感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2010年06月  

限界を感じても、止められない

2010 - 06/30 [Wed] - 02:43

 今日、道場で空手の練習が終わって携帯を見たら、雷注意報が出ていました。
練習が終わる頃には解除されたみたいでしたが、全く気づきませんでした。

 サッカーのワールドカップを応援している人達の熱い思いが呼んだのか、はたまた私達の空手の練習が呼んだのか、後一日で終わる夏越大祓の祈りが呼んだのか、凄かった様ですね。
練習で夢中で、息も絶え絶えながら頑張っていたので、全く解りませんでしたが。

 何でも夢中になる事が出来るって良いですね。
サッカーでも皆が本当に心の底から彼等に夢を感じて、夢中になって応援している。
私達も、この暑い中で窓を閉めて、ハァハァと息を切らして、滝の様に汗を流しながら、夢中で練習している。
究極のマゾみたいですが(苦笑)、そうやって夢中になってやれる事があるのは、とても幸せだと思います。

 色々な限界を感じながら、それでも越えようと、高めようと、頑張る事が出来るのは、贅沢ですね。
そんな心の余裕を持ちながら、まだまだ前へ、上へ行きたいと思います。

バナー

スポンサーサイト

失われて行く大きな秘奥

2010 - 06/29 [Tue] - 03:20

 空手に限らず何でもそうですが、時を経て世代が変って行く中で、失われて行くもの、忘れ去られて行くものって、凄く沢山あります。
目に見えない程の微妙な心や身体の動き、始めは目に見える程に大きかったものが、熟達すればする程に小さくなり、最後には目に見えない程に微妙になって行きます。
それは、マニュアルに書く事の出来ない、やった人だけが続けた人だけが解る、つかむ域です。

 また、始めた当初と、長くやって来た者では、その目的意識も変ります。
そう、学校で習う英語と、実際に使える英語と、洗練された英語、フォーマルな英語、追求する英語の違いの様なものです。
勝つ為の空手が、身を護る為の空手になり、家族を護る為の空手に変り、そして自身を見詰める為の空手に変り、悟りを得る為の空手に変って行きます。

 瀧修行でも、護身法でも同じです。
ただ水の勢いに勝てば良い、水と一体化すれば良いと云うのは、瀧修業としてはごくごく初心者レベル。
誰も教えない、その先があります。
それは、何百回何千回と瀧に入った者にしか解らない、誰にも教えない境地です。

どの道も同じですね。

 長い年月の中で、どうしても目に見える部分だけが習う側に残って行き、最後の最後に感じ取る深い部分の、目に見えない微妙な所を知らずに終わってしまう事は良くある事で、そこで人から評価されてしまうと、それ以上の進歩を望む気がなくなったりする事から、浅いままで終わってしまう。
それがまた次世代へ受け継がれて行くと、最初の深いものがいつの間にか消え去ってしまう。
そうやって消えて行った知恵や技術が如何に多い事か。
一部の天才や、偏執狂の様に深く深く追求する者が、これをまた復活させようとして行きます。
が、その時点では既に新しいものが台頭しているので、それは異端であり、一般には中々受け入れられなくなります。

 本物は、本物を知る者、本物を追求しようとする、一部の者にしか評価されず受け入れられない。
ま、何でもそうですが、安易で取っ付き易い方が良いですからね(笑)
でも、深いからこそ、いつまで追求しても先があり、だから面白いのですが。
残して行きたい、学んで行きたいですね、本当の本物を。

バナー

月例会と夏越大祓

2010 - 06/28 [Mon] - 03:25

 今日は夏越大祓、その後に月例会(護身法、勉強会)でした。
普段は来ない人も御祓いでやって来て、護身法の見学者や新しい参加者もおり、ワッサワッサとしてしまいました。
参加された皆さん、まとまりが悪くて申し訳ありませんでした。
司会の内弟子が一人で苦労していました。
他の弟子達のサポートが足りず、教育が行き届かぬ事をお詫びします。
でも、女性人達が凄く頑張ってくれて、直会や御菓子やお茶等がスムーズで有難かったです。
気の利く弟子や女性達、気の利かない弟子もいて、人は色々ですね。

 夏越大祓の行事は、祈願用紙だけで30枚以上、全身全霊で祈りを捧げました。
毎回、厳しい祓いですが、今年も例に漏れず、厳しく激しかったですね。
全ての祈願が通ってくれる事を願いたいものです。

 新しい参加者や見学者の皆さんは、護身法や勉強会を楽しんで戴けたでしょうか。
普段と違って行事が重なって落ち着きのない月例会になってしまったので、心配ですね。
でも、それだけ盛り上がったとも云え、勢いがあったかもしれません。
特にここの所は女性陣の元気の良さと積極性に驚きます。

 沢山の人が集まって学んで行ける時間がある事、とても幸せです。
教える側が教わる側から教わる事も多く、そんな活気のある月例会を続けて行きたいと思います。

kiganshi.jpg

バナー

道場開きの祈り

2010 - 06/27 [Sun] - 02:15

 今日、新しい道場の御祓いをして来ました。
道場開きの祈り、御祓いは何度目でしょうか・・・。
いつもパワー全開でやってしまいます。

 とても気持ちの良い師範で、そのままの気持ちの良さそうな雰囲気の道場でした。
我が正伝流の道場の様に、楽しく、活気のある、気持ちの良い道場になって欲しいですね。

 不思議な御縁が繋がり、今日の日を迎えましたが、光栄な事です。
世間は狭く、縁は不思議なものだなと感じています。

神棚

祝詞

バナー

本当の気合いって

2010 - 06/26 [Sat] - 03:37

 さぁ、やるぞ!!
気合いを入れて!!

 って良く言いますが、気合いが入ると力みになる人や、何かに対して怒りを持つ事と勘違いする人が多いですね。
また、気合いが入ると途端に焦りになったりする人もいます。
気合いが入れば入るほどに力んでしまって、固くなって、動けなくなるから焦り始める。
気合いと闘争心は違いますが、それも一緒になって行き、闘争心は怒る事ではないのに、怒ってしまう。
そうすると余計に固くなってしまって、動けなくなる。
って、悪循環です。

 気合いを入れるとは文字通り、気を合わして行く事であって、自分の進むべき道や方向性、やりたいと思う事、目的意識に向って気を合せて行く事です。
ブレない事であって、力む事ではありません。
集中力を高めて、余所見をせずに一点に意識を集めて、意志を統一して行く事です。
そこで、場合によっては闘争心が必要な事もあります。
克己心や闘争心と云いますが、怒る事ではなく、何があっても前へ進む、打ち勝って行く決意、下がらない諦めないと云う強い意志です。

 良く道場で「気合いを入れて!!」と言われると声を大きく出す事だと思う人がいますが、それも違います。
気合いが入ると、声は自然と出て来ます。
ただ、声を大きく出す事で、内臓が鍛えられ、心肺機能が高まります。
身体が出来て来ると、強い意識に負けないで、心身統一がし易くなるのも確かですね。

 言葉と云うのは、ただ相手に意思を伝える道具である訳じゃなく、深い意味を持っています。
何気なく使う言葉を時々検証してみると、本当の意味が解って来るかもしれませんね。
と云っても、辞書に書かれているが正しいと云う事ではないです。
自分がどう解釈するか、どう感じているかが大切です。
人が書いたものや、人が考えた事を鵜呑みにして、それが正しいのだと信じ込んでしまうのは、意識が浅いですね。

バナー

夜の帳の中で

2010 - 06/25 [Fri] - 03:25

 私の住んで仕事している辺りは、近くに環状八号線が通っていて、夜でも自動車の音が聞こえて来ます。
時には救急車や消防車、警察車両のサイレンが鳴り響き、不思議な事に夜なのにヘリコプターが飛んだりする事もあります。
でも、今日はとっても静かな夜です。
Friday night は皆さん夜遊びと云う事もないでしょうが、殆ど音のしない夜も珍しいですね。
東京の田舎と云われている場所に住んでいますが、一応は23区内ですしね。

 ずっと昔、板橋に住んでいた事や千駄ケ谷、幡ヶ谷、信濃町にいた事があります。
板橋は17号線の側で、五月蝿かったですね。
酷い時は窓を開けると、電話の声もTVも聞こえない程でした。
それ以外の場所は、比較的静かでしたね。

 静かな夜は良いですね。
心が鎮まって行きます。
元々が夜行族なので、夜の方が元気になるのですが、静かに落ち着いた気分でいられる事は少ないものです。
こう云う時間を大切にしたいなと思います。
バタバタとしていると、どうしても苛ついたり気が短くなったり、落ち着かなくなってしまって、こう云う時間がある事すら忘れてしまいますね。
何だか、深~い呼吸が出来そうな、そんな気になる夜です。


バナー

言われた事くらいは実行して貰いたいものですね

2010 - 06/24 [Thu] - 11:51

 修行と云うのは特別なものの様に思う人が多いですね。
が、修行している者にとって、本当の修行と云うのは、日常の中にあります。
朝起きてから、顔を洗い歯を磨き食事をして通勤し、そして仕事。
仕事場でも仕事だけではなく、人間関係があり、仕事が終わったら終わったで、同僚と呑みに出かけたり、デートしたり、家に帰って家族の話を聞いたり、子育てしたり、、、、、。
その一つ一つが、全て自分の心と身体にプレッシャーをかけていて、それがまた次へ繋がって行きます。

 歩く事一つ変えただけで姿勢は変り、そうすると顔つきも変り、勢いが変り、周囲の人へ与える印象も変わる。
一つの変化はそこに留まらず、どんどん広がって行きます。
空手の練習は道場の中だけでやるものではなく、日常の中に幾らでも空手の修行のネタは転がっています。
歩きの歩幅、足の運び方、、姿勢、目線、人との距離感、自分の出す気配、机に座っている時に机に拳を当てる、電車でも座らないで爪先立つ、身体は拳で支える、吊革は指で持つ、等々と幾らでも工夫次第。

 どんな修行も、その為だけに時間を取るのは難しいものです。
日常の中に修行を一致させて行って、取れない時間を補います。
そう云う意識でいると、どんどんチャンスが見えて来ます。
与えられる示唆が解って来ます。

 修行の時間じゃないから、道場じゃないからと、寝ぼけていたら、無駄な時間がどんどん過ぎて行きます。
それだけ、進歩は遅れ、意識も高まりません。
そんな意識だから、注意された事、アドバイスされた事が実行出来ない。
余計に評価も下がり、力もつかず、進歩もしないし、動きも遅くなる。

 寝ぼけてんじゃねぇ!!
いい加減、目を覚まして24時間修行しろ!!

 って、時には(?)怒鳴りたくなる時もありますね。
って、いつもやってんじゃんか!!ってね(苦笑)

バナー

ク~、参りました。

2010 - 06/23 [Wed] - 03:09

 今日は空手の練習日。
暑かったですね。
道場の中はサウナ状態です。
騒音が出るので(笑)窓を閉める事が多く、そんな中での練習はこたえますね。
だからスタミナがつくと云えますが、今日は体調が最悪。
朝からずっと発熱中です。
昨日、リラックスして元気になったつもりですが、その日その日、一日一日ですね。
でも、気持ちは凄く楽になり、ヘバッてしまっても、お陰で回復力は戻った気がします。

 体調が悪いから練習しないと云う事はないですね。
逆です。
体調が悪いから頑張って練習して、吹き飛ばす。
ま、程度問題はあると思いますが。
いつも通り頑張れませんし、パワーもスピードも出ません。
でも、やるしかない、だからやる。
そう思って頑張りました。
く~、久々に思い切りヘバりました。

 でも、それがまた楽しい。
こう云う時の頑張りが、また次へ繋がると思います。
止まっていたくない、歩いていたい、進んでいたいですからね。
年齢と共に限界はどんどん下がっています。
どこまで抵抗出来るか、やるしかないですね。


バナー

ちょっとだけ豊かな時間を過して来ました

2010 - 06/22 [Tue] - 02:57

 ここの所、忙し過ぎるのか、顔つきが変わっていたのか、疲労感が目に余ったのか、妻から強引なお誘いで久々に食事に出かけて来ました。
芝浦のオフィスビルの最上階にある中国料理店。
愛車を駆って高速に乗り、芝公園から増上寺の前を通って大門を抜けて芝浦へ。
出かけたのが午後4時半なのに、全く渋滞がなく、アッと云う間に着いてしまいました。
遠くへ行くと思っていた母も、誘った妻も、そして私も、思わず「近い!!」と口にしてしまう程のスムーズさでした。

 そこは私がかなり前に一度行った事がある中国料理店で、銀座にある一流店の支店です。
でも、案外知られていないのです。
オフィスビルの中にあるからでしょうか。
月曜日のせいか、オフィス帰りのお偉いさん達もデートの客もおらず、空いたお店は静かで快適でした。
そして何よりも眺めが良いのです。
東京タワーとレインボーブリッジの両方が見える珍しい所です。

 久々の非日常と云うか、ゆったりした時間を過す事が出来ました。
ちょっと高級なお店で、時間を忘れてゆったりと食事する。
そんな時間が大切だなと、改めて感じました。
話しながら、食べながら、風景を見ながら、段々とリラックスして行くのが解ります。
が、今日は夏至なので中々暗くならなかったですね。
暗くなったのは、最後の珈琲を飲んでいる時でした(笑)

 帰りはもっと笑えました。
高速は勿論、いつも使う環状八号線もガラガラ。
前に車がいない!!
こんなに空いているのは久し振りです。
もしかしたら、誰かが追い払ってくれたのでしょうか(笑)

前菜

東京タワー

バナー

大人と子供

2010 - 06/21 [Mon] - 03:13

 大人って何でしょうか?
一般的には、成長して年齢を重ね、十分な判断力を有し、社会的な責任を負えるとみなされるようになった人。
ものごとの理非をよくわきまえ、わがままを言わない人。
とされている様ですね。

 う~ん、確かに社会的にそれなりに振る舞う事が出来て、事に当って判断力もあり行動力もある人と云う事になるのでしょうが、我が儘を言わないってどう云う事でしょうね。
自分の都合だけでものを言わないって事でしょうか。
社会で生きて行く為には、確かに必要な事だろうと思います。
人間は一人で生きている訳じゃなく、誰かとどこかで必ず関わりを持って生きていますからね。
物を買うにも、売ってくれる人と関わる訳で、何をするにもそこには人がいる訳ですから、一人で生きているってうそぶいている人もいますが、嘘つけ~ってね。
と、つい島津節が出てしまいますが(苦笑)

 大人になると、物事の理非が解るのは良いのですが、活力を失い、夢を失い、色々なものを諦めて行かなければ生きて行けないなんて事がありますね。
確かに、誰でもが芸能人になれる訳じゃないですし、自分の望んだ通りの仕事や生き方が出来る訳じゃありません。
だから、諦める。
人と違う生き方を止めて、人と同じ様に生きる。
夢を諦めるから、活力を失い、責任感や義務感、ただ生きる為に生きるから、顔が暗~くなってしまってどんどん老けて行く。
街を歩いていて、本当に暗い顔をした人が多いですね。
私と同じ年齢の人を見ると、その暗い顔と老けにゾッとしてしまいます。
と云って、私が若い訳じゃありません。
何しろ16~7歳の時に、30代後半に見られた程の老け顔ですから(苦笑)
ま、若い時に老けている人は、年を取ると若く見られると云いますが、私の場合は年齢不詳になって来た様な。

 大人になったからって、夢を諦める必要などないと思っています。
と云うよりも、諦めるから夢は夢のままで消えてしまう。
諦めなければ、それは目標であって、いつかは実現出来るかもしれない。
不可能を可能にするのは、そんな意識の持ち方から来るのではないでしょうか。

 子供の心、子供の頃の夢、一生失わないでいたいですね。
大人と子供が同居している人は、とても魅力的で、厚みがあると思います。
目指せ不良中年、って今がそうか(苦笑)
じゃ、目指せ不良老年!!(爆笑)

バナー

少しは自分の限界を自覚しないといけません

2010 - 06/20 [Sun] - 03:04

 頑張り過ぎて、気がついたらバタンと倒れるって事はないでしょうか。
私の周りにはそう云う人が沢山います。
かく言う私も同じかもしれません(苦笑)
仕事していて、空手の練習をしていて、また修行していて、気がついた時にはエネルギーが枯渇して動けないって事も過去に何十回どころか何百回もあった気が・・・。
ったく、学習しないですね(苦笑)

 でも、それ位に集中して一つの事に打ち込めるのは凄いなと思います。
頑張り屋さんで、肉体は悲鳴をあげているのに気づかない。
ストレスや疲れが溜って、突然ダウン。
それは責任感か集中力か、何れにしろ精神のエネルギーが強過ぎて肉体感覚との間にギャップがあるのですね。
疲れ切った顔をしているのに、本人は全く気づいておらず、「何ともない、平気」と。
そんな訳ないだろう、そんなに疲れた顔をしてるのに~って言っても、聞く耳を持たず。
で、気づいたら倒れ込む様に眠ったり、入院したり。

 健康維持も、適度に休養を取るのも、これまた周囲に対する責任かもしれないですね。
却って迷惑をかけたり、心配をかけたりしてしまいます。
でも、それ位やらなければ、一つの道は極められないし、この不景気の時代は生き残って行けないのも事実です。
難しいですね。

バナー

さぁ、空手をやりましょう(笑)

2010 - 06/19 [Sat] - 04:13

 誰でも、自分の心の中にもう一人の自分がいると云う事は知っている人が多いと思います。
強い自分、弱い自分、勤勉な自分、怠惰な自分、明るい自分、根暗な自分、等々。
中には、一人じゃなくって沢山の自分を持っている人もいますね。
別に多重人格と云う事ではなく、それが普通なのです。
でも、互いがちゃんと認識し合っていて、分離している訳じゃなくって、同じ自分の違う側面でしかないから、大きな問題になりません。
だから、問題解決の時に自分の心の中で自問自答して行く、自分を見詰めて行くと、自分の中の他の人格に気づいて行くものです。

 でも、それらの人格が全て自覚出来ているかと云うと、中々そう簡単なものではないですね。
普段は隠れていて、余程の事がない限り出て来ない自分もいたりします。
例えばトラウマ。
昔、ずっと以前に傷ついた自分が、隠れていたりする。
それが、何かの時にフッと出て来て、何かに対しての拒否感や恐怖感を喚起したりする事があります。

 そう云う複数の自分を自己統一して行けると良いですね。
意志が統一されて行くと、迷いも消えて行くと同時に、段々と統合されて行きます。
様々な修行は、続けて行く中で隠れていた自分が表面に出て来て、統合されて行きます。
自分の中に一人だけしかいない。
そうなると、迷いが消えて、怖れも消えて、強くなる事が出来ます。

 だから、空手等の武道をやりましょう。
って、論理の飛躍でしょうか(苦笑)
でも、本当に効果があるんですよ。

バナー

病気になると上に行く

2010 - 06/18 [Fri] - 02:57

 良く言うのですが、一流になる人や空手でも修行でも上達して行く人は、「病んで」います(笑)
仕事している最中や、修業中、練習中は集中していて当り前。
それが出来なければ、まず問題外です。
が、上に行く人はそれだけで済まないですね。

 仕事が終わってプライベートな時間なのに、仕事の事をどこかで考えている。
空手の練習が終わって、皆が帰り支度をしているのに、「さぁ、これからが本番」とばかりに自分なりに練習を始める。
どころか、道を歩いていても、仕事をしていても、何をしていても頭のどこかに空手がある。
修行も同じです。
いつも心にあって、何でも修行と捉えて思索を始める。
スイッチが入りっ放しなので、しょっちゅう何かの影響を受けたり、霊視したりしています。

 そう云う意味では、私は完全に病んでいます!!(爆笑)
仕事をしながら、プライベートでも、いつも空手の歩き方や動きを意識してしまったり、人との距離を測っていたり、拳を固い所に当てていたり。
足音がしないで急に後に立って、家族に気配を消さないで!!って叱られたり(苦笑)
プライベートで珈琲を飲んでいたり、映画を観ていたりとリラックスしている時に、フッと仕事のアイデアが湧いて来たりしています。
やっぱり、病気ですね(苦笑)

バナー

強いオーラを持つ方法

2010 - 06/17 [Thu] - 18:33

 オーラの泉って番組がありましたが、あれが終わって以来、E氏は余り見かけないなと思っていたら、深夜番組のバラエティに出ていました。
偶然見た番組ですが、何だかなぁって思いますね。
彼のカウンセリングの能力は高いと思うのですが、オーラの色がどうだろうと、そんな事はどうでも良いと思うのですが。
相変わらずと云うか、更に太った印象でしたね。

 オーラの色を知りたがる人って多いですね。
何の意味があるのでしょうか?
それで体調や精神状態が解るって、人に聞かなければ解らないんじゃ意味がないと思うのですが。
それだったら、医者に行ったりカウンセラーの所へ行ったら良い訳ですしね。

 とは云え、オーラが強い人はやはり存在感があり、またある種のカリスマ性を持っていたりしますね。
写真に撮るとその人だけが目立っていたりする事もあります。
やはりオーラの強い人って迫力があったり、目立ったりして、人の目を何となく惹きます。
だったら、オーラが強い方が色々な意味で得する場面も多いのかなと思いますね。

 と云う訳で、オーラの強い人と弱い人(オーラのない人はいませんから)の違いは何だろうって考えみると、明らかに違う点が一つありました。
それは、その人が夢を持っているかどうかです。
夢のない人、未来への希望を持たない人は、やっぱりオーラが弱いですね。
こうしたい、こうなりたい、いつの日か・・・と夢を語る人は、やはりオーラが強いですね。
夢や希望の持つワクワク感でしょうか。

 何でも良いから、日常に紛れて自分の夢を失ったり忘れたりしない様にしたいですね。
また、どんなに絵空事でも、夢は持ち続けましょう。
夢を持たない人は、子供の頃に追い求めていた夢を思い出しましょう。
夢や希望は、人に勢いと笑顔を与えてくれます。
それだけでも、きっと周囲への影響は大きいのではないかと思います。

 昨日は恒例で遅い日でした。
終わったのが朝の5時(苦笑)
更新が遅れて申し訳ありません。

バナー

割り切るしかないのが面白くないですが

2010 - 06/16 [Wed] - 03:20

 今日のトピックは・・・で始めたくなる位に、今日は立て続けに同じ様な相談が入って来ました。
少し前から始まっていた様に思いますが、そのテーマは「上司が理不尽で、今言った事と昨日言った事が違う。支離滅裂。」と云う話です。
下にいる者は溜ったものではないですね。
まさか反論して盾突く訳にも行かないですしね。
筋が通っていて、こちらが正しいとしても、そこで反論してしまうと損をするのは部下の方と云うのが日本の社会です。
理不尽ですが、社会通念であって、それを一人で幾ら頑張っても潰されるのが落ちですからね。
また、一度反論すると、「彼奴は上司の悪口を言う」とずっと言われて、人事評価にまで影響が出てしまいます。

 と云って、ただ我慢しろと云う訳にはいかないですね。
ストレスで自分が潰れてしまいます。
それだったら上司に盾突いた方が良いか、なんて思ってしまいますね。

 上司と部下、先輩と後輩と云うのは、仕事上に限らず色々と面倒な事や理不尽な事が沢山あります。
意味もなく八つ当たりされたりする事もあれば、まるで苛められている様に感じる事もあります。
でも、それを上手くかわしてすり抜けて行くのが、社会人としての知恵であり、出世するタイプです。
別にゴマスリが上手い訳ではなく、受け流す、聞き流す、すぐに気持ちを切り替えると云う事が出来ると云う事です。
何となく飄々としていて、特に要領が良いと云う訳じゃないのに、上手くすり抜けて行く。
そんな人っていますね。

 ある意味、真面目過ぎるのも問題なのかもしれません。
全て真正面から受け止めて、感情を逆撫でされてしまう。
もう少しクールに、適度に手も抜いて、気も抜く事が出来たら楽だろうに、と思う事が良くあります。

 やはり、心理的な距離感、物理的な距離感、そして相手に威圧感を与えない、同時にバカにされないだけの威厳、そう云うものをしっかり持つ事なのだろうなと思います。
私は駄目ですけどね(笑)
やる時はやってしまいますし、その後の事はどうなろうと覚悟してしまうタイプなので、相手よりも派手に爆発してしまいます(苦笑)

バナー

一つの歴史が銀座から消えます

2010 - 06/15 [Tue] - 03:48

 『ヤナセ銀座スクエア』が7月15日を以て閉店されると云う事です。
昭和昭和41年(1966年)より、弊社2代目社長梁瀬次郎(故人)が、こよなく愛する銀座にショウルームを設け、「日本の皆様方に輸入車とその文化をご紹介して参りたい」の一念から営業を開始したそうです。
私も銀座に出かけた折には、良く訪れました。
銀座百店会と云う「サービス・信用とも百点の街を目標に、銀座の発展に寄与し、<世界の銀座>の実現に努力する」会にも属していて、創業95年の輸入自動車のパイオニアですね。

 父母がヤナセから自動車を最初に買ったのが40年位前でしょうか・・・。
確かボクスホールと云うイギリスの車だったと思います。
その後、Mercedes-Benz になって、最初が230E、次が250E、その後が280Eだったかと思います。
私もピアッツァやアウディ・クーペ等でお世話になりました。
そして今、Mercedes-Benz 190E に乗っています。
毎年、車検や12ヶ月点検、修理等でお世話になっていますが、段々と私の事を知ってくれるサービスマンも増え、サービス工場には通っている空手道場の少年部のお子さんのお父様がおられます。
世間は広い様で狭い、道場で審査会の時にお会いした時に、「工場に入っているのを見ました。」と言われた時はビックリしましたね。

 過去にも、梁瀬次郎社長の秘書をしていた女性や、営業、法務部等で頑張っているヤナセ社員が何人も相談に来た事もあります。
藤田小女姫女史が梁瀬次郎社長の相談に乗っていたと云うのは、秘められた裏話ですが。
この方も最後は、事件に巻き込まれて亡くなられてしまいましたね。

 長い歴史、それは積み重ねの中で培われた信用に裏付けされてこそ可能です。
あそこなら、あの人なら、絶対に大丈夫。
そう人から言って貰える様な、そんな生き方、仕事をしたいですね。

バナー

笑う門には福来る

2010 - 06/14 [Mon] - 04:49

 ニュージーランドにワーホリ中の彼女の近況がmixiで伝わって来ました。
新しいステイ先でとても温かく受け入れられているいる様で、また彼女らしく頑張っている様子が伝わって来ます。
彼女の魅力は何と云っても笑顔。
努力も根性も人一倍ですが、同じく怖がりも取越苦労も人一倍(笑)
でも、そんな彼女はどんな場面でも笑顔を作る事が出来ます。
すぐに泣いて涙を流すのですが、その笑顔で皆が許してしまいます。

 もう一人、悩み癖があり、すぐに固まってしまう女性がいます。
が、この女性も笑顔は絶品です。
笑顔良しと良く云いますが、この彼女の笑顔は正にそれ。
彼女の笑顔は周囲の人を癒し、パッと雰囲気が明るくなります。
天性のヒーラーです。
いつも笑顔を忘れなければ良いのですが、しょっちゅう固まって、悩んで、落ち込んで視野や思考が止まって狭くなってしまうのが玉にキズ。
いつも大らかでいれば良いのですが。

 笑う門には福来る。
本当に、笑顔はいつも良いものを呼んでくれますね。

バナー

土曜の喧騒の中、出かけて来ました

2010 - 06/13 [Sun] - 02:57

 今日は久々に出かけて来ました。
行先は町田の東急ハンズ、ドン・キホーテ、そしてヨドバシカメラ。
いつものコースです。
気晴らしと云うと良く郊外とか緑のある所、美術館とか博物館、動物園や水族館等を思い浮かべますが、一番良く行くのが東急ハンズです。
新しい物、珍しい物、不思議な物、面白い物、そんな物を見てブラブラしていると、普段溜っているものが段々と消えて行きます。
また、並んでいる商品から色々なアイデアを貰ったりする事も良くあります。
昔から、ハンズとキディーランドとビックカメラやヨドバシカメラに行くと、時間を忘れて楽しむと家族から言われていますが、反論出来ないですね(苦笑)

 土曜日と云う事もあってか、物凄い人がいました。
どこが不景気やねん、って感じです。
また、どこからこんなに人が湧いて来るのかって思います(蟻じゃないんだから)

 ついでに、この前から使っているウォーターボールの元になった商品、アンティバックのマジックボールを探してみました。
同じコンセプトの物はありましたが、そのものは殆ど置いてありませんでした。
帰って来てHPを見ると、正規代理店以外で買ったものはアフターサービスが出来ないと云う事で、差別化して商品の価格破壊を防ごうと云う事でしょうか。
楽天でもYahoo!shoppingでも定価販売が殆どですね。
もう少し調査する余地がありそうです。
どんな物でも良い評判と悪い評判があります。
それを確かめてからでないと、購入するかどうか決定しないのが私。
気になると徹底して調査して、納得してから決める(といつも妻に笑われています)
衝動買いも悪くないし、時にはそう云う事もありますが、殆どの場合は妻の云う通りですね(笑)

 久し振りにオフ感覚になれた一日、少し気分が変りました。
明日から、また頑張ります。

 ところで、ちょっと身内の宣伝になりますが、妻のブログ「だんな様はメンター」がアメブロにも登場しました。
また、義父の川柳のブログ「kiyoakiのブログ」も同じくアメブロで、義父の作った川柳を載せています。
日本語の川柳を英語化して載せたりもしています。
宜しければご覧下さい。

バナー

今日の次に明日が続きます

2010 - 06/12 [Sat] - 03:37

 良く、目的を持ちなさいと言われる事がありますね。
目的を持って、そこに向って努力しなさい、目的を明確にしなさい、目的意識を持ちなさい。
う~ん、確かに正しいと云えると云えば云えるのですけれど・・・。

 野心がある人、またこれから目差すものが決まっている人は、目的意識はしっかり持った方が良いですね。
あれがしたい、これがやりたい、こうなりたい、そう云うものがある人は、しっかり道を決めて目的意識をしっかり持って努力する事が大切です。
でも、何がしたいか解らない、やりたい事が見つからない、野心がないと云う人もいる訳で。
そう云う人に、何か見つけなさいって言っても、そりゃ無理だろう~って。
まず、どうやって見つけて良いのかが解らないと云う人が殆どですし、何を見てもやりたいと思えないと云う根本的な価値観や視野や意識の方が問題な訳で。
ただ闇雲に目的意識を持て、目的を決めろと言われても、やっぱり無理でしょう。

 そんな人の私がアドバイスするのは、「取り敢ず、今日を輝け」です。
目的なんかなくても、人は生きているだけで美しいし、命を輝かせていて欲しいと思います。
だから、何をやっても面白くない、何もしたくない、その気持ちはそれはそれとして、今日を一日輝いて、精一杯生きる事だけを考えて欲しいと。
そうしている内に、きっと何かが変化して来て、やりたい事やなりたいものが見えて来て、目的意識が出来て来ると思います。

 怒っても泣いても笑っても悲しんでも苦しんでも楽しくても、目の前に起きている事から目を逸らさず、正面か向き合って、精一杯今日を生きる。
今日の次に明日は繋がっています。
今日を思い切り生きたら、きっと明日は少し変るかもしれません。

バナー

素晴らしい空手道場が、また一つ増えました

2010 - 06/11 [Fri] - 03:07

 またまた空手の話題で申し訳ないですが、いつもお世話になっている新極真会の事務局長である小井泰三(やすかず)師範が、品川港南口に道場を開設されました。
本日6月10日がグランド・オープンだったそうで、私は忙しさに忙殺されてお祝いに駆けつける事が出来ず、またメッセージを送るのも遅れてしまいました。

 空手家らしからぬ、素晴らしいビジネスセンスをお持ちであり、また人柄もとてもバランスの取れた師範です。
小井師範が事務局長になられてからの新極真会の大会運営を拝見していると、驚く程スムーズで、時間通りに進み、遅滞なく行き届いた気遣いがみられます。
こう云う人が、組織の土台を作って行くのだろうなと感じさせる、有能な方です。

 久々にお会いした好青年であり、これからが楽しみな師範です。
きっと、品川小井道場も大きく発展する事でしょう。
8月のドリームカップでは、またお会いする事が出来ると思いますが、お会いするのが楽しみな方ですね。
こう云う方と面識を持つ事が出来た事は、空手のおかげです。
感謝、感謝ですね。

新極真カラテ 品川小井道場
http://www.karate-people.com/
品川小井道場公式ブログ
http://karatepeople.blog24.fc2.com/

バナー

どうも、休んでいられなくて

2010 - 06/09 [Wed] - 19:08

 今日は一日中、雨が降ったり止んだりですね。
こう云う日は、本当はのんびりするか、ドライブに行きたいです。
もっと酷い雨が降る時、土砂降りの雨の中をドライブするのが好きなんです。
危ないし、前も見えないので、スピードは出せませんが、ゆっくりと雨の音に囲まれながら走ると、何だか段々と普段の疲れが消えて行くのが解ります。

 長い間仕事をして来たおかげで、何もしなくてもある程度は回って行く様になりました。
ある意味で、待っている仕事です。
でも、私はただ待っているのは駄目ですね。
自分から、何か仕事を作って、見つけて、何かをしています。
貧乏性と云うのででしょうか、何もしないとどうも苛ついていけません。

 やったからと云って、すぐに結果が出ないのが仕事。
でも、やらなければ何も変らない。
そして、放って置くと尻すぼみになるのも仕事です。
いつも全力、いつも疾走していないと、自分が老いてしまったか、手を抜いている様な気になってしまいます。

 納得しないとテコでも動かないですが、決めたら突っ走るタイプですから、これが一生続くのでしょうね。
身体を壊さない様に気をつけます。

 今日も恒例で遅くなる(朝早くなる)日なので、この時間に頑張って書きました。

バナー

面倒臭い事は考えるのを止めて

2010 - 06/09 [Wed] - 03:32

 どうも、人と云うのは疲れたり、悩んだり、懸念があると、心が固まってしまって、閉ざしてしまい、心の中で堂々巡りが始まって、泥沼にはまってしまう様ですね。
そう云う時に、ブレないで、大らかにゆったりした心でいる為には、本物の強さと信念、志が必要なのでしょうね。
生きていると気になる事も、心配事も、また腹の立つ事も悲しい事も沢山あります。
でも、いつでも同じ平らな心で、素直な心で、開放された心でいたいものですね。
心が閉ざすと、固まると、それは不思議と周囲へも伝わり、人との間に壁を作ってしまいます。
そんな時は、つい人を批判したくなり、シニカルになって、人を褒めると云う事が出来なくなります。
人の良い所を見てあげる事が出来なくなり、苛々してばかりいると、幾ら作り笑顔をしても、人から遠ざけられて行きます。
気がついたら裸の王様、誰もいなくなった。

 人はあるが侭、人それぞれ全てそれはあるべき姿、大きな目で、冷静な目で見ると、受け入れる事が出来ます。
小さな事にこだわりを持っていると、疲れるのは自分です。
大らかに、平らかに、素直に、心を開放して、人生を、毎日を楽しみましょう。

バナー

面倒な事は全て越えて、人として

2010 - 06/08 [Tue] - 03:42

 何であれ、利害を越えて、複雑な話を越えて、同じ志を持つ人との出会いは嬉しく、また有難いですね。
人はどうしても群れてしまい、そこに政治が生まれ、思想が生まれて、固まってしまいます。
その先には、自分達とは違うものを排除しようとする形が出て来ます。
でも、真実を見詰めて行くと、そんなものを全て越えて、人としての信頼関係や高い志で縁が結ばれて行く事があります。
とても得難いものであり、光栄ですね。

 今日、訪れてくれた3年ぶりにお会いする男性、とても嬉しいお話でした。
違う流派、違う派閥の空手の世界に属する人ですが、新たに道場を開設するとの事。
その相談に来てくれました。
私の立場も良く知っていてくれて、その上で来てくれたのです。
私も空手で人生を教えられ、育てられて来ました。
協力出来る事、役に立てる事があれば、何でも言ってくれと話しましたが、損得抜きで役立たせて貰いたいと思います。

 真直ぐな目と、伝わって来る綺麗な心、純粋な夢、それを感じる事が出来ました。
ここは、流派や派閥を超えて、お手伝いさせて貰おうと思います。

 この御縁に感謝です。

バナー

表情豊かな人は魅力的ですね

2010 - 06/07 [Mon] - 03:06

 笑顔が素敵と云いますが、心が元気な人は表情がとっても豊かですね。
無表情でいつもクールなのがハードボイルドみたいで格好良いなんて時代もありましが、やっぱり表情豊かで人間味に溢れていると、魅力的ですね。
喜怒哀楽が激しいのとは違って、話ながら表情でも会話出来る人って凄いなと思います。

 手でも顔でも、言葉だけではなく人は、body language で会話する事が出来ます。
本来、人間も動物ですから、それが出来て当然ですし、その為に顔にも筋肉がついているのですからね。
表情筋の豊かな人は、顔にハリがあって若々しいですね。

 表情を豊かにするには、身体の調子を調え、心も豊かに、元気にしておかなければいけません。
心身が疲れると、萎縮すると、閉ざしてしまうと、顔から表情が消えて行きます。
そうすると顔の血行も悪くなって顔色まで悪くなります。

 逆に、無理にでも表情を豊かに作ると、不思議と心が開放されて行くものです。
笑顔は福を呼び、人を呼びます。
楽しくない時ほど、頑張って豊かな表情を作りましょう。

バナー

頑張っている人達への思い

2010 - 06/06 [Sun] - 02:09

 先日、私の所へ通って来てくれる僧侶見習いの若者が、御住職と一緒にお通夜デビューしたそうです。
初めて公式の場でのお経、とても緊張した様ですが、ミスをしながらも無事に務め上げ、何よりも御遺族からお経を喜んで戴けた様で、ホッと一安心と共に嬉しいですね。

 ある縁から出会い、ちょっと背中を押してあげて結婚し、その結婚が彼の人生を決めて行きました。
そして、今は住職の跡を継ぐべく修業中。
その真直ぐな目と姿勢、それは同じく修行している空手でも同じです。
いつも手を抜かず、力を抜かず、真っ正面から向き合って行く姿は、見ている私が学ぶ事が沢山あります。

 結婚式、今回のデビュー、見ているとつい目頭が熱くなる思いがします。
若者よ、頑張れ。そして御目出度う、と。

 私の仲良くして貰っている空手の師範に、役者をやりながら道場を率いている人がいます。
とっても綺麗な空手で、役者ですから格好良いのは当然なのですが、見ていて惚れ惚れします。
私の相談者も何名かそちらにお世話になっているのですが、その彼が自分の道場の少年部の子供達が試合に出る時、その頑張りを見て、子供達と一緒に泣いてしまうと云う話をした事があります。
良い奴だなぁ~と思いましたが、その気持ちは私も良く分かります。

 道場での若い人達や少年部の試合の出場、いつも応援に会場へ駆けつける事は出来ないのですが、勝っても負けても、頑張れと心で祈っています。
一緒に闘っている様な気持ちが出て来て、目頭が熱くなります。
何度か行われた昇段審査、毎年数度行われる昇級審査、その度に応援したくなるのをぐっと抑えて審査しています。

 そして、相談者達から来る報告、それが良い報告だと本当に心が熱くなります。
多くの相談者さんが、相談に来た事の顛末や結果を報告してくれます。
あぁ、頑張っているな、良かったな、と心から思い、もっと良くなれ、頑張れと祈りたくなります。

 いつも怖い顔をして(人相が悪いから?)いますが、心の熱さは抑えられないですね(苦笑)

バナー

狐狸の類は唾棄したいですね

2010 - 06/05 [Sat] - 03:27

 人間には、顕在意識と潜在意識があると云います。
客観的に説明出来るものではないですが、普段意識しているのとは違う、無意識領域と云うものが存在するのは確かです。
そこに、自分でも忘れている記憶、トラウマ、そして無意識に自分を突き動かすものが潜んでいます。
それを魂と呼ぶのか、性根と呼ぶのか、呼び方は色々とあるでしょうが、人間の生き方の根本になっている気がします。

 空手等の修行は、その無意識領域まで踏み込んで、眠っている力を引き出して行きます。
ですから、強くなればなる程、その人の人格そのものがスパーリングや組手に出て来ます。
綺麗な人、したたかな人、汚い人、狡い人、真直ぐな人、優しい人、冷酷な人、等々。
十人十色ですね。

 修行と云うものは、全てその領域に踏み込んで行くのでしょうね。
そこで得た変性意識、特別な体験が、無意識領域への扉を開くのかもしれません。
正しい、真直ぐな心で行う修行は、その無意識領域に眠るものさえ浄化して行くのでしょうね。
が、そこに人間の俗な欲や、曲がった意識があると、浄化されずにそのまま特化して行く様に思います。
そうすると、狐狸蛇天狗と云う、邪の世界へと踏み入れてしまいます。
そう、スター・ウォーズのダース・ベーダーの様に、暗黒世界へ取り込まれてしまいます。

 高い目標と、純粋な気持ちが、正しい人の道へと導いてくれると思います。
どうせやるなら、本物の修行をしたいですね。

バナー

たまには、全てを忘れてパァ〜ッと

2010 - 06/04 [Fri] - 02:17

 いつも頑張れ、根性だ、継続は力だって書いていますが、人はそれだけでは生きられません。
ですから、時には思い切って無責任になってみるのも良いものです。
パァ〜ッと仕事や日常を忘れて、遊ぶ、飲む、汗をかく、本を読んだり映画を観たり、ショッピングをしたり、デートやドライブ、温泉も良いですね、またひたすら寝る(笑)なんてのも。

 周囲の人に相談出来ないで、私の所や私と同様の仕事をしている占師や霊能者やヒーラーやセラピスト等の所へ相談する人は、かなり精神的にも参っている人が沢山います。
現実的に問題を解決したいからアドバイスが欲しいと云う人も勿論沢山いますが、同じ位、癒されたいと云う人が相談して来ます。

 子育てや家庭、介護、毎日山積している問題、仕事、人間関係、恋愛、病気、最初は誰でも頑張ります。
気合いが入っていますからね。
でも、それがずっと続くと、どんな強い人でも疲れて来ます。
時には投げ出したくなったり、どうでも良いと思ってしまったり、逃げたくなったり、休みたくなるものです。
それでも頑張るしかない、逃げられない、そんな時に追い込まれた気分になってしまいます。
それが嵩じて、逃げ場がなくって、最悪の決断をしてしまう人もいたり、鬱病になったりする人もいます。

 頑張る為には、時には本当に無責任になって、思い切り羽を伸ばしましょう。
ずっと頑張っているのですから、闘っているのですから、ちょっと位、羽目を外して、無責任になって、全てを忘れて楽しむ時間を持っても、誰も責められないし、そうしなければ明日からまた頑張る事が出来ません。

 張り詰めた弓は切れてしまいます。
少し弛みを持って、余裕を持つ、そんな気持ちの切り換え、時間の切り換えを上手くやりましょう。
良いんです、時には思い切り休んでも。

バナー

プライドって難しいですね

2010 - 06/02 [Wed] - 17:40

 今日は伝授の日なので、また遅くなる予定です(笑)
なので、こんな時間に書いています。

 人を指導していると云うプライド、人の上に立つと云うプライド、その持ち方によっては指導が上手く行かない事もあります。
弟子達から軽く見られない様にすると云うプライドは大切ですが、そこで肩に力が入ってしまうと良くないですね。
時には敢て自分の身を曝して見せると云う事も、指導の上では大切な事です。
例えば空手の技を教える時、敢てやられて見せる事で相手に伝える。
これは他でも同じですが、やり方を教えると同時に、やられ方も見せる事で、実感として伝えて行く。
また、全体の形として見せて行き、イメージを与える。
そこで頑張ってしまって優位性を固持すると、肝心な伝えたい事が伝わりません。

 伝えたいと云う意識が優先する事で、却って相手にはその強い思いが伝わり、真剣さが伝わって行きます。
人を指導すると云うのは、理屈じゃなくて、全身全霊です。
自分の見栄えやプライドに構ってなどいられないものです。
本当の指導者のあるべき姿って、格好つけではなく、真剣である事ですね。

 私も弟子を指導しています。
時には叱り、時には本気で怒り、また甘やかし、支えます。
弟子達の今ではなく、5年後、10年後を見て、全身全霊で伝えて行っているつもりです。
冗談も言えば、時にはわざとコケてみるのも、一つの方法論ですね。
使えるものは何でも使って、伝える。
それが指導者としての、有り様ではないかと思います。

バナー

幾つになっても消えない憧れ

2010 - 06/02 [Wed] - 02:21

 今日は、愛車が昨日帰って来ましたし、昼間に洗ってコーティングしたので、道場へ行って来ました。
いつものメンバーが揃い、いつもながらの、楽しくも厳しく激しい練習でした。
私も50代半ばになったのだなと、今日来られた50代の方と私の弟子とが話している中で、思いました。
年相応の動きしか出来ていない、と思ったりもしますが、まだまだ鍛えて行きたいですし、年相応で満足する性格じゃないですから、もう少し頑張らねばいけないですね。
生涯現役と思っていますが、ブランクがあった中で衰えた身体は、やはり20代の時には戻ってくれません。
空手一筋と練習出来れば、数年かければ可能性はあるかもしれませんが、仕事をしながらではやはり非現実的ですね。
出来る範囲で精一杯やって行きます。
年齢に甘えるつもりはないですし、新たなスタートと思って、毎回練習しています。

 そうやっていると、動かなかった身体が動き出し、伸びなかった足が伸び始め、突きも蹴りも段々と伸びてスピードも上がって来ているのを感じます。
見えなかった蹴りも見えて来たのは、大進歩ですね。

 ま、年相応ではなく、精一杯のチャレンジが嬉しい、空手の練習です。
スーパー・サイヤ人なら年を取らないで、いつまでも強くていられるのですが。
と、良い年をして孫悟空に憧れています(笑)

バナー

今日は自動車のお話です

2010 - 06/01 [Tue] - 03:28

 車検に出していた愛車 Mercedes-Benz 190E が帰って来ました。
点検整備もして貰い、一ヶ所だけサーモスタットが劣化していたのを交換。
後は、室内のブロアー吹き出し口の交換とオイル交換、エアコンのガスチャージだけでした。
17年目の車としては優秀ですね。
まだまだ現役です。
帰って来た愛車は、やはりどこか締まった感じがします。
運転していて、カチッとしたベンツ独特の感じが戻っています。
こう云う所が凄いですね。
ドイツ車、特にベンツはパーツ交換して定期点検をちゃんとしてやると、完全にリフレッシュされます。
長く使い続ける為の知恵でしょうか。
確かに、古くなると段々とあちこちに故障が出て、その度に修理費がかかりますが、次から次へと新しい車に乗り換えるより、ずっと乗り続けて行く事で湧いて来る愛情には代えられませんね。
それに、最近のテクノロジー満載の車には色気がないと云うか、デジタルで昔の車のアナログの色気がないですね。

 足の裏やお尻や手に伝わる振動、聞こえて来るエンジン音やタイヤの音、そう云うものがドライバーと自動車のコミュニケーションになっているのですが、新時代の車にはそれがなくなっている様に思います。
安全になって、性能も上がって、快適になっていると思いますが、血の通った付き合いが出来ないのは寂しいですね。

 ところで、ヤナセで担当してくれた二人のサービスマン、気を遣って貰って有難かったです。
が、若い方の彼はまだ20代。
曾てあった10年以上の自動車の一年車検を知らなかったのには、ジェネレーション・ギャップを感じてしまいました。
ま、息子みたいな年齢ですから仕方ないのですが(苦笑)
調べてみたら、平成7年の7月1日から2年車検が施行されているのですね。
15年前ですから、彼はまだ小学生か中学生。
こりゃ仕方ないか(苦笑)

【自動車検査証の有効期間】
 平成7年7月から、車齢が10年又は11年を超えた自家用乗用自動車の検査有効期間が1年から2年に延長されました。これにより、自家用乗用車の車検の有効期限は、新車登録から初回の検査が3年間で、以降は車齢にかかわらず、2年目ごとに検査を受けることになりました。

バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR