感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 2009年05月  

真白!!

2009 - 05/31 [Sun] - 03:58

 久々に真白と云うか、裏表のない、純粋無垢な人に出会いました。
昔、大学時代にはそう云う人も何人かいた様な気がしますが、久々に会いました。
真直ぐで無垢で、純粋。
あらら~、どう扱っていいか、不良の私は困ってしまいました(苦笑)
いつも普通の人、裏表もあって、ちゃんとそれなりに穢れもあって、計算も立つ、そんな人ばかり出会っているので、こう云う人は戸惑ってしまいます。

 心が洗われると云うか、癒されて、得した気分。
妻も同じ事を言っていました。
いやぁ、世の中は広いですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

スポンサーサイト

オーソドックス

2009 - 05/30 [Sat] - 04:15

 普通に生きる事って、本当はとっても難しいと思います。
オーソドックスと云いますが、スタンダードを守って、真直ぐに正道を歩く。
簡単な様で、実は物凄く難しく、大変な事です。

 人はつい楽をしたくて、近道をしたくて、色々と知恵を絞ります。
でも、スタンダードとかオーソドックスとかと云う生き方は、真直ぐに前を見て、真直ぐに道を進んで行きます。
そこには色々な障害があったり、壁があったりしますが、守るべき事は守って、当り前の事を当り前にやって行く。

 色々な言葉があって、トラディショナルとかスタンダードとかオーソドックスとかと云う言葉で表されますが、長年の積み重ねの中から生まれた正統派と云うのは、ある種整然としていて美しくさえあります。
チャラチャラと流行に迎合する事は、一時の流行であり、目立ちますが、所詮は線香花火でしかありません。

 急がず、ゆっくりと、オーソドックスな道を歩くと、結局は長続きして行く様に思います。
仕事でも生き方でも、何でもそうですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

立ち位置

2009 - 05/29 [Fri] - 02:40

 自分の安住の場所、立ち位置って、人は無意識に意識しています。
ですから、安心出来る場所がある人、自分が立っている位置を確認出来ている人は、心がとても安定しています。
心が不安定な人って、どこにも自分が安心出来る安住の地が見つかっていなかったり、自分の立ち位置が見えなくって迷ってしまっていたりする事が多いものです。

 良く喧嘩をする時に、「同じ土俵で喧嘩するな」と云いますが、それも人それぞれ立ち位置が違うのですから、同じ土俵に立つ事自体が、「自分らしくない」と云う事であり、自分らしくない喧嘩の仕方をしたら負けるに決まっていますね。
空手の試合で良く言いますが、「いつもの自分でいれば、必ず勝てる」
そんなものです。

 大抵の人は、一生をかけて自分の安住の地を探し、立ち位置を見詰めています。
それが見つかった人は幸せですね。
結婚や仕事でそれが見つかる人、確認出来る人は、顔を見ただけでも解ります。

 これからの進歩、発展の為にも、自分の立ち位置をしっかり見て確認して行くって大切な事です。
何かに囚われると、それが見えなくなってしまいます。
安住の地にいるのに、それが無い様に感じてしまったり。
身の程知らずに、自分よりも遥かに大きな相手に無作法をしたり。
ま、何れにしても落ち着かなくなってしまいます。

 自分の立ち位置、良く見極めましょう。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

思わぬ事

2009 - 05/27 [Wed] - 03:49

 どんなに注意深くしていても、思わぬ事って起きてしまいます。
事故や仕事のミスやリストラ、突然の不景気、、逆に思ってもいなかったラッキー。
今日もそんな事がありました。
事故ですが、勿論私が起こしたものではないですが、ちょっとした気の弛みや守るべき配慮を忘れた事、そう云う事から思わぬ事故は起きます。

 でも大切なのは、事故の後です。
どうしても被害を受けた側は感情的になってしまいます。
被害を与えた側も、感情的になってオロオロ。
どちらの気持ちも解ります。
が、それでは問題は解決しませんし、下手をすればそこで縁が切れてしまいます。
人の縁は得難いものです。
これからも大切にして行く為、また事故を再発させない為に、冷静に対処して行くべきでしょうね。

 世の中は危険なものや場面に溢れています。
気をつけて、気の弛みのない様にしたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

修行をする

2009 - 05/26 [Tue] - 04:18

 人生そのものが修行でもありますが、今日は神仏に祈りを捧げると云う修行のお話です。
修行をすると云う事は、行を修めると書きますが、神仏に礼拝し、悟りを得て行く事が目的です。
神仏は色々な捉え方がありますが、人が人として究極迄理想の状態になった姿と捉える事も出来ます。
人としての完成像、理想像と云う事です。
そこを目指す時、これを修行と云いますが、そうであれば修行者にはそれだけの高い目標とわきまえが必要になって来ます。
悟りを得て、人として完成を目指すのですから、生半可ではないですね。

 が、残念ながら修行者として、人としてでもあるでしょうが、本当に修行しているのか?と疑問を持たざるを得ない方も沢山おられます。
山に修行に入り、修行場である山の上で酒を飲み、煙草を吸い、享楽に身を任せる。
山に入るのは山と一体化する事で、神仏の境地に触れる為であり、人としての日常から離れて原点に戻ると云う意味でもあります。
ただの山歩きではないのですから、ちょっと如何なものか???
修行を終えて、山を降りて、打ち上げでなら全く問題はありません。
愛煙家の私でさえ、修行中は一服もしません。
当り前の事ですね。

 また、神仏に仕える者が、恨んだり、怒ったりして、念を飛ばすとか験比べと云いますが、呪いを掛け合うとか力比べをするって、余りにも低俗でバカバカしいですが、残念ながらそう云う方も多く見られます。

 修行をすると云う事は、24時間、常に人から尊敬される様な人を目指して行かなければいけません。
聖人ではないのですから、あくまでも理想論です。
間違いもあって良いですし、愚かな事もあるでしょう。
が、人としての在り様、修行者としての在り様と云うものを常に意識していてこそ、修行者と云えます。

 形だけ、或いは人に自慢したい為の修行は、お遊びでありパフォーマンスでしかありません。
修行とは、祈りとは、かくも厳しく、純粋なものである事を忘れないで欲しいと思いますね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

祈り

2009 - 05/24 [Sun] - 02:45

 良くある話ですが、御供養の仕方と云う話で、「ちゃんとやっています。御彼岸と御盆と命日にはお墓参りをしています。」「毎朝、ちゃんと手を合わせています。」と云う答が返って来る事があります。
なるほど、ちゃんとやっておられるのですが、それでも成仏しておられない方がいる。
「何ででしょうか?」って、そりゃそうでしょう、義務的に儀式的に御供養していて、御先祖の安泰と成仏を祈っていない、ただ手を合わせるだけ。
酷い場合には、「お願いします、助けて下さい。」だけ。
先祖は身内ですから甘えても良いですし、お願いしても良いですが、親しき仲にも礼儀あり、です。

 生きている世界でも同じですが、お祖父さんやお祖母さんの所へ、儀式的に顔だけ出していても喜んでくれません。
まして、行く度にお願いだけで、挨拶もなければ、どうしましょう・・・?って。
もう来るなって言いたくなる時もあるかもしれませんね。

 御供養は共に養う。
御先祖の安泰と成仏を願い、そこに本当にお祖父さんやお祖母さんがいる様に扱って、一番先にごはんを食べて戴き、美味しい物も一番最初に味わって戴く。
そして、心が通じ合った時に、可愛がってくれる。
だから、お願い事も聞いてくれたりします。

 亡くなっても、同じ人間である事に変りはなく、霊になったからと云って万能になる訳ではありません。
「ちゃんと手を合わせているのに助けてくれない」って、そりゃ自分勝手が過ぎると云うか、見返りを求め過ぎでしょう。

 祈りは儀式ではありません。
祈りの儀式と云うものはありますが、それは形を通じて心を込める為にあります。
作法や形は、心を込めた時の美しい姿を表現したものであって、形が出来ていれば心がこもる訳ではないと思います。
心がこもるから、作法や形が美しくなる。

 心のこもらないものは、幾らやっても形でしかなく、単なる儀礼でしかありません。
相手を思い、心を込めて祈る事が御供養です。
自分の利益の為だけに形だけ手を合わしても、何の意味もありません。
心を込めて、真摯に祈りを捧げる時に、結果として利益があると云う事です。
ご利益があるのは、結果論。

この小さな、でも大きな違い、心に刻んで祈りを捧げて行きたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

全ては人の縁から

2009 - 05/22 [Fri] - 03:33

 人間は一人では生きられないと云いますが、本当にそうだなと思う事が良くあります。
誰の力も借りずに生きていると高言する方もいますが、何かを食べるにしても、買うにしても、何をするにしても、必ず誰かの手が加わり、そのお蔭で人は生きて行けます。
これが、山の中で仙人の様な生活をしたとしても、そこでは自然の恵みを戴く事で生きて行ける訳で、やはり自然のお蔭と言えますね。
と考えると、誰の力も借りずに独ぼっちで生きて行ける等と云う事はあり得ないと云う事になります。

 ま、一人でごはんを食べても、酒を飲んでも、美味しくないですよね。
食事は楽しく食さないと栄養として吸収しないものですし、お酒も楽しくないと悪酔いしてしまいます。

 年中、人に関わって、人に囲まれて生きていると、そこで色々な嫌な思いや煩わしい思いをしたり、競争意識が生まれてポジション争いをしたりしているのが現代人ですから、時には一人になると云うのもリフレッシュになりますが、やはり人の縁があってこそ生きて行けるし仕事もして行けるのだと云う事を忘れないでいたいですね。

 今日、翻訳の仕事が依頼された妻に付き合ってダイヤモンド社に出かけましたが、世に翻訳家になりたい人は幾らでもいて、その中で縁があって妻に依頼が来たのも、やはり人の縁が繋がった結果です。
私も殆ど口コミだけで仕事して来ましたが、そうやって生きて来れたのも、相談者の方々の縁が広がった結果です。

 そう考えると、生きていられる事、仕事していられる事への感謝、繋いでくれた縁への感謝、人への感謝は忘れられないですね。
そんな中から学ぶ事、得る事、そして人に対してしてあげられる事、そう云う相互関係の中で生きているのだなといつも感じています。

 例え一期一会の縁であっても、一つ一つ、一人一人を心に刻んで大切にしたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

修行

2009 - 05/21 [Thu] - 03:39

 修行と云えば、瀧を浴びたり、瞑想したり、護摩を焚いたり、山を駆け回ったりと想像しますね。
でも、そんなものはほんの一部でしかありません。
本当の修行は心です。
日常の生活に生きなければ何の意味もなく、修行を離れても人から尊敬され、好かれる様でなければ、修行したとは云えませんね。

 昔、修業時代に、法力があるとかないとか、どっちが強いとか弱いとか、作法が正しいとか間違っているとか、誰々に評価されたとか、偉い人と知り合ったとか、何とかかんとかと云う話題が良くありました。
ま、修行者の間には良くある話です。
が、バカバカしくて、そこで修行する気もなくなり、独自の道を歩く様になりました。

 修行の目的は、悟り。
人としての完成と、仏になる事です。
ですから、そんなくだらない事に付き合っていられないし、付き合いたくもなくて、真実を追い求めて来ました。
今でも修行はずっと続いています。
一生修行、それだけ奥も深く、道も遠い。
だから、修行は楽しいと思います。

 偉くなる為でも、自慢する為でも、人から評価される為でもありません。
修行の結果として、そう云うものがついて来るのです。
本物の修行、見詰めて行きたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

火曜日って

2009 - 05/20 [Wed] - 03:57

 この前、連休中で火曜日の道場が休みで、木曜日に参加しました。
とっても楽しい練習でした。
が、参加者に黒帯が少ない。
火曜日を指導してくれている黒帯が土曜日に出たら、少年部だらけだったそうです。
そう考えると、火曜日って何でしょうね?
いつも黒帯が6~7名。
集まりますね、火曜日の練習には。
仕事の都合だったりするのでしょうが、色帯の人にはちょっとキツいでしょうか?
でも、それだけ黒帯に囲まれて練習していると強くなるでしょうね。
勿論、色帯相手にはどの黒帯も手加減していますが、黒帯同士となると・・・バチン・バチ・バチ・・・・って、どこがスパーリングかと云う程、激しくなります。

 終わったら汗だくで、頭もクラクラしている事も。
だから、リフレッシュ出来るのですし、真剣に練習をします。

 今日も面白かったです。
でも、ちょっとやり過ぎたか、あちこちが痛くなりそうな予感が・・・(苦笑)

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

パワーストーン

2009 - 05/19 [Tue] - 02:51

 最近、パワーストーンの御依頼を受ける事がとても多いです。
殆どはパワーストーン腕輪念珠ですが、時々、携帯用とか安置用のパワーストーンの御依頼を受けます。

 実はパワーストーンって、大変です。
お名前を戴いて、その方の波動を取って、腕輪念珠の場合はそれからピッタリと合う石を選んで、組み上げます。
携帯用とか安置用はもっと大変です。
いつも石を仕入れに行く石屋さんが幾つかあるのですが、そこへ出かけて何万個と並んでいる中からピッタリと合う石を選び出します。
大体、それだけで数十分かかります。
見つけた頃には、周囲の石のパワーで頭がクラクラして来ます(苦笑)

 それから、入魂します。
祭壇の前に座り、作法を行って身を潔め、心を込めて祈りを石に入れて行きます。
その方の波動により、また願いによっては、祈りが入り易いものと入り難い物があります。
全開でパワーを出して祈り上げますので、周囲の気温まで変わるそうです(苦笑)

 お陰様で、お送りした方々には喜んで戴いています。
身体が楽になった、気持ちが安定した、アトピーが鎮まって来た。

 パワーストーンは、買って来ただけでは意味がありません。
その方の為に波動を調整して、祈りを込めて、始めて力を発揮します。
いい加減な事はしたくないので、全力でやります。
疲れますが、やり甲斐はありますね。

 今日、依頼された石を探しに出かけて、久し振りに波動と相の良い水入り瑪瑙を見つけました。
中々良い物に出会わないのですが、今日は縁があった様です。
二つだけ見つかったので、欲しい方は御連絡を下さい。

水入り瑪瑙 水入り瑪瑙



Adept・Mentor 島津相談室
バナー

大人と子供とガキ

2009 - 05/18 [Mon] - 01:39

 身体が成長して年齢を重ねて大人になって、でも心の中や頭の中が子供の侭だったり、ガキだったりする人って、実はとっても多いのかもしれないですね。
年齢はそれなりになって、自分で稼いで生きている。
それが大人と云う訳ではないと思います。
法律的には大人でも、どうみても社会ルールも社会通念もわきまえていない、一言で言えば礼儀知らずで筋も解っていない人を大人とは呼べません。

 子供の心を持つ、純な心を持ち続けるって、素敵な事だと思います。
でも、人と付き合う上で、社会で生きて行く上で、守るべき事は守らないと、それはただのガキです。
世話になった人を忘れてしまうとか、この件は当然あの人に報告するべき事なのにいつまでもきちんとしないとか、そこにどんな理由があるか解りませんが、そう云う筋を通さない人はやっぱりガキでしかないと思います。

 恩を受けたから、恩を返す。
直接返す必要はないと思います。
相手もそれを望んでいるかどうか・・・。
その恩に報いる為にしっかり生きて行けば良いと思います。
でも、それと報告をしないと云うのとは違うでしょうね。
何も返せなくても、近況報告を怠らずに、何かの時は必ず連絡する。
年賀状や暑中見舞いなど、当り前の挨拶は欠かさない。
って、余りにも当り前過ぎる事ですが、欠けている人が多い様に思います。

 少年の心、少女の心、純な気持ち、私も大好きです。
が、ガキは好きじゃないですね。
人の恩を忘れてしまって、礼儀も知らない、筋も通さないのは、人として如何なものでしょうかね。

 なんて、ちょっと積極臭くなってしまいましたが、楽しく生きる為には最低限のやっておくべき事があるだろうになぁ~と思う事があって、それさえやっておけば何をやっても良いのにと思ったりする今日この頃です。
ま、身近にそんな人がいたら、注意してあげても良いかもしれないですね。
その人と仲が良かったり、友情があったら。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

無意識の意識

2009 - 05/17 [Sun] - 02:33

 殆ど無意識に近いのですが、それでも意識していて、いつも自分の心身の状態に注意を払っている事に気がつく事があります。
ちょっとした不調や変化、動き、筋肉の状態、方向、人や物との距離感、視野の広さや見え方、音や人の声の聞こえ方、肌に感じる空気の流れ、呼吸の状態、気持ちの中の小さな揺らぎ、意識していたり考えている事、等々とあげたらキリがないのですが、常に無意識と云うレベルで自分の状態を意識しています。
殆ど本能に近くなっていますが、最初の頃はいつも本当に意識していて、それが年数を経て殆ど無意識にやっている様になってしまいました。

 良く覚えて忘れろと云いますが、例えば歩き方や立ったり座ったり、箸を使うとか字を書くとか、最初は親に教えて貰ったりしながら、気がついた時には殆ど無意識にやっていますね。
空手をやっていても、最初は受けの角度は何度で、位置はこう、とやっていたのが、今は無意識にその位置に正しい角度で出来てしまう。
でも、ちょっとした不調や何かの理由で、それが狂う事があります。
それを見逃すと、気がついたらスランプ、絶不調になってしまいます。

 いつも肉体も心も小さなサインを出しています。
調子が良い、悪い、警告、変化、等々と分類すれば色々とサインがあると思います。
人間って、本当に絶妙に作られたバイオ精密機械です。
外から常に何らかの刺激を受け続け、それを無意識レベルで処理し、絶妙なコントロールをしています。
PCのHDや自動車と同じく、時々はきちんとメンテナンスしてやらないといけません。
また、使い方に習熟すると云う事は、機械も人間の心身も同じだと思います。
それでも、時として突然に叛乱したり、止まったりしてしまいます。
そんな時に、自分でメンテナンスし、修理出来る様に、いつも状態を知っておければ良いですね。

 小さなサイン、最初は意識し続けるのは大変に思いますが、慣れてしまうと殆ど無意識にやってしまえます。
見逃さない様にしましょうね。

 と言いながら、突然に我が家のHDレコーダーのHDが全く動かなくなりました(苦笑)
特別なサインは何もなかったのですが・・・。
特に激怒した覚えもないし(笑)
妻のデスクスタンドと云い、今度と云い、う~ん、何でしょうね???
リセットしても、電源を入れ直しても、駄目。
あらら、こりゃおシャカですね。
う~ん、何話かの「宇宙大作戦」の録画があったのですが・・・、諦めるしかない。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

能力がある

2009 - 05/16 [Sat] - 03:26

 全員ではないでしょうが、霊感のある人って、実はどこかでそれをプライドにしていたり、自分でも霊能力者をやって食べて行けるなんて思っていたりする場合が多いでしょうね。
人と違う事で悩みながら、でも人と違う事をプライドにしていて、外から見ていると霊能力者のやっている仕事は簡単に出来る様に見えてしまったりする。
ま、そうでしょうね、霊視して答えるだけに見えるかもしれませんしね。
実際に祈願したり、祈祷したり、加治をしたりする場面って、中々見ませんから。

 単純に霊感占師をやるなら、当ったとか当らないとか、それだけで良いかもしれませんが、それでも対面して話しているだけで起きる被りや消耗は、外から見ていても解らないかもしれません。
まして祈願や祈祷や加治となると、そこにかけるエネルギーは時には命さえ削ります。
だから、必死で修行し、私の場合で云えば空手をやって体力をつけておくのですが。

 修行もしないで霊能力者になろうとか、なれるとか思う神経を疑ってしまいますが、人を扱う仕事ってとってもセンシティブで、疲れるものです。
能力イコール仕事になるって訳ではないですからね。
と云うか、なれると思うならなれば良いのです。
その結果、それで生きて行けるかどうか、それは相談者が決めてくれます。

 当たり外れだけの、見えるか見えないかだけの霊能力者をやるか、本当に一緒に相談者と考えて行こうと云うアドバイザーになるか、特殊な力を使ってヒーラーになるか、神佛の声を聞いて教えを説くか、色々なスタイルがあるでしょう。

 能力があると云う事は、そこに意味がある様に思います。
そう云うものを使って仕事しろと云うのか、心を感じて人として成長せよと云うのか、神仏に仕えろと云うのか、その意味を考えて行く事が大切でしょうね。
その過程で、それが仕事になる人もいれば、ツールとして使う人もいて、それで良いと思います。

 ま、感覚のない人には見えない世界の話だけに、漠然として、曖昧で、結論のない話でもありますね。
大切なのは、人として真摯か、誠実か、人柄の問題だと思います。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

専門用語

2009 - 05/15 [Fri] - 03:47

 人って誰でも何かの道で、他の人よりも習熟している事があったり、得意分野があったりして、無意識に使ってしまう専門用語がありますね。
ファッション用語やデザインの用語等もそうですし、若者が使う言葉もその一つと考えても良いかもしれません。
良く笑い話になりますが、PCを使えない人に「マウスをクリックして」と言うと、マウスを叩く人がいる(笑)って嘘の様な真の話がありますね。
その業界では当り前、それを趣味にしている人では当り前の言葉や考え方が、門外漢には全く宇宙語に聞こえてチンプンカンプンだったり、体験した事のない人には意味のない、或いは嘘~っと思えてしまったりする事って、沢山あります。

 私もこの仕事を始めた頃に、「子供が熱を出しました」と相談されて、医者にすぐに行け~って言いながらも、「取り敢えず、解熱剤を飲ませなさい」って答えた時に、「解熱剤って何ですか?」って返事をされて、・・・・・・と唖然とした事があります。
「こんな事も知らないのか?」とは言いませんでしたが、こんな事も知らないんだ・・・と学んだ覚えがあります。

 昔、護摩を焚いた時の(私ではないですが)火の写真に仏様が写っていると云う話で、その写真を見ながら話していて、そう云う感覚のない人には「ただの火にしか見えない」と云う言葉もあり、「そりゃそうだ、見えない人には見えない」って。

また、「瀧に入って修行をする時、濡れない」と云う話があって、「そんな訳ないじゃんか、あり得ない」って、そりゃそうです。
濡れない訳はなく、濡れるのです。
でも、濡れないと云う表現をするしかない様な現象が起きてしまう。
だから、行者は「濡れない」と言ってしまう。
でも、修行をした事のない人には理解不能ですし、異常にしか思えない。

 護摩を焚いて、作法上仕方ないのですが、燃える火に手を突っ込む場面もあり、「熱くないのですか?」って。
やっている最中は熱さなど感じませんし、火傷もしません。
て言うと、やっぱり素人は「嘘~!!」

 湯加治と云う修行があって、笹の葉っぱを煮えたぎる鍋に突っ込んで、振り上げて頭に叩き付ける。
当然、熱湯が飛ぶ訳ですが、やっぱり火傷もしなければ、熱くもない。
火渡りも同じですね。
燃える炎の中を真直ぐに通って行く。
でも、やっぱり火傷もしないし、熱くもない。

 こんな話は日常茶飯事です。
行者用語と云うか、その業界だけで通用する言葉と考え方。

 当り前と思っている事が、他人に取っては全く訳が解らなかったり、異常に感じたりと云う事はあるものです。
と言いながら、私も良く無意識に口にしたりしてしまっている様で、後でしまったと反省しています(苦笑)

 同じ日本なのに、同じ時代に生きているのに、人は十人十色、難しいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

一生修行、一生発見

2009 - 05/13 [Wed] - 03:12

 今日は空手の練習日でした。
連日の仕事で溜ったものを流しに行って来ました。
いつもの様に、絞る程の汗をかき、いやぁスッキリしました。
あちこに残る筋肉痛や打撲はご愛嬌です(苦笑)

 練習していて、回し蹴りの練習になりました。
相手にミットを持って貰って蹴るのですが、その相手をしてくれたのが、回し蹴りが大得意の黒帯。
受けていると流石と云うか、スパンッと手が持って行かれます。
う~ん、芸術的だなぁと思いながら、ちょっとだけ気がついた所をアドバイスすると、その瞬間から蹴りが変り、威力も当りも倍増。
凄いですね、現役の人の吸収力は。

 代わって私の番。
実は私は回し蹴りは苦手です。
足が返らないので、ミドルまでは良いのですが、それ以上の高さでは足の甲で蹴る事が出来ません。
それでもやりながら、彼と話していると、「外回しと打ち回しを磨いたら良いんじゃないですか。」
確かに、前蹴りが得意で、足の返りも外回し蹴りや内回し蹴りの方が楽ですし、得意です。
なるほど、それなら人とは違う動きで蹴る事が出来るし、身体に無理もない。
背負った子に教わるじゃないですが、一つの発見でした。

 そう云えば、昔から無意識にやっていました。
うん、これからは意識して技を磨いて行きましょう。

 修行は一生、発見も一生。
だから止められません。

 そして、練習が始まった時、黒帯が6人。
そして我が妻が色帯一人。
まるで黒帯研究会に飛び込んで来たみたいでした(笑)
全くこの道場の黒帯は練習が好き、空手が好きですから、一緒に練習していると大変だろうなと思いますが、その分、きっと強くなるでしょう。
妻がどんどん強くなって行く・・・・・。

 また、練習が終わった後に、道場にある自販機が一列空っぽ。
ズラリと赤ランプがついていたのを、必死で写真に撮っていた師範(笑)
LEDなので、写真に撮るとチラチラして写らなかったりするのです。
何度も何度もチャレンジして、結局少し私がアドバイス。
それでやっと上手く撮れたって大喜びの師範。
最高ですね、この師範の無邪気さ(笑)

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

自分の価値観と視野

2009 - 05/12 [Tue] - 04:13

 自分が確かだと思っているものや考え方は、実は自分の価値観と視野が生み出しているものです。
育った環境、生きている環境、付き合っている人達、その中で培われて来たものです。
ですから、そこから一歩でも外へ出ると、確かだと思っていたものが実は全く通用しないと云う事に愕然とする事があります。
人は誰でも「井の中の蛙、大海を知らず」なのですね。
自分では広い視野を持っているつもり、柔軟な価値観を持っているつもり。
でも、しっかり拘って、囚われて、自分の価値観や考えに合わないものや理解出来ないものは排除して生きている。
その癖、偉そうに「あれはこうだ」「それはこうあるべきだ」と決めつけてものを言う。
他人のやっている事まで批判したり、時にはシャシャリ出て口出ししたりする。
「これが正しいのだ」と。
空手を自分でやってもいない人が、「こうすれば良いのに」「あれじゃ駄目じゃん」って、自分でやってみろ!!
人を癒した事もない、霊と対話した事もない癖に「こうあるべきだ」って、自分でやってみろ!!

 良く良く観察すると、それもこれもコンプレックスの裏返しだったりする訳で、人から評価されたい、認められたい、目立ちたいと云う無意識の欲求の現れである事が多いですね。
それならそれなりの努力と行動をすれば良いのに、何もしないで、大した事もせずに自分が無理をしないで済む程度の事しかしていないで、御託を並べる。
まして、自分が経験した事のない分野にまで、蘊蓄を宣う。

 人間って厄介ですね。
自分だけが正しいと思ってる人が多い。
勝手にやってろ、一生言ってろ、ですか。

 異論はあって良いですが、狭い視野で、自分だけは正しいと思っていると、いつか誰も相手にしなくなってしまいます。
個人主義も程度問題ですが、傲慢は身を滅ぼします。

 人は皆、一所懸命自分の道を歩いています。
外から見たら安易に見えても、楽に見えても、見るとやるは大違いです。
勝手な価値観や視野で、勝手な事を言っていると、恥をかくのは自分です。
まず、自分が精一杯生きる事、楽しい人生を歩く事の方が大切です。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

解決しない問題

2009 - 05/11 [Mon] - 04:18

 霊能力者や宗教家や行者は、神や仏に祈り、コンタクトして、色々な問題を見極めてアドバイスしたり、御祈願したりします。
その祈りが通じて奇跡と思われる様な事、劇的な変化が訪れる事もあります。
苦難から逃れると云う事もあります。

 でも、祈りでは解決しない問題も沢山あります。
我々のアドバイスだけでは終わらない問題も沢山あります。

 特に人間性、心の問題などです。
幾ら祈っても性根の悪い奴が良い人に生まれ変わったりしません。
何か憑依でもしていれば別ですけどね。
心の傷も、祈りでは解決しません。
時間をかけたカウンセリングとアドバイスで、心をフラットな状態に戻す事は出来るかもしれません。
でも、それはスタートでしかなく、そこで問題が終わる訳ではありません。
そこから始まる人生で、色々な人と関わり、色々な経験をし、学び、確かめて行く事でしか解決して行かない事も沢山あります。

 頭脳と同じですね。
祈ったからって頭が良くなる訳じゃない。
なったら良いですけどね(笑)
試験の時に、普段通りの力が出る様にと祈る事は出来ますし、それで10点やそこらの点数は上がるでしょうが、元々持っている力を引き出す事が出来るだけで、入っていない知識が入って来たり、いきなり頭脳明晰になる訳ではありません。
学び、経験し、覚える事で、頭脳の訓練をして進歩して行きます。

 心も同じ。
経験し、体験して、そこから感じ取る事でしか、心は進歩しません。
我々が出来る事は、その折々にアドバイスして、考え方を修正してあげたり、背中を押してあげる事だけです。

 自分の幸せは自分の手でしかつかめません。
祈りは、人間の力の及ばない、足りない部分を補ってくれるだけ。
我々のアドバイスは、事柄を分析して、整理整頓して、答を見つけ出す手助けをするだけです。

 誰の人生でもない、自分の人生、自らの手でつかみ取って欲しいなと願っています。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

一時的な幸運

2009 - 05/10 [Sun] - 03:42

 一時的に急激に運が上がったり、或いは下がったりする事って、誰にもあります。
その理由がハッキリしていれば良いのですが、人間の持つ欲望って限りないので、無意識に変な所で幸運を祈ってしまったりしていると、後でしっぺ返しが来ます。

 祈りを受ける側、神や仏や、或いは・・・・。
何れにしろ、祈りは何も犠牲にせずには通らないですね。
それが御布施や御賽銭なのか、肉体の布施つまり御奉仕なのか、人生の修行なのか、或いは自分の命なのか・・・。

 安易な祈り、欲望に従った祈り、筋の通らない祈りは、怖いですね。
また、祈りと云えども無理矢理に運を上昇させるのは不可能です。
もしそれが起きたら・・・、要警戒ですね。
何か善からぬものが力を貸してくれたのかもしれません。

 自分の運をつかむのも、切り開くのも、自分の力と意志です。
神も仏も、頑張っていればこそ、ソッと背中を押してくれます。
あからさまに、まるで見せつけるかの様に運を呼ぶと云う事は絶対にありません。

 ま、何れにしろ、祈りに代償は付き物です。
感謝の心を忘れない事ですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

霊感

2009 - 05/09 [Sat] - 03:40

 世の中には案外、霊感がある人、霊能力がある人って沢山いるものです。
自分で気づいていない、否定している、ないフリをしている人が多いので、霊感のある人は珍しいと思われていますが、実はそうでもないかもしれませんね。

 そう云う能力がある人が一番困るのが、こちらの都合とは無関係に勝手に入って来る波動やメッセージ。
人と話していて伝わって来る、相手の心。
突然やって来る啓示。
急に来る嫌な波動で崩れる体調や精神状態。

 プロと呼ばれる霊能力者でさえ、そう云う事で悩まされている事が良くあります。
そう云う感覚を持つ人に取って一番大切なのは、自分を保つ事。
例えば先祖からの要求であっても、それは自分以外の人から来たメッセージであり、会話と云っても良いですね。
だから、話すならちゃんと話す、話さないなら完全に拒否する。
向うの都合で振り回されてしまっては溜りませんから。
そう云う強い意思を持つ事です。

 また良くあるのが、良い人ぶった悪い人。
って、相手は見えないのですが、それでも人間ですから色々な人がいます。
偉い神様や仏様を気取る奴。
如何にも良い人ぶって利用しようとする奴。
物凄く悪そうに見えて、実は凄く優しくて、本当にこちらの事を思ってくれる人。

 ま、そう云う人物眼、見分ける力を持っていないといけないですね。
霊感も、人と付き合う感覚と同じです。
眼に見えない者だからと特別扱いをすると、色々と迷惑な事も起きて来たりします。

 現実の世界でも、見えない世界でも、自分は一人。
自分らしく、いつもブレない様に保つ事が一番大切です。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

大汗をかいて

2009 - 05/08 [Fri] - 04:24

 今週は火曜日が連休中で道場が休みだったので、今日行って来ました。
違う曜日に練習に出かけるのは久々。
でも、週に一度は身体を動かさないと、どうも固まって詰ってしまう感じがします。
連休中もずっと仕事していて、何だか心も身体も大分老廃物が溜ってしまった様な感覚がありました。

 道場で練習して、ドッと絞る程の汗をかいて、スッキリしました。
勿論、疲労感はありますが、楽しいですね。

 今日、道場へ行ったのはもう一つ訳がありまして、実はカーナビを新しく買い替えました。
今まで使っていた迷わんから、サンヨーのゴリラに変えました。
今までは記憶が2G、今度は8G。
出かける機会がなく、道場へ行くのを口実に(笑)初使用でした。
結果は大満足です。
画面が大きくなって見やすいですし、容量が増えたせいかリロードも早く、GPSの精度もかなり上がっています。
機械は、本当に日々進化しているのですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

全ては心と意識次第

2009 - 05/07 [Thu] - 02:57

 弟子に伝授していて、自分が大切な事を思い出すと云う事が良くあります。
神道でも密教でも、また陰陽道や道教、儒教、その他の西洋魔術や宗教でも、難しい作法があります。
全て覚えて実践していたら日常生活が出来ない程、煩雑です。

 でも、一つ一つの意味を考えて行くと、偉い人をお迎えする、訪ねる時ととても似ている事に気がつきます。
作法と云うとやたらと難しいと云うイメージがありますが、普通の人間社会でやるべき事を考えると、当り前の事をしているだけだと気づきます。

 そう考えると、最低限のやるべき作法がありますが、それ以外はそう云うイメージを完全に持つ為に存在している形と言えますね。
作法に意味はない等とは絶対に言いませんが、逆にその作法の意味をきちんと考えて理解出来ていると、作法がなくても観想(イメージ)だけで、ちゃんと気が流れ、神仏とも向き合う事が出来ます。

 全ては心と意識次第です。
大切なのは作法を覚える事ではなく、その心と意識の方向を知る事です。
幾ら作法通りに出来ても、形が出来ても、心がなければ、意識の方向が間違っていれば、それは全く意味のない動きでしかなくなります。
形が綺麗で、尚且つ、その動きの一つ一つに全ての意識が集まり、呼吸が揃い、心が乗ると、それは本物の作法となります。

 形にばかり囚われないで、本当の心を意識して行くと、色々な変化が起きて来ます。


Adept・Mentor 島津相談室
バナー

始めた所から修行は始まる

2009 - 05/06 [Wed] - 03:43

 修行って、荒行をしたり瞑想をしたり、護摩を焚いたり奥駆けをしたり、また瀧を浴びたり水ごりをしたりと色々あります。
修行はその行為をする事で修行が始まると思う人が多いのですが、実は思い立った時から、またその準備を始めた所から、既に修行は始まっています。

 いつだったか、弟子達と瀧に行こうと云う話が始まった時、行く日の前日から自然と顔つきが変わってしまって、眼が据わっていたと妻に言われましたが、その通りだと思います。
無意識にスイッチが入ってしまうので、かなり前から準備に入っていて、顔つきも目つきも出ている気の量も変わります。

 お守りや御札などを制作する時も同じです。
入魂する前、準備に入って作り始めると、その時点から気が入って、入魂前に浄化が終わっていると云う事は良くある事で、それ以上に物凄く疲れます。
一つ一つ、一文字一文字に心を込め、気を入れていますから、入魂前に製作段階で息があがってしまいます。
その後、入魂すると精も魂も尽き果ててしまう位に消耗します。
ま、それ位でなければ本物のお守りや御札は作れませんが。
神社やお寺で売っている、印刷しただけで祈ってもいない御札やお守りがありますが、本当に効くのかな???と思ったりします。
勿論、中には流石と思えるものもあって、見れば解ります。
ちゃんと祈っている所は、やっぱり凄いなと感じます。

 今日も一つ制作していて、疲れ果てました(苦笑)

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

2009 - 05/05 [Tue] - 03:50

 新しい「STARTREK」の映画がやって来ます。
5月29日(金)から上映されるそうです。
若かりし頃のジェームス・T・カークやスポック、ウフーラ等の活躍と成長を描いた映画。
う~ん、これは面白そうですね。
TVの「宇宙大作戦」以来のトレッキーとしては見逃せませんね。
とは云え、私は映画館は苦手です。
またDVD化されるのを待って、TVで観る事になると思いますが。

 「STARTREK」はSFですが、人間ドラマを描き、考えさせてくれるドラマです。
このドラマから学んだ事や影響を受けた事は沢山あります。
数十年経った今でもずっと人気が衰えず、世界中にトレッキーがいる事は驚異ですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

ゴールデンウィーク

2009 - 05/04 [Mon] - 03:47

 ゴールデンウィーク真っただ中ですね。
皆さん、あちこちへ出かけているのでしょうか。
日本国民大移動って、春休みに夏休み、冬休み、ゴールデンウィーク、いつもながら車は大渋滞、列車も満員。
良く頑張って出かけるなと感心します。
海外へ出かけた人も沢山いるのでしょうね。
中には11連休なんて会社もある様ですし。

 人が休んでいても無関係に仕事をしていたりするので、どうもその辺りの感覚が鈍いのですが、元来人が多い所は苦手で、人が働いている平日の方が出かけようと云う気になってしまいます。
何しろ、故郷は地球、日本国、住まいは東京と思っているので、里帰りと云う事も考えませんしね。

 ま、またどこかへフラフラと放浪して行くかもしれませんが(笑)
元々、子供の頃から放浪癖があって、良く迷子になりました。
大学に入ってからは、夜中に突然アテもなくドライブしたりしていましたし。
今は突然思い立って旅行する位ですが(笑)

 世の中の休日、後で疲れない様に、また事故のない様に、気をつけて楽しんで下さいね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

放言

2009 - 05/03 [Sun] - 03:30

 人にアドバイスをする様な仕事や人を癒す仕事をしている人は、相談者からいつも「先生、先生」と言われて頼られ、時には必要以上に猫撫で声でお世辞を言って持ち上げる人もいますから、勘違いしてしまって自分は偉いと思ってしまう人がいますね。
プロとして仕事をしていて、確かにその人の人生を変えてしまう様な事もありますが、それでもその相手の人生の一部に関わっただけで、相手が感謝してくれているから偉そうにしていられるだけの事です。
人が救われ、癒されるのは、そう云うプロが手伝って、背中を押してあげて、勇気を出して貰った結果に過ぎません。
人が救われるのは、自分で道を切り開くから、頑張るからだと思っています。
我々は、ちょっと補助をしてあげて、足りない所を補ってあげるだけ。

 でも、そう云う勘違いした人達は、傲慢になってしまって、時にどうしようもない放言をする事もありますね。
その人に心酔している人だから、如何にも仰せごもっともとなりますが、そうじゃない門外漢から見ると、何を馬鹿な事を偉そうに、と云う事になる場面も良くあります。
愚かしいと云うか、バカバカしいと云うか、阿呆らしいですね。
偉そうにして、皆が面倒臭いから、心の中で嫌っていても、馬鹿にしていても、へぇ~って頭を下げてくれるのを真に受けて、良い気分になっている。
裸の王様、ここに極まれりって(笑)

 人に馬鹿にされたくない、嘗められたくない、そんなコンプレックスが高じてしまうと、そうなるのでしょうか。
ちょっと成功した位で、評価された位で、そうやって傲慢になって行く人、自分の顔を良く鏡で見て欲しいですね。
如何に浅ましく、傲慢で、嫌みったらしい顔をしているか。
って言っても、そう云う人は「今日も良い顔をしている」って、気づかないのでしょうね(笑)
一度目が曇ると、中々スッキリ晴れないですからね。

 そんなくだらない輩にはなりたくないですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

感覚の違い

2009 - 05/02 [Sat] - 04:05

 十人十色と云いますが、同じものを見ても人によって見え方が違うし視点が違う様に、感覚は人それぞれ異なります。
人が集まって話をしていても、一人一人捉え方も違う筈。
でも、共通意識と云うものもあって、同じ様に思える、そんな事もありますね。

 感覚が異なり過ぎると、人の集団の中では浮いてしまって、人と付き合うのが苦痛になってしまいます。
上っ面だけを飾る、体面しか考えない、その場さえ楽しければ良い、等々と人間は集団を維持して行く為に、自分が浮かない為に、本質から眼を背けてしまう事も良くあります。
でも、いつも本質を見ている人からすると、それは苦痛でしかなく、また頭で理解出来ても心が拒否してしまう。

 そうなると人は、心を閉ざしてしまいます。
価値観の共有が出来ない事は、自分の存在意義の喪失に繋がりますからね。
心が通わないと云うのは、とても辛い事です。

 同じ匂いのする、同じ感覚を持つ人との出会いは、心に平穏をもたらします。
人間はいつもそう云う相手を捜し続けているのかもしれないですね。
自分が安心して心を開く事の出来る相手、集団が見つかると、人は自分らしく輝く事が出来ます。

 安住の地、一生かけてもみつけたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

待っていられない

2009 - 05/01 [Fri] - 04:08

 人生、ゆっくりとのんびり生きたいと思いますが、そうも言っていられない時もありますね。
今すぐに結論を出さないと、すぐに動かないと、このタイミングを逃す訳にはいかない、そんな時にあぁだこうだと悩んで迷っていたら、アッと云う間にチャンスは逃げてしまいます。
お尻に火がつくって云いますが、そんな時は人生に必ず何度かあるものです。
そう云う時は、迷わず即断即決、即行動しなければいけません。
優柔不断は墓穴を掘り、取り返しのつかない結果を招く事もあります。

 じっくりと時間をかけなければいけない事も沢山あります。
ゆっくりと考えて、答を出すべき事もあります。
でも、そんな暇のない時も確かにある訳で、一か八か決断するしかありません。
そこで失敗したら、間違ったら、それはそれ、覚悟するしかないでしょう。

 こう云う時に、問題を複雑化せず、如何に単純化してスッキリ考える事が出来るかどうかです。
大抵の問題は、当り前の事を当り前に考えれば、当り前の答が出て来ます。
そこにしがらみや、執着や、感情論が入って来るから、迷ってしまって、悩んでしまう事になります。

 やるべき事はやるしかない。
そんな厳しい時も、人生にはあります。
そう云う場面を沢山越えて来た人は、やっぱり強いですね。
自分の決断と自分の行動で乗り越えて来たのですから。
そこから学び、経験した事は、何物にも代え難い財産です。

 沢山の宝物を手にするチャンスを逃さず、自分を信じて、突き進みたいですね。

Adept・Mentor 島津相談室
バナー

 | HOME | 

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR