感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2010年02月  

ばかばかしい物

2010 - 02/28 [Sun] - 02:40

 私の別のページで、「島津成晃の見つけた良い物」と云うブログを書いています。
私がインターネットで見つけた面白い物やばかばかしい物、便利な物を紹介しているブログです。
今日も、本屋に立ち寄った折に、ついオモシロ雑貨を特集した雑誌を買ってしまいました。
物欲が強い訳ではなく、こう云うものには特別な発想が感じられ、そこには冗談もあれば、シュールなものもあり、また本当に便利なものもあって、そこに人間の豊かさを感じるから、こう云う物が好きです。

 映画のSFやアニメでもそうですが、人間の想像力は限界と云うものがないのだろうかと思う時があります。
曾ての手塚治虫氏の鉄腕アトムを始めとして、映像でも小説でも驚くべき発想で物語が語られている事に、驚きと喜びを感じます。
ですから、私がアイデア・ショップや面白雑貨、オモチャ屋に入ったら大変。
アッと云う間に時が過ぎて行きます。

 そう云うアイデアや発想が、とても参考になりますね。
どんな問題でも、視点を変えて、発想を変えてみると、フッと抜ける様な方法があったりするものです。
既成概念、固定観念は、視野も思考も狭くしてしまいます。
また、密教等の修業では特にそう云うものを捨てて、違う次元での発想が必要です。
それが出来なければ、幾ら修業しても、進歩する事が出来ません。

 たまには、こう云うばかばかしい物を見て笑うのも良いですしね。
どうぞ、私のブログ「島津成晃の見つけた良い物」もご覧になってみて下さい。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

スポンサーサイト

ストレッチ

2010 - 02/27 [Sat] - 02:42

 柔軟体操、ストレッチで身体を緩めて行くと、実はあちこちが張っていて、固くなっている事に気づきます。
私は道場に通っていますから、いつも身体の固さや柔らかさは意識していますが、自宅でゆっくりと一つ一つの筋肉や関節を意識して行くと、使い切れていない場所が分かって来ます。
それに連れて、段々と心が緩んで行くのが分かります。
ストレッチしている最中に、まず汗が出始め、次に内臓が鳴き始めます。
まるでお腹が空いているのではないかと云う様な音が(笑)
そして、気がつくと気持ちが穏やかになっているのを感じます。
身体が固くなると、心も固くなってしまうのですね。
心が固くなって、身体も固くなってしまう事もあると思います。

 今日は100本突き、今日は100本蹴り、今日はストレッチ、今日はスパーリングと、その日その日思いついた事をやります。
毎日やれば良いのですが、中々気が向かなかったり、体調の問題があったり、時間的な問題で、全てをやる事は出来ませんし、若い頃と違って怠慢になっていますね(苦笑)
昔は、毎日ストレッチと拳立て、腹筋、背筋、スクワット、そして基本、型とやっていましたが。
ま、年齢にあった適度な運動と云う事で(苦笑)

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

音楽

2010 - 02/26 [Fri] - 02:56

 結構しょっちゅうなのですが、私の頭の中で音楽が鳴っています。
体調や精神状態が良い時に限るのですが、耳についた曲や好きな曲が自然と流れて来ます。
亡くなったZARDの「負けないで」とか、良く流れるのがアニメ宇宙戦艦ヤマトのテーマ、それからドラゴンボールの色々な曲、時にはクラシックや雅楽なんて事もありますね。
勿論、声明やお経は年中です。
声明やお経を音楽と云っては語弊があると思うかもしれませんが、発生や音程、声の出し方等が音楽の原点になっているのです。
それに、身体や心から自然に出て来た音ですからね。

 楽器は色々とやりました。
ピアノ、トランペット、クラシック・ギター、フラメンコ・ギター、和太鼓もちょっと。
音楽は好きですね。
昔は、世代が分かってしまいますが、GS(グループサウンズ)のザ・タイガースやスパイダース等を聞いていましたが、それがロックに変り、特にハードロックが好きでした。
Emerson, Lake & Palmer やDeep Purple 、Mounten 等々が好きで大音量で聞いていましたね。
が、何故か楽器はクラシックやジャズをやっていました。
バンドをやろうとは思わなかったです。
群れるのが嫌いでしたから、そのせいでしょうか。
その後も色々な音楽を聞き、ジャンルを問わず、好きな曲は沢山あります。
映画音楽、クラシック、ジャズ、アニメソング、歌謡曲、フォークソング、ニューミュージック、ロックと色々ありますが、何でも聞きますね。

 調子の良い時は、頭や身体に音楽が流れている気がします。
一つの私のバロメータですね。
空手をやっていても、やはり音楽が流れる時は、リズム良くスムーズに動く事が出来ますね。
そう云う時は楽しいですね、何をやっていても。

 いつも生活の中に音楽が流れている様な、そんな日々を送りたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

毎回、違う

2010 - 02/24 [Wed] - 01:51

 今日は空手の練習日でした。
いつも思うのですが、行く度に、練習する度に、身体が動いたり動かなかったり、息が上がったり平気だったり、毎回不思議な事に違います。
一度として同じだった事はありません。

 最初の準備運動から基本になる時、今日は動かないな、息が上がるなと思っていたら、途中から楽になって来てスムーズに身体が動いたり、その逆もあります。
その日の練習内容にもよるのでしょうが、体調や精神状態は刻一刻と常に変っていますから、そのせいなのでしょうね。
ですから、練習する度に課題が出て、次はこれと思っていると、次はその課題は出来て、違う課題が出て来ます。

 40年も続けていてもこうなのです。
ですから、続けると云う事は楽しいですし、常に学ぶ事があります。

 神仏を祈っていても、同じです。
祭壇に座ると、毎日違います。
当然ですね。
一度として同じと云う事はありません。

一生かけても学び続ける事が出来るものがあると云うのは、とっても幸せです。
そう云うものが一つでもあると、人生が豊になりますね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

ペットを飼う

2010 - 02/23 [Tue] - 02:39

 ペットを飼っている人は多いですね。
犬や猫、鳥、猿、爬虫類、他にも色々な動物がペットとして飼われています。
私も昔はコリーを飼い、その後ジャーマン・シェパードを飼いました。
シェパードは2代でしたから、3頭の犬を飼った事になりますね。
他にも文鳥を育てたり、セキセイインコを飼ったり、リスを飼ったりしました。
上手く育てられたものもあれば、ちょっと気を抜いた隙に逃げられたり、怠慢と時間がないのとで中々世話が出来なかったり、色々ありました。
でも、いつも動物達は私を癒してくれましたね。
また、中学では生物部で最後は部長になっていました。
と云っても、1年生の時に一緒に入った連中がいつの間にか辞めてしまって、残っていた私しかいなかったと云うだけの事ですが(笑)
その時は色々な動物と触れ合いました。
鯉やフナ、金魚、熱帯魚、鶏、鳩、カラス、鷹なんてのもいましたね。
他にも蛙、ワニ、肺魚とか、もっと何か色々といた様な気もします。
今は何も飼っていませんが、何れまた機会があればと思っています。

 ペットは動物ですから、生き物です。
何でも飼って良いのですが、玩具みたいに、ただ欲しいと云うだけで飼うと、いつか飽きてしまっては可哀想ですね。
それぞれの趣味があって、飼っているペットを見るとその人の隠された一面が見えたりします。
子供の情操教育には良いかもしれませんね。
命を扱う、家族が増える。
玩具ではなく、家族として、大切にはぐくんで欲しいし、そうする事で癒されると思います。

 人間の都合で飼い易い様に品種改良されて来た犬や猫、自然のままの他のペット達、飼われている動物達が幸せであって欲しいですね。
良く、動物は自然が一番であり、飼う事自体が人間の勝手と云いますが、自然界では餌も思うように取れなかったりする事を考えると、人間に飼われてちゃんと餌を貰えると云うのも、決して悪い事ではない様に思います。
だから良いのだと一面的にものを言うつもりはありませんが。

 心を通わせて、楽しいペットライフを送って欲しいと思います。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

癒し

2010 - 02/22 [Mon] - 02:32

 こう云う仕事をしていますから、いつも癒しと云う事を考えています。
色々な癒しがあり、それぞれに良い所もあれば悪い所もあり、色々なものが流行り、また廃れて行きます。
ヒーリング・グッズも世の中に溢れ、効果があるのかないのか。
それだけ、人間は癒しを求めていると云う事なのでしょうね。

 癒しを求める心は、自分の持つ心の満足や平穏や充実感が乱されたり欠如したりする事で、段々と溜って来る不満やストレス。
自分を取り巻く環境や人、未来への希望や不安、他にも色々あると思います。
でも、癒しを求める心の原因を探って行くと、一つ一つは大した問題ではなく、それが解消されないで残って行く事から段々大きくなって、重くなって行きます。

 でも、自分は独りぼっちではないのだと気づいた時、優しい心を感じる時、人は癒されます。
問題を解決する事だけが、癒しへの近道ではないと思います。
ゆったりとした、安心出来る空間、全てを任せる事が出来る場所、何もかも受け入れてくれる人、そう云うものが自分を癒し、開放してくれますね。
そう云う意味では、良いパートナーのいる家庭を持つ人は、常に癒しが目の前にあると云えます。
家庭とは、安住の地であり、最も安心出来る、帰るべき巣ですから、良い家庭を持つ事が一番の癒しなのだろうと思います。

 家庭環境、親子関係、夫婦関係の良好な人は、心も安定していて、視野も広く、価値観が柔軟である事が多いですね。
外に色々な癒しを求める前に、家庭内の事を意識して行くと良いのではないかと思います。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

ライフスタイル

2010 - 02/21 [Sun] - 02:52

 人の生き方って色々あって良いと思いますが、お金の使い方は、その人のライフスタイルが出ますね。
良く云う事ですが、今目の前に数十億の使い切れないお金があったらどうするかと云う時、殆どの人は生活ががらりと変ってしまうでしょうね。
当然です。
あるのだから使えば良いと思います。
が、だからと云って無駄な事にばかり使っていても、それは一時の満足でしかなく、頽廃でしかありません。
逆に、全く使えないと云う人もいるでしょう。
額が大き過ぎて、どう使って良いのか解らない。
それも当然ですね。

 お金は使うべき時に使い、不必要なものには使わないのが原則。
関西では、死に金は使うなと云います。
使って意味のない事には使うな。
だから、関西はケチだと云われますが、そうではありません。
使うべき所には惜しみなく使う。
それが関西流です。

 良い服を着たり、良い車に乗るのも、ある意味では世間に対するアピールでもあり、またそう云うものを身に付ける事で精神的な豊かさが変る。
良く云うのですが、自営業者や開業医や社長は無理してでも良い物を身に付けろと云います。
それが成功者の証ですし、そうでなければ誰も信じてくれませんし、仕事を頼んでくれません。
贅沢も仕事の内です。
そう云う意識をちゃんと持ってする贅沢は、必要経費であって贅沢ではありません。

 自分の趣味や旅にお金を使うのも、それで自分が豊かになって、知識を得たり、心の平穏を得るのであれば、栄養となるのですから大いに結構。
でも、人からVIP扱いして貰いたい、偉そうにしたいだけなら、それは愚か。

 同じ使い方でも、そこにきちんとした心と意識があるかどうか、そこが大切でしょうね。
誰でも贅沢はしたいです。
でも、そこにある思いがその贅沢を愚かにするか、有益にするかの分かれ道です。
使うべき時は使いましょう。
心を込めて。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

経験

2010 - 02/20 [Sat] - 01:44

 どこのチャンネルに入れても、TVはオリンピックの話題ですね。
メダルを取った、取らなかった、勝った負けたと、勝負事ですから話題が集中するのは当然ですが、それ一色になってしまうと、何だか違うよなぁと思ってしまいます。

 長い努力と研鑽の末に出場権を得て出たオリンピック、皆が必死で全力でやっている姿が美しいですね。
勝つに越した事はないし、勝ちに行くべきです。
が、結果は否応なく出る訳で、それを得難い経験として次に繋げて行って欲しいと思います。
同時に、見ている側の人達が安易な言葉を発しないで欲しいなとも思います。
やった者にしか解らない事があり、見ているだけで、自分が経験もしていないのに、勝手な評論家ほど嫌いなものはありません。
自分がやってから言え!!って思いますね。

 全ては得難い、二度とない経験です。
オリンピックに出る事自体、特別で一般人には想像もつかない経験ですね。
また、そこに至るまでの努力、長い間の厳しい生活を思うと、もう何も言えません。
勝っても負けても、そこでした経験と思いをを大切に、次へステップして欲しいと思います。

 皆の汗と涙と笑顔に感動とエールですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

生きる力

2010 - 02/19 [Fri] - 02:24

 最近、生きる力の弱い人を見たり聞いたりする事が多いですね。
苛め等で引きこもりになってしまって、そこから抜け出せない人、時にはそれで自ら命を絶ってしまう人。
悩んで苦しんで、でも悩むだけで何も行動しないでグルグルと考えだけが回っている人。
厭な事や辛い事があると、すぐに逃げ出してしまう人。
プライドだけ高くて、心の中で人をバカにしていて、他人と関わろうとしないで独善的で、自分を変えようとしない、悪いのは全て他人や世の中のせいにして責任転嫁している人。
等々と、こう云う人達は、誰かにアドバイスされても、誰かに相談しても、聞いた言葉が心に残らず、解ってはいるのだけどと言い訳だけが出て来て、何も変ろうとせず、行動しようとしません。

 一人でこもって、悩んで、苦しんで、それも必要な時がありますが、それだけを永遠にやっていても何も動かず、何も解決しません。
人のせいだと責任転嫁して、じっとしていて、それで物事が改善されたり、解決して行くなら良いですが、そうでなければ全く意味のない、堂々巡りでしかなく、愚痴でしかなくなりますね。
辛ければ、どうすればそこから抜け出せるか考えれば良いし、兎に角、何かを勇気を持ってやってみなければ何も起きません。
負けたくなければ、勝てば良いのです。
勝つ為には努力しなければいけませんし、行動しなければいけません。

 人間は本来、動物です。
生き抜く力は持っているのです。
本能と云う、生存意欲を甦らせて欲しいですね。
獲物は自分で捕るしかないし、勝ち抜くしかない。
誰のせいでもなく、それは自分の責任です。

 その為には身体を鍛え、精神を鍛え、知恵をつけなければいけません。
自分にその力がないなら、誰かから教われば良いし、その人の言う事に従って強くなるしかない。
悩み病、無行動病、責任転嫁病、諦め病は、その人の趣味の様なものに思えますが、どこかで変らないと自分が苦しいだけです。
積極的に生きて行きましょう。

 残念ながら、生きる力の弱い、ない人達の事は、霊視しても御霊示をとっても、未来は何も見えて来ません。
未来は自分の力で切り開き、つかみ取るものです。
それが弱かったりなかったりするのですから、未来はただ萎むだけとしか感じられません。
仏も神も、自ら助く者を助くと云う言葉の通り、行動しない者を救ってはくれません。
甘えていては、神仏も助けようがありませんね。
まずは、行動する事、変る事です。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

使い方

2010 - 02/16 [Tue] - 02:28

 どんなものでも、使い方と云うものがあります。
例えばフライパンですが、鉄のフライパンは熱くして強火で使います。
そして、使い終わったらすぐにぬるま湯で洗います。
それに比べてテフロンやマーブル等のコーティングされたフライパンは、同じ使い方をするとすぐにコーティングがダメになってしまいます。
また、火も中火で使います。
どんなものでも正しい使い方をすると力を発揮してくれますが、間違った使い方をするとすぐにダメになってしまいます。

 身体や心も同じではないかなと思います。
普段生活していると気づきませんが、人間の身体はとっても精密機械です。
信じられない程多くの関節と筋肉、そして神経や血管等が網の目の様に全身に行き渡っています。
日常生活ではどうしても使う場所が限られていて、それ以外の場所は段々と機能が低下して来ます。
でも、一見無関係に見えるそう云う機能低下が、段々と身体の調子を崩して来たりします。
身体が固くなるって云うのも同じですね。
また、呼吸が浅くなるとか、肩が凝るとか、手足が浮腫むとか、気にしないで無視していても生活は出来ますが、放って置くと段々と酷くなって来て、体調を崩します。

 心も同じで、全くストレスがないと段々と怠けてしまって、ぼんやりしてしまいます。
が、ストレスが多過ぎると、それを心は無視しようとし始めます。
そうしないと、心が疲れてしまうからです。
で、無視し続けると、溜ったストレスが危険信号を発する時が来ます。
その時には、身体に変調が起きたり、鬱になったりして、治療に時間がかかったりする様になってしまいます。

 身体も心も、常に良い状態を保ちたいですね。
定期メンテナンスや、ちょっとした不調の時の点検・修理は、自動車やPCだけでなく、人間も必要だと思います。
ターミネーターの様に、人間も自己診断機能を持っていますから、そのスイッチをオフにしない様にしましょう。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

夢を持つ

2010 - 02/15 [Mon] - 02:36

 皆さんは夢と云うものを持っているでしょうか?
こんな風になりたい、こんな所に住みたい、こんな人生を送りたい、色々とあると思います。
子供の頃は誰でも夢の中で生きていた様な感じで、将来はお姫さまになりたいとか、ウルトラマンになりたいとか、ピーターパンの住むネバーランドに住みたいとか思うものです。
そのまま生きたのが、先に亡くなったマイケル・ジャクソンかもしれないですね。
でも、普通は大人になるにつれて段々と夢を諦め、失って行きます。
そして現実的な出世や金銭や権力の方に目が向いて行きます。
それが現実であっても、悲しいと云うか寂しいですね。

 夢は持ち続けていたいですね。
それが例え子供じみていても、夢を持ち続けていると、実現出来るかもしれません。
人間に不可能と云う言葉はないと思います。
途中で諦めるかどうか、夢に届くまで歩み続けるかどうか、だと言った人もいます。
私も同じ思いです。

 夢を掴む為に、夢を追いかけて、その為に必要な努力をして、諦めないで歩きましょう。
いつの日か、きっと夢は現実になってくれるかもしれません。
とは云え、余り非現実的な夢は、やっぱり子供じみているかもしれないですけど、それでも信じていたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

不本意ながら

2010 - 02/14 [Sun] - 02:14

 最近、良く家族と話しているのですが、不本意ながら段々と穏やかになって来ている自分を感じています。
まだまだ穏やかになるつもりもなく、ずっと過激をモットーに生きて来ましたから、段々と穏やかになって行く自分に戸惑ったりする事もあったりします(笑)

 勿論、何でもかんでも怒ったり、突っ走ったりして来た訳ではなく、そこにはちゃんと理由がありました。
怒るべくして怒り、突っ走るべくして突っ走ったのですが、その表現方法や手段がちょっと過激だったと云う事で、それが私のスタイルでもありました。
基本的には私は平和主義者で争い事は好みませんし、とても慎重です。
が、モチベーションが上がるのが、戦闘モードになった時であり、いざ決断して突き進む時であるのは今も同じです。
スイッチが入ると云う奴ですね。

 が、歳を重ねたせいか、経験のせいか、段々と感情的になる事は減って来ました。
ドライになったのか、クールになったのか、或いは達観したのか、どれでもある様でどれでもない様な気がしますが。
滅多に感情的になる事はありません。
そう見えたとしたら、それは相手に対してのポーズだったりします。
でも、本気ですけどね(笑)

 そんな私も時として、ブチ切れる事があります。
正にブチッと音がした様な感じです。
礼儀知らず、立場をわきまえない、余計な干渉をされたり、土足で踏み込まれた時、こちらの真剣な心が伝わらない時、誇りを傷つけられた時、等々。
昔だったら相手はただでは済まないでしょうが、今はそんな事はありません。
ちょっとは大人になり、不本意ながら穏やかになってしまったので、相手にしなくなるだけです。

 でも、こう云う感情は疲れますね。
やっぱり穏やかが一番。
なんて思うのですから、やっぱり歳を重ねたのでしょうね(笑)

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

縁と云うのは有難い

2010 - 02/13 [Sat] - 03:10

 今日、若い夫婦が生後5ヶ月のお嬢さんを連れて訪ねて来てくれました。
私の通う空手道場の指導をしてくれている男性と奥様、お嬢さんですが、わざわざ貸していたハイキック・ガールと云う空手をテーマにした映画のDVDを返しに来てくれました。
その上、奥様からはとっても美味しいチョコレートをバレンタインデーとして戴きました。

 彼らとはちょっとした縁で、私を彼が試合会場で見て知っていたと云う事で、相談に来てくれたのが始まり。
それまでは、正直な所、彼の印象はなかったので記憶に残っていませんでした。
また、相談に彼が来た時も、それを言わないで予約を取って来たので、最初は解りませんでした。
話している内に試合会場で・・・と云う話で、先に言えよって!!って言った覚えがあります(笑)

 それから暫くしてから、彼女が相談に来ました。
この時は、空手関係である事は知らされていましたが、自分の意志で来たと思っていたら、実は彼が行けと言ったと云う事でした(笑)
また、二人が付き合っていると云う事も全く知らなかったのですが、その時に初めて聞かされました。
何だ、そうか~!!って(笑)

 で、彼が前の道場を止めたいと思っていた事もあり、その事でまた相談に来て、ならば今の道場に移って空手を続け、師範の手伝いをしてはどうかと話した事がきっかけで、現在も指導をしてくれています。
それから二人の間の事も段々と相談に乗る様になり、いっそ結婚してしまえと私が言ったのをきっかけに一気に進んだ様でした。
それで二人は結婚。
結婚式は道場の皆が集まって、まるで空手の演武会でしたね(笑)

 思い出すと、何だか実質的に仲人みたいですね。
彼等もそう思ってくれているのでしょうか、時々、訪ねてくれてゆっくりして行ってくれます。

 道場の師範ともあるきっかけで知り合い、それからまた何となく月に一度道場で稽古を一緒にさせて貰う様になり、そして師範の独立に伴って相談役にさせて貰いました。

 縁って、本当に有難いですね。
こう云う縁が広がると、本当に心に沁みて行きます。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

ターミネーター サラ コナー クロニクルズ

2010 - 02/12 [Fri] - 03:44

 DVDで観ていた、ターミネーター サラ コナー クロニクルズを観終わってしまいました。
シーズン1,シーズン2と全編を通して観ましたが、アメリカでは打切りとなってしまっていますが、ターミネーター制作会社が倒産したのでターミネーターの権利が競売にかかったと云う事です。
今後、このシリーズがまたシーズン3として復活する事を望みますが、シーズン2の最後のシーンを観ると、中々難しい気がしますね。

 シーズン1で主役であったサラ・コナーが、シーズン2では存在感が段々と薄くなり、少年だったジョン・コナーが段々と成長して行く姿がシーズン2では描かれ、また味方のターミネーターであるキャメロン・フィリップスに対する思いが深くなって行く過程が描かれています。
結局、タイトルとは違い、主役はジョン・コナーとキャメロン・フィリップスだった様に思えますね。

 マシンはプログラムで動いていますが、学習し続ける事で段々と心を持ち始め、人間に近づいて行く過程が描かれている様に思いますし、接してる男の子がそれを観ていて、段々とマシンである筈の相手に対する思いが変化して行くのを見ていて、心って何だろうかと云うのを今さらながら思います。
考えてみれば、人間も生体で出来た精密機械、いわばバイオ・マシーンです。
データをどんどん蓄積して行く事で学習し、成長して行きます。
そう思うと、マシーンもいつかは人間に近づいて行き、色々なトラブルが起きたり、共存したり、時には愛し合ったりする事もあるのかもしれないなと思います。

 そう考えて行くと、意志を持っているものは全て生命であると云う観点からすると、ロボットやサイボーグも生命と云えるのかもしれないですね。
映画やTVの様に、争いが起きない事を願いますが、進化の過程で生命の形態も変って行くのかもしれないですね。
スタートレックのネクスト・ジェネレーションでも、データと云うアンドロイドが活躍しますが、とても人間的に描かれています。

 SFを見ながら、それを絵空事に感じない、リアリティーを感じて未来を想像してしまいます。
私の生きている時代にはそう云うものが現実化するとは思えませんが、良い事か悪い事かは別として、壮大な未来を感じる事が出来ると云う意味で、SFは好きですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

ストレッチ

2010 - 02/11 [Thu] - 04:11

 今日、弟子達にストレッチや身体の矯正法を教えていました。
ストレッチ、柔軟体操と云うと、無理矢理に曲げたり伸ばしたりして、痛いと云うイメージがありますね。
でも、正しい方法は、出来るだけ痛くしない事、気持ち良くする事です。
時間をかけてゆっくり気持ち良くやって行くと、その内、関節の可動範囲も広がって行きます。
ストレッチの目的は、曲げる事、伸ばす事ではなく、血流を良くする事、可動範囲を広げて行く事です。
無理して痛みが出ると、筋肉は拒否反応を起こして縮もうとします。
ですから、ゆっくりゆっくり、痛くない様に、また気持ち良くなる様に動かしましょう。
その時に、決して呼吸は止めないで下さい。
呼吸を止めると、自然と筋肉に力が入り、固まってしまいます。

 それから、一つ一つの関節、指の関節まで、こんなに人間の身体には沢山の関節があるのかと思う位の数がありますから、それを一つ一つ意識してやって下さい。
筋肉も、自分が思っているよりも、沢山の筋肉が複雑に入り組んでいます。
その一つ一つをゆっくりと伸ばしたり縮めたりして下さい。
自己確認にもなります。
こんな所が固まっていた、ここが曲がっていた、やっていると発見が沢山あります。
それを続ける事が、身体の歪みや固くなった所の矯正になります。

 身体の歪みを矯正し、凝りや固まりを解して行くと、心も緩んで柔軟になって来ます。
身体も心も、時間をかけて、ゆっくりと解して行きましょう。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

楽しい人生

2010 - 02/10 [Wed] - 03:21

 いつも笑顔でいられたら良いですね。
仕事も自分が満足出来る仕事がずっと出来たら良いですね。
楽しい人生を歩く為には、頑張りも必要で、時には険しい山を登らなければいけなかったり、深い谷に降りなければいけない時もあります。
それでも、それを楽しむ事が出来る器量と懐の深さと大らかさを持てたら、きっと全てが幸せと感じる事が出来ると思います。

 怒ったり悲しんだりするのは、凄く疲れます。
その時は感情が高ぶっていますから気づきませんが、後でドッと疲れてしまいますね。
笑顔だけで癌を自己治癒で消した人さえもいるらしいですから、一日に一度は笑える様な生活をしたいですね。
可笑しい笑い、楽しい笑い、悲しい笑い、寂しい笑いと、笑いにも色々ありますが、やっぱり可笑しい笑いか楽しい笑いをいつも持っていたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

節分の祈り

2010 - 02/09 [Tue] - 02:53

 2月7日、節分の祈りを敢えて遅くして行いました。
2月14日の旧暦の正月、それに伴って行われる星祭りを加味して、敢えて遅く行ったのですが、とっても激しくキツい祈りになりました。
1月1日の元旦とは違い、今回は仏で祈ったと云う事もあり、禊・招福と云うよりは、厄除けとそれぞれの祈願を通す事に集中したものです。
ですから、正直な所、無理な願いもあり、神なら突き返される所ですが、強引に祈願を力任せに通したと云う所もあります。
それに伴い、詠むお経も段々と熱が入り、真言に至っては永遠に終わらないのではないかと云う感じになってしまって、どんどんお経が長くなってしまいました。
最後辺りでは、弟子達もへばってしまって声が出なくなり、私も流石に声が枯れて来ました。
ま、たまにはこう云うのも良いでしょう。

 幾ら強い祈願であっても、そこに努力がなければ、やるべき事をやっていなければ、無理に通した祈願だけに返って来るものも大きいでしょうね。
神は自ら助く者を助けると云われますが、仏も同様、ひたすら精進して頑張って突き進む者に力を貸してくれます。
他力本願の、願ってさえいれば、取り敢ず祈っておこうと云う人には、厳しいものです。
願いを叶える代りに、厳しい行を課せられるか、贖いを求められます。
祈願にも分相応と云う事があると云う事ですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

低俗

2010 - 02/07 [Sun] - 02:47

 霊能力者や修行者は、無意識か意識的かは別にして、必要なものや欲しいもの、自分にとって益となる人や環境等、色々なものを引き寄せる事があります。
引っ越しをした時に、家具や家電等、何も買わなかったと云う人も珍しくありません。
誰かが「これ、あげる」と言ってくれた。
それがあちこちからやって来て、気がついたら全て揃っていた。
とっても羨しい話ですね。

 私もそう云う事がないとは言いませんし、そう云う引き寄せで手に入れた秘伝書も数多くあります。
何気なく本屋に出かけたら、そこに長年探していた秘伝書が、何気なく置いてある。
そんな事は一度や二度ではありません。
必要な出費がある時、その出費に見合うだけ、大々7~8割賄うだけの金額に当る仕事が急に入って来たとか。
特に神仏に関わる事は、不思議と回って来ますね。

 とっても便利な力(と云って良いのでしょうか?)ですが、これが大問題。
必要なものを引き寄せられるからと、詰らない、愚にもつかないものばかり引き寄せていると、もっと必要な大きなものが引き寄せられて来ません。
運や力を使い果たすと云う事ではなく、何でもどうせ手に入るからと安易になってしまって、真剣さに欠けるからです。

 引き寄せるにしろ、努力して手に入れるにしろ、真剣に思って人生の先を見て行うべきものであり、安易さはその場限りの自己満足でしかなく、人生を切り開く道にはなりません。
だから、そう云う人は修業も安易、中途半端。

 低俗なものを引き寄せてばかりいるのは、自分自身も低俗と云う事ですね。
本当に将来に向けて必要なものを引き寄せる為に、安易な引き寄せは命取りになります。
与えられたそう云う力は、将来の為、誰かの為に用いてこそ、真の法力と云えるのではないかと思いますが。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

無関係

2010 - 02/06 [Sat] - 03:15

  今日、話していて「取り敢ず」と云う言葉が話題になりました。
取り敢ず・・・と一言で言っても意味が幾つかある様に思います。

 取り敢ず・・・人が訪ねて来ないし、部屋を片づけなくても良いや

 取り敢ず・・・眠る事が出来るのだから、それで良いや

 取り敢ず・・・何も変えなくても生きて行ける

 取り敢ず・・・ここを遣り過ごせば、嵐は過ぎる

 取り敢ず・・・このままでも仕事はやって行けるし、無理をしなくても良いか

 って人が多いですね。
取り敢ず、今を凌げばそれで良い、後の事なんか考えなくても生きて行けるし、仕事して行ける。
でも、心の中では綺麗な部屋や人から信頼される事や出世する事を望んでる。
取り敢ずと目を背けていても、そんな矛盾が自分の心の中にあるから、いつも落ち着かない。
そのままではいけないのは、自分でも良く解っていても、面倒臭さとリスクを恐れて、変化しないでそのまま取り敢ず取り敢ずと目を背ける。

 違った意味では、取り敢ず今はこうするしかないから、待つ。
ペンディングして、次のチャンスを待つ為に、取り敢ずここは無理をしないで待とうと云うもの。
言葉は同じでも、意味は全く違いますね。
次を見据えての取り敢ずか、逃げの為の取り敢ずか・・・。

 さて、どっちを選びましょうかね?

 全く修業とは無関係に思える今日の様なトピックが、実は一番大切な修業だったりします。
相手は昔からの弟子だったので、最後の私の言葉は、「弟子は問答無用」でした。
余り古臭い事を言うつもりはありませんが、師匠と弟子は親子の関係よりも濃く、絶対服従。
問答無用で師に従う。
善かれ、良くなれと思って指導する事ですが、そこに達していない弟子はその意味が理解出来ないでしょう。
やってみたら解ります。
やらなければ解りません。
幾ら説明しても、無駄。
考えれば考えるほど、余計にドツボに陥るだけです。
ですから、問答無用。
ま、修業なんてそんなものですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

伝える、伝わる

2010 - 02/03 [Wed] - 02:02

 いつも思う事ですが、伝えると云う事と、伝わると云う事は、全く別物なのだなと思います。
一生懸命に心を込めて伝えようと、あの手この手を使って、苦労して伝えて、伝わったかな?と思っても、実は全く伝わっていないなんて事もあります。
その場では納得した様に、本人も思っている様ですし、こちらから見てもそうなのですが、一日後にはその事はなかったかの様に、忘れ去ってしまったかの様な状態になってしまう。
こう云う時、虚しいと思う事も何度もありました。
でも、それでも伝え続ける、訴え続ける事が大切です。
いつか、聞いてくれる側が準備が出来た時、フッと心に沁み通る事があるからです。
それまでは何を言っても、どんな手を使っても伝わらなかったのが、その瞬間にそれまでが嘘の様に伝わって行く事があります。

 伝えようとしなければ伝わりません。
でも、伝えようとしても伝わらない事も多いですね。
受け入れようとしなければ、伝わって来ません。
受け入れようとしても、受け入れられない時もあり、その時が来るまで沁み通って来ないと云うのが人間と云うものです。

 長い時をかけて変化して行くのが人間。
長い時をかけて学んで行くのが人間。
人と人が心を通わせるにも、長い時がかかるのが人間。
う~ん、人間って中々大変ですね。
でも、だから人間は素晴らしい。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

2010 - 02/02 [Tue] - 03:21

 久々の雪ですね。
用時で出かけた時は、パラパラと雨が降り始め、帰って来る頃には雨も強くなって来ていました。
それから数時間、夜になって段々とみぞれに変り、それが雪となって積もりました。
今の時間はもう止んでいますが、積もった雪が景色となって、夜中なのに明るく感じます。
でも、明日は晴れるそうなので、午後には溶けてしまうのでしょうね。

 雪国の人は雪なんて見たくもない程、見飽きていてるでしょうが、都会人にとっては雪は幻想ですね。
もっと、都会人は雪に慣れていないので、途端に交通機関や道路がスタックしてしまいますが。
雪は音も何もかも鎮めてくれる気がします。
特に降っている時の静けさは、まるで音が消えてしまったかの様にさえ感じます。
それを見ていると、心まで静かに落ち着いて来るから不思議ですね。

 雪の様に純白な心で、静かで、いつもいられたら最高ですね。
穢れを全て吸い取って、鎮めて、洗い流してしまう様な、そんな心を持ちたいですね。

 もっとも、修行者にとっては、色々と悟る時間でもあり、同時に厳しい時間でもありますね。
雪の中で入る瀧修業、シンシンと冷える中で座る瞑想や勤行、身体だけではなく心まで凍ってしまう気がします。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

品格

2010 - 02/01 [Mon] - 02:58

 昨今、ボクシングや大相撲、また年末に行われた格闘技等で、選手の品格と云う問題が大きく取り沙汰されていますね。
強くなるのは大変な事です。
が、それ以上に心を高めて行くのはもっと難しい。
戦時に於てすら、兵士達は人としての品格を保たなければ、異常な環境下で生き抜くのですから、精神が崩壊して人間性を失ってしまうと聞きます。
空手の世界でも、強いだけで人として尊敬に値しない唾棄すべ人も残念ながらいます。
勝負の世界ですから、どうしても強さ、勝ち負けだけに目が行ってしまって、人としての品位やその影響と云うものを忘れてしまう事もあるでしょう。
義兄がやっている剣道でも同じで、高段者である義兄は品位と云うものをとても重んじます。
曾て、強いだけの剣は邪剣と呼ばれ忌み嫌われました。
切れるのは最高に切れる刀が魔剣として忌み嫌われたのと同じですね。
空手も、極真空手はその当初は強いだけのぶっ壊し空手、品格がないと伝統空手から忌み嫌われました。

 我々が修業している密教やその他の秘儀についても同じです。
人格が伴わないと、ただの暴力的な武器になってしまいます。
力だけを求めていると、自ら破滅への道を進む事になり、周囲への影響も見逃す訳には行きません。
愚かにも、呪いや呪法を教えるとか、代行すると云う輩もいると聞きます。
神や仏の本来の道筋に反して行われる愚行は、その道士も依頼した人も、決して救われない道へと進む事になるでしょう。
私も弟子を持っていますが、最も重んじるのは心であり、品格です。
幾ら頼まれても、大枚を積まれても、人格の伴わない者に伝授する事はあり得ません。

 強くなって行く事、それは人間の持つ永遠の憧れかもしれません。
が、同時に、強くなって行く過程で、人として尊敬に値する品格を身につけて行かなければいけません。
強さは第一の目標、その先に人としての完成された姿があると思います。
何れにしろ、強さだけで品格のない、問題になっている様な人達は、その世界から消え去って行くしかないでしょうね。
皆の憧れとなる人としての影響を考えると、やはり相応しくないと云う事になるかもしれません。

 曾て、極真空手の創始者である大山倍達総裁が、「力なき正義は無力、正義なき力は暴力」と言った事があります。
正にその通りですね。
格闘技も密教も秘儀も、力と品格の両輪が揃わないと、周囲も自己も破滅に繋がります。
何の為に力を求めるか、力をつけてどうするか、そう云う事をしっかり見詰めて行く必要があるでしょうね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR