感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 祈り  

不動明王への読経と御供養、区切りと決別と気療

2017 - 04/29 [Sat] - 02:37

 今日は不動明王の御縁日でした。
3年前の今日、初めて私の所へやって来たと云う美人ヒーラーの女性が、3年目の区切りで特別な日だからとやって来てくれました。
3年前には既にプロのヒーラーとして滑動していた彼女でしたが、正直、かなり危なかしい感じでした。
それがこの3年で大きく成長し、その行動力、考え方、目線、態度、そして何より持てるパワーの向上、目を見張るべきものがあります。
まるで別人の様に成長し、しっかりして真にプロフェッショナルと云える様になりましたね。
色々な意味で強くなりました。
元々、美しい女性でしたが、内面を磨いて成長したせいか、その美しさは人の目を惹く輝く様なものへと変化しましたね。
そんな彼女も過去の記憶やストレスや被り等が残っていて、その区切りをつけて前へ進みたいと云う強い意思と希望があり、不動明王の御縁日の読経と共にしっかり、ガッツリ祓わせて戴き、全てに別れを告げて決別して戴きました。
また、急速な成長故に強いエネルギーが身体に入って溜っていて、ある種のショック状態と云うか身体も体内の気も固まって仕舞っていたので、しっかり気療して癒し弛めました。
浮腫も取れて、固まっていた筋肉も解れ、拘縮に近かった内臓も緩んで、木が巡り始めました。
頑張り屋さんなので余り口にしなかったのですが、結構辛かったと思います。
本当にゆったりと緩んだ感じで喜んで戴きました。
彼女本来のオーラも出て来て、輝く様な笑顔が一層美しくなりました。

 ある集りでストレスが溜まり、私の所へ行きたい、帰りたいと泣いたそうですが、事情を知らない人は驚いたでしょうね。
彼女ほど美しい人にそう思われて、そんな事を口にして貰えるのは嬉しい限りで光栄です。
それだけ信頼して貰えている事が何より有難いですね。

 今日は、他にも御依頼のあった御先祖の御供養を同時に行ないました。
御依頼者が同席しませんでしたが、心を込めてやらせて戴きました。

 そして夜に急遽、気療が。
やはり強いエネルギーと御神託によるショック状態で気も身体もガチガチになっていて、思考まで停止していた様です。
すぐに気療で楽になって戴き、笑顔が戻って良かったです。

何だか今日は濃い一日でしたね。

バナー

スポンサーサイト

明日は気合いを入れて祓い、祝詞を奉上して来ます。

2017 - 04/15 [Sat] - 01:49

 愈々、明日は正伝流空手道中村道場の10周年の記念の日となります。
10年前の4月15日に道場が開設されました。
道場に祀られている神棚に、この10年を感謝し、また今後の発展と安全を祈念して、しっかり祝詞を奉上させて戴きます。
その後、道場生や師範による奉納演武。
その後、少年部、一般部の稽古を行なう予定です。
その後にレセプションとなります。
師範の空手家たる、また武道家たる覚悟と姿勢が表れた祝いの会であると思います。
空手家は何より空手を第一とし、稽古。
その信念と一貫した姿勢こそが、師範の空手家としての在り様であり、潔さと思っています。
一緒に稽古させて戴き、微力ながらもお力添えが出来て来た事、またこれからも変らずそれは続いて行くであろう事は、有難い事であります。
気合いを入れて、明日はしっかりやらせて戴きます。
10年の間に溜った垢や汚れをガッツリ祓う覚悟です。
押忍!!

バナー

道場の十周年で御神号を戴きに行って来ました

2017 - 03/23 [Thu] - 22:53

私が所属する正伝流空手道中村道場が今年で10周年を迎えます。
それに伴い、正面にかけてある鹿島神宮・香取神宮の掛け軸を新しく取り換えようと師範と話していて、そのお役目を師範の代理で私が行って来ました。
今まで何故か御縁のなかった神社ですが、色々調べると東国の三社参りとして古来より重要視されて来た様でもあり、また私が懇意にしている岐神空手の師範が三社の一つ息栖神社の神名を流派名にしている事もあり、この際私達も三社を巡ってお参りさせて戴こうと行って来ました。
内弟子達と、ヒーラーの女性を伴い、行って来ました。
香取神宮へ先ずは向かい、お参りの後御神号を戴きました。
こちらの神社の神は、何故か仏様の様な雰囲気が漂っていました。

IMG_0881
IMG_0881 posted by (C)島津 成晃

その後、息栖神社へ。
ここは着いた時はあれ?と思いましたが、良かったですね。
素晴らしい空気でした。
何かスカッと抜けた様な気がしました。
ここで何故か内弟子の一人が御縁なく、次の鹿島で待ち合わせる事に。

IMG_0890
IMG_0890 posted by (C)島津 成晃

そして最後の鹿島神宮へ。
予想以上に素晴らしく、強烈なエネルギーがあり、皆感じた様でした。
ヒーラーの女性は、ここで祓幣を神から授かった様です。
余りの強いエネルギーに強い禊がかかり、後で気当りの様に気分が悪くなったりしましたが、徐々に回復。
すぐに馴染んで来た様でした。
ここでも、お参りの後に御神号の掛け軸を戴きました。

IMG_0897
IMG_0897 posted by (C)島津 成晃

その後夕食を取り、宿泊する宿に向かい、一部の内弟子は仕事の関係もあり、日帰りで東京へ帰りました、
残った人達で、ホテルで休憩後、また集って一日の反省と振り返り。
疲れているだろうに、結局夜中まで話していました。
そして一夜明けて、内弟子の一人とヒーラーの女性が成田山新勝寺にお参りした事がないと云う事で、向かう事にしました。
私は若い頃、通い詰めていましたし、母や妻もお参りした事があり、久々の新勝寺は懐かしかったですね、
お護摩を浴びさせて戴きました。
恒例の大太鼓で始まりますが、ここでヒーラーの女性が思わず飛び上がって仕舞ったのには、爆笑ししそうになって仕舞いました。
素晴らしいお護摩でした。
正に火生三昧、全ての汚れを火で燃やし浄めて戴きました。
初めての2人にとっても凄く勉強になり、良い経験になった様です。

IMG_0906
IMG_0906 posted by (C)島津 成晃

その後、名物の鰻を食べに行きましたが、人気ナンバーワンのお店が閉まっていて、ナンバー2のお店に。
美味しかったです。
堪能しました。
その後は少し散策した後、それぞれ解散して家路に向かいました。
ミッションも無事に終了し、神と仏を両方感じる事も出来て、美味しい鰻で栄養と鋭気を補給出来て、良い時間でした。

バナー

春の供養会を終えて、今日は道場へ、明日は参拝に出かけます。

2017 - 03/22 [Wed] - 04:29

 3月20日(月)春彼岸供養会を滞りなく終了しました。
沢山の御供養願いを一つずつ読みあげ、奠供と理趣経の響きでしっかり御供養させて戴きました。
今回は、かなり大変だった様で、途中で色々な声や音が聞こえたり、空気が霞んだり、目も霞んだりしましたが、無事に終了しました。
妻が途中撮っていた写真でも、読経中の空気は明らかに霞んでいて、終了後に撮った写真とは全く違う雰囲気でした。
内弟子達も、参加された方の中にも、声や音を聞いていた人がいた様でしたが、沢山の御先祖様の御供養をさせて戴けた事は、大変に有難い事です。
7代辿れば直系傍系合わせて2千人と云われる御先祖様、もっと先まで辿ればどれだけの人数になるのか、それが何十軒のお家となるとどれだけの人数になるのでしょうね。
疲れる筈です。
読経が終る頃には、汗だくになり、終了後に直会を行なうのですが、1時間以上は何も口に入りません。

 さて、今日は道場へ、いつも通り行って来ました。
行く時は、もっと早く病む予定だった雨が結構激しく降っていて気温も低く寒かったですね。
何時も通り、練習が終ったら11時。
その後、妻の審査会に向けての練習につき合い、道場を出たのは12時でした。
8時半からですから、3時間半位やっていた事になりますね。
始めたら止まらないと云うか止められない。
こりゃやっぱり病気です(笑)

 明日から一泊で香取鹿島息栖の三社を巡って来ます。
道場の用事がメインで参拝して来るのですが、丁度伝授の日でもあるので、内弟子を伴って行って来ます。
どうやら天気も良さそうですし、今回は御挨拶で参拝するので気持を楽に出かけて来ます。

バナー

今日の良き日に素晴らしい結婚の儀を執り行いました

2017 - 03/12 [Sun] - 21:35

 本日、結婚式を執り行いました。
神前結婚式、正に神の御前にてお二人の魂の融合を行いました。
内弟子達の作る結界の中、選ばれた二人の女性による契のお酒、指輪交換を行い、神も仏も先祖達も集っての素晴らしい結婚の儀式となりました。
故事にならい神界の高砂にて、神々の集える御前で、互いの魂を一つに融合させ、また二つに分けて戻しました。

 私が導師となって行なう結婚の儀は何度目かとなります。
今回の儀式は、大変に高い波動の中で行なわれ、また神々も喜び、素晴らしいものでした。
自然に無理なく二人の魂も神界へと昇り、舞うが如く二人の魂が溶け合い、その周りで神々も喜び舞い踊りました。

 善き夫婦となると確信しています。
望まれて結び付いた様に思います。
今日の良き日に素晴らしい儀式が出来た事、とても光栄な事です。

バナー

義父の七回忌法要に出かけていました

2017 - 03/08 [Wed] - 04:28

 数日間、記事をお休みさせて戴きました。
義父の七回忌法要に出席して来ました。
私には父親代わりと心で思っている人が何名かおります。
皆、既に故人ですが、心に深く思い出が残っていて、多くの教訓を心に刻んでいます。
義父には沢山の思い出があります。
二度、イギリスへ一緒に旅もしました。
大変に洒脱で洒落た方でした。
義父のお位牌を作らせて戴き、毎日手を合わせていますが、亡くなって丸6年、あっと云う間だった様に思います。
忙しく、中々妻の実家の親戚の方々にお会いする機会も少ないですが、今回沢山の方にお会い出来て良かったです。
義父の長女の夫として受け入れた戴いているのをしっかり感じました。
有難い事です。
6年前の3月11日、震災の会った日に葬儀が行なわれ、その一週間前3月4日が命日。
忘れ得ぬ日です。
最後まで、しっかり強い印象を遺してくれた義父でした。
生前も死後も、色々とエピソードに事欠かない義父ですが、これからも大切に心に抱いて行きたいと思います。
今回、義妹の一人が体調が悪かったのですが、我々が出向いて会った瞬間から元気になり、いつもの笑顔と魅力が戻ったと云う事もあり、また思い出深い時間となりました。

 今日は、道場へ行って来ました。
久々に会った初段の男性とのスパーリングは楽しい時間でした。
色々溜まっていたものが綺麗に抜けた気がします。
審査会が近いので、妻も練習に余念がないですが、頑張っています。

バナー

昨日の伝授のテーマは祈り。誰にでも出来ますが、凄く奥深く難しいものです

2017 - 03/03 [Fri] - 01:33

 昨日は伝授。
他の方からも御相談が来ていたりしますが、祈願と云うのは安易なものではないと云うテーマがありました。
心で思ったり、祈ったりするのと、祈願用紙等に書き込んでお願いするのとは、全く異ります。
心で祈り思うのは、そこに神仏が介在していないで行なう場合は、どんな事でも大抵は問題ありません。
ですが、正式に書き込んで祈願をお願いする時、自分の立場や分をわきまえないと、時には命取りになる事もあります。
個人としてやって良い祈願、やってはならぬ祈願、違えてはならない筋もあります。
分をわきまえないで安易に大きな祈願をして仕舞ったら、それだけのリスクがかかって来ます。

また祈願すれば願いを叶えてくれると云う安易な心では、願いは叶いません。
受験生が勉強もしないで、神仏に祈ったから受験に合格するかと云う話と同じで、神仏も自ら助く者を助く、お賽銭を祓って頼んだから祈願が通るか、そんな安易なものではありません。
神仏を相手に、これをするから願いを叶えて欲しいと取引する様な真似は、神仏の目には不遜としか映らないでしょう。
祈りには礼儀もあれば筋もあります。
その祈りの為に全てをなげうつ覚悟もなく、少額の金銭で願いを叶えよと神仏に要求するのは、人としても問題ありではと思います。

 また、祈りの作法は、その対象となる神仏に最も響く言葉や形、動きから出来ています。
神道であれば大和言葉や奈良平安時代の言葉。
仏であれば、経であったり真言等を用います。
キリスト教では時と場合によりますが、ラテン語やヘブライ語を用いる事もあるとか。
現代の言葉も駄目な訳ではありませんが、言霊と云う観点から見ると弱いですね。
また、神仏がその祈りの言葉を聞いて共鳴してくれるかどうか。
勿論、大切な心が通っていなければ、作法も只の形、パフォーマンスになって仕舞います。
心が通っていれば、作法は不要なのかと云うと、それはかなりの修行を積んで、作法を用いなくても心を通わせる事が出来る境地に達した者でなければ、音なく形なく祈っても未熟な者は雑念にさいなまれて仕舞うでしょう。
何も考えず、無意識であっても作法や言霊を用いる事が出来る境地に達して初めて可能な事だと思います。
心があれば、礼儀が無礼であっても許されるのかと云う事と同じです。

 祈りは誰にでも出来る事です。
ですが、真に祈ると云うのは凄く難しいものです。
慎重に、良く良く考えて心を決めて行なうべきだと思います。

バナー

守るべき筋、筋は筋として守らなければならないですね

2017 - 02/10 [Fri] - 02:17

 水曜日はお釈迦様の御縁日でした。
また夜はいつも通り、伝授でした。
御供養の話をしていて、奥様が御実家の御先祖様の千座行をやっていて、嫁いだ先のお家の御先祖様がそれを妬んで仕舞って出て来られると云う事がありました。
夫婦別姓の問題などもありますが、女性は多くは嫁がれると姓が変わります。
名が変わると、その名の家に組み込まれると云うのが御供養での原則です。
従って、本来は嫁いだ先の御先祖様を先に御供養させて戴くのが原則。
御実家の御先祖は、その後にと云うのが一応の筋となっています。
どっちが偉いとか上とか下とかと云う問題ではなく、現在名乗っている姓の家を優先すると云う事です。
が、お話に出たお宅の場合、色々な事情があって御実家の御先祖様の方から始めました。
その御供養が素晴らしかったのですね。
それ故、嫁ぎ先の御先祖様がそれを羨み、妬んで仕舞ったと云う経緯です。
身体がなくなっても、やはり人間的な感覚は消えないと云う事ですね。
自分達も供養して欲しいと云う要求が強く出て来ました。
なので、それをお伝えし、早速簡易のお位牌を作成させて戴き入魂しました。
今後は、以前にも増してスッキリされて行くと思います。
目に見える世界でも見えない世界でも、筋は筋として守るべきと云う教訓になりました。

バナー

これから、運気上でも新年。楽しい一年にしたいですね。

2017 - 02/07 [Tue] - 03:07

 節分は、2月3日でしたが、日程の関係で少し遅れて昨日の日曜日に節分祈願会を行ないました。
久し振りの方も来られて、参加者が沢山になっていました。
一月の間に皆さん思いの他、色々とストレスや被りを溜めておられた様で、正にパワー全開で祓わせて戴き、この後の年月の開運と皆様の出された御祈願をしっかりやらせて戴きました。
もう20年以上お付き合い戴いている方々も来られ、また30年前からずっと来てくれている御夫婦もやって来て、懐かしい思いもしました。
お仕事の都合等で、読経が終ってから来る人や、最後の方で来る方もいましたが、祈願用紙をお預かりしているので、しっかりやらせて戴きました。
一月は皆さん中々大変だった様で、バタバタ感もあり、怪我をされた方もおられたり、気療も内弟子と協力してやりました。
遅れて来た方に月例会でやった密教瞑想の入門編の呼吸法等を指導しましたが、復習したい人もいて一緒にやりました。
皆さん、とても熱心で素晴らしいです。
また、昨日試合に出ていた人も夜になってやって来て、試合は残念な結果だった様ですが、大したダメージもなく、呼吸法の流れで少し空手のアドバイスもさせて戴きました。

 これからは、運気的にも完全に新年ですから、気持ちを新たにして良い年にする様に頑張って行きたいですね。
自分の進む道筋をしっかり見極め、気持ちがブレない様に気を引き締めて、同時に精一杯楽しんで毎日を過して行きたいですね。

バナー

今日は盛り沢山の御縁日でした

2017 - 01/29 [Sun] - 02:35

 今日は不動明王の御縁日でした。
曜日のせいか、今日は沢山の方が参加してくれました。
皆さん読経が出来るので、一緒に読経。
人数がいると結構な迫力になりますね。
で、いつも通り全開でした。

 その後、先日の月例会でやった密教瞑想法入門編の補講を当日参加出来なかった人に指導しました。
家で復習して続けて貰いたいですね。
ここを完全にマスターしてその次の段階に進んで貰いたいと思います。

 その延長で空手の話にもなりました。
意識を丹田に降ろした状態での制空圏の作り方、エネルギーや気の流れ方、流し方等々。
それを練習でやったら、いつもと違って良いスパーリングが出来ましたと、ここから帰って道場へ行った男性から報告が来ました。

 同じく空手をやっている女性には、受けやいなし、姿勢等の指導、少しだけ蹴りの指導もしました。

 密教瞑想も空手なども共通する所も多く、そこから発展させて行って欲しいですね。

バナー

 | HOME |  »

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR