感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 考え方  

人間の器と度量

2018 - 06/19 [Tue] - 02:56

 最近、人間の度量とか余裕と云う事について考えさせられる事が多くあります。
凄く優しく気遣いも出来るのに人から好かれない人がいますが、良く良く観察すると一言いつも余計だったり、自分の感情がすぐに表に出て仕舞ったり、人を遠ざけて仕舞う様な言動がある事に気付きます。
印象が良い時と悪い時が極端だったりすると、人と云うのはどうしても悪い方の印象の方が強く意識に残りますから嫌われて仕舞いますね。
誰でも人から評価されたくない人はいませんから、人に評価されたくて、自分を大きく見せたくて無意識にしている言動が逆に人を遠ざけて仕舞って、評価を下げて仕舞うと云う事は良くあります。
肩肘張って肩を振って歩く人達と同じです。
偉そうに怖そうにしても、人は避けるだけで評価する人はいません。
また、人は存在する人数の分だけ異なる価値観を持っていて、見ている目線も違います。
他の人のそれに妥協したり迎合する必要はないと思いますが、だからと云って完全否定するのも違うかなと思います。
受容し受け入れて、その異なる存在を認めて、その上で自分は自分と割り切って行くのが良いかと思いますが。
他の存在を認める事で自分の度量の大きさを見せると云うプライドの持ち方もあります。
他と違う、他より上であると誇示するやり方、そんなプライドの持ち方は自分を孤独にするだけです。
鷹揚で大らか、大きな器と度量を持っていたいですね。
人として、修行者として、また何かを目指す者として、道を歩き続けて行く中で、人から信頼される人格と懐の深さを持ちたいものです。
小さな事で一々感情的になったり、上から目線で言葉を発したりしていたら、心の狭い人であると自ら公言している様なものです。
もっとゆったりして、大局を見ていたいですね。

バナー

スポンサーサイト

足し算で考えて行きたいですね

2018 - 05/12 [Sat] - 03:24

 開業当時から御相談に乗らせて戴いているクリニックの御相談をお受けしました。
一時は凄い勢いで急成長したのですが、ある事をきっかけに急速に患者さんが減り、その時に色々アドバイスさせて戴き、それを実行されて現在は患者数も回復中との事でした。
別に悪い事をした訳でも致命的なミスをした訳でもなく、厚労省の方針で流行って稼いでいる医療機関を見せしめの様に締めつけた結果です。
患者数が回復中と云っても、一番勢いがあった時に比べるとまだまだと云う感じらしく、業務縮小や将来的には今より狭い場所へ移転と云う事もお考えだった様です。
私はそのお考えに賛同せず、否定しました。
困った問題が起きた時、何かをなくせばとか、縮小すればと云う引き算の考えは、もしやって上手く行ったとしても長続きしません。
必ず次の問題も起きて来て、同じ事が起きます。
ではなくて足し算、今の現状に何を足して行けば良いかと考えるべきです。
良く転職の御相談もお受けしますが、嫌な事があるから転職したいと云う時、嫌な上司がいるから、嫌な同僚がいるから、会社を変れば楽になると転職を考えられる方が殆どですが、転職したとしても嫌な人間は必ずいます。
また同じ事が起きて我慢出来ず転職を繰り返す事になります。
そうじゃなくて、今何が出来るか、嫌な相手や嫌な仕事をどうすれば上手くやれるかを考えるべきです。
引き算の考え方は、嫌な事から逃げようとするのと同じ。
人生、逃げてばかりはいられません。
時には立ち向かい、乗り越えなければ解決しない事もあります。
勿論、戦略的撤退と云う事で、引き算ではなく一旦距離を取って出直すと云う事はあります。
ですが、逃げは何も解決しません。
足し算の考え方で、どうすれば良くなるか、楽になるか、突飛な考えでも良いので色々なアイデアを考えて実行してみると意識も変ります。
今日もそんなアドバイスをさせて戴き、楽しい医療、楽しい治療を目指してみて下さいと申し上げました。
治療は辛いもの、苦しいものと云うイメージを変える様な何かを従業員一同も含めて考えてみて下さいと。
そうすれば、従業員のモチベーションも上るでしょう。
そうなれば、意識も変ります。
従業員募集をしても、ネガティブな気持ちでは良い人は来ません。
ポジティブな気持ちで募集をかければ、不思議と良い人が来たりするものです。
苦しい事を如何に楽しいものに変換して行くか、足し算で考えて意識改革して行きたいですね。


バナー

勝負はドライにクールに。感情を入れたら負けます

2018 - 04/22 [Sun] - 00:53

 今いる場所で居場所がなくなり、どうしようもなく八方塞がりになったら、固執しないで新天地に移ってそこでゼロから自分の居場所を作って行くのも一つの方法です。
居場所のなくなった今いる場所で、やり直して行くのは凄く大変です。
一度落ちた評判や、ついて仕舞った評価を変えるのは、マイナスから始めるのですから。
しかし、新天地に移れば、ゼロから始める事になります。
それはそれで大変かもしれないですが、目の前の出来る事を精一杯やって自分の立ち位置を作り上げて行く方が精神的にも楽ですし、予断を持たれていないだけでも良いですね。
人の信頼を勝ち得て行くのは時間がかかります。
自分の行動と結果で周囲に評価を得て行かなければいけません。
今いる環境で、幾ら落ち込んでも悔しがっても、余程の思い切った覚悟で闘わない限り何も変りません。
逃げ出して仕舞う様に感じるかもしれないですが、勇気ある戦略的撤退と云う事もあります。
外で力をしっかりつけて、社会的信用を得て、その立場から改めて再会する方が、感情的な意趣返しより何倍もインパクトもあり、パワーもあります。
感情的な争いは必ず隙が出来て仕舞います。
ビジネス的な部分の意識でドライにクールに、分析と戦略を持って確実な勝ちを目指して行くのが良いと思います。

バナー

優秀な頭脳に体験が加われば、きっと素晴らしくなります。

2018 - 01/13 [Sat] - 02:28

 今日は、長くお出で戴いている方の御紹介で、若い学生さんを2名お連れ下さいました。
二人共東大生と云う事で、思考力や記憶力はお話をしていて、やはり凄いものがあるなと感じさせられました。
ですが、それ故に全て理屈や理論が先に立ち、頭の中で完結して仕舞っていて、物事に対してネガティブな側面を捉えて思考して仕舞っていて実際の行動に繋がっていない感じがしました。
思考が独り歩きして妄想に発展し、それ故にネガティブな波動を放出して仕舞って、ネガティブな波動とシンクロしたり呼び込んだりして仕舞っている感じがありました。
目に見えない世界への興味もある様でしたが、体験がないので知識はあっても、表面だけの理解になって仕舞っていました。
色々お話し、視野も開き、意識も変化して貰えた様で、これから体験を通して学ぶ事と知識として学ぶ事のバランスの大切さも理解して戴けた様です。
あの頭脳に体験が加われば、きっと深い洞察と思考がもっと生きて来ると思います。
知識は体験に優らないと云う事が解って貰えたら嬉しいですね。

バナー

未来を切り開く為に、一つの事に集中して3年やって、そこから始まります。

2017 - 12/05 [Tue] - 02:43

 あれもこれもやりたいと中途半端な気持ちで目移りばかりしていては、何も始まりません。
何をやりたいのか、一つに集中して、それに決めると決心し、他のものには目を向けないで数年間は一点集中で頑張らなければ、人生を切り開く事など出来ません。
趣味なら、それも良いと思います。
しかし、それで人生を切り開いて移行と思うのであれば、地に足をつけて現実的に考えて行かねば、妄想遊びにしかなりません。
中途半端な知識や見識では、人に対しても、社会に対しても、何の説得力も持ちません。
何より、強い意思を持たなければ、未来を切り開く事も掴む事も出来ません。
自分の中に、しっかり芯を作り上げ、その上で様々なものを吸収して広がりを持つなら良いと思いますが、最初からあれもこれもでは、根無し草になって仕舞います。
レストランで食事を選ぶ時と同じです。
あれもこれも美味しそう。
でも、これを食べると決心しないと、食べるメニューが決まりません。
まず何かに決める。
何をやっても、良い事も悪い事もあります。
見るべきはそこではなく、何をやりたいか。
決心して、勇気を持って一つに決める。
そして、その道一筋にまず三年は頑張る。
広がりを求めるのは、その後ですね。
石の上にも3年と云いますが、3年でやっとスタートラインについた所。
10年でやっと初心者。
それ位のつもりで前を見据えて頑張れば、未来はきっと切り開かれた来ます。

バナー

のんびり、大らかに生きたいですね

2017 - 10/07 [Sat] - 03:20

 TVの番組でも新聞でもネットの情報でも、やたらと他者批判や何が正しい、何が間違い、と云う正義感の押し売りや正論の押し付けの様な話題が溢れていますね。
何とかファシストの様に思えて仕方ありません。
ネットの世界では自分が何ものか明かさないで発言する事が出来るせいか、そう云う話題が凄く多い様に思います。
炎上したとか何とか。

 他人が何かした時に、しゃしゃり出てわざわざ批判的なコメントを載せたりする神経が理解不能です。
何か言いたいのであれば、自己紹介してから相手の証人を得て行なうのが人の道だと思いますが。
余りにも低俗、軽薄にしか思えないですね。

 人が何をしていようと自分には無関係です。
高圧的になって決め付けて発言するのは、何かの裏返しでしょうか。
それで何か得する事でもあるのでしょうか。
たんなる自己満足でしょうか。

 下らないですね。

 人は自分で自分の生き方を決めるべきですし、考え方も人それぞれ。
自分が許容出来ないからと云って排除するべきではないと思います。
ただ距離を取れば良いのではと思います。

 ファシスト的な論理や思想、考え方は、ハラスメントや苛め、最近問題となっている冤罪に繋がります。
もっと大らかに、他人の事じゃなく、自分が楽しく生きられる事を考えたいですね。

和を以て尊しとするのが日本の文化の奥深さです。
あまり白黒つけ過ぎるのも、疲れて仕舞うのではないでしょうか。
大らかに、のんびり生きたいですね。

バナー

固定観念、既成概念からの脱却。楽になりましょう。

2017 - 09/09 [Sat] - 03:30

 今日はお釈迦様の御縁日でした。
一年前に面接にお出でになった方が久し振りに参加されました。
他の参加者とも共通する話ですが、自分が持つ価値観や思い込みが強くて、それが異なる形で出て来た時に戸惑い、感情的になって仕舞う。
こう云う言葉を相手が発してくれると思う、こう云う態度をしてくれると思う。
期待して、そしてそれがその通りではなく、がっかりして裏切られた感が出て仕舞う。
あの人は、いつも愚痴ばかり言っているから不幸に違いないと思う。
自分の価値観と視野でしか物事を見ないから、そこから外れたらおかしい!!間違っている!!不幸だと決め付けて仕舞う。

 人は人それぞれ。
十人十色と云いますが、それぞれ視野も目線も価値観も、そして過して来た時間も違います。
同じ筈がありません。
なのに、自分の持つ考え方以外のものは受容出来ない、容認出来ない。
残念ながら度量が狭いとしか云えないですね。

 何が正しく、何が間違いで、何が幸せか、何が不幸か、それも時代によって変りますし、地域によっても違います。
人それぞれ、違います。
人が勝手に作り上げた規制、固定観念でしかありません。
法を犯す事は論外であるにしても、善悪論や正誤論ばかり意識して囚われていたら、自分の心が苦しくなるだけです。

 人が生きて行く上では、白と黒だけではなく、灰色の曖昧な部分を持っていないと息苦しくなって仕舞います。
本当に自分の心や魂が望んでいる事は何か、そんなものにも耳を傾けてみたいですね。
固定観念、既成概念から脱却する事が出来たら、楽になります。

バナー

自分が過した時間に自信を持って。屁理屈は自信のなさの裏返し

2017 - 08/12 [Sat] - 03:20

 良く理屈の多い人がいます。
何をするにも理屈を優先して、そこから抜け出せない、そこに固執する人。
何か指摘されたり云われたりしたら、理屈を口にして反論したり、言い逃れようとする人。
理論、理屈は一見すると筋が通っている様に感じて仕舞う事もあります。
しかし、冷静に判断してみると、そこに矛盾が必ずあります。
所詮、口先だけ。
だから、本質を知らない。
自分でもそれを感じているのでしょうね。
本質を知らないで、頭で理屈をこねまわしているだけ、だから本当の自信が持てない。
頭で考えるのと実際にやるのとでは、全く違います。
こうすれば出来る筈と云うならやってみろと云う感じですが。
実際に行動して長くやって来た人との間には、大きな隔たりがあります。
所詮は机上の空論でしかない。
それが本来の性格なのか、一時的な精神的なものから来るものか、それは人それぞれですが、何れにしろそう云う屁理屈や理屈に拘る人は、残念ながら薄っぺらく見えますね。
幾ら偉そうに見せても、所詮、軽薄な張り子でしかない。
 本当の自信を付けるには、時が必要です。
出来る事ややった事の結果ではなく、そこに至るまでの時間と努力、そして自分の意思、そう云うものが自信を生みます。
結果に拘っていると、自信などはすぐに崩れます。
いつの時代も上には上がいますから。
しかし、努力して来た時間と日数、真剣に手を抜かないで頑張って来た事については誰にも朽ち出される必要もないですし、自分だけのものです。
その過した時間と自分の継続して来た意思に対して自信を持ちましょう。
それは誇りとなり、芯となって行きます。

バナー

何の利益にもならない言動や思いは止めたいですね

2017 - 07/17 [Mon] - 02:22

 自分には関係ないと口では言いながら、つい何かに対しての批判や拒否、否定の考えや思いが出て仕舞って、そこから離れる事が出来なかったり、言葉に出て仕舞う人っていますが、それはその対象に向かって関心があると云う事に他なりません。
本当にどうでも良い、無関係であれば、無関心になり、否定も肯定も出て来ない筈です。
無関係なら、批判する必要もない、その気にもならないでしょう。
自分の価値観に囚われているだけではなく、その価値観を他に押し付けようとしている事になります。
口に出すと云う事は、誰かに賛同して欲しい、認めて欲しいと云う欲求の表れです。
私は正しいと認めて欲しい。
如何に正論を語ろうと、それは自己主張でしかありません。
それによって利益を得る事が出来ると云う事であれば、意図的にそう云う事をする事もあるでしょう。
でも、それをしたところで何の利益もない、問題の解決も望めないのであれば、時間の無駄、エネルギーの浪費でしかありません。
良くネットで炎上とか云う話題がありますが、誰かの記事やツイートに批判的な言葉を書いて何の利益があるのか、所詮自己主張でしかないでしょう。
あるいは鬱憤晴らしか。
何れにしろ、余りにもくだらないですね。

そんな事をしている暇があるなら、自分をもっと幸せにする為にエネルギーや時間を使われた方が良いのではと思います。
無駄に自分を貶めて仕舞う様な事は止めて、自分を高めて幸せになる方法を考えましょう。
考えたり思ったりするだけでもエネルギーは消費します。
まして、言葉に出したり、ネットに書き込んだりするのにはエネルギーは消費されますね。
何をやってもエネルギーを使うなら、どうせならポジティブに幸せになる様に、エネルギーを有効利用したいですね。

バナー

仕事に於ける危機管理の意識

2017 - 06/17 [Sat] - 00:56

 今日も長年お付き合いしている方の面接でした。
クリニックを経営されていますが、開業時から御相談に乗らせて戴き、10数年になるでしょうか。
大変に頑張ってお仕事されて、順調にやって来られましたが、それでも良い時もあれば悪い時もありで、そんな時に御相談に乗らせて戴いて来ました。
今回も特に何があったと云う訳ではありませんが、御自身の心のメンテナンスと、今後の経営方針について御相談がありました。
開業と云うのは、広い意味で自営業と同じです。
経営と云う事を考えた時、失敗やミスは医療機関の場合、他の職種以上に致命的になって仕舞う場合があります。
ですから、危機管理が大変に重要です。
ですが、その際、何かあったらどうしようとネガティブな意識で危機管理をしようとすると、どうしても気持も職場も意識もギスギスして仕舞います。
そうなると悪循環で、精神的な余裕が自分自身も職員も余裕がなくなって仕舞います。
医療機関の場合、クライアントは患者さんですが、患者さんと云うのはそう云う雰囲気を敏感に察知します。
そうなると、途端に来る方が減って仕舞います。
物事は殆どの場合、起こってから冷静に対処して行けば解決出来ます。
危機管理は重要ですが、ネガティブにならない様に、論理的に、感情的にならない様に気をつけておきたいですね。
そうして余裕が出来て来ると、雰囲気も変化し、患者さんが増えて来ます。
本当に皆さん、感じられるのですよね。
不思議なものです。

バナー

 | HOME |  »

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR