感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 祈り  

人が幸せになる為の祈願や気療は心が温かくなります

2018 - 06/23 [Sat] - 00:31

 昨日の夜は従兄弟の結婚式に出席すると云うお嬢さんが気療にお出でになりました。
スタイルアップと小顔気療。
結婚式に出席するに当り、少しでも綺麗でいたいと云う乙女心。
お祝いの気持を込めてしっかりやらせて戴きました。

 また、本日はお嬢様の安産祈願で御両親がお出でになりました。
助法を2人の内弟子がしてくれ、一人は前日京都で修験道の勉強会を受けてから高速バスで朝5時に東京へ戻ったと云う事で、一時間程眠ったと云って来てくれました。
受験祈願等も行いますし、他の祈願も行っていますが、安産祈願は久し振りの様な気がします。
私の所で祀っている仏母准胝観音は安産祈願でも利益があると云われている仏様ですので、しっかり御祈願させて戴き、また妊娠中のお嬢様の身体にも結界を張ってガードさせて戴きました。
邪魔も入らず、祈願をしっかり准胝観音が受け取ってくれたので大丈夫でしょう。

 人の幸せを願う祈願は良いですね。
温かい気持になる事が出来ます。

 明日は新極真会のドリームカップ。
例年は8月に行われていたのですが、オリンピックの準備のせいか今年は今の時期に行われます。
早起きは苦手ですが、私の所属する道場からも選手が出場しますので、しっかり応援しに行って来ます。
試合に出るだけでは意味がありません。
勝っても負けても、勝ちっぷり負けっぷりと云うものがあります。
持てる力を全て出し切って頑張って欲しいなと思います。

バナー

スポンサーサイト

観音様の御縁日。瀧修行について

2018 - 06/18 [Mon] - 02:49

 本日は観音様の御縁日。
先日、観音霊場巡りを満行されたヒーラーのマッキーさんもお出でになりました。
ですので、読経では聖観音をお呼びして祈りました。
私の所では、准胝観音、白衣観音をお祀りしていますが、観音様全体と云う事で大元である聖観音をお呼びして、霊場巡り満行の報告とお礼を祈りました。

 来月、内弟子の阿曽が指導する予定となっている瀧修行の話になりましたが、マッキーさんと他にも女性達が参加する予定になっている様で、参加予定のもう一人の女性は今から緊張している様でした。
やはり滝に対する恐怖心もある様で、それで良いのだと話しましたが、恐怖があってこそ、それを乗り越えようとする勇気と決心が気を高め集中力を高めます。
この位ならと思う慢心が一番危険です。
私も修行時代、千回位瀧修行していますが、直前になると体臭まで変りました。
瀧修行の準備を身体が始める様な感じでした。
やると決めたその時から、目つきも顔つきも変り、身体も活性化して、言葉遣いも変るそうです。
自分では普通にしているつもりでも、本能が危機感を感じてモードを変えるのでしょうね。
恐怖を恥じる必要はなく、恐怖があるから力も出るし、越える勇気と決心を持つ意味が大きくなります。
時として恐怖は身心を硬着させて仕舞いますが、強い意思を持って望めばその固さも消えて来ます。
修業に臨もうとするその心意気、素晴らしいですね。

バナー

御供養は究極の癒やし、基本であり究極

2018 - 06/17 [Sun] - 01:32

 本日は特別供養を行いました。
先に就職祈願で、世界的超一流自動車会社に就職を決められた方の御祖父様の御供養でした。
助法は阿曽が務めてくれました。

 今日はいつも御供養の時に詠む奠供・理趣経ではなく、レギュラー経典が良いと感じて、そちらで御供養しました。
不動経や般若心経、舎利礼文、各仏の真言等が書かれた普段勤行に使う経典をレギュラーと読んでいますが、普段の勤行では詠まない長い真言も入っています。
特別な祈願や供養の時のみ、その長い真言を加えて詠みます。
本日もその長い真言、三陀羅尼と云いますが、を加えて詠みました。
三陀羅尼は特に御供養時には絶大な威力を発揮すると云われています。
仏頂尊、宝篋印 、阿弥陀の真言ですが、長いので難しいのと、普段は時間がかかり過ぎると云う事で、毎日の勤行からは外しています。

 不思議な事に、理趣経を詠む時とレギュラーを詠む時は、時間的には同じ位の筈なのに何故か短く感じます。
真言がどんどん変って行くせいか、そのリズムのせいか。
本日のほとけ様は、何故かお釈迦様より阿弥陀様と云う感じが強く、普段であれば仏舎利をお祀りしているのでお釈迦様の御真言を重ねて行くのですが、今回は阿弥陀様の御真言を重ねました。
三陀羅尼にも阿弥陀様が入っているので良かったかもしれません。
しっかり御浄土へお送りさせて戴きました。

 御供養は修業の基本ですが、基本は究極の例え通り、奥が深く、簡単ではありません。
形だけやるなら誰でも出来ます。
御供養は究極の癒やしですから、心と魂が籠らなければ真の御供養は出来ません。
ほとけ様も、御供養を依頼される施主の方も、一緒に癒されて安楽になると云うのが理想です。
お経が上手いのは理想ですが、声が悪くても、お経が上手くなくても、しっかり心が籠っていれば良いと思います。
勿論、全部揃えば最高なのですが。

バナー

強烈なパワー、神様の御縁日

2018 - 06/16 [Sat] - 03:44

 本日は神様の御縁日。
雨が降っている中、普通にやって来て参加された方ばかりで流石と思いましたが。
祝詞奉上では、降りて来られた神様のパワーが強過ぎて、祝詞奉上後に頭がクラクラして眩暈がして仕舞いました。
月末に行う夏越大祓のある月ですから、やはり神様も気合い充分と云う感じでしょうか。

 参加者の中の一人が凄く疲労している様に感じて気療しましたが、眠れていない、食欲も低下していると感じて本人に確かめたら正にその通りだった様です。
運動もしていないので基礎体力がない上に、仕事や会社でのストレスや激務で食欲も低下し、その上食欲がないからと精進料理の様な食事をしていた様で、完全にパワー切れして、影響失調の様な状態でした。
続いたら倒れていたかもしれません。
食事をするにも、眠るにも体力が必要です。
食欲がないからと御精進を食べていたら、完全に悪循環で体力低下するばかりです。
しっかり運動して体力をつけ、気力をつける様に改めて指導しました。
取り敢えずは、気療でパワーを補充して復活しましたので、しっかり食べて眠れば回復すると思います。


バナー

氏神とのつき合い方

2018 - 06/10 [Sun] - 02:45

 本日は気療。
四国の方からわざわざ定期的にお出で下さります。
眼が良くないのに、障害児の先生をしておられる方で、いつも明るくしておられ、そのバイタリティにはいつも感心します。
今日も邪気を祓い、気療させて戴きました。
お話していると、どうやら氏神がパッとしない感じでしたので、お住まいの氏神の神を呼び出し、氏子であるこの方をしっかり守る様に伝えました。

 神社が盛り上がるのは氏子の祈りの力です。
現実的なお話ですが、お賽銭が集らない様では宮司さん達も食べて行けません。
ですから、どうしても他の神社と兼任、また何かの時だけやって来ると云う感じになって、普段は宮司不在と云う事も良くあります。
しかし、それでは中々氏子も増えてくれません。
暗い堂々巡りになって仕舞います。
氏神は、その土地を守る神ですから、その土地に住んでいる人達が大切に思い、日々感謝する事で神も力を発揮します。
日々通い、境内の掃除をしたり、心を込めて訴えかけて、祈りを捧げる事で神も徐々にパワーを発揮し始めます。
そうすると、不思議とお参りする人も増えて来て、徐々に神社が盛り上がって来ます。

 実は私が住う地域でも氏神がパワーがなく、街に活気がなくなって来て、何となく空気に穢れを感じた事がありました。
それで氏神の神様をお呼びして、強く訴えかけた事がありました。
その次の年から、急にお祭りが始まり、わざとらしく感じる程、我が家の周りを山車が何度も何度も通ると云う事があり、爆笑して仕舞いましたが、それ以来氏神は元気な様で氏子さん達が毎年しっかりお祭りを行い、お参りする人も増えている様です。
私の弟子や相談者もほぼ毎日通勤前にお参りして出かける人がいます。
氏子と氏神は一体です。
氏神を盛り立てて日々感謝する事で自分自身の幸運へと返って来ます。
困った時の神頼みではなく、困っていない時こそ神様に参ってみるのも良いのではないでしょうか。

バナー

お釈迦様の御縁日の読経と祈願

2018 - 06/09 [Sat] - 02:16

 本日はお釈迦様の御縁日でした。
数名の参加者でしたが、急な予定変更でお出でになった方や護身法の補講をされた方も。
そんな中、お一人の方が、途中で就職活動の最終合格の通知が来ていますとスマホに連絡が入ったと云う事で驚いておられました。
いつも通り読経して、特に夏越大祓の月は色々な事が吹き出して来て被りも多くなる事が多いのですが、しっかり祓い浄化させて戴きました。
その後すぐにと云って良い位に入ったメールの様でした。
丁度一ヶ月前のお釈迦様の御縁日に御縁日の読経に併せて就職祈願をしたのですが、見事成就された様です。
将来の更なる可能性も見出せる様な会社の様で、まずは一安心です。
同じくその時に祈願を一緒にした方の方は未だ決まっていません。
この違いは何でしょうか。
祈願が万能な訳ではなく、常識的な社会通念は身につけておかなければ、スタートラインに立てません。
また、素直に目指す事ややるべき事に意識を集中させて、日々の生活の中での小さな感謝を忘れない事、等々あります。
幾ら実力があっても、人から評価される様な人格や社会的常識がないと、村八分や爪弾きにされて仕舞います。
好いてくれる、評価してくれる人がいて、その上で嫌う人がいるのは仕方ありません。
それ位じゃないと一人前とは云えないですね。
しかし、嫌う人の割合が多い人は、自分自身の言動や態度、表情、意識の持ち方など、省みて自己確認するべきです。
神仏に祈願したと云えども、資格のない人には祈願は成就しません。

バナー

内弟子が全員揃って助法、素晴らしい御供養が出来ました

2018 - 06/03 [Sun] - 03:43

 今日は御夫婦のそれぞれの御先祖様両家の御供養を行いました。
とても穏やかな御主人様、御主人様を尊敬し信頼しているいつも明るい奥様、それぞれ大変な思いを沢山して来られて今があります。
毎日、御自宅でも神棚、お仏壇にしっかり手を合わせておられる御夫婦で、互いに慈しみ合い尊敬し合っているのがとても幸せに感じられる御夫婦です。

 読経を始めて、まるで遠くから雲がやって来るかの様に大量の御先祖様の御魂が集団で押し寄せて来る様にやって来られました。
霊が集って集合する事を霊団と云いますが、凄い大きさの霊団でした。
直系傍系併せて、7代辿れば2千人と云いますが、今回はそれどころではない、その何十倍かの霊の集団を感じました。
内弟子も解った様で、御供養終了後、驚いていました。

 普段から手を合されているので、読経は到って心地良く、何の問題もなく行う事が出来ました。
御夫婦の真直ぐな思いと気持ちが自分達だけではなく、御先祖様も安楽にしているのでしょう。
御先祖の御供養とは、祈る側も祈られる側も共に幸せになる為に行います。
先祖を思い我が身を思う。
究極の癒やしです。

 折りを見て修業された僧侶や我々の様な専門家に御供養を依頼されると良いと思います。
本日も読経が自分の周りを回り、包まれる様な感覚になって、笑顔のイメージだけが浮かんだと御主人様が仰っていました。
内弟子が全員勢ぞろいして助法してくれましたが、全員がスケジュールが合って揃う事は滅多にありませんから、これも御縁ですね。
御夫婦の人徳と仏縁によるものと思います。

バナー

御札や大麻を戴く時は、昇殿して御祈祷を受けて下さい

2018 - 05/14 [Mon] - 01:51

 家に神棚を祀っていて、それなのに霊が家に入って来るとか、ラップ音がするとか、飼っている猫や犬があらぬ方向を見て騒ぐとかする時、その神棚に入っている御札や大麻がきちんと祈られておらず魂が入っていない事が考えられます。
ちゃんと神社で戴いて来たのにと思うかもしれないですが、現代では神社で戴けるお守りも御札も大麻も、皆手作りではありません。
昔は、一つ一つ手作りで、しかも毎回毎回、使った筆や硯も廃棄して、墨を磨る水も天水を用いると云う決まりがありました。
現代ではそれは殆どあり得ません。
皆、印刷であり、大量に作成されたものです。
業者から上って来たものを、一旦、まとめて神前に置いて正式に祈り入魂してお授けするものです。
が、残念ながら、神前で祈らず、そのまま売られている事が良くあります。
形だけの御札、大麻、全くただの印刷物でしかありません。
家に祀っても飾りにしかなりません。
大きな、有名な神社でもそう云う事が良くあります。

 ですから、私の所へお出でになる方は、一年に一度御札や大麻をお持ちになります。
そして、改めて神様をお呼びして入魂させて戴きます。
朝夕神棚に参るのにその神棚の御札が紙切れじゃ悲しいですし、神様と繋がりませんから。

 神社で御札や大麻を戴く場合は、必ず昇殿して御祈祷を受けて戴いて下さい。
そうすれば、しっかり入魂されたものが戴けます。
ただ社務所で買って来ただけでは、祈られていないものである可能性もあります。

バナー

御供養させて戴く御縁を戴けるのは、本当に幸せで有り難いです

2018 - 05/11 [Fri] - 03:21

 本日は2月に亡くなったばかりの方の御供養を行いました。
終るまで気がつかなかったのですが、御依頼された御家族とお話していて、丁度百カ日の法要になりました。

 御供養の法要を始めた時、反応が鈍く、亡くなった後も眠っていた状態でした。
突然の病で意識を失って亡くなられているので、そのまま気を失ったままの状態でいた様です。
何かで意識を失い、そのまま亡くなった場合には時々ある事です。
読経で眼を醒まして戴きましたが、当然ですが、何が起こったのか解らず戸惑っておられました。
御自身が亡くなっている事も解らなかった様ですが、読経を続ける内に段々と理解された様です。
生前の事を思い出された様ですが、御自身にとってはとても辛い人生だった様で、これで楽になれると云う思いと同時に、過去を思い出してさめざめと泣かれていました。
彼岸へしっかりお送りしましたが、彼岸へ渡る時も泣かれていて、渡った後も暫く泣かれていました。
暫くして落ち着かれて、一礼をして歩いて行かれました。

 若くして亡くなり、大変に頭脳明晰で世にとっては惜しい人材ですが、御本人にとっては辛いだけの人生だった様で、これで本当に楽になり幸せになって戴ける様にと御供養申し上げました。
御依頼戴いた御家族も、気持ちが楽になって戴けた様で、今後の御自宅での御供養についてお話させて戴きました。

 内弟子達の助法も心が籠っていて良かったです。
御供養させて戴いた御魂だけではなく、御先祖様のお迎えもあり出て来られ、一緒に読経される御魂もいたので、音程が取り難くなって仕舞う場面もありましたが、良い読経が出来たと思います。

 御供養をさせて戴くと云う御縁を戴けるのは、とても有り難い事です。
御魂が楽になって旅立って行くのをお手伝い出来て、御魂も御遺族も楽になって戴ける場面に立ち合え、お手伝いさせて戴ける幸せ、有り難いです。

バナー

内弟子が全員揃って御供養を2件続けてやらせて戴きました

2018 - 05/07 [Mon] - 01:10

 今日は午後から2件の御供養を続けて行いました。
お一方は、若い頃に旅立たれた兄上の60回忌の御供養。
60年経っても大切に思い、御供養したいと云うお気持ちは素晴らしいです。
いざ御供養を始めると、兄上だけではなく、御先祖様も沢山出て来られて一緒に御供養を受けておられました。
基本的には60回忌を過ぎたら御先祖様として扱いますから、今後は御先祖のお一人として御供養してけば良いと云う最後の区切りの御法要となりました。
 次に御供養させて戴いたのは、昨年結婚された御夫婦の奥様の御実家の御先祖様。
以前御供養させて戴いた時は、中々、まだまだかかると云う感じでした。
今回御供養させて戴いて、余りにもスッキリしていて驚きました。
詠ませて戴いた奠供、理趣経が無限に広がって行くかの様な感覚で、とても心地良い御供養をさせて戴きました。
御自宅でしっかり心を込めて御供養を毎日されているのが解ります。
こう云う御供養が出来ると本当に心地良く楽しくなります。
心も気持ちも晴れやかに爽やかになります。
素晴らしい御供養をさせて戴けた事に感謝です。

 内弟子達全員が集って助法してくれました。
その内の一人は午前中に自分の相談者の御供養もして来た様で、御供養の3連チャン。
かなり疲労した様です。
内弟子達の読経も良い感じで上達しています。
成長していますね。

 夜になって、ベトナムに出かけていた女性が帰国したと云う事で挨拶にやって来てくれました。
本日帰国した様ですが、その足で御実家に行って回ってくれた様です。
出発前に彼女の周囲に結界を張ってガードしておきましたので、無事に何事もなく楽しく時間を過して来たと、向うで撮った写真を見せながら報告してくれました。

 御夫婦の奥様のエレガントな雰囲気でホッとし、夜に来た彼女の輝きに、少し疲れも癒された気がします。


バナー

 | HOME |  »

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR