりますが、たかだた数分の事でしかないのです。
空手の試合も同じ。
もし一回戦負けしてしまったら、たったの2分です。
その2分に向けて、長い時間と日数をかけて練習する。
やるのは、何でも一瞬でしかありません。
そこに向けて努力し続ける、歩き続ける事が大切ですし、その姿が美しいと思います。

 嫌な事や辛い事を首をすくめてやり過ごして行くと、後に残るのは後悔だけです。
一瞬の輝きの為に長い時を費やして修行して行く姿は、とても大変ですが、得るものも大きいですね。

バナー

想い出にひたって

2011 - 07/20 [Wed] - 03:51

 母に誕生日のプレゼントでセガのジュークボックスを贈りました。
数年前に発売された物ですが、本物のジュークボックスの様にダミーのレコードをピックアップしてターンテーブルに載せて針を落すと云う動きと共に、レコードをかける時に最初に聞こえるチリチリ音がして、曲が始まると云う、中々凝った玩具です。
50年代60年代頃の20曲が内蔵されていて演奏してくれます。
見ていると、ジュークボックスの表にあるレトロチックな光とレコードのイメージが懐かしいさを感じさせてくれます。

 昔の想い出を喚起してくれるものは沢山ありますが、音楽は特にそうですね。
懐かしい音と共に、その時代の事を色々と思い出します。
母もそうだった様で、機械の操作を覚えるのが嫌いな母が一人でスイッチを押して音楽を聴いています。
私も一緒に聴いていましたが、50~60年代頃の音楽はゆったりしていると云うか、現代音楽とは違って全て楽器で演奏していますから、味がありますね。
血が通っていると云うのでしょうか。
だから余計に色々な事を思い起こさせる、思い出させるのかもしれないですね。

 曾てアメリカの映画や音楽に憧れた時代、沢山の映画やTVドラマや音楽が日本に入って来ました。
そんな時代を経て来た母の世代にとっては、喜んで貰えた様です。
音楽は時代を越えてと云いますが、良いものですね。

バナー

ゆったりとした時間

2011 - 07/19 [Tue] - 02:54

 今日は、母のリクエストもあり、帝国ホテルのレ・セゾンへ食事に出かけて来ました。
母と妻の誕生日は、勿論年は違いますが、二日違い。
なので、一緒に祝おうと出かけました。
古い愛車を駆って、慣れた道を通ってホテルへ。
久々に出かけたフレンチレストランは、昔懐かしい様なサービスに心穏やかになりました。
絶妙な距離感で、近過ぎず遠過ぎず、気取り過ぎず、ざっくばらん過ぎず。
昔ながらの重いフレンチではなく、趣向を凝らした、遊び心のある、楽しい食事でした。

 カジュアルなレストランが好きと言う方も多いですが、私は喧騒が苦手で、洗練されたマナーのある静かなお店が好きです。
食事が進に連れて、段々と身心から力が抜けてリラックスして行くのが解りました。
ゆっくりと目と舌を楽しみ、何気ない会話をしながら、ゆったりと時間が過ぎて行く。
最高に贅沢な時間です。

 母と妻のバースデイを祝う為に出かけましたが、私もゆったり出来ました。
こう云う時間も必要ですね。

バナー

休めると甘やかす

2011 - 07/18 [Mon] - 02:26

 年齢が上がって来ると、当然ですが色々な所に故障が出て来たりします。
空手などやっていると、他のスポーツをされている方も同様でしょうが、しょっちゅうどこかしら痣を作ったり、怪我したりしています。
気にしていたらキリがないので、酷くない限りは放置してありますが、時には正座も出来ないなんて事もありますね。
全く何の故障もなく、無傷で身心共に健康なんて事は、理想論であって実際にそんな人はかなり稀と云っても良いでしょう。
風邪をひいたり、ちょっとした怪我をしたり、お腹が痛くなったり、頭が痛くなったり、ストレスが溜って来たり、等々と考えると生きると云う事は、そう云う事と上手く付き合いながら、起きて来た事に対処しながら、と云う事かと思います。

 ずっと以前から口にしていますが、疲れた身体は汗をかく(運動をする)、疲れた心は楽しい事に集中する、ある程度の負荷をかけてやる事で解れて来ます。
あぁ~疲れた、と休んでいても、疲れは抜けて行きません。
また、身体や心に起きて来た故障は、きちんとケアしてやらないと、治らないどころか酷くなる事もあります。
医師の世話になる、また自分でケアする、それは楽な事ではありませんし、時には辛い事もあります。
怪我をされて入院していた方がリハビリをする時、かなり辛い痛みに堪えなければいけないと云う事もあります。

 身体も心も、甘やかすとすぐにそれに慣れてしまいます。
宇宙に出た宇宙飛行士の骨が脆くなって骨粗鬆症になると云うのと同じで、必要ない、使わない状態が続くと、身体はそれに適応して行き、気がつくと元に戻らないなんて事にもなりかねません。
身心を維持する為には、最低限の負荷を頻繁に与える事が重要です。
それ以上の負荷を与えると、これは鍛えると云う事になります。
そして、過度の負荷を与えると、身心は無理に耐えられずに壊れます。
この辺りが難しいですが、大抵の場合は面倒臭いから、辛いからと、最低限の負荷さえ与えないでやり過ごす事が多いですね。
ま、そんな事をしなくても生きては行けますし、でも段々と衰えが出て来て、故障が酷くなって行くと、何もしなかった事を後悔してしまう結果になる事もありますが。

 休む事も、労る事も大切ですが、甘やかすのとは違います。
身体も心も甘やかして、怠けさせてしまわない様にしたいですね。

バナー

映画

2011 - 07/17 [Sun] - 02:49

 映画は、時間がある時は観たいと思います。
映画館はスクリーンが大き過ぎるのと、音が大き過ぎて疲れるので、もっぱらDVD派です。
それも、レンタルではなく、気に入った映画は買っています。
VHSの時代からですから、かなりの量の映画が家にあります。
ジャンルは色々。
時代劇、邦画、アクション、SF、ファンタジー、歴史物、ネーチャー、ミステリー、等々。
多いのは、時代劇とアクション、SF、ファンタジー、でしょうか。
比率はどちらかと云うと、洋画が多いですね。

 映画は夢の世界。
殆どが作り上げられた虚構の世界です。
でも、そこに描かれているのは、脚本家や監督が伝えたいメッセージ。
人間の持つ感情や可能性、夢。
そこから感じる事も学ぶ事も沢山あります。
また、洋画を見続けていると、段々と英語が聞こえる様になって来ます。

 映画から学んだ事やヒントを得た事は沢山あります。
仕事にそれは生かされていますし、生き方にも影響を受けた気がします。
何か迷いが出たり、行き詰った時に、映画は勇気と感動と知恵を与えてくれる様に思います。
一つの映画が出来上がるまでに関わる数多くの人達の、思いと知恵と知識と技術が結集されているのですから、じっくり観ると沢山のプレゼントがあるのは当然ですね。
映画も観て終りではなく、色々な観方をして行くとより楽しめて、感性が刺激されますね。

バナー

ちょっと御褒美

2011 - 07/16 [Sat] - 03:27

 今日、夜になってから電話がありました。
重い病に罹って、その治療の副作用で食べる事もままならなくなって腸閉塞を起してしまって入院し、このままでは危険かと思われていた方が、段々と食事が摂れる様になって来て、気力も戻って来て、どうやら退院許可が下りたとの事でした。
元の原因になった重い病は完治する事は期待出来ず、また食事を摂る事が出来る様になったとは云っても、まだまだ余談を許さない状況ではありますが、摂り合えず一段落と云うか、一安心出来る報告を戴きました。

 嬉しいですね、こう云う報告は。
大体、メールでの相談でも面接相談でも、殆どの方から事後報告や経過報告、お礼のお手紙やメールやお電話を戴くのですが、何が嬉しいってやっぱり良くなった!!と云うのが一番です。
開業医だった父も言っていましたが、「これがあるから、やっていられる」と。
達成感とか充足感、そう云う事もあるでしょうが、暗い顔が明るくなったのを見る事が一番の喜びです。
本当に、それがあるから頑張れる、と思います。

 これで終りではなく、またここからスタートですが、束の間の幸せな電話でした。
ちょっと御褒美を戴いた様な気分ですね。

バナー

首をすくめて

2011 - 07/15 [Fri] - 03:21

 暑いですね。
この時間になると気温はかなり下がりますが、ムシムシしているのは変りません。

 嫌な事って、いつもどこからかやって来たり、目の前に突きつけられたりするものですね。
平穏無事ってないのかと思いますが、時にやって来るそう云う静かな時間は幸せですね。
でも、その後に必ず何かがやって来るのが人生。
どうせ来るなら、ちゃんと向き合って、出来れば楽しんで行きたいですね。

 首をすくめてその場をやり過ごしたつもりでも、その影響は凄く大きかったり、次にやって来る時はもっと何倍にもなっていたりするものです。
与えられた責任や立場、どうしても向き合わなければいけない事を、面倒臭いとか嫌だとか、何とかかんとか理由を自分につけて首をすくめてやりすごしてヤレヤレと思っていても、実はそれを回避した事で自分の立場がなくなってしまっていたり、無責任と思われたり、信頼を失墜してしまっている事が良くあります。
そして、次からはその役割すら回って来ず、気がついたら誰も頼ってくれない、信用してくれないと云う事も。

 目の前や周囲に起こっている事は、全て自分に対する試練だったり、責任だったり、或いはチャンスだったり、教えだったりします。
小さな事、詰らないと思える事、面倒な事、嫌な事、どんな事でも、一度ちゃんと向き合ってからどうするか判断して行動しないと、大きな失敗に繋がる事があります。
向き合った上で、自分として関わらない、逃げると云う選択をするなら、それはありです。
次に起こる事も予想した上での事ですから、何か起きても慌てる必要も落ち込む必要もないのですから。
でも、首をすくめて、向き合わないで、その結果起きて来る事は、大抵の場合は予想外の事ですから、慌ててしまったり、落ち込んだりしてしまうものです。

 後で嫌な思いをしたくなければ、どんな事でも一応はちゃんと向き合ってみるのが良いかもしれないですね。

バナー

伝わる

2011 - 07/13 [Wed] - 02:58

 妻と話していて、或いは母と話していて良くあるのが、同じタイミングで同じ事を考えていて、何も考えず、意図せずに言葉にした事が、その通りに思っていたと云う事です。
相談と話していても、何気なく話し始めた話題が、相談者が心に思っていて質問したいと思っていた事だったりする事もあります。

 今日は空手でしたが、手が合うと云うか、波長が合う人とは不思議と相手が次にどこに攻撃して来るのかが解ります。
合わない人とは、目で見たり、身体が受けたりする事で感じ取り、遅れてしまいます。
今日もそんな場面がありました。
現役で試合に出ている人ですが、どうも手が合わない。
オーソドックスで、真直ぐな空手をする人ですが、相性が悪いのかやり辛い。
ですから、下段を食らったり、突きを受けたりしてダメージが残る事もあります。
今日も圧力が強く、ダメージはないですが、押し込まれてしまいました。
でも、そう云うのがまた楽しいのです。
自分の良い所、悪い所が見えて、勉強になりますし、練習になります。
真剣に、加減はしてくれながらですが、真直ぐに向って来てくれるのは、有り難いです。

 互いが真直ぐに相手を見ている、感じようとしているから、以心伝心の様に伝わるのでしょうね。
そう云う意味では、この方とはもっと心を開いて行かないといけないと云う事です。
長年やっていても、相手によって読めたり、読めなかったりするのは、まだまだ未熟。
仕事でもやはり読み辛い人と云うのはいますが、仕事ですからプライドにかけて何とか読み切っているつもりですし、あの手この手を使って隠れているものを引き出します。

 以心伝心で伝わる相手は楽です。
言葉で言えませんが、信頼出来ます。
そう云う関係を大切にして行きたいですし、そう云う相手と沢山出会いたいですね。

バナー

まず自分が

2011 - 07/12 [Tue] - 02:35

 人に愛されたければ、自分が人を愛する様にならなければ、人に大切にして欲しければ、自分が人を大切にしなければいけませんね。
気遣いの出来る人は、人からも気遣って貰えるものですし、人を嫌いだと思うと不思議と相手にも伝わり、相手から嫌われるものです。
昔、ある元詐欺師が人を騙す手口を口にしていた事がありますが、最高のテクニックは相手の事を本気で、その瞬間だけ好きになる事、だそうです。
そうすると、殆どの相手が自分を信用してくれる。
つまり、騙せると云う事らしいです。
勿論、詐欺等の犯罪行為は言語道断ですが、人と人の付き合いは、目に見えない交流が目に見える交流と同時に起こっていると云う事なのでしょうね。

 普段から、関わりのある人やお世話になった方や気になる人に対して、きちんと思いを持って、押し付けにならない気遣いや配慮をし、交流を保っていると、必ずそれは次に繋がって行きます。
これ位と思って蔑ろにしていると、段々と疎遠になって行ったりして距離が離れ、意識が薄れて切れて行きます。
勿体ないですね。

 一生の間に出会い、縁が出来る人の数は限られています。
一般の人なら、多い人でも数千人でしょうか。
無駄にするのは惜しいですね。
まず、自分が思い、やれる事を忘れずにやる。
そこからスタートしてみませんか。

バナー

演武会を見て来ました

2011 - 07/11 [Mon] - 03:21

 今日、祖師ケ谷大蔵駅の前にあるウルトラマン広場で極真空手の演武会がありました。
1年前の6月、道場を開設する折にお手伝いさせて戴いたのですが、地域密着しながら頑張って来られ、折々に御挨拶戴いたり、報告を戴いたりして、御縁に感謝していました。

 子供達、一般部の大人達、慣れない演武ながらも暑い中で気合いを入れて頑張る姿はとても輝いていました。
嬉しいですね、皆が頑張っている姿を見るのは。
師範の人柄が、指示を出している姿や道場生の頑張りから伝わって来ました。
厳しく、優しく、丁寧に頑張って指導されているのが良く解ります。

 中に一人、オッと思う女の子がいました。
後で紹介されたのですが、師範のお嬢さん。
やはり蛙の子は蛙と云うか、筋の良い、気合いの入った演武でした。
我が道場の師範のお嬢さんも同じですが、血は争えないと云う事でしょうね。

 フォト蔵に少しだけ今日の演武の写真をアップしました。
どうぞ見て下さい。

 こう云う、人との御縁や義理は、小さくても大切にして行きたいですね。
縁の積み重ねと、気遣い、そう云うものが次へ繋がって行くのですから。

バナー

時間と空間

2011 - 07/10 [Sun] - 03:36

 今日、梅雨が明けたそうですね。
どうりでと云うか、もうとっくに真夏の暑さがやって来ていて、毎日茹だっています。
本当に茹だって溶けるどころか燃えてしまいそうな暑さです。
でも、何だか今年は梅雨と云う梅雨を迎えず飛び越して夏になってしまった様な気がしますね。
水不足の心配はなさそうですが、好き嫌いは別としてもジメジメして、シトシトと雨が降り続ける梅雨がないのも何だか淋しい気がするのは、人間の勝手ですね。

 日々の時間の空いた時間、どう過されているでしょうか?
自分の心安らぐ空間で、自分の心地良い時間を過しているでしょうか?
音楽を聴いたり、楽器を奏でたり、映画を観たり、美味しい物を味わったり、本を読んだり、芸術鑑賞したり、或いは汗をかきながらスポーツしたり、誰かとデートしたり電話したり、等々。
考えてみれば幾らでも出来る事は沢山あります。
でも、日常の中にそう云うちょっとした事を忘れてしまって、空虚な時間を過したり、折角の心地良い空間を忘却したりしてしまう事は良くあります。

 趣味は多い方が良い。
当り前の事ですが、幅広い趣味を持ち、知識や経験が豊富な人は魅力的ですね。
日本人は特に勤勉なせいか、狭い世間で、決った空間と時間の中で過して、そこから出て行かない人が多い様に思います。
家から出なくても、職場との往復でも、時間は探せば、作れば、幾らでもある筈で、無駄な費用をかけなくても出来る事は沢山あります。
そう云うものを沢山持つ人は色気がありますね。
好きな事、沢山作りましょうね。

バナー

感情のコントロール

2011 - 07/09 [Sat] - 03:14

 感情豊かと云うのは、情緒があると云う事と同義ではありません。
喜怒哀楽がしっかりあると云う事は良い事です。
でも、豊かを通り越して激しくなってしまったり、行き過ぎると、冷静な判断や立場を忘れてしまったりする事もあります。
素直に喜び、怒り、悲しみ、楽しむ感覚を持つ事は、素敵な事ですが、コントロールが出来ないとそれは子供じみているか、自分勝手な我が儘になってしまいますね。

 いつも冷静で感情の起伏が見えない程となると、これまたクールを通り越して、非人間的な感じもします。
顔は笑っていても目が笑っていない人って、良く見ると沢山います。
警戒心が強い、人との心理的な距離が通り、そう云う人に多いですね。
無表情に仕事をこなして行くゴルゴ13の様になると、まるで機械の様でもあり、己や他人の感情に邪魔されないと云う点では楽かもしれませんが、やはり人間味を感じられなくなってしまいますね。

 冷静と感情豊か、情緒が豊かと云うのが同居して、良いバランスを保つ事が出来たら最高です。
仕事や他の場面でも、いざと云う時にオタオタしないで冷静に対処して行く力は欲しいものです。
と同時に、洗練された、抑制された喜怒哀楽を素直に出す事が出来て、情緒豊かに心を拡大して行けたら、これは理想ですね。

 何かに囚われてしまうと、つい人は感情的になり、暴走します。
自分でもやってしまう事が多々あると思いますが、人のそう云う場面を見て愚かしく感じたり、こちらの感情を刺激されて喜怒哀楽を喚起されたりすると、とても疲れますね。
これもやはり人との心理的な距離感の影響が大きいのかもしれません。
それも含めて、上手くコントロールして行けたら良いですね。

バナー

変らぬ憧れ

2011 - 07/08 [Fri] - 03:21

 皆さんは何か憧れを持っているでしょうか?
子供の頃に憧れたものを今も憧れ続けているでしょうか?
大人になって、子供の様に何かに憧れを持っていると、大人げないとか子供じみていると言われる事が多いですが、憧れは夢であり、目標であり、活力です。
幾つになってもアニメは面白いし、ヒーローやヒロインに憧れますし、セレブや社交界に憧れたり、宇宙に憧れたり、人それぞれの憧れってあると思いますが、持ち続けていられたら最高ですね。

 憧れ続けている人は、やっぱり輝いています。
何と云うか、キラキラしている感じですね。
大人になって行くとどうしても自分を抑制して、抑圧して、我慢していなければいけない場面が沢山出て来ます。
それはそれで社会で生きる以上は仕方ない事ですし、それも上手くやれるのがベストです。
でも、心の中にある夢、憧れは失わないで輝きを保っていたいですね。

 夢がない、好きな事がない、憧れているものもない、って何が何が楽しくて生きているのか理解不能ですが、そう云う人も増えたと云うか、良く聞きます。
辛い事や嫌な事が多過ぎて憧れを忘れたのか、諦めたのか。
でも、どんな人でも小さい頃には沢山の夢や憧れがあった筈です。
そんなもの何の役に立つのかって言う人もいそうですが、楽しいですよ、心にそう云うものがあると。
どうせなら、何の役にも立たなかったとしても、楽しく生きたいですからね。
憧れを追い続けると、道が開くかもしれません。
夢で終るかもしれません。
でも、追い続ける事が楽しいのです。
一生かけて夢や憧れを追い続けて行きたいですね。

バナー

流れ落ちる汗

2011 - 07/06 [Wed] - 03:34

 今日も暑かったですね。
道場はやっぱり蒸し風呂でした。
でも、思っていたよりは涼しかったかもしれません。
行く途中で雨が降り、そのせいか空気が涼しくなりました。
とは云え、締め切ってやっていると基本の段階で既に瀧の様に汗が流れ始めました。
こりゃ最後まで持たないかもしれないなと思いながら、でも何とか持ちました。
スパーリングでは、現役の黒帯の人達が加減してくれているのでやれていますが、最後まで頑張るのが精一杯ですね。
汗が目に入って霞んでしまう事も。

 今時、こんなに瀧の様に汗が流れる時間を持てる事が幸せです。
行くまでにへばって、終ってからヘロヘロになって、でも集中して流れる汗に浸りながら頑張れる時間。
中々ないですね、こんな事。
とは云え、もっと頑張って体力も技も身につけないといけません。
スピードはまだありますが、如何せん体力がついて行ってない。
パワーもなくなりましたから、じっくり鍛えて行かないといけませんね。

バナー

やるか、やらないか

2011 - 07/05 [Tue] - 03:14

 人生、悩み事は尽きないですね。
次から次へと、一つ終るとまた一つ、みたいにいつも何かがやって来る様に思います。
その間には、勿論楽しい事も嬉しい事もありますが、どうしても嫌な事ばかりが気にかかると云うか、引き摺られてしまいますね。

 でも、悩んでも何でも、やるべき事はやるしかないし、やらないと決めたら止めれば良い。
自分がどうしたいのか、何が目的か、何を目指しているのか、それがハッキリしていないとか忘れてしまうと、ダラダラ・グデグデといつまでも堂々巡りしたり、同じ事を繰り返したりします。
手助けしたり、後押ししたりするのは幾らでもしたいですが、いつまでも同じ所で留まっていられると怒鳴りつけたくなる時も、切り捨てたくなる時もありますね。
自分の道は自分の足で歩くしかないのであって、誰も未来へ連れて行ってはくれません。
そんなにグダグダして今のままが良いなら、そうしなさい!!って言いたくなります。

 明日への活力となり、次へのステップとなるなら、愚痴も泣き言も幾らでも聞きますが、そればっかりだと付き合っていられません。
勝手にしなさいとキレたくなります。

 結局、前へ進むとか、努力するとか、それも才能なのかもしれないですね。

バナー

表現出来ない事

2011 - 07/04 [Mon] - 04:30

 教則本やマニュアルで学べる事は少ししかありません。
実際の場面で使う為には、経験を重ね、失敗を繰り返しながら、上達・熟達して行くしかありません。
残念ながら、痛い思いをしながら学んで行く事が殆どです。
ですから、人に何かを伝える時も、説明出来るのはほんの一部でしかなく、道筋を示してあげる事しか出来ません。
それ故に、口伝とか秘伝と云う言葉が出来て来たのかもしれないですね。
秘伝書を授けられて、開いてみたら真白で何も書いていなかったと云う話がありますが、文字に書いたり言葉で説明出来る事は限られています。

 で、実演して見せる。
でも、解る人にしか解らない。
その境地やレベルに達していないと、何をしているのか、何を思っているのか、どこを見ているのか、何も解らないものです。
やってみなきゃ解らない。
年月をかけてみなきゃ解らない。
そんな事が沢山ありますね。

 それが解って来た現在、やっと私もスタートラインについたと云う事かなと思っています。
ここからですね。

バナー

源流、原点

2011 - 07/03 [Sun] - 03:23

 TVで映画やアニメを見たり、本を読んだり、何かを思索している時、空手をやっている時、いつも思うのが「原点」と云う事です。
色々な事をやって来て、様々なものに興味を持ち、沢山の方々にお会いして来ました。
そんな中でいつも追求して来たのが、「原点」だったと思います。
修行の原点は悟りを得る事、空手の原点は守る事、人としての原点は輝く事、等々といつも意識して来ましたし、現在もそれは変らずいつも思っている様に思います。

 物事は全て時代と共に変化して行き、またそうでなければ時代に合わなくなって失われ、忘れ去られて行きます。
然し、絶対に忘れてはならない、維持し続けなければならない、根源的なものと云うものはあると思います。
古臭かろうが、時代に合わなかろうが、変えてはならないものがあります。
そこを失ってしまうと、変質し、深みを失います。

 残念ながら、時代と共に多くのものが親しみ易くなると云う名目の下に薄っぺらになって、源流や原点と云うものを失って行っているのを感じます。
誰もが触れる事が出来て、広がりを持ち、親しみ易くなる事はとても良い事です。
が、最初の最初、原点を忘れてしまっては、本末転倒です。
何もかも新しい時代に合わせて変化して行く事だけが良いとは思いません。
時代錯誤と云われても、そこは守って行きたいですね。

バナー

宇宙戦艦ヤマト

2011 - 07/02 [Sat] - 03:26

 今日、インターネットの動画情報サイトに載っていた「宇宙戦艦ヤマト」を見ました。
本来は違法ですよね、これは。
また、この映画は残念ながらヤマトファンからは酷評されたものでした。
私も同じくヤマトファンであり、評判が悪い事は知っていましたが、人の感じ方や評価はそれぞれなので、見てみようと思いました。
タイミングですね。
今日は何となく見てみようと思いました。

 結果から云うと、確かに曾てのアニメの宇宙戦艦ヤマトを思い起こすと、デフォルメされた部分も多く、登場人物についても異論が出ても仕方ないかと思います。
でも、単独で過去のアニメから離れて一つの作品として見ると、悪くないなと思いました。
SFXは素晴らしいですし、盛り上げ方も、音楽も、中々だと思います。
ただ、主演の木村拓哉氏はやっぱりキムタクであって、イケメン過ぎるせいかいつでもキムタクなのだなと云う感じでしょうか。

 人の感じ方や評価は、本当に十人十色。
アカデミー賞を取ったからと云って、自分にとって面白いかどうかは別です。
まして、過去にあった名作のリメイクとなると、賛否両論があって当然ですね。
思い入れがあればある程、それは顕著になると思います。

 何を見ても、誰を見ても、どこを見ても、批判するのは簡単ですし、批評するのも簡単です。
が、そこに沢山の人が関わり、精一杯の努力をし、膨大な時間をかけて頑張っている事を忘れてしまうと、それは勝手な言い草でしかなくなってしまいます。
そこに好き嫌いが入ってしまうと、論理も破綻してしまってグチャグチャになってしまいます。
好き嫌いと批評は違います。
少し引いて、冷静に物事を判断して行く、懐の深さを持っていたいですね。

バナー

四半世紀

2011 - 07/01 [Fri] - 04:07

 6月30日、夏越大祓の日でしたね。
日本中の神社でお祓いが行われたと思います。
これから年の後半が始まります。
暑さに負けず、体調に気をつけながら頑張りましょう。

 そして6月30日は父の祥月命日です。
昭和61年、もう25年前の事です。
何だかアッと云う間に過ぎ去った年月が、気がつけば四半世紀が過ぎたのですね。
来年が二十七回忌です。
今日、位牌に向っていると、「後少しで、自分がいなくなった年になるぞ」と言われた様な。
まだ、10年もあるぞ!!(笑)
それがもう少しと言われてしまうと、やはり向うは時の流れが違って、感覚も違うのかもしれないですね。

 思い出は沢山あります。
とても不器用な人でしたが、父なりの伝え方で色々と教わったと思います。
目に見える躾けや教育と云うものを受けた記憶は殆どありません。
が、常に私を色々な所へ同行させる事で伝えようとしていたのだなと、今になって思います。
遅いですね。

 親孝行など全くしていないと云って良い位で、むしろ苦労ばかりかけて終ってしまった様に思います。
今も父の残してくれたもののお陰で生きている様に思います。
ずっと父の背中を追って来た様に思います。
そして、全く成長出来ていない気もすれば、少しはマシになったかなと云う自負もあります。
父はどう思っているのでしょうね。

 兎に角、出来る事を精一杯、頑張ります。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR