感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2010年05月  

いつも同じ姿勢でいられるって・・・

2010 - 05/31 [Mon] - 03:30

 昨日、若い人達が栃木に出かけて瀧を浴びて来ました。
雨の降った後でもあり、凄い水量だった様で、詳しい事はまだ聞いていませんが、最初は水の勢いに飛ばされてしまった人もいた様です。
瀧は水量が多い方が気持ちの良いものですが、初心者には恐怖だったかもしれないですね。
でも、それ位でないと、特にベテランはスイッチが入らないので、良かったのではないでしょうか。

 瀧が終わった後、恒例で近くの蕎麦屋に立ち寄り御蕎麦を食べるのですが、それが名物となっていて物凄い大きさと量で、最初は驚いてしまいます。
その時に私の方へそこから御蕎麦をクール宅急便で送ってくれた人がいる様です。
宅急便からメールが来ていました。
明日の朝に届くそうで、その方の気遣いはいつも有難く、また驚かされます。

 そう云う気遣いをいつもして下さる方が数名、おられます。
至誠一貫と云いますが、こう云う人達はいつも気遣いでもマナーでも人生や仕事に対する姿勢でも、安定感があって、変らないのです。
超エリート・コースを着実に歩く人、カリスマと呼ばれる人、等々と流石と思いますが、そう云う姿勢が道を切り開いて来るのでしょうね。
いつも同じで、いつも頑張っていて、いつも笑顔で、いつも腰が低くて、安定感があります。
こう云う人は信頼されますね。

 凄い力を持っていたり、能力が高かったりしても、不安定でその時々で良い時と悪い時が極端と云うか、変化してしまって安定感がないと、やはり周囲の人は不安になります。
いつも同じでいられるって、それだけで凄い事だなと思います。
そう云う人は、今はレベルが低くても、確実に前へ進んでいますから、いつの日か高い能力を持ちます。
努力の賜物と云うのかもしれないですが、歩みは遅くても(実際には早いのですが)、気がついた時には高みに昇りつめていますね。

 日々の姿勢、いつも同じ様に、安定感を持っていられたら良いなと、こう云う人を見ながら私も学んでいます。
有難いですね、こう云う人に囲まれているのは。

 話は変りますが、「霊能力者と仲間達」と云うブログで今は「仏像の見方」と云う記事を毎週書いています。
観光やお参りでお寺に行った時に、祀られている仏像の事を知っておくと、余計に楽しめますし、そう云う長年受け継がれて来たものに対する知識を持っておく事は、自分の幅を広げてくれます。
宜しければ、どうぞご覧下さい。

バナー

スポンサーサイト

感情論から離れて、未来を見て行く

2010 - 05/30 [Sun] - 03:23

 何か問題があると、どうしても目先や過去にこだわってしまって、そこで止まってしまう事がありますね。
失った過去や過ぎ去った事、悩んでも変らない事をいつまでも考えていても仕方ないのですが、そこで止まってしまう気持ちも良く解るし、一歩踏み出すには勇気が必要だったり、背中を誰かに押して貰ったり、蹴飛ばして貰ったりしないと駄目な場合って多いですね。

 悩みは堂々巡りと云います。
悩み抜いて堂々巡りして、その挙句に答が出て来る事ってありますが、出来ればあまり悩まないでスッキリと先へ進みたいものです。
若い内は悩むのも修行の内、経験だと思います。
悩んで、足掻いて、苦しんで、その後にフッと力が抜けて先へ進む。
進んでから、こう云う事だったのかって気づく。
それも、精神を鍛えて行くには、頭脳を鍛えて行くには必要な過程だと思います。

 でも、そればっかりだと時間の浪費が勿体ないですね。
悩むより、考えよ!!と良く言いますが、どうすれば解決するのか、最善なのかを考える方が建設的ですし、ポジティブになる事が出来ます。

 今だけを見るのではなく、5年後10年後を意識してみると、答がすぐに見つかったりする事もあります。
囚われている感情論から少し離れて、何が必要で何が一番良いのか、冷静に見てみる事って大切ですね。

 一つだけの目線ではなく、過去・現在・未来、また見る・視る・観ると云う沢山の目線を持つ事が出来ると、クールにものが見えて来るものです。

バナー

大切な人に言葉を伝える

2010 - 05/29 [Sat] - 03:54

 少しでも縁が出来たら、その人の役に立てたら良いなと思い、幸せを願い、どこかでいつも気にかけている。
そんな気持ちをいつも持っていられたら良いですね。
だから、気になる事は口にする、伝える。
こうして書いているブログも、読んで下さる誰か、知っている人、未だ会った事もないけど私に興味を持って下さる方、そんな人へ向けてのメッセージだと思います。
勝手な事ばかり書いていますが、それでもこのブログを読んで元気になったとか、朝読んで気合いを入れて出かけますとか、そんな嬉しいメッセージを戴くと、サボれませんね。

 人に対して言葉を伝える、思いを伝えるって、難しいです。
相手を思えば思うほど、どう言ってあげれば良いのか解らなくなりますし、もし相手が気分を害したらと思うと、余計に言葉が出て来なくなります。
良いじゃないですか、相手が怒っても。
それで駄目になる関係だったら、それだけの縁だったと云う事です、と私は思っています。
相手を思って口にする言葉なら、素直に伝えれば良い。
その後の事は、その後に何かが起きてから考えましょう。
本音で人と言葉を交し、心を通わせる事が出来たら、どんな事でも共有出来ると思います。
怒られる事、嫌われる事を恐れて、良い子ぶっていたら、何も始まりません。

 ところで、小顔と骨盤矯正でカリスマの「小顔と骨盤の専門院 イーファイン」の院長が、ブログを新しくアメブロに引っ越しました。
カリスマ院長の楽しいお話、面白いですよ。
小顔と骨盤整体専門院のイーファイン通信

バナー

精神障害と霊能者

2010 - 05/28 [Fri] - 02:29

 霊が見えるとか、予知が出来るとか、声が聞こえるとか、色々とどう聞いてもスピリチュアルな現象が起きている御相談、実は結構多いのです。
また、ある場所に行くと気分が悪くなる、人と会うと相手の気持ちが伝わって来てしまう、と云う相談も結構あります。
どちらも、話を聞いていると霊感がある、スピリチュアルな問題と思えます。
でも、プロの我々、本当に修行をした霊能力者やスピリチュアリストが見ると一目瞭然ですが、完全に精神的なもので起きている場合も多いですね。

 昔、大学の実習で精神科をやっていた時、患者さんの中には財布の中味や医師が朝食べたものを当てたりする人も沢山いました。
何で解るのかと思いますが、極度の集中状態が続いていて、相手と精神的なシンクロが起きるのだろうと思います。
勿論、明らかに正常で、精神科に入院していながら、実は真正の霊能者だったと云うケースもあり、また憑依と云う人も見ました。

 多重人格者の場合は、特に霊視や声を聞こえると云う事が多いですね。
予知や透視は、ある種のシンクロニシティから起きているのだろうと考えられます。
憑依している場合や、明らかに霊感があると云う場合と違うのは、霊的な波動と云うか、伝わって来るものが違います。
どちらも雑音が混じった様な感じですが、その雑音の種類が多重人格者の場合の乱れ、これは他の精神障害の場合も同じですが、霊的なものと明らかに違います。
言葉で説明出来ないのですが、ヒステリックな感じですね。
霊的な場合の雑音は、もう少し落ち着いていると云うか、控え目と云う言葉が相応しい感じです。

 現象だけで見ると、どちらも同じに見えます。
でも、正しい原因の追求と、正しい対処がないと、改善しません。
多重人格者や精神障害者が霊能力者の所へ行っても、絶対に治りません。
逆に、憑依や霊感のある人が精神科や心療内科へ行っても、これまた絶対に治りません。

 それを素人の一般の人に判断せよと云うのが無理ですが、これもその人の運の内かもしれないですね。

バナー

入院させてきました

2010 - 05/26 [Wed] - 18:16

 今日、愛車Mercedes-Benz 190Eを車検に出して来ました。
少し時間がかかりますが、入院してしっかり検査して貰って、点検整備して貰いましょう。
何だか知らない内に段々とサービスセンターで名前が売れてしまった様で、サービス窓口に出向していた担当の人が帰って来て、若い担当者もついてくれて、工場の方にも道場関係で私の愛車が入庫すると注目してくれている人がいて。
もうヤナセ世田谷サービスセンターとは7年のお付き合いですが、有難い事です。

 雨が降ると云う事で、午前中に行って帰って来ましたが、無事に雨に濡れる事もなく帰って来ました。
が、途中でどうみても性格の歪んでいそうな、目付きの悪い腰の曲がったお婆ちゃんが、急に声をかけて来ました。
サービスセンターからは歩いて帰って来るのですが、私達の横を通り過ぎたかと思ったら、クルッと振り返り、「最近、この辺りで消防車が来て、救急車も来て、何だか聞き込みをしていたんだ」って。
どうやら、異臭がしたと云う事らしいですが、全く知らない方でもあり、人に話しかける様な雰囲気のある人ではないのですが、どうしたんでしょうね。
そして、その話をしたらすぐにスタスタと歩いて行ってしまいました。
う~ん、解らん、何がどうしたのでしょう?

 良い事、悪い事、色々とありますが、世の中には予想もつかない事があって面白いです。
今日は水曜日で、また夜に弟子達が集まって遅く(朝早く?)なるので、先に書きました。

バナー

愛すべきものに囲まれて

2010 - 05/26 [Wed] - 02:22

 私の愛すべきものは沢山あります。
一つは今の私の生き方の基本になっている空手。
今日も練習でしたが、身体は疲れますが、気持ちはスッキリ。
道場に入って道着に着替え始めただけで汗をかき始めます。
基本で、もう既に汗が滴り落ちて、その後の練習が続く中で汗が目に入って、痛い!!
最後のスパーリングで調子が戻り、楽しい時間を過します。

 もう一つは、愛車Mercedes-Benz 190E。
93年式ですから、もう17歳ですね。
毎年、どこか修理しながらですが、いつも気持ち良く走り、気持ち良く道場へ、あちこちへ私を運んでくれます。
明日、車検で入院します。
この車種の特徴ですが、割と水温が上がり易くなります。
車検から帰って来たら、また磨いてやらなければ。

 他にもカメラや、こうしてブログを書いているMacintosh等々と、色々なものに囲まれているのは幸せですね。
でも、何よりも幸せなのは、私を頼ってくれる人がいて、笑顔で帰って戴ける時。
この時は、本当に嬉しいですね。

 幸せを幸せだなと感じる事が出来る様に、一つ一つを大切にして、止まらずに頑張って行きたいですね。
感覚が鈍らない様に、いつも研ぎ澄まして、いつも動いていたいなと思います。

バナー

一瞬一瞬が通り過ぎて行く

2010 - 05/25 [Tue] - 02:05

 仕事をする時、何かをやろうとする時、今だ!!って感じる事もあれば、う~ん、ピンと来ないと云う時もありますね。
これって、人間が持っている無意識の情報が出している信号で、心や身体や周囲の状況等がシンクロして信号を出しているのだと思います。
自分で忘れてしまったりした情報も、人間の記憶は凄いもので、無意識の領域にちゃんと記憶しています。
何気なく横を通り過ぎた人の顔、意識にも残っていない眺めただけの風景、チラッと見ただけの一瞬の情景、等々ですね。
以前、もう大分以前ですが、警察の刑事さんや警視さんとお話する機会が何度かありましたが、尋問でも同じ事を意識していて、何度も繰り返し同じ質問をするとか、何か糸口を見つけ出す為に色々な手法を使っているらしいです。
そうして糸口が見つかると、不思議と記憶が芋づる式に甦って来るのだそうです。
不思議なものですね。
やはり、人間の記憶バンクは凄いもので、また色々な情報がシンクロしているのだなと感じさせられますね。

 私が相談者に対してするアドバイスも、ある意味でそのシンクロを大切にしています。
今このタイミングだからこそ出来るアドバイスであり、極端な場合は明日になったらそのアドバイスは意味を為さないと云う事すらあります。
今このタイミングに、このアドバイスで、タイムリーに動く。
熱が出ている時に飲む薬も、37度5分の時に飲む薬と40度以上になった時に飲む薬は違う場合があります。
迷っている間に、熱が下がるか、上がってしまったら、その時点で解熱剤を飲みなさいと云うアドバイスは無効となってしまいます。

 動く時は動き、止まる時は止まり、心身の感覚を高くして、ちゃんとシンクロしながら、タイムリーに行動出来る様になると良いですね。

バナー

若さとは凄いものですね

2010 - 05/23 [Sun] - 02:34

 今日、思い立って道場へ行って来ました。
今日の指導をしてくれる黒帯は、とっても技がキレ、練習はとても面白いです。
参加していたのは、大半が中学生。
茶帯、緑帯、黄帯の面々と、大人が数名。
いやはや、あいつらの体力ってどうなっているのでしょうね。
基本稽古が終わって、汗もかいていない。
気温も高く、また道場の窓はしめてやっていて、大人達は既に汗が流れて落ちているのに。
若さって凄いですね。

 中学と云っても、茶帯クラスは流石のものがあり、大人と変らずにスパーリング出来ます。
あのまま続けて行ったらと思うと、末恐ろしいですが、是非そうなって欲しいですね。
長く続けるって、それだけで大変です。
誘惑や邪魔は幾らでも出て来ますから、いつの間にかフェードアウトと云う事が多いのです。
是非、大人になるまで続けて欲しいです。
きっと、心の財産になると思います。
私も、中学から続けていて、生き方や考え方の根本に空手があります。
大切な財産ですね。

バナー

思いの共有と発露が大切ですね

2010 - 05/22 [Sat] - 04:25

 仕事したり、誰かと付き合ったり、知り合いにも色々いますが、互いにどこかで心を共有しているから続いて行くのだろうと思います。
互いに全くすれ違いで、共有する部分や共感する部分がなければ、接点もない訳ですからね。
ですから、自然と湧き出て来る相手への思いと云うものもあり、そこから何をするかも決まって来ます。

 例えば空手をやっていて、やはり同じ道場で練習する人達は皆仲間と云う意識があり、違う道場でも同じ空手をやっている仲間と云う思いがあります。
ですから、審査会を手伝うのも写真を撮るのも、時間があれば応援しに行くのも、自然な思いの発露として当然です。

 同じ様に、仕事をしていても、クライアントさんが何か新しい事をしたり、お知らせが来たら、やっぱり何か協力出来ないかと思って、自分で出来る事をしてあげる。
ブログやHPや掲示板で告知してあげるのも同じです。
そう云う気遣いや思いの共有、そこから出て来る発露がなければ、信頼関係は出来て行かないですね。

 何かをして貰ったから、こっちも何かをする、みたいなギブアンドテイク的な事はドライで良いかもしれないですけど、潤いがないと云うか、やっぱり人間的ではない気がしますね。
自然な思いが繋がっていてこそ、信頼関係も出来て来て、その中でのポジションも出来て行くのではないかと思います。

 明日から、新極真会の世界ウェイト性大会が始まります。
我が道場からも一人、大きな選手が出場します。
残念ながら応援に行けないのですが、遠くからですが、応援しています。
精一杯の力を発揮して、暴れて欲しいですね。

バナー

やる時はやるっきゃないけど

2010 - 05/21 [Fri] - 03:11

 昨日、終わったのが朝の5時!!
毎週水曜日はいつも終わるのが木曜日の明け方です。
この辺りは結構野鳥が多くて、色々な鳥の声が聞こえ始め、空は白んで来て、あぁ朝だ~って。
でも、その時間の空気は気持ちが良いですよ。
とは云え、早起きの方はその時間には起きて仕事しているのですね。
私は、仕事が終わる時間。
さすがにブログを書く気力がなくて、昼過ぎの時間に書いていました。

 それがまた、やる事がやたら多くて・・・。
あれもこれもって一度にやっていたら、頭がグチャグチャ・・・・・、段々苛ついて来てムカついていました(苦笑)
一つずつやれば良いのですけど、やっている内に、アって思い出して、またアレって思い出して・・・。

 やる時はやるっきゃないですし、でも適当に息抜きしないと、精神にも身体にも良くないですね(苦笑)

バナー

twitter も始めました

2010 - 05/20 [Thu] - 17:55

adeptmentorをフォローしましょう

 twitter も始めました。
ブログ更新情報を流していますが、宜しくお願いします。

バナー

「ボリビアからのメッセージ」と「骨盤トリプルダイエット」

2010 - 05/20 [Thu] - 16:26

 今日は色々とお知らせです。
あちこちで、私の相談者が活躍している報告が入って来ています。
その中から、今日は遥か遠いボリビアから届いたメッセージでブログを書いているとの事で、お知らせします。
国連の仕事でボリビアに先頃飛んで、向うで頑張っている、パワフルですがとても可愛い女性のブログです。

Los pies de la sirena

 次に、青山で頑張っているカリスマ整体師、「笑っていいとも!」にも出て、小顔と骨盤ダイエットのゴッドハンド、磯部昭弘氏が「骨盤トリプル美人ダイエット」が出ました。
私の相談者でもある人で、とても熱く、気持ちの良い、真直ぐでハンサムな彼ですが、その腕はゴッドハンドと呼ばれています。
小顔、骨盤矯正のゴッドハンドの作った、ダイエットの為のDVDです。

骨盤ダイエット

バナー

ふ~、課題は毎日降って来ていますね

2010 - 05/19 [Wed] - 03:26

 人生は修行と云いますが、毎日毎日、これでもかと次から次へと課題が降って来ている様に感じてしまいますね。
それを日常と、気にしないでいるか、段々と嫌気が差して来るか、良しやるかって受け止めるか、そこに大きな違いがある様に思います。
今すぐは変りません。
多分、一年経っても大して変らないかも。
でも、3年経ったら、きっと凄く変っていると思います。

 楽しい事も辛い事も毎日の様に、どこにでもあります。
それを自分へのメッセージと捉えて、自分を振り返ったり、足りない所を補ったり、学んだりして行くと、気がついた時にはそれが蓄積されて、自分の中の血となり肉となっているのに気づきます。

 無理して自分を大きく見せようとすると、肩に力が入っていて、表情も固くなり、残念ながら頑張っている程は人はカリスマ性を感じてくれませんね。
でも、いつも自分らしくいると、肩の力も抜けて、表情も豊かになり、笑顔も出ます。
その魅力は大きなカリスマ性となって、人に訴えかけます。

 素直で無邪気で、真直ぐで、裏表がないのが一番魅力的ですね。
そんな気分で毎日降って来る課題を消化して行くと、いつの間にか目立つ存在になって行くものです。
狭い価値観、過去に植え付けられた価値観、それが全てと思わないで、それが一番正しいと思わないで、柔軟な目と、広い視野と、深い懐で受け入れて行けたら、人生も楽しくなりますし、降って来る課題も楽しくなります。

バナー

ニュージーランドから帰って来た女性

2010 - 05/18 [Tue] - 01:18

 ニュージーランドから、ワーキングホリデイに行っていた女性が一時帰国しました。
決心して行くまでに一年間かかってしまいましたが、行くと決心したらその行動は素晴らしかったです。
また、行ってからの行動も、積極的で目一杯頑張っています。
彼女の頑張りが凄いので、いつも報告を mixiで読んでいるのですが、悪いけど笑ってしまいます。
そこまでやるか、また悩んでいる、越えた越えたって、思う度に笑ってしまいます。
行く前は本当に優柔不断で、でも内面に持つ気の強さばかりが先行していましたが、バランスが取れて来た感じですね。
ニュージーランドでは、果物のピッキングやパッキングの仕事を自分で見つけてやっていた様ですし、かなりハードに働きながら、でも友達も作って確実に成長して帰って来ました。
またすぐに向うに戻り、今度はシープ・ファームだそうです。
それも帰国前に決めて来たそうで、うん、良い根性だと思います。

 日本での数日、彼女の姫ワールドがあちこちに来襲するでしょうが、それもまた楽しみですね。
良いですね、積極的で、やる気があって、元気の良いのは。

 ところで、重要なお知らせです。
 一部、webメールでエラーが出ています。
特にYahoo!メールについて、返信が出来ない事が良くあります。
設定を確認の上、メールを送って下さい。

 また、以前よりお知らせしておりますが、携帯電話よりのメールは、domain指定して戴かないと、返信が出来ない場合があります。
基本的には携帯電話よりのお問い合せはお断り致します。

バナー

苦労して来ましたか?

2010 - 05/17 [Mon] - 03:04

 良く、修行や空手の修行でも聞かれるのが、「どれだけ苦労して修行したらそうなれるのか?」と云う事です。
冬に瀧を浴びる、夏に護摩を焚く、何時間も瞑想したり勤行する、断食を何日も続ける、毎日空手の練習をする、24時間365日殆ど休みなく働く、等々。
確かに後で考えてみると、結構無茶だったかなとか、良くやったなと思う事はありますね。
でも、その最中はそんな事、思いもしないし、考えもせず、苦労だと思った事もなければ、却って楽しかった様に思います。
しんどい、辛いと思ったら、多分やって来れなかったでしょうね。

 人がやる事をやるのは当り前。
人がやらない事、やれない事をやって初めて前へ進める。
それは喜びであり、それを喜びと感じる時、それは自分の血となり肉となる。
誰かがそんな事を言っていた様に思いますが、そんなものなのでしょうね。

 私も生来はいつまでも寝ていたい方ですし、怠けたいし、痛い事も辛い事も嫌いですし、暑いのも寒いのも駄目です。
って、これじゃ只の怠け者で根性なしですね(笑)
でも、そうなんです。

 じゃ、なんで色々とやって来たか、それは楽しいからです。
誰かの役に立てる事、自分を確かめる事、未知の世界へ歩み出す事、知らない事を知る事、楽しいじゃないですか。
時間が幾らあっても足りない位ですね。
努力なんて大袈裟なものじゃなく、やっぱり修行なのでしょうね。

 日々楽しく、精一杯に自分を輝かせて行く事が修行だと思います。
これからも目一杯、生きている限り楽しみましょう。

バナー

空っぽの手

2010 - 05/16 [Sun] - 02:27

 少し空手の話を書いてみたいと思います。
空手は、元々は沖縄で発祥したもので、中国の南方の方の中国拳法の影響を受け、また薩摩の示現流等の影響も受けたとされています。
本土へ伝わった時、最初は唐手と呼ばれていたものが、空手と表現を変えたとされていますね。
船越義珍氏が般若心経の空の境地を意識されて、空手と改称されたのが始まりと云われています。
そう考えると、空手を何故空の手と書くのかと云うのも理解出来てきますね。
空とは、囚われず、常に変化し、全てを認めて受け入れて行く境地。

 私はそこに加えて、また違った解釈をしています。
空っぽの手と云う意味で考えると、武士が刀を腰に差しているのは、武器を敢えて相手の目に曝す事で、自分は何も隠し持っていない、裏表はないし、腹に一物を持っていませんと云う覚悟と正直であると云う潔さの現れです。
空手も同じと考えています。
手を空っぽにしている、即ち、自分に裏表はなく、腹に一物もなく、潔く生きると云う意味を込めていると思っています。

 空手にも武器術はありますが、トンファーやサイ、棒術、ヌンチャク、鎌、等々の武器は相手が武器を持っている時のみ、身を護る為に使用する事を許されるもので、本質は素手である事です。

 空手の本質は正拳突きにあり、全身全霊の魂を込めた一撃と云う事を最も大切にしていると思います。
実際、正拳突き一発で人が倒れる事なんて、滅多にありません。
が、そこに自分の空手人生、空手修行、そして相手と自分の命に対する深い思いを込めて行く事が、空手の本道であり、目指すべき所だと思います。

 空手はスポーツではなく、人としての道であり、命を目の前に常に潔く、真直ぐに生きる武道です。
強さだけを追求するのではなく、空手を心の芯として、人の道を生きて行きたいと思います。
昨今の、試合中心の空手ではつい忘れられてしまい勝ちですし、技の種類も増え、どんどん空手も進化していると思いますが、それは技術の面であり、武道家として空手家としての魂は変ってはならないと思います。

 空っぽの手で相手と向き合い、互いの魂を込めて相手と肉体を通じて語り合う。
そして、互いの思いと命を共有する。
それが組手であり、空手の本質だと思います。

バナー

小さい事なんて、どうでも良いじゃないですか

2010 - 05/15 [Sat] - 03:12

 ちょっとした目の前の事につい振り回されて仕舞い勝ちなのが人間ですね。
生きていると色々な事があります。
楽しい事、嫌な事、嬉しい事、悲しい事、他にも色々とまぁどれだけあるのだろうかってぼやきたくなる時があります。
でも、目線を変えて見ると、色々あるからこそ人生が豊かになって、一つ一つを越えて行く事で、自分の中に貯金が貯まって行くのが解り、楽しいものです。
しかし、路傍の石や吹き抜ける風を一々気にしていたら、キリがありませんし、前へ進めません。
小さい事なんて、どうでも良いと思います。

 大体、人がつまずくのが、人間関係や誰かの言動。
どうしても影響され、振り回され勝ちなものです。

 他人なんて人の事を深く知りもしないで、自分の勝手な価値観や目線で、憶測や噂話をしたがり、低俗極まりないですね。
人の事に関心を持つ前に、自分を振り返れって言いたくなります。
放っとけと思いますが。
だからこそ、しっかり自分を持って、毅然として、絶対に揺るぎない自分の生き方、信念を持ちたいですね。
俗にまみれて俗にならない様に。
それが修業と云うものだし、真直ぐな、綺麗な心だと思います。

バナー

我が儘、気儘、その壗

2010 - 05/14 [Fri] - 02:55

 私の父は、母曰く「我が儘、気儘、その壗」だそうです(笑)
その日、その時の気分で、喜怒哀楽が激しく、絶対に譲らなかったそうです。
確かに、私の知っている父はとても誇り高いと云うか、プライドが高く、その日によって機嫌が違った人でした。
色々な事を知っていましたし、患者さんからも信頼されていましたね。
母に言わせると、「外面が良い」のだそうですが(笑)
でも、レセプトを書く月末は、いつも徹夜していたのを覚えています。
それだけ真剣に仕事をして、また真剣に生きていたのでしょうね。

 と回想する私ですが、私はどうなんでしょうか?
自分ではやっぱり、「我が儘、気儘、その壗」と思っていますが。
誰よりも誇り高いつもりですし、自分の信じた事は絶対に譲らないですし、相容れないのであれば無理して縁を繋ごうとは思いませんし、その時はスパッと躊躇いなく切ってしまいます。
何よりも心地悪い事が大嫌いです。
自分が信じた事は、誰の意見も聞かず、譲らない頑固者。
その代り、こうと決めたら全てを捨てても相手を守る覚悟もありますし、そうやって仕事して自分の腕一本で生きて来たつもりです。

 でも、そんな私も最初からそうだった訳ではなく、父から遺伝したとは思っていないですね(苦笑)
弱虫で苛められっ子だった子供時代でした。
そんな私が空手や色々な指導者と出会い、また多くの相談者に出会って、少しずつ覚悟が決まって来た、生き方が決まって来た様に思います。

 自分は自分です。
自分が信じた道を歩き、自分が心地良いと思う生き方をし、誇りを持って生きれば良いと思っています。
誰もが私の様に生きられるとは思いませんが、自分を抑えて、周囲に振り回されて生きる必要は絶対にないと思っています。
自分らしく、自分に正直に、信じた生き方をすれば良いと思います。
それで、敵が出来るなら、味方も出来ます。
相容れないなら、切り捨てれば良いだけの話ですからね。

 気持ち良く、自分らしく、生きたいですね。

バナー

昨日の伝授が終わったのは、朝でした

2010 - 05/13 [Thu] - 14:50

 昨日、伝授が終わったら、外が白んでいました(苦笑)
いつもの事ですが、アッと思ったら時間が経っていて、ブログを書く時間もなくなってしまいました。
毎日、このブログを読んで会社に出かけると云うメッセージを戴いていますので、申し訳ないと思います。

 でも、真剣に仕事する事が出来て、時間を忘れる事が出来るって、とっても幸せと思います。
また、覚悟を持って私の弟子となった者達の真剣な思いと意識、向き合って火花を散らすそんな時間が嬉しいですね。
自分の為だけでなく、誰かの為、こうして書いているブログを読んで下さる目の前には見えないけど、どこかで繋がっている誰かの為、そう思うとどんな事も乗り越えて頑張って行けると思っています。
とっても幸せな事で、有難い事です。

 何かで繋がる、心が通う、そう云うある意味での仲間意識や、そう云う生き方に対する誇り、情熱は絶対に譲ってはいけない大切なものです。
そこを曲げてしまったら、忘れてしまったら、生きている事そのものの意味すら薄らいでしまうと思います。

 もし心が通わない人がいたら、その時は心が通うまで諦めないで頑張りましょう。
伝え続ける事、心が通って信頼して貰えるまで続ける。
信頼を勝ち取る事は生易しい事ではありません。
でも、相手の人間である以上、必ずいつかは心が伝わります。
信じられない、低俗、ゲスと切り捨てるのは簡単です。
でも、盗人にも三分の利と云う様に、誰にでも良い所はあり、通じる部分は必ず持っています。

 絶対に諦めない、止まらない、下がらない。
それを忘れないで生きて行きたいですね。

バナー

理路整然とした理詰め

2010 - 05/12 [Wed] - 02:33

 理路整然として、理詰めで生きていたり、話したりする人がいますね。
確かに、間違いない生き方だし、言っている事は正しいのですが、それを見ていたり聞いたりしていると、どっと疲れて来ます。
良いんだけど、生き方や考え方に潤いがないと云うか、無駄がなくって、それがどうも息詰まりで、苛々して来ますね。
感情や欲望を抑えて、正しく生きる事が一番、冷静に話す事が正しいと思っているのでしょうけど、人間ってそれだけじゃ生きられないですね。
感情があって、欲があって、無駄があって、間違いも沢山して、それで学んで行くのですし、人生に潤いも出て来ると思います。

 こうあらねばならないと決めつけられると、息が詰って、逃げ出したくなる人もいるだろうなと思います。
特に、夫婦や親子や上司と従業員なんて関係だと、逃げ場がないですからね。
友達や単なる知り合いだったら、適当に距離を取る事が出来ますけれどね。
ライフスタイルが違うと云うか、価値観が違う、目線が違う、それじゃ付き合って行けないですね。

 別にチャランポランになれとは言わないですが、少し余裕を持って、無駄や失敗を受け入れる度量があると、人間も大きく、懐も深くなると思います。
適当と云う言葉は、大切ですね。
ちょっとやそっとで、人は命まで取られませんから、少し位は適当でも良いんじゃないでしょうかね。

バナー

安住の地

2010 - 05/11 [Tue] - 03:21

 誰にでも、帰るべき巣や安心出来る場所、リラックス出来る場所が必要ですね。
安住の地がない、居場所がないと、いつもどこかで肩肘を張っていなければいけませんし、緊張から開放されません。
ここだけは安心、この人だけは安心、全てを開放して素に戻れる事が大切です。
それが家族、連れ合いだったら最高ですね。
そして、家庭だったら良いですね。

 安住の地を持つ為には、この場所、この人と決める為に、まず見極める眼が必要です。
間違った場所や相手だと、後で引っ繰り返されますからね。
そして、何よりも相手としっかり会話する事。
互いに飾りなく、素の状態で理解し合う事、し合おうと努力する事。
本当の気持ち、本音が互いに伝わるからこそ、本当に安心出来るのですから。

 中々簡単には見つかるものではありません。
でも、諦めないで探し続ける事。
そうすると、必ず見つかります。

 安住の地を持つ人は、やはり安定していて、考え方にブレがないですね。
まず、隣にいる人と、沢山沢山話してみましょう。

バナー

自分次第

2010 - 05/10 [Mon] - 03:57

 「牛を川に連れて行く事は出来る。然し、牛がその川で水を飲むかどうかは牛次第。無理矢理に牛に水を飲ませる事は出来ない。」とは、かの極真空手の総裁であった故大山倍達氏の言葉ですが、極真に入門したから強くなると思ったら間違い、強くなるかどうかは君達次第であると言われていたそうです。
その通りですね。
幾ら良い話を聞いても、アドバイスされても、それを素直に受け入れて実行するかどうかは本人次第。
聞く事は簡単ですし、習う事も簡単です。
教わって、それを学ぶ事も覚える事も簡単です。
でも、実行するとなると、現実的な問題や色々なプレッシャーと闘わなければならず、勇気も決断も、そして諦めない気持ちも必要になって来ます。
習った事が、そのまま簡単に実行出来る筈もなし、出来る様になる迄には沢山の山があり谷があり、関門もあります。
それでもやり続けるかどうか、越えて行けるかどうか、そこで決まります。

 決めるのも、決めないのも、やるのも、やらないのも、自分次第。

 多くの人が志を持ち、一念発起して色々な事を始めます。
が、その中で最後まで持続して本物と言われる様になるのは、ほんの一握り。
途中で起きて来る色々な事に、挫折し、諦めてしまい、道を踏み外して行きます。
最初の志が、自分の中の揺るぎない芯になる迄、それは繰り返し繰り返し起きて来ます。

 ブレても良い、踏み外しても良い、止まっても良い。
人間ですから、当り前です。
でも、その後にちゃんと戻るかどうか、歩み出すかどうか、そしてその時に学んだ事や後悔した事を、ちゃんと学習してステップアップするかどうか、そこが大切ですね。

 「貧すれば鈍す」と云います。
困った時ほど、追い込まれた時ほど、性根が露呈します。
また、物事が考えられなくなります。
その時にちゃんと元の道に戻れる様に、学べる様に、芯をしっかり作って行きたいですね。

バナー

自分の人生なんだから

2010 - 05/09 [Sun] - 01:59

 誰の為でもない、自分の人生だから、責任を以て精一杯生きたいですね。
真剣に生きるって、自分を輝かせて、持てる力を惜しみなく使って、絶対に後悔しない様に生きる事だと思います。
その中に、一つの表現として仕事もあり、恋もあり、趣味もあるのだろうと思います。
言い訳は無用、と云うより、出来ないですよね。
だって、自分の人生、自分の生き方なんですから、誰の責任でもないし、自分で選んで、自分で決めて、自分で行動したり考えたりして生きているのですから。

 命がけで仕事する、命がけで誰かを愛す、って良く言いますが、そうじゃなくって、命がけで生きていたら、色々な事は自然と答が出て来て、結果も自然と出て来ます。
頑張っているつもり、必死になっているつもり、努力しているつもり、って、つもりつもりって、津守じゃないんだから、自分を守って言い訳ばかりしても何も積もって来ません。

 命がけで生きて、本気で自分を磨いて、出し惜しみしないで力を出して、精一杯光って輝いて、格好悪くても良いですから、命を輝かせて生きていたいと思いますね。
だって、自分の人生なんだから。

バナー

感謝の気持ち

2010 - 05/08 [Sat] - 03:58

 昨日、道場へ行きましたが、師範が連休中に休みを返上して毎月発行している会報をしあげたそうで、カウンターの上に載っていました。
「いやぁ~、今日出来上がりました。」と笑っている師範の顔が、とても可愛く見えるのはいつもの事ですが、「撮って戴いた写真、沢山使わせて戴きました。その写真で、今月の書く事が決まりました。」と言ってくれました。
見てみると、確かに会報には私や妻が撮った写真が沢山載っています。
とっても有難い事です。

 道場生や選手の皆さんの、せめてもの記念になれば、喜んで貰えればと思って、機会がある度に写真を撮り、それをファイルやスライドショーにして師範にお渡ししています。
師範がそれをコピーして、皆に渡してくれているのですが、審査会は必ず出席していますが、毎回試合に応援に行ける訳ではなく、私が行ける時だけになっているので、申し訳なく思っています。
また、所詮はアマチュアの私がやる事ですから、スライドもクォリティーが高い物は作れませんし、写真も同じです。
そう云うものを、道場の大切な会報に使って戴けたと云う事は、感謝です。

 心が通じると云う事は、とても嬉しく、また有難い事です。
私の座右の銘は「一期一会」ですが、縁があって出会った方とは心を通わせ、今日だけ今だけのこの瞬間を大切にしたいと思っています。
沢山の方と出会い、沢山の方から学ばせて貰って、道場でも沢山の方と一緒に練習させて貰って、また私の話や指導を快く受け入れてくれる沢山の人がいて、そして私がいます。
全ての方々に感謝です。

 いつも感謝の心を持って、気持ち良く生きて行きたいですね。

 ところで、とてもくだらない話が聞こえて来ました。
長年修業している者が、師匠の許可もなく、お経を録音してCDに焼き、お経の読み方を学びたいと云う人に有償で渡したと云う事です。
それも、本来の自分の仕事は修行者でも霊能者でもないのですが、自分の本業に偽装して、請求書を作ってやったと云う事です。

 綺麗事を云うつもりはありませんし、CDを作るにも時間も労力もかかるでしょうから、有償にするのも時と場合で悪くないでしょう。
が、まず師匠に許可を取らずにと云うのは、筋が違うし、礼節・節度を失している。
また、請求書を作って本業である仕事に偽装したと云うのは、大問題ですね。
また、所詮アマチュアで修業中の者のお経が、どれ程のクォリティーがあるのでしょうか?
対価を戴けるだけのクォリティーがあるとは思えませんが。

 祈りの世界は純粋な心の上に存在します。
そこに対価が発生するのも、それは時と場合です。
神や仏や経典、法具、そしてお経、それはツールではありません。
目先の小さな金銭の為に、大切な心を失うとすれば、修業の深奥には絶対に辿り着きません。
また、そう云う仕事の仕方をする性根が、仕事上でも信頼を失い、成功は絶対にしないでしょう。
綺麗事を云うつもりはありませんが、清廉潔白で行くのか、悪辣な闇で行くのか、何れにしろ中途半端で姑息ですね。
なるほど、何十年修業しても悟れない訳で、お参りに行っても拒否されるでしょうし、仕事も成功しない訳だと、答えが見えた気がします。

 何が大切か、守るべきものは何か、どう生きて行くのか、どう修業して行くのか、覚悟を決め、肚を決めていなければ、所詮は小者で終わりますね。
光りを失わず、原点に還って、目覚めて欲しいものだと思います。

バナー

生き返りました

2010 - 05/07 [Fri] - 02:20

 今日は空手の練習に行って来ました。
いつも行く火曜日は厳しさと激しさの中にもフッとした間があって、集中力を必要とする練習ですが、和気あいあいとした雰囲気もあり、楽しい日です。
指導しているI君の人柄が出ているのでしょうね。

そして、木曜日は師範が指導している事もあるでしょうが、畳みかける様な練習で、息を抜く暇がありません。
これぞ空手と云う練習日ですね。
準備運動から念入りなストレッチ、基本、型、そしてミット、ビッグミット、それからスパーリング。
火曜日が練習時間2時間に対して、木曜日は2時間半。
終わってから練習すれば同じ事ですが、自主トレで自分のペースでやるのと、練習時間とはやはり緊張感も違いますし、出る汗も違います。

 私の仕事はいつも座っているに等しく、いつも話している仕事です。
ですから、ずっと仕事していると段々と血の流れが悪くなると云うか、浮腫んだ様な気分になって来ます。
そこに疲労やストレスが溜って来ると、家で基本をやったり、柔軟をやったり、ミットを蹴ったりすれば良いのですが、その気もなくなって来ます。
やはり、道場へ行って、皆の気合いに囲まれながらやると、乗せられると云うか、良いですね。

 一汗、二汗、三汗、四汗、と続き、途中から汗も水の様になって流れ、終わった時には汗のベタベタ感は全くなく、サラサラしています。
帰ってからお風呂に入らなくても良いのではないかと思える位に、サラサラです。
勿論、帰ってからゆっくりと入浴しますが。

 程良い疲労感とスッキリ感、とても心地良いです。

バナー

野鳥が鳴いている

2010 - 05/06 [Thu] - 04:38

 く~、ついさっきまで(4時)仕事してました。
毎週一度の内弟子の伝授。
熱が入ると段々時間など忘れてしまって、いつも3時ですが、今日は4時(苦笑)
ま、いっか~って。
それだけ、皆がやる気になっているのですからね。
しかし、これは修業ですね(苦笑)
外は明るくなって来て、野鳥が鳴いています。
都会の真ん中なのに、この辺りは野鳥が多いのです。
オナガとか、ムクドリとか、時々はウグイスの声もします。
カラスはうるさいだけですが。

 何だかやたらと身体が弛んだ気がするのですが、先週ちゃんと道場へ行って、一週間しか経っていないし、その間もずっと仕事で休んでいた訳じゃないのですが。
明日は道場へ行って、絞って来ます。
一汗、二汗、絞り出してスッキリして来ます。

                      押忍

バナー

訳も解らず

2010 - 05/05 [Wed] - 03:55

 訳も解らず、何となく疲れるとか、気力がない、体力が萎えるって事がありますね。
大体は、精神的な無意識のストレスだったり、気圧や気温の急激な変化の影響だったりしますが、知らない内に感じている外からの影響、ネガティブな人の思いや雰囲気に影響された状態、これを被ると云いますが、被った状態の時もあります。
センシティブで、シンクロの感覚の強い人ほど、こう云う状態になり易い様ですね。
私も子供の頃から、ずっとそうでした。
何が原因と云う訳じゃなく、気力がない、疲れる、ガキのくせに肩が凝る、集中力も欠けていたと思います。
だから、勉強しても頭に入らないので、いつも成績は後の方・・・。

 空手や色々な事をやって、今はかなり解消されました。
でも、今でも時々と云うか、毎日の様にあります。
予定している相談者の思いや被りや憑依しているモノの意識が、数日前から飛んで来たり。
やっぱり、ネガティブなものは疲れますね。
明るくて元気なのが一番です。

 私の相談者の中に一人、まぁどうしようもなくいつもバランバランの女の子が一人いますが、今はニュージーランドにワーホリに出かけています。
これもまた1年位の間、私もですが、妻や私の所に来ている人達にあぁでもない、こうでもないとガタガタと面倒をかけて、行くの行かないのと騒いだ揚げ句、根性を据えて行きました。
いざとなると強いこの子、メールを良くくれて、写真を添付してくれますが、いつも大爆笑です。
向うに行っても色々とやらかしている様で、これが笑える。
まるで逆の様な子ですが、不思議と周囲に人が集まり、巻き込んで行きます。
特に中年のおじさん達はすぐにコロリと・・・(笑)
少ししたら一時帰国するそうですが、来襲!!って感じで皆が楽しみに待っているから、これまた不思議ですね。

 こう云う、意図しない癒しを持っている子は、良いですね。
目の前にいると、結構ムカツクのですが、やっぱり笑えてしまいます。
笑いで被りも飛んでしまいそうです。
いつもこうして笑っていられたら最高ですね。

バナー

本当の天才

2010 - 05/04 [Tue] - 04:22

 今日、TVを見ていて、私はゴルフはやらないのですが、石川遼君や宮里藍さん、他にも陸上で日本新記録を出したとか、何だか凄い話が出ていました。
特に石川遼君については、あれは異常と云えるそうですね。
他のプロゴルファー達も、手に負えない、呆れ返る程だったと云うのですから。

 本当の天才って、実力は勿論だろうと思いますが、精神力、そしてその時にどっぷりとはまってのってしまえる事、誰も手にする事が出来ない運を持っている事なのかもしれないですね。
そのどれも、常人の感覚を越えたものである事は確かですし、常識を越えた長く厳しい努力の果てに、それでも一部の人だけが掴む事の出来る境地なのだろうなと思います。

 天才と云われる人でも、のらない時は良い成績を残す事が出来ない訳で、そんな時にも崩れないである程度を維持出来ると云うのも、これまた天才の所以かと思います。

 ある意味で、天才と云うのは、一つの道にどっぷりと漬かって、偏執狂的にその道だけに突き進んだ人でもあると思えば、バランスの悪い、ある意味では異常な偏った人であるとも云えるかもしれませんね。
でも、その姿が人に感動を与え、また次世代への大きな宝を残して行くとすれば、変っているのも思いきって徹底的になってしまえば、それもありかと思えますね。
大体、天才なんて生きている内に評価される事は少ないのですが、スポーツ選手についてだけは、目の前に結果が出るだけに、評価されるのですから、厳しくもあり、また良い世界でもありますね。

 ところで、TVで一時は大ブームを起こした「オーラの泉」に出演していたスピリチュアル・カウンセラー氏が、今は全く仕事がないと云う話が聞こえて来ました。
目に見えない世界をポピュラーにしたと云うか、その世界で仕事する人達の市民権を獲得したと云う意味では功績のある番組だと思いますし、この方もそうだと思います。
が、余りにもスピリチュアルに偏った発言に違和感がありましたが、同時に色々と悪い噂も聞こえて来たりしていました。
氏の所へ通っていたと云う方が御相談に来られた事もありますが、そこで満足したかどうかは相性もありますし、これは何とも云えません。
が、TVに出始めた頃から、個人鑑定を止めて、講演だけになったと聞いて、ガッカリした覚えがあります。

 スピリチュアルな世界、目に見えない世界を扱う我々は、困った人の相談に乗って、少しでも良い未来を歩んで戴く為に手をお貸しするのが仕事です。
講演でそう云う話もしていたとしても、悩みは十人十色。
やはり、マンツーマンででなければ、心は通いませんね。

 それに、スピリチュアルな話や目に見えない世界の話は、あくまでも実際の生活が良くなる為に、必要な場合だけに話せば良い事であり、それが全てみたいになるとちょっと・・・と思います。
どうしても、霊視が当るとか当らないとかと云う事に終止してしまい勝ちですが、意味がないですね。
大切なのは、問題解決の為のリアリティであって、相談者と一緒に問題をどうしたら解決して行けるかを考える事だと思います。
スピリチュアル・カウンセラーや霊能者は、霊視だけしていれば良い、オカルトをやっていれば良いと云う方は、そう云う方の所へ行かれれば良いですが、問題解決を本当にしたいのか、オカルトを楽しみたいのか、疑問を感じますね。

 ま、件の彼も、どうか与えられた役割を果して、本来の仕事をされる事を祈りたいですね。

バナー

こだわり

2010 - 05/03 [Mon] - 04:43

 こだわりを持つって、私は大切だと思っています。
こだわって、それが頑迷になってはいけませんが、生き方でも仕事でも買物でも、ポリシーを持っているって云うのは、その人のカラーになりますし、色気になると思います。

 色々な情報が溢れている中で、自分のスタイルを見つけて行く、そこにこだわりを持って、ブレないでいるって、中々大変だと思います。
でも、右へ倣えってやって個性をなくして行くのって、安心かもしれませんが、全然面白くないですし、魅力も感じないですね。
自分のオーラを出して、いつも自分の心に正直でいられる事が、自分らしく生きるって事だろうと思います。
でないと、いつも周囲を見回して、合わせて行かなければいけないですし、変に見られないか、浮いていないか、いつも気を遣っていなければいけません。
何だか、凄く疲れる生き方に思えるのですが。

 何かを買うにしても、飛びつくのではなく、色々な事を考えて、じっくり検討して、完全に納得の行く物を選びたいですね。
そうやって買ったものは、自分の一部になって行きます。
ボールペン一つ買うにも、そうやってこだわると、価格とは別に手放せない物になって行きます。
私が使っているトンボのzoomって云うボールペンは、大学生の頃に買った物ですが、もう20数年。
そんなに高い物ではないですが、今でも一番手に馴染みます。
何十年と使っている物が私の身の周りには沢山あります。
どれも、決して高い物ではないですが、私の感性に合った物ばかりです。
特に法具や仏像は、絶対に妥協しませんね。
何年もかけて、本当に納得する物を探し続けました。
材質、彫り、大きさ、重さ、手に馴染むかどうか。
持っている物を見ると、どう云う人か解ってしまいそうですね。

 本物を知るって、こう云う事なのだろうなと思っています。
良い意味で、こだわりを持つ。
生き方も考え方も仕事の仕方も、買物も食べる物も、何でもこだわって行きたいですね。

バナー

バーチャル

2010 - 05/02 [Sun] - 04:17

 悩んでいる人や、仕事でもプライベートでも、上手く行かない人って、頭の中やデスクやPCの前でバーチャルの世界で完結している人が多いのに驚きます。
頭の中で想像したり、デスクやPCでリアリティのない計画表みたいなものばかり作って、そこで終わってしまうので、何も結局は行動しない。
バーチャルですから、幾らでも書き換えが出来ると思うのですが、大体はネガティブな結論で終わってしまって、同じ妄想ならばポジティブに、大言壮語じゃないですがぶっ飛べば良いと思うのですが。
ま、どちらにしろリアリティがなく、行動が伴わない。
もっと云うと、そう云う人って学習しないんですよね。
痛い目を見ている筈なのに、同じ事を繰り返す。
喉元過ぎれば痛さを忘れるってやつでしょうか。
う~ん、それじゃ幾ら誰かに相談しても、アドバイスしても、意味がないですね。

 霊能力者や占師だって、神懸かりや漠然とした答をする人が多いですが、そこにリアリティがないと、説得力に欠けますし、幾ら神秘的でも偉そうに見えても、所詮はお遊びでしかないですね。

 現実の世界で生きているのですし、実際に欲しいものは手に入れなければいけませんし、そうでないと生きて行けない時代に生きているのですから、実現力と云うか、行動力は絶対条件ですね。
リスクや恐怖なんて、所詮はバーチャルでしかないのですから、案ずるより産むが易しと云うものです。

 やってもやらなくても、同じ恐怖なら、やった方が得ですよ。

バナー

 | HOME |  »

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR