感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2011年01月  

個性豊かに

2011 - 01/31 [Mon] - 03:41

 長く付き合っていると、段々とその人となりが解って来て楽しい事もあれば、悲しい事もありますね。
人それぞれの価値観や趣味、視野があって、合う人と合わない人が解って来ると云う感じでしょうか。
普通の人と思っていたのが、解って来ると実は凄く多趣味で広い視野を持っていたり、凄く人に気を遣う人が、実は傲慢で自己中心的だったり、人の顔には表と裏があるのが普通ですが、思った通りの人もいれば、思い掛けない側面を持っていて驚かされる事もあります。

 最近に限った事ではありませんが、私の周囲には不思議ちゃんが沢山。
常識では捉えられない、でも常識はしっかりわきまえていて、人に対して嫌な思いをさせない気遣いが出来る、本当に大人で、自己確立が出来ている人が増えています。
特定の相手以外には心を開きませんが、開いて行くとどんどん出て来る出て来る、不思議な感覚。
マニアックと云って良い程のレベルだったり、人が思い付かない様な事をサラッと普通に考えたり、やったりする。
それを人に押し付けないし、人との距離も保って、決して近づき過ぎない。
一匹狼なのですが、力が抜けていると云うか、それが普通と云う雰囲気でいつも安定している。
でも、やる時はやる。
誰よりも完璧主義で妥協がない。

 魅力的な不思議ちゃんが沢山いて、楽しいです。
ホグワーツか、恵まれし子らの学園、ゲゲゲの鬼太郎の家か、神無月(神在月)の出雲大社か・・・(笑)

バナー

スポンサーサイト

昼行灯の勧め

2011 - 01/30 [Sun] - 04:11

 ずっと以前に観た、正月12時間時代劇でやっていた「忠臣蔵」のワンシーンが強く印象に残っています。
里見浩太朗さんが大石内蔵助をやっていました。
とても見応えのある、深みのあるドラマでした。
忠臣蔵と云えば、浅野内匠頭が吉良上野介に城内で刃傷に及んで切腹となり、家来達が艱難辛苦の末に仇討ちをすると云う美談です。
ま、そこに私としては色々と思いがあるのですが、それは良いとして、ワンシーンにフッと笑えて、またそうか~と考えさせられる場面がありました。
今でもそのシーンは忘れません。

 吉良上野介に毎日苛められて頭痛で寝込んでしまった浅野内匠頭の許へ赤穂から手紙が来ます。
差出人は家老の大石内蔵助。
中を開くと、そこには「昼行灯の勧め」と書いてありました。
続く文章は、「殿が才長けて偉過ぎると、家来は何もする必要がないと思ってしまう。故に殿は少々昼行灯な位が丁度良く、そうすると家来もしっかり働く。働き過ぎ、考え過ぎは頭痛の元。頭痛に御用心。」
そして、手拭いをかけた昼行灯の絵が。

 上に立つ者が頑張り過ぎ、働き過ぎて、何でも出来てしまうと、下に立つ者は任せておいて、その人の言う事を聞いていれば良いのだ、と思ってしまう。
上が頼りないから、自分達が頑張らねばと思う位が丁度良いのだ。
と云って、頼りなさ過ぎると、また嘗められる。
適度に昼行灯でいる位が良いのだと言っています。

 事実、大石内蔵助は昼行灯と云われていた、泰然自若として遊びも知る趣味人だったと云われます。
が、その実は凄まじい剣の達人であり、戦略にも長けていたと。
いざと云う時、浅野内匠頭の仇を討つと決めた時、暫く自宅の仏間に籠った後に出て来た大石内蔵助の顔は、それまでの穏やかさが消えた殺気に溢れていたと云われます。

 実力も才もあり、知恵も知識もあり、それでいて奢らず高ぶらず、趣味人の如き穏やかさを持つ、能ある鷹は爪を隠すと云う、そんな人物像と仇討ちと云う美談に人々は惹かれて来たのかもしれないですね。
何をするにしても、いつも張り詰めている弓は蔓が切れてしまいます。
緩んでいるからこそ、いざと云う時に締めて、矢を飛ばす事が出来る。
空手の突きや蹴りと同じですね。

 疲れた時は、昼行灯の勧めを思い出す様にしています。
弛み過ぎず、張り過ぎず、力まず弛まず、時には次への為に積極的に休みましょう。

バナー

入魂

2011 - 01/29 [Sat] - 05:30

 今日は、不動明王の御縁日でした。
そして、それに合わせて不動明王の入魂を行いました。
120年前に彫られたと云う、先祖代々伝わる仏像は、小さいながらも迫力のあるものでした。
長い年月、置いてあるだけの状態になっていたのを、改めて浄化して入魂し、心を込めてお祀りしようと云う気持ちから、今日の入魂となりました。
それを知って集まってくれた人達の気持ちと祈りが一つとなり、不動明王は甦り、また一層の迫力を増しました。

 仲間の為に純粋な気持ちで集まって一緒に祈る気持ちと姿勢は、美しく輝いていますね。
素晴らしい人達です。
だからと云って、群れる訳ではなく、ベタベタとした付き合いでもなく、いつも適度な距離感で互いのプライバシーを冒す事なく、互いに尊敬し合い、尊重し合って、踏み込み過ぎず、離れず、何かの時には駆けつける。
そんな気持ちの良い付き合いは素敵ですね。

 人間は兎角群れたがり、上下関係を作りたがり、ベタベタしたがります。
面倒な事ですね。
私の所では、そう云うものがない、距離感をちゃんと保って気持ちの良い付き合いをして欲しいですね。
皆、ベタつく為でも群れる為でもなく、学ぶ為に集まり、心地良い空間と時間を共有する為に来ているのですから。
くだらない人間的な感情は邪魔でしかありません。
本当に純粋な、綺麗な気持ちと関係と云うものを学んで欲しいなと思います。

バナー

幾ら正しくとも

2011 - 01/28 [Fri] - 02:38

 しょっちゅう人の批判をする、と云えば聞こえが良いですが、悪口を言う人がいますね。
また、面と向って相手にも文句を良く言う人。
良く聞くと、その人の言う事は確かにお説ごもっともなんですが、どうもおかしい。
聞いていると、その話とは無関係な第三者である筈なのに、段々とムカついて来てしまう事があります。
私が説教臭いのが嫌い(成績が悪かった学生時代のトラウマでしょうか?(苦笑))と云う事もあると思いますが、人を苛つかせる声質や話し方、論理展開と云うのがありますね。
大体は声質がハイトーンで、キンキンしていて耳に刺さる。
或いは、ザラザラした声。
そして、大抵は早口です。
気が急いているのか、人に喋る間を与えない程と云う時もありますね。
そして、何よりも「絶対に自分が正しい」と相手を徹底して批判する、文句を言う。
確かに聞いていると正論で、間違ってはいない。
でも、聞いている相手が怒ってしまったら、そして聞く耳を持たなくなったら、幾ら正しくてもその言葉は宙に消え去ってしまって、意味をなさない。
と云うより、相手を嫌な気分にさせたり、怒らせたりしてしまうので、マイナスの効果はあると云えますね。

 親子でも夫婦でも先輩後輩でも、また教師と生徒でも、こう云う事は良くある事です。
正しいと思って言っている言葉が、相手を傷つけていたり、怒らせたりしてしまう。
自分の理論を相手に押し付けているだけで、本当に相手の事を思っていない、机上の空論でしかないから説得力がないし、その上に相手に言う事を聞かせたいと云う傲慢さが乗ると、一層厄介です。
ま、ハッキリ云うと思い上がり、ですね。
一体、何様のつもりなのかな?と疑問を感じる事が良くあります。
そんなに偉いなら、正しいのなら、皆が言う事を聞いてくれる筈です。
でも、その実は誰も言う事を聞かず、心が従わない。
表面を繕ってその場は言う事を聞いたフリをしても、心の中では唾棄されている。
そんな事が良くあります。

 誰でも、例え小さな子供でも、誇りとプライドは持っています。
まして成長して行けば、そして大人になれば、社会的に地位が出来て来たら、余計にその誇りやプライドは強固なものになります。
そこに向って傲慢にも正論をぶちまけたら・・・、嫌われますね。
それで済めば良いですが、キレられたら終わりです。

 人に何かを教える時、アドバイスする時、叱る時や注意する時、提案する時、相手の人格や誇りやプライドを踏み躙ったら、反撥されるだけです。
特定の人に対してはそれが有効なので、敢て踏み躙っても言うと云う事は手法としてはあります。
が、そう云う深い計算なしに傲慢に正論を押し付けると、気がついた時には裸の王様になってしまいます。

 本当に偉くなる、賢くなる、そして人が言う事を聞いてくれるとはどう云う事か、良く考えてから発言する様にしたいですね。

バナー

魔法が甦る

2011 - 01/25 [Tue] - 05:27

 先程まで、久し振りに映画を観ていました。
タイトルは「魔法使いの弟子」、ディズニーの名作「ファンタジア」の実写リメーク版です。
ニューヨークを舞台に魔法を使ったアクション、ファンタジーの映画です。
エンターテイメントとしては、大変に楽しめる映画ですね。
内容は・・・、そんなに濃くはないです。
でも、楽しい。

 この映画に限らず、色々な魔法や神や古代を扱ったファンタジーの映画が沢山出ていますね。
ブームでしょうか。
私には単なるブームではなく、人々が求めているものが、こう云うファンタジー、夢なんだなと感じています。
曾て魔法が生きていた時代、神や仏が身近に存在していた時代、人の心はもっと豊かで夢に溢れていた、だろうな・・・と。
そこには悪人も存在していて、正義がいつも勝つとは限らなかった。
でも、いつの日か必ず正義が勝つ時を信じて、人は生きていた。
なんて心境でしょうか。

 現代社会は、見えると云えば見える、見えないと云えば見えない、そんな未来への希望がある様な、ない様な、そんな時代です。
政治も経済も国際情勢も不安定で読めないし、未来への不安に溢れています。
しかし、テクノロジーが進み、想像もしなかったSFの様な世界も目前に来ています。
そんな中で、人は改めて心と云うものを考え始めている、夢を思い出しつつあるのかもしれないですね。

 映画等で描かれるファンタジー、夢の世界を、エンターテイメントと割り切ってしまうのではなく、そこから、自分の中に眠っていた夢やファンタジーを思い出して、勇気を取り戻して行けたら良いですね。
夢があるから、心にファンタジーがあるから、輝いて生きられるし、頑張れると思います。

バナー

意識しましょう

2011 - 01/23 [Sun] - 03:33

 最近は病気の相談がとても多いです。
この仕事を始めた頃、殆どが病気の相談で、その後は転職、そして経営の相談等、それから段々と日常の色々な事の相談が増えて来ました。
病気の相談も、病院ではありませんから基本的には医師に受診して下さいなのですが、気療や整体等を行えるものについては、やっています。
邪気を抜いたり、ちょっと骨格や筋肉の調整をしたりします。
日常の習慣やストレス等でも身体は歪んだり、異常を来したりする事がありますね。
普段から、ほんの少しだけ気を遣ってケアしていたいものです。

 特にセラピストやヒーラーの方は、どうしても色々なものを吸収したり、被ったり、溜ってしまって気がつくと酷い事になっていたりする事もあります。
医者の不養生とは昔からの諺ですが、紺屋の白袴、ついおざなりになってしまうのが自分自身ですね。
人を癒したり救ったりする仕事だからこそ、自身の健康には気を遣わないといけません。
自己の健康管理も仕事の内です。

 ま、空手なんかやっていると、あちこち故障するのはしょっちゅうですが、それも正常な状態に戻す事を意識していないと、後々に響きます。
強くなる為には、正しい精神と肉体が必要ですから、しっかりケアしましょう。

 健康だから頑張れるし、楽しく仕事も出来れば、プライベートも充実します。
勢いに任せて、また責任感や義務感で、あまり自分を追い込み過ぎたり、健康管理を忘れたりしない様にしたいですね。

バナー

強制終了

2011 - 01/22 [Sat] - 03:08

 何をするにしてもそうですが、やらなければならない事を一生懸命やって、段々視野が狭くなって来てしまったり、神経が尖って来て苛立ち易くなったり、熟睡出来なくなって疲れが抜けなくなったりする事が良くあります。
やらなければならない事ですから仕方ないのですが、良く云う突込み過ぎと云う状態です。
そうすると当初の目的が段々失われてかけ離れて行ったり、どうでも良い事で腹が立ってしまったり、眼の前にある事が見えなくなったり、逆に目先しか見えなくなったりします。
何れにしろ、良い事ではないですね。

 そんな時は、無責任な様ですが、思い切ってそこから離れましょう。
距離を取って、出来ればその事を忘れて、のんびり、ゆっくり、そして楽しい事を考えたりやったりしましょう。
心理的、物理的な距離を上手く取る事がいつも出来れば良いですが、そうも言っていられない事もあります。
ですから、強制的にやって、リセットしましょう。
でないと、結局は良い結果が出ず、相手がいる場合は共倒れしてしまう事もあります。

 リフレッシュ、リセット、勤勉と我慢が美徳とされる日本人ですが、その為にも適度な切り換えをしないといけません。
良い結果をもたらす為には、休むのも仕事の内、責任です。

バナー

御神籤をひく時

2011 - 01/21 [Fri] - 02:44

 最近、良く御神籤を拝見します。
私は余程気が向かないと神社でもお寺でも御神籤をひきません。
ですが、相談者の方から御神籤の解釈をして下さいと、良く拝見しています。
御神籤って、大吉・中吉・小吉・末吉・狂・大凶等があり、そこに仕事とか待人とか家移りとか、色々な意味が書いてあります。
でも、本当に大切なのは、それらの個別の意味ではなく、そこに書かれている詩の様な歌や神の御言葉などと書かれている文章です。

吉凶はその象徴であって、良い感じとか余り良くない感じとか、そんなニュアンスの様なものです。
そして、個別の運については、全部を見るのではなく、御神籤をひく時に、漠然とひくのではなく、まず何を神様や仏様に聞きたいのかを決めてひくと良いですね。
そして、御神籤の聞きたかった目的の所を読む。
他は読んでも仕方ありません。
だって、聞いていないのですから。
色々聞きたいと云う欲張りは良くないです(笑)

 書かれている歌や文章ですが、ちょっと難しかったりするかもしれません。
そんな時は、神社の宮司さんやお寺のお坊さんに、意味を解説して貰って下さい。
本当にいつも思いますが、神仏はお見通し。
その歌を読むと、余りにもピッタリで笑ってしまう事や、青ざめてしまう事もあります。

 あ、当り前ですが御神籤は、同じ質問を頻繁にしない事。
神仏から、いい加減にしろって叱られてしまいます。
ですから、2度目3度目に出て来た御神籤は当っていないと思って良いでしょう。

 困った時の神頼み、仏頼みではなく、たまに御神籤をひいて神仏からの教えを戴く、こうしなさいよとアドバイスして貰う気持ちがあると良いですね。
お世話になるのですから、困っていない時にこそ、ちょっと御挨拶と立ち寄ると良いです。
時々顔を出して御挨拶していると、神仏も覚えてくれるかもしれません。
やっぱり、時々挨拶に来る人の方が、困った時だけ来る人より可愛いのは当然ですからね。
案外、神仏って、そう云う意味では人間的です。
頼るだけではなく、親しく、でも礼儀正しくお付き合い出来て行くと良いですね。

バナー

24時間

2011 - 01/20 [Thu] - 17:20

 この仕事を始めた時に、24時間体制と思って始めました。
365日殆ど休みなしと云う日々が続いたのを覚えています。
それは今でも余り変っていません。
面接相談、通信相談、そして夜中の祈りの時間。
最近でこそ、やっと年に一度か二度、無理にスケジュールを開けて旅に出たりしますが、そんな時でもブログとメールのチェックは欠かす事が出来ません。
また、毎週行く道場での空手は、リフレッシュとなっています。
月に一度行う月例会や、毎週行っている伝授会は、夜中に及ぶ事も多く、ブログを書く事が出来なくなる事も良くあります。
そんな生活を始めてもう25年余り、落ち着いた時間と云うものを余り持った事がありませんね。
正月などは、それ以前の修行時代からずっと静かな正月と云うものとは無縁な生活をして来ました。

 でも、そんな生活が出来る事に感謝しています。
いつも忙しいと言えるのは、とても有難いです。
一個の人間が出来る事などしれていますが、少しでもお役に立てているなら、これ以上の喜びはありません。
大上段に、救うとか、助けるとかなんて事は、怖れ多くて言えませんし、全くそんな事は思っていなくて、ただひたすら、自分が出来る最大限でお付き合いさせて戴いているだけです。
弟子に良く言いますが、生き様が仕事そのもの、そう思います。
一瞬一瞬を大切に精一杯、それが仕事に繋がりますし、皆さんに伝わります。
そこから何かを感じて、得て貰えたら、嬉しいですね。

 ここの所、また、良くと云うか殆どまともに眠れていません。
寝たつもりでも、神経が起きていて、眠れない日々が続いています。
常に頭の中にある方々への思いが、そうさせます。
何をしていても、心のどこかで祈り、願っていて、気になっています。
全てが上手く回り、良い結果へと結び付いて欲しいと思います。
刻一刻、状況は変ります。
それは病や困難に当っている人だけではなく、誰の人生もそうです。
一瞬先は闇か光りか。

 この今の一瞬を大切に、眼をしっかり開き、精一杯輝きたいですね。
今日の輝きが明日に繋がります。
未来を決めるのは、今日の輝きです。

バナー

縁に感謝

2011 - 01/19 [Wed] - 03:32

 今日の道場は、大阪へ行ってしまうK二段の最後の稽古でした。
前の道場の時から噂だけは聴いていましたが、現在の我が正伝流の道場が出来て、初めて合う事が出来ました。
3年以上に渡って一緒に稽古させて貰いましたが、他の人にはない彼独特の空手がとても心地良く、また緊張感があって、とても楽しい時間を過させて貰いました。
色々な側面を持った、とても魅力溢れる男性であり、離れても忘れる事の出来ない人物です。
また道場へ来てくれると云う事でもあり、縁を続けていけるのだなと嬉しく思っています。

 人の縁とは不思議なもので、何かの切っ掛けで出会い、また別れ、続く縁もあれば切れる縁もあります。
何かを大切に思い、真摯に道を歩む人との縁は、出来ればずっと繋がっていたいですね。
一見、全て偶然に思える縁が、自分で選んだ道や未来の選択の結果であり、必然だと思える事が良くあります。
K二段との縁も、正伝流を開いた師範との出会い、そして師範の独立と立流によって繋がりました。
既存に飽き足らない、もっと深く、もっと高くと日々の精進と練習を続ける姿は、時に殺気となり、また優しさとなり、厳しさとなって、周囲の目に映っていたと思います。

 沢山の縁に囲まれ、恵まれて、人は成長し、学びます。
時には縁に苦しむ事もありますし、悲しむ事もあります。
その全てが人生の味となり、深みとなって、自分自身を育ててくれます。
良い縁も悪い縁も、楽しい縁も悲しい縁も、また辛い縁も、全ての縁に対して感謝ですね。

バナー

脱力して

2011 - 01/18 [Tue] - 02:49

 武道でも修行でも共通する重要な事に、脱力と云うものがあります。
力を入れて力んでいては動けなくなる。
然し、力を抜き過ぎて弛れてしまっては、だらしないだけで動けない。
丁度良い、力みから力を軽く抜いた状態、脱力が最も重要であると云われます。

 心も力み過ぎていては、自由な発想も湧かず、固執になってしまっていて、視野も狭まり、猪突猛進の様な状態になってしまう。
と云って、弛れていると何もする気にならず、だらだらするだけになってしまいます。
身体も同じです。
力んでいては、空手の突きも押しになってしまいます。
弛れていては、いざ力を入れなければいけない時に遅れてしまいます。
脱力しているから突きは飛びます。
そして、脱力の状態だから瞬間的に力が入ります。

 色々と落ち着かない日々が続いていますが、脱力を忘れず、いつも冷静に事に対して処する事が出来る様、心がけています。
良い感じに脱力し、偏らないで中道を心静かに進む事が出来る様に、落ち着きましょう。

バナー

思い出と深い想い

2011 - 01/17 [Mon] - 02:52

 いつも突然の様に眼の前に高い壁が立ち塞がり、激しい嵐がやって来て、大きなプレッシャーと責任に負けそうになっては、それを乗り越えて行くのが人生です。
壁が高ければ高いほど、嵐が激しければ激しいほど、そしてプレッシャーが大きければ大きいほど、乗り越える過程でした経験は大きく、深く心にも身体にも刻まれて行きます。

 今日、成人の祝いの集まりを父親からして貰った若者も、初めての主役であり、大人としての姿を見せなければならず、大きなプレッシャーを感じていた様でした。
見事とは云えませんが、一生懸命に主役を務め、上手とは云えない空手の型を披露し、バットを脛で折って、彼の思いを見せてくれました。
これが始まりであり、ここから沢山の山谷を越え、壁を越えて行かなければなりません。
やっとスタートラインですね。

 今日の集まりで、コンソメスープが出ました。
このスープには特別な思いがあります。
私の実の父がとても好きだったもので、また義父も好んで飲んでくれています。
帝国ホテルと云う、父と良く泊まった、もう何十年も前から良く行ったホテルで飲むコンソメスープは、沢山の思い出と深い想いを共に味わいながら戴きました。
懐かしく、またじっくりと、心と身体に沁み込んで行きました。

 眼の前に現れた壁も激しい嵐も、逃げる事なく立ち向かいましょう。
人が与えられる試練は、必ず乗り越える事が出来るものしかやって来ません。
弱気にならず、諦めず、強い意志で越えて行きましょう。
それを越えた時、終えた時、心と身体に残るものは、とても大きなものです。

バナー

帰って来ました

2011 - 01/16 [Sun] - 03:43

 急な出張でしたが、先程、帰りました。
温かいと思い込んでいる九州がとても寒く、今日帰って来る時には雪がモロモロと降り始めました。
こりゃ帰れるかなと思っていましたが、無事に飛行機も飛び、帰って来ました。
到着した東京は・・・寒い!!
どこへ行っても、今は寒い季節なのですね。
明日はもっと寒くなるそうです。
夜に出かけなければいけませんが、かなり寒くなりそうですね。

 沢山の事を学び、感じ、知り、確認して、決意もした、そんな出張でした。
とても有難く、嬉しく、そして深い思いをしました。

 さて、今日からまた頑張ります。
多くの方の人生に、心に、現実に触れる事が出来る生き方をしていられるのは、有難い事です。
一つ一つが私の財産であり、宝です。

 まずは、明日、寒さを乗り切って出かけて来ます。

バナー

記事を休みます

2011 - 01/13 [Thu] - 01:55

 明日より土曜日まで緊急ですが出張の為、記事をお休みします。
外からチェックはするつもりですが、記事は書けないと思います。
また、お問い合せもお返事は日曜日以降になります。
宜しくお願い致します。

 いやいや、今日も結構色々とありました。
テーマは成人、大人になると云う事。
成人式は終ったのに、日曜日に成人の儀式に呼ばれているのに、ずっと成人式の様な・・・(笑)
ま、大人になるって色々と面倒な事も多くて、子供のままが良いと思う時もありますね。
でも、子供には大人の持っている権利はないし、自由な様でも不自由ですからね。
頑張って、大人になるしかない・・・かもしれないですね。
とは云え、子供の持っている感性や柔軟性や好奇心は失いたくないと思います。
上手くバランス良く、大人になりたいですね。

バナー

十人十色

2011 - 01/12 [Wed] - 03:45

 人は十人十色と云いますが、100人いたら100種類の考え方や価値観があり、生き方があります。
普段は上っ面でつき合ったり、距離を持っていたりするので、気がつかない事が多いのですが、喜怒哀楽が出る瞬間や突発的な場面、またスポーツや道場などでは本音がつい出てしまう事もあり、その人の真の姿が垣間見えたりする事があります。

 今日、道場で練習していて、いつも思う事ですが、スパーリングしていたりすると、それぞれのスタイルや人間性が見える事があります。
それが良いとか悪いとかではなく、ただ違うと云う事です。
その違いがまた面白かったりしますし、勉強になります。
同時に得意不得意になったりもします。
やり易い相手、やり難い相手、手が合うと云うのでしょうか、合う人と合わない人がいます。
手が合わない、やり難い相手には、迷いが出てしまって何をして良いのか解らなくなる時もあり、これはまだ未熟です。
いつでも自分のやり方でやる事が出来たら良いのですが、まだまだ道は遠いですね(苦笑)

 人と人が関わり合っているから社会ですし、会社でも学校でも道場でも、また家庭でもそれは同じ。
得意な相手もいれば、苦手な相手もいて当然。
どこにいても自分らしくいる事が出来て、高圧的でもなく、と云って受動的なばかりでもなく、媚びる訳でもなく、スッと流水の如き心境と態度でいられたら良いなと思います。

 何をするにも、特に人とつき合って行く上では、最後は人間力ですね。
懐深く、大きく、広い、そんな人物になりたいですね。

バナー

成人式

2011 - 01/11 [Tue] - 03:51

 ニュースで成人式の報道がありました。
昔で云えば元服式でしょうか。
大人になる為の通過儀礼ですね。
以前は1月15日だったのが、今は1月第2月曜となっていますね。

 大人になるって、どう云う意味なのか、ちゃんと伝えられているのでしょうか?
曾て武家の元服式では、最重要視されたのが切腹の作法です。
自分で自分の身を処する作法を身に付ける。
大人になると云う事は、そう云う事だと私は解釈しています。
成人式前でも働いている子もいれば、結婚している子もいるし、子供がいる子までいます。
が、法律的にも大人として、自分の身を自分で処しなければならず、親の庇護から放たれて自分の責任で社会へ出て行かなければいけない。
そう云う意味では、成人式を終えても親の庇護化にいて、社会に出ていない人は沢山いますから、大人になったとは云えない成人が沢山いると云う事ですね。

 何を以て大人とするか、元服したと云うかは、その社会の価値観ですから違って当然だと思います。
働く様になったら、子供を作る事が出来る位に身体が成長したら、大人としての器量を身に付けたら、そして自分の身を自分で処する事が出来る様になったら・・・。
何れにしろ、大人の社会と云うのは、甘くもあり、厳しくもあると思います。
色々と子供時代より許される事が増えて自由になる反面、逆に許されなくなる事も沢山出て来ます。
また、色々と教えてくれる人が減る、守ってくれる人が減ると云う意味でも、自分でやらなければいけない事が増えますね。
権利と義務、自由と責任、相反する様に思える事をバランス良くして行かないといけません。

 でも、遥か昔に成人となった今でも、自分で未だ子供だなと思う事ばかりですから、本当に大人になるって云うのは、永遠にかかるのかもしれないですね(笑)
ま、社会から大人だと認めて貰える自分ではいたいと思いますが。

バナー

行きたいな・・・

2011 - 01/10 [Mon] - 05:22

00850
00850 posted by (C)島津 成晃

 時々思います。
また、行きたいですね。
遥かなヨーロッパへ・・・、そして第2の故郷スイスへ・・・。

バナー

今年最初の

2011 - 01/09 [Sun] - 02:49

 今日の初釈迦、そしてその後の初稽古、どっちもきつくて楽しかったです(笑)
気を抜かないで、ガンガンやると云うのは凄く疲れますが、心も身体もスッキリしました。
沢山の人が集まって、同じ方向を向いて、時間を過すと云うのは素晴らしい事ですね。
いつもの顔ぶれ、いつもの仲間、とても有難い事です。

 道場では私が最高年齢。
高校生達と一緒に稽古するのは、きついです。
でも、それがまた楽しい。
普段、10代の人達と触れ合う機会などは仕事以外では殆どありませんし、10代20代30代40代、そして50代の、男性も女性も一緒になって汗を流し、ミットを打ち、スパーリングをやる。
今日も沢山の黒帯と茶帯、緑帯が参加して、厳しく、きつく、そして楽しい練習でした。
出稽古に来た他流の2人も、最後まで頑張っていました。

 こんな良い時間を持つ事が出来て最高ですね。
今年一年、この調子で頑張りましょう。

バナー

今年初めての御釈迦様

2011 - 01/08 [Sat] - 03:58

 1月7日は七草粥を食べるとされている日で、最近は松の内の終りとされて、門松を取る日とされています。
私は関西の出身なのと、古臭いので(苦笑)、松の内は旧来通り15日と思っていますが、それはまぁ人それぞれと云う事で、7日でも15日でも構いません。
そして、その明くる日である8日、もう今日ですね(苦笑)が初釈迦の縁日です。
4月8日に御釈迦様、ゴータマ・シッダルタが生れたのを偲んで、灌佛会として4月8日にお祝いしますが、そこから発展して毎月8日は御釈迦様の縁日とされています。
と云う訳で、明日は初釈迦です。
松の内が明けて神々が各家から帰られた明くる日が御釈迦様の縁日。
神様から仏様へ、人々を守る申し送りがされているみたいで面白いですね。

 御釈迦様と云うと、仏教の開祖ですね。
エピソードが沢山語り継がれていて、「天上天下唯我独尊」なんて言葉も残っていますが、仏教各宗派が語っている御釈迦様像も色々と微妙に違ったりして、最近では漫画もあり、聞く所によると手塚治虫氏のブッダが映画化されて公開されるそうですね。
過去にも何度か実写版で映画化された事もあります。

 御釈迦様って、どんなイメージでしょうか。
西洋ではイエス・キリスト、東洋では御釈迦様、永遠の存在ですね。
これに、ムハンマドが開いたイスラム教が加わって三大宗教ですね。
教えの違いは表面上ありますが、それぞれ人間の幸せと正しい道を説いているものです。
人の道は遠く遥かであり、光りの道です。

 ちょっとそんな事を思いながら、初釈迦を迎えてみるのも良いかも知れませんね。
そして、明日は私にとっての空手の初稽古です。
バタバタしていて道場へ行けませんでした。
明日から、また頑張ります。

バナー

本気で修行したいなら

2011 - 01/07 [Fri] - 04:17

 5日に今年初の内弟子伝授を行いました。
また、今日、いつもお世話になっている新極真会横浜支部の道場から女性が一人訪ねて来ました。
どうしても話は、修行の話になります。
所謂、修行の話と空手の話。
そうなると、つい熱くなって色々と話してしまいます(苦笑)
修行とはどう云うものかと云う事から始まり、具体的な技術論だったり、作法だったり、心構えだったり、どんどん広がってしまいます。
普段の月例会や縁日、面接の時も、加減しながら、肝心な事は隠しながらですが、やはりつい熱くなって話してしまう事が多いです。

 修行していて誰もが陥る落し穴、それは修行をしていない時間です。
修行している最中や道場で練習している間は、誰でも集中しているし、真剣だろうと思います。
そこが真剣じゃなかったら、これは問題外。
で、問題は修行していない時間。
心や頭から、全く修行の事が消えている、OFFになっている。
だから、修行してるのに、それもかなりやっているのに、進歩しない、進化しない、強くならない、上手くならない。
そりゃそうでしょう、修行している時間が短いのですから。

 昔から、達人と呼ばれる人、一芸に秀でた人、超人と呼ばれる人、神と呼ばれる人、天才と呼ばれる人は、常人と異る意識と精神構造を持っています。
オリンピックに出場する選手、ノーベル賞を取った科学者、そして素晴らしいスターを見ていると解りますね。
絶対に普通じゃないです。
ある意味、自分の目指す道に対して、ストーカーか偏執狂か、異常に固執していて、四六時中その事ばかり考えています。

 修行も道場も、学ぶ場であり、確かめる場です。
普段、自分がやっている事をそこで検証し、また次へ進む為の場です。
大切なのは、それ以外の時間。
修行と修行の間の時間、この糊代の時間が全てを決めます。
24時間、365日、ずっとそれだけを考え続け、意識し続けていると、生き方も考え方も言動も全て自然と変って来ます。
常在修行、常在道場と云いますが、正にその通り。

 糊代が全く別のものになると、ONとOFF、切れてしまいますね。
レベルを変えて良いですが、アイドリングはさせておかないと、エンジンをOFFにしてしまったら、またゼロからスタート。
勿体ないですね。

 修行も空手も、日常に生かし、役に立ってこそ意味も意義もあります。
その為には、絶対にOFFにしない、糊代の時間を無駄にしない事です。

バナー

今年もこだわって行きます

2011 - 01/05 [Wed] - 04:34

 さて、2011年の仕事始めの所も沢山ある様で、私の方は御正月三ヶ日が終ってやっと一息と云う所です。
皆さんの今年の抱負や目標を色々と聞かせて貰いました。
今年はこうなりたい、こうしたい、と云う気持ちや意志を、言葉だけ夢だけに終らせないで、実現して欲しいなと思います。

 と云う訳で、私も今年の抱負を・・・と云ってもいつもと変りませんが、今年はもっともっとリアリティーと勝ちにこだわって行きたいですね。
若い頃、色々な人の所へ相談に行きましたが、どこでも満足出来なかった事が今も心に残っています。
答やアドバイスが漠然としていて、じゃぁどうすりゃ良いの!?って思ってムカついた事ばかりでした。
具体性、リアリティーは、アドバイザーに取っては重要な要素です。
そこにこだわってずっとやって来ました。
夢は実現したいですし、目標は達成したいですね。
だからこそ、現実的に進む道や方向を示してあげられたら良いなと思っています。
勿論、敢て答を漠然とさせたり、言わない事もあります。
それは違う目的があるからです。
答を知ってしまうと、頭と知識だけで物事を考えて成長しない場合もあります。
そんな人には、体験を勧めます。
体験しなければ解らない事の答は、教えません。

 そして、何をするにも、やり遂げなければ意味がない、とは言いませんが、やはりやるなら最後までやって目標に到達したいですね。
ですから、今までもそうして来ましたが、実現力、勝ちにこだわって行きます。
誰も負ける為にやっていません。
勝つ為にやっているなら、勝ちましょう。

 もう一つ、お知らせです。
相談に来て下さっている方だけに限定で携帯ストラップをお分けしていましたが、好評につき1月末日迄の限定ですが、一般の方にもお分けする事にしました。
パワーストーンを、その方に合わせて組み上げて、祈願してお渡しします。
お問い合せ、お申し込みはHPよりメールでお願い致します。

keitai-01.jpg

keitai-02.jpg

バナー

正月から飛ばしてます

2011 - 01/03 [Mon] - 03:13


 御正月の雰囲気ってありますね。
年々、TVの番組が詰らなくなって、以前やっていた時代劇12時間ドラマなんかを楽しみにしていましたが、キャストが若くなったせいか、脚本が良くないのか、時間も短くなりましたし、何だか楽しくないですね。
隠し芸大会もなくなりましたし、お笑いの人達が、それもいつも同じメンバーが、面白くもないくだらないギャグを連発してドタバタしているだけですし、薄っぺらな御正月になって来ましたね。
また、明日の準備の為にちょっと買い物に出かけたのですが、人は沢山出ているし、皆さん買い物も結構していて不景気どこ吹く風と云う感じなのですが、それでも何か華やかさに欠けると云うか、雰囲気がどこか暗いのですよね。
まぁ、昔の様に凧揚げや羽根突きや、昔ながらの遊びが出来なくなったと云う事もあるかもしれませんし、厳かで雅な御正月が見られなくなったのは寂しいですね。

 日本人として、また人として、大切にしたい事は残しておきたいし、新しい事や変る事だけが善ではないと云う事を忘れないで欲しいですね。
祈る気もなく、敬虔な気持ちもなく、観光気分で初詣して、御賽銭を投げるなんて、考えられない様な事が当り前になってしまっている。
目上に対してお金を投げるなんて信じられないですね。
また、信じないなら祈るな!!
本気で祈る気持ちで詣る人に迷惑ですね。

 今年もどうやら怒りモード全開で突っ走りそうな予感もありますが(苦笑)、一日一日を大切に心を込めて過して行きたいですね。

バナー

新年、御目出度う御座居ます

2011 - 01/01 [Sat] - 21:12

 明けまして御目出度う御座居ます。
2011年、平成23年、卯年、今年も宜しくお願い致します。
昨年同様、それ以上に、皆さんの御相談、そして空手、その他色々な事にチャレンジして、充実して行きたいと思っています。

 2012年12月21日から12月23日に時代が区切りを迎えるとマヤ歴は述べていますが、区切りの年の前後数年間は大きな影響が出ると云われます。
既に新時代への動きが出て来ている様に思います。
過去の価値観が崩れ、新しい価値観や視野で世界が回り始めるのかもしれないですね。
曾て話題になったノストラダムスの予言、1999年の時と同じく、また2000年の時と同じく、人類が滅亡するのではなく、新しい時代に入るのだと、私は解釈しています。

 予言と云うのは、解釈が難しいです。
未来は決まったものではなく、時々刻々常に変化している現在が導き出すのが未来ですから、そう云う意味では今次第で未来は変ると云えるでしょう。
そう考えて解釈して行くと、予言は未来への警告であったり、示唆であったり、壮大なプロジェクトの計画書であるのかもしれないですね。

 何れにしろ、時代は移り変わっています。
乗り遅れないで、しかし古き良きものを残しつつ、新しい時代の潮流に乗って行きたいですね。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR