感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2010年10月  

新極真会全日本大会、一日目

2010 - 10/31 [Sun] - 02:31

 今日は台風が来ていて暴風雨の中、千駄ケ谷の東京体育館で行われた新極真会の全日本大会へ出かけて来ました。
我が道場からも2名が出場し、一人は1回戦で惜敗、もう一人は2回戦で世界チャンピオンと当り、良い試合でしたが負けてしまいました。
他にも、新極真会本部道場の、亡くなった私の友人の愛弟子の女性が出場し、こちらは無事に勝ち上がりました。

 全ての選手、勝った選手も負けた選手も、出場しないでセコンドを努めている人、応援している人、全ての人の情熱が素晴らしかったです。
大きな大会を開くと云う事の、目に見えない大きな努力と準備、そこに立ち向かって行く人達の努力精進、凄く感動を与えてくれました。

 明日もまた試合に行きますが、ただ観に行くのではなく、そこで色々なものを共有して来たいと思っています。

_IGP0569
_IGP0569 posted by (C)島津 成晃

バナー

スポンサーサイト

台風

2010 - 10/30 [Sat] - 03:03

 台風がやって来ていますね。
奄美大島が大変な被害を受けていると云うニュースを見て、心を痛めています。
明日は紀伊半島に近づく様ですね。
そして、明日の夜には関東地方へ。

 明日も明後日も、東京体育館で行われる新極真会の全日本大会に観戦に行きます。
明日は我が正伝流からも2名の選手が出場します。
とてつもなく強い2人ですが、全日本クラスの選手と当ってどうなるか、心から応援しています。
会場に来られる方は、雨や風に気をつけて来て下さいね。

 台風は、慣れています。
生れが関西なので、しょっちゅうと云って良い程、直撃されていましたから。
暴風雨は日常の事で、慌てた覚えがないですね。
それでも何度か洪水状態になって、床下浸水は何度も経験しています。
が、地震は余り経験がなかったですね。
東京へ来てから、何度も経験して慣れましたが。
そんな中での関西の大地震はショックでした。
遊んでいた、神戸の三宮辺りが、何もない・・・、そんなニュースを見た時は愕然としました。
幸いにも、今は復興して新しい街になっている様です。
何れ訪れてみたいですね。

 天災は人災と違い、避けようがありません。
予測と云うものが発達はして来て、準備は出来る様になりましたが、避ける事は未だ不可能です。
大きな被害にならぬ様、政治の世界も仕分けも結構ですが、しっかりした対策を取って貰いたいですね。

 気圧が変化しているせいか、身体が何となく変調しています。
自然の変化は、感覚の鋭い者には、時に辛い時もあります。
試合を観て、そのエネルギーで吹き飛ばして来ましょう。

バナー

未だに観ていない映画

2010 - 10/29 [Fri] - 03:33

 買ってから、未だに観る事が出来ないでいる映画のDVDが2枚あります。
一つは「レギオン」、もう一つは「プリンス オブ ペルシャ」です。
他にも何枚かAmazonで予約しています。
また、以前から持っている「スタートレック ジェネレーション」のシリーズですが、未だに観終っていません。
他にも「スタートレック TVシリーズ」が全巻残っています。
映画好きとしては許されない事ですが、仕事をしていて、どこかに余裕がないと観る気が起きないのが問題ですね。
時間がないではなく、気がないと云う事になります。
それ位の精神的な余裕は持っていないといけないと反省しています。

 何かする時、あれがあるから、これがこうなったら、と色々な理由をつけてしまう事が多いですが、それは後からこじつけた言い訳でしかない事が殆どですね。
本気で何かする気があるなら、時間でも環境でも仕事でも、何とか都合をつけようとするものです。
ですから、言い訳をつくってやらないと云うのは、結局はやる気がないと云う事になります。

 いつか、どこかで、割り切って踏み出さないと、何も始まりませんし、変りません。
最初の一歩は勇気と決断が必要ですが、いつまでも立ち止まっている訳にはいかないですね。
思い立ったが吉日、まず一歩を踏み出しましょう。

バナー

空手は世界共通言語

2010 - 10/27 [Wed] - 02:51

 今日は空手の練習日。
でも、いつもと違うのは、ロンドンから出稽古に来ていたので、一つ前のクラスから出ました。
気がつけば、4時間は練習していた事に・・・、道場にいたのは5時間近く(苦笑)
流石にちょっと筋肉が悲鳴をあげています。
当日に筋肉痛が出るのだから、まだ若い!!(と思いたいですが・・・)

 ロンドンから来ていたのは、義妹と甥が3人、姪が一人の総勢5人。
1年半振りの出稽古、頑張っていました。
突然、スパーリングに引込まれた黒帯の先輩方、道場生の皆さん、お世話になりました。
チビ達にとって、凄く良い経験になったと思います。

 世界に空手が広がっています。
今は流派も異ってしまったりしていますが、空手は世界共通言語。
凄い事ですね。
枝分かれして、分裂して、多数の流派に分かれても、空手が出来ると云うだけで友達になれます。

 言葉でする会話、心でする会話、そして肉体を使ってする会話。
どれも大切です。
同じ汗を流して頑張る者同士だけが感じる事の出来る会話は、やはり素敵ですね。
道場の皆が、黒帯の先輩方が、優しい目と大きな懐で受け止めてくれたのが、とても嬉しいです。

 師範の「スパーリングに参加しますか?」の一言で、全く迷いなく参加してくれた黒帯の先輩方。
それに釣られて参加してくれた色帯の皆さん。
お世話になりました。

バナー

笑顔の力

2010 - 10/26 [Tue] - 03:42

 私が一番、相談者が来られた時や、月例会で目指しているのは、その人に笑顔になって戴く事です。
誰でも心に悩みがあったり、怒りがあったりするものです。
でも、そこに囚われていると、段々と笑顔が消えて行き、心まで歪んで来ます。
気がついたら、落込み癖や怒り癖が心に染みついてしまいます。
だから、笑顔で本当の自分をとり戻して欲しいと思っています。

 笑顔の力は大きいですね。
その笑顔が誰かを癒す事もあります。
笑顔は人を周囲に集めてくれます。
暗い顔をしたり、怒ってばかりの人は、やっぱり人が離れて行きますね。

 月例会で皆さんの笑顔を見ていると、こちらが元気を戴いたり、癒されたりする事も良くあります。
回を重ねる事に、段々と笑顔が本物になって行き、心から笑い、リラックスしているのが伝わって来ると嬉しいですね。
笑顔の綺麗な人は素敵です。
相談者にも、帰る時は笑顔で帰って戴きたい。
勇気と希望を持って笑顔で帰って戴けたら、最高です。

 苦しい事も、悲しい事も、腹の立つ事も、笑顔で乗り切って行けたら良いですね。

バナー

個性を大切に

2010 - 10/25 [Mon] - 15:46

 人はそれぞれの歩み、成長の早さと云うものを持っています。
学校教育の様に、1年経ったら1年分上がる、進むと云うものではありません。
歩みや成長の早い人、遅い人、それぞれいて当然です。

 また、その歩みも成長も、それぞれ道筋が人によって違います。
目標とする所も、人それぞれでしょう。
これも違って当然。
幾ら団体行動が好きな人でも、人生だけは団体行動は出来ません。

 個性と云うのは、時に集団から浮いてしまったりする原因にもなります。
でも、その個性がその人を光らせ、魅力となります。
周囲に合わせようと自分の個性を欠点だと思い込んで抑え込んでしまう人もいますが、没個性は人としての魅力に乏しいですね。
十人十色だから色々なバラエティーがあって、様々な意見があって、そうでなければ世の中はつまらなくなってしまいます。
どっちを向いても同じ顔、同じ服装、どこかの国のマスゲームの様で、気持ち悪いですね。

 長所が欠点になる事もあり、逆もあります。
どの目線で見るか、どっちの方向から見るかで、個性が長所になったり、欠点になったりします。
自分は自分でしかない。
ですから、人間らしく、自分らしく、素直でいたいですね。

 この写真は、以前アップした、私がスイスにいた頃に毎日見ていた風景です。
これは35年経っても変っていませんでした。
夜遅くなると、時々、アルペンホルンを練習している音が聞こえて来ていました。
窓辺で満天の星空を見ながら、聞いていたのを思い出します。

_IGP4507
_IGP4507 posted by (C)島津 成晃

バナー

好みの問題

2010 - 10/24 [Sun] - 04:12

 好き嫌いはハッキリしています。
物でも場所でも人でも習慣でも国でも何でも。
心地良くないものは嫌いです。
心安らぐものが好きです。
勇気や元気を与えてくれるものが好きです。
筋の通らない事は嫌いです。
節操のないのも嫌いです。

 誰にでも好き嫌いはあると思います。
それを押し殺して生きなければいけない、行動しなければいけない場面もあると思います。
自分の好き嫌いを人に押し付けるのは間違いですが、我慢するだけ、押し殺すだけと云うのも間違いだと思います。
嫌いなものは嫌い、好きなものは好き。
それで良いと思います。

 昔、ハードボイルドを気取っていたと云えば聞こえが良いですが、突っ張っていた時(笑)は、お調子者は大嫌いでした。
ウケ狙い、好かれる為にチャラチャラした奴は大嫌いでした。
それも、年齢と共に経験を積んで、視野も広がって来て、受け入れる事が出来る様になりました。
その人にはそれしか方法がないのだし、それもあって良いなと思える様になりました。
私には相変わらずそう云う事をする事は無理ですけど(苦笑)

 でも、度を越したものは、やはり好かんですね。
心地良くないです。

バナー

50歳代

2010 - 10/23 [Sat] - 02:23

 今日、TVを見ていて、国連で活躍している人達の番組があり、また名医と呼ばれる人達の姿が映し出されていました。
登場していた人達の覚悟と信念を感じて感動していました。
世の中には凄い人が沢山いるのですね。
緒方貞子さんや明石康さんだけではなく、本当に多くの日本人が世界で活躍している姿は、勇気と感動を与えてくれました。

 その後、ふとつけたTVで長淵剛氏が出ていました。
賛否両論ある人ですが、50歳を過ぎて未だに現役で戦闘的でいる姿には、考えさせられました。
否定的ではなく、それだけ彼を駆り立てるものがあると云う事、それを維持している事、それを支持している人が沢山いると云う事、そんな事を考えていました。

 そう云えば、今日、先日御紹介した「とつかはるみ」さんが来てくれました。
1年前に会った時よりも、遥かに綺麗になっていて、勢いもあり、オーラもあって、とても素敵な女性になっていました。
これからの活躍、期待出来るスタートラインについたと云う感じでした。
嬉しいですね。

 長淵剛氏を始め、同年代の人達、昭和29年30年31年生れの人達の活躍が目立ちます。
働き盛りだから当然と云えばそうなのですが、この年代の人はどこか他の世代と変っている、個性が強いと云われています。
ちょっと興味を持って調べてみたら、確かに個性的な人が凄く多いですね。

[1954年に生まれた人々]
[1955年に生まれた人々]
[1956年に生まれた人々]

 皆、心の内に自分の世界を持っていて、自分らしい生き様、生き方を貫いている様に思います。
色々なジャンルの人がいますが、50代半ばにして未だに熱く、夢を追っている姿はとても魅力的です。
私も一生、丸くならない、尖っていると宣言していますが、歩みを留めないで進んで行きたいですね。
然し、長淵剛氏のあの戦闘的な姿、生き様は、どこから来ているのでしょうか。
私も決して大人しい人間ではないですが、ああ云うギラギラしたものを出し続けるエネルギー、一面羨しくもあります。

バナー

第2の故郷

2010 - 10/22 [Fri] - 03:31

 久し振りに写真を載せてみました。
17歳の時にいた、スイスのグシュタード(Gstaad)と云う街の丘の上にある、当時は大学の寮だった場所です。
いつか訪れたいなと思いながら、いつの間にか35年の月日が経ってしまいました。
昨年、妻と行って来ましたが、街は余り変っていないのに驚くと共に、その場所が高級なアパートになっていたのを発見。
嬉しさと共に、少しガッカリしました。
でも、周囲の風景やそこからの眺めは同じでした。
まるで時が止まっているかの様な、スイスでも屈指の高級リゾート地で、冬はスキー客で賑わう街です。
夏は避暑地として訪れる人が多いのですが、私達が行った時は人影はまばらでした。

 何も思わず、何も考えず、本当にリラックス出来た時間でした。
ジュネーブから電車に乗り、段々と田舎になって行き、最後は単線になってしまって、妻はどこへ連れて行かれるのかと不安になった様ですが、私がスイスを第2の故郷と思っている訳が解ってくれた様です。

 時々、こうして撮った写真を眺めています。
昔を懐かしむと云う訳ではなく、心が鎮まって来ます。
感覚の鋭い人にとっては、現代は余りにも雑音と喧騒と煩わしい事に囲まれ過ぎています。
写真の中とは云え、日本を離れて心の故郷へ思いを馳せると、とても楽になります。
そんな時間も大切にしたいですね。

 また行きたいですね。

_IGP4503
_IGP4503 posted by (C)島津 成晃

バナー

心地良い静けさ

2010 - 10/20 [Wed] - 03:00

 今日は空手の日でした。
毎週指導している師範ではなく、二段の黒帯のセミナー日でした。
とても技師で、強い空手家です。
いつもながら、彼のセミナーは色々な要素があって、とても疲れますが楽しい時間でした。

 今は、何だかとても静かです。
夜中だから当り前ですが、普段はもう少し色々な音が聞こえ、音ではなくても心騒ぐものが何かあるのですが、今日はとても静かで、落ち着きます。
さっきまで道場で大きな声を出していた時間からかけ離れています。

 学生時代から色々な楽器をやって来ました。
クラシックギター、フラメンコギター、ピアノ、エレクトーン、トランペット、和太鼓、等です。
また、音楽が好きで、これは父の影響ですが、クラシックを良く聞いていました。
他にも、昔のスイング・ジャズ、ビッグバンド・ジャズ。
ロックも良く聞きましたね。
最初は日本のグループサウンズから始まり、最後はハードロックでした。
クリーム、ディープパープル、ローリングストーンズ、エマーソン・レイク&パーマー、イエス、マウンテン、等々。
今でも時々、あのうるさい音楽を聞く事があります。
何だか、元気が出て来るのです。
レディース・バンドのSHОWーYA等、良く聞きます。
他にも雅楽、歌謡曲、ポップス、フォーク、様々なジャンルの音楽を聞いて来ました。

 色々な音楽に触れて来たおかげか、耳は良い様です。
が、その為に周囲の小さな音まで聞こえてしまって、時には騒音に聞こえる事があります。
聞いていないつもりでも聞こえている音。
それが結構ストレスだったりする時もあると思います。

 ですから、人も落ち着いた声の人が好きです。
耳に刺さる様な声や、ガサガサした声は、どうも心地良くないですね。

 今日は静かで、とても心地良いです。

バナー

穏やかとしっとり

2010 - 10/19 [Tue] - 01:05

 いつも、どこでどう間違ったのか、怖いとか人相が・・・とか言われる事が多いのですが、本当はとっても穏やかが好きです。
穏やかな時間、そう云う時間を過せる場所、穏やかな気持ちになれる相手、そして穏やかな自分。
元々、小さい頃は女の子と間違われる程、可愛かったらしい(笑)
でも、苛められっ子だったりした経験等から、段々と自己防衛をし始めて、気がついたら人から怖いとか言われる様になってしまっていました。

 必要な時には声をわざと荒げてみたり、大きな声を出したり、大きな態度をとったりする事もありますが、これもTPОと必然性があっての事で、若い頃の様に感情に任せてと云うのは、今は殆どないですね。
25年近く通って来てくれている人達は、「先生、昔は怖かった」と言います(苦笑)
じゃ、今はどうなんだ?と聞くと、「はい、今でも怖い」(爆笑)
穏やかになったと思っているのですけどね、自分では(苦笑)
多分、昔の怖さと今の怖さは変っているのじゃないかなと思います。
昔はキレそう、怒りそうと思われていたと思いますが、今は、ズバッと歯に衣を着せないで言葉を発するので、その怖さなのでしょうね。
と、自己弁護(笑)

 話していてホッとする人、しっとりとした人が好きですね。
また、スイスが好きなのも昔いた事があって第2の故郷と思っているだけじゃなく、ホッと出来て穏やかな気持ちになれるから。
そう云う意味では、ヨーロッパが好きですね。
南洋(古いですね)、ハワイやグァム等の地域も好きですが、こっちはのんびりと云う感じで、しっとりとした感じがないですね。

 いつも、穏やかでしっとりとしていられたら最高なんですが・・・。
もっと心の余裕を持って、そうなれたら良いなと思っています。

バナー

一人一人の変化

2010 - 10/18 [Mon] - 02:06

 先日の参拝旅行が終って、参加した皆のブログや掲示板での書き込みを読み、また何度か会う機会があり、そんな時に感じているのが、一人一人のそれぞれの変化です。
自分自身がクリアーになっている人、心が乱れ難くなっている人、明らかに人格が変った人、これからの夢が見つかった人、体力が上がったかと思う程にパワーが増加した人、等々と人それぞれ違いますが、皆に変化が訪れている様です。
これが全て伊勢神宮に参拝したおかげかどうかは解りません。
が、利害を捨てて、純粋な気持ちで旅を楽しみ、祈りに集中し、互いに素になれた事が大きな力になっていると思います。

 大人の修学旅行と云う感想がありましたが、正にピッタリの旅でした。
久し振りに心から楽しめた旅です。
お互いの適度な距離感、踏み込み過ぎない、でも遠過ぎない、そんな間での互いの気遣いや親しみ。
こんな旅は良いですね。

 そして、この旅が一人一人の心を開放した様です。
学びもあったかもしれませんが、それ以上に、癒されたと云う事でしょうか。
これから、まだお会いしていない人にも会って行くと思いますが、どう変化したかを見るのが楽しみですね。

 人は人によって癒される。
人で傷ついた人は、人でしか癒されない。
それを実感しています。

バナー

不成仏霊

2010 - 10/17 [Sun] - 03:23

 成仏していない霊と云うと、どうしても執着や苦しみや悲しみを感じて、ネガティブなイメージがあります。
でも、最近、認識が私の中で変化しつつあります。
成仏はしていなくても、ネガティブではなくて、その霊の覚悟や思いで敢て彼岸へ旅立たない場合もあるのだなと。
例えば、残した子供を心配して、側にいて見守る。
勿論、霊は存在そのものがネガティブと云えなくもないですから、余り近くにいつもいると生きている人間に影響を与えてしまいます。
ですから、少し離れて見守っていると云う事なのでしょうが、何かの時には必ず力を貸したり、守ってくれたり、いつも見守っている。
そう云えば、私も以前は亡くなった父から色々と知恵を借りた事がありました。
開業医だった父は、診断能力については常人の域を越えていた人だったので、今でも到底足許にも及ばないと思っています。
相談者の健康や病気のお話の時、何度も知恵を借りた覚えがあります。
今頃になって解る親の有難さですね。

 他にもこんな例はありました。
霊イコール不浄霊、悪い影響を与える、こんな固定観念が間違っている、狭い了見だと反省しています。
観念的には解っていたつもりですし、相談者にもそんな話をしていたと思いますが、基本的には成仏が霊のあるべき姿と決めつけていたのも事実。
もっと広い心で受け入れて行かなければいけませんね。

 とは云え、大半の場合はネガティブである事も確かです。
そう云う場合には、しっかり祈って成仏して戴きましょう。

バナー

引退報道

2010 - 10/16 [Sat] - 03:06

 柔道の谷亮子さんの引退報道がありましたね。
家族についての色々な噂や、議員に立候補する時、議員になってからの発言や姿勢、その他色々と憶測が飛び、また言われていますが、女子柔道界に於て歴史に残る逸材であった事は確かです。
あの小さな身体に秘められたスピードとパワーは、驚異でした。
いつだったか、ニュースで彼女の練習を見た事がありますが、凄いの一言でした。
惜しむらくは、もう少し綺麗に、スッキリと終って欲しかったなと思います。
誰も成し遂げる事の出来なかった実績を残し、また今後もこれ以上の女子柔道家が出て来る可能性は低いと云われる人ですから、武道家らしく潔く、また美しく終って欲しかったと思うのは私だけではないと思います。

 生まれ持った才能に加えて、尋常ではない練習量、弛まないハードトレーニングを続けて来た結果として、彼女の天才は花開き、維持されて来たと思います。
それを証明するのが、出産後の練習量の低下による実力の低下であったと思います。
如何に才能があろうと、過去の実績があろうと、練習量は正直です。
肉体のみならず、精神的な面に於ても、練習量はそのまま強さに出て来ます。
年齢的な衰えも含めて、若い時のパワーとスピードを維持し続けるのは、殆ど不可能と云えるものです。
そこを技で補うと云えば理想ですが、何でもありの実戦であれば兎も角、ルールに縛られた中ではそれはやはり非現実的と言わざるを得ません。

 スポーツとしての柔道、武道としての柔道、これは空手でも他の武道でも同じですが、そこに賛否両論はあるにしろ、時代の流れと共に色々な形が生まれて来るのが当然ですし、そうでなければ淘汰されて行きます。
が、形を変えてスポーツとして存在していても、武道の本質は失って欲しくないと思います。
今回の彼女の引退は、そう云う意味では、何とも後味が悪く感じてしまいました。
が、あれだけの事をやり遂げた人ですから、今後の活躍にも期待したいと思います。
自ら作り上げた名を穢す事のない様に、更に名を挙げる活躍を祈りたいですね。

バナー

グレーゾーン

2010 - 10/14 [Thu] - 17:36

 最近、時々サボってしまう、ではなくって、毎週水曜日は夜9時から弟子が集まって来ます。
名古屋から毎週の様にバスで通って来る者もおり、つい時間を気にせず話していて終了が夜明けと云う事も多くなります。
昨日も(今日も?)終ったのが朝6時前。
名古屋からの弟子は、すぐにバスで帰ったと思います。
そして、今日の夜は道場へ行くと言っていました。
弟子達に煽られて、熱意に押されて、私も時間を忘れてしまいます。
ですから、水曜日は早く書こうと思いながら、色々とやっていると書けない事も多く、こうして時間を変えて書いたりしています。

 昨日話していたのですが、弟子の一人が介護をやっています。
そこで、どう見ても虐待と思える形跡があると云う事で、かなり感情的に怒っていました。
当り前の気持ちですね。
で、彼が何が出来るか、どうしたら良いかと云う事から話が始まりました。

 残念ながら、誰がやったか証拠はないと云う事です。
また、被蓋を受けたと思える老人達も、認知症のせいか、自分でも良く解っていない様子。
そして、彼は立場上ではアルバイトです。
他に出張専門の治療師と云う本業を持っていて、週に二度、不妊専門のレディース・クリニックでも治療しています。
その合間に、曾てお世話になった介護、ヘルパーの経験を生かして老人ホームにアルバイトに行っています。

 医療の世界に限らず、どこにでも隠された闇があります。
グレーゾーンがあり、白日の下に曝す事が中々難しい部分です。
明らかな意図、証拠があれば、当然ですが問題化しなければなりません。
が、人対人の中で起きている事は、難しいですね。
作業の最中に起きてしまう、ちょっとした苛々や腹立ち、そう云うものが作業そのものを雑にしたり、荒っぽくしたり、時には意図的に何かをしたりと云う事もあり得ます。
あってはならない事と云うのは真当であり正論ですが、そのグレーゾーンが現実にあって、手を出せないのもまた現実です。

 その中で、自分がどれだけ正当な仕事を貫けるか、またそう云う姿勢を周囲に分らせて行くかと云う形で抑止力を発揮して行くしかない部分でもあります。
真正面から問題提起しても、殆どの場合は揉み消されるか、無視されるか、証拠がないと云う事で立ち消えてしまいます。
自分の発する、仕事に対する姿勢とオーラで、周囲の人に対して与える抑止力。
それに影響を受ける人が一人も増えれば、また状況も変って行く可能性があります。

 医療に限らず、どの世界にもある闇の世界。
政治も同じですが、それを白日の下に曝す事でクリーン化して行こうとするのは、正しいとばかりは云えません。
その事によって、その業界が持っている懐の深さが失われたり、業務が止まったり、人間力のないマニュアルかした仕事と化してしまったりする事もあります。
正論で短絡的な解決をするのではなく、まどろっこしく、時間もかかりますが、徐々に人の力によってグレーゾーンを消して行くと云う、時間と努力が必要だと思います。

 人間は誰しもが心のどこかに闇を抱えているものです。
それが正しいとか間違いとかではなく、それを知った上で、少しずつ綺麗な方向へ持って行きたいですね。

バナー

嬉しい手紙が届きました

2010 - 10/13 [Wed] - 02:45

 今日、嬉しい報告の手紙が届きました。
一年程前に相談に来られた方が、元は歌手だったのですが辞められて、また復帰したいとの相談がありました。
それが頑張られて、今はインディーズですがライブを各地でやっておられ、CDを発売されたと云う事で、わざわざ送ってくれました。
私の所へ来られたのがきっかけになったのか、前へ歩み出されている事が分り、HPやブログも立ち上げておられます。
こう云うのは嬉しいですね。

 早速聞いてみました。
独特の声と感性が伝わって来ます。
ネットで調べると、かなりファンもおられる様で、これからの活躍を期待しています。

おなまえは「とつかはるみ」さん。
発売されたCDは、昊星ノ地図 ~ ほしのちず ~
オフィシャルページがあります。
とつかはるみ Official

昊星の地図

バナー

ハプニングの毎日

2010 - 10/12 [Tue] - 04:05

 我が家は毎日がハプニングの連続です。
その日、朝起きて一日のスケジュールが決まっているのは、ほんの一部。
例えば、明日は歯医者だとか、道場へ行く日だとか、母の歌の日だとか、先日の様に旅に出るとか。
勿論、面接の予約は入っている訳で、それは外せませんが、それ以外の時間は何が起きるか解りません。
急に思い立って外へ出かける、寝る、被る、急な相談が入る、一つ一つは大した事ではないのですが、決まった予定は立ちません。
そこから、妻や母と話し込んでしまうと、時間はアッと云う間に過ぎて行きます。
やろうと思っていた事は後回し。
一々それを気にしていたらやっていられません。
そう云う意味では、スケジュールがないと駄目な人、こうあらねばならないと云う人は、能力者には向かないですね。
感覚が鋭い人は、常に色々な刺激に曝されています。
ですから、いつも対応していなければなりません。
無視したり、注視したり、やり過ごしたり、跳ね返したり、受け止めたり。
落ち着いた時間なんて持てないですね。
いつもどこかで緊張していて、熟睡出来ない事も多いです。

 本当にリラックス出来て、熟睡出来て、緊張から解き放たれるのは、年に何日あるかないか。
それが当り前になってしまっているのが、良いのか悪いのか。
不規則で当り前。
規則正しい生活なんて、考えられないですね。

 それだけ、濃い毎日を送っていると思えば、人生は楽しいものです。
人の何倍も色々な事に触れて感じていられるのですから、学ぶ事も知る事も沢山。
また、楽しいと思える神経がないと、絶え間ない刺激に疲労困憊してしてしまうでしょう。

 人生は楽しむ為にあると思います。
考え方、捉え方で、人生の楽しみ方は色々あると思います。
どうせなら、何でも楽しんでしまいましょう。

バナー

今日のF1

2010 - 10/11 [Mon] - 03:15

 今日、午後4時からF1日本グランプリが放映されていました。
その頃、私は面接中だったので、勿論録画しておき、後で見ました。
昨日の予選が雨で中止になり、今日、予選と本選を行うと云う異例のレースの中、見ていて沢山の驚きと感動と元気を貰いました。

 沢山の日本人ドライバーがF1に挑戦して来ましたが、現在フル参戦をしている小林可夢偉君、凄いですね。
あのアグレッシブさは、見ていて異常とさえ思える時があります。
一年目でしっかり結果を出しているのは、余程の才能があり、同時に強い闘争心と高い集中力を持っていると云う事ですね。
今日の彼のレースは凄かったです。

 今までチャレンジして来た日本人ドライバー、私は中嶋悟氏が好きでしたね。
日本人初のフルタイムF1ドライバーであり、あの粘り強い走りと穏やかな人柄が魅力的でした。
また、今日解説していた片山右京氏も魅力的なドライバーでしたね。
チームとしては、ミーハーかもしれませんが、フェラーリがやはり気になります。
曾て、アイルトン・セナとチャンピオン争いをしたアラン・プロストが好きでした。
それ以来ですね。
また、皇帝と云われたミハエル・シューマッハも好きでしたね。
現在も復活して再チャレンジしているミハエル・シューマッハ、頑張って欲しいです。

 彼等の走りや戦いを見ていて、常識を越えた姿を感じる時があります。
論理の世界でレースをしているのですが、その中で、ドライバーの常識を越えた集中力と闘争心が、車の限界を越えさせてしまう事があります。
今日の小林可夢偉君からもそれを感じました。

 常識を捨てる、越える、簡単な事ではありません。
が、F1に限らず、空手でも、他のスポーツでも、修行でも、そう云うものを見たり聞いたり触れたりする機会があると云う事は幸せな事だと思います。
そして、見るだけじゃなく、聞くだけじゃなく、自分でその境地へ歩まなければ、と勇気を貰います。
人間はいつも自分で勝手に限界を作ってしまいます。
そう云う常識を越えて行けたら最高ですね。
自分の思う限界は、実は限界よりもずっと手前であったと云う事は、越えた時に解ります。
だから、いつも越える事を意識していたいですね。

バナー

継続する

2010 - 10/10 [Sun] - 03:36

 何をするにも、続けるって大変な事です。
つい忘れたり、サボったり、面倒になったりしてしまうものです。
でも、続けている人だけが持っている、境地の様なもの、身に付けた力は、やはり強いですね。
趣味でも、仕事でも、空手でも、それは同じです。
心と身体に沁み込んだ、長年の積み重ね。
それは大きな力です。
また、続けていると云う事が、大きな信頼になって行きます。

 人世に一家言ある人、仕事の出来る人、信頼のある人は、持続力に優れています。
物凄い大変な事も、一日だけなら、一回だけなら、度胸と覚悟があれば出来ます。
でも、小さなどうでも良い様な事でも、ずっと続けるって凄く忍耐が必要です。

 瞬発力も必要ですが、持続力も、しっかり身に付けたいですね。

バナー

古臭いですが

2010 - 10/09 [Sat] - 02:37

 世の中は光の時代で、インターネットも光ファイバーを使う人が増えています。
が、私は未だにADSLを使っています。
切り替え時にインターバルが出来てしまうのが困ると云う事と、アナログからADSLにした時もそうでしたが、接続不良のトラブルがどうしても起きます。
業者は絶対にそんな事はありませんと言いますが、起きる確率が高いです。
妻の実家でもそれがあって、業者さんにキツイ文句を言いました。
妻の実家の事でもあり口出しするつもりはなかったのですが、対応が悪かったので見かねて私が一言。
それが功を奏したかどうか、すぐに対応が始まりましたが。

 今もフォト蔵に写真をアップ中ですが、時間がかかります。
でも、昔のアナログ時代から考えると、それでも劇的なスピードです。
そう云う意味では我慢強いと云うか、待てるので(笑)
とは云え、いつかは光にするのでしょうね。
もう少し安定性が増してくれたら考えます。

 私はある面ではとても進歩的で、違う面では凄く古臭いと云われます。
大正9年生まれだった父に、「お前は古い。それじゃ嫁さんは来ないぞ」と言われた事を今も思い出します。
確か、大学生になったかならないか位の時だったと思いますが。

 TVでニュースを見ていて、放火の話で「付け火」と言ったり、泥棒を「盗人」、等と云う単語の問題もあるかもしれませんね。
その方がしっくり来るので、ついそう言ってしまうのですが(苦笑)

 何でもかんでも新しいのが良いとは思いません。
と云って、古い方が良いとも思いません。
ただ、残すべき古いもの、変える必要のない古いもの、変えた方が良い新しいもの、それぞれの価値を自分で確かめて決めて行きたいですね。
世の中がこうなっていますから、これが普通ですからと言われると、馬鹿たれ!!と思ってしまいます(笑)

バナー

iMacは相棒です

2010 - 10/08 [Fri] - 03:03

 やっと会報が出来上がりました。
遅れに遅れて、明日やっと発送出来ます。
本当は前月の月末に仕上げて、月初めに発送したいのですが、未だ曾て実現した事はありません(苦笑)

 思えば10数年前、もういつからだったか忘れましたが、相談者の一人が「先生のお話を文字で読みたい」と云う一言から「島津語録」が始まりました。
最初の頃はワープロでしたね。
確かカシオのワープロで、液晶画面に4行しか出ないモノクロでした。
レイアウトもヘチマもなかったですね。
その後にシャープの書院になって、これは結構重宝しました。
液晶も大きかったですし、インクリボンを複数使いましたがカラーで色々とレイアウトしたり出来ました。
その後、Macを買って(確か5500と云う単体のパフォーマー)で色々とやりました。
書院からファイルの移行が出来なくて、結局全部打ち直した覚えがあります。
それ以来、ずっとMacです。
今もiMacを使っています。
プリンターも、最初はエプソン、今はキャノンです。
スキャナーも使っています。

 相談者に、PCに詳しい変な先生と言われていますが(苦笑)、最初のMacはОSが8.5で、あの頃のMacは良くフリーズしたりしたので、機能拡張書類とか当っているファイルとかを探してメンテナンスをし、何度か初期化してОSをインストールし直したりしながら覚えました。
気がつくと詳しくなっていましたね。
画像を何とかしたくてPhotoshopのelementを使ったりしながら、色々な事を覚えました。
残念ながら、ずっとMacなのでWindowsは今一分かりません。
妻が使っているので、若干は解る様になりましたが。

 ブログもmixiもtwitterもメールも、新物好きなので色々とやりますが、全て相談者の方々とのコミュニケーションツールと思っています。
Macは私にとっては、必需品になりましたね。

バナー

人の話を聞く

2010 - 10/07 [Thu] - 15:46

 良く思うのですが、人の言う事を聞いていないのではないかと思える人がいますね。
何か言うと、「はい、解りました」と返事をするのですが、その実、何も変らない。
また、空気が読めないと云うか、周囲の話について来ない、突然に自分の興味のある事を話し出す、周囲の人間には解らない何かで急にテンションが上がったり。
道場でも、何度も教えているのに、いつまで経っても進歩しない。
中には厳しい人や器量の狭い人もいるので、時にはガツンと言われたり、トラブルになったりするのではないかと心配になってしまう事もあります。

 団体行動が苦手とか、人と会話するのが苦手とか、色々な理由はあると思うのですが、社会で生きている以上はそれでは通用しません。
視野が狭いとか、価値観が狭いとか、思慮がないとか、人が見えていない、人の声が聞こえていないと云うのは、人間的には未熟、時には欠陥と思われてしまいます。
割と、学者さんやクリエーター系、PCのSEさんやプログラマー等にこう云う手の人は多いので、頭が良過ぎて自分の世界だけで生きているのかもしれないですね。

 ずっと独りぼっちで孤独に生きるのなら良いのですが、会話が出来ない、人の話が聞けない、周囲の合わせる事が出来ないと云うのは、社会で生きて行く上では大変な苦労が伴うでしょうね。
ちゃんと聞いて、ちゃんと話す。
空手でも、身体で会話していて、ちゃんと受けて、ちゃんと攻撃する。
会話が成り立たないと、自分の世界で自己満足して生きて行くしか出来なくなりますね。

 インターネットや出版物さえあれば、大抵の情報は入りますし、人と会話しなくても生きて行ける時代になったのでしょうが、それが良い点でもあり、悪い点でもあるのかなと思います。
身体を持った人間がバーチャルの世界で生きて行くって、やっぱり変ですね。

バナー

不思議と軽かったです

2010 - 10/06 [Wed] - 04:13

 今日、道場へ行って来ました。
毎週火曜日に道場へ行っていますが、何だか久し振りに練習した様な不思議な気分でした。
もっと不思議なのは、伊勢神宮へ一緒に行った人達の動きが凄く良くなっていると云う事。
また、とても元気でした。
疲れが残っている筈なのですが、動きが良くなり、元気で、まるで若返ったかの様な感じでした。

 私も今日は未だ風邪が少し残っていて痰が切れていないのですが、不思議と動けました。
と云うよりも、軽かった気がします。
練習を始める前は、頭痛があり少し軽い眩暈もあったのですが、練習中は全く忘れていました。
終ったら、また少し戻ってしまいましたが(苦笑)
そう簡単は吹っ飛ばなかったですね。

 神仏と向き合うのは、どこか空手と似ています。
神経を集中して真剣に向き合いながらも、心も身体も柔らかく保ち、広い視野を持っていなければいけません。
力んでしまうと、何も感じず、本来持っている自分の力も発揮する事が出来ません。
姿勢、呼吸、目線、心の持ち方、相手や周囲との距離、足許、自分のエリア、等々と全てに気を配っていなければいけません。
昔から神道家は剣術や合気道を修行の一環として行うと云いますが、道を極めると云う事は同じなのですね。

バナー

参拝を振り返ってみて

2010 - 10/05 [Tue] - 03:38

 参拝旅行から戻って一日、日常が始まっています。
多くの人は仕事再開ですね。
まだ疲れが残っていたり、参拝の名残が心に残っていたりしているのだろうと思います。
ちょっとした休憩時間やふとした時に、旅の事を思い出しているでしょうか。
そう云う思いが、波の様に伝わって来ています。
それだけ楽しんで貰えた、心に刻んで貰えたと思うと嬉しいですね。
私も今日から写真を整理中です。
参加した皆さんの素直な顔、緊張した顔、楽しんでいる顔、リラックスした顔、笑顔、色々な顔が写っています。
皆、良い顔をしています。

 どこかの誰かが、毎年の恒例に・・・とコメントしてくれていますが・・・考えます(笑)
楽しい時間ですし、多くの事を学び感じる事の出来る時間です。
こう云う時間を持つ事が出来る事自体、とても幸せです。
何よりも、私達は団体ではありませんが、仲間意識が出来て、気心が知れて仲良くなって行くのは嬉しいですね。
心を許せる友が出来る、安心出来る人がいる、それって心に潤いを与えてくれます。
忙しい日常から時間を作るのは大変な事で、どうしても強行軍になってしまって疲れもしますが、アッと云う間の心地良い旅だったと思います。

 色々な意味で、心と云うもの、生かされていると云う事を、実感出来た旅でした。
日常にこの経験を宝として生かして行きたいですね。

バナー

伊勢神宮参拝旅行から帰りました

2010 - 10/04 [Mon] - 01:16

 10月1日から本日まで伊勢神宮参拝旅行へ出かけて来ました。
途中の2日からの参加、2日の日帰りと、それぞれの予定で参加でしたが、伊勢神宮参拝時は総勢25名の団体となりました。
青森から参加してくれた人、名古屋から参加してくれた人、関西からも、そして多くは東京からの参加でした。

鳥羽に宿泊し、一泊目はのんびりと、そして2泊目は心を引き締めて参拝し、今日は近くを軽く観光して帰って来ました。

 伊勢神宮は、外宮の正殿で参拝し、その後に摂社を参拝しました。
その後、内宮へ移動して正殿で垣内参拝、続いて太神楽奉納を致しました。
垣内の聖域での参拝は緊張の中に、皆さんに得難い経験をして戴けたと思います。
また、太神楽の迫力は素晴らしいものがあります。
それぞれの感性と感覚で雅楽と舞に酔いしれて戴きました。
その後は、内宮近くのおはらい街を自由散策、そして食事を取りました。

 参拝旅行では毎回、夜にミーティングを行います。
一泊目は軽く2日目の参拝の注意と予定を話し、今回はちょっとしたきっかけから一人の人間の心の内の苦悩を開放すると云う事になりましたが、皆さんの温かい気持ちと冷静な眼が、とても美しく、また心の清らかさと気高さを感じる事が出来ました。

 2泊目の夜は、参拝の観想と解説、そして恒例のイベントです。
参加者の半分の11名が空手修行をしていましたので、空手を知らない方にも解る様に、軽く基本稽古、そしてスパーリングを行い、その後に数名の方に型を披露して戴きました。
我々が何故空手を修行しているのか、一端を理解して戴けたのではないかと思います。

 3日目の本日は、月読宮へ参り、その後にCMで有名なトドのみなぞう君のいる水族館へ出かけ、最後は真珠島へ。
奥さんに真珠を買った人もいて、のんびりとした時間を過せたと思います。

 参加者の何名かが時間をかけて企画・準備し、旅行中も細かい所まで神経を行届かせてくれました。
また、何名かがレンタカーを運転してくれ、とても心地の良い旅をさせてくれました。
皆の気遣いと優しさと、良い意味での仲間意識が、旅を素晴らしいものにしてくました。
とても嬉しく、楽しい時間だったと思います。
また機会を作って、どこかへ出かけたいなと思わせてくれる旅でした。

バナー

御参りに行って来ます

2010 - 10/01 [Fri] - 00:51

 明日10月1日より3日まで伊勢神宮へ総勢25名で御参りに出かけます。
暫くメールでのお返事など出来ませんが、宜しくお願い致します。
4日以降にお返事を差し上げます。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR