感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ > 祈り  

神様の御縁日

2017 - 10/16 [Mon] - 01:38

 今日は神様の御縁日。
新極真会の昨日から続く全日本大会の本選の日でしたが、今日はライブで観戦していました。
いつも通り祝詞奉上し、その後、合間にPCやiPhoneで観戦していました。
旦那様が大会の方へ応援に行くと云う事で奥様一人で参加して下さりましたが、お会いする度にしっとりとして表情も柔らかくなり、綺麗になられている姿に嬉しくなりました。

 今は変化の時があちこちに来ている様で、今日も参加した女性からそんな話を聞いていました。
自分の歩くべき道を見極める時が来ている様です。
彼女なら迷いなく歩いてくれると思います。

 大きな変化の時を迎えた女性も、次のステップが見えて、光も見えた様で、心を決めて進む方向も決まった様です。
今日大きな一歩を踏み出したとメッセージが入っていました。

 先日、バリに出かけていたヒーラーさんからもメッセージが入り、貴重な体験を沢山して、またパワーアップしたのが解りました。
次のステップへもう歩み出していて、最近は忙しいようで中々お会い出来ませんが、次に会うのを楽しみにしています。

 全日本の試合の方は、スケジュール通りに進行し、予定通りの時間に終了した様で、いつもながら進行されている先生やスタッフの方々の手腕に感心しました。
優勝や準優勝、上位入賞者は予想通りの結果で、今回は大番狂わせはなかった様です。
所々しか見る事が出来ていませんが、選手の皆さんの頑張りが伝わって来て、ライブ放送とは云え熱くなって仕舞いました。
便利な時代になり有難いですね。

 外は今も雨が降っています。
気温もかなり下っていますし、何だか一機に秋になった様な感じです。
体調にお気をつけ下さい。

バナー

スポンサーサイト

極限の祈りは命がけです

2017 - 10/14 [Sat] - 01:39

 祈願や供養、引き寄せ等、祈りを媒体とするものに必要なのは、究極の純粋な意思とエネルギーです。
何をする時でも、人間は頭脳や知識を意識して仕舞います。
考えていないつもりでも考えて仕舞う。
そこに記憶があり、それが固定観念や既成概念となって影響を与えて仕舞います。
ですが、極限を越える時、それらは全て捨て去るのと同様の状態に到ります。
そうでなければ、無意識の思考が極限を越える事を拒否します。
極限を越える時、それが限界を越えるに等しいものがあるので、本能的に恐怖心が芽生えます。
その恐怖心は記憶や観念、思考から生み出されます。
それらを越えた時、常人では想像出来ない領域に達する事が出来ます。

 荒行として行われる瀧修行や回峰行、不臥の行、求聞持法等がそれに当りますが、それは極限まで追求して行くと自分の生命そのものを危険にさらして仕舞うものです。
越えるか壊れるか、どちらかの危険を覚悟して行ないます。
昨今ブームになっているプチ瀧修行などと云うものではなく、己自身の全てをかけて挑むものですが。

 その時、命を救い極限を越えさせるのは、純粋で曇りのない強い意思とそれに伴うエネルギーです。

 ちょこちょこっと神仏に祈るのとは次元が違います。
祈りの奥深さでもあり、厳しさでもあります。
いざと云う時は、全てを抛つ覚悟で挑んでみるのも良いかもしれないですね。
但し、一つ間違うと生命に関わります。
本当に命がけで祈る必要があると覚悟した時のみ、挑戦してみて下さい。

バナー

遠隔での祈願、結界、呪い返し、生霊返し

2017 - 10/09 [Mon] - 04:12

 今日はお釈迦様の御縁日でした。
通常のお釈迦様への法要と同時に、他に依頼のあった遠隔での祈願等を同時に行ないました。
遠方の方の怪我にかかっていた生霊と呪いを返す祈願。
何度も繰り返し同じ場所を怪我し、治りも遅いと云う事で余りにも不可解と云う事で御相談戴きました。
原因を探っていて、解明に時間がかかって仕舞いましたが、最終的に生霊と呪いが原因と云う事が浮かび上がり、本来であればお会いして気療し呪い返しをかけて仕舞うのが一番なのですが、遠方でもあり、手術を来週に控えていると云う事で急遽遠隔で行なう事にしました。
御依頼者にお聞きしたら思い当たる人が数名いると云う事で、一回やってもまた来るのではと心配されていました。

 また、御本人もいらしていましたが、一時的に滞在中の宿泊所が気持ち悪いと云う事で御相談戴いたのですが、こちらのその場所が遠方であり、また日程の関係で今日しかお会いする時がないと云う事で、こちらも遠隔でその場所に結界を張り、浄化する事にしました。
また、御本人にもガードを張って、霊的なものが近づかない様に対処させて戴きました。

 いつも通りに始めたお釈迦様の御縁日の読経ですが、前半でお釈迦様への読経をし、感謝の意をお伝えしながら、永年供養をして戴いている方々の御先祖様達への祈りを行いました。
その後に先ずは遠隔での結界、浄化を行い、御本人の浄化と護身、除災招福を祈りました。
そして、最後に遠隔での生霊呪い返しを行ないましたが、これが中々しつこく粘着質でした。
パワーレベルを上げて、こう云う場合は五大力尊、特に軍荼利明王のお力をお借りする事が多いのですが、それでは駄目で大元帥明王の退魔法を用いました。
その結果、完全に生霊も離れ、呪いも返す事が出来ました。
その上で浄化し、改めてガードを張って早く怪我が治る様に闘病平癒の祈願を行い、全てに対して仏の光が届き、満ちる様に光明真言を用いて祈りました。

 ちょっと気合いと根性が必要な祈りでした。
参加していた方も感じられた様でしたが、強い圧力を感じられた様です。
あまりない事ですが、今日は遠隔の祈りの日でしたね。

バナー

御縁日の読経、新婚旅行の報告

2017 - 09/18 [Mon] - 02:11

 今日は観音様の御縁日でした。
沢山の方に御参加戴き、読経も皆で詠んで素晴らしい響きとなりました。

 また、今日は先日新婚旅行から戻った二人がやって来てくれました。
私達夫婦が訪れたのとほぼ同じルートで旅して来たので、思わずスイス談義に。
機会があれば、一緒にスイスを旅する事が出来たら楽しいかもしれないですね。
趣味思考が似ている方とのお話は楽しいです。


 他の方の緑内障の気療、腰痛の気療も行ないました。

 引越しのお話も何名かお聞きしており、やはりこの時期、牛頭天王の御神事通り変化の時なのかもしれないですね。

バナー

祝詞奉上しました。

2017 - 09/16 [Sat] - 02:02

 今日は神様の御縁日でした。
参加者は少なかったですが、お彼岸が近いせいか、祝詞奉上の最中、祭壇のある内陣の結界の際まで姿のない見えない訪問者が沢山お出でになっていた様です。
感覚の鋭い方には辛い時期で、空気が重く、気持ちも沈み勝ちですが、後少し負けないで頑張りましょう。
台風の急な進路変更や半島の北の国の暴挙等、色々と落ち着かない事も多いですが、慌てないで冷静に過して行きましょう。

忙しく予定が詰まっていますので、時間が中々取れないですが、お会い出来るのも出来ないのも御縁と思っています。
無理矢理に詰め込んでも、納得の行くお仕事が出来ないので、流れと御縁に任せています。

スマートフォンや携帯電話から御連絡戴く方がおられますが、HPにも注意書きとして書かせて戴いておりますが、必ずドメイン指定等して返信が届く様にして御連絡下さい。
返信不能、宛先が見つからない等で返信が出来ないケースがあります。
宜しくお願い致します。

バナー

魂を結ぶ儀式

2017 - 09/01 [Fri] - 02:45

 今日は結婚式ならぬ結魂式を行ないました。
新郎は小学生の頃から知っている青年で、既に一般的な結婚式は終えているのですが、是非私にと依頼があったので、改めて魂を結ぶ儀式として行ないました。
平日にも関わらず多くの方がお祝いに参加してくれて、心温まる儀式となりました。
子供だったのが青年になって、結婚してと云うのは、何とも感慨深いものがありますね。
新婦もとても綺麗なお嬢さんで、これから時間をかけて良い夫婦になって行くのだろうなと確信を持てた儀式でした。
儀式中、新婦の古い古い御先祖様、遠祖御親神が凄く喜んでおられたのが印象的でした。

 儀式を守る結界を内弟子達が務め、指輪儀式や固めの杯を内弟子の女性ともう一人の女性に務めて貰いました。

 結界の中に入る事が出来るのは、新郎新婦と結界を固める役目の者達、そして儀式を手伝う女性達だけです。
巫女役の二人の女性、しっかり務めてくれて立派でした。

 今日魂を結んだ二人の幸せを祝い、これからの幸せを祈って、皆でお祝いしましたが、本当に心温まる時間でした。
今日の為、わざわざ名古屋から日帰りで駆けつけてくれた女性もいて、その気持が嬉しいですね。

 人の幸せは、形ではなく、心の中にあるのだと思います。
思い遣る心、何かをしてあげたいと思う心、そう思ってくれる人がいると云う事、そんな幸せを大切にして行きたいですね。

バナー

心を込めた言葉は誓いであり、祈りである

2017 - 08/26 [Sat] - 04:23

 今日は妻は出版社の方に出かけて打ち合せ。
午後一から始まり、比較的早く終って夕方に帰って来ました。
以前、遅い時は深夜近くになって帰って来た事もありました。
今日も途中で休憩を取る事が出来た様ですが、私も一度付き合った事がありますが、中々に大変で込み入った作業。
また、出版社のあるビルは、編集者やライター、作家さんのストレスが蔓延していて、嫌でも被って仕舞います。

 私はメール相談したり、他の作業をしていましたが、部屋の中にいても暑さを感じる程で、エアコンを効かせていても熱中症になりそうになります。
こんな暑さの中、通勤しておられる方々、尊敬します。

 我々、長年の修行をして来たものにとって、心を込めた言葉はある意味で誓いに誓いものがあります。
物であれ、言葉であれ、深い込めたら、それは神仏やその相手、またそれ以外への誓いと云えます。
ですから、パワーストーンやお守り、お札などに念を込めたら、その誓いが力を持ちます。
決して口先だけの事ではありません。
そこに宿る言霊は、深い想いを込めた誓いであり、魂の力、自分の命さえ込めています。
口先だけの言葉は、宙に消えて仕舞います。
言葉を発する時は、しっかり意識して使いたいですね。

バナー

御盆供養会の前に神様の御縁日でしたが

2017 - 08/18 [Fri] - 02:47

 昨日は伝授でしたが、その前の御盆供養の話に終始しました。
また伝授で内弟子達と理趣経の練習をしようと云う話になりましたが、私の理趣経の詠み方は真言宗智山派の詠み方を踏襲したもので、私流のアレンジも入っています。
その詠み方の音符(所謂音符ではないのですが、音程を表わす記号)を自分の理趣経の経典に写し取った内弟子が、物凄く嬉しそうで、本当に理趣経が好きで、修行が好きなんだなと解ります。
あれだけ喜んでくれたら、教え甲斐もありますし、育て甲斐もありますね。
流石、プロになる者の意欲は違います。
我が弟子ながら誇らしくなりますね。

 旧盆供養会では午前中に神様の御縁日を行ないました。
一年に一度、この日にしか行なわない、神道における供養を行ないました。
必要を感じなければ滅多に行なわないもので、知ってはいても滅多に詠む事のない祝詞を奉上致しました。

 午後にやって来た一人の女性、彼女は神様と御縁があり、神示も取る事が出来るのですが。
いつもは日程を間違えたりする事は絶対にない、きちんとした女性ですが、この日に限って午前中に神様の御縁日を行なう事を失念して、しっかり神社にお参りしていたそうです。
午後にやって来て、午前中の御供養の事を知った時の、鳩が豆鉄砲を喰った様な顔(笑)
そして、自分の迂闊を悔やんで、最後は涙まで流していました。
本気で心底悔やんでいるのが解り、文字通り地団駄踏んでいました。
普段から可愛いと思っている子ですが、この時は本当に可愛いなと思いました(笑)
これだけ真剣に神を敬い、大切にしている人は滅多にいません。
その純粋さ、真っ直ぐさは、輝く様です。
そして、来年の御盆供養の時の神様の御縁日は前の日から泊まり込んででも絶対に来ますと予約して帰りました(爆笑)

 こう云うのも御縁と必然。
きっと彼女にとって学ぶべき事、知るべき事があったのだろうと思います。
また一つ彼女も成長するでしょう。

 明日日本を発って海外の聖地に旅するヒーラーさんがメッセージをくれました。
行って来ますの挨拶ですが、向うでしっかり楽しんで一杯吸収して帰って来て欲しいと思います。
ここの所、また急激にパワーアップしている彼女、きっと一層進化して帰って来るだろうと信じています。
旅行中の安全祈願とガードは、しっかりやっておきました。
帰って来るのが楽しみですね。


バナー

朔日の祝詞の奉上

2017 - 08/02 [Wed] - 04:04

 今日は朔日、神様の御縁日で祝詞を奉上しました。
参加された皆さん、地元の氏神様にお参りされてから来られていて、きちんとされているなと感心しました。
長年の問題が解決して、晴れやかな気持ちでお出でになった方は、護身法の補講を行ないましたが、気持ちが変ると動きも変る。
しっかり進歩されていました。

 内弟子の男性に、初めて祓い鈴を振らせてみました。
まだ難はあるものの、しっかり祈りは籠っていました。
修行はやはり伊達ではないですね。

 夜はいつも通り道場へ。
雨がふったせいか、気温も下りましたが、道場の中はしっかり暑かったです。
先週は体調不良でへばったので、今週は気合いを入れて頑張りました。
何とか最後まで頑張りました。
まだまだ、体力をアップしないといけませんが、まずは第一段階クリアと云う所でしょうか。
妻は足の指がまだ治っていないので、柔軟体操と手技の基本稽古に参加し、その後は入門してまだ日の浅い人達の指導をしていました。

 入門されて日の浅い人達、皆さん頑張っておられます。
一生懸命が伝わって来ます。

バナー

伴侶となった人の御先祖の御供養、家長としての度量、懐の深さ

2017 - 07/31 [Mon] - 01:32

 今日、先頃結婚された男性が奥様の御実家の御先祖様の御供養をさせて戴きました。
私も結婚した時、妻の実家の父方、母方の御先祖様の御供養をしました。
私は、自分の父方、母方の御供養もしましたが、一般の方は父方だけで良いかなと思います。
結婚して、妻になった人の御実家の御先祖様の御供養をして、そこまで丸ごと引き受けてやって行く、夫として家長として持つべき度量と私は思っています。
伴侶となった妻に流れる御先祖の血、それも含めて受け入れ、御供養させて戴く、それ位の懐の大きさは持っていたいですよね。
結婚したら実家を捨てよと云う文化も残っている所もあると聞きますが、一家の長たる者、大きな度量を持っていたいものです。
今日来た彼は、それを理解して踏襲しようとしてくれています。
きっと男としてもっともっと成長して行くでしょう。
そう信じるに足る男性です。
奥様もしっかり寄り添い、旦那様である彼を立てる事を喜びとする、そう云う感じが伝わって来て、良い夫婦、良い奥様になるなと思いました。
彼が空手や瀧等も含めてやって来た修行や勉強、そう云うものを受け入れて理解しようとしている姿が健気で微笑ましいです。
本当に幸せを感じさせて貰えて、こちらまで嬉しくなって仕舞います。

 御供養させて戴いた御先祖様、何せ数が多く、とても古い由緒正しいお家柄である事が解りました。
大きな問題や荒れている御先祖様は居られませんでしたが、数が多いので、結構消耗させられました。
内弟子が二名助法してくれました。
妻もいつも助法してくれますが、今日は依頼された御本人の彼も一緒に読経していて、彼の真面目さが表れていました。
本当は依頼者なのですから、座って読経に浸っていれば良いのですけどね(笑)

 何れにしろ、良い御供養が出来たと思います。
これから一層、夫婦の絆が強まって行くでしょう。

 夜には、昨日内弟子達が瀧修行の帰りに買って来てくれたお蕎麦を茹でて戴きました。
二名分と聞いていましたが、思った以上に量があり、家族三人で食してお腹一杯になりました。
いつもながら、内弟子達の気遣いには有難いと思っています。

バナー

 | HOME |  »

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR