感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2011年04月  

イギリス王室の結婚式

2011 - 04/30 [Sat] - 04:31

 今日はイギリスで Royal Wedding が行われましたね。
Westminsterで行われた結婚式は素晴らしかったですね。
伝統に則った式典は厳かであり、行った事がある場所ですから尚更見ていて嬉しい気分になりました。
また、二人の立居振舞いや笑顔を見ていて、その精神的なバランスの良さと聡明さを感じました。
現代的でありながら、伝統を重んじ、ちゃんと意識しているその姿は新時代の王室の姿を想像させるものだったと思います。

 その人が放つオーラと云うものは、強い意志と同時に洗練された教育と環境も重要な要素です。
それを超える本能的、野性的な、教育や環境とは無関係なオーラを発する人もいますが、概してバランスが悪く、偏っている場合が多いですね。
が、洗練された教育を受け、温かく裕福な家庭で育つと云う環境で育まれたオーラは、バランスが良く、偏りがない場合が多いと思います。
無論、例外はどちらもあります。

 今日のお二人のバランスの良さと滲み出る賢さ、人柄の良さは、見ていてとても気持ちの良いものでした。
母であるダイアナ妃の持っていた陰のあるオーラとは種類が違うと云う感じでしょうか。
その強さ自体は、若い二人の方が強い輝きを放っていた様に思います。
ダイアナ妃の場合は、若さ故の輝くオーラが年齢を重ねると共に陰り、それを強い意志で補っていた様にも思います。
常に眼が泳いでいたダイアナ妃の姿にギャップを感じていました。
今日の二人の堂々として肩の力の抜けた自然さは、素晴らしいですね。
今後のイギリス王室の発展を祈ります。

バナー

スポンサーサイト

生涯青春

2011 - 04/29 [Fri] - 03:41

 お陰様で新しいiMacの調整も終りました。
簡単だと思っていたのですが、やってみると思いの他時間がかかってしまいました。

 悩み事や苦労が続いたり体調が悪いと、輝きが弱くなって来ますね。
若い頃は耐える事が出来て、気にもしないでやり過ごす事が出来た事が、年齢を重ねるに連れて段々と辛くなって来る事は色々あります。
苦労の種類によっては、精神だけではなく身体に刺さる様に気力も体力も奪って行きます。
それが老いと云う事かもしれませんが、苦労や悩みが続いている人は、年齢が若くても老けているなと感じる事が良くありますね。

 また運動選手や格闘技をやっている人は、年齢以上の老けた顔になり勝ちです。
若い人の場合はしっかりしている、大人びていると云う事も云えますが。
常に勝負の中に身を置いてプレッシャーがかかり続けている事で身心に与えるストレスはとても大きく、続ければ続ける程、老け顔になって行きます。
が、結果を残し始めると老け顔でありながらも輝きはどんどん増して行きます。
精神的なものが大きいのでしょうね。

 老けて行くのは時間と共に自然な事です。
年を重ねれば持久力も落ちますし、肉体もどうしても衰えます。
しかし、急激に老けるとか、気力がなくなる、活力がなくなる、チャレンジ精神がなくなる、思考能力が衰える、鈍くなる、等々と云ういわゆる老いは輝きを失わせて行きます。
老いてなお・・・と云うのは、心に楽しみを持ち、夢を持ち、チャレンジ精神を持ち、肉体を若く維持しようとする日頃の努力があり、と若さを持ち続けているからこその事ですね。
生涯現役は、私の空手人生や仕事の上での私の夢であり目標ですが、その為には更に身心を向上させようと云う気持ちと日常が不可欠だと思っています。

時代について行けなくなったら終り
維持しようと思っていたら退化する
遊び心がなくなったら枯れ果てる
夢を失ったら暗闇
古きに固執し始めたら老害

 そんな事を思いながら、日々の輝きを今以上に増して行きたいと思っています。
まだまだ丸くなるつもりはありません。
一生無理でしょうね、穏やかで丸くなるのは(苦笑)

 生涯青春
 生涯現役

 頑張りましょう!!

バナー

もうすぐ終ります

2011 - 04/28 [Thu] - 12:08

 新しいiMacの調整も最終段階です。
今迄のiMacは事務室に移動して、神龍がモニターの上に乗っています(笑)
新しいiMac、画面が大きくて良いですね。
しかし、明る過ぎて眼が疲れます(苦笑)
なので、輝度を下げています。
また、新しいアップルキーボードは形はとても綺麗ですが、薄過ぎて使い辛いですね。
マジックマウスも、これまた美しい。
でも、手首に余計な負担がかかります。
慣れの問題もあるでしょうが、長い時間使う事を思うと今迄のキーボードとマウスの方が良いなと思います。
同じОS、ОSX10.6なのに思いの他手間取りました。
ブログが止まってしまって申し訳ありません。

 物欲は余りない私ですが、やはり新しい物は嬉しいですね。
これからまた何年間か一緒に戦って働いてくれる戦友です。
仲良くして貰おうと思います。

バナー

楽しい人生

2011 - 04/26 [Tue] - 03:05

 「人生は楽しむ為にある」は私の持論ですが、暗い顔して我慢して自分を抑えて生きても何も生み出さないですし、どんどんネガティブになって行くだけです。
マイナス思考で生きていると本当に人生がつまらなくなって嫌になってしまいますね。
どんどん孤立して行くし、だれも信じられなくなって、いつも疑心暗鬼の中で生きなければいけなくなってしまいます。

 明るく、楽しまなければ、輝く事も出来ないし、生きている意味がないとさえ思います。
楽しむからこそ良い仕事も出来るでしょうし、勉強も出来ます。
耐えて我慢して、嫌な事や辛い事から目を背けてばかりいたら何も始まらないし、進みません。
嫌な事ほど、辛い事ほど、如何にして楽しむか、楽しみに変換出来るかを考えないと、日常全てが暗くなってしまいます。

 沢山趣味を持ち、好きなものを持って、人生を楽しみましょう。
楽しくなる為に、努力もすれば勉強も出来るのだと思います。
さぁ、楽しみましょう

バナー

iMac 17inch Flat Panel

2011 - 04/25 [Mon] - 12:40

 昨日は月例会でした。
遠く八戸から震災を乗り越えて高速バスで10時間もかけて参加してくれたIさん、札幌からわざわざ参加してくれたまりもさん、関西からも久々に来てくれたYさんを始めとして、いつものメンバーが揃ってくれました。
賑やかで楽しい、充実した時間でした。
いつも有難う御座居ます。
もう少し皆さんから質問が出て来ると良いのですが、こう云う場面で積極的に発言したり質問出来たり出来る様になると良いですね。

 先日来話題にしていたiMac、今日旅立ちます。
先程、妻と一緒に梱包しました。
数日中には名古屋に嫁入りするでしょう。
嫁入り先が決って、それも安心出来る人の所へ行くのですから嬉しい反面、どこか複雑ですね。
Macが手がけたニュースタイルの先駆けとして、iMac第2段として登場したiMac 17inch Flatpanel は今となっては骨董品の様なものですが、当時としては驚きでした。
先代のiMacはボディーがカラーでお洒落完満載で、インテリアにもマッチするその姿は今迄PCに触れた事のない人や、アップルコンピュータ未経験の人達にも受け入れられて行きました。
2代目は純白の、ヒマワリをイメージしたデザインで、モニタが自由に首振りする驚きのPCです。
沢山、私の為に働いてくれました。
結婚した当初に買った事もあり、思い出深い愛機です。
嫁入り先でも可愛がって貰って欲しいと思います。

 下記は当時流れていたCMです。
懐かしいですね。



バナー

絶対、何かある筈

2011 - 04/24 [Sun] - 03:34

 今回の震災も同じですが、生きているとどうしようもない、もう駄目だと感じる瞬間があります。
解決なんて出来る訳がない、勝てる訳がない、越えられる訳がない、出来る訳がない・・・・・。
そうやって落ち込んで悩んでしまって、どうしようどうしようって堂々巡り。
どうしようったって、抜け道が見えなくてどうしようもないと思っているのですから諦めてしまえば良いのですが、それが出来ないのが人間と云うものです。
うろたえて、慌てて、悩んで、そして落ち込んで、時間が経つに連れて段々と諦めがついて来て、冷静に戻って来るものです。

 確かに物事によっては、どうしようもない事ってあります。
今の私が若い頃と同じ様に空手のハードな練習をしたら壊れてしまいます(苦笑)
いきなり大金持ちになりたいったって、そりゃ無理。
でも、地道に時間をかけて努力し続けたら、少しは身体も若い頃に戻って来るかもしれないですし、ちょっとずつは裕福になって行くかもしれません。
今!!と思うから、無理!!になってしまいます。

 余命何ヶ月と云う人が、ではもう生きる方法はないのか、必ず何ヶ月後には旅立つのかと云ったら、そりゃずっと生きるのは無理です。
でも、何ヶ月が一年になるか、数年になるか、それは方法がない筈はありません。
勿論、その為には凄く辛かったり、苦しかったりする治療や気力を保つ事や、周囲の人の協力が必要だろうと思います。
諦めたら、その時点で生きる力を失ってしまいます。
99%無理でも、1%の可能性があるなら、そこにかけて欲しいですね。
 
 諦めの良さは潔さに通じると云いますが、諦めの悪さが文明を進化させ、強い肉体と心を獲得するのだと思います。
葉隠の「武士道とは・・・」と云う覚悟は持ちたいですが、あっさり諦めてしまう前に、使えるものは何でも使う、あらゆるものを駆使して勝ち抜くと云うしぶとさは持っていたいですね。

バナー

変るのは仕方ないですが

2011 - 04/23 [Sat] - 04:06

 今日、羽田に行ったら、暫く前から続いている出発ロビーの工事がまだ続いていました。
新しくするそうで、かなり変るそうです。
それは良いのですが、それが果してお客にとって良い事なのかどうか。
工事中の羽田は、何だかとても雰囲気が悪かったです。
終ったらまた変るのでしょうが、何でもそうですが変化すると云う事は、色々な所に影響が出て来ます。
原宿や六本木にヒルズが出来た時、街が凄く変ったと感じました。
時代が変わって行くのですから変化して行くのは当然ですが、残して欲しいものが消えて行く、そんな感じを受けてしまう事も多いですね。
また、それによって街を歩く人も変ります。
全く別のものになってしまうかの様な錯覚さえ受ける時があります。

 便利になる事、お洒落になる事が全て正しいのかどうか、逆に古いものを残す事が全て正しいとも思いません。
バランスを大切にして、そこを利用する人を見て欲しいなと思います。
文明や文化は人が心地良く過す為に人が作るものであって、独り歩きして人がそれらに合わして行かなければいけなくなるのは本末転倒ではないかと感じます。

 人間の感覚を大切にして行きたいですね。

バナー

古いiMac

2011 - 04/22 [Fri] - 03:52

 今日は久々に通信相談以外の仕事がなく、と云っても次の月例会の資料作りはしていましたが、PCのメンテナンス & チェックをしていました。
今使っているiMacがメモリーが限界に来たので、この時期ですが買い替えます。
と云うより買い足します。
中古で出しても二束三文ですし、まだ使えますから、残しておきます。
と云う事で、以前使っていたiMacフラットパネルは事務室に置いてあり、ОSも10.5が入っていますが、これをあげる事にしました。
もう何年前か、8年位でしょうか・・・。
流石に何台も奥場所がないと云う事もありますし、あのiMacには深い思い出があります。
ですから、私の好きな人に使って貰いたいと思っていました。
で行先が決りました。
その為に、今日はメンテナンス & チェック。
残念ながら完調ではありません。
DVDの書き込み不良、内蔵マイク不良、そして内蔵カメラはありません。
USBは、1.1なので、中々難しいですが、探したら使えそうな外付けのウェブカメラがありました。
マイクロフォン内蔵ですから、これは良いなと思って注文しました。
テストして使える様なら、一緒に送ってあげるつもりです。
カメラが対応してくれたら良いですね~。

 使い込んだiMacは、やはり古びた印象は拭えませんね。
ヒマワリをイメージした姿も、汚れが目立ちます。
もう少しクリーニングしなければ。
大切な人に使って貰うのですからね。

 スカイプも最新バージョンでは対応しない可能性もあるので、古いバージョンを探しました。
明日インストールしてみます。

 Kさん、もう少し待っていて下さいね。
ちゃんと使える様にして送ります。
首を長ーくして待っていて下さい。

 あちこちで変化が起きていますね。
始まりもあり、終りもあり、移り変わりもあり、変化もあり、やはり春はそう云う時期なのでしょうか。
しっかり対応して行きたいですね。

バナー

まるで別物

2011 - 04/20 [Wed] - 04:12

 直って来た愛車を駆って道場へ行って来ました。
締まったと云うよりも、固い!!
ベンツって本当はこうだったんだと思わせられる、重さと固さでした。
何だか、まるで別の車に乗っている様な感覚でした。
安心感は格別で、やはり古くなっていたのだなと改めて思いました。
良いですね、ベンツは。
修理すると、途端に新車同様になります。
2ヶ月後の12ヶ月点検も毎年しっかりやって貰っていますが、その度にカッチリしたと云う感じで戻って来ます。

 先週、二段の黒帯の蹴りを避けたつもりが避け切れず、肋骨の間に彼の親指の先が刺さりました。
ほんの数ミリの差だったと思います。
が、う~痛い!!
一週間経っても、まだ痛みます。
気にしないでやっていたら、今日、丁度その場所に別の黒帯から突きを貰いました。
普段だったら痛みなど感じない程度の強さですし、気にもしないのですが、今日はウッと口から出てしまいました。
情けない話ですが、痛みました。
その後は色帶さん達には何も言いませんでしたが、黒帯の人達には加減して貰いました(苦笑)
黒帯の人達の突きや蹴りは、幾ら軽くても洒落にならないですね。
早く治ると良いですが、ちょっとかかりそうな気もしています・・・。
でも、また頑張ります。

 色々な事が変化している時期なのか、生れ変る時期なのか、変動や変化が激しいですね。
置いて行かれない様に、一つ一つにしっかり対応して行きたいと思います。

バナー

感じる

2011 - 04/19 [Tue] - 04:24

 いわゆる能力者と云うのは、常人に比べて異常に発達した感覚を持っています。
普通の人でも、風の匂いから花を想像しますが、能力者は更にそこに混じっている匂いから場所をイメージしたり、一緒に流れて来る喜びや悲しみ等の人の思いまで感じ取ったりします。
声が聞こえた、何かが見えた、肌に何かが触れた、何かの思いが入って来た、等々と普通の人から見たら異常としか思えない感覚を、常に持っています。
また、人を見る時でも、その表情や仕草、体温や息から伝わって来るものを感じて、相手の心の状態や意識を感じ取ってしまいます。

 普通人でも、ちょっとものの見方を変えると、かなり人の心理等は読める様になって来ます。
表情や仕草、そして髪形を変えるとか、その時の服装とか、良く見ていると面白い様に人は自分を無意識にアッピールしています。
苛々したら貧乏揺すりをするとか、退屈になると髪をいじり出すとか、好んで座る位置とか、好きな飲み物や煙草とか・・・。

 見ている様で見ていない、聞いている様で聞いてない、感じている様で感じていない事は、実は沢山あります。
普通はそれを無視すると云う事で生きています。
何でもかんでも感じていたら、騒音の中にいる様で落ち着いていられません。
が、能力者や感覚の鋭い人は、正にそう云う騒音の中で生きている様な感覚を持って生きています。
解り過ぎるのも楽じゃない、知らぬが仏と云う事でしょうか。

 時には、意識して鈍くなる、馬鹿になってみる、また逆に注意して感覚を高めてみる。
そんなコントロールが出来る様になると、日常の世界もバリエーションが増えた様な感じになって来るかもしれないですね。

バナー

安らぎの時間

2011 - 04/18 [Mon] - 02:56

 忙しく、落ち着かない日々を送る中で、フッと落ち着ける瞬間がありますね。

 親しい友、心許せる人、大切な人、信頼出来る人、そう云う人達といる時
好きなもの、美しいもの、あこがれのもの、そう云うものを見たり触れたりしている時
懐かしい場所、心の故郷、憧れの場所、そう云う所にいる時や、心に思う時

 私にもそんな場所があります。
ずっと昔、高校生の時にいたスイスの山の中から、フッと窓から外を見た時の風景。
数年前に家族と出かけた時、その風景は変っていませんでした。
一瞬にして懐かしい昔に戻る事が出来ました。
今でもあの風景を心に思うと、とても落ち着き、鎮まります。

 忙しくて心を亡くすとは良く云う事ですが、本当に心を亡くしてしまわない様に、大切な場所や大切な人を心に浮かべて、ゆったりした自分に戻す事を忘れないでいたいですね。

_IGP4507
_IGP4507 posted by (C)島津 成晃

バナー

余震が続きますね

2011 - 04/17 [Sun] - 01:43

 相変わらず余震が続いていますね。
多い日、少ない日はありますが、毎日どこかで揺れている様で、震源地に近い方や先の大地震での被災者の方は心休まらない日が続いている事と思います。
体調を崩されない様、お気をつけ下さい。

 地震の前には必ずと云って良い程、フワッと眩暈の感覚に襲われます。
時には猛烈に、風邪薬を飲んだ時の様に眠くなる事もあります。
感覚は個人差ですから何とも云えませんが、動物達は人間以上に感覚が鋭く、地震によって起きる電磁波等を人間の何倍も感じているのでしょうね。
携帯電話から地震警報がなるのはしょっちゅうではありませんが、身体で感じる眩暈感や揺れは毎日です。
そのせいか、揺れていない時でも揺れたのではないかと確かめたり、風のせいであっても家が鳴ると身構えてしまいますね。

 ずっと以前、神戸の震災の時、高校生の時に良く訪れ、好きだった町並みが消え去っていたのに言葉を失いました。
今回も、何度か訪れた場所や知り合いのいる場所から街が消え去ってしまったのを見た時、驚きとか悲しみとかではなく、唖然として言葉を失いました。
人は一定以上の事に向き合うと、思考も何もかも一瞬止まってしまうのですね。

 一日も早く復興が進む事を、心から祈っています。

バナー

時の流れと共に

2011 - 04/16 [Sat] - 04:08

 今日、歯医者に行って来ました。
以前からずっとお世話になっているのですが、私の歯は既に耐用年数を越えてしまっているそうです。
顎の力が強過ぎるのと、長年の噛み締めで、歯根骨そのものが下がってしまっていて、歯茎もそれに伴って下がっていて、歯肉で辛うじて歯を支えている状態だそうです。
その上、歯そのものも限界が来ていて、表面にヒビが沢山入っています。
ですから、剥れ落ちる様に割れて来ます。
その度に補強して貰ったり、ブリッジをかけて貰ったり、温存療法でやってくれる歯医者さんなので、未だ入れ歯にならずに済んでいます。

 今日診て貰ったのは、暫く前から奥歯の付近が疼いていたからですが、様子を見ながらチェックしていたのですが、結局虫歯と特定するには当らず、レントゲンも撮り、最終的に出た結論が歯根周囲の支持組織の挫滅であろうと云う事でした。
長年の噛み締めの結果、歯を支えている歯肉と歯の間の支持組織が捻挫した様な状態が続いていると云う可能性が高いと云う事です。

 一日中でも話していたりする仕事をしていますし、若い頃は空手だけではなくウェイト等でもかなり噛み締めましたし、相当な無理がかかって来たと云う事でしょうね。
ま、まだ自分の歯でいられるだけ幸せと云う事でしょうか。

 私の通う空手道場が、4月15日で4周年となりました。
それ以前からお付き合いのある師範との御縁で道場に参加させて戴いていますが、年月の流れるのは早いですね。
道場開設当時、茶帯だった人達が黒帯となり、まだまだ弱かった彼等が今は敵わない程に強くなり、数十名だった道場生もかなりの数に増えています。

 入院中の私の愛車も今年で18歳になります。
子供か飼っているペットが怪我をしたと思えば出費も痛くないですが、良くなって帰って来て欲しいですね。
18歳と云えば、人間ならまだまだこれからと云う若さですが、自動車ではかなりの高齢になります。
本当にそう云う意味では犬と同様、年齢の意味する所が人間とは大分違いますね。

 年月の流れの中に、色々な事が変化して行きます。
衰えるもの、進化するもの、変化するもの、成長するもの、消えて行くものもあれば登場して来るあたらしいものもあります。
その中で、置いて行かれない様に、いつも一歩先を歩ける様にしていたいですね。
順応する、ついて行くだけではなく、先を歩くつもりでいたいなと思います。
頑張りましょう。

バナー

押忍!!

2011 - 04/15 [Fri] - 04:47

気合い入れて~!!

押忍!!

 は、空手の練習の時に、基本の時に最初に云う言葉です。
前に立って指導している師範や指導員が、

気合い入れて~!!

と云えば、それに応えて道場生全員が

押忍!!

 そこから、基本の動作が始まります。

 余震の影響か、いつも余震を恐れている人達の心のエネルギーか、色々と影響を受けて調子を崩しているのを感じます。
今一スカッとしない体調、そして愛車の入院、治り難い風邪、母の血圧の不安定、何となく理由もない苛々、ピリッとしない弟子達、どうもあっちもこっちもどこか変と云うか、バランスが悪くなっている気がします。

 ま、愚痴っても弱音を吐いても何も解決しないですし、ポジティブに良い方向へ持って行くしかないですから、一発、気合いを入れて行くしかないなと思っています。
人生は楽しむ為にある。
楽しむ為に、頑張るし、その為に辛い思いも越えて行くし、気合いも入れましょう。

バナー

生涯現役で

2011 - 04/13 [Wed] - 03:39

 いつも前を見て、上を見て、先を見て歩んで行きたいですね。
仕事でも趣味でも空手でも、持っている能力や知恵でも、もっともっとと思っています。
良い年齢になっても、未だ満足する事が出来ません。
もっと知りたいし、経験したいし、強くなりたいし、仕事ももっとお役に立てる様になりたいですね。

 今日の練習でも、攻撃を食らうと痛いですし、実は今も痛いのですが(苦笑)
でも、だから練習して強くなりたいと思います。
痛くなかったらこれ以上は練習しなくなってしまうかもしれませんし、この痛さが有り難いです。
マゾと云われるかもしれませんが、越えていないものがあるから越えたいし、出来ないから出来る様になりたい。
この欲は、幾ら修行しても消えそうもないですね。
でも、そのおかげで少しは同年齢の人よりも若い気持ちと体力を維持していられるのかもしれません。
歯医者さんでも、仕事柄ですが良く喋っているせいでしょうが、「顔や顎の筋肉が強過ぎて、歯が耐えられなくなってしまっています」との事。
年齢からすると、その辺りの筋肉が老化していなくて強いのだそうです。
おかげで、長年にわたって噛み締められて来た私の歯は、土台まで押し潰されてガタガタになっていて、あっちもこっちもブリッジをかけて補強しています(苦笑)
良いんだか、悪いんだか、ですね。

 生涯現役、死ぬまで好奇心とチャレンジ精神と反骨精神は消えそうもないと自分で思っています。
周囲の人は迷惑かもしれないですが・・・(笑)

バナー

思い切り良く

2011 - 04/12 [Tue] - 04:18

 震災から一ヶ月、まだまだ余震が続いていますね。
これ以上の被害が出ない事を祈るばかりです。

 今日、久し振りにDVDで映画を観ました。
「A Team」と云う映画ですが、1985年から日本でも放映された、元アメリカ特殊部隊のA-TeamのTV番組を新たに映画化してリメークしたものです。
時代が変わって、当然ですが出演者も変り、とは云っても当時の出演者に良く似た人を登場させて、スピード感とアクションをパワーアップしていました。
久し振りにスカッとする、時に爆笑する映画でした。
このドラマは良く見ていました。
毎週やっていて、欠かさず見ていましたね。

 何をやるにも奇想天外、思い切りが良いと云うか、昔やっていたスパイ大作戦に通じる爽快さがありました。
今回の映画も、その点は踏襲していて、とても楽しい映画に仕上がっていました。
今、先日行われた全関東大会の写真を整理していますが、我が道場から出場した中の一人、高校生のA君の写真を見ていて、驚きと共に笑えてしまいました。
思い切りが良いと云うか、勢いがあって、久々に見るスカッとした空手です。
思い切った蹴りと突き、そして飛び後廻し蹴りや胴回し回転蹴りを連発していて、丁度その瞬間を捉えた写真が何枚もありました。
空中戦と云う言葉がプロレスで流行った事がありますが、まさにそんな感じ。
良いですね、若者の思い切りの良い戦いを見るのは。

 年齢を重ねても、そう云う思い切りの良さを忘れないで、スカッと行きたいものですね。
A-Teamの連中の様に。

バナー

夜中は楽です

2011 - 04/10 [Sun] - 03:19

 眼に見えない感覚で苛ついたり、疲れたり、元気になったりと云うのはしょっちゅうです。
音や臭いや光、それ以外にも肌で感じる風や、口で説明出来ない何とも云えない感覚。
五感が鋭過ぎると云うか、それが第六感なのか、それ以上の第七感や第八感なのか、いつも何かを感じています。
何もないのに突然に気が重くなったり、苛々したり。
逆に、急に楽になって、解放感が出て来たり。
同じ一日を過している様でも、毎日空気が違って、朝と昼と夜でも空気が違う気がします。
夜中になると楽になったりする事もしばしば。
街が眠りにつくと、それだけ伝わって来るものも減るのでしょうか。
なので、どうしても夜行属になってしまいます。
ま、中学生の時からラジオの深夜放送、オールナイト・ニッポンなんかを聞いていましたし、夜中の3時頃にドライブに出かけたり、深夜になってからDVDで映画を観始めたり、ずっと夜行属でしたが(笑)
多分、私の生体リズムは完全に狂っていますね。
日が昇ると眠くなる。
夜中になると眼が覚める。
お腹が一杯になると眠くなる。
何だか、動物みたいですね。
犬か猫か、狼か、梟か・・・(苦笑)

 とは云え、ある程度は規則正しくしようと努力していますが・・・。
ずっと起きているか、ずっと寝てるか、そんな生活が一番私に合っているので、それに合わせる家族は大変でしょうね。
無理して合わせなくて良いと言っているのですが・・・。

 何れにしろ、心の所は色々と伝わって来るものが重いと云うか、息苦しさを感じたり、苛ついたりする事が多いです。
私にとっては夜中が一番平穏な時間です。

バナー

新年度初の御釈迦様の御縁日

2011 - 04/09 [Sat] - 02:11

 今日は、新年度初めての御釈迦様の御縁日、灌佛会でした。
御釈迦様の誕生日とされる日で、日本では甘茶をかけて祈ります。
しかし、甘茶は余り売っていないので、インドで2,500年前に飲まれていたのは多分チャイだろうと云う事で、甘い紅茶を我が家では差し上げます。
私自身は紅茶は殆ど飲まず、もっぱら珈琲ですが。

 仏教を宗教として毛嫌いする人もいますが、2500年前に心を捉えた哲学と云う面から見てみると、ギリシャ哲学と同様に凄く奥深い、現実世界を捉えたものであると思います。
そこから学ぶべき点は現代に於ても凄く多くあります。
時代は変わっても、真理は変わらないと云う事でしょうか。
残念ながら、長い時の流れの中で、本来生きる知恵であったり、哲学であったものが、他力本願(これも本来の意味とは違って捉えられがちですが)で頼るもの、また人が亡くなった時に行う葬式の為のものと、歪められて伝わってしまっているのは残念ですね。
勿論、多くの僧侶始め、真面目に向き合って学術的に真理の追究をしている人も多いのですが、一般人にとっては違った捉え方をされてしまっているのは寂しいですね。

 多くの意匠は、実は仏教や神道、キリスト教やムハンマド、ヒンズー、その他の宗教と共に発展して来たものが多く、その美しさは現代にまで受け継がれ、また筆舌に尽くし難い程の美しさを現代まで残しているのは周知の事実ですね。

 多くの宗教が歪んだ形で存在し、またそこに属する人や信仰する人達が色々な問題を引き起こして来たのも事実ですが、同時にそれによって心救われた人が同じだけいると云う事を忘れないで、予断や固定観念を捨てて触れてみると、素晴らしい思想哲学が見えて来たりするものです。

 と、灌佛会の日に、ちょっとだけ哲学的な事を思ったりしてみました。
あまり肩肘張らず、気楽に、楽しい気分で、お参りが出来たら最高ですね。

バナー

基本を忘れない

2011 - 04/08 [Fri] - 03:45

 先程の余震、かなりでしたね。
結構長く揺れて、震源地の仙台周辺、福島等では相当な揺れがあった様ですね。
また被害が拡大しない事を祈ります。

 何をするにも、基本が大切だなと思っています。
仕事でも空手でも、そして家庭や人生でも。
最低限、本当は最高に、基本を大切にしていると、大抵の事はそこからの派生的に応用なので、基本が確実であれば、殆どの事は何とかなります。
そして、いつでも笑顔と大きな声を忘れない事ですね。
何か仕事を依頼された時、当然やるべき事は基本としてある筈。
それが出来ないと、信頼は薄れて行きますし、信用出来ないと云う事に発展してしまう事もあります。
報告、連絡、相談は基本です。

 人生でも家庭でも、出来れば笑顔が絶えない様にしたいですね。
笑顔は大抵の嫌な事を吹き飛ばしてくれますし、人の繋がりやコミュニケーションを円滑にしてくれます。
暗い顔やボソボソと云う小さな返事の声は、雰囲気を悪くしますし、会話も消え去って行きます。

 いつも笑顔で、大きな声で、前向きで、上を向いて歩こう

 って歌の文句じゃないですが、これは生きる知恵ですね。
それも基本中の基本。
大切にしたいですね。

バナー

しただけにならない

2011 - 04/06 [Wed] - 04:04

 今日は例によって空手の練習で道場へ行きました。
今月8日にイギリスのロンドンへ発つ女性が、日本での最後の空手の練習に来ました。
ワーキングホリデーでニュージーランドにいたのですが、帰国後、今度は同じくワーキングホリデーでロンドンへ2年間行く事になりました。
途中、一時帰国の機会はあるでしょうが、2年間の海外生活が彼女に大きな財産を残してくれると思います。

 ニュージーランドへワーホリで出かけた中で、彼女はとても多くの事を経験し、知らなかった世界を見て色々と見聞きして来た筈です。
でも、日本へ帰国すると、まるで何も変っていないかの様に、様々な欠点が出て来てしまいました。
ブレると云うのでしょうか、ニュージーランドでは出来ていた筈の事が、日本に戻ると出来ない。
う~ん、これは困ったと思いました。
で、改めてロンドンへ国外退去命令を出した訳です(笑)

 ブレてしまう、元に戻ってしまうのはニュージーランドでの経験や学んだ事が、それだけで終ってしまっていて、消化されないで身についていないと云う事です。
ただ学んだだけ、経験しただけ、覚えただけ、勿体ないですね。
生き抜くだけで精一杯だったのだろうと思いますが。

 今度は、深く考え、感じて、ロンドンの文化や生活で出会う事を一つ一つ深く思索して、ちゃんと消化して血となり肉となって帰って来て欲しいですね。
消化不良ではなく、しっかり噛み締めて。

バナー

この数カ月を思う

2011 - 04/05 [Tue] - 04:04

 4月も5日になりました。
思い返せば、この数カ月は凄まじくバタバタとしていた様に思います。
身内の事、行事、審査会、そして大震災。
次から次へと色々な事が引き続きだった様に思います。
私共等は震災の被害にも遭わず、計画停電からも外れている様で、特に不自由な事は殆ど感じず生活していますが、それでも段々と空気が重くなり、どこかストレスフルな感じを受けてしまっています。
直接、震災の被害に遭われた方々のストレスはどれ程のものかと思います。

 こんな時だからこそ、何か遊びが欲しいですね。
心の身体の余裕と云うのでしょうか、フッと楽になるものを持ちたいものです。
何もかも自粛で縮こまっていても、ストレスが倍増するだけです。
生きて生活して行く上では、遊びと余裕があってこそ、勢いも出ますし、元気も勇気も湧いて来ます。
被災地や被害者への思いは思いとしてしっかり持ちながら、元気の出るものを見つけましょう。

 昨日の試合で撮った写真を早速整理しています。
今回は1,500枚程度でしたから、少ない方です。
何だか凄く疲れましたが、力も沢山戴きました。
色々な都合や調子もあるでしょうが、頑張って試合に出た選手達、応援にかけつけた人達、小さい事は沢山あるにしても、素晴らしい大会でした。
会場にいた皆さんの情熱に感謝ですね。

バナー

全関東大会

2011 - 04/04 [Mon] - 02:45

 今日は毎年恒例の横浜で行われる全関東空手道選手権大会に出かけて来ました。
横浜支部長のK師範からは毎年招待状を戴きます。
とても腰が低く、礼儀正しく接して戴き、いつも恐縮するのですが、今年も同じくとても丁重に御挨拶を戴きました。
他にも総本部事務局長であり、品川道場の支部長でもある師範や、城南のI師範等に久々にお会いして嬉しい時間でした。
また、我が正伝流の道場からも4名が出場しました。
内、二名が準優勝と優勝。
二人友、片や男子高校生、もう一人は女子大生と云うフレッシュな選手で、特に女子大生の優勝はとても嬉しい事でした。

 幼年部から一般まで、女子も含めて、激闘が続きました。
蔽わず力が入ったり、唸ってしまう様な場面も多く、我が道場の選手達の写真を撮ってもいたので、最後には眼が痛くなってクラクラしていました(苦笑)
それに、節電や計画停電の影響で、会場は暖房もなく、そこまで行く交通機関、小田急線やJRも同様で、底冷えがしてしまいました。
どう云う訳か4月と云うのに、この大会の時はいつも寒いのです。

 こう云う御縁を持つ事が出来る事に感謝し、自分自身も一層練習に励まなければと思った一日でした。

zenkantoP2327.jpg

zenkantoP2326.jpg

バナー

誰の為に

2011 - 04/03 [Sun] - 02:08

 今回の様な災害の時に、多くの方々がボランティアしたり、募金したりしています。
素晴らしい事です。
ですが、時々、一体誰の為にやっているのかな・・・と疑問がフッと出て来たりする事もあります。
売名だろうが偽善だろうが、被災者の役に立つなら何でも良いと思うので、その事に異論を唱えるつもりは全くありません。
が、そう云う人とあまり付き合いたくないなと云う感想は持ってしまいます。

 怪我をしたり、病気をした時でも、良くある事ですが「大丈夫?」と聞く事が多いですね。
言われた方からすると、「大丈夫な訳ないだろう!!」って言いたくなってしまうかもしれませんね。
でも、まぁ一度はそう言われても、あまり気にならないでしょう。
が、それが繰り返ししつこく「大丈夫? 薬は飲んだの? 医者に行かなくて良いの?」等々と続けられると、一体誰の為に心配しているのか、本当に心配してるのか、煩いだけではなく疑いたくなる事もありますね。
親が子供を心配する時でも、叱る時でも、同じ様な事を感じる事が良くあります。
あれじゃ、子供は言う事を聞かなくなるよな、と思って仕舞いますね。
子供や病人や怪我人等の弱者は、精神的にも敏感ですから、相手が本当に自分を思ってくれているのかどうか、感じてしまいますから。

 自己満足でも何でも、相手が幸せになる、役に立つなら、良いのです。
でも、往々にしてそう云う行為や態度は、押付けになってしまったりして相手の気分を害したりする事に繋がる場合があります。
そうすると、自分では正しく、相手を思ってやっているのに、思った様な感謝の反応が返って来ないと自分の方が気分を害したりする。
何だかなぁ~って(苦笑)

 ま、何れにしろ、気持ち良く行きたいですね。

 明日は、横浜で新極真会の全関東大会です。
我が正伝流からも選手が何名か出場します。
師範方に久々にお会いするのも楽しみです。
頑張って応援して、写真を撮って来ます。

 義父のブログを告知して、すぐに見て下さった方々がいます。
有難う御座居ます。
そう云うお気持ちが、とても嬉しいです。

バナー

4月になって

2011 - 04/02 [Sat] - 02:54

 新年度になりましたね。
4月1日はエープリルフールの嘘もつかず、久々に新宿まで出て来ました。
う~、空気が重いです。
仕事仕事で、道場と近くでの買物と歯医者位しか出ていませんでしたが、都会はやはり色々ある様で。
足がどんどん重くなって来てしまいました。

 世の中全てが自粛ムードで、どこもかしこも節電していて、エスカレーターも半分しか動かず、電車の切符の販売機も半分以上ストップしていて、それでも世の中は稼動出来るのだなと感じました。
でも、どこかのお偉いさんが云う様に、被災者を思って花見禁止だとか、何をしたら駄目、これも駄目、あれも駄目、それに従わないとまるで非国民の様な過剰な動きは如何でしょうね。
右へ倣えの文化が根付く日本ですが、行き過ぎは却って逆効果になってしまうのでは、と思います。

 何でもそうですが、日本では何かあるとすぐに一方向へ極端に流れて走ってしまう様に思います。
金科玉条の如く、それが全て正しい、それ以外は間違いだとなってしまうのは、曾ての世界大戦の時代の日本に逆戻りするかの様な錯覚をさせられて、余り良い気分ではありませんね。

 ま、愚痴はそれ位にして、先頃亡くなった義父の川柳のブログ「kiyoakiのブログ」を、妻が復活させました。
暫く記事を書かず休眠状態に近かったのですが、義父が沢山残してくれた川柳を埋もれさせるのは忍びなく、またクスリと笑えて元気を貰えるものばかりですから、改めて発表して行きたいと云う事で、再スタートです。
宜しければ、どうぞ御覧下さい。

バナー

忘れ得ぬ友

2011 - 04/01 [Fri] - 03:48

 新極真会総本部道場で指導していた女性空手家Sさんが、新たに湯島に道場を開く事となりました。
いつも試合会場等で会うと笑顔で接してくれる可愛い女性ですが、四段に先頃昇段した猛者。
これからの活躍を期待したいですね。

 この事に伴って、新極真会本部道場のHPが閉鎖され、2007年11月12日に亡くなった伊師徳淳氏の名前を見る事が出来なくなりました。
オーストラリア支部長をしていた彼が帰国し、本部事務局長と云う立場で頑張り、総本部道場を支部として独立させた事が、今に繋がっています。
Sさんも彼が心を込めて育てた空手家で、その息吹は彼女の中に残っています。

「去る者は日々に疎し」と云いますが、仕方のない事ですが、変化の中に忘れられて行くのかなと、少し寂しさを感じてしまいます。
濃い付き合いではなかったですが、互いに心許し合えた友として、私の心の中に今も彼の姿は生きています。
私も忙しく、お墓参りや回忌の集まりに出かける事が出来ないままに時が過ぎていますが、折りに触れて彼を偲び、手を合わせています。

 先に旅立って行った、父や大切な親戚、友人や恩師達、私の心の中にずっと生きています。
いつもではないですが、何かの時にフッと思い出し、手を合わせて偲ぶ事が良くあります。
彼等の存在があって、今の私があります。
公的な場から姿が消えて行っても、大切な思いは残して忘れないでいたいと思っています。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR