感じたり思った事を書いて行きます。 時には秘伝などを書く事も。 空手や色々な趣味の話も。

  Adept・Mentor 島津成晃の独り言のナビゲーター   トップページ  

道場で汗だくになって楽しんで来ました

2018 - 06/20 [Wed] - 04:48

 暫く落ち着いていましたが、また歯の治療が始まります。
いつも忙しくしておられる歯医者さんなので、週に一度位しか予約が取れませんが、暫く通う事になる様です。

 夜は道場へ。
終末に行われるドリームカップに出場する人が参加したので、スパーリングもそれなりに激しく。
いつも通り、少し護身術の指導をさせて戴きました。

 行きと帰りでは道着の入ったバッグの重さが倍もあるかと云う程、重くなります。
今日も汗だくになって楽しみました。

バナー

スポンサーサイト

人間の器と度量

2018 - 06/19 [Tue] - 02:56

 最近、人間の度量とか余裕と云う事について考えさせられる事が多くあります。
凄く優しく気遣いも出来るのに人から好かれない人がいますが、良く良く観察すると一言いつも余計だったり、自分の感情がすぐに表に出て仕舞ったり、人を遠ざけて仕舞う様な言動がある事に気付きます。
印象が良い時と悪い時が極端だったりすると、人と云うのはどうしても悪い方の印象の方が強く意識に残りますから嫌われて仕舞いますね。
誰でも人から評価されたくない人はいませんから、人に評価されたくて、自分を大きく見せたくて無意識にしている言動が逆に人を遠ざけて仕舞って、評価を下げて仕舞うと云う事は良くあります。
肩肘張って肩を振って歩く人達と同じです。
偉そうに怖そうにしても、人は避けるだけで評価する人はいません。
また、人は存在する人数の分だけ異なる価値観を持っていて、見ている目線も違います。
他の人のそれに妥協したり迎合する必要はないと思いますが、だからと云って完全否定するのも違うかなと思います。
受容し受け入れて、その異なる存在を認めて、その上で自分は自分と割り切って行くのが良いかと思いますが。
他の存在を認める事で自分の度量の大きさを見せると云うプライドの持ち方もあります。
他と違う、他より上であると誇示するやり方、そんなプライドの持ち方は自分を孤独にするだけです。
鷹揚で大らか、大きな器と度量を持っていたいですね。
人として、修行者として、また何かを目指す者として、道を歩き続けて行く中で、人から信頼される人格と懐の深さを持ちたいものです。
小さな事で一々感情的になったり、上から目線で言葉を発したりしていたら、心の狭い人であると自ら公言している様なものです。
もっとゆったりして、大局を見ていたいですね。

バナー

観音様の御縁日。瀧修行について

2018 - 06/18 [Mon] - 02:49

 本日は観音様の御縁日。
先日、観音霊場巡りを満行されたヒーラーのマッキーさんもお出でになりました。
ですので、読経では聖観音をお呼びして祈りました。
私の所では、准胝観音、白衣観音をお祀りしていますが、観音様全体と云う事で大元である聖観音をお呼びして、霊場巡り満行の報告とお礼を祈りました。

 来月、内弟子の阿曽が指導する予定となっている瀧修行の話になりましたが、マッキーさんと他にも女性達が参加する予定になっている様で、参加予定のもう一人の女性は今から緊張している様でした。
やはり滝に対する恐怖心もある様で、それで良いのだと話しましたが、恐怖があってこそ、それを乗り越えようとする勇気と決心が気を高め集中力を高めます。
この位ならと思う慢心が一番危険です。
私も修行時代、千回位瀧修行していますが、直前になると体臭まで変りました。
瀧修行の準備を身体が始める様な感じでした。
やると決めたその時から、目つきも顔つきも変り、身体も活性化して、言葉遣いも変るそうです。
自分では普通にしているつもりでも、本能が危機感を感じてモードを変えるのでしょうね。
恐怖を恥じる必要はなく、恐怖があるから力も出るし、越える勇気と決心を持つ意味が大きくなります。
時として恐怖は身心を硬着させて仕舞いますが、強い意思を持って望めばその固さも消えて来ます。
修業に臨もうとするその心意気、素晴らしいですね。

バナー

御供養は究極の癒やし、基本であり究極

2018 - 06/17 [Sun] - 01:32

 本日は特別供養を行いました。
先に就職祈願で、世界的超一流自動車会社に就職を決められた方の御祖父様の御供養でした。
助法は阿曽が務めてくれました。

 今日はいつも御供養の時に詠む奠供・理趣経ではなく、レギュラー経典が良いと感じて、そちらで御供養しました。
不動経や般若心経、舎利礼文、各仏の真言等が書かれた普段勤行に使う経典をレギュラーと読んでいますが、普段の勤行では詠まない長い真言も入っています。
特別な祈願や供養の時のみ、その長い真言を加えて詠みます。
本日もその長い真言、三陀羅尼と云いますが、を加えて詠みました。
三陀羅尼は特に御供養時には絶大な威力を発揮すると云われています。
仏頂尊、宝篋印 、阿弥陀の真言ですが、長いので難しいのと、普段は時間がかかり過ぎると云う事で、毎日の勤行からは外しています。

 不思議な事に、理趣経を詠む時とレギュラーを詠む時は、時間的には同じ位の筈なのに何故か短く感じます。
真言がどんどん変って行くせいか、そのリズムのせいか。
本日のほとけ様は、何故かお釈迦様より阿弥陀様と云う感じが強く、普段であれば仏舎利をお祀りしているのでお釈迦様の御真言を重ねて行くのですが、今回は阿弥陀様の御真言を重ねました。
三陀羅尼にも阿弥陀様が入っているので良かったかもしれません。
しっかり御浄土へお送りさせて戴きました。

 御供養は修業の基本ですが、基本は究極の例え通り、奥が深く、簡単ではありません。
形だけやるなら誰でも出来ます。
御供養は究極の癒やしですから、心と魂が籠らなければ真の御供養は出来ません。
ほとけ様も、御供養を依頼される施主の方も、一緒に癒されて安楽になると云うのが理想です。
お経が上手いのは理想ですが、声が悪くても、お経が上手くなくても、しっかり心が籠っていれば良いと思います。
勿論、全部揃えば最高なのですが。

バナー

強烈なパワー、神様の御縁日

2018 - 06/16 [Sat] - 03:44

 本日は神様の御縁日。
雨が降っている中、普通にやって来て参加された方ばかりで流石と思いましたが。
祝詞奉上では、降りて来られた神様のパワーが強過ぎて、祝詞奉上後に頭がクラクラして眩暈がして仕舞いました。
月末に行う夏越大祓のある月ですから、やはり神様も気合い充分と云う感じでしょうか。

 参加者の中の一人が凄く疲労している様に感じて気療しましたが、眠れていない、食欲も低下していると感じて本人に確かめたら正にその通りだった様です。
運動もしていないので基礎体力がない上に、仕事や会社でのストレスや激務で食欲も低下し、その上食欲がないからと精進料理の様な食事をしていた様で、完全にパワー切れして、影響失調の様な状態でした。
続いたら倒れていたかもしれません。
食事をするにも、眠るにも体力が必要です。
食欲がないからと御精進を食べていたら、完全に悪循環で体力低下するばかりです。
しっかり運動して体力をつけ、気力をつける様に改めて指導しました。
取り敢えずは、気療でパワーを補充して復活しましたので、しっかり食べて眠れば回復すると思います。


バナー

伝授。瀧修行について

2018 - 06/15 [Fri] - 01:33

 先日行われた内弟子阿曽と詩乃の指導で行われた瀧修行、10名程の人数が集った様で、初心者も多く、かなり気を遣った様です。
水量は少なかった様ですが、水量が少ない時は危険です。
水量が多いと、落ちて来る水圧で身体が叩かれて温まりますが、水量が少ないとただ冷えて仕舞います。
また、水量が少ない時は、集中力を高めるのが中々難しいものです。
水量が多いとその圧力だけで頭が真白になり、自然と集中出来て行くものですが、少ない時は冷たさと水の当たる痛さに意識が引っ張られて仕舞いますから、耐えるだけになって仕舞う可能性もあります。

 その時の報告を聞き、また仏で行う瀧修行と神で行うものでは全く違います。
神で行う瀧修行は主な目的は禊。
穢れを祓い、魂を磨く。
しかし仏で行う瀧修行は、癒やしであり再生です。
勿論、浄化と云う部分は持っていますが、それ以上に様々な囚われているものから解放され、滝に入る事で浄土や彼岸に向う体験をし、滝から出た時に再生する。

 神の持つ極限の集中力と浄化、仏の持つ癒やしと慈悲。
両方がバランス良く修業出来たら最高です。
神の存在意義と仏の存在意義は全く異なります。
両方が揃って初めて人は救われます。

バナー

今日も道場へ。生半可な護身術は命取りになります。

2018 - 06/13 [Wed] - 03:41

 今日は道場へ。
先週は愛車の車検の仕上がりが遅れて、道場へ行くタイミングを外して仕舞ったのですが、今週は行くのが当然と行って来ました。
試合も近いせいか、試合に出る黒帯も途中から参加して、中々ハードな練習だったと思います。
私はマイペースでやらせて貰いましたが、意識していなかったのですが、かなり被りが溜っていたのか、疲労が溜まっているのか、スタミナが続かず、また足の調子もまだ良くならないので、思う様に動けませんでした。
身体も硬くなって来ているので、あちこち調整する必要がありそうです。

 練習後はかなりスッキリしました。
完全とは云えませんが、傷めた所以外の不快感は殆ど消えました。
こうして練習出来る環境があるのは有り難いです。

 先の新幹線での事件に師範もかなり衝撃を受けた様で、今日の護身術は相手が刃物を持っている想定で行いました。
取り押さえるとかと云う甘い考えでは、相手が刃物を持っている場合は間違いなく怪我をさせられます。
本気で極限までやるつもりでやらないといけません。
受けたり避けたりして取り押さえると云う護身術は通用しません。
相手に反撃する隙を与えない事、刃物が自分に向わない様に確実にコントロールする事、等々、指導させて戴きました。
基本的には危険には立ち向かわず、避けるのが一番です。
しかし、やらなければいけない状況になって仕舞ったら、最終手段の辞さない覚悟を持って対処して下さい。

バナー

気療で腰痛と足、肌のケア

2018 - 06/12 [Tue] - 03:44

 今日はいつもお世話になっているTerraのアシスタントのKチャンがお友達と一緒に来てくれました。
お友達は幼なじみだそうで、東京へ来て事業を始め、頑張っているそうです。
まだ若いのに一生懸命に生き抜いて来て、ふとした瞬間に悩む事もある様で、Kチャンに話を聞いていて、相談したいと思ったそうです。
若者らしい意気込みと、中々の根性もあり、精一杯の背伸びもあり、数十年前の自分の姿を少し思い出しましたが、色々と話してスッキリした様で、これからまた頑張って自分らしくやって行くと思います。
我が侭に自分らしさを追求して生きて来た人生の先輩としての話は色々しましたが、参考になってくれたら嬉しいですね。

 Kチャンは職業柄、腰椎のズレもあり、腰痛が出ていた様です。
気療して改善したら軽くなりましたと喜んでくれました。
ついでに(笑)足も細くして欲しいとか、少し前に出来た吹き出物の痕が消えないと云う事で、顔の傷跡も少し気療しました。
足の浮腫も取れて履いていたジーンズが緩くなったと喜んでくれましたが、元々スタイルの良い女性なので、本人の感覚の問題ですが、気にし過ぎと云う気もしましたが。
顔の傷の方は少し薄くなって、痕はケアの方法を少し教えました。

 もうすぐ最終試験の様で、どうやら彼女のスタイリストデビューも間近の様です。
いつも素直に甘えて頼ってくれる彼女ですが、頑張って欲しいですね。

バナー

内弟子の指導で瀧修行。遠方からの面接気療、ピアノコンサート

2018 - 06/11 [Mon] - 01:24

 本日、内弟子の詩乃と阿曽の指導で、詩乃の相談者さん達と私の所の相談者数名が一緒に瀧修行を行いました。
場所はいつもお世話になっている栃木県の出流山満願寺。
私も20代の頃は、毎日の様に通って瀧修行させて戴いた所です。
台風による雨を心配しましたが、予想に反して小雨で、滝の水量も少なかった様でした。
しかし、気合い充分で皆さんしっかり気合い前回で行われた様です。

 私の方は、遠く北海道からお出でになった方の面接と気療。
一緒にお出でになったお嬢さんはまだ中学生ですが、感覚が物凄く強く、前回お出でになった時は、伝わって来る感覚で押し潰されそうになって、まるで鬱病の様に閉じ籠って仕舞っていました。
穢れや被りを祓い、御自宅を遠隔で浄化し、神棚に祀られている神を呼び出して守る様に訴えた所、帰宅後神棚が凄く輝き、家の中の空気も澄み渡っていたと云う事で、お嬢さんも元気になられたと云う事でした。
また、身心を鍛える為、空手をお奨めし、私のお付き合いのある先生の支部を御紹介しました。
すぐに入門されたそうで、頑張っておられる様です。

 今回お出でになって、前回とは見違える程元気でしたが、やはりかなりの被りもあり、明るくしていますが、心の中で凄く耐えているのを感じました。
しっかり気療して穢れを祓い、被りを取って、やはり遠隔で家と神棚の浄化とパワー注入をしましたが、やっている最中、彼女の心が解放されて涙が溢れて来たと、終ってから涙を拭いていました。

 また、本日はヒーラーのマッキーさんが通う空手道場の師範の奥様のピアノコンサートで、お誘い戴き、母ともう一人の女性が出かけました。
向うでマッキーさんと彼女のお友達と会った様で、帰りは一緒に食事して帰って来ました。
素晴らしいコンサートだったと感激し、また帰りの食事も楽しかった様です。

バナー

氏神とのつき合い方

2018 - 06/10 [Sun] - 02:45

 本日は気療。
四国の方からわざわざ定期的にお出で下さります。
眼が良くないのに、障害児の先生をしておられる方で、いつも明るくしておられ、そのバイタリティにはいつも感心します。
今日も邪気を祓い、気療させて戴きました。
お話していると、どうやら氏神がパッとしない感じでしたので、お住まいの氏神の神を呼び出し、氏子であるこの方をしっかり守る様に伝えました。

 神社が盛り上がるのは氏子の祈りの力です。
現実的なお話ですが、お賽銭が集らない様では宮司さん達も食べて行けません。
ですから、どうしても他の神社と兼任、また何かの時だけやって来ると云う感じになって、普段は宮司不在と云う事も良くあります。
しかし、それでは中々氏子も増えてくれません。
暗い堂々巡りになって仕舞います。
氏神は、その土地を守る神ですから、その土地に住んでいる人達が大切に思い、日々感謝する事で神も力を発揮します。
日々通い、境内の掃除をしたり、心を込めて訴えかけて、祈りを捧げる事で神も徐々にパワーを発揮し始めます。
そうすると、不思議とお参りする人も増えて来て、徐々に神社が盛り上がって来ます。

 実は私が住う地域でも氏神がパワーがなく、街に活気がなくなって来て、何となく空気に穢れを感じた事がありました。
それで氏神の神様をお呼びして、強く訴えかけた事がありました。
その次の年から、急にお祭りが始まり、わざとらしく感じる程、我が家の周りを山車が何度も何度も通ると云う事があり、爆笑して仕舞いましたが、それ以来氏神は元気な様で氏子さん達が毎年しっかりお祭りを行い、お参りする人も増えている様です。
私の弟子や相談者もほぼ毎日通勤前にお参りして出かける人がいます。
氏子と氏神は一体です。
氏神を盛り立てて日々感謝する事で自分自身の幸運へと返って来ます。
困った時の神頼みではなく、困っていない時こそ神様に参ってみるのも良いのではないでしょうか。

バナー

 | HOME |  »

プロフィール

島津 成晃

Author:島津 成晃
Adept・Mentor 島津相談室主宰
人生のあらゆる問題の相談に乗って来ました。
元気になって希望を持って帰って戴く事が私の願いです。
スピリチュアルな目と、冷静な分析で御相談に乗ります。
御相談はHPの方からお願いします


関連ブログです。
Adept・Mentor 島津成晃の独り言
Mentor 島津成晃の独り言

だんな様は霊能力者
だんな様はメンター
島津成晃の見つけた良い物
神ながらの道

最近の記事

カテゴリー

ブログ検索

twitter Facebook

adeptmentorをフォローしましょう Naruaki Shimazu

バナーを作成 Instagram

フォト蔵

本コンテンツをご覧になるには、Flash Playerプラグインが必要です。FlashのWebサイトよりインストールしてください。

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

QRコード

QR