感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2010年11月  

甘える

2010 - 11/30 [Tue] - 03:27

 人間は、置かれている環境や囲まれている人達、立場、肩書き等の影響をどうしても受けてしまいます。
同じ仕事をしていても、正社員と派遣社員とアルバイトは、当然ですが雇用形態も給与も保険等の厚生も違います。
だからと云って、仕事を甘えていると、「所詮、派遣だから、アルバイトだから」と言われてしまって、それなりの扱いしか受けません。
本人がそれで良いなら、何も云う事はないですが、そこでも甘えないで頑張っている人には色々なチャンスがやって来ます。
甘えていたら、何のチャンスもやって来ません。

 それは学生でも同じですね。
学生だからって甘えていたら、今の厳しい時代ですから、当然の結果として就職活動は苦労する事になってしまいます。
また、肩書きがその人を縛ると云う事もあります。
部長になった、社長になった、それだけで満足してしまうと、そこから上にはもう行かないと云う事ですし、もしかしたら落ちるかもしれませんね。

 周囲の人が優しいと、つい甘えてしまう。
自分でやらなければいけない事、自分でやれる事まで甘えてしまう。
人間は甘える様に出来ています。
身体も心も、すぐに甘えて怠けたがります。
一度甘えてしまうと、際限がなくなります。
気がついたら、這い上れなくなってしまう事も。

 厳しく自分を律するだけが、頑張るだけが人生ではないですが、甘えて良い部分と、絶対に甘えてはいけない事と、見極めておかないと、やっぱり楽な方へ逃げてしまうのが人間です。
やるべき事はやるしかない。
言い訳は利かないですね。

バナー

スポンサーサイト

甦ったので、頑張ります

2010 - 11/28 [Sun] - 03:57

 今日、やっと道場へ行けました。
いつもと違うメンバーで、人数も少なく、ゆっくりじっくりと練習が出来ました。
身体も頭も固まっていましたが、汗をダクダクかいて、抜けました、ふ~。
しかし、キックミットを蹴っていて、足の指が攣ったのは参りました。
それだけ、固まっていたのですね。

 14日の審査会から、もう2週間も経ってしまって、審査を受けた子供達や一般部・女子部の皆さん、昇段審査を受けたI君、お待たせ致しました。
師範に預けましたので、コピーして貰って下さい。
何しろ、今回は昇段審査もあったので、集まった写真が4千枚近く。
一枚5秒位で表示する様にスライドショーを作りますから、大体100枚程度にしなければいけません。
それでも、5×100で500秒、8分ちょっとです。
余り長いと飽きてしまいますし、身近過ぎると落ち着いて見る事が出来ません。
少年部、一般部、昇段審査と、合わせて300枚程度まで絞りました。
ちょっと、長い道程でした(苦笑)

 で、明日の勉強会で使う資料が出来ていなくて、急遽作成中です。
会報も出来上がったので、後は印刷して発送しなければいけません。
でも、こうして色々とやる事があるのは、有難いです。
twitterで、道場の仲間が夜中なのに東北へ自動車で走っています。
仲間の一人が福島で試合をするので、セコンドする為に向っています。
そして、師範は明日行われる試合の為に、朝4時半起きだそうです。
皆、凄いですね。
この情熱と、行動力、素晴らしいと思います。
私も明日は夜までずっとだろうと思います。
いつだったか、14~5時間、ソファーに座りっ放しで喋りっ放しと云う事がありました(苦笑)
頑張ります!!!

バナー

道場へ行きます

2010 - 11/27 [Sat] - 04:24

 どうも、道場へ行かないと、全身の細胞が不活性と云うか、止まってしまっている様な気がして来ます。
家でも練習すれば良いと云うのは解っていて、いつも何かしら動いています。
でも、やっぱりそれじゃ足りないですね。
仕事しながらですから、息があがるまでやれないです。
この仕事、外から見たらどうか解りませんが、実際にはやる事が多過ぎて次から次へと何かしら出て来ます。
そんな中でも何とか時間を作って身体を動かしたり、映画を観たりしますが、その余韻に浸っていられないから、時に頭に来ます。
生来、短気な性格ですから、ムカッと来て、でも段々と治まりますし、八つ当たりしたり怒鳴り散らしたり、勿論DVも絶対にやりませんけど。

 明日は道場へ行って来ます。
やっと写真の整理も終り、スライドもDVDに焼いて、師範に持って行く事が出来ます。
お待たせしました。
一日中、iMacの前に座っていると、身体も心も固まってしまいますね。
でも、早く審査を受けた人達に渡してあげたいですし、師範が会報で写真を使うでしょうから、いつも超特急、最優先です。

 今日は、南米ボリビアからの訪問者。
国連で働いている、とってもパワーがある、それでいて凄くナイーブな女性です。
いつも頼りにしてくれて、twitterで状況報告をしてくれています。
妹さんの結婚式と云う事で一時帰国の中、最優先で訪ねてくれました。
帰国途中に足を痛めたそうで心配していたのですが、どうやら大丈夫な様でした。
有難いですね、こう云う気持ち。
尤も、凄く大被りしましたが(苦笑)

 こうして、何とか捻り出して書いていると、流石に固まって、止まっていましたが、不思議とスイッチが入って気力が戻るから不思議と云うか、職業病ですね。
仕事出来ると云うのは、有難いですね。
頑張ります!!!

バナー

徹底してやる

2010 - 11/26 [Fri] - 03:53

 人生でも仕事でも同じですが、修行していると越えなければいけない壁が無数にあります。
一つ越えたら、次はもっと高い壁が出て来て、そうかと思ったらとんでもないイレギュラーな壁もあったりして、一つ一つ頑張って越えていたら、眼の前に突然の様に大きな穴が落し穴の様に出現したり(笑)
その繰り返しを一つ一つクリアーして行く、まるでTVゲームの様ですね。
ステージが一つずつ上がって行くと、気を抜くと元のステージに落ちてしまう。

 皆、誰でも頑張って生きていると思います。
適当に生きている様に見えても、だらしなく見えても、それなりに苦労もあれば越えて来た事も沢山あると思います。
でも、凄いなって思える人って、何かが違いますね。
越え方が違うと云うのか、同じステージを越えるにしても、そこの覚悟が違う。
自分を誤魔化さない、逃げない、そして自分の限界を超えた何かを自分で引き出して行きます。
空手を長年やっていて学んだ事でもあり、修業の中でも学んで来ましたし、今も道場で練習していて思うのですが、練習をこなす、スパーリングをこなす、人数をこなす事は、誰でも段々と出来る様になります。
でも、そこから抜け出してもう一つ上に行くのは、自分の限界を意識して越えて行く事だと思います。
スパーリングは、組手のシュミレーションであって、組手も実際の戦いのシュミレーションです。
本当に使える事、相手を倒す事が出来る事、そこを常に意識してやるのと、今やっている事が全てと思ってやるのとは、ちょっと違いがありますね。
実際の戦いは、ルールなどありません。
綺麗事じゃないですね。

これは、修行の世界でも同じです。
魔は、相手が本気じゃないと思ったら、つけ込んで来ます。
自分の心に潜む魔も、隙をついて来ますね。
心底、本気じゃないと、必ずつけ込まれて負けてしまいます。

 だから、やる時はやる。
綺麗事じゃなく、容赦なく、徹底して、やる。
やって、潰した後に、壊した後に、倒した後に、改めて手を差し伸べたり、教え導いたりする。
ここが中途半端だと、所詮、上っ面になってしまいます。
本気で会話する、心を通わせる、伝えるって、そう云う事じゃないかなと思っています。

 越えて行く為には、無意識にやっている手加減や、自己保身が一番の敵ですね。
出来るか出来ないかではなく、そこを意識して、それを常に目指すと云う事が大切だと思います。

バナー

バラバラ

2010 - 11/24 [Wed] - 03:18

 心と身体がバラバラって事は、疲れたりすると良くありますね。
何の原因もないのに変に疲労感があったり、注意力散漫になったり、苛々したり、考えがまとまらなかったり。
でも、そうじゃないのに自分で矛盾を抱えてるって人は、多い様です。
相手を好きじゃないのに、そう云う事をするのが嫌いなのに、人に頼る。
相手を思っているのに、相手を苛つかせたり怒らせたりする言葉を発したり、嫌な態度を取る。
やらなきゃいけない事が解っているのに、やりたくないって気持ちが強い。
目標が見えているのに、ついよそ見をして止まってしまう。

 誰でも、人間はそんなに強くありません。
怠けたい時も、さぼりたい時もありますし、逃げたい時もあります。
眼の前に魅力的なものがあったら、つい足を止めてしまって引き込まれるって事も、普通です。
でも、そればっかりだと、どうなのかな~???って思ってしまいます。
他人から見たら、やる気あるのか?ってなってしまう事もあるんじゃないかと思います。

 甘えちゃいけないのじゃなく、頼ってはいけないのでもなく、さぼっても良いし、逃げても、止まっても良いと思います。
よそ見なんか、私も大好きです(笑)
でも、それをちゃんと自覚して、意識してやっているかどうか。
無意識にやっていたら、これは大問題です。
後で気がついて、それこそ文字通り「後悔!!」しても遅いですね。

 自分のやっている事や口にしている事、思っている事を、まずちゃんと自覚して、意識したいですね。
何をやるにしても、そこが基本です。
自分で解っているつもり、これが一番危ない(笑)
一番知っている様で、解っている様で、一番知らない、一番解ってないのが、実は自分自身と云うものですから。

 心と身体と意識と行動、言葉を、統一したいですね。

バナー

秘伝と云うもの

2010 - 11/23 [Tue] - 03:38

 修行でも、武道でも、秘伝と云う言葉があります。
「これは秘伝だから教えられない」
良く言われました、修行時代に。
空手でも中国拳法でも他の武道でも、そして勿論、修行でも。
で、教えて貰うまで頑張ろうとか、何とかして教えて貰おうと必死になる(笑)
ま、料理のレシピじゃないですが、確かに知らなきゃ解らない、驚くべきものって云うのも、ない事はないです。
でも、殆どの秘伝って、実は当り前の事だったりして、なぁ~んだ・・・って事も多いですね。
とは云え、当り前の事だから、誰も気づかない、忘れてる、知らない、と云う事もあって、やっぱりそれに気づくにはそれだけの色々な要素が必要だったりするものです。
観察力、洞察力、基礎知識、そして知ると出来るは違いますから、精神や肉体の微妙なコントロール、等々。

 私が教えている護身法も、今では色々な書物で公開されていたりするので、秘伝と云えるものではなくなっていますが、それでも本には書かれていない事が沢山あります。
今でも、密教では「秘伝だから、親にも、誰にも、見せても話してもいけない」と言われます。
私も、直接学ぶ人以外には教えません。
別に秘伝だから教えないとか言うつもりではなく、文字には書けない、書く事の出来ない、色々な微妙なものがあるからです。
言葉で説明するのも、実は難しかったりして、色々なイメージを与えて解って貰おうとするのですが、最終的には自分で体得して貰わなければなりません。

 秘伝って言葉、ロマンチックですね。
でも、その実際には言葉で伝えられない、文字で伝えられないから、秘密と云う事になったと云うのが殆どです。
それと、ライバルに真似をされない為、と云うのもありますね。
悪用されない為とか、そう云う事もあるかもしれません。
きちんと修行して、秘伝を体得すると、確かにとても実用的だから秘密にする。

 でも、秘伝って、教わるものじゃなくって、見て覚える、盗んで覚える、それを真似て、工夫して、体得して行くものです。
幾ら文字で読んでも、教わっても、それが出来る様になる、体得する迄には、長い時がかかります。
秘伝を知ったから、その日から出来る、なんて簡単なものじゃないですね。
只、ヒントはあります。
基本の中にこそ、秘伝あり。
全ては基本の中に含まれています。

 たまには、こう云うディープな話も良いかと思って書きました。
しっかり基本を身につけて、いつの日か、秘伝に到達して下さいね。

バナー

修行が好きだから

2010 - 11/22 [Mon] - 03:52

 今日、弟子が若い人を2人連れて高幡不動の護摩修行に行ったと報告がありました。
高幡不動の護摩修行、私も若い頃に通い詰めました。
一番護摩が朝6時に始まり、冷たい空気の中、護摩の炎が上がります。
昼間と違い、観光客がいないので、そこは正に祈り一色となります。

 護摩修行は、ご存知の通り、護摩の炎が主役です。
護摩を見に行くのではなく、護摩を浴びに行くと云います。
心で、炎の中に身を置き、護摩の時に出て来る煙や匂いや風を全身で浴びます。
導師は護摩を焚く時、己自身が炎となれと云う気持ちで、炎と向き合います。

 修行とは本来一人でやるものですが、導師が行う祈祷や加持に対し、己自身も一体となって、一緒に祈ると云う事が大切です。
祈って貰う、拝んで貰うと良く云いますが、これは貴方任せで無責任ですね。
祈祷にしろ、祈願にしろ、加持にしても、供養にしても、自分が行う。
それを導師が導いてくれる。

 修行は頭で考える事ではなく、全身で感じ、心で受け取り、魂で悟るものです。
どんなに理屈を述べても、それは机上の空論。
肉体と心と魂が一体となった時、修行は修まります。
それを言葉で幾ら説明しても無駄です。
理解するのと体得するのは、全くの別次元。
やった者にしか解らない境地。

 空手も同様ですが、論じるものではなく、行うものです。
人生は生きるしかない。
あぁだ、こうだと言っても、何があっても生きるしかない。
同じ事ですね。

バナー

写真の不思議

2010 - 11/21 [Sun] - 03:55

 先日の昇段・昇級審査からずっと写真の整理をしています。
私と妻の撮った写真と、スタッフから戴いた写真、合わせて4千枚近く。
全てをファイル化して残しても意味がないので、少年部・一般部・昇段審査とそれぞれ100枚程度迄絞り込み、細かい修正をかけています。
光の具合、アングル、切り取り等の作業が続きます。
暇があったらiMacの前でPhotoshopを使っている感じです。

 一枚一枚を確かめながら見ていると、色々と気づく事があります。
審査を受けている人達の動きから、長所や欠点が見えて来ます。
また、表情や姿勢から心理状態迄見えて来るから面白いですね。

 そしてもっと面白いのが、回りにいるスタッフの道場生や指導員達の姿、見学者達の姿、そして審査の合間合間の審査を受けている人達の姿です。
見ていると、スタッフの道場生や指導員達は、本当に空手が好きなんだな、真剣なんだなと感じます。
見学者も、休日にわざわざ見に来る位ですから、空手好きと真剣さが伝わって来ます。
少年部の保護者さん達の真剣な眼差しは、子供を思うものでしょうか。
何よりも、二段に挑戦したI君が、組手の前のアップをする時間なのに、昇級審査を真剣に見つめている姿、そして組手の相手をする道場生達が、同じく昇級審査を真剣に見つめている姿には、感心してしまいました。
皆、本当に真剣な顔をしています。
中には、自分の審査が一区切りついた時に気を抜いているのか、全く他の人の審査を見ていない、けじめのない人もいますが、そう云う態度は武道をやる人間としては問題ですし、良くないですね。

 写真は真実を写すと云います。
昔から、写真に撮られると魂を抜かれる(笑)なんて話もある位ですから。
集合写真等で見ると、オーラのある人は写真の中でも存在感があります。
抜きん出て見えます。
不思議なものです。
また、お寺や神社等で写真を撮ると、きちんとしている所は不思議な事に距離感が狂って写ったりします。
不思議な距離感、空間が写される感じです。

 一瞬を切り取る写真の不思議さを感じる事が多いですが、人間の眼はカメラとは比べ物にならない位、優秀です。
意識をすれば、一瞬一瞬の色々な事が見えて来ます。
案外、見ているのに見えてない、見落としている事って多いのだなと、写真を整理しながら思います。
何もかも全て見ていたら神経が持ちませんが、注意力を高めて、視野を広くして、色々な事が見える様にしておきたいですね。

 さて、頑張って、また写真を整理します。

バナー

驚異のチワワ

2010 - 11/20 [Sat] - 03:36

 TVを見ていて、驚きのニュースがありました。
何と、チワワが警察犬になったと云うものです。
先頃もミニチュア・シュナウツァーが警察犬になったと云うニュースがありましたが、今回はチワワが災害救助犬として警察犬に認定されたと云うニュース。

 警察犬と云えば、エアデールテリア・ドーベルマン・ボクサー・シェパード、コリー、ゴールデン・リトリバー、ラブラドール・リトリバーが日本警察犬協会での認定犬種となっています。
私も昔、シェパードを飼っていて、嘱託警察犬になっていましたが、まさかチワワとは驚きました。
ミニチュア・シュナウツァーは、スイスにいた時にジャイアント・シュナウツァーがドイツで警察犬や軍用犬として使われている事を知っていたので、ミニチュアでも可能性はあるなと思いましたが。
チワワは身体も小さく、体力の面でも、また嗅覚の面でも、大型犬や中型犬に比べてかなり能力が劣る筈なのですが、凄い事ですね。
訓練の賜物か、持って生まれたその犬の力なのか、何れにしろ特別なチワワである事は確かですね。

 きちんと積み重ねれば、能力は確実に高まります。
持って生れた才能と云うものはあると思いますが、努力や訓練を続けて行くと、何もしていない天才の力を超える事は良くある事です。
アインシュタイン曰く、「天才とは1%の才能と、99%の努力である」とは至言ですね。
練習や訓練、努力は嘘をつきません。
知らない内についている能力があります。

 続ける事、諦めない事、限界を自分で勝手に作らない事、満足してしまわない事、追求し続ける事、、、。
頑張りましょう、夢を持って。

バナー

語り継がれる女性達

2010 - 11/19 [Fri] - 03:16

 何故か解りませんが、伝説となった女性の話をTVで見る機会が続いています。
先日、ウィリアム王子の婚約発表で改めてあちこちに取り上げられているダイアナ妃、そして今日はたまたま見ていたBSでやっていた、グレース・ケリー・モナコ王妃。
何気なく見ていましたが、最後まで番組を見てしまいました。

 ずっと昔、中学生の頃だったか、映画が好きだった私は外国映画を特集している映画雑誌を定期的に読んでいました。
そんな中で、今も印象に残っているのが、グレース・ケリーでした。
彼女の出た映画はそんなに観ていません。
真昼の決闘くらいしか記憶にありませんが、その品の良さと美しさに、綺麗な人だなと思ったのを覚えています。
どちらかと云うと、ノーブルでクールな感じの女性が好きなのは、もしかしたらこの方から始まっているのかもしれないですね(笑)

 どちらの女性も、世界中の人々が愛し、今も慕われ続けている、特別な存在です。
生きている人として、実際には色々あったにしろ、誰からも愛されて伝説となり、今もそれが続いていると云う事は、凄い事です。
お二方共、最後が交通事故と云うのは、何とも不思議ですが。

 強く、優しく、そしてとても人間的であったと云われる2人の特別な女性。
これからも、永遠に語り継がれて行くのでしょうか。
何となく、見ていてしっとりとした気持ちになったお話でした。
お2人の御冥福を改めて心より祈ります。

バナー

ずっと付き合って

2010 - 11/17 [Wed] - 04:19

 生きていると、人生の中では、色々な物や人と出会って来ますね。
それがちょっとした事から、長い付き合いになる事も。
思えば、一番長く通って来ている人達は、もう25年の付き合いになります。
18歳だった彼が、今はもう43歳。26歳だった彼も、もう51歳。
長いな~、四半世紀も付き合って来た訳ですね。

 そう思って周囲を見回すと、そんなのが一杯あります。
亡夫が来ていたスーツを私は受け継いでいますが、それはもう40年以上経っているか・・・。
私が普段仕事で履くスラックスは35年近く。
他にもそんなものがゴロゴロ。
好きなスタートレックは、「宇宙大作戦」から始まって、40年以上。
空手も中学生で始めて、既に42年。
他人との付き合いは苦手ですが、それでもこの仕事を通じてお付き合いをさせて貰っている人達とは、先にも書いた様に、長い人では25年になります。
フッと見回すと、10年以上通っている人、3年以上通っている人、皆さん長く通って来てくれます。
中には、夜中にお産に駆けつけた事もありましたね。
それが、今ではもう高校生。
年を取る訳です(苦笑)

 拘りが特別強いとは思いませんが、心地良さは譲れないので、それを優先していると、自ずと長い付き合いになります。
新しいものは大好きで、好奇心も旺盛なのですが、いざ自分が付き合うとなると、やっぱり手許や身近な所に戻ります。
五感に訴えかけられる様な、そんな所が良いですね。
私の乗っている愛車も17歳。
現代の色々な便利なものは沢山ありますし、色々な人とも出会っていますが、その安心感はやはり時間をかけないと駄目だと思います。
昔のものが全て良いとは思いませんが、昔のものの持っている独特の雰囲気や色気は、現代のものからは失われてしまっていますね。

 そんな感覚や感性を大切にして、潤いのある人生を送りたいですね。
流行も、人の言う事も、関係ありません。
自分らしさが一番大切だと思います。

バナー

想像と現実

2010 - 11/16 [Tue] - 02:25

 昨日の審査会から一夜明けて、20人組手をやった彼は思ったより元気で、普通に過したそうです。
凄いですね。
妻もそうですが、練習は嘘をつかないと云う事ですね。
自分で思っている以上に、知らない内に身体が出来ていて、あれだけの衝撃にも耐える様になっていると云う事です。
私の方は、固まっています(苦笑)
一日、じっと審査して見ていると、身体に無意識に力も入りますし、ガチガチになってしまっています。
明日、道場で解して来ます。

 人間は頭で考え、心で色々な事を思います。
だから、現実と違って、自分の頭や心の中で勝手に作り上げてしまう事が沢山あります。
昨日、審査を受けた人達も同じだったと思います。
組手なんて、やってみなければ、どこまで耐えられるか、後でどうなるか、そんな事は解りません。
痛いかもしれない、耐えられないかもしれない、動けなくなるかもしれない、気持ちが萎えるかもしれない。
等々と、多分色々と考えたでしょうね。
でも現実は、やってみたら耐えられた、最後まで頑張れた、思ったよりダメージがなかった。
そんなものです。

 特に感覚の鋭い人は、そう云う事が多いですね。
あの人が、こう思っているに違いない。
嫌われているかもしれない。
好かれているかもしれない。
人の思いで気分が悪くなる。
人から見られていて、集中出来ない。

 人間、そんなにヤワじゃないです。
自分をしっかり保ち、目標を決め、自分の道を歩いていたら、そんなに影響を受けるものではありません。
勿論、自分が同調すれば、それは当然やって来ます。
ネガティブな雰囲気を感じ、読もうとすれば、同調するのは当り前。
自分の感覚ですから、それはコントロールしないと、いつも振り回されてしまいます。

 想像と現実は違います。
訓練をした人間は、想像や伝わって来るものと現実が一致しますが、何の訓練もしていない人は、想像は所詮バーチャルでしかありません。
五感で感じる現実をしっかり捉え、越えて行きましょう。

バナー

審査会を終えて

2010 - 11/15 [Mon] - 03:55

 今日は、我が道場の昇段昇級審査会でした。
午前中に少年部、午後に一般部、最後に20人組手でした。
普段の稽古、それぞれの性格や生活習慣等、見ていると手に取る様に伝わって来ます。
言葉や態度では誤魔化せないものが、空手にはありますね。

 そして、女性陣2名が初めての組手でした。
その中の一人は私の妻ですが。
初めてですから当り前ですが、やはりバタついてしまった印象は強いですが、互いに相手を倒しに行く気持ちが見えて良かったです。
後は経験を積む事ですね。
写真をざっと見た限りでは、互角でしたね。
後で妻に聞いたら、ダメージは全くないと云う事でした。
手足は兎も角、胴の方の攻撃は食らっていないと云う事です。
それよりも、打っていた拳が痛いと云うし、もう次の事を考えていますから、気が強いと云うか何と云うか(苦笑)

 最後の20人組手、良い組手でした。
今日審査を受けたのは、いつも道場で指導している初段のI君。
思えば、今の道場に移籍する前からの付き合いで、道場移籍も結婚も全てに関わって来ました。
今の道場に来てからの彼の成長は、目を見張るものがありました。
また、今年は彼に取っては全てが重なって、プレッシャーの連続だった年です。
昨年、子供が生れ、そして寺の跡を継ぐ為の修行が続き、その中で空手の指導、そして昇段を決意して今日に到る。
今年は彼にとって、大きな山を越えて行く年だったのでしょうね。

 組手そのものは、満点をあげる事は出来ない内容でしたが、その頑張りは素晴らしかったです。
そして、いつもながら仲間の道場生達の気持ちが美しく、厳しく、素晴らしかったです。
審査を受けている当の本人以上に熱く、全てをぶつけて、彼の中にあるものを引き出そうとする。
一人では越えられない限界、強さ。
仲間とは有難いものですね。
応援に来てくれた人達の気持ちも声援も彼の力になったでしょう。
と同時に、見ていた人達が何かを感じて受け取り、学んでくれたら良いなと思います。

 審査を受けた方々、I君、そしてスタッフの皆さん、応援しに来てくれた皆さん、御苦労様でした。
これから私は写真の整理に入ります。
私と妻が撮った写真だけで2千枚以上。
他からもファイルが来る事になっているので、さてどうなる事やら(苦笑)

バナー

全てを懸けて

2010 - 11/14 [Sun] - 02:04

 何かをしようとする時、そこにどれだけの意志と思いとエネルギーを込めるか、それによって流れも経緯も結果も全て変って来ます。
人と話す時、仕事する時、修行する時、その思いの深さ、強さは、オーラとなって表れます。
不可能を可能にする、奇蹟が起きる、そんな時です。

 一言で命懸けと云いますが、そんな生易しいものではありません。
全てを懸けて、その一点に集中する。
絶対に諦めない、下がらない。
その為にどんな犠牲も厭わない。
進むべき道を決めて、覚悟と強い意志を定めた時、初めてそう云う性根を持つ事が出来ます。

 進歩、進化は、己自身の為であると共に、関わる周囲の人の利益ともなります。
自分の為ではなく、誰かの為に覚悟を決める時、人は全てをなげうって突き進む覚悟が出来ます。
全身全霊、その一点に集中する時、不可能は可能となるかもしれません。
よしんば不可能で終ったとしても、それは今この時、不可能だと云うだけで、永遠に不可能と云う訳ではありません。
奇蹟は、眼に見えない必然の積み重ねの結果です。

 やると決めたらやる、進むと決めたら何があっても進む。
何か一つでも、そう云う覚悟を持つ事が出来たら、その瞬間からその人は別人となって強いオーラを出すでしょうね。

 明日は道場で昇段・昇級審査があります。
それぞれの課題と向き合って、乗り越える日です。
また、弐段の審査を受ける青年は、この日の為に凄まじい努力をして来ました。
彼の進化、進歩は、見ている者を唸らせる程でした。
明日は、全身全霊でぶつかり、越えて欲しいと願っています。
私も性根を据えて、審査して来ます。

バナー

少しずつ変化

2010 - 11/13 [Sat] - 00:15

 我が家のTVも液晶に変り、ブラウン管の25インチから40インチになりました。
でかい、一言で云うとそんな印象です。
早速、映画を観ました。
入力と出力の関係で、映画のドルビー・サラウンドはOKですが、Dtsは駄目でした。
なので、HDレコーダーからサラウンド・ステレオの方に音声は繋いで、映画類はそちらで音を出す事にしました。
ま、TVはそのままTVのスピーカーからの音でも充分ですしね。

 ちょっとした変化ですが、凄く部屋の雰囲気が変わった気がします。
部屋の模様替え病は、私ではなく母ですが(苦笑)、帰って来ると風景が違う!!(苦笑)って事が良くあります。
そうすると、やはり家の中の気の流れが変るのです。
それが心地良かったり、でも急激な変化は暫くは違和感があり、落ち着きません。
時には好転反応の様に、一時的に副作用が出たみたいに、強いストレスになる事もあります。

 何をするにも、少しずつ、時間をかけて、変化させて行くのが良いですね。
生活習慣でも、食事療法でも、急に無理にすると必ず続きません。
息切れしてしまいますし、副作用も出て来ます。
修行していても、心や身体の変化を確かめながら、数年かけるのが良いですね。
いきなり激しく、過度にやると、やはり心身が持ちません。

 と云う訳で、我が家の地デジ化は、もう少ししてからです。
ちょっとずつ、変化して行こうと思います。
まだ、インターネットもADSLですしね。
こちらも光にするのは、まだまだと思っています。
ま、その内にやります。

バナー

少しゆったりと

2010 - 11/12 [Fri] - 04:00

 忙しい毎日を送っていると、段々と身体や心のどこかが固まって来ますね。
でも、そうした時間の中で生きていると云うのは、有難い事だと思います。
仕事が出来る、人と会う事が出来る、それは必要としてくれている人がいるからです。
そう思うと、やっぱり頑張ってしまいます。

 でも、時にはのんびりしたいものですね。
長い時間でなくても、全てを忘れる時間、大切です。
家族と過す時間、仲間と過す時間、何かに没頭する時間、ゆったりと過す時間。
私の場合は、仕事でリラックスする事もあります。
毎月の月例会、内弟子達との時間、そんな時は仕事ですが、とても楽しい、元気を貰える時間です。
疲れますが、リラックス出来たりするから不思議ですね。

 それ以外では、空手ですね、やっぱり(笑)
身体は疲れます!!
でも、完全にリセット、リフレッシュしてくれます。

 そして、映画。
今日、やっと新しいTVが到着して、自分でセッティングして、さっき見ないで溜めていた映画を一つ観ました。
「プリンス オヴ ペルシャ」、古代ペルシャの王国の王子の活躍を描いた映画です。
歴史ファンタジーですが、楽しい映画でした。
そして何より、大きな画面での映画鑑賞は悪くないですね。
もっと色々な映画を観たくなりました(笑)

 この写真は、スイスのローザンヌで撮ったものです。
のんびりと日向ぼっこする、スイスのネコ(笑)

Lausanne
Lausanne posted by (C)島津 成晃

バナー

TVが変ると

2010 - 11/11 [Thu] - 17:55

 TVを新しくしました。
まだ地デジ化していないので、アナログと衛星放送だけですが、画面が大きくなりクリアになりました。
何よりも、ブラウン管から液晶に変ったのは、見た目も大きな変化です。
ちょっとした事(でもないか)ですが、気分が変って良いですね。
このTVで映画を観たり、Wiiをやると迫力がありそうです。

 風景が変る、レイアウトが変ると新鮮な気持ちになりますね。
洋服を変える、部屋のレイアウトを変える、言葉遣いを変える、何でも少しだけ変えてみると、そこから新たなスタートの様な気になって、ワクワクするものです。

 自分を変えようと思ったら、身近な所から変えてみると良いかもしれないですね。

バナー

予定は変る

2010 - 11/10 [Wed] - 03:52

 今日は最初の予定では、道場を休むつもりでした。
昨日、ニュージーランドから帰ってすぐに挨拶に来たMM子嬢にも、そう言っていたのですが。
義父の体調、そして文科省での叙勲、そして羽田へ送って行った後、やはり道場へ遅れても行こうと云う気になって、目一杯やって来ました。
審査会を今度の日曜日に控え、黒帯も色帯も勢い付いていて、練習はいつもながらでありながら、終ってからの自主トレ、スパーリングの激しさ等、やはり熱さを感じる練習でした。
身体は疲れました。
でも、練習のおかげで被りは消えました。
心地良い疲れです。
あちこち痛いのは、いつもの事なので御愛嬌です(苦笑)

 予定変更なんていつもの事です。
と云うより、決まった通りに進むなんて事は、殆どありません。
思い付きと行き当たりばったりが身上です。
心も周囲の空気もハプニングも、一瞬一瞬変化しています。
ですから、決まった予定を決まった通りにと云うのは、やはり気持ち悪いですね。

 未来も同じ。
決まった未来など、あってたまるかと思います。
もしあるなら、変えてしまえ!!と。
自分の未来は今やる事が決めています。
予定などありません。
予定は、これから自分で作るものだと思います。

バナー

与えられるもの

2010 - 11/09 [Tue] - 03:15

 生きている場所、時間、周囲にいてくれる人、立場、出会い、考えてみるとどれもこれも誰かから与えられた様に感じる時がありますね。
自分の考えや生き方、実力で掴んで来たものですし、切り開いて来た人生ですが、運が良かったとしか思えないと感じる事も良くあります。

 幸福も苦労も喜びも悲しみも、そして仕事も家庭も、全て誰かから与えられたと思うと、いつも感謝して生きなければいけないなと思います。
思えば、生きると云う事は、何かの命を与えられて食している訳ですし、使っている物は誰かが作ってくれたから買う事が出来た物で、やはり誰かから与えられた物だと思うと、大切にしなければと思います。
自分の命さえ、長い人間の歴史の中で繋がって来たから今がある訳で、生かされている事すら、与えられたものと思えます。

 本当は自分のものなんて何もないのかもしれないですね。
与えられて、自分のものだと思っていられる。
やっぱり、全てに感謝ですね。
だったら、やっぱり手抜きは出来ないし、感謝の証として頑張らなければいけないですね。
怠けていたら、後を向いていたら、与えてくれたものに対して失礼です。
精一杯、何でも頑張りましょう。
全てに感謝しながら。

バナー

プライド

2010 - 11/08 [Mon] - 03:00

 色々な人にお会いして、色々な相談を聞いて、長年空手をやって来て色々な空手の試合を観たり、多くの空手家に可愛がって貰ったり、修行であちこちを訪れて沢山の師に出会って来ました。
出会う人全て、何かを思わせてくれ、考えさせてくれ、また教えられて来ました。
宮本武蔵の言葉「我以外皆師」等と格好をつけるつもりはありませんが、人であれ物であれ、環境であれ、場所であれ、出会いから感じさせられる事や考えさせられる事、思う事や学ぶ事は無限にありますね。
それこそ、齢50歳半ばにして、未だに学ぶ事が沢山あって、ゆったりと云うのとは程遠い生き方をしています。
これって、一生続きそうな気がしますね。
のんびり余生をなんて日が来るとは思えないですね(苦笑)

 世の中を見ていると、何だか言い訳の時代と感じる事があります。
自分だけの考えや思いで、面倒な事は避けて、辛い事は避けて通って、指摘されるとすぐに何かのせいにして言い訳する。
結果が全てとは思いませんが、やろうとする意識、その過程が大切だと思っています。

 大きな、過大な無理は、どんなに強い意志があっても心身が耐えられません。
でも、ちょっとだけ、今よりも少しだけの無理や負荷をかける事は、自分の持てるものを高めて行きます。
自分の限界を越える事を怖れて、楽な事ばかり選んでいると、人間って甘えん坊ですからすぐに弛れて来ますね。
私も同じです。
生来は怠け者ですし、面倒臭がりやです。
人付き合いも苦手ですし、痛いのも辛いのも大嫌い(笑)
でも、やるべき事はやるっきゃないし、止まっていても、眠っていても、何も始まらないので、色々とやって来ました。
やると決めた以上はやる。
怠け心以上に、プライドが高いので(笑)、決めた以上はやらないとプライドが許しません(笑)
人と比べたり、競争したりする神経は、元々親から与えられなかったのか(笑)欠落していて、人に負けても、人より劣っていても、人に追い越されても、何とも思いません。
でも、自分がやると決めて、それがやれない、負けてしまうのは、どうしても許せないですね。
誰が何と言おうと、諦めませんし、出来るまで続けます。
って、こんな気持ちが貪欲さを生んで、誰からも、何からも学ぼうと云う気持ちに繋がっている様に思います。

 自分自身へ向ってのプライドや誇りは持ち続けていたいですね。
勢いのある、覇気のある生き方の原点の様な気がします。

バナー

小さな仲間達

2010 - 11/07 [Sun] - 01:41

 今日は、新百合ヶ丘で我が正伝流の少年部の子供達が、飼い犬自慢大会のゲストイベントで演武を行いました。
子供達の人数は33名、凄いですね。
中には入門したばかりの白帯の小さな子供達もいて、私も顔を見た事がない子供達まで参加していました。
基本稽古、型、スパーリング、そして子供達の板割り、瓦割り、最後に師範の瓦10枚割りで締め括られました。
飼い主の犬自慢は笑えましたが、珍しいホワイト・シェパードもいて、楽しい時間でした。

 子供達も、私も師範も、道場で練習している大人達も、空手が大好き。
今日の犬自慢の審査をしていたトレーナーのT君は、道場でも頑張っていて、スタンバイだから演武が見れないって残念がっていると妻が言うのを聞いて爆笑しました。
本当に空手が大好きなんだなと。

 同じ方向を向いている、同じ趣味を持っている、同じ場所で汗を流している、そんな仲間がいる事はとても幸せです。
そこでしか出会えなかった人達がいて、そこでしか心が通わなかった場所があって、同じ感動や思い出を共有出来る、これって最高ですね。
空手をやっている、それだけで仲間です。

 私のやっている月例会でも、そんな仲間が集まって来ています。
皆、私の所で知り合い、心を通わせて、仲良くなって行っています。
一緒に旅をし、同じ時間を毎月過し、互いに気遣い合いながら、でも適当に距離を保って踏み込まず、そんな場所がある事が、とても幸せに感じます。
一つ一つの縁を大切にして、心豊かに、仲間を大切にして行きたいですね。

バナー

生き方の上手い下手

2010 - 11/06 [Sat] - 03:03

 誰でも、自分の生き方と云うものを持っているつもり・・・です。
でも、本当にそれが自分の生き方なのかどうか、外から影響されたものなのか、自分で作り上げて来たものなのか、実は判然としないものです。
色々なものや人と出会い、そこで経験し、学んで来た事を、鵜呑みにするのではなく消化して、自分のスタイルにアレンジして行く事が出来たら、その時に段々と自分の生き方と云うものが決まって来ます。

 自分の生き方が決まったら、それを固持するのではなく、でもフラフラと揺れたり、他からの言葉や影響に振り回されないで、自分らしく生きて行けたら最高ですね。
でも、自分の生き方が正しいと思うのは当然ですが、それが人から受け入れられるものでなければ、評価されなければ、ただ浮くだけ、孤立するだけ、寂しい事になります。
孤独を好む人は兎も角、普通の人はやはりどこかで人と関わっていなければ生きて行けない訳で、自分の生き方が本当に正しいのかどうか、それは周囲の人がそれを認めてくるか、評価してくれるかと云うのも、一つの視点ではあります。
とは云え、常識に囚われる必要も、周囲の価値観や言葉に振り回される必要もありませんが。

 何れにしろ、心地良く、出来れば多くの人と仲良く、楽しく過せて行けたら良いですね。
固まらないで、柔軟に、広く、深く、自分を育てて行ければ良いですね。

バナー

沢山の趣味

2010 - 11/05 [Fri] - 03:15

 寒くなりましたね。
朝や夜中は、流石に冷えます。
秋がいつの間にか通り過ぎてしまっている様ですが、今位の時期が実は一番紅葉が綺麗なんですよね。
最近は忙しくて出かけませんが、新宿御苑や高尾山、京都へ行って、良く紅葉の写真を撮っていました。
下手の横好きと云うやつで、高校生の頃からカメラにはまっていて、殆どはスナップですが、動物や風景の写真を撮る事が多いです。
人物の写真は、写ったもの以外まで写って見えてしまうので、どちらかと云うと苦手です(笑)
イイ男やイイ女の写真は撮っても楽しいですけどね。

 趣味は広く、例え浅くとも沢山持っていた方が良いですね。
仕事ばかり、日常ばかりの人は、視野も狭くて価値観も固く、柔軟性がないし、話題に乏しくて、楽しくないし、魅力がないですね。
何を聞いても知っている、何でもある程度は出来るって人は、やっぱり魅力があります。
懐の深さと云うのでしょうか、深みがあると云っても良いかもしれないですが、そう云う人が好きです。
真面目にコツコツ生きる事を否定しませんが、遊びのない、無駄のない生き方は、潤いがないですね。
仕事も遊びも出来る、そんな人になれたら良いなと思います。

 と云う私の趣味は・・・・・・空手、修行、写真、音楽(ジャンルは、これまた色々なので・・・)、最近はやっていませんが楽器(クラシックギター、フラメンコギター、トランペット、他にも少々)、旅行、美術鑑賞、映画鑑賞、面白い物探し(これって趣味で良いのでしょうか?)、アニメも好きですね。
忘れてならないのが、本屋の立ち読み(笑)、それに街でのマン・ウォッチング(笑)
それに、Macintosh党です。

 この写真は、何年か前に撮ったものです。
確か新宿御苑だったかなと思います。

紅葉
紅葉 posted by (C)島津 成晃

バナー

一歩の勇気

2010 - 11/03 [Wed] - 02:57

 今日の練習に、他流である新極真会に属している、私の弟子の夫が参加しました。
私のこの弟子は女性なのですが、その夫も同じ道場で汗を流していて、今は黄帯です。
さすがに体力はあり、最後まで頑張っていました。

 例え知っている人がいるとしても、他流の道場へ、参加するのはとても勇気の要る事だと思います。
どんな人がいるかも解りませんし、受け入れてくれるか、拒絶されないか、苛められないか、やり方が違うだろうしついて行けるか、恥をかかないか、考えてみるととても無謀な事の様に思えてしまいます。
でも、そこで一歩を踏み出すと、今まで知らなかったものが見えて来たり、視野が広がり、価値観が崩れたりもします。
井の中の蛙、大海を知らずと云いますが、体験してみなければ、飛び込んでみなければ、何も始まりません。
頭で幾ら考えても、それは所詮は想像でしかなく、或いは妄想でしかありません。

 仕事でも同じですが、今までと同じ事ばかり続けていたら、変化はありませんし、進歩も止まります。
相談者にアドバイスする時も、それまで相談者がやった事がない事(かもしれない)を指示する事も良くあります。
正にチャレンジ精神で、そのアドバイスを実行してくれたら、その意識と姿勢だけで、色々な事が変化して目線も変わって来ます。

 フロンティア・スピリット、パイオニア・スピリット、チャレンジ精神、色々な言葉がありますが、最初の一歩を踏み出すのは、大変な事です。
それをやる事が、新たな人生を切り開く一歩でもあり、頑張る原動力にもなります。

バナー

11月になって

2010 - 11/02 [Tue] - 04:31

 11月は「霜月」と云われますが、霜が降りる月と云う事ですね。
確かに、急に寒くなってしまいました。
秋がいつの間にか消えてしまった様な気候と天気予報で云っていましたが、その通りですね。
このまま冬になると思うと、何だか寂しい気になります。

 しかし、11月は別名で「神楽月」とも「神帰月」とも云われます。
出雲大社に集まっている神が帰って来て、面倒臭い会議が終って、神が楽しむ。
こちらの呼び方の方が、ロマンがあって良いですね。
出雲大社に集まって神が、どんな神々なのかは置いておいて・・・(笑)

 忙し過ぎるせいか、色々と失念したりする事が多いです。
今日も、メールがいきなり繋がらなくなって大慌てしました。
サーバーの設定が変るのを忘れていて、焦ってしまいましたが、無事に開通完了です。

 また、全日本大会に続き、今度は審査会が続きます。
7日は全日本大会を運営した新極真会事務局長の道場で審査会があり、私は部外者ですが見学の許可を戴いているので、行こうと思っています。
その次の週は、我が道場の昇段・昇級審査。
久々に二段の昇段審査を行います。

 常に何かの予定があると云う事、仕事があると云う事は、本当に有難い事です。
人の御縁があり、自分達の生き方や仕事の仕方が認めて戴いていると云う事でもあり、幸せです。
忙しさに感謝しながら、更に頑張らなければいけませんね。

 と云う事で、未だDVDは観ていません。
新しいTVが来たら、何とか時間を作って観る事にしようと思います。
まだ我が家のTVは地デジ化してないのですが、それも何れやらなければいけませんね。
別に抵抗している訳ではないのですが(笑)

バナー

全日本大会2日目

2010 - 11/01 [Mon] - 03:08

 今日、第42回新極真会全日本空手道選手権大会2日目に出かけて来ました。
会場では、新極真会相談役やあちこちの支部長達、仲良くしている選手達、空手をやっている人達と出会い、忙しくも楽しい時間を過しました。

 全日の予選を突破した選手達の激闘は、感動を与えてくれました。
日頃の精進、互いに認め合う心、礼儀、目指すもの、全てが戦う姿に表れていました。
そして、いつもながらお世話になっている新極真会の事務局長の大会運営の手腕に驚かされました。
タイムラインに沿った、滞りのない流れ、多くのスタッフを使ってトラブルが起きない様に、観客を楽しませる様にと、細かい気遣い。
空手も強く、仕事も出来る、凄いですね。
自身の道場を新たに開かれたばかりであり、同時に海外出張も多く、本部の事務局も運営し、大会も運営して、凄い人です。

 空手は会話だといつも言っていますが、勝負だけではなく、そこに到る道、努力と精進、支えてくれる仲間達、そしてライバル、互いを尊敬し認め合い、全力を出してぶつかり合う。
戦いが終ったら、また同じ空手をやる仲間であり、そこからまた次への道が始まる。
空手は一人では出来ません。
多くの人がいて、互いに認め合って、支え合って、見えない陰の部分でも沢山の人が関わって初めて、試合が出来ます。

 空手は人の道であり、人生を学ぶ場であり、仲間を作る場でもあり、世界へ広がっている共通言語です。
この素晴らしい道に身を置く事が出来る事を、誇りに思い、幸せに思います。

IMGP0073
IMGP0073 posted by (C)島津 成晃

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR