感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2010年01月  

心と身体が休まる場所

2010 - 01/31 [Sun] - 02:49

 誰でもそうですが、外では仕事、内では家庭に対して気を遣い、本当に心も身体も休まる場所って、実はありあそうでないのが現実ですね。
だからヒーリングやセラピー、癒しなんてものが流行るのでしょうね。
張り詰めた糸は、いつかは切れてしまいます。
ですから、どこかに本当にゆっくりと手足を伸ばし、心を開放する場所が必要だと思います。

 他では言えない愚痴、誰にも言えない自分だけの心の言葉、誰にも見せない本当の自分の素顔、本音なんて実は家庭内でも言えなかったりするものですからね。
本当は家庭こそ、そう云う安住の空間であって欲しいし、そうであるべきだと思うのですが、現実は中々そうは行かず、帰宅拒否症なんて事も良くある様ですね。

 自分だけのそう云う時間や空間を持つ事を意識しましょう。
大袈裟ではなく、公園で昼寝したり、ちょっと温泉に出かけたり、目的もなくホテルで一泊したり、郊外へドライブなんてのも良いですね。
その時だけは何もかも忘れて、何かをしようなんて事も思わず、のんびりと羽を伸ばしましょう。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

スポンサーサイト

緩急

2010 - 01/30 [Sat] - 03:52

 緩急と云うと、私はつい武道を連想してしまいます。
空手の型や動きの中で、如何に緩急を自在にするかがとても大切です。
しっかり脱力し、ゆっくりと力を込める所、早く動く所、そのメリハリが自在に出来てこそ達人と云われます。
組手やスパーリングでも、動きっ放しでは疲れるだけです。
と云って、ゆっくりと動くだけでは、あっと云う間に相手の突きや蹴りを受けてしまいます。

 武田信玄が風林火山を心に戦ったと云う事ですが、これは元々は三国志の孫子の兵法よりの言葉です。
肉体も精神も、戦略も、全て自在に止まり、動き、静かに、そして猛々しくと云う教えですね。
これは武道や武士だけの話ではなく、日常にも云えると思います。

 時に激しく、そして時に静かに、また動く時は素早く、止まる時は永遠の如くに止まる。
自在にこれらが出来たら、肉体も精神も心も、もっと自由になるかもしれませんね。

 そうなるべく、空手のみならず、仕事でも日常でも、日々修業です。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

最も重要な修業

2010 - 01/29 [Fri] - 03:21

 祈っていても、空手をやっていても、そこで一番大切な修業は何かと考える時、突き詰めて行くと驚くべき答に到達するものです。
どうやったら力がつくか、どうやったら越えられるか、それこそ全身全霊で必死で考えて来ました。
その結果、私が最後に出会った答が、日常です。

 日常の中の歩き方、姿勢、呼吸、手の動き、人との距離、言葉、整理、整頓、掃除、等々と日常の中で考えて行くと物凄く沢山の事をやっている自分に気がつきます。
自然と余り考えずにやっているから普段は気づきませんが、自分が朝起きてから寝るまでにやっている事を一つ一つ思い浮かべると、膨大な量がある事に気づきます。
そして、その一つ一つが全て己自身の肉体と心に繋がっています。
呼吸がきちんと出来なければ、お経も詠めなきゃ、気合いも出せない。
そう考えて行くと、日常って恐ろしく大切である事に気づきます。

 特別な修業や決められた修業は、すぐに意識出来ます。
でも、日常の中にある事は、流れてしまいます。
その日常の中に、特別な修業に繋がる全てが含まれている事に気づくまで、私も長い時がかかりました。

 その日常が全て修業となって行くと、特別な修業を行わなくても良いのだと言いたいですが、これは間違い。
日常の中の修業、特別な修業、そして論理を学ぶ事、知識をつける事、それらが全て一つになった時、大きく次へのステップになります。

 基本こそ命です。
基本は日常の中にあり、特別な修業をする時間が取れない人でも、そこで修業する事が出来ます。
まず、自分の一日を振り返って、何をしているのか、検証してみる所から始めると良いですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

生涯現役

2010 - 01/27 [Wed] - 01:57

 今日は空手の練習日でした。
どう云う訳か、今日は皆の出足が凄く良く、始めっから20名近い参加者。
その中で黒帯が7名、後から凄い黒帯が遅れて参加しました。
これだけ揃うと壮観なものですね。
火曜日は人気があるのか、仕事の都合か、こう云う事が良くあります。
従って、練習はいつも以上に熱が籠って激しくも楽しいものでした。

 しかし考えてみれば、今日参加していた道場生で下が高校生、上が54歳の私。
道場で最高齢ではなく、2番目ですが、こうして現役で練習していられるのが嬉しいですね。
若い人達と一緒に汗を流し、皆と同じ様には絶対に動けませんが、何とかついて行ける事が嬉しいです。
そして、この年齢になって、足もまた上がる様になって来て、動きのスピードも上がり、毎回課題が見つかって次に頑張れると云う事が、有難いです。
これで良いと満足する事なく、またこの年になっても変化して進歩して行ける実感は、とても嬉しいものです。

 これから何年、何十年、こうして皆と同じ練習をして行けるか解りません。
でも、生涯現役を目標として頑張って行きたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

自己検証

2010 - 01/26 [Tue] - 03:00

 祭壇や仏壇の前で祈る、供養する、祈願する、瞑想する、、、、、、。
何をするかはその時次第、その人次第。
で、良く私が聞かれるのが、私の祈りはどうでしょうか???
ちゃんと通っているでしょうか?
伝わっているでしょうか?
効果はあるでしょうか?
は、は、は、知るかそんなもん(笑)って言いたくなる時も、実はしばしばあります。
だって、そんな事は自分が一番解るでしょう。
修業していない一般人なら当然の質問です。
自分の祈りや祭壇や仏壇の前でやっている事が正しいかどうか、確かめる術も能力もないのですから。
が、修業しているなら、そう云うものも自分で確かめる、確証を持って行く事も大切な修業です。

 私はこう云う感じを持ったのですが、如何でしょうか???
これなら、質問の姿勢としては正しいですね。
妻は元教師ですが、学生が勉強が解らないと質問して来た時、全く勉強していない学生だったら追い返したでしょう。
それが勉強して来て、そこから先が解らないと云うなら、当然ですが全力で教えたと思います。

 学ぶ姿勢、教わる姿勢、質問する姿勢、修行者として弟子としての姿勢、大切ですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

無駄遣い

2010 - 01/24 [Sun] - 02:09

 結構、私は無駄遣いが好きです。
衝動買いをしたり、じっくり考えて無駄な物を買ったり、買ってから失敗したと後悔したり。
また、時間の無駄遣いも大好きです。
意味もなく散歩したり、だらだらと眠ったり、映画を見たり、趣味の時間を持ったり。

 無駄遣いって、人生の潤いだと思っています。
無駄のない生活や考え方って、それはそれでとても効率的で失敗もないでしょうが、潤いもない様に思います。
はまっているターミネータではないですが、ロボットではないのですから、無駄があってこそ糊代もあって、それがまた人生の魅力でもあり、人の幅でもある様に思います。

 でも単なる無駄遣いではなく、その無駄が自分の栄養になる様な無駄遣いをしましょう。
無駄遣いが、本当に人生の浪費になっては意味がありません。
時もお金も、良い無駄遣いのやり方を学んで行きたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

言葉じゃなく

2010 - 01/23 [Sat] - 04:13

 人を育てて行く時、子育てでも教育でも武道でも何でも、指導するには言葉が必要ですが、言葉で伝えられる事って、テクニックとか考え方とか理論とかであって、心は伝える事が出来ません。
本当に伝えたい芯の部分は、言葉で伝える事は絶対に不可能ですね。
逆を云うと、幾ら質問しても、突っ込んでも、そこに関しては聞く事が出来ない、教わる事が出来ないと云う事でもあります。
ではどうすれば良いのか。
教える側は、ただ自分を見せ続ける事でしか伝える事は出来ません。
自分の生き様、自分の全てを見せ続ける事、その背中と姿を見て、人は感じ取り、学んで行きます。
教わる側は、ひたすら見る事、感じる事ですね。
見たもの、感じたものから、自分で考え、葛藤し、真似をして行く。

 理論、理屈は、所詮は入り口でしかありません。
体験、経験に勝るものはありません。
悩み、葛藤し、苦しみ、失敗しながら、段々と学んで行きます。
言葉や文字で学んだ事は、理屈でしかありません。
机上の空論ですね。

 人と自分を比べている暇があったら、自分でやるべき事をやり、どんどんチャレンジし、自分を追い込んで行って、真剣に悩み、苦しみ、あがいて行く事です。
逃げ場を作っている様では、本当の力はつきません。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

最初の一歩

2010 - 01/22 [Fri] - 03:10

 人生は、毎日毎日が全て最初の一歩だと思っています。
今日は今日しかなく、二度と来ないし、今日と云う日は過去には経験していないのですから。
最初の一歩と云うのは、怖れとの闘いかもしれないですね。
そう思うと、毎日毎日が親権にならざるを得ません。
何が起きるか、予想を越える事が起きるか、やってみなければ解りませんから。

 一歩踏み出せ、そこは極楽

 かの柳生宗矩の言葉ですが、私はとても好きな言葉です。
向かい合った相手の剣の切先が自分を制している。
相手も自分の持つ剣の切先で制されている。
恐怖との闘いです。
そこで勇気を持って踏み込んだ者が勝つ、即ち極楽であると云う意味です。
もしそこで恐々と気持ちが臆して踏み込むと、踏み込みが足らず、剣が相手の届かず、逆に相手の剣によって斬られてしまうかもしれない。
思い切って踏み込む事で、その気迫が相手を制してしまう。

 何かをやろうとする時、そこには勿論、正しい方法と云うものがあります。
でも、それはやり方と云う理屈であって、それ以前に恐怖を越えて、そこに踏み込む気力と勇気と決断が必要です。
それがなければ、幾ら理屈をこねて方法を考えても、意味がありません。

 決断力、勇気、気力、行動力、それが基本だろうと思います。

 修業なんて、その連続です。
己の心身を削って、時には命をかけて、己の限界に挑戦して行く。
そこから感じ取る事や得る事、見えて来る事や解って来る事が色々あります。
限界の挑戦しない修業は、遊びでしかありませんね。
恐怖を越え、リスクを越えて、突き進むしかありません。
幾らゴタクを並べ立てても、除霊も祈願も出来ません。
やる時はやるしかない。
もし命を落としても、それもまた楽し。
でなければ、修業とは云えないですね。
素質もヘチマもありません。
全てを捨てて、怖れを捨てて、執着から解き放って、一歩進しかない。

 祈りの時、己が命を失おうと、家族を失おうと、そんな事を恐れる様では真の祈りは不可能。
真剣に命の遣り取りをする意識でなければ、空手も単なるスポーツ。
修業とは偏執狂がやる者であり、極端な意識の状態を保つ事です。
普通人の意識を持ち、普通に生きたい人は止めた方が良いですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

悩んでも

2010 - 01/20 [Wed] - 03:22

 いつも言っている事ですが、悩むと云うのは堂々巡りをしていて、そこから抜け出せない事です。
ああでもない、こうでもない、と悩んでも、そこに解決策はない。
と幾ら考えても悩んでも答が出ないと云う事は、今考えても仕方ない事だと云う事です。
明日、世界が滅びるかもしれないと悩んでも、実際に明日にならなければ何も解らないですし、世界が滅びるなら幾ら悩んでも滅んでしまうでしょう。

 悩むより考えよ。
堂々巡りで悩むよりも、今何をするべきか、問題を解決するにはどう云う方法があるかを考えるべきですね。
堂々巡りは時間の無駄です。
また、悩む必要がある事なのか、悩んで解決するのか、そう云う事を考えてみると、殆どの悩みは悩む必要もないし、悩んでも益がないと云う事に気づきます。

 悩むより考えて、考えたら行動して、問題を積極的に解決して行く。
悩むのも経験ですが、いつまでもそこで止まっているのは如何でしょうね?

 ところで、「だんな様は霊能力者」の本が残り僅かになった様です。
本屋さん店頭では中々見つける事が出来ない状況になっています。
まだ、AmazonやYahoo!等では購入可能です。
どうぞ、お早めにお買い求め下さい。

dannasama-fc2-02.jpg


Adept・Mentor 島津相談室
バナー

空白の時

2010 - 01/19 [Tue] - 04:45

 仕事の合間、忙しい日常の合間に、ちょっとした空白の時間を持つ事は大切です。
空白、文字通り何もない。
考えず、思わず、と云って眠っている訳ではなく、何もせず何も頭の中にも心の中にもない。
そんな時間を少しでも持つと、良いですね。
別に瞑想しなくても、ボーッとする時間を持つ。
忙しい時間を過ごしている人は、そう云う時間を持つ事が多い様です。
ちょっとした時間の空白を持つ事で、スイッチの切り換えや心の切り換え、モードの切り換えをする。

 勿論、何かに没頭すると云う事も大切です。
が、本当に何もない時間を持つと、自分でも驚く程に疲れが抜けたりします。
また、眠っていた心が動き出したり。

 再起動するには、一旦オフにしなければいけないと云う事ですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

2010 - 01/17 [Sun] - 02:09

 ここ数日、不動産の御相談が続いています。
不動産って不思議なもので、縁がなければ絶対に動きません。
逆に縁があれば、不思議な位に簡単に手許にやって来ます。
ですから、縁がある時は絶対に不可能と思われた融資が下りたり、予想外の安価で手に入ったりするものです。

 人間関係でも仕事でも、全てのものは縁と云うものが大きく作用します。
縁がある、ない、でその過程も結果も天と地ほど異なって来るものです。
縁とは繋ぐものですから、当然ですね。

 また、縁が出来ても、その縁に胡座をかいてしまうと、そこで縁が途切れてしまう事もあります。
必要な努力は続ける事、気を抜かない事が、良い縁を持続させて行く秘訣です。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

常識が違う

2010 - 01/16 [Sat] - 03:15

 所変われば品変わると云いますね。
場所や土地が変れば、そこでの風俗も習慣も常識も皆違うと云う事です。
当り前の事ですが、これを忘れる人が多いのです。

 結婚したら、嫁いだ女性は嫁いだ先の、養子に入った男性は養子先の家の習慣を受け入れて行かなければいけません。
全て従えと云うのではなく、以前とは違うのだと云う事を受け入れて、変えるべき所は変えなければいけないと云う事です。

 転職したら、働き方も仕事に対する考え方も制度も全て変ります。
前の会社ではこうだった、以前働いていた所ではこうだった、と云うのは通用しません。
それなら前の所へ戻れ!!と云う事になります。

 何が正しいかなんて、その場その場でも時代でも変ります。
自分の知るもの、常識でも価値観でも、それだけが正しいと思ったら大きな間違い。
周囲とトラブルを起こすだけです。

 郷に入っては郷に従え

 その場の空気に馴染んで、まずその場に溶け込む。
それから、話は始まります。
まず拒否感ありき、否定ありきでは何も始まりません。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

相談の仕方

2010 - 01/15 [Fri] - 04:50

 色々な御相談をお受けします。
何でも相談して下さって良いのですが、占師の様に「私の未来は?」「いつ、望むものが手に入りますか」「結婚は出来ますか?」って聞かれた時、申し訳ないですが「知るか、そんなもん」って答えたくなります。
そんな答えが欲しいのであれば、占師の所へ行って下さい。

 また、パワーストーンさえ持てば運が良くなるって思っている人も多いですね。
確かに、パワーストーンを持つと大抵の場合は運が上がります。
でも、それはパワーストーンが持つ人の潜在的なものを補助して増幅した結果であり、持っただけで運が良くなる訳ではありません。
幾ら高性能なPCを持っても、使えなければただの箱だと云うのと同じです。

 運を開くのもつかむのも、自分自身。
未来への不安は十分に理解出来ますが、そんな事に不安がるよりも、何をするべきかを相談して下さい。
今選ぶ道筋が未来を決めます。
決まった未来なんか、あって堪るかと云うのが私の口癖。
未来は自分で決めるのです。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

甘え

2010 - 01/14 [Thu] - 04:06

 生きていると辛い事って沢山あります。
逃げ出したい事、苦しい事、嫌な事、もう嫌と云う程、次から次へと出て来るものです。
全てOK、嫌な事は一つもない、なんて人はいません。
あったとしても、それはほんの一瞬だけの事で、次の瞬間には嫌な事が起きて来ます。
それに耐え続けて生き抜く事が人生と云えなくもないのが悲しいですね。

 でもそれも気の持ち様と考え方でしょうね。
平和になったと云う事は、それだけ手に入るものも増えたと云う事であると同時に、危機感や切迫感を感じないで生きて行ける様になったと云う事でもあり、だからちょっとした嫌な事がとても大きく感じてしまう。
昔であれば、生きる事で精一杯で、ちょっとした事は気にしている余裕すらなかったのが、余裕が出来た事の良い面と悪い面が出ていると云う事でしょうね。
何かを得ると何かを失う。

 そう云う意味で云うと、やはり甘い人が多いですね。
特に若い人には。
ちょっと嫌な事があった、辛い事があったのをいつまでも引きずって忘れず、自分の未来すら希望を失ってしまって、頑張るのに疲れた等と戯言を言う。
他人から見ていると、頑張ったとも云えない程度であって、逃げているとしか見えないのに。

 昔であれば、甘い人は生きて行く事すら出来なかった。
今は甘くても生きて行ける。
それが良い時代になったと云う事なのでしょうが、強さを失って、甘さが許される。

 でも、今は甘さで逃げる事が出来ても、いつかは逃げられない事に直面する時は必ず来ます。
その時に慌てて力をつけようとしても遅い。
心の傷や辛い経験はちゃんとケアして行くべきですが、そこに甘えて言い訳を作っていたら、後で余計に自分が辛くなるだけです。
どんなに辛くても、癒えない傷はありません。
諦めず、頑張り続けるしかありません。


Adept・Mentor 島津相談室
バナー

守るものがあるから

2010 - 01/13 [Wed] - 01:46

 人間って勝手なもので、守るものがなく、自分の為の頑張りは大々弛れてしまうものです。
まぁ良いや、これ位は良いだろうって始まって、段々と気が抜けて行きます。
しかし、守るものがある人は、そこで踏ん張って頑張り通します。
家族を守る、誰かの為に頑張る、そして自分の信念や未来の為に頑張る。
先に光が見えなくても、誰かの為なら頑張り続ける事が出来ます。
先に光があるなら、自分の未来の為に頑張り続ける事が出来ます。
ただ意味もなく、ひたすら毎日を頑張ると云うのは、それだけのモチベーションを維持してくれるものが必要なのですね。

 人間は皆、誰でもどこかで我慢したり、不満を抱えながら頑張っています。
それを良く見ると、やっぱり何かを守る為に頑張っています。
これからの未来の為、誰かの為、しっかり守るものを見つけて頑張りましょう。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

根底に流れる意識

2010 - 01/12 [Tue] - 04:06

 人それぞれに趣味思考があるなと思います。
例えば映画を観る時、ロマンチックなものが好きな人、アドベンチャーが好きな人、SFが好きな人、時代物が好きな人、またアクションが好きな人、等々と色々あります。
洋服でも持ち物でも、好きな国や場所でも、また日常の食べ物でも同じですね。

 趣味思考は、その人が持つ根底に流れる意識の影響が大きいのだろうなと思います。
生まれ持った性格、育った環境、受けた教育、付き合って来た友達、出会った人々、過ごして来た街、そして色々な経験、前世での経験や意識、先祖から受け継ぐもの、等々が無意識に心身に沁み込んでその人の言動や趣味思考を規定して行く様に思います。
そう云う意味では、その人その人に一定のパターンがあるとも云えるかもしれないですね。
そのパターンを分析する、プロファイルして行くと、その人の事が良く解るかもしれません。
実際、警察や軍事ではそう云うプロファイリングが現実として研究され、使われています。
これからは、企業の人事等でもそう云うものが使われる様になって行くかもしれないですね。

 本来は、人間はそう云うものを超えて行く能力はあると思います。
パターンに当て嵌らない、プロファイリングが難しい、或いは不可能と云う所まで人間性を高めて大きく広げて行く事が可能だと思います。
が、現実的にそれは長い時間をかけて幅広い知識の修得と、心身の鍛錬が必要です。
修業はその為にあり、永遠の光に到達する事を信じて続けます。
いつの日か、そこまで行ける事を信じて行きたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

やっと初詣

2010 - 01/11 [Mon] - 04:10

 忙しい正月が終り、その後もバタバタと面接していて、今日やっと初詣が出来ました。
歩いて10分程度の場所にある氏神様とその隣にある真言宗智山派のお寺。
何とか松の内に行く事が出来て良かったです。

 松の内と云うと、最近は7日に鏡開きを行う様ですが、私は古臭く15日に行います。
何でもかんでも新しくしてしまうのは、如何でしょうね?
効率とか色々あるのでしょうが、守り伝える伝統は残しても良いのではないかと思います。

 古いものと新しいもの、価値観でも教育でも政治でも、また機械類でも何でも新しいものだけが良いものである訳ではありません。
古き良きものと云うのは、一つのアイデンティティであり、その民族、その国家の骨子となるものだと思います。
先頃、皇室の問題が取り沙汰された事もありますが、現在の皇室制度が正しいかどうかは別として、また人それぞれの思想と云う側面から皇室と云うものに対する意見はあるとしても、長く日本の中心に光り輝いて来た、国民の希望であり、光ですから、やはり大切に守って欲しいなと思います。

 無宗教と云われる現代日本人ですが、神社やお寺にお参りする方々を見ていると、心の中にはしっかりと根付いたものを感じますね。

NEC_0054.jpg NEC_0055.jpg

NEC_0056.jpg NEC_0057.jpg

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

新しい事

2010 - 01/10 [Sun] - 03:44

 何か新しい事を始めようとすると、他の事を色々と合わせて処理しなければいけなかったりもしますね。
今までと同じでは新しい事は出来ないのであり、いつもやっている事も変更して、或いは削除して行く必要があります。
そうしないと次へ進めません。
あれもこれもと云うのは、どっちつかずになってしまいます。
一つを捨てて一つ始める。
欲張りはダメですね。

 何かを変える、捨てると云うのは勇気の要る事です。
新しい事をやろうと云う勇気とどっちが・・・と云う気もしますが、やっている事を止めるとか捨てる方が勇気が必要だろうと思います。
でも、留まる水は腐るの喩えもあり、水は流れ続けていなければいけません。
時代は流れ、全ては止まる事なく流れています。
その流れに乗って行かなければ、置いて行かれ、腐ってしまいます。
常に新鮮である事、大切ですね。
勿論、変らずずっと同じと云う部分も大切にしたいですが、時間が止まってしまうと全てが止まり、頽廃へと繋がります。

 いつも前を向き、上を見て、先へ先へと進みたいですね。
時には後や下を向いて確かめたり、休んだりする事も必要ですが。

 ところで、今月のアデプト通信・島津語録が遅れています。
申し訳ありません。
やっと出来上がりましたので、来週早々には発送出来ると思います。
今月より、アデプト通信の中に島津語録が入ります。
会員の方は勿論ですが、非会員の方にも島津語録を読んで戴ける様になります。
尚、会員は面接料その他が半額です。
詳しくは、HPを御覧下さい。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

長い時をかけて

2010 - 01/08 [Fri] - 05:13

 昔、空手を始めた時、伝統空手でしたが一年で初段、黒帯を取りました。
それから年々段位が上がり、高段者と云われる段位になりました。
今、空手を始めて40年、未だに真理を追いかけています。

 密教の修業を始めた時、30年かかると言われました。
ふざけるな、そんなにかけていられるか、10年で到達してやると思いました。
それから30年以上経った今、それは真実だったと思います。
30年やらなければ解らない事、得られない事が沢山ありました。

 道は長く遠く、永遠に続く。
時間をかけなければ解らない事、得られない事が沢山あります。
密教も空手も、行き着く先は同じだと解るのにも、長い時を要しました。

 楽に生きるだけなら簡単、強くなるだけなら簡単、法力を得るだけなら簡単です。
でも、そこに目を向けそこに囚われていると、真理はどんどん遠のいて行きます。
目先ではない、真直ぐな道の先にこそ真理はあり。
これからも永遠の道は続きます。
今年も、追求の旅を続けて頑張ろうと思っています。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

初稽古

2010 - 01/06 [Wed] - 04:11

 今日は、我が正伝流空手道中村道場、火曜日の初稽古です。
道場自体は、昨日から開いているのですがg。
昨年の108人スパーリングをやった道場年末の稽古納めから時間が開いて、毎日100本蹴りをやっていても、どこかやはり鈍ってしまっています。
道場へ云うとそれが良く解ります。
最初の基本形事型だけで、びっしょりと汗。
その後のミット練習やスパーリングでも思った様に身体が動かず、それでもやっていると段々と身体がほぐれて来て、のって来ました。

 全ては基本にありと云います。
基本はどの道でも最初にやるものであって、多くの人が軽く感がえてしまいます。
が、基本の中にこそ最も大切なものが含まれています。
全ての動きも思考も、基本から発し、応用となります。
基本は基本であると同時に奥義です。

 道場で練習するのは、何も帯を変えて行き、級や段位を上げて行く為だけではありません。
それも大切な動機ですが、例えば意識の切り換え、情の入った意識とクールにドライになる意識の切り換え、一つ一つが含む心身に負担のない動き。

石上3年と云いますが、一生かけて追いかけて行くのが道であり、奥義です。
でも、奥義は基本と云う目の前にあるものに完全に含まれています。
真の奥義とは基本の中に全て含まれています。
先を急ぐばかりではなく、正しく基本を追求して本物の奥義に達したいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

何の為に生きるか

2010 - 01/05 [Tue] - 04:50

 正月二日にやっていた「柳生武芸帳」、出かけていて見なかったので、録画していたものを見ています。
時間がないので一話ずつですが、数日で見終わるでしょう。
また、毎日ではないですが、TVでやっている「ターミネーター サラ・コナー クロニクルズ」も少しずつ見ています。
他にも「スタートレック・ネクスト・ジェネレーションズ」のシリーズ。
見るものが沢山あって大変です(苦笑)

 こう云う好きなものを見ている時が一番幸せです。
が、かなり入り込んでしまうので、ちょっと疲れたり(苦笑)
私は映像から学ぶ事が多いのです。
主人公やストーリー、時代考証等から、色々な事を学びます。
その時代、その場所の必然性から出て来る心理状態や意識、考え方、流れる信念等々。

 いつも思うのですが、人は何の為に生きているのかと云う時、この為と言える人は幸せだなと思います。
画面の登場人物達は、それがハッキリしていますね。
国を守る為、主君に従う為、家族の為、人類の為、信念の為、そして生きる為、と。

 何の為に生きているのかが見え難くなった時代です。
余りにも情報が多過ぎ、選択枝が多過ぎ、同時に希望もある様で見えない時代。
だからこそ生き方、何の為にと云うのが大切な時代だと思います。
ただ生きているのは生きていないのと同じ。
命を輝かせる様な生き方をしたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

年賀状

2010 - 01/03 [Sun] - 02:06

 年賀状を沢山戴いています。
年末の忙しい中、一生懸命に考えて、様々なデザインで送って戴き、有難う御座居ます。
こう云うものには、それぞれの方の個性が出ますね。
子供の写真、多分オリジナルであろう虎の絵と云うのが一番多いですね。
そうやって手をかけて作られたと云う事は、年賀状にそれだけの思いと心を込めていると云う事だと思います。

 自筆の年賀状と云うのは減りましたが、昔は印刷屋さんに頼まなければ出来なかったのが、今は自宅のプリンターで写真と遜色ないものが出来上がりますし、宛名もやってくれますから、時代が変ったのですね。
勿論、中には宛名だけは自筆でと云う方もいれば、出来た年賀状に一言添えて下さる方もいます。

 自筆だろうと印刷だろうと、沢山の年賀状を送ろうと云う意識、そこから心が伝わって来る気がします。
年賀状は、旧年のお世話に感謝し、新年の引き続きのお付き合いをお願いし、お相手の幸せを祈るものです。
年賀状を送り合った互いが、両方とも幸せな一年を送れると良いですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

明けまして御目出度う御座居ます

2010 - 01/01 [Fri] - 17:56

 明けまして御目出度う御座居ます

2010年が明けました。
今年もまだまだ厳しい年が続く予想ですが、負けずに頑張りましょう。

 人と人が心を通わせ、互いに受け入れ合い、互いに認め合って、互いに人間らしく自分らしくいられたら、大抵の事は乗り越える事が出来ます。
虎はあまり群れない動物ですが、適度な距離感で互いに協力し合いながら頑張って行きましょう。

2010.年賀状-2

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR